Hatena::ブログ(Diary)

かむろのたより

2003 | 09 | 10 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2016-10-05

[][]ネルケプランニングが新作ミュージカルのキャスト(女性)を募集

ネルケプランニングが、ブシロード(http://bushiroad.com/)との提携で上演する新作ミュージカルのプロジェクトが、出演者(女性)を公募している。

http://www.nelke.co.jp/topics/2342/

「『ミュージカル』と『アニメーション』が相互にリンクしながら同時展開し、3次元と2次元を繋ぐ新しい形のエンターテインメントを創造します。『舞台女優』と『アニメ声優』、二つの夢を同時に叶えてみませんか――。」

募集は、女性のみで、メインキャラクター、アンサンブル他。

高校生以上28歳まで(エントリー時に中学3年生でも可、未成年は保護者の同意が必要)で、「芝居、歌、ダンス経験者」。

応募の締切は、2016年10月18日(火)12:00必着

詳細は、
 →http://www.nelke.co.jp/topics/2342/
 →http://bushiroad.com/events/newproject_audition.html

[][]ビリー・エリオット候補として番組で紹介された7人

この(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20160929/p3)番組を視聴。

ビリー役の候補は、7人にまで絞られたとのことで、番組で紹介された7人は、


木村咲哉(きむらさくや、10歳)
 これ(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20160205/p1)に出演していた子ですね。

加藤航世(かとうこうせい、12歳)
 http://symphony-ballet.com/

   D


未来和樹(みらいかずき、14歳)
 http://ameblo.jp/mirai-kazuki-16/
 デビューコンサート(童謡)なんてやっていますね。http://doyokan.net/kanagawa/?p=725

廣瀬喜一(ひろせきいち、12歳)

工藤裕太(くどうゆた、12歳)

前田晴翔(まえだはると、11歳)
 https://ny1page.com/2015/06/10/miru06092015/
 http://ameblo.jp/matenrounikki/entry-12099762779.html

山城力(やましろりき、10歳)



私が選ぶとしたら、廣瀬くんと、加藤くん。次が、山城くんかな。

2016-10-04

[]歌舞伎座 芸術祭十月大歌舞伎の子役

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫 襲名披露
  中村国生改め 四代目中村橋之助
  中村宗生改め 三代目中村福之助 襲名披露
  中村宜生改め 四代目中村歌之助

芸術祭十月大歌舞伎

10月2日(日)〜10月26日(水)、歌舞伎座

に出演の子役は、下記のとおり。


[昼の部]

「女暫」

茶後見: 上村紳太郎・菊地慶 (交互出演)


「極付 幡随長兵衛」
  〜公平法問諍〜

長兵衛倅 長松: 重田龍作・醍醐陽 (交互出演)


名前の読みは、うえむらしんたろう きくちよしと しげたりゅうさく だいごひろ

2016-10-03

[]かあかあカラスの勘三郎/Danceしない?

鈴木梨央ちゃんの

かあかあカラスの勘三郎/Danceしない?

(11月23日発売)

すでに予約キャンペーンがはじまっていて、ららぽーと富士見はもう終わっちゃってる、と思ったら、コクーン新都心が、10月22日(土)。

http://avex.jp/suzukirio/index.php

CD+DVDが、1944円(税込)
CDシングルが、1080円(税込)

[]合宿

「ズボン船長」って、子役の合宿があるのですね。

今年は、東西合同だった、とのこと。

http://rkxt.blog.fc2.com/

『温かなお客さまに支えられてきたこのミュージカルは、しばらくお休みとなります。』とあるので、しばらく上演はないようですね。

[]C型肝炎のない明日へ

ギリアド・サイエンシズのTVCM

「C型肝炎のない明日へ」

http://www.naosou-cgatakanen.jp/

に出演しているかわいい女の子は、

坂上梨々愛(さかがみりりあ)さん。

プロフィールページ
http://centralltd.co.jp/talent/ririasakagami

2007年2月5日生まれなので、小学4年生。

はぜどんはぜどん 2016/10/04 02:06 鈴木梨央ちゃんも予約キャンペーンなんて大量にやるんですね。
アイドルの場合には、ウイークリーチャートや、それこそデイリーチャートだけでも上位にランクされたいということで、発売前の予約イベントを大量にやるのが当たり前になってしまっていますが、梨央ちゃんまでとは・・・(^^;
田舎住まいの者には、予約した物を受け取りに行くとか、送料負担で送ってもらうとかは面倒で仕方ないんですよねぇ。
昔のアイドルイベントのように発売後にイベントをしてくれて、CDもその場で受け取れるようにしてくれるといいのに、発売後のイベントは逆に少ないのですよね。
CDを売りたいのか、1日だけでも上の方の順位が欲しいのか・・・
今時オリコンなどのチャートとか何の有り難味もないと思うのですが、何なのですかね。
ちょっと愚痴ってしまいました(^^;

はつせ、はつせ、 2016/10/05 17:36 はぜどんさん。
コメント、ありがとうございます。
そうかぁ…、予約したら発売後にまた取りに行かないといけないですね。そういえば、いつだったか、サンシャインの噴水広場のキャンペーンで予約したのを後からもらいに行ったりしました。
11/23発売で、いまからもうキャンペーンイベントをやっているのも、時期として早いですよね。(鈴木梨央ちゃんのスケジュールの都合とかでしょうか?)

