Hatena::ブログ(Diary)

かむろのたより

2003 | 09 | 10 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 |

2015-02-24

[]こども歌舞伎スクール「寺子屋」第一期生基礎コース修了発表会の記事

2月21日(土)、22日(日)、歌舞伎座ギャラリー内の木挽町ホールで、こども歌舞伎スクール「寺子屋」第一期生基礎コース修了発表会(第一期生45名)が行われた、というリポートが松竹のサイト内に出ている。

http://www.kabuki-bito.jp/news/2015/02/post_1328.html

演目は『菅原伝授手習鑑 寺子屋』の冒頭部で、修了発表会は2日間6回に分けて行われ、助演として坂東亀三郎(源蔵)、中村蝶紫(戸浪)、澤村國矢(涎くり)も出演した。

5階に、木挽町ホールなんてあったのですね。
これだ。→http://www.shochiku.co.jp/docs/130201.pdf
キャパシティは、80〜100となっている。


亀三郎さん、蝶紫さん、國矢さんは、18日までは「地球投五郎宇宙荒事」に出ていましたね。

[]雪の断章

最近、あちこちの書店で、

佐々木丸美「雪の断章」(創元推理文庫)

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488467043
http://www.tsogen.co.jp/np/recommend.html#item0

が平積みになっていたり、文庫の棚の目立つ位置に並べられていたりする。

今朝の新聞には広告も出ていたから、東京創元社は、この懐かしい作品の販売に、かなり力を入れている模様。

じっさい、売れているみたいだが、いまの若い世代にも受け入れられているのかな?それとも、かつて佐々木丸美の読者だったひとたちが、ふたたび手に取るというケースが多いのか。

「雪の断章」をはじめとして、佐々木丸美作品といえば、むかしは講談社文庫だったよね。ずらっと揃っていた。私が高校から大学の頃に読んだのは、そのうちのせいぜい4冊ぐらいだったと記憶しているが、孤児の女の子が青年に引き取られて育つというストーリーは、とにかく魅力的だった。

いま改めて読んだら、どう感じるだろう。旧くないかなぁ…

[]お兄ちゃん、ガチャ #7

2月21日深夜放送の、日本テレビ

「お兄ちゃん、ガチャ」7th GACHA


鈴木梨央

木内舞留 原涼子

小山内花凜 羽村仁成 三宅希空

奥野真衣 池田心雪 上村奏夢 雲野沙彩 竹山ひすい 本田高優


今回は、四葉(原涼子)の故・お兄ちゃん役がクレジットされていた。映像があったからか。

それはそうと、四葉ちゃんが、とうとうお兄ちゃんガチャを引いちゃった。ガチャ、ガチャ。

ユウ☆ユウユウ☆ユウ 2015/02/24 18:26 「お兄ちゃん、ガチャ」についてですが、
トイと四葉ちゃんには何か繋がりがありそうですね。
(ずっと思ってますけど。)
四葉ちゃんがジェントルと手を繋いでいる姿が
とてもかわいかったです。(身長差があるのが一層良いです。笑)
北海道では見れないのでいつもネットで見ています。

はつせ、はつせ、 2015/02/25 09:06 ユウ☆ユウさん。
コメント、ありがとうございます。

> トイと四葉ちゃん

第7話でははっきり伏線が張られていましたよね。
次回以降がどんな展開になるのか、楽しみです。

ユウ☆ユウユウ☆ユウ 2015/02/27 18:48 こんばんは。再びこちらにコメントさせて頂きます。

遡って第1話を見て今頃になって思ったのですが、
エンディングで、少女ズの女の子達の名前の下に
5人の俳優さんの名前が横並びにクレジットさせていましたよね。
恐らくなんですが、
(妹)   (兄)
奥野真衣さん=福山聖二さん
池田心雪さん=結木滉星さん
上村奏夢さん=松下雄一郎さん
雲野沙彩さん=蒼木 陣さん
竹山ひすいさん=倉本 発さん
なのかな?と思いました。

はつせ、はつせ、 2015/02/28 10:11 ユウ☆ユウさん。
こんにちは。
第1話のクレジットには、そんな意味があったのでしょうか!だとしたら、なかなかすごいですね。
というか、そこに注目したユウ☆ユウさんもすごいです。

