Hatena::ブログ(Diary)

かむろのたより

2003 | 09 | 10 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2015-06-05

[]立花演劇研究所の出演情報より

ドリームミュージカル2015「長くつ下のピッピ

 過去ログのこの件。→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150513/p3

立花演劇研究所からの出演者の名前が出ていますが、

http://tachibana-pro.co.jp/3622

このなかの「内田結莉子」さんというのは、あつぎ舞台アカデミーの内田さん、でしょうか?

[][]「ズボン船長」のチラシ画像

アークス・シアターカンパニーのツイッターに、「ズボン船長」大阪公演(7月31日〜8月2日、シアター・ドラマシティ)のチラシ画像が出ているのだけど、

https://twitter.com/RKX_theater/status/606377583488335872/photo/1

スマホの画面が小さくて、というか、画像が大きくならなくて、よく見えないが・・・

ケンとネネンは、どちらもダブルキャストになっている。

で、ケン役は、ふたりとも、(大阪公演の)ヤングシンバ。

ジョジョ役は、ヤングナラの子と、木村ひかるさんと、西田セレナさん、でしょうか。

末永かりんさんは、ルナになっているので、ジョジョのお姉さん役ですね。

(現役でも、「ライオンキング」とスケジュール調整が出来ているのかな・・・)

櫻井櫻井 2015/06/05 21:36 厚木舞台アカデミーの内田結莉子さんだと思います。今回の舞台(長くつ下のピッピ)は子供のメインのお芝居ですし、厚木舞台アカデミーも調べてみると4年生か中学生2年生までの集団ですのでおなじ子供という共通点からそうだと考えられます。

はつせ、はつせ、 2015/06/06 09:11 櫻井さん。
あつぎ舞台アカデミーでリアクションがあるとは思っていませんでした。
コメント、ありがとうございます。
内田結莉子さんは、ドリーム・ドリーム・ドリーム〜season2〜のときの「アニマル・マイク」が、印象に残っていたものですから。

あつぎ舞台アカデミーは、昨年中2だったメンバー11人が卒業して、3分の1ぐらいが入れ替わっていると思いますが、今年はどんなステージでしょうね。

2015-06-04

[]「タラメ古物商」タラメ堂店主・堂島栞16才

6月9日(火)午後11:25〜午後11:55放送(30分)

Eテレ・ジャッジ「バトル3 第2対戦」

http://www.nhk.or.jp/e-judge/

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-06-09&ch=31&eid=20164&f=3464


「タラメ古物商」

『謎の美少女がさまざまな骨董(こっとう)品を売る異色ドラマ。』

http://www.nhk.or.jp/e-judge/kikaku/battle3-D/index.html

第一話 したまゆ

『舞台は道具を売る骨とう品店。店を預かる少女のまことしやかな話に、客は好奇心をくすぐられてゆく。江戸時代に流行した顔面装飾具“したまゆ”とは?

出演: 柴田杏花(タラメ堂店主・堂島栞)  綾田俊樹 清水ミチコ

[]「ユタと不思議な仲間たち」東北特別招待公演 DVD

劇団四季が、2011年7月〜8月に、東北三県(岩手、宮城、福島)の小・中学校などで上演した

「ユタと不思議な仲間たち」東北特別招待公演

を収録したDVDが発売になる。

http://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/026470.html

DVDには、小冊子「ラ・アルプ特別号 東北特別招待公演の記録」を同封。

6月8日(月)〜、劇団四季ウェブショップ、劇団四季専用劇場で販売。2700円(税込)。


これは、『今、こどもたちに贈る「ユタと不思議な仲間たち」〜劇団四季 被災地支援公演〜』として、2011年12月10日にNHK東北ブロックで放送され、その後、「Eテレセレクション お願い!編集長」の枠でも放送された(2015年3月7日24時25分〜)番組の舞台映像と同じもの、ですね。
番組では、岩手県大槌町の大槌中学校 体育館でのステージが放送された。

[]梅田芸術劇場公演子役キャストスケジュール

レ・ミゼラブル」大阪公演

8月8日(土)〜8月29日(土)、梅田芸術劇場メインホール

http://www.umegei.com/lesmiserables2015/

子役のキャストスケジュールを数えましょう。

http://www.umegei.com/lesmiserables2015/img/second/castsche3.pdf

全33ステージ。

ガブローシュ役は、初日が北島大輝くん、千穐楽が松本涼真くんとなっていて、これは中日劇場公演と同じですね。出演は、北島くんが10回、與名本睦くんが11回、松本くんが12回で、中日劇場公演では他のふたりより出演回数が少なかった松本涼真くんの出演回が多くなっている。

リトル・コゼット/リトル・エポニーヌは、ふたりずつの固定された3組が、同じ組み合わせのなかで役替わりするスケジュールで、

「上山りのん・吉村宇楽」組10回
「加藤希果・陣あいり」組11回
「新井夢乃・黒川胡桃」組12回

となっている。3組とも、中日劇場公演から引き続き、同じコンビである。

この3組は、平均年齢が高いほうからだと、加藤・陣、新井・黒川、上山・吉村の順になりますね。(で、最強タッグチームは、どこなのかな?)

[]県民の日記念 第29回若い芽のαコンサート

県民の日記念 第29回若い芽のαコンサート

http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/150628cl/

6月28日(日)14:00開演、千葉県文化会館 大ホール

[出演]

ヴァイオリン:土岐祐奈
フルート:八木瑛子
ピアノ:野上真梨子
指揮:大井剛史
管弦楽:ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉

[曲目]

ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
ライネッケ:フルート協奏曲 ニ長調 作品283
シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54


入場無料 ※往復はがきによる申し込み
締切は、6月12日(金)必着 ※応募多数の場合は、抽選

応募方法等は、→http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/150628cl/


千葉県ゆかりの若手ソリストを迎えて、コンチェルトを3つという魅力的なプログラム。

まだ応募は間に合います。

チラシを見ると、
http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/150628cl/01.pdf

土岐祐奈さんが浦安市、八木瑛子さんが船橋市、野上真梨子さんが市川市、となっていますね。

ちなみに、千葉県民の日というのは、6月15日らしいです。

千葉県文化会館 大ホールといえば、むかしむかし、「アイスクリーム応援団」を見に行ったことがありましたが、電車だと、千葉駅からさらにひと駅ぐらい先が最寄駅ですよね。

ユウ☆ユウユウ☆ユウ 2015/06/07 19:14 『ユタと不思議な仲間たち』東北公演のDVDは、
TV放送と同じ映像が収録されているんですよね?
TV放送では、カットされているシーンがあったと思いますが、
DVDもカットされているという事でしょうか?
それとも、ノーカットなんでしょうかね?
ノーカットであれば、買いたいな・・・とは思ってます。

