Hatena::ブログ(Diary)

その日暮らし



2018-08-08

ひ孫との距離

妹の息子3歳。

少し前までは、曾祖母(私から見たら祖母)がお気に入りで、

曾祖母の部屋で並んでじっと絵本を読んでたりしてたのに、

今回帰省してきた際、苦手になってしまった。

だんだん成長して、いろいろ理解できるようになると、

曾祖母の言うことがおかしいと思ってきたようで・・・。

何度も何度も年齢を聞かれ、

これはおかしいと思ったらしい。

3分に一回は「年はいくつ?」って聞きそうだもんな、ばあちゃん・・・。

私が実家に行って「ひいばあちゃんの部屋に行こうよ」と誘ったら、

「こわい」と拒否された。

理解できない存在は、怖いか・・・。

年を取ったら仕方ないんだよ、と思えるほどは成長してないしなあ。

他の子も、曾祖母に違和感を抱いて、

距離を置くことがあったらしい。

難しいものですなあ。

まあ私も、小学生の頃、

97歳で亡くなるまで、少しの間同居していた曾祖母が、

得体の知れない感じでなんとなく怖かったなあ。

それに加えて、会話が成り立たないとなあ。

そして、騒々しかったひ孫たちが去ってしまった今、

曾祖母はすっかり彼らがいたことを忘れてしまっている・・・。

あんなに大騒ぎだったのにね。






↓↓↓「広島ブログ」参加してます。一日一クリックお願いしま〜す(*´∀`)

広島ブログ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証