Hatena::ブログ(Diary)

嘉村の「人創り問答」 RSSフィード

2019-01-17

グローバルマインド

皆様、本年もよろしくお願いいたします

新年を迎え、1月ももう半ばです
関西の私立中高は中学入試にセンター試験、あわただしい
季節に突入しておられると思います

私事ですが、今年は縁あって海外で年越しをしました
→ウクライナのキエフにて
例年なら少しは目に入る紅白歌合戦や行く年来る年といった
TV番組はもちろん、ニュースや新聞からも隔絶された期間
生涯忘れられない、特別な年になりました

観光だけでなく、歴史を学ぶ講座や、現地の方々とも交流する
ワークショップ、現地の皆さんの年越しイベントなどにも参加
高校や大学で体験できなかったミニ留学気分を味わいました

その交流の中で感じたことです

同年代の多くの日本人と同じく、中学・高校・大学 のはじめまで
学んだはずなのに、ほとんど英語を話せない私は、現地の方と
1時間、2時間ともに行動しても、伝えられることはほんの少し

相手が英語が達者ならまだいいのですが、お互い、Too littleの
場合は、更に苦戦し、もどかしく、寡黙になり…
昔、もう少し話す練習しておけばと後悔しました

でも一方で、そんな私と目を合わせ、表情を見ながら気持ちを
読み取ろうとしてくれる相手の方の優しさ、心遣いに触れる
こともできました

目の色、肌の色、髪の毛の色、背の高さや体格、食文化や言葉、
数え上げれば、たくさんの違いを見つけることができます

しかし、表情や声、態度や気遣いから伝わってくる人の心には、
日本人と外国人に、違いなど何もない
外国人を何か特別な人にしているのは、私自身だと気づきました

コンビニや外食店の外国人スタッフ急増が示すように、少子高齢化が
進む日本は既に、外国人を受け入れ、協働、共存していく道以外に、
国力を維持することが難しくなりつつあります

中高生、大学生の間に、心の壁をとっぱらってグローバルマインドを
身につける。そして国内でも海外でも、どんな国の方々とも、
心を通わせることができる人へ

これからの日本人の基本要件ではないかと感じました
さぁ、かなり遅まきながら、ではありますが、もう一度英語に…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kamura_corenet/20190117/1547732840