『CATS』は友達と観に行ったんです。
(冗談半分のつもり?で一緒に観に行くか聞いたところ、
観てみたいとの事だったので2枚チケットを取ったんです。
チケット(S席)・プログラムは会員料金が利いたので、
プログラムも私が買って、チケット代と一緒に
プログラム代ももらいました。笑)
『SOM』も観てみたいと言っていましたが・・・・・・
東京までは私も行くのはチョット難しいので、
公演期間中、友達が東京に行くという事になったら、
チケットを買ってあげようと思っています。
(チケット代は頂きますが、
頼まれて買う事になるので転売目的ではありません。
お間違えのないようにお願い致します。笑)

はつせ、はつせ、 2015/06/08 17:17 ユウ☆ユウさん。
こんにちは。
DVDは、NHKエンタープライズとなっていて、ジャケット写真に写っている生徒さんたちの後ろ姿も、NHKが放送した番組のものと同じですから、元になっている舞台映像は同じだと思いますが、編集がどうなっているのかは、私には分からないです。すみません。
NHKの番組は、公演会場になった中学校の生徒さんへのインタビューがあったり、上演中も、観劇している生徒さんたちの表情を追うなど、舞台中継というよりは、全体としてドキュメンタリーの構成になっていましたよね。
浅利氏も登場していましたが、いまでは四季を離れているなど、当時とは劇団の状況もちがっていますし…。

チケットを取ってあげて舞台を楽しんでもらえたら、うれしいですよね。
でも、頼まれチケットで困るのは、あ、やっぱりその日は行けなくなったとか、ドタキャンとかの展開ですね。最近は、頼まれることも滅多にないですが、あれはホント困ります。
ユウ☆ユウさんのお友達みたいにプログラム代まで出してくれたら、すばらしいです。

2015-06-03

[]ブリヂストンサイクルが、少女向け自転車「Ricorina(リコリーナ)」を新発売

ブリヂストンサイクルは、大人テイストながら子供らしい可愛さを兼ね備えた、少女向け自転車「Ricorina(リコリーナ)」を、6月上旬より新発売する。

6月3日付ニュースリリース
http://www.bscycle.co.jp/news/release/2015/2115

ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000043-rps-ent.view-000


ブリヂストン「Ricorina(リコリーナ)」スペシャルサイト
http://www.bscycle.co.jp/girlsbike/

小学生の女の子向けとあって、かわいい自転車だね。

モデルの女の子も、かわいい。

って、瑞城さくらちゃん、だよね。

[]博多座で、「レ・ミゼラブル」ジュニアのどじまん大会

博多座(http://www.hakataza.co.jp/)が、「レ・ミゼラブル」ジュニアのどじまん大会を開催する。

http://www.hakataza.co.jp/news/detail.php?id=303


「この度、7月公演のミュージカル『レ・ミゼラブル』新演出版の再演を機に、『レ・ミゼラブル』の曲を使って楽しもうというイベントの開催を決定いたしました。
 3月の「レ・ミゼラブル×帝劇 のどじまん・思い出じまん大会」では、1800通を超える応募で大盛況だった「のどじまん」企画。
 今回の博多座版は、地方公演で唯一リトル・コゼット/リトル・エポニーヌ役を現地採用したことを記念し、お子さんたちに舞台の世界を体験していただこうと、小学生・中学生・高校生の皆さんを対象に、広く参加者を募集させていただきます。
 なんと本選は、実際の『レ・ミゼラブル』の舞台セットでパフォーマンス! という夢の企画です!!!」

開催日 平成27年7月13日(月) 18:30〜20:00(予定)

会場 博多座

応募条件 小学生、中学生、高校生で、1名〜10名程度のグループ

独唱、コーラス、コスプレ、etc…ジャンルは不問で、「レ・ミゼラブル」の曲をパフォーマンス。

応募締切は、6月26日(金)必着。

応募多数の場合は、2次審査を、7月10日(金)夕方および11日(土)に行う予定。

本選は生演奏を予定。

オーディエンスの募集については、改めて博多座ホームページで案内する。


募集の詳細や、応募方法については、→http://www.hakataza.co.jp/news/detail.php?id=303

[]ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Un Nouveau Voyage-(アン ヌーヴォー ヴォヤージュ) 全出演者

なかよし60周年記念公演
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Un Nouveau Voyage(アン ヌーヴォー ヴォヤージュ)-

原作:武内直子(講談社刊)
脚本・演出:平光琢也
音楽:佐橋俊彦

9月18日(金)〜27日(日)、AiiA 2.5 Theater Tokyo
10月2日(金)〜4日(日)、サンケイホールブリーゼ

全席指定(前売・当日とも) S席7500円、A席5800円  チケットの一般発売は、7月26日(日)〜


予告通りに、オールキャストが発表された。

http://www.nelke.co.jp/stage/sailormoon2015/

http://sailormoon-official.com/musical/


[出演]

大久保聡美 小山百代 七木奏音 高橋ユウ 坂田しおり

汐月しゅう 藤岡沙也香 石井美絵子 高橋果鈴   香音有希 扇けい

久家心・神田愛莉 (Wキャスト)

井田彩花 知念紗耶 長谷川唯 佐達ももこ Maana  中岡あゆみ 堤 梨菜 林希美 谷口莉緒

大和悠河

[]熊谷歌舞伎の会の記事

今朝の朝日新聞埼玉版に、6日に上演される「熊谷歌舞伎の会」の紹介記事があった。

http://digital.asahi.com/articles/ASH5V4VSWH5VUTNB00N.html

演目は、「熊谷歌舞伎の会」は「実盛物語」、「小鹿野歌舞伎保存会」が「熊谷陣屋」。会場は、妻沼中央公民館大ホール。ただし、チケットは、すでに完売とのこと。


『子役を演じる熊谷市立奈良小6年の飯田朱音(あかね)さんは、初の出演とは思えない物おじしない舞台度胸で周囲を驚かせている。「もっとたくさんの人の前でやりたい。本番が楽しみです」』

http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20150602004327.html(←写真)


大歌舞伎では、「実盛物語」の太郎吉に女の子が配役されることはないけど・・・・でも、女の子の太郎吉もかわいくてよさそう。

[][]舞台「幕が上がる」大千秋楽ライブ・ビューイング

5月24日(日)に、ライブ・ビューイングで、舞台「幕が上がる」を見た。

というこの(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150525/p3)件の続きを少し。

舞台の配役は、ここに。→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150402/p2


刊行されてすぐに原作の小説は読んで、その後、映画とそのあとにメイキング映画「幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦」を見て、ライブ・ビューイングではあるが、舞台版も見ることが出来た。

演劇公演のライブ・ビューイングというのは、昨年の「セーラームーン」のときにも思ったのだが、なかなかおもしろい。録画されたものではなく、ライブであるということが、おもしろさの大きな要素のひとつだろう。演じているキャストの表情を映画館のスクリーンで見られることも、もちろん生の舞台にはない魅力なのだが、これがもし録画になってしまうと、大きな画面で見るDVDという気がしてしまいかねないから、やはり、生中継がポイントだと思う。

ただ、今回の「幕が上がる」は、会場からの音に、耳障りなところがあったり、ノイズっぽいものが入ったりして、最初のうち、ちょっと気になった。その後は、そんなことは忘れてしまったので、見ているうちに慣れたのか、あるいは修正されたのか。あの劇場は、通路を歩くと床が五月蠅いので、そういうことも影響していたのかな?

映画化のときは、(原作では)男子もいる演劇部が女子だけの演劇部に変えられたので、恋愛ネタが入り込まなくてよかったと思ったが、舞台化では、中西さんの設定が変えられていて、けっこう違和感があった。
原作とも映画ともちがう震災のエピソードを入れたのには、作者が、NHKの番組「東北発未来塾」で『演劇のチカラ』(→http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/archives/index.html)というのをやったり、震災を扱ったオペラ「海、静かな海」を書いたりしていて、そのあたりとも絡むものがあるのかな?


千秋楽のカーテンコールは、キャストの12人から、役柄の1年生→2年生→3年生の順に挨拶があった。役柄的にも、カーテンコールでも、伊藤沙莉さんはおいしいポジションだった。井上みなみさんの挨拶の内容が気になった(だれか親しいひとが亡くなったりしたのでしょうか?)。

ももクロの舞台の千秋楽で、ライブ・ビューイングもやることになったので、もしかしてミニライブみたいなおまけが付いたりしたら嫌だな、と少し不安もあったが、そんなことはなく、演劇の舞台として終わったので、後味も良好だった。


ところで、「KAWADE夢ムック 文藝別冊 総特集平田オリザ」(河出書房新社)を読んで、私ははじめて知ったが、平田オリザ氏は、あの初演の「転校生」の出演者のひとりと結婚したのですね。このひとだ。→http://www.letre.co.jp/artistfiles/female/watanabe.htm

それと、「幕が上がる」のチケットは入手難で、青年団方面のファンのひとは、チケットが買えたのかなぁ?などと思っていたが、アゴラ劇場の支援会員向けに優先販売があった模様。
http://www.komaba-agora.com/2015/03/2575

[]水曜ミステリー9「弁護の鉄人 橘明日香」

今夜(6月3日)放送の、水曜ミステリー9(テレビ東京)は、

「無敵の法律事務所!弁護の鉄人 橘明日香」

原作:夏樹静子「乗り遅れた女」
脚本:田中孝治
監督:桑島憲司

http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/17500_201506032100.html

[主な配役]

橘明日香 沢口靖子
鎌田幹生 片岡鶴太郎
五十嵐正樹 榎木孝明
貝塚陽子 酒井美紀
笹井玲子 東風万智子
佐伯修造 西岡徳馬
土屋賢治 近江谷太朗
磯部明 小宮孝泰
望月優介 片岡信和
真部美波 池澤あやか
矢代昌美 中村綾
矢代尚之 ノモガクジ
内海圭太 三上陽永
東郷宏康 久保龍一
花村稔 野沢大悟


番組公式サイトのあらすじページの写真に写っている女の子は、だれ?
http://www.tv-tokyo.co.jp/mystery9/index.html
コメントで情報をいただきました。→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150603/p1#c

匿名匿名 2015/06/03 10:35 水曜ミステリーはNEWSエンターテイメントの子のようです。
HPに出演情報が出ていますよ。

はつせ、はつせ、 2015/06/03 11:32 匿名さん。
ありがとうございます。
延命杏咲実さんでしたか。
矢代美久役とありますね。

2015-06-02

[]中日劇場子役キャストスケジュール

レ・ミゼラブル」名古屋公演(6月10日〜30日、中日劇場)

http://www.chunichi-theatre.com/presents/2015/6/6gatsu1.html

の子役キャストスケジュールが出ていますね。

http://www.chunichi-theatre.com/presents/2015/6/cast/cast3.html

ガブローシュは、初日が北島大輝くんで、千穐楽が松本涼真くんの出演。ただし、出演回数は、北島大輝くんと與名本睦くんが、11回。松本涼真くんは、9回になっている。

リトル・コゼット/リトル・エポニーヌは、ふたりずつの固定されている3組が、同じ組み合わせのなかで役替わりするスケジュール。

「加藤希果・陣あいり」組
「新井夢乃・黒川胡桃」組
「上山りのん・吉村宇楽」組

この3組のなかでは、「加藤希果・陣あいり」組が他の2組よりも1回出演が多くて、11回。11回のうち、加藤希果さんのリトコが、6回になっていて、他の5人よりも、1回多い。さらに、初日も千穐楽も、加藤希果さんのリトコである。

これらのことから、地元の加藤希果さんに花を持たせたキャストスケジュールが組まれている、と推測される。

[]6月1日の「おもろい女」が第一幕までで中止に。

昨日、足立区役所に爆破を予告する内容の郵便物が届いたことにより、区内の各施設で不審物捜索が行われ、THEATRE1010で上演中の舞台「おもろい女」が、第一幕終了時点で中止となる事態が起きた、とのこと。

この件に関する東宝の告知。
http://www.tohostage.com/omoroi/0601.html


この件についての報道。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150601/Enterstage_002691.html(エキサイトニュース)

『公演中止のあと、観客をシアター1010の外へ避難させ、また出演者やスタッフもみな館外に避難した。』

http://www.oricon.co.jp/news/2053647/full/(オリコンスタイル)

[]歌舞伎座 六月大歌舞伎の子役

歌舞伎座 六月大歌舞伎(1日〜25日)に出演の子役は、下記のとおり。

今月は、「天保遊侠録」と「新薄雪物語 花見」に子役の出演がある。


[昼の部]

真山青果 作「天保遊俠録」

勝麟太郎: 河城英之介・日下部大智 (交互出演)


「新薄雪物語」は昼・夜で、通し上演。

昼の部の、序幕 新清水花見の場に、

女小姓: 井上沙香・久保田真琴 (交互出演)
女小姓: 小山花観・高澤花楓 (交互出演)


小山花観(こやまはなみ)さんと、高澤花楓(たかさわかえで ※「高」はハシゴダカ)さんは、はじめて見る名前。検索してもとくに情報が出て来ないので、あるいは寺子屋の生徒なのかな?
[補記] 小山花観さんと高澤花楓さんは、寺子屋の生徒とのこと。
http://www.shochiku.co.jp/terakoya/news/2015/06/post-24.html

久保田真琴ちゃんは、半年ぶりくらいの出演でしょうか。

[][]大人も知らない大人の事情

6月8日(月)20時00分〜21時54分放送の、テレビ東京

「大人も知らない大人の事情」

http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/23560_201506082000.html

http://www.oricon.co.jp/news/2053638/full/(オリコンスタイルの記事に写真など)