はぜどんはぜどん 2016/10/05 23:52 今のアイドルは、発売前2ヶ月くらいから土日祝日に予約イベントを組むのは当たり前みたいですね。
発売前イベントの方が、少しでもランキングをあげさせてやりたいというファン心理がはたらいて売り上げが増えるのでしょうかね?
こうでもしないと今の音楽業界は成り立たないのかもしれませんが、1枚のレコードやCDを大切に聴いていたおっさんとしては、CD、DVDが握手会や撮影会の引換券になってしまって、ゴミとして大量に捨てられている状況には違和感や不快感の方がまさってしまいます(−−;

はつせ、はつせ、 2016/10/06 23:02 なるほど、近ごろは、発売に先駆けてのキャンペーンが当たり前になっているのですね。

CDを聴く環境も以前とはちがっているのでしょうね。
私の場合、むかしはステレオもCDラジカセも持っていましたが、いまでは、パソコンか録画用のDVDプレーヤーでCDを聴く状況ですから・・・

2016-10-02

[][]「墓場、女子高生」の『公演に関するお知らせ』が、すごい

乃木坂46のメンバーが出演する

「墓場、女子高生」

10月14日(金)〜22日(土)、東京ドームシティ シアターGロッソ

http://www.nelke.co.jp/stage/hakaba-jyoshi/


まだ残席のあるステージがいくつかあるので、ちょっと気を惹かれたのだけれど、「公演に関するお知らせ」を読んだら、とても私のような出演者のファンでもない者が気軽に見に行けるような舞台ではないのだと痛感した。


『入場時にお申し込み代表者様の身分証確認をランダムにて実施させていただきます。』
『チケット券面記載の「当選者様氏名(お申込み登録されたお名前)」と、免許証、保険証、学生証等「身分証」のいずれかを認証させていただきます。』

というのは、アイドル系の人気公演だとやっているところがあるから、いまどきは仕方ないのかな、と思うけれど、

『キャストへのプレゼント・お手紙・応援幕等の持ち込みは禁止とさせていただきます。会場にお持ちいただいても、お預かりすることはできません。』

ファンでないならどうでもいいとしても、でも、手紙も受け取らないって、なんだか厳戒態勢だね。

『1.手荷物の持ち込み制限をさせていただきます。
持ち込める手荷物のサイズは縦横40cm以内、幅20cm以内とさせていただきます。
バックパック、ブリーフケース、アタッシュケース、キャリーバック等、大きな荷物に関しては持ち込みを禁止させていただきます。』

『2.入場時に荷物検査を行います。
ご来場の際には、必要最低限の荷物でお願いいたします。
上記1.のサイズを超える荷物、運営スタッフで危険物と判断させていただいた場合、入場をお断りする場合がございます。』

『3.入場時に金属探知機による検査を行います。
なるべく金属類を身に付けてこられないよう、お願いいたします。
金属反応が出た場合、セキュリティによる身体検査を行う場合があります。』

・・・すさまじく厳戒態勢って感じですね。

とても舞台を楽しむ気分にはなれなさそうだけど、ファンのひとたちは慣れっこなのかな?

[]2017年アニー役 ※追記あり

「アニー」2017年公演のアニー役は、

『野村里桜(ノムラリオ)さん9歳&会百花(カイモモカ)さん11歳! そして、山田和也さんが新たに演出を担当します』

とのこと。

とりあえず、下記↓より。

https://twitter.com/spice_stage(SPICE[舞台情報メディア]/e+)

https://twitter.com/spice_stage/status/782507065260466176

https://twitter.com/spice_stage/status/782505368580599808

https://twitter.com/spice_stage/status/782504392326995970


新アニーのふたり、かなり身長がちがいますね。

野村里桜さんは、あの芸名はどうなったの??
http://talent-debut.com/talent/rio-sakura/

演出家が東宝のひとなら、大人のメインキャストに東宝系の俳優が期待出来るのかな?もしそうなら、楽しみだけど。

[追記]

会百花さんは、2005年9月8日生まれ。
http://waterblue0420.info/g-kaiimomoka.html


アニー&孤児役、集合写真

https://twitter.com/spice_stage/status/782518486308270080

演出:山田和也、振付・ステージング:広崎うらん、音楽監督:佐橋俊彦

https://twitter.com/spice_stage/status/782517402298781698


[さらに追記]

『阪神タイガースの久慈照嘉内野守備走塁コーチの長女・愛さん(10)が、孤児のテシー役に選ばれた。 愛さんは現在、小学校5年生。』
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/02/0009546972.shtml

[なお追記]

イープラスのオーディションリポート
http://spice.eplus.jp/articles/80396

『会さんは今回「アニー」のオーディションに初めての挑戦で主役を勝ち取った。』

『野村さんは、2014年にモリー役で出演したことがあり、今回は主役で二度目の出演になる。そればかりか、今回ダフィ役で合格した姉の野村愛梨さん(2014年はストリートチャイルド役)とともに姉妹で2回出演の快挙は、史上初。』

ステージナタリーの記事
http://natalie.mu/stage/news/203952

[]ソレイユ channelより

夏休みに友だちと、はじめて後楽園(東京ドームシティ)に行った宮野叶愛ちゃん。

D

(撮影場所は、マザー牧場)

[]ポカリスエット ポカリガチダンス

ポカリスエットのCM

「ポカリガチダンス ありがとう」篇 60秒

D


「ポカリガチダンス フルバージョン」篇 150秒

D

はぜどんはぜどん 2016/10/03 00:07 ご無沙汰しています。

「墓場、女子高生」の注意事項についてはびっくりですね。
AKB系はあの切りつけ事件以来入場チェックなど特に厳しくなっているのかもしれませんね。
ファンの人たちは慣れっこになっているのかもしれませんが、舞台観劇メインで、チケット提示だけに慣れている人たちには相当なハードルになるのではと思います。

アニーは大きい子組と小さい子組とになるんですかね。
タップキッズは当初から必要ないと思っていたので、なくなっても別にいいのですが、子役の人数がこれだけというのはちょっと寂しい感じがします。
元々アニーのストーリーは好きではない上に、ジョエルの手抜き演出にはあきあきして観劇意欲も失せていたのですが、山田和也演出ということで1回くらいは観てもいいかなと思います(^^;

はつせ、はつせ、 2016/10/03 07:40 はぜどんさん。
こんにちは。

アイドル系での入場時の荷物チェックは、むかしからありましたが、以前は、カメラや録音機器を持ち込ないように、というのが主でしたね。
最近はこの点はゆるくなって(ほとんどのひとがスマホやケータイ、タブレットなどを持つ時代では、チェックする意味が薄れたのかも)、チケットの転売対策+セキュリティ、という時代になって来たということですね。
チケットに記名が前提の場合、会員登録しないと、チケットが買えませんし・・・

アニーは、11月にダンスキッズのオーディションがあって、ダンスキッズは16人採るとのことですから、トータルでは30人になって、これまでより増えるみたいです。

はぜどんはぜどん 2016/10/04 01:44 アニーはダンスキッズなるキャストができるのですね。
タップキッズのように「N.Y.C.」の場面だけの出番になると、発表会的な感じになって、そこだけ身内っぽい人たちが異常に盛り上がって、関係ない客はちょっと鼻白んでしまうようなことにならないといいのですけどね(^^;
いろんな場面でのダンスシーンに膨らみを持たせてくれるような演出になるといいなと思います。
それと、ダンスキッズについては、翌年のオーディションを受けられないとかのしばりは付けて欲しくないです。
これまでのような不文律を持ち越すようだと、ダンスキッズはパスするという子も結構出そうに思うので(^^;

はつせ、はつせ、 2016/10/05 18:14 アニーや孤児役に選ばれなかった子もダンスキッズで再応募できるとのことですが、たしかに、2年続けての出演がNGだと、判断がむずかしそうですね。
新演出だと特に前例がないことですものね。
ダンスキッズは、ジャンルとしては、ストリート系のダンスも含まれるのかが気になります。それだと、応募者の幅もダンスシーンの雰囲気もだいぶちがって来そうですが・・・

はぜどんはぜどん 2016/10/06 00:59 広崎さんのダンス傾向はわかりませんが、山田・広崎の演出ではダンスシーンはオーソドックスになりそうな気がします。
時代背景的にも、ストリート系のダンスが生まれるのはまだまだ先ですしね。
99年だったか、ハードノックにヒップホップ系のフリを入れて非難轟々だった時もありましたねぇ(^^;
初見の時に名倉さんの振り付けに感動した者としては、それに匹敵するか、超えるようなダンスシーンを見せてもらいたいものですね。

はつせ、はつせ、 2016/10/07 14:24 私の場合、広崎うらん氏は、蜷川さんの舞台などで、どちらといえばお芝居のなかでの振付が多い方、というイメージが強いです。

99年のアニー、ヒップホップはずいぶん不評でしたが、アニーのふたりは揃ってレベルが高くて、いまとなっては懐かしいです。

演出、振付だけでなく、セットや衣裳、台本(翻訳)もリニューアルするとのことですが、ジョエル版でカットされていたナンバーは戻るといいですね。

2016-10-01

[]10月の歌舞伎俳優出演劇場一覧より

歌舞伎俳優出演劇場一覧 平成28(2016)年10月

http://www.kabuki.ne.jp/cms/actor/list.pdf?t=1472699710

を見たところ、

新橋演舞場の十月花形歌舞伎「GOEMON 石川五右衛門」には、関西の部屋子(上村吉太朗、中村未輝、片岡千太郎)さんたちが出演。これは、楽しみ。

海老蔵丈の弁慶、獅童丈の富樫による(巡業・古典への誘いの)「勧進帳」の太刀持音若は、部屋子・弟(市川福之助)さんが務める模様。

芝喜松さんは「中村梅花」を襲名して、幹部昇進のようです。

歌舞伎俳優出演劇場一覧のリストから、高麗屋の部屋子さんの名前がなくなっているのが気になりますが・・・

[]「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」追加オーディション

ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」

http://www.billyjapan.com/

が、出演者を追加募集している。

http://www.billyjapan.com/audition.html

いずれも、締切は、10月末日。


★バレエガールズ(子どもキャスト、9〜16歳)。食いしん坊キャラを演じられ、14歳に見える方。身長:127センチ〜150センチ

http://www.billyjapan.com/img/audition/pdf01.pdf

★バレエガールズ(18歳以上)。基本的なバレエの動きができ、トゥシューズを履いて踊れる方。身長:158センチ以下

http://www.billyjapan.com/img/audition/pdf02.pdf

★スモールボーイ(6歳〜9歳)。お芝居のみの役柄になります。身長:121センチ以下
★トールボーイ(10歳〜12歳)。11歳の少年を演じられる方。お芝居のみの役柄になります。身長:147センチ以下

http://www.billyjapan.com/img/audition/pdf03.pdf


子どもキャストのバレエガールズは、特定のキャラクターのみですね。

大人でバレエガールズを募集ということは、大きい子など一定数を大人キャストにすればそこはシングルも可だし、オール子役でやるよりいろいろ安心だし、キャストスケジュールも組みやすいとかそういうことでしょうか・・・

「ビリー・エリオット」って、そういえば、幕開きでしたっけ、客席から舞台へ上がって来る小さい男の子がいたよね。あれが、スモールボーイ?

[]早見木の葉

ミュージカル座は、来年2月に、IMAホールで、「トラブルショー」を上演する。

公演は、2017年2月23日(木)〜2月27日(月)で、全6ステージを予定。

出演者の募集には、子役の早見木の葉役も含まれていて、小学3〜5年生ぐらいまでの子役の女の子、とある。

http://www.musical-za.co.jp/stage/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC2017/

応募締切は、10月24日(月)必着。


早見木の葉は、売れっ子子役(でも、最近ちょっと落ち目)。劇中劇で、ヒロインの子ども時代を演じるのだが、公演初日の開演直前、舞台ソデで倒れてしまい、急遽、そのステージママが代役で舞台に立つことになる・・・

2016-09-30

[]おたふく物語

9月の明治座「おたふく物語」に、齋花漣ちゃんが出ていたみたい。

10月の博多座での同公演にも出演する模様。


子役が出ていたことに、ちっとも気がつかなかった。

ここ(→http://www.meijiza-ac.jp/production/performance.html)は、定期的にアクセスしていたのに、情報がなくて、

プロフィールページ↓のほうを見なきゃいけなかったのか・・・

http://www.meijiza-ac.jp/production/search_detail.php?aid=587


コロッケ公演のときの写真が出ていた。
https://www.facebook.com/macmeijiza/photos/pcb.1217595538260285/1217592551593917/?type=3&theater

[]孤独な祝祭 佐々木忠次

来月(10月27日)、文藝春秋の新刊で、東京バレエ団の故・佐々木忠次の評伝が出る。


追分日出子「孤独な祝祭 佐々木忠次 バレエとオペラで世界と闘った日本人」(文藝春秋、1800円+税)

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163905501


そういえば、前に読んだ、「闘うバレエ」も、文藝春秋(文春文庫)だったね。

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167753740

[]イキウメ「太陽」DVD

5月に、シアタートラムで上演された

イキウメ「太陽」

のDVDが発売になる。4500円税込。

オンラインショップでは、10月5日から発送、となっている。

http://www.ikiume.jp/tuhan.html#taiyo2

発売後は、新宿の紀伊國屋書店でも扱いがある模様。

私が見に行った日が、収録日だった。NHK BSプレミアムでも放送されたらしいけど、編集とかも同じなのかな・・・

[]伊藤ハム チーズイン「ヤタヤタヤッター」篇

伊藤ハム チーズインのCM

「ヤタヤタヤッター」篇

小さい子たちが踊っている。

プレスリリース
http://www.itoham.co.jp/corporate/news/dtl/00001766/


D

http://www.itoham.co.jp/corporate/cm/cheesein.html

[]リトル ティ・モーン

ミュージカル座は、来年1月に、IMAホールで、「アイランド」を上演する。

ミュージカル座では、3演目。

公演は、2017年1月19日(木)〜1月22日(日)で、全6ステージを予定。

出演者の募集には、子役のリトル ティ・モーン役も含まれている。

http://www.musical-za.co.jp/stage/%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%892016/

応募締切は、10月15日(土)必着。

リトル ティ・モーンは、身長120センチ以下の女の子、とあるけど、ミュージカル座での最初の上演のときは、そこまで小さくはなかったよね?

2016-09-29

[][][][]中日劇場が、2018年3月で営業を終了

中日劇場が、2018年3月をもって営業を終了する。中日ビルの建て替えに伴うもので、新たなビル内に、本格的な劇場を設ける予定はないとのこと。


http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016092890203810.html(中日新聞)

『開館から50年がたち、老朽化が進んでいるため。2019年3月末に閉館し、新ビルは20年代半ばの完成を目指す。建て替えに伴い、中日ビル内の中日劇場は18年3月末で営業を終え、閉館することを決めた。』

『閉館する中日劇場は新聞社が直営する全国唯一の劇場で、中日ビルと同じ1966年に開業。座席数は1420で、歌舞伎や宝塚歌劇団、著名芸能人の座長公演など多彩な演目で親しまれてきた。

 水野専務は「50年間ほぼ赤字で、本格的な劇場を民間だけの力で経営するのは極めて厳しい。断腸の思いで閉鎖せざるを得ない」と語った。新ビルに本格的な劇場はつくらないが、多目的ホールなど文化発信につながる拠点を整備する方針だ。』

http://natalie.mu/stage/news/203601(ステージナタリー)


名鉄ホールはすでに1か月単位の公演から撤退して、単発公演だけになっているし、御園座もどうなるのか判然としないし、名古屋の3大劇場が次々に・・・

思えば、はじめて中日劇場へ行ったのは、伊藤つかさ(当時はまだアイドル)主演の音楽劇「にんじん」だった。その次は、1994年の「レ・ミゼラブル」かな。

中日劇場でいちばん回数見たのは、2005年の「モーツァルト!」。思い出深いのは、「モーツァルト!」もそうだけど、やっぱり(森光子さんの)「放浪記」。

[][]1万人のゴールド・シアター2016「金色交響曲〜わたしのゆめ、きみのゆめ〜」

1万人のゴールド・シアター2016

「金色交響曲〜わたしのゆめ、きみのゆめ〜」
 based on Romeo & Juliet
  「ロミオとジュリエット」(W.シェイクスピア作、松岡和子訳)より

12月7日(水)15:00開演、さいたまスーパーアリーナ

企画・原案:蜷川幸雄
脚本・演出:ノゾエ征爾

http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/3773


[出演]

60歳以上の一般公募による出演者

さいたまゴールド・シアター

こまどり姉妹
木場勝己
原康義 妹尾正文 岡田正 清家栄一 新川將人 堀文明

周本絵梨香 内田健司 白川大 續木淳平 佐藤蛍 銀ゲンタ 高橋英希 (以上、さいたまネクスト・シアター)

ほか


全席指定 一般 前売3300円、当日3500円/高校生以下(3歳以上)1000円

チケットの一般発売は、10/10〜


さいたまネクスト・シアターから、高橋英希くんが出演しますね。

(内田健司さんはまだ脱ぐでしょうか? もう脱がないか)

でも、正直いって、これを見にさいたまスーパーアリーナへ行くというのは、気乗りがしないなぁ・・・

[][]テイク・ミー・アウト Take me out

「テイク・ミー・アウト」

作:リチャード・グリーンバーグ
翻訳:小川絵梨子
演出:藤田俊太郎

http://www.takemeout-stage.com/

https://twitter.com/takemeoutJP

出演: 良知真次 栗原類 多和田秀弥 味方良介 小柳心 渋谷謙人 Spi 章平 吉田健悟 竪山隼太 田中茂弘


[東京公演]

12月9日(金)〜12月21日(水)、DDD 青山クロスシアター(http://www.ddd-hall.com/) 全18ステージ

  『ステージをセンターに設け、二方面の異なる角度から余すことなくご覧いただけます。
  180席の密着空間はまさに体感型!客席とステージの境のない舞台上で再現される球場内のロッカールームに、
  まるでいるかのような臨場感をお届けします。』

全席指定 指定席 8800円、ベンチシート 8800円 (※ベンチシートは、ロッカールームを再現した、ステージを間近でご覧いただける臨場感溢れる最前列に位置するお席です。通常の指定席とは形状が異なります)


[兵庫公演]

12月23日(金・祝)〜12月24日(土)、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(http://www1.gcenter-hyogo.jp/facilities/hankyu.html) 全2ステージ

全席指定 1階席 6000円、2階席 3000円、ステージシート 6000円(※ステージシートは、当日指定)


竪山隼太くんて、ここ(→http://www.staff-up.net/)の所属なのですね。

http://www.staff-up.net/staff_one/12.html(プロフィールページ)

[]朝日新聞に、花やしき少女歌劇団の連載記事

今朝の朝日新聞に、木村唯さんと花やしき少女歌劇団の記事。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12582278.html

「いま子どもたちは」というシリーズのなかでの連載で、9月29日付から全8回。

昨日の夕刊にも関連記事が出ていた。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12582084.html

[]アカデミーナイトG エンタメ女子会 

10月4日(火)深夜25時58分〜、TBS

アカデミーナイトG

http://www.tbs.co.jp/academy-n/

http://www.tbs.co.jp/tv/20161004_2A3C.html

ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」

『約1年間に及ぶトレーニングを経て主演のビリー役が決定するという大オーディションに密着』

https://twitter.com/Billy_Japan/status/780976701509689344

だそうです。

[]真田丸 第39回

10月2日(日)放送の、

「真田丸」(NHK総合)

は、第39回「歳月」


浦上晟周さん演じる信繁の嫡男・大助、

そして、大出菜々子さん演じる信繁の娘・梅が登場。』

岸井ゆきのちゃんも再登場。

http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/story/story39.html


※梅役は、齋藤さくらちゃんが大きくなると大出菜々子ちゃんになる、という配役だった。

[]「バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜」ジルマ・チャベス役の出演予定

ミュージカル バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜

http://musical-biohazard.com/


ジルマ・チャベス役のキャストスケジュールが出ている。

http://musical-biohazard.com/schedule.html

(上記↑ページから、PDFファイル↓)

http://musical-biohazard.com/img/pdf/dilma-schedule.pdf

東京公演、大阪公演とも、草ケ谷開くんが初日、與名本睦くんが千秋楽の出演。

トータルでは、與名本くんのほうが1回出演が多い予定になっている。

ちなみに、私が持っているチケットは、草ケ谷開くんの出演回である。

2016-09-28

[]東京シティ・バレエ団/ティアラ"くるみ"の会 第31回くるみ割り人形

東京シティ・バレエ団/ティアラ"くるみ"の会

第31回くるみ割り人形

構成・演出・振付:石井清子(イワーノフの原型による)
指揮:福田一
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
合唱:江東少年少女合唱団

12月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)、ティアラこうとう 大ホール 各日とも15時00分開演

http://www.kcf.or.jp/tiara/concert_detail_020200300821.html

http://www.tokyocityballet.org/schedule/schedule_000237.html


[主な配役]

金平糖の女王:志賀育恵(23日・25日)、清水愛恵(24日)
コクリューシュ王子:中弥智博(23日・25日)、キム・セジョン(24日)
クララ:森絵里(23日・25日)、斎藤ジュン(24日)
くるみ割り人形:福田建太(23日・25日)、吉留諒(24日)
ドロッセルマイヤー:黄凱(23日・25日)、青田しげる(24日)
ねずみの王様:堤淳(3日とも)

客間のクララ:澤井香子(23日・25日)・久故妃世莉(24日)


全席指定 S席5000円、A席4500円、B席4000円 ※チケットの一般発売は、10月10日〜

(王子役が専門だった黄凱さんも、いよいよドロッセルマイヤーを演るようになったのですね)

[]「貴婦人の訪問」の子役

ミュージカル「貴婦人の訪問」

http://www.tohostage.com/kifujin/index.html

(演出:山田和也、翻訳・訳詞:竜真知子)

11月3日(木・祝)〜11月5日(土)、シアター1010 ※プレビュー公演

11月12日(土)〜12月4日(日)、シアタークリエ

12月9日(金)〜12月11日(日)、福岡・キャナルシティ劇場

12月17日(土)〜12月18日(日)、名古屋・中日劇場

12月21日(水)〜12月25日(日)、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ


[出演]

http://www.tohostage.com/kifujin/cast.html

アルフレッド:山口祐一郎

クレア:涼風真世

マチルデ(アルフレッドの妻):瀬奈じゅん
マティアス(市長):今井清隆
クラウス(校長):石川禅
ゲルハルト(警察署長):今拓哉
ヨハネス(牧師):中山昇

若い時のクレア:飯野めぐみ  若い時のアルフレッド:寺元健一郎

岩崎亜希子 樺島麻美 河合篤子 三木麻衣子 吉田理恵

榎本成志 木内健人 さけもとあきら 武内耕 俵和也 谷口浩久 港幸樹 山名孝幸

レーナ(子役):新井夢乃・大石優季 (Wキャスト)


ということで、発表された子役は、すでにいくつもの舞台に出演しているふたり。ミュージカル出演が多いのは新井夢乃さんですが、大石優季さんも数々の歌舞伎公演に加えて、「LADYBIRD,LADYBIRD」に出演したりしていましたから、ミュージカル志向なのでしょうね。

[]鬼問〜怒れる子どものモンスタークエスチョン

今夜の「ネクストブレイク」(日本テレビ、9月28日24:59〜25:29)は、

「鬼問(おにもん)〜怒れる子どものモンスタークエスチョン」

http://www.ntv.co.jp/nextbreak/program/20160928.html

http://www.ntv.co.jp/program/detail/21853607.html

『子どもは聞きたい…大人は答えづらい…モンスタークエスチョン“鬼問”。
現代の情報化社会に生きる30人の子鬼軍団が
テレビやニュースを見て思ったエグい質問で大人芸能人を地獄に追い詰める―。
大人芸能人は己の持論で子ども達を納得させることはできるのか?
子ども相談&激論トークバラエティー!』


子役(?)が30人出るみたい。

とりあえず、モンドラナの出演情報から。
http://www.mondorana.jp/topics/topics.cgi


「ネクストブレイク」

http://www.ntv.co.jp/nextbreak/

というのは、日本テレビのバラエティー番組のパイロット版を放送する枠のようですね。

[][]秋元康×エイベックスの新劇団がメンバーを募集

秋元康がプロデュースする新劇団が、メンバーを募集している。

http://avex-audition.jp/gekidan/

資格は、15歳以上の男女。ただし2016年4月時点で中学生は不可。
芸能事務所に所属していないこと。

選考は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5都市で行なう。

締切は、10月末日。

合格者は、来春(2月)に予定されている、秋元康 作・演出の舞台に出演。エイベックスに所属する。


http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/28/0009531367.shtml(デイリースポーツ)

http://natalie.mu/stage/news/203382(ステージナタリー)

2016-09-27

[]映画「クハナ!」初日舞台挨拶付き上映

ユナイテッド・シネマ豊洲、シネ・リーブル池袋、ブリリア ショートショートシアターでの「クハナ!」上映初日に、舞台挨拶が行なわれる。


「クハナ!」(上映時間104分)

http://kuhana.jp/

http://kuhana.jp/post/150720288193/10%E6%9C%888%E6%97%A5%E5%9C%9F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E6%8C%A8%E6%8B%B6%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F


★ユナイテッド・シネマ豊洲(スクリーン1)

10月8日(土)9:50〜の回、上映終了後に舞台あいさつ

登壇者(予定): 秦建日子監督、中西康浩エグゼクティブプロデューサー、立石一海(音楽監修)、松本来夢、久志本眞子、加藤清史郎、多岐川裕美、山村美智、伊藤雛乃

チケットは、発売中
http://www.unitedcinemas.jp/toyosu/information.php?info=42146


★シネ・リーブル池袋

10月8日(土)12:50〜の回、上映終了後に舞台あいさつ。※12:50〜14:35本編上映、その後、舞台あいさつ

登壇者(予定): 秦建日子監督、中西康浩エグゼクティブプロデューサー、立石一海(音楽監修)、松本来夢、久志本眞子、加藤清史郎、伊藤雛乃

チケットは、上映日の3日前から発売
http://www.ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/topics/detail/48662


★ブリリア ショートショートシアター(横浜)

10月8日(土)17:10〜19:20

ゲスト(予定): 秦建日子監督、中西康浩エグゼクティブプロデューサー、立石一海(音楽監修)、松本来夢、久志本眞子、加藤清史郎、伊藤雛乃

チケットは、10/1〜発売
http://www.brillia-sst.jp/topic/

[]見忘れた・・・

今日の「Nスタ」(TBS)で、明治座の「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」の特集があったのに、

 これ。→https://twitter.com/meijiza_theater/status/780328034213634049

見そこなった。

たまっていた朝ドラの録画を見ていたら・・・すっかり忘れてしまった。

[]栄伝亜夜とか蜜蜂王子

恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎、1800円+税)

http://www.gentosha.co.jp/book/b10300.html

読了。

この小説は、すごいな。

圧倒的なおもしろさ。

ここまで、クラシックの演奏を、言葉で表現して堪能させるというのは、並大抵のことではない。

とくに、栄伝亜夜(えいでんあや)の演奏家としての成長が、魅力的に書かれている。芳ヶ江国際ピアノコンクール第三次予選での、栄伝亜夜の演奏では、読者もきっと涙するだろう。

登場人物のなかでは、蜜蜂王子や栄伝亜夜もよいけれど、浜崎奏の存在がとても素敵だ。田久保寛っていうステージマネージャーが、いい味。

2016-09-26

[]地獄少女

舞台版「地獄少女」

http://jigoku.mediagate21.jp/

https://twitter.com/jigokubutai

11月9日(水)〜11月13日(日)、CBGKシブゲキ!! 全9ステージ

全席指定 7800円


これって、出演者が未発表ですね。チケットの先行販売が、はじまっていますが。

[]蜜蜂と遠雷

恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎、1800円+税)

http://www.gentosha.co.jp/book/b10300.html

『ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。 著者渾身、文句なしの最高傑作! 』

音楽コンクール小説だなんて、おもしろそう!

昨日、「夜のピクニック」を見た帰りに買った、恩田陸の新刊。

目次の次には、作中コンクールの課題曲。続いて、主要登場人物4名の、予選からの演奏曲のリストがある。

小説本文の後には、コンクールの結果が載っていて、最初にこれを見ちゃったのだけど・・・

『3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり』云々とあるので、

浜松国際ピアノコンクールがモデルでしょうね。


この作品は、『「星星峡」2009年4月号〜2013年11月号、「ポンツーン」2014年1月号〜2016年5月号の連載を大幅に加筆・修正したものです』とのことなので、7年前からの連載だったのだね。

2016-09-25

[]「がっぱ先生!」DVD、あるいはクレジット

9月23日21:00〜22:54に放送の

金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画

「がっぱ先生!」(日本テレビ)

http://www.ntv.co.jp/program/detail/21853470.html

http://www.ntv.co.jp/gappa0923/

 (過去ログのこれ。→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20160917/p4)


