Hatena::ブログ(Diary)

その日暮らし



2016-09-27

ブラタモリ感想

24日「ブラタモリ」を見て。

広島市街地の川岸に多数ある長い階段は、

水運が盛んだった時代に作られた「雁木」であった、とのこと。

タモさんは「珍しい」と言ってたけど、

雁木自体は、よそにもあるよね?

あちこちにたくさん、集中して残っているのが珍しいということだろうか。

なんにせよ、私は初めて、雁木があちこちにある光景が珍しいものだと知ったのでした。

見慣れた光景だったから、当たり前のものだとばかり。

確かに昔から、あの階段は何のためにあるのだろうと思ってはいたけれど。


タモさんが歩いた堤の跡や、漁村の跡が、どこの町に当たるのか、

番組が終わってから広島市の地図を開いて喧々諤々と議論をしました。



話はまったく変わりますが、

映画「君の名は。」の聖地(モデル地)が広島にもあると知って驚いたものの、

まったく見当がつかなかったのですが、

ネットで調べたらすぐ分かりました。

あそこか・・・あの建物はいいよな・・・。

一度見学してみたいと以前から思ってるけど、学校だから外部者は無理だろう。






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ

2016-09-26

亀の甲より祖母の功

少し前に、妹と甥っ子(1歳)が実家に帰省してました。

1歳なので目を離せません。誰かがついていないといけない。

しかし、その役目を祖母(92歳)には任せられません。

2人が一緒に遊んでいると、それはそれは和やかな光景なのですよ。

祖母と遊んでいると、なぜかおとなしくなる甥っ子。

甥っ子は立って、祖母は椅子に座って(正座はできない)、

2人並んで黙ってお絵描きなどしているのです。

波長が合うというのか・・・とにかく静かに仲良く黙々と遊んでます。

それがそのまま続くのならば、

妹や私、父母も目を離せるのです。

続かないから、せっかく祖母が一緒に遊んでくれてても、目を離せないのです。

プチ認知なうえ、自分の足が弱っているという自覚が薄い祖母。

大人の手を引っ張って連れていきたい時期の甥っ子。

それがコラボするとどうなるか・・・。



その時たまたま、私だけが2人と同じ部屋にいて、

妹と母は用事があり別の部屋にいました。

広い部屋で私は離れたところにいた上、

私がいるところと2人が黙って遊んでいるところの間には、

おもちゃが散乱してまっすぐダッシュするのは難しい状況でした。

(この時点でこの先の展開にだいたいの想像はついたでしょう)

ずっと静かに、2人でお絵描きしていたのです。

はっと気づいた時には、甥っ子が祖母の手を引っ張っていました。

つられて椅子から立ち上がる祖母。

甥っ子の引く力はかなり強く、全力で抵抗されると私でも引き留めるのが精一杯なくらいです。

加減はしてたであろうけど、それなりの力で引っ張ったのでしょう。

足が弱っている祖母は、椅子から立つや否や、グラリと倒れかかりました。

もちろん、甥っ子の真上に・・・



「うわああああ!!」

私は叫んでダッシュしようとしましたが、前述のように、

広い部屋の中で離れていた上、おもちゃが散乱して走りにくい。

あのまま祖母がまっすぐ倒れていたら、私は間に合わなかったでしょう。

どんな事態になっていたか知れません。

しかし、さすが亀の甲より年の功。

足が弱っているとはいえ、92年の蓄積がある。

祖母は一瞬、ぐっと踏みとどまったのです。

おかげで私は間に合い、はっしと祖母を支えて事なきを得ました。



祖母、肩で息をしながら甥っ子に向かって、

「もう、引っ張るから、おばあちゃん驚いちゃったわ^^ウッフフフフ」



ウッフフフフじゃねーーよーー!!

目を離した私もいけません・・・が、

これまでも何度か書いてきたように、幼児と年寄りのコラボは本当に大変です。






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ

2016-09-23

「君の名は。」感想

映画「君の名は。」見てきました。

映像が美しいと聞いたのと、ネットでの評判がとても良いため、

高校生の入れ替わり恋愛モノという、興味ないジャンルにも関わらず、

久しぶりに映画館まで行ってきました。

(我が家から最寄映画館までは大変遠いので、よほどのモチベーションがないと見に行きません)

感想。

面白かったです。

アニメだし、高校生の恋愛モノだし、

想定する観客はおそらく10代〜20代前半の若い子だと思うけど、

30代主婦でも、自然な気持ちで見ることができました。

映像もきれいで良かったです。

「テンポ早すぎ!」「そこ端折っちゃうの!?」と思うところもあったけど、

中だるみはありませんでした。

ただ、ネットで見た評判のように、

“男女で映画を見ると、その足でうっかり入籍しそうになる”

というほどの、恋愛的なトキメキは感じませんでしたが。

年齢のせいでしょうか。

もう一回見てもいい。伏線とか確認してみたい。






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ

2016-09-21

テレビも広島ブーム

20日のえねっちけ夜8時15分「サラメシ」は、なんと広島特集!

http://www.nhk.or.jp/salameshi/

喜んで見たら、しかし、冒頭からまさかの広島人を敵にまわす展開に!!

「広島焼き」・・・それは有名なNGワード。

正しくは「広島風お好み焼き」だと私は思ってますが、

どうやらこれでもNGで、ただ「お好み焼き」と言うのが正しいという人もいるらしい。

(タイムリーにも今日の新聞の投書にあった)

とにかく「広島焼き」と言われて本気でムッとする広島人は多い。

私たちもテレビの前で「違うだろスタッフ!」と声を荒げてました。

ネットでも、ムッとした視聴者が結構いたもよう。

有名なNGワードなのに、よその人はよく間違える。

一般の人なら仕方ないけれど、テレビやラジオが堂々と間違えるとムッとする。

番組内容は面白かったのに、なんでそこ間違えちゃうかな・・・。

明日の昼、再放送があると思います。



そして24日の「ブラタモリ」はついに広島!(10月1日も)

http://www.nhk.or.jp/buratamori/

いつ来るか、いつ来るか、と楽しみにしていたのだ。

どこに行き、何を解き明かしてくれるのか。録画準備もオッケーです☆

広島、今年はブームだなー。大統領も来たしなー。






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