『何らかのしがらみがあって、そうせざるを得なかった“大人の事情”を知る番組』

MC: 東野幸治 鈴木福 谷花音


この番組のなかで、

『紺野アナは「ドレミの歌」の日本語歌詞にまつわる「大人の事情」を明らかにするため、作詞をしたペギー葉山のもとを訪ね、なぜか得意なダンスを披露する。』ということで、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」でもうたわれている、日本語の歌詞についてのエピソードが紹介される模様。

2015-06-01

[]さんすう犬ワン ものさしつくれる?〜長さの単位〜

今朝(6月1日午前9:10〜午前9:20)放送の、NHK Eテレ

さんすう犬ワン「ものさし つくれる?〜長さの単位〜」(2015年度第4回)

http://www.nhk.or.jp/sansuu/wan/

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-06-01&ch=31&eid=14087&f=3054

に出ていた女の子は、キャストクレジットからすると、

『出演: 伊藤梨沙子 スギちゃん 森大 田中護 市原清彦 保坂絵蓮   声: 小林ゆう 千葉繁

保坂絵蓮ちゃんですね。

保坂絵蓮ちゃんの名前でこの「かむろのたより」を検索してみたら、

以前には、こんな(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20131028/p3)番組に出演していた模様。

[]サウンド・オブ・ミュージック

思ったよりも、売れていない。初日もまだ残っているし。9月以降はともかく、夏休み中の8月は、もう少し売れるかと予想していたのに。

今回は、子役の出演予定が週単位で出るのだろうから(子役が出揃うまでは、未定もあるかも知れないが)、残席がたくさんあってくれれば、週はじめに観劇予定を組むには便利でいいけど。

[]明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜

今日からはじまる、東海テレビの昼ドラ

「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜」

http://tokai-tv.com/ashita_gohan/

http://tokai-tv.com/ashita_gohan/chart/(人物相関図)

早川奏:田附未衣愛

田附未衣愛さんは、ドラマの役は中学1年生だが、プロフィールを見ると、じっさいはもう中学校は卒業しているのだね。
http://www.spacecraft.co.jp/tatsuki_miia/

ユウ☆ユウユウ☆ユウ 2015/06/01 18:01 こんにちは(こんばんは?)

今、SOMのチケット予約状況を見たら、
確かに席が余っていますね。
東京は3度目だとは思いますが、
そういった場合でも、
初日はすぐに売り切れるというイメージがあります。

私は5月中旬、念願の『CATS』初観劇をしました!
(微妙に予約日を失敗しましたが。。。笑)
素晴らしかったのでまた観たいと思いました♪
(次の予定は未定です。汗)
チケットは自動予約でしましたが・・・・・・
自動の割には(←失礼)とっても良い席が取れました!
(目の前が通路だった為、たくさんの猫が目の前を通ったり、
握手は3匹(人)と出来ました♪)
オーヴァーチュアではビックリさせられたり・・・・・・
でも、初観劇だった私としては、
初めて観た作品で目の前に猫が来て、握手も出来て、
とっても満足でした♪

はつせ、はつせ、 2015/06/02 10:13 ユウ☆ユウさん、こんにちは。

「サウンド」は、11月上旬ぐらいまで延長されれば、通算1000回に達すると思うので、そこまではぜひやってもらいたいです。
一般発売がはじまったとき、チケットがどのくらい動くのかが、今後のカギを握りそうです。
「サウンド」は、またバックステージツアーに参加したいので、今度もやって欲しいな、と思っています。

「キャッツ」を楽しまれたのですね。私は、いまのキャッツはまだ見たことがないのです。リニューアル前のむかしの演出のしか知らなくて。

> 握手は3匹(人)と出来ました♪

ユウ☆ユウさんのお席は、複数の猫と握手できるエリアだったのですね。
やっぱり、すぐ前が通路だと、いいことがありそうです。良席だとうれしいですよね。
札幌は、年内は「キャッツ」の上演が続くみたいですね。
どのエリアにどんな猫が出て来て、どの猫と握手できるのかとか、そういうのをチェックしはじめると、だんだんと深みにハマるといいますね。

2015-05-31

[]APRICOT & 劇団ひまわり合同特別公演「赤毛のアン

APRICOT & 劇団ひまわり 合同特別公演「赤毛のアン」

原作:モンゴメリ(村岡花子訳、新潮社刊)
脚本:笹部博司
音楽:野瀬珠美
演出:戸中井三太
振付:内堀照子

8月15日(土)〜17日(月)、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場  ※全5ステージ、内1ステージはオールキッズキャスト

全席自由 1200円、オールキッズキャスト(8/15 18:30〜)は700円

出演: 日向薫、福島靖夫、劇団ひまわり新潟エクステンションスタジオメンバー、APRICOT

http://www.himawari.net/school/kanto/niigata/news/4252.html


アン役も出席しての記者発表の写真と、出演者の名前が載っているチラシ裏は、Apricot(アプリコット)のFacebookで見られます。

https://www.facebook.com/pages/%E3%82%8A%E3%82%85%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%B4%E3%81%82%E6%BC%94%E5%8A%87%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA-%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9-Apricot%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88/366818606832187

https://www.facebook.com/pages/%E3%82%8A%E3%82%85%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%B4%E3%81%82%E6%BC%94%E5%8A%87%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA-%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9-Apricot%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88/366818606832187?sk=photos_stream

[]午前10時開演

9月6日(日)の、「アニー」新潟公演(新潟テルサ)は、

1回目が10:00開演、2回目が14:30開演なのだね。

http://www.teny.co.jp/annie/index.html

「アニー」の夏公演だと、11:00開演はふつうにあるけど、10:00開演は早いなぁ。

会場は、駅から歩くには遠すぎるようだし、これを見に行くひとは、朝7時ぐらいに東京を出る新幹線に乗ることになるのかな。かなりの早起きが必要だ。でも、2回目が14:30開演だと、2ステージ見て、日帰りするにはよいのかも。

新潟テルサ→http://www.n-terrsa.jp/facility/hall.php

[]アークス・シアターカンパニー ミュージカル「FAMILY」

アークス・シアターカンパニー公演

第1部 Song and Dance Revue Show「BROADWAY DREAM 2」

第2部 ミュージカル「FAMILY」(脚本・構成・演出・振付:岸本功喜、作曲・音楽監督:小島良太)

7月8日(水)18:30開演、八尾市文化会館八尾プリズムホール 大ホール

全席指定 前売3500円、当日4000円

公演情報。→http://rkxt.blog.fc2.com/blog-entry-33.html


末永かりんさんは、「ズボン船長」に出ているというだけでなく、ここのメンバーでもあるのかな。

[]第26回清里フィールドバレエ

今夏の、清里フィールドバレエ

http://www.moeginomura.co.jp/FB/index.html
http://www.chambreouest.com/schedule/index.html#kiyosato

公開リハーサル 7月29日(水)
本公演  7月30日(木)〜8月11日(火) ※8月3日(月)と8月6日(木)は休演

20:00開演(8/4、5のみ19:30開演)、清里高原 萌木の村 野外特設会場

エメラルドシート(特別指定席) 11000円
クローバーシート(指定席) 大人5500円、小人3000円
指定席は前売のみ。他に自由席(当日までの空席を15:00〜自由席として開放する模様)もあり。

演目は、「白鳥の湖」オンリーで、期間中、2日間だけ、「白鳥の湖」の前に、(バレエ シャンブルウエストが八王子でやっている)コンクールの上位入賞者によるガラ・コンサートが付く模様。


新国立劇場バレエ団のプリンシパルがふたり(小野絢子、本島美和)、主役で登場するのですね。

それにしても、ホームページの「予約の状況」というコンテンツには、おどろき。各日の空席状況が、一目瞭然!
http://www.moeginomura.co.jp/FB/2015/reserve.htm

[]チケット取り

今日は、先日の「アラジン」みたいな下手は踏まないぞ。ということで、時計の秒針を見ながら、自動予約にかけることにしよう。むかしみたいに。

ん?…なんだか、この時計、遅れてる。おいおい、電池切れかよ、こんなときに。しょうがない、スマホで時報を聞くことにして、と。まあまあのタイミングかな。って、いきなり、規制がかかってるじゃんか。

電話を替えて、かけたら、すぐにかかったので、ダダダダダ・・・・・とやったが、いつものねらいの、A席の最前列は、すでに先を越されていて、4列が出ちゃったよ。ので、席種を変えて、取って、すぐに、別の日をひとつ、これは思いどおりの席を取ったが、またまた、なんとも冴えないことになったな。

昨日と一昨日は、「貴婦人の訪問」の希望日が取れずに、あるいは希望日でも席位置が最後列なのでやめにして、ちがう日を押さえるなどしたが、結局、抽選分と合わせて4ステージ買ってしまい(予定では3ステージ)、予定外の出費。

なんだか疲れた。

[]古典芸能への招待 「成駒家歌舞伎賑」「心中天網島 河庄」

今夜21時〜23時放送の「古典芸能への招待」(NHK Eテレ)は、

歌舞伎座の、中村翫雀改め四代目中村鴈治郎襲名披露 四月大歌舞伎より、夜の部の、「成駒家歌舞伎賑 木挽町芝居前の場」と玩辞楼十二曲の内「心中天網島 河庄」を放送。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-05-31&ch=31&eid=13444&f=854

http://www.nhk.or.jp/koten/invite/

放送時間は、芝居前が、25分43秒。河庄が、1時間26分42秒、となっている。他に、スタジオゲストとして中村鴈治郎を迎える。

2015-05-30

[]芸能生活35周年記念コロッケ特別公演(大阪新歌舞伎座)の子役

芸能生活35周年記念 コロッケ特別公演

6月5日(金)〜22日(月)、大阪新歌舞伎座

 第一部 渡る世間は倍返し!?(池田政之 脚本、金子良次 演出)
 第二部 コロッケオンステージ ものまねエンターテインメント2015(滝川広志 構成・演出)

http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/20150605.html


お芝居の「渡る世間は倍返し!?」は、明治座で上演されたのと同じ演目(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150202/p1)ですが、6月の大阪新歌舞伎座では、子役は地元採用されたようで、ルートオフィシャルブログに、その4名が紹介されています。

http://ameblo.jp/root-info/entry-12031920184.html

明治座公演での役に照らすと、

太郎吉: 湯田歩夢・星島青空

二郎吉: 毛利大竜・西陸成

だと思われます。(ダブルキャスト)


湯田歩夢くんは、N・A・C大阪
http://www.nac-actors.co.jp/actor/?id=1360653499-117655&p=1&gr=3&ca=22

星島青空くんは、劇団ひまわり(岡山)
http://www.himawari.net/school/kansai/okayama/voice/2554.html

[]さよなら、ニルヴァーナ

窪美澄「さよなら、ニルヴァーナ」(文藝春秋、1500円+税)

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163902562

を、いま読んでいるのだけれど、そのなかに出て来た「莢」という字が読めなくて、スマホを使って調べちゃった。なんてこったい(自分の無学を痛感)。

「さや」・・・さやえんどうのさやなのね。

この小説では、登場人物の名前。


「さよなら、ニルヴァーナ」の装丁に使われている写真は、大村祐里子とあるので、
このひとですね。
ここに出ています。→http://shutter-girl.jp/?p=24811

扉の写真もそうでしょうか?

[]ファイヤーマンの祈り 追加オーディション

SHOW-COMPANY「ファイヤーマンの祈り」

http://www.musical.co.jp/

大阪公演 8月2日(日)13:00開演/17:00開演 クレオ大阪中央 ホール
東京公演 8月25日(火)13:00開演/17:30開演 新宿文化センター 大ホール


なかなかキャストが発表されないと思っていたら、また、6月に追加オーディションをするとの告知が出ている。

ひとが集まらないのかな? 8月2日の大阪は、「ズボン船長」と公演日が被っているから、そっちに流れちゃったとか?

2015-05-29

[]アラジン (大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海])

5月28日(木)は、

「アラジン」

を観劇。

午後1時30分開演。この28日昼は、初日から数えると、3ステージ目になる。

12時50分頃に劇場に着くと、すでに開場していて、すぐになかに入れた。客席も開場していた。

プログラムは、1800円。四季の会会員価格が、1600円。(見本を立ち読みしただけで、買わなかった)

ロビーに掲示されていた上演時間は、1時間20分+休憩20分+1時間5分で、2時間45分。この日、カーテンコールが終わったのは、午後4時27分ぐらいだった。


キャスト表は、入場の際に、入り口で配付された。

ジーニー:瀧山久志   アラジン:島村幸大   ジャスミン:岡本瑞恵
ジャファー:牧野公昭  イアーゴ:酒井良太  カシーム:西尾健治  オマール:斎藤洋一郎  バブカック:白瀬英典  サルタン(王):石波義人

男性アンサンブル: 仙名立宗 田井啓 熊川剣一 朱涛 笠松哲朗 加賀谷真聡 水原俊 二橋純 ハンドコアクアリオ 永野亮比己 大森瑞樹 光山優哉
女性アンサンブル: 井上佳奈 花岡麻里名 金友美 村上今日子 加藤久美子 小島光葉 松本菜緒


1階客席は、中央ブロックは3列が、左右のブロックは2列が最前列になっている。

前日予約して取ったのは、中央ブロックの、実質的には8列目になる席。最近は滅多にしない前日予約を、はじめてスマホでやってみたら、数秒の出遅れ、さらにはミスタッチ! ピンポンで、0#押して、次でいきなり、まちがえた。想定外なことで、あわわわわわ・・・・・で、挽回空しく、その席はお取り出来なくなっております、が出ちゃったよ。こんな失態、むかしなら絶対にしなかったのに、なんてこったい。人間、歳はとりたくないものだ、と思ったが、あきらめずにやり直したら、

お待たせしました、が出て、取れた。おっと、これは、おそらく、前日予約でどのあたりの席が取れるかを照会していたひとがいて(あるいは出た席が気に入らなかったか)、その座席が解除されて、そこをタイミングよく押さえることが出来たにちがいない。ラッキー!じつは、6列(4列目)を取りたいと思っていたので、目論見が外れて少し後ろになっちゃったが、まあでも、この席位置は、「ライオンキング」東京公演でいうと、1階J列に相当するから、悪くはない。じっさい、ほどよい距離感だった。


で、「アラジン」。

開演前に、舞台の近くへ行ってみたら、この公演では、立ち位置の番号が、真ん中の「0」から、上手・下手へそれぞれ、2、4、6、8、10、12、14、16、18まで振ってあった。こんなふうに偶数数字だけで、しかも18までも番号が振ってあるのは、これまで見たことがないかも。


主人公のアラジンが泥棒、という設定が、なんだか受け入れ難い。泥棒って、それ、どうなの? のっけから、パンを盗んで追いかけられても捕まらないのは、いまは帝劇にいるジャン・バルジャンへのあてつけだろうか?

アラジンには、3人のマブダチ(カシーム、オマール、バブカック)がいるのだが、男性主人公に男の3人組がくっついているという図は、「レディ・べス」のロビンの場合とそっくりだ。ロビンは、流れ者の詩人で歌手で役者だったが、アラジンも泥棒から足を洗うために、マブダチトリオとダンスを踊って、投げ銭で稼ごうとしたりして、することも似ている。

ロビンのお相手は、レディ・べス。で、アラジンが惚れた相手も、やっぱり王女様で、名前はジャスミン。どちらの王女様も、お忍びで街中に出て来るのである。さて、どっちがどっちのパロディなのだろうか?

「アラジン」では、王位継承第2位の人物(ジャファー)が敵役であるが、敵役で王位継承第2位の人物といえば、それこそ「ライオンキング」のスカー。

といったようなことが気になりつつ、ストーリーが動き出すのは、アラジンが魔法のランプを手に入れて、そのなかから、ランプの精、というか魔神(?)・ジーニーが登場してから(といっても、幕開きからジーニーが舞台に出て来てはいたのだけど)。

そのジーニーを演じる瀧山久志ってひとが、とにかくすごい。こんなに素晴らしく達者なひとだったのか!とびっくりさせられた(アンサンブルのイメージしかなかったから)。キャストクレジットのトップが、タイトルロールのアラジンではなく、ジーニーなのも、なるほどと納得してしまう。(ただし、カーテンコールでは、最後に登場するのは、アラジンで、その前が、ジーニー)

ジーニーと並んで注目したキャストは、イアーゴの酒井良太というひと。半道敵みたいな三枚目の敵役を、印象的に演じていた。


セットはテクニカルだが、そんなにおどろくってほどのことはなくて、空飛ぶ魔法のじゅうたんも、思ったほどたくさん飛んではくれない。いや、それより何より、このミュージカルのいちばんの見せ場はダンスパフォーマンス、つまり人力の部分のほうで、踊りまくるキャストのみなさん、でしょう。

第2幕では、客席に紙テープが降って来るので、1階前方の席で、もし上から落ちて来たら、記念に(?)持って帰っても大丈夫みたい。通路に落ちた紙テープは、上演中に、係員さんが片付けちゃったけど。

だけど、魔法のランプって、あれは、やっぱりカレーの容器にしか見えないよね。

(あ、そういえば、劇中、アラジンが移動するマジックがあります)

[]天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課 CASE 8

今夜(5月29日)放送の、テレビ朝日

「天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課」

www.tv-asahi.co.jp/tenshitoakuma/

第8話の、成海由佳(小林涼子)の子ども時代で、根岸姫奈ちゃん。

予告

D


http://amusekids.amuseblog.jp/blog/2015/05/25/?c=9892563(アミューズキッズブログの出演告知)

根岸姫奈(2006年2月7日生まれ)さんは、この前は、大河ドラマに出ましたね。
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150329/p2

[][]特別番組「舞台『ペルソナ3』〜人気の秘密を暴く〜」

PERSONA3 the Weird Masquerade 〜蒼鉛の結晶〜

6月5日(金)〜6月13日(土)、シアターGロッソ

http://www.clie.asia/p3wm/

のPR特番が、TOKYO MXで放送される。


舞台「ペルソナ3」〜人気の秘密を暴く〜

http://s.mxtv.jp/anime/p3wm/

5月30日(土)21:30〜22:00、TOKYO MX

『番組では、ペルソナとは。。。として、原作のRPG「ペルソナ3」の説明から入り、原作で人気の楽曲を歌う、川村ゆみさんやLotus Juiceさんのインタビュー、そして普段は決して見ることができない稽古場の様子も紹介。

スタッフのコメントも挟みながら、舞台がどのようにして創られていくかなども見えてくる中、キャストたちがそれぞれの熱い想いで、PERSONA3theWMの初演から本作〜蒼鉛の結晶〜までを語ります。』


さて、天田乾役のふたり(坂口湧久・鈴木知憲)は、映るでしょうか? [補記] 天田乾役のインタビューは、なかった。

https://twitter.com/clie_seisaku/status/601267923764645888(坂口湧久くん)
https://twitter.com/clie_seisaku/status/601268055683899392(鈴木知憲くん)

2015-05-28

[]劇団夜想会「俺は、君のためにこそ死ににいく

戦後70周年記念特別企画 靖国神社奉納野外劇

劇団夜想会「俺は、君のためにこそ死ににいく」

原作:石原慎太郎
脚本・演出:野伏翔

7月30日(木)〜8月2日(日)、靖国神社境内遊就館前特設舞台 各日とも19:00開演、雨天決行

※配役は、一部ダブルキャスト

日時指定自由席 前売5000円、当日6000円、大学・専門学生以下3500円 ※チケットは、6月1日〜発売

主な出演: 勝野洋、石村とも子、勝野雅奈恵、山崎尚子、荒川智大、宮原将護、辺見のり子、森本優里(月組)、柚月美穂(星組)、滝沢乃南(月組)、宇塚彩子(月組)、佐羽英、多田広輝、ほか

http://yasokai.world.coocan.jp/

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=52280

http://stage.corich.jp/img_stage/l/stage52280_1.jpg?1432773115(チラシ表)
http://stage.corich.jp/img_stage/l/stage_reverse52280_1.jpg?1432771794(チラシ裏)


子役は、4月の俳優座劇場公演(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150227/p4)と同じふたり。

坂東秀次(坂東少尉の弟):高橋陽向
坂東寿子(坂東少尉の妹):岩田陽菜


配役を見たところ、4月の公演よりも、劇団東俳からの出演が増えてますね。女性キャストだと、星組(菊川陽子、加藤綾香)、月組(小澤優泉、大澤実環、橋口叶子)、といった顔ぶれ。