DVDが発売されるって。

金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「がっぱ先生!」DVD

本編約100分+特典映像

2017年2月22日発売。(3800円+消費税)

http://www.ntvshop.jp/410/p/g/ggf127/


このドラマ、オンタイムで見ている間は、5年2組の子は、田中奏生くん、遠藤璃菜ちゃん、柿原りんかちゃん、石井心愛ちゃん、加瀬ひなたちゃんの5人しか、分からなかった(認識率低過ぎ…)。あとは、大西統眞くんと、庵原涼香ちゃん。

運動会シーンでの、庵原涼香ちゃんのアナウンスが、見どころ(聞きどころ)だったね。

「城とドラゴン」の女の子が出ていたなんて、気づかなかった。

キャストクレジットから、子役の名前を引いておくと・・・


[5年2組児童]

田中奏生(大沢克夫)  太田温 大塲俊平(杉下簾) 酒井天満 阪本颯希(坂井亨) 佐藤瑠生亮(中嶋涼) 高澤父母道(山路陸) 田口遼翔(田所慎之助) 寺嶋慎太朗(藤本慎吾) 林卓(遠藤晴樹) 樋口海斗(渡辺聖也) 福田徠冴 牧純矢(林瑛士)

石井心愛(高橋繭) 石田萌華(曽田玲奈) 植田心 遠藤璃菜(小松周子) 柿原りんか(立花由実) 加瀬ひなた(今井輝美) 篠川桃音(内海芙実子) 長澤樹(春田翠) 中山美莉(井上瑠佳) 早間颯紀(吉岡真理恵) 本間日陽和 安留咲


庵原涼香(放送係?) しずく(村本愛子幼少) なぎさ(村本愛子幼少) 田中悠愛(村本千尋) 大西統眞(村本誠幼少)  阿由葉さら紗(村本愛子幼少の同級生?)


こんな感じかな・・・

録画は、クレジットのところしか見ていないので、そのうち最初から見直して、気づいたことがあれば、加筆や修正します。

2016-09-24

[]ミュージカル「忍たま乱太郎」〜がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!〜

劇団ひまわりの出演情報によると、

http://www.himawari.net/media/13758.html

来年1月に上演の、

ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾 〜がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!〜

で、子役キャストが一新される模様。

公式サイトはまだ更新されていないので、おそらくは、今日と明日に行なわれている「忍術学園学園祭」で発表になったのでしょう。


ミュージカル「忍たま乱太郎」〜がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!〜

2017年1月7日(土)〜1月22日(日)、東京ドームシティ シアターGロッソ  全20ステージ

子役トリオ(3役)は、

『鎌田一輝 岩間甲樹 高橋玲生(※) 山崎翔太(※) 福冨慶士郎 牛尾竜威』 ※「高」はハシゴダカ、「崎」はタチサキ

前回同様に、ダブルキャストと思われます。


[追記(公演サイトが更新されたので組分けと配役を↓に)]

http://www.musical-nintama.jp/UserPage/Detail/16

猪名寺乱太郎[A]:鎌田一輝
摂津のきり丸[A]:高橋玲生
福富しんべヱ[A]:福冨慶士郎

猪名寺乱太郎[B]:岩間甲樹
摂津のきり丸[B]:山崎翔太
福富しんべヱ[B]:牛尾竜威

[]Theレビュー「カーテンコールをもう一度!」

The レビュー「カーテンコールをもう一度!」

2017年1月5日(木)〜9日(月・祝)、天王洲 銀河劇場 全7ステージ

http://www.nelke.co.jp/stage/curtaincall/

脚本:山川啓介
演出・振付・ステージング:本間憲一
プロデューサー:中尾ミエ


[キャスト]

金井克子  前田美波里  中尾ミエ

吉元和彦 本間ひとし 本間憲一

北村岳子 秋山エリサ 吉井乃歌 吉元美里衣 宮垣祐也 藤井凛太郎

尾藤イサオ


『第1部はミュージカル仕立てでお送りするヒューマンドラマ。第2部は生バンドで奏でるレビューショー。』


全席指定 10000円(おみやげ付き) ※公演中、2ステージでは、ディナーセットチケット 15000円(おみやげ&お食事付き)もあり

※おみやげは、「公演オリジナルグラス+スペシャルワイン」(お持ち帰り可。未成年者の方にはソフトドリンクの用意もあり

※ディナーセットチケットは、観劇後、 劇場隣接のレストランで食事(ビュッフェ・フリードリンク)


「中尾ミエプロデュース」とありますが、吉井乃歌ちゃんは、「グッバイ・ガール」で中尾ミエさんと共演してましたね。
前田美波里さんとは同じオスカードラマ部。

http://catalog.oscarpro.co.jp/SpSearch/talent_detail/Category/talent_search_result_list/2140/12

「本間憲一演出・振付」の舞台といえば、10月、11月の「Shoes On ! 2016」には、吉井一肇くんが出演。
http://www.shoeson.jp/