このドラマ、意外と細かい伏線や設定があるみたいですから、第1話は重要かもしれませんね。
で、私も見直してみたのですが、第1話といえば、ミコの夢のなかにレイが出て来ていたのも気になりますね。レイの秘密(?)も今後の展開で明らかになるのでしょうか。
お兄ちゃんて、キープするのにも、ひとり1週間1000メダル必要だったのですね。そんな設定、すっかり忘れていました。

2015-02-23

[]内田愛ちゃんの記事

「デート〜恋とはどんなものかしら〜」(フジテレビ)に、ヒロイン・藪下依子の少女時代で出演している内田愛ちゃんのことが、記事になっている。

もとはスポニチアネックスの記事だけれど、ヤフーニュースで上位にランクされている。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/23/kiji/K20150223009852890.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000080-spnannex-ent

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000080-spnannex-ent.view-000

でも、この記事の、『注目を集める子役は内田愛(12)。』って、年齢がちがってるじゃん。内田愛ちゃんは、久家心ちゃんと同じ学年だから、5月の誕生日が来て、12歳でしょう。


この、ドラマの公式ツイッターの写真、かわいいね。
https://twitter.com/date_cx/status/569745754815746048/photo/1


余談だけれど、もしも、「かぐや姫の物語」がアカデミー賞をとっていたら、内田未来ちゃんも話題になったかも知れないのに。

[]ミュージカル座が「ニッキー」の出演者を募集

ミュージカル座が、8月に、光が丘IMAホールで上演するミュージカル「ニッキー」の出演者を募集している。ジュニアキャストは、7歳〜18歳までの男女。大人キャストは、19歳以上の男女。

募集の詳細、応募用紙のダウンロード、課題曲などは、→http://www.musical-za.com/STAGE/nicky15/stage.htm

応募の締切は、2015年3月23日(月)必着。

オーディションは、4月3日(金)〜5日(日)のいずれか1日。オーディションは、無料。

合格者の稽古は、6月6日(土)〜。出演者には30枚程度のチケットノルマあり。

また、オーディションに先駆けて、ジュニアを対象にした無料のワークショップを行なう(先着順)。


公演(本番)は、8月18日(火)〜23日(日)、IMAホール。

[]クラシエのCM ディアボーテ HIMAWARI おさげの頃篇

クラシエ ディアボーテ HIMAWARI「おさげの頃篇」

http://www.kracie.co.jp/news/10107778_3894.html
http://www.himawari-kracie.jp/movie/

『日傘をさしている尾野真千子さんが、少女の自分にヒマワリ畑で出会います。大人になると、年齢とともに髪が素直でなくなり、まとまらないという悩みが出てきますが、CMの中で、尾野さんは子供の頃の自分に会うことで「おさげ髪の子供の頃の髪の素直さ」を思い出します。』


このCMの少女は、菊地玲那(れいな)さん
https://twitter.com/adesso_official/status/568632550073040896

http://www.adessonet.co.jp/oa_cmn/show/oa_table/tl/tl01/63.html(アデッソ)

peekaboo(https://twitter.com/peekaboo_offici)とかいうアイドルユニットのメンバーなのかな?

[]ドン・ドラキュラ

「ドン・ドラキュラ」

原作:手塚治虫、脚本・演出:徳尾浩司

4月9日(木)〜14日(火)、AiiA 2.5 Theater Tokyo  全8ステージ

http://www.nelke.co.jp/stage/don_dracula/

[出演]

橘ケンチ(EXILE)  原田夏希  根本正勝 矢田悠祐 安西慎太郎  神田愛莉 阿井莉沙  兼松若人 榊英訓 角野哲郎 田川可奈美 小玉百夏 中川汐希  平田敦子 野添義弘  池田鉄洋


全席指定 7800円(前売・当日共)  チケットの一般発売は、3月15日(日)〜

ルーマニアのトランシルヴァニアから練馬区の住宅街の一角に、移り住んだドラキュラ親子。その名もドン・ドラキュラ伯爵。ホラー嫌いで美女には弱いドラキュラ伯爵と、思春期でちょっぴり反抗期だけど父親想いの娘チョコラ。吸血鬼を信じない現代社会に生きるドラキュラ親子が巻き起こす物語。』