2015-05-27

[]「REPLAY&DESTROY」第6話『初めてマスタード』

ドラマ「REPLAY&DESTROY」(TBS)

http://replay-destroy.com/

6月2日深夜25時11分〜の放送は、

第6話『初めてマスタード』

http://replay-destroy.com/sp/story6.html

http://www.tbs.co.jp/tv/20150602_C2FC.html

『ビジュアル系ロックバンド「Dying High」のボーカル・丸崎(山中崇)は、10歳の娘・杏奈(内田愛)と二人暮らし。ある時、杏奈が洗濯物を自分の物と別々に洗う、思春期特有の行動を目の当たりにし傷つく丸崎。自分の前では一切その素振りを見せない杏奈にさらに落ち込む。丸崎は見栄を張り娘が大好きな人気ガールズバンド「裸眼ミシガン」とコラボするという“ウソ”をついてしまい、横山(山田孝之)に助けを求める。』


予告

D


[補記]

内田愛ちゃんのほかに、もうひとり子役の子が出演していた。

福田美姫ちゃんという子で、2005年6月30日生まれ。
http://www.stardust.co.jp/section1/profile/fukudamiki.html

以前に、GoogleタブレットのCM(→https://www.youtube.com/watch?v=UcE_bnDqT_A&feature=youtu.be)に出ていたのがこの子なのですって。

こんなドラマにも出ていた。(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20121101/p5)

[]「気づかいルーシー」の公演概要

「気づかいルーシー」

原作:松尾スズキ(千倉書房「気づかいルーシー」)
脚本・演出:ノゾエ征爾

出演: 岸井ゆきの 栗原類 川上友里(はえぎわ) 山口航大(はえぎわ) 山中崇 小野寺修二

演奏: 田中馨 森ゆに


ようやく、日程やチケットの詳細など、公演情報が発表された。

http://www.geigeki.jp/performance/theater091/

http://www.geigeki.jp/wp-content/uploads/2015/01/lucy.pdf(新しいチラシ)
http://www.geigeki.jp/wp-content/uploads/2015/01/kidukai.pdf(旧いチラシ)

8月22日(土)〜31日(月)、東京芸術劇場 シアターイーストで全11ステージ

全席指定 大人4000円、こども(高校生以下)1000円/セット券4200円(大人1枚、こども1枚)/65歳以上3000円/25歳以下2000円

チケットは、6月20日(土)〜一般発売予定。※6月6日(土)〜先行発売あり

[]春や春

森谷明子「春や春」(光文社、1600円+税)

http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334910259

これ、おもしろい。

『少女たちの友情と成長がまばゆい、圧倒的青春小説!!』という惹句は、決して大げさではない。


俳句好きの女子高生が、仲間を集めて同好会をつくって、ほぼ初心者のチームで俳句甲子園への出場を目指すストーリー。章ごとに、メインというか視点になる人物を替えてえがくかたちの連作方式を採っているので、おのずと群像劇の趣きになっている。

俳句というのは、ジャンルとしては文芸だが、自分を表現し過ぎてはダメだとか、作句の基本を踏まえたほうが点を稼ぎやすいとか、俳句に縁の薄い人間には、えっ?!とおどろくこともあり、俳句甲子園にしても、対戦相手の俳句を、批評したり褒めたり、反論したり、自分たちの句をPRするなどして「鑑賞」する、ちょっとしたディベートがあって、そこでの「鑑賞点」も勝敗を決めるポイントになる。つまり、ただ俳句をつくるだけではなく、ひと前でしゃべったり、上手く自己主張をするスキルも必要になるのだ。

スリリングな勝敗の行方や駆け引きは、スポーツ顔負けのおもしろさで読ませるが、俳句同好会のメンバーがそれぞれに個性的で、揃って魅力的なのが、それ以上の読みどころ。

近年は、ライトノベルから一般向けまで、こうした部活小説が花盛りで、むかしだったら小説の題材にはならないようなマイナーなスポーツや、文化部の活動などもいろいろと小説になっているが、この「春や春」も、俳句甲子園という名称ぐらいは聞いていても、どんなことをしているのか、具体的なことまでは知らないひとたちへのレクチャーとしても効果的だろう。

2015-05-26

[]かたき同志

「かたき同志」は、今度は、明治座公演のあとに、札幌、東北、甲信越の、計7か所で巡演があるのですね。主要キャストは、前回(2013年)の明治座公演と同じ。

「かたき同志」

作:橋田壽賀子、演出:石井ふく子

出演: 藤山直美 三田佳子  小林綾子 金子貴俊 橋爪淳 沢田雅美 他

11月3日(火・祝)〜12月6日(日)、明治座
http://www.meijiza.co.jp/info/2015_11/

http://www.meijiza.co.jp/info/2015_11/tour/


札幌公演 12月9日(水)〜12月10日(木)、ニトリ文化ホール ※3ステージ
盛岡公演 12月12日(土)、岩手県民会館 大ホール ※2ステージ
秋田公演 12月15日(火)、秋田県民会館 ※2ステージ
福島公演 12月17日(木)、福島県文化センター ※2ステージ
仙台公演 12月19日(土)〜12月20日(日)、イズミティ21 大ホール ※3ステージ
長野公演 12月23日(水)、詳細は未定
新潟公演 12月26日(土)、新潟県民会館 大ホール ※2ステージ

[]アニー (新国立劇場中劇場)

5月14日(木)は、新国立劇場 中劇場で、

ミュージカル「アニー」

を観劇。午後2時開演。

(サンディDAYだったことは、すでに少し書いた。→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150515/p2)

公演プログラム、2000円。CD、2000円。

プログラムの、子役の素顔というページでは、アニー役のふたりの装いが、色ちがいのお揃いになっている。プログラム撮影用に、ふたりで、お揃いのをコーディネートしたのかな。かわいい服だね。

また、プログラムには、2016年度公演の応募用紙が付いていて、「アニー」は来年の上演もすで決まっている。


「アニー」は、30年目の今年から、会場を、新国立劇場 中劇場に移しての上演。

オーケストラピット使用で、1階客席は、6列が最前列。これは、たとえば、中劇場で、オーケストラ入りのバレエを上演するときと同じ仕様。

客席通路を使った演出は、カーテンコールでの子役たちの登場に、9列と10列の間にある通路を使う(左右のソデ側扉からふた手に分かれて子役たちが出て来て、この通路ですれちがって、それぞれ反対側の端から本舞台に出る)のと、同じカーテンコールで、アニーが客席後方から登場するとき。

ジョエル・ビショッフ演出の「アニー」は、青山劇場での観劇時にも、24分割の迫りを使いこなしていた訳ではなかったので、N.Y.C.のナンバーの場面をはじめとして、劇場が替わったことの影響は、とくに感じなかった。
新国立劇場中劇場は、ロビーも広いし、駅からすぐだし、もし雨が降っても劇場まで傘をささなくて済むし、オペラシティビルへ行けば、食事処に喫茶店、ロッテリアも本屋もあるから、こっちのほうが利便性がよいかも。


ダブルキャストの子役はスマイル組で、アニー役は、黒川桃花。

黒川桃花さんの出演する舞台を見るのは・・・「二十四の瞳」以来だったと思う。

黒川桃花さんのアニーは、うたの高音部がとてもきれいに出ていて、声に清涼感があったし、セリフも明瞭だった。それと、表情がかわいいのが、何より。かわいいだけでなく、表情の切り替え方にもメリハリがあって、魅力的なヒロインになっていた。どちらかというと、ボブのかつらのほうが、似合って見えた。

(余談だが、「桃」の花は邪気を払うといわれ、その花言葉は、「チャーミング」「私はあなたのとりこ」「天下無敵」だそうだから、なんとも、ぴったり)

「アニー」は、4年ぶりに見たが、前は、最初のシーンからアニーは白ソックスだったのが、今回は、最初は黒いのをはいていた。ウォーバックス邸にやって来て、舞台上手の、衝立の後ろでの生着替えのときには、すでに白ソックスにはき替え済みだった。

スマイル組の孤児たちは、ブリギッタとか、ジェーン・エアとか、ジャッキーとか、石井ふく子演出作品や歌舞伎によく出ていた子とか、見れば誰と分かる子が揃っていて、私のような子役に不案内な観客でも、ストレスなく楽しめる顔ぶれである。

[]「戸田市民ミュージカル出演者の声」の動画

戸田市民ミュージカル 出演者の声(5月24日付公開)

D


昨年の、「リバー ♡ マイ・ラブ」の出演者のなかから4人に、戸田市民ミュージカルに参加した感想や稽古中のエピソードを聞いている。


戸田市文化会館
http://www.todacity-culturehall.jp/

-------

関連のエントリー(ザ・リバー)
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/archive?word=%A5%B6%A1%A6%A5%EA%A5%D0%A1%BC

[]十五少年漂流記 続報 (追記あり)

トライフルエンターテインメントプロデュース
舞台「十五少年漂流記」

この(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150427/p3)件の続報

大人キャストが発表されて、未発表キャストはあと1名とのこと。

http://blog.livedoor.jp/fifteen_boys2015

※後日に、あと1名(女性キャスト)も発表され、出演者は下記となっている。

芳村宗次郎 富田健太郎

馬場裕貴 古賀瑠 野口準 谷山毅 ジャン海渡 松本優也 大朏岳優 デニス 竹場龍生 田中公基 芦田愛斗 北原十希明 三谷翔太

斉藤秀翼 西條義将 高木俊 高橋光 菅原健志

平田裕香 森山栄治(*pnish*)


全席指定 4500円(前売・当日共) ※チケットの一般発売は、6月27日(土)〜の予定

チケット代は、高くないですね。

[]「アラジン」って、おもしろい?

24日に開幕したけど、劇団四季の「アラジン」は、おもしろいの?

見たくなって来た。いちど行ってみようか…

上野東京ラインが開通して、新橋には行きやすくなったし。(そのかわり、上野から乗車するときは、以前よりも混雑していて困ってしまう)


「アラジン」初日キャストの男性アンサンブルには「加賀谷真聡」という名前があったが、11月には帝劇の「ダンス オブ ヴァンパイア」に出演予定だから、四季に入団した訳ではないのかな。

2015-05-25

[]プロフェッショナル仕事の流儀「渡辺謙55歳、人生最大の挑戦」

今夜10:00〜放送の、NHK総合テレビ

プロフェッショナル 仕事の流儀「渡辺謙55歳、人生最大の挑戦」

http://www.nhk.or.jp/professional/

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-05-25&ch=21&eid=8602&f=284

王様と私」の主役として、ニューヨークの舞台に立つ渡辺謙に独占密着、とのこと。

出演:渡辺謙
語り:橋本さとし 貫地谷しほり

[][]KAWADE夢ムック 文藝別冊 総特集平田オリザ

昨日(5月24日)は、イオンシネマ浦和美園まで行って、

舞台「幕が上がる」大千秋楽ライブ・ビューイング

を見た。

(配役は、これ。→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150402/p2)

チケットは、3500円。抽選販売で、当選した次第。

浦和美園というのは、旧浦和市の東の端のほうで、埼玉高速鉄道の駅があるのだけれど、大宮方面から電車だと乗り換えが多くて、回り道にもなる。路線バスだと、大宮駅東口からと、浦和駅東口からバスが出ていて、大宮駅東口からのほうが所要時間が短いようだったので、それに乗ってみた。日曜日ということもあってか、往きは、35分ぐらいで、浦和美園駅西口に着いた。

舞台「幕が上がる」大千秋楽ライブ・ビューイングは、18:00スタートで、20:30終了の予定だったが、千秋楽カーテンコールの模様は、最後まで中継されて、終わったのは、20:34ぐらいだった。

イオンシネマ浦和美園では、スクリーン2と、スクリーン3のふたつのスクリーンで、このライブ・ビューイングが行なわれていた。

帰路は、タクシーを使おうと思っていたのに、イオンモール浦和美園というのは、かなり大きなショッピングモールなのだが、そのタクシー乗り場は電話で呼ばないとタクシーは来ないのだそうで、また、浦和美園駅西口もタクシー乗り場はあっても、客待ちをしているタクシーはいない状況で、あてが外れた。結局、しばらく待って、帰りもバスに乗ったが、道が空いていて、時刻表よりも、5分ほど早い到着で、無理かと思っていた乗り継ぎに成功したので、タクシーに乗らなくても、思ったほど遅くならずに済んだのは幸い。


舞台版「幕が上がる」の戯曲が載っている、

「KAWADE夢ムック 文藝別冊 平田オリザ」(河出書房新社、1300円+税)

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978598/

を購入した。

ライブ・ビューイングで見た舞台「幕が上がる」は、開演時刻前から一部キャスト(坂倉花奈=八木美咲、伊藤沙莉=高田梨奈)が舞台に出て、芝居がはじまっていて、ももクロのメンバーが演じる西条美紀が通り過ぎたりもするのだが、それは、戯曲に書かれている。
が、演劇部顧問の教師(ムロツヨシ)の出演は戯曲にはないから、あれは、千秋楽バージョンみたいなものだったのかな。高田梨奈とのやりとりには、アドリブっぽい部分もあったし。そもそも、溝口先生はこの舞台には、登場することにはなっていないよね?

[]早稲田アカデミーイメージキャラクター

新聞の折り込みで、早稲アカのチラシが入って来た。

早稲田アカデミーのイメージキャラクターに、駒井蓮さん。

https://twitter.com/official_BOX/status/600243020416430081(5月18日付のツイート)

http://www.box-corporation.com/?portfolios=%E9%A7%92%E4%BA%95%E8%93%AE

まだスチールだけのようですが、近いうちに、CMもはじまるのかな。

[]取れない…

昨日は、またしても、「貴婦人の訪問」の希望日のチケットが取れなかった。

・・・ますます、後がなくなって来た。