Hatena::ブログ(Diary)

はてなの鴨澤 Twitter

2012-07-30 ”科学の祭典” 二日目 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:kamosawa:20120729093809j:image

ほんとに大盛況でした

来訪者数は、ちらっと聞いた話だと七千人とかそんな数字。MTMの何回目かと同じくらい来たのか、と軽くショックを受けました。北谷町大岡山では周辺人口が全然違うし、告知もそんなにされてなかったし、どうやってそんなに沢山の人がこのイベントを知り、来るに至ったのかを考えると不思議なくらいです。


うちの二日目の様子

一日目は資材が足りなくなったりもしたせいで何度も一階まで上がったり、お昼は二階の控え室で食べたりできたんですが、二日目は朝パソコンの前に座ったとき

「あー、もう9:52になってるのか」

と思ったことしか覚えてない。あとはずーーーーーっと型紙を作ってました。


これに1機10分くらいかかるわけです。いろいろノウハウを作ってスピードアップするけど、それでも必然的に時間がかかる。


あまりに人が多かったので、シルエットを描いてもらってから作れるようになるまですごく待たせるようになってしまいました。それで「これを描いたら他のを見てきてください」とやっていたのだけど、これだと帰っちゃう人も出る感じがしてこちらのモチベーションも下がる(実際受け取りに来なかったのは1枚だけだったけど、作らずに持って帰る人は結構居た)。


ということで昼過ぎからはある程度溜まったら受付を止めるようにしました。待ちが無くなったら5人受け入れるという調子にして、どうにかうまく回るように。製作機数は二日目の総数が52機。一日目が21機ですから倍以上でした。


製作の説明の方は手伝いの人に任せっきりで、調整で手に負えなくなるとオレが手を止めて出動、という具合で、大部分の飛行機はなんとか飛ぶようになりました。


作業の難易度としては、「ハサミで切り出す」というところは案外みんな大丈夫でした。しかし「接着剤できちんと貼り合わせる」や「翼の取り付けタブを正確に折る」は比較的ハードルが高かったようだし、一番引っかかったのは意外なことに「重心を合わせる」でした。オモリが足らずに後ろ重心の状態になった飛行機が大部分で、しかしこうした感覚を持たない人が多いとは思えないので、ここは説明不足だった気がします。


重心について。解説は口で「ここに重心が合うようにクリップを付けてください」というのでは多分ダメで、指でバランスを取っているところをやって見せる必要があった。あと、紙飛行機に慣れた人なら重心の狂いが試験飛行の中でわかりますが、それは慣れた人ならでは。挙動から重心の狂いを思いつくことは知識が無ければ無理なのが普通だし、その知識は無くて当たり前でした。試験飛行で動かすパラメータを限定するためにも、重心位置は簡単確実に合わせられるメカニズム(2本の棒を1cm間隔で立てた台を用意して載せてみるようにするなど)があれば良かったなと思います。


今回特にダメだったところ

上記の手際の悪さを含め反省点はいろいろあるんだけど、なんといっても問題だったのは、出来上がった飛行機の性能がイマイチだったことだと思います。そしてこれは、お絵かきソフトに本当に詳しい人ならカバーできたかもしれない。自動生成をもう少し早めに諦めて準備に時間をかけるべきでした。


今回の方法では貼り合わせ胴が2枚構成です。描いてもらったシルエットを取り込んで左が前になるように配置し、決まった長さと角度を付けた主翼と尾翼の取付タブを無理やり合わせ、複製&反転で右側を作るという方法。これはそれ以上分割したものを作る時間が無かったからなんだけど、やはり少なすぎた。強度が足りないのにオモリが多く必要になり、歪みが出やすかったため、修正がものすごく微妙になるものが多かったです。


また水平尾翼の取り付けタブを垂直尾翼の上に配置してT尾翼にしたものが非常に多くなったけど、これは描いてもらった見た目を崩すパターンが多くてよろしくなかった。描いてもらったシルエットは中央の1枚とし、しっぽを少し延長して尾翼タブを付けてやれば色々都合が良かったけど、その一枚を多くつくるのが大変すぎてとても出来なかった。


これらは取り込んでパスに変換したシルエットを、出力段階に至るまでそのままゴチャゴチャのパスの集まりとして扱いつづけていたためで、基線を引いてタブを配置したあとはペイント系のソフトで処理すれば簡単だった気がします。


性能が出なかったのは、実は描いてもらった絵を尊重したためという面もあります。普通の人が飛行機を描くと、かなりデフォルメされた太短い胴体のものを描いてしまうのが当たり前で、子供はその度合がさらに強くなります。そして太短く出来上がった飛行機は横風の影響を受け易すぎて、キレイに飛んでくれない。正直これがこんなに大きな影響になるとは思っていなかったので、今回の企画コンセプト自体にちょっと問題があった部分です。後半はこの問題を認識したこと、描いた子供たちと一緒に画面を見ながら型紙化作業をできるようになったので、「ちょっと伸ばしましょうねー」などと言ってだいぶ変形できたけど、前半はそこまで踏み込む勇気がありませんでした。


「科学の」祭典の出し物としては、力学の初歩を感じるのに良いテーマだとは思うんですが、やはりちょっとばかり説明不足でした。"飛行機は重心と空力中心を合致させることで飛んでおり、離れたところにある尾翼が梃子のように作用して挙動を作る" という概念を、簡単な言葉で最初に解説しておくのは大事なことでした。これは設計前に教えておいた方がいい。今回は設計前に予断を与えず、任意のものが飛んでしまう面白さがにこだわったんですが、それなら基本性能をもうちょっとどうにかしろってところで。


良かったところ

これはハサミと接着剤を使った工作をたくさんの子供に体験させられたことが第一でした。取り返しの付かない不可逆的な工作には、誰が作ってもうまくいくもの、何度でもundoが利くものとは違った緊張感があり、それはたいてい一緒に手伝っていた親御さんの様子からも見て取れたはず。


また、自分の設計や工作精度、そして調整の腕が飛び具合に如実にあらわれる紙飛行機を使ったことで、作業への本気さがダイレクトに返せたところも良かったとおもいます。飛ぶ子のものは非常によく飛ぶけど、飛ばないものは本当にぜんぜん飛ばない。でも各部の比率はどれも同じなので、あちこち削ったり調整をきっちり合わせたりすれば飛ぶ。


こうしたフィードバックを受ける機会は少ないし、飛びものでは嬉しさも悔しさも強いので、参加した子供には何かを返せたのではないかと思います。

----

なんにせよ有意義な二日間でした。オレは同じものを何度もやって完璧なものを作り上げるのは苦手というか飽きてしまってクオリティが下がるので、新しいテーマをぶっつけ本番でどうにかしてしまう方が合っているようです。だからこうしたイベント参加は億劫がらずにとにかく申し込み、バタバタするのが宜しいということになるようです。

2012-07-29 ”科学の祭典”初日 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

盛況でした

初日のメインホールはこんな感じ。

f:id:kamosawa:20120728114803j:image

去年はこうですから、まるで人出が違います。

f:id:kamosawa:20110807110035j:image

フライトシミュレータはこうでした。やりたい!(去年も居たそうです)

f:id:kamosawa:20120728165522j:image

他に2階のセミナー室をいくつかと地下のホール、屋外などもあり、どこも人だらけ。お昼に外に出て戻ってきたら駐車場が全部満車になっており、100mくらい離れた商工会議所に駐めねばならなくなったほど。


去年は初日が台風で中止となり、二日目の人出は「余裕を持って見て回れる」程度のものでした。今年は大盛況といえるのでは。


オレがやってること

上の去年の写真を見るとわかる通り、オレは去年「はじめてのハンダ付け」ってのをやったんだけど、今年はもうちょっとオリジナルのワークショップをやろうかなと思い、「紙飛行機を設計しよう」というお題にした。


これはもともと20年くらい前に頭に浮かんだ、二宮康明デザインの紙飛行機("よく飛ぶ紙飛行機集" のものなど。子供の科学には今でも毎月載っている)みたいなのって自動生成できるんじゃね?、という思いつきから来ている。この種の紙飛行機の貼り合わせ胴は最初に全体のシルエットを考えれば機械的にパーツ分割できるし、その胴体に合わせた翼面積を導出するのは簡単だからだ。


最初にシルエットを決め、その形状を分析して接線が2本平行になる部分を見つけて主翼と尾翼の取り付け部とすれば翼のパラメータは決まる。胴体は全体のシルエットが出てるから機械的に分割して翼の取り付けタブを追加するだけでよい。この方法なら最初のシルエットは割といい加減でよい。というか、この構成なら重心を合わせてきちんと調整すれば結構なんでも飛んでしまうから、子供の落書きみたいなものからでも飛ぶ飛行機が作れるのでは→子供たちに落書きを飛ばしてもらおう。空力の基礎を遊びながら学ぶとはこのことだ。となった。


ここまで考えたのが十年くらい前。いろいろ知識も増えているし、良い機会だからソフトを描いてしまおうと思った。決めたのが7月の頭で、1ヶ月あれば楽に作れると思った自動生成ソフトは、しかし結局メドすらつかなかった。接線を計算するには胴体シルエットを曲線で近似する必要があるのだが、その変換がどうにもうまくいかなかったからだ。


結局、描いてもらったシルエットをスキャナで取り込み、生成したパーツをケント紙に出力して作ってもらう、というインターフェイス部分だけが生き残った。途中の部分は、決まった面積の主翼、それに合わせた水平尾翼、そしてそれに合わせたタブの組み合わせを用意しておき、手動でうまいこと合わせるようにした。合わせるのはオレ。手動だと時間がかかるので、胴体は分割せず、2枚だけの貼り合わせにした。


会場に行くと、ずいぶん広い場所を用意してもらっていた。

f:id:kamosawa:20120728094035j:image

このスペース全部使ってよいとのこと。机一台をコンピュータ用に手前に、六台をワークショップ用に島型に配置。


オープン後は写真を撮ってる暇も無いほど盛況というか…

  • MacBookACアダプタを忘れて昼に取りに戻った
  • 何人かまとめて出したらハサミが足らず、1階ホールの出展者に借りた
  • 接着剤やオモリのクリップなどの消耗品がすぐ足りなくなり、昼に近所のホームセンターで購入
  • ブラザー HL-2040という少し古いレーザープリンタを使っているが、トナーが切れた
  • 図面はInkscapeで組み合わせるようにしたが、いまいち不慣れで時間がかかりがち

といった具合でトラブル続出。写真を撮る暇もなかったです。弁当も4時すぎに食べた。


どのくらい教えるべきかというのは難しい感じ。教科書的には胴が細くて頭が大きいものを作った方が素直によく飛ぶんだけど、自分で思い通りに描いたものが飛ぶ方が絶対おもしろい。でも飛びが悪いと面白さが減る。説明しても自力で調整してうまく飛ばせる子は思ってたより少ないし、やってあげるには手が回り切らないし。


ともあれ、最終的に20人ちょっとの参加者がありました。

f:id:kamosawa:20120728173332j:image


帰りにパソコン屋を回り、けっきょく近所のベスト電器でトナーを買いました。新品の一番安いレーザープリンタは1万2千円台、トナーは8千円弱だから迷ったけど、キヤノンエプソンの一番安いレーザーは背が高く、いま入れてる場所に入りそうになかったこと、ブラザーのプリンタは高速で変なトラブルが無いワークホース振りが気に入ってるので、現状維持のトナー購入となりました。在庫があって良かったです。グッドウィルあたりはレーザープリンタの店頭扱い自体をやめていたので。


さあ二日目。ようやく準備万端w たぶん昨日の倍以上をこなせると思うけど、まだまだ課題山積ですな。

2012-07-28 今日明日は「科学の祭典」です このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ちょっと古典的な科学イベント、沖縄でやってます

去年から始まった「青少年のための科学の祭典沖縄大会」が今年も開催されます。場所は北谷町ニライセンター。北谷町役場の裏を上がるか、会場案内図のように国体道路のしまむらから入ってまっすぐのところ。開催日は7月28日、29日の二日間…今日と明日ですね。時間は10時から6時までです。


一体何なのよ、とお思いになられる方も多いと思いますが、これは子供が行けるバリバリの科学イベントです。


MTMとかとは少し方向性が違っていて、「こういうの作りました」というものよりは「世界のこういう部分を体感できます」みたいなのが多い。去年のオレは「はじめてのハンダ付け」というのをやりました。安全に火遊びしながら電気の世界に導入、みたいな感覚です。あと目立ってたのは琉大前野先生のところの低温実験。植物を凍らせてパリパリ砕いたり超伝導したりですが、見るだけでなく体験できる。液体窒素でかなり好き放題に低温世界を楽しめるのはここだけ!みたいな。今年はフライトシミュレータとかも来るみたい。


上のページの説明はめちゃめちゃそっけないのでわかりにくいけど、要するにわりにレベルの高い内容が超簡単に遊べるようになったイベント。理科分をもりもり補給できます。


オレは今回、紙飛行機をデザインして作ろう、みたいなのをやります。横から見た絵を描いてもらったらコンピュータで簡単に展開して羽根なんかの部品と一緒に出力し、その場で切って作ればよく飛ぶ紙飛行機ができる、というもの。自動生成するプログラムが書き切れなかったのであんま人数はこなせないかもしれませんが、ヘンなものでも飛ぶようになるので面白いはず。


沖縄に居る方はぜひお出かけくださいませ。10時から6時までやってます。

2012-07-26 MacでInkscapeを使い始めるときに最低限やること このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

備忘録です。Mac OS X Snow Leopard(10.6.8)でInkscape*1 0.48.2(現時点での最新公式リリース。http://inkscape.org/download/からダウンロードしたpkgからインストール直後)を使った際に、ちょっとハマったことをメモ。

Xのクリップボード設定を変更する

症状
パスがコピペできない。パスで構成されたオブジェクトをコピー&ペーストするとビットマップになったイメージが貼り付けられる。すごい不便というか、ほとんどドローソフトの意味が無くなる。
解法
Xのクリップボード設定を変更する。X11の "X11→環境設定..." で "ペーストボード" タブを開き、"CLIPBOARDが変更された時にペーストボードをアップデート" のチェックを外す。

これはOS X10.5後期から出るようになった不具合らしい。

localeの設定

症状
Extensionからスクリプトを実行しようとしたところ、Pythonのlocaleエラーが出て実行不能。
解法
Inkscape.app の中にある起動スクリプト /Applications/Inkscape.app/Contents/Resources/bin/inkscape の最後のあたりで環境変数LANGを設定している部分をいじってja_JP.UTF-8が設定されるように変更する。
export LANG="`grep \"\`echo $LANGSTR\`_\" /usr/share/locale/locale.alias | \
        tail -n1 | sed 's/\./ /' | awk '{print $2}'`.UTF-8"

↓

export LANG="ja_JP.UTF-8"

ばっさりカット、またはコメントアウトして下のものに差し替えてから再起動する。

これをやって起動してみたら、メニューまで日本語になっていて驚いた。

ちなみに上の"`grep \"\`echo $LANGSTR\`_\" /usr/share/locale/locale.alias | tail -n1 | sed 's/\./ /' | awk '{print $2}'`.UTF-8"によってどんなものが設定されるかというと:

$ echo "`grep \"\`echo $LANGSTR\`_\" /usr/share/locale/locale.alias | tail -n1 | sed 's/\./ /' | awk '{print $2}'`.UTF-8"
tr_TR.UTF-8
$

なかなかひどい。

*1: まちがってInkspaceって覚えちゃってなかなか直らない