神田愛莉ちゃん(http://jobbykids.jp/profile/profile.cgi?x=view&id=2870)が出ますね。

シングルのようです。同じネルケプランニングの公演ですから、ちびうさが評価されたのでしょう。

[]クロハ〜機捜の女性捜査官〜

昨夜=2月22日(日)21:00〜23:10放送された、テレビ朝日

ドラマスペシャル「クロハ〜機捜の女性捜査官〜」

原作:結城充考「プラ・バロック」(光文社文庫刊)、脚本:高橋悠也、監督:麻生学

http://www.tv-asahi.co.jp/kuroha/

http://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20150222_05664.html

[出演] 杏、池内博之小西真奈美、中村倫也、眞島秀和福士誠治、野村麻純、小林直己(EXILE)、RED RICE(湘南乃風)、吉田鋼太郎段田安則仲村トオル ほか


クロハこと黒葉佑(杏)の子ども時代が、五島月

クロハの姉・黒葉諒(小西真奈美)の子ども時代が、朝倉さくら

五島月(ごしまるな)さんは、2004年11月20日生まれ。ボックスコーポレーション
http://www.box-corporation.com/?portfolios=%E4%BA%94%E5%B3%B6%E6%9C%88

朝倉さくらさんは、2002年7月9日生まれ。スターダストプロモーション
http://www.stardust.co.jp/profile/asakurasakura.html
この(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140110/p3)CMが知られている。


このドラマの脚本は、「ラギッド!」と同じひとなのだね。

[]多摩モノレール沿線市民ミュージカル第9回公演

多摩モノレール沿線市民ミュージカル というのがあるのですね。


多摩モノレール沿線市民ミュージカル第9回公演「メアリーの不在、ドオン!」

3月29日(日)15時開演、たましんRISURUホール 小ホール

チケットは、全席自由 一般1000円

音楽監督:泉山淳子、演出・振付:橋爪貴明、作曲:伊藤郁馬、台本:tokiomark

『子どもから大人まで、目に見えない「音楽」を探すミュージカルの2本立て。』ということで、演目は、「メアリーの不在」(心療内科の一室。歌う気力がなくなった歌手と陽気な看護師、多忙な医者の3人が歌でつづる音楽劇。)と、「ドオン!」(ジャズピアニスト山下洋輔氏の絵本が原作のミュージカル。いたずらっこの鬼の子ドオンと人間の子こうちゃんを中心にいろんな打楽器を使った子どもから大人まで参加の楽しいミュージカル。)

http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp/a31-20150329/

http://tamamonomusical.web.fc2.com/CCP.html


多摩モノレール沿線市民ミュージカルは、2000年からはじまり、今回が第9回公演とのことですが、前回の第8回が2010年なので、しばらくぶりということでしょうか。

上演記録を見ると、→http://tamamonomusical.web.fc2.com/details1002012.html

台本、演出、作曲などの主なスタッフは、第1回から同じメンバーが手掛けているようです。

2015-02-22

[]日曜洋画劇場 特別企画「小さいおうち」

3月1日(日) 21:00〜23:39放送の、

日曜洋画劇場(テレビ朝日)は、
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/

「小さいおうち」
(原作:中島京子、監督・脚本:山田洋次、脚本:平松恵美子)

http://www.chiisai-ouchi.jp/


地上波、初放送。

この映画では、秋山聡くんが大きくなると、市川福太郎くんになるのだけど、出番は、弟くんのほうが圧倒的に多い。

映画の肝心なところ以上に、記憶に残るのは、黒木華ちゃんが、秋山聡くん(お手伝いとして働いているお家の坊ちゃん)の脚をもみもみもみもみもみもみもみもみ、揉んでいた、ということ。

[]「影を逃がれて」の映像

昨日の、「関ジャニの仕分け∞」で、日浦美菜子ちゃんを紹介するときに出た、東宝演劇部提供のアマデの映像(「影を逃がれて」の羽根ペン突き刺し直前シーン)は、あれって、発売されるDVDに収録の本編舞台映像と同じものだろうか…


(日浦美菜子ちゃんには、ブリギッタになって欲しいよね)

[]ベッド&メイキングス 第4回公演「墓場、女子高生」

ベッド&メイキングス 第4回公演「墓場、女子高生」(脚本・演出:福原充則)

7月に、東京芸術劇場 シアターイーストで上演。

出演者が発表された。
http://www.bedandmakings.com/news/


クレジットトップは、清水葉月・・・・「サナギネ」成体サイドの主演だったひとですね。シアタートラムでの「解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話」にも主演する。

次が、月刊「根本宗子」主宰。→http://ameblo.jp/buroguha-nikkande/

その次が、劇団ハーベストの、青山美郷。

望月綾乃というのは、まさか、このひと?→http://ameblo.jp/osu-ayanon/

山田由梨というと・・・・「贅沢貧乏」主宰で、元子役のひと?→http://yuriyamada.info/

葉丸あすか、日本大学芸術学部演劇学科卒業、柿食う客メンバー。

杉ありさ、1989年1月6日生まれ、洗足学園音楽大学ミュージカル学部卒業、レプロ所属。

佐藤みゆき、このひとかな。→http://fosecon.com/index.php?option=com_content&view=article&id=63&Itemid=70 http://kicchomoon.exblog.jp/


ベッド&メイキングス
http://www.bedandmakings.com/

2015-02-21

[]「東京キッド」エンディングテーマ『どんがらがっちゃん!大行進』

「東京キッド」エンディングテーマ

TPD DASH!!「どんがらがっちゃん!大行進」

D


4月〜国内放送開始の「東京キッド」は、

「『日本の魅力』を再発見し、国内外に情報を発信する15分番組です。メインキャストには、東京パフォーマンスドールの妹ユニット・TPD DASH!!のメンバーとして活躍する「キッド咲麗花」を起用。キッドは、オーストラリアと日本のハーフで、日本・海外の両方の視点を持って番組を進行します。1つのテーマを深く取材し、過去から現代へと受け継がれる『日本の魅力』『日本のクール』を様々な感性・視点からお届けします。」

http://tpd-web.com/news/info/tokyokid.html

http://www.girlpop.jp/news/detail/?p=5803

出演:キッド咲麗花、声の出演:堀内敬子

tvk、テレ玉でも放送するようです。

[][][]関ジャニの仕分け∞ にアマデとヤングナラ

今夜(2月21日 19:54〜20:54)放送の

「関ジャニの仕分け∞」(テレビ朝日)

http://www.tv-asahi.co.jp/kanjani-shiwake/

は、『ミュージカルキッズNo.1決定戦…天才キッズ達がミュージカル曲でカラオケ得点対決!』

http://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20150221_05395.html

------

参戦するキッズは、全国オーディションを勝ち抜いた4名の子どもたち。

ライオンキング 現役ヤングナラ役 小学5年生・11歳 上垣ひなた
吉永小百合と共演 小学6年生・12歳 菊池銀河
2歳から英才教育キッズ 小学4年生・10歳 日浦美菜子
オクターブ半の歌声を持つオペラキッズ 小学4年生・10歳 横川温花

第1試合…上垣ひなた『生まれてはじめて』(アナと雪の女王)VS菊池銀河『メモリー』(キャッツ)
第2試合…日浦美菜子『パート・オブ・ユア・ワールド』(リトルマーメイド)VS横川温花『星に願いを』(ピノキオ)
決勝戦…第1試合勝者・上垣ひなた『アメイジング・グレイス』←決勝勝者 VS 第2試合勝者・横川温花『アメイジング・グレイス)』

------

菊池銀河くんは、「王妃の館」に出演している、とある。
http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/051.html

http://www.michiko-dm.com/2015/02/16/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%9C%9D%E6%97%A5-%E9%96%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%81%AE%E4%BB%95%E5%88%86%E3%81%91%EF%BC%98-%E3%81%AB%E5%87%BA%E6%BC%94%E6%B1%BA%E5%AE%9A/

[]ミュージカルアカデミードリーム発表会

ミュージカルアカデミードリーム(http://shoko-dream.com/)の

第7回ドリーム発表会

というのがあるそうです。
http://shoko-dream.com/news/post_74.html

3月1日(日) ピアノ・歌部門 たましんRISURUホール 小ホール 11:00〜
3月8日(日) ダンス部門(リトミック・合唱・ジャズ・ミュージカル・日舞クラシックバレエ) たましんRISURUホール 大ホール 13:00〜

どちらも、入場無料

http://www.risuru.hall-info.jp/event/info.html(たましんRISURUホール貸館イベント情報)

2015-02-20

[]Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年4月号

発売中の、中学受験情報誌

「Dream Navi(ドリームナビ)」2015年4月号 (ナガセ、800円+税)

http://ecx.images-amazon.com/images/I/715F4tcZk-L.jpg

http://www.amazon.co.jp/Dream-Navi-2015%E5%B9%B4-04-%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B00S5TLY3K/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1424392203&sr=1-1&keywords=%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%8A%E3%83%93

表紙モデルは、松澤慶さん、(4月から)小学6年生。

-------

Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年3月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150119/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年2月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20141221/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20141019/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140919/p4
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年10月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140820/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年9月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140721/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年7月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140517/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140419/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140218/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年2月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20131220/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20131028/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年10月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130820/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年9月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130718/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130419/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年5月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130318/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130218/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年2月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20121219/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20121018/p4
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120921/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120619/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120422/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120220/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年3月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120121/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年1月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20111120/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110918/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年10月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110818/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110621/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110421/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年4月号
http://newrisa.at.webry.info/201102/article_54.html
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年3月号
http://newrisa.at.webry.info/201101/article_2.html
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年1月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20101202/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100922/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100621/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年7月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100520/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 創刊号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100222/p1

[]題名のない音楽会

2月22日(日)放送の、テレビ朝日

「題名のない音楽会」
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/

は、『アカデミー賞発表直前!時代を奏でる映画音楽』

ゲストは、石丸幹二、新妻聖子。


レ・ミゼラブル メドレーでは、石丸幹二がジャベールをうたうみたい。

[]特報首都圏 倉本聰80歳のメッセージ

今日、午後7:30〜午後7:55(25分)放送の

特報首都圏(NHK総合)

は、「倉本聰80歳のメッセージ〜震災4年 日本に問う〜」

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-02-20&ch=21&eid=6316&f=1089

『「北の国から」など数々の人気ドラマを手がけてきた日本を代表する脚本家の一人、倉本聰さん。今月、東京で上演された新作舞台「ノクターン」が大きな反響を呼んでいる。描かれるのは原発事故で避難を余儀なくされた福島の現状。震災から4年、そして戦後70年の今年、80歳となった今だからこそ、日本に伝えておきたいメッセージとは。特報首都圏では単独ロングインタビューで、倉本聰さんの思いに迫る。』


これは、見逃せませんね。舞台映像はどのくらい出るでしょうか。

[]BSコンシェルジュ ザ・プレミアム「ラギッド!」

今日(2月20日)、お昼12:20〜12:45(25分)に放送の、

BSコンシェルジュ(NHK総合)

は、『ザ・プレミアム ドラマ「ラギッド」を紹介。このドラマに出演する芦田愛菜さんと黒沢年雄さんをゲストに迎え、ドラマの見どころやご自身の役どころについて伺っていく。』

http://www.nhk.or.jp/drama-blog/4680/209682.html

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-02-20&ch=21&eid=6262&f=1800

[]歌舞伎の日

2月20日は、歌舞伎の日、なのだと。

http://hukumusume.com/366/kinenbi/pc/02gatu/2_20.htm

2015-02-19

[]「嵐が丘」制作発表

「嵐が丘」

(脚本・演出:G2)

5月6日(水・休)〜5月26日(火)、日生劇場

http://www.shochiku.co.jp/play/others/schedule/2015/5/post_203.php


18日に、制作発表があったという記事より。
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201502180012(チケットぴあ)

『今回の舞台では、これまで多くの舞台では触れられていなかった原作の後半を含めた全編を上演します。』

ヒースクリフやキャサリンの子ども世代までえがくとなると、女の子の子役の使われ方が気になる。

[]地球投五郎宇宙荒事 (EXシアター六本木)

六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)」

2月17日(火)に、昼の部を観劇。午後1時開演。

ロビーに掲出されていた上演時間は、『第一幕約50分、休憩約20分、第二幕約70分』 じっさいの終演は、午後3時37分ぐらいだった。


「夜でもヒルズのお膝元」だという、会場のEXシアター六本木は、1階が入口、エスカレーターでひとつ降りると2階席、さらに降りると1階席、という構造で、出入りするには2階席のほうが便利なのは、たとえば、エントランスのフロアが2階席になっている赤坂ACTシアターに似た感じかな。

やたらとコインロッカーがあるのは、コンサート等で、客が総立ちで騒げるようにと手荷物を入れられるロッカーを配備しているということなのか?

入場の際の配付物のなかに、「嵐が丘」のチラシがあって、うれしい。「嵐が丘」は、松竹さんだからだね。松竹さん・・・・(この芝居では、成田屋萬屋と市川鯛蔵が、何度も「松竹さん」っていっていた)


元禄時代の江戸は浅草に、駄足米太夫(獅童)を頭目とする宇宙人が出現した。エイリアンの襲来は秘密事項なので、浅草寺の和尚(市蔵)は、とりあえずこれは芝居だとして誤魔化すことにし、ヒーロー鎌倉権五郎を演じる市川團九郎(海老蔵)を呼び出して、これを迎え撃ったが、吉原随一の花魁・高窓太夫(尾上右近)をあっさりと攫われてしまう。
高窓太夫は、実は将軍家の姫君で、犬将軍・綱吉(萬次郎)の頼みに加え、米太夫の師匠だったという長老・与駄(加藤清史郎)の叱咤もあって、團九郎は宇宙へ飛び出してエイリアンと対決、米太夫の放った隕石攻撃から守るために地球を動かした。
・・・と、まぁ、こんな話かな。

1階客席の通路部分をベースにして、変形(L字型)の花道が設けられていた。


一幕も二幕も、最初に「発端」として、海老蔵、獅童の隣り合わせの「楽屋」(もちろん、上手側が成田屋の楽屋だ)でのやりとりがあり、ここに、海老蔵の部屋子という設定の市川鯛蔵(加藤清史郎)が絡んでのドタバタがある。
この発端は、観客を舞台の世界へ誘導する前説的なところがあって、加藤清史郎くんがそれを担っている。

獅童丈にずいぶんといじられる役回りで、アドリブもあるようで、笑っちゃってセリフがいえなくなったり、ろれったり噛んだりと、市川鯛蔵という役ではあるが、かなり素の表情が覗くのがおもしろい。

二幕の「発端」では、鯛蔵(というより加藤清史郎くん)が、客席でケータイが鳴っているといって、花道近くのお客さんのケータイを取り上げて「お母さん」に電話をかける、という客いじりもあった。ケータイを貸したお客さんには、僕の千社札をあげますとかいうので、シートで渡すのかと思ったら、一枚べたっと貼ってたみたい。

さて、「発端」では、今回の六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」が企画、実現に到った経緯が、海老蔵丈と獅童丈の会話によって語られるが、ブログだの結婚だのというタイムリーな話題も織り込まれるので、客席は大ウケである。この発端において、海老蔵、獅童の両優は、舞台上の楽屋で化粧をし隈を取り、さらにはお弟子衆が出て来て鬘や衣裳を付け、観客の目の前での生拵えで、荒事のヒーローと敵役の公家悪が出来上がる。


宮藤官九郎の脚本で、どんなおふざけになるかと思いのほか、歌舞伎芝居の骨法、役柄を踏まえた作劇で、たいへんにおもしろい。藤間宗家が監修・振付ということもあるのか。
歌舞伎十八番スターウォーズのパロディ、ということでしょうか。とくに第一幕は、「暫」のアレンジになっている。

米太夫の手下どもは、腹出し。米太夫が実は将軍綱吉の子で、團九郎こそ実は宇宙人だったなどなど、実ハの連発や、赤子の團九郎と米太夫の入れ替わりが取り替え子っぽい設定だったり、米太夫の赤く光る大太刀に銀河丸という名が付いているのも、歌舞伎でおなじみの宝刀を彷彿させる。その、奪った銀河丸と合わせて、2本の大太刀を手にしての、第一幕の鎌倉権五郎の引っ込みは、大いに勇壮である。

團九郎や与駄の顔が浮かび上がる映像や、クレーンを使ったシーンは、歌舞伎としては斬新で、宇宙を舞台にした演目とも合致している。團九郎が巨大化するのもおもしろい。


所化の右坊(竹松)と左坊(市川福太郎)のうち、右坊は高窓太夫とともにUFOで連れ去られるので、第二幕にも出番があるが、福太郎くんの出演は第一幕のみだった。(なお、舞台での鯛蔵との絡みは、なし)

加藤清史郎くんは、鯛蔵での登場よりも与駄のほうがセリフがしっかりしていたが、これは、与駄(902歳という設定)が役らしい役だからだろう。二幕で、与駄と鯛蔵を演じ分けるシーンがあったが、さながらジキルとハイドのようで、達者なところを見せた。

与駄が、高窓太夫こと鶴姫に、ペシッと叩かれるところが、えらく可笑しい。


他に子役は、『秋山聡・榎本陸・河城英之介・重田恭佑』の4人が、ふたりずつの交互出演だった模様。
筋書(パンフレット)には、出演者としては載っているが、なぜか配役には出ていない。
役は、第二幕での、芝居小屋の客の子供。

(ところで、テアトルスタッフブログには、出演情報として、榎本くん、河城くん、重田くんの名前は出ていたのに、秋山くんの名前はなかったが、秋山聡くんはもうテアトルアカデミーの所属ではなくなったのかな)


いったん幕を引いたあとで、最後は、加藤清史郎、市川海老蔵中村獅童の3優が舞台に座して、「まずこんにちはこれぎり」となる。カーテンコールではなく、切口上が付いたのも、歌舞伎らしさになっていた。

[]「夢を与える」は、谷花音ちゃん

5月放送の、綿矢りさ原作

土曜オリジナルドラマ
連続ドラマW「夢を与える」

http://www.wowow.co.jp/dramaw/yume/


主な出演者が発表され、主人公の少女モデル・夕子役は、 谷花音(幼少期) → 小松菜奈(14歳〜18歳)

http://www.cinemacafe.net/article/2015/02/18/29466.html(シネマカフェ)

-------

関連の過去ログ(夢を与える)
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/searchdiary?word=%CC%B4%A4%F2%CD%BF%A4%A8%A4%EB&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail

2015-02-18

[]割引特価

某所で、「アニー」のサンディDAYのS席が、7400円で販売されている。定価より、1100円も安い。

・・・・くやしい。

[]芦田愛菜 vs 高橋悠也(脚本家)撮影終了記念ぶっちゃけ対談

ザ・プレミアム「ラギッド!」

http://www.nhk.or.jp/drama/rugged/

芦田愛菜vs高橋悠也(脚本家)撮影終了記念ぶっちゃけ対談!
http://www.nhk.or.jp/drama/rugged/html_rugged_taidan.html

というのが出ていて、芦田愛菜ちゃんが、2月9日の記者会見と同じ服装だ、と思ったら、完成試写&会見、脚本家との対談、「ゆうどき」出演は、すべて同じ日(2月9日)に行なわれたのですね。だから同じ服なんだ。

http://www.nhk.or.jp/drama-blog/4680/(NHKドラマスタッフブログ)

http://www2.nhk.or.jp/navi/?f=150218(取材会会見動画)

[]あったかいんだからぁ♪ by「くちびるに歌を」中五島中学校合唱部

あったかいんだからぁ♪ by「くちびるに歌を」中五島中学校合唱部

D


後ろに見えているのは、熊本城ですね。

2015-02-17

[]少女劇団いとをかし 第二回公演「ともだちの数え方」(ラゾーナ川崎プラザソル)

少女劇団いとをかし第二回公演「ともだちの数え方」(脚本・演出:近藤キネオ)

過去ログのこれ(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20141213/p3)を、先日見たので、少々の雑感。


昨年の第一回公演のときは、2日間計4回のチケットがすぐに売り切れたが、今回は、最後の4ステージ目以外は、ギリギリまでチケットは残っていた。私が見に行った回は、当日券も出ていたし、空席もあったが、これは、第一回公演に較べて出演者の数が少ないということもあってなのかな?

パンフレットは、カラー表紙込み8ページで、1000円。(第一回公演よりも値段も倍だが、ページも倍)

上演時間は、本編(カーテンコールまで)が約80分。


ステージ上の「場」は、八王子の中学校の3学期、ある日の放課後の美術室。美術の補習の課題としてのデッサンを仕上げるために、6人の3年生の女子生徒が、三々五々集まって来る。そのうちのひとりは卒業も近いのに転校して来た女の子、3人は元ソフトボール部のバッテリーとマネージャー、ひとりは高校入試が間近に迫っていて、もうひとりは地元のローカルアイドