Hatena::ブログ(Diary)

その日暮らし



2018-06-17

バットの芯とパスタの芯

※先に謝っておきます。中日ファンの方、すみません。



最近のカープ戦は、記憶から消すようにしているので、

5月に見に行った時の話でも。

試合開始前、私が席に行くと、

すでに親戚の皆さんが座っていました。

4歳の甥っ子にハイタッチしようとしたら、

彼が真剣な眼差しで、

「ドラゴンズはアルモンテだよ!」

と訴えてきます。

「アルモンテ?」

ドラゴンズは、今日の試合相手だ。

でもアルモンテって何だろう。


私「アルモンテってなあに?」

甥「ドラゴンズはアルモンテだよ!」

私「ごめんね、おばちゃんアルモンテって知らんのんよ。何なん?」

甥「ドラゴンズはアルモンテだよ!」

私「アルモンテってなあに?食べ物?

甥「ドラゴンズはアルモンテだよ!」

私「なあに?どういうモノ?おばちゃん分からない」


同じ言葉しか繰り返さない甥っ子に困惑しつつ、

ふと、彼の視線の先をたどると、

そこにはその日のスタメンが書かれた巨大電光掲示板が。

そして、ドラゴンズの選手の中に、

アルモンテ、という名前が。

そしてそして、私と甥っ子のすぐ前の席、

数十センチしか離れていないところには、

ドラゴンズファンの方々が・・・・・・・



ぎゃあああああ!!!

間違いなく聞こえてるぅぅぅぅぅ!!!



私「あっ・・・アルモンテって、人の名前だったんだねえ・・・おっ・・・おばちゃん知らなかったよ・・・@@くん教えてくれないんだもの・・・そっ・・・そうかあ、アルモンテかあ。うんうん。そんな選手がいるんだねえ・・・」

ドラゴンズファンの方々に聞こえるように、

冷や汗かきながら、懸命に自分たちのフォローをしたのでした・・・。


甥っ子は平仮名とカタカナが読めるようになったのが嬉しくて、

目についたものを片っ端から読むのです。

選手名はほとんどが漢字だけど、外国人選手のカタカナは読める。

だからアルモンテ選手を連呼してたのです。

しかしドラゴンズのスタメンにはもう一人外国人がいて、

そちらは頑として読もうとしなかった。

「もう一人カタカナの人がいるよ〜」

と誘っても読もうとしなかった。

たぶんビシエド選手だったと思うけど、濁点が多くて難しかったのかもね。


なぜアルモンテ選手を食べ物だと私は思ったのだろう?

アルデンテ(パスタのゆで加減)や、デルモンテ(トマト缶のメーカー)などを

連想したのかしらん・・・。



その日の私たちの席のまわりには、

ドラゴンズファンがたくさんいたのですが、

マイペースな義母はそんなことお構いなし。

まわりによく響く、とっっても大きな声で、

「中日の選手って、一人も分かんない!」

などと言うのです・・・。

こっちは甥っ子相手以上の冷や汗ですよ!!

私、慌てて「お義母さん!そういうことはここで言わないでください!!」

相方、慌てて「同業他社の批判を、ここでするな!!」

同業他社・・・?






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ

2018-06-15

田植え42日目

f:id:kamonegi1002:20180615213453j:image

鹿よけのキラキラテープをほぼ全域に張るようになり、

写真を撮る場所にも張られたため、

キラキラテープを避けて撮影するのに苦労します。


現在の畑

・ソラマメはわずかな期間で終了

・キュウリ始まったけど小動物に食べられてしまう(畑は柵で完全に囲ってるのに・・・)

・レタス第二弾始まりました

・スナップエンドウ食べ放題

f:id:kamonegi1002:20180615213450j:image

二日ほど雨が続き、私も義母もスナップエンドウを取らずにいたら、

保護色でも覆い隠せないほど大量かつぷくぷくに膨らんだスナップエンドウが、

畑に鈴なりに。

その直後、義母が収穫していたので、今日は大量に取れるだろうなと思ってました。

私は仕事の日だったので、収穫する時間がありませんでした。

その日の夕方、義母がスナップエンドウあげるというので、取りに行くと、

写真くらいの量しかありません。

いやこれだけでも結構あるけれど、あれだけ鈴なりだったわりには少ないな?

と思っていたら、義母いわく、

小さい段ボールにぎっしりスナップエンドウを詰めて、

都会の親戚に郵送した残りが、これなんだと・・・。

ああ、それなら納得です。

てか段ボールにぎっしりって。すごいな。



毎年、規格外アスパラを下さっていた農家さん。

先日、旦那さんが亡くなってしまいました。

奥さん一人では無理なので、アスパラ畑もつぶしていると聞き、

今年の春に頂いたのが最後になったのだなと、

寂しい気持ちになりました。

ところがお葬式の二日後、聞き慣れた声がすると思ったら、

奥さんがいつものようにアスパラを持ってきて下さったのです。

f:id:kamonegi1002:20180615213444j:image

お葬式の時より元気そうでした。

アスパラ畑は規模を縮小して、今年だけは続けようと思っているとのこと。

無理はしないでくださいね。


最後に。

うちの庭で、なぜかコスモスが咲いている。

なんでだ。今は梅雨だぞ。秋じゃないぞ。

f:id:kamonegi1002:20180615213438j:image

f:id:kamonegi1002:20180615213427j:image






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ

2018-06-13

羊と鋼の森

羊と鋼の森 (文春文庫)

羊と鋼の森 (文春文庫)

高校生の外村はある日、ピアノの調律と運命的な出会いをした。

やがて彼は調律師となり、先輩たちやお客さんたちに叱咤激励されながら、

美しい音を求めて、羊と鋼の深い森をさまよい始める。

時に苦しみもがき、時に感動に震えながら・・・。


ただいま映画化されて話題になってる小説ですね。

“音”の世界をいったいどうやって文章に表すのか?

そこが気になって読んでみました。

なるほどねえ〜。

見事に音が、音の美しさが、響きが、言葉を媒介にして伝わってくる。

まったく知らなかった調律の世界のアレコレが学べる点も面白いです。

タイトルが上手い。

タイトルで読者の心のかなりの割合をつかんでるんじゃなかろうか。

なんとなく、全体的に“キレイ”すぎたのが、個人的にはあまり好みじゃないけど、

好きな人はとても好きになる小説だろう。




実家のピアノを見に来た調律師さんが、

(この本を読んだ)母が何か尋ねる前から、

この本(というか映画)の話を振ってきたそうで、

あー、きっとどこに行っても同じ質問をされてるんだろうなーと思いました。

今まで調律なんて興味なかったけど、

今度、義母のグランドピアノを見に来られたら、見学させてもらおうっと。






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ

2018-06-12

LINEスタンプおよびホタルの話

LINEのスタンプに、カープ選手の似顔絵のが出たそうで。

私、発売日にたまたま見つけて、

初めて有料スタンプ買っちゃいました。

今までは無料スタンプしか使ってなかったのです(楽天パンダとか)


こんなスタンプです。

http://www.carp.co.jp/news18/n-141.html


分かりやすい選手もいるけど、分かりにくい選手もいる。

相方と一緒に背番号などからどれが誰か割り出しました。

コーチとか、相方に聞かんとほんま分からん。

ていうか、なぜクレートさんがいるのか。

「・・・マセンカ」の人ですね。

通訳なのに大人気。(※注1)

いや私も好きだけど。

しかしクレートさんが、一人でひとつのスタンプになって、

ドミニカ出身の選手が二人でひとつのスタンプというのは、

かわいそうじゃないかな・・・。

相方もスタンプを買った。

私たちのLINEは、最近このスタンプだけでほとんど会話が成り立っている。

鹿児島のじいちゃんばあちゃん、今日オレ買ったよ!(※注2)




でも、ぽちっと押すだけで買い物できてしまうスマホは怖いねえ〜。

現金が見えないから、うっかり買い過ぎそう。

気を付けないといけない。



話変わって。

先週のある日の夜。

寝室のカーテンを、まだレースカーテンしか閉めていなかったので、

遮光カーテンも閉めようかと近づくと、

何か黄緑色に光るものがある。

遠くの道路の光にしては、何かおかしい。

よく見ると、なんとホタルじゃないか!

ホタルが窓に止まって、強い黄緑色の光を明滅させているのでした。

うわあ。家まで来るかあ。

しばらく眺めていると、やがて光はスイッスイッと弧を描いて、

庭の向こうへ飛び去ってしまいました。



※注1・・・クレートさんは、ドミニカ出身選手の通訳なのだが、

カタコトの日本語が面白くて、ものすごい人気を博している。

※注2・・・松山選手の決め台詞をもじった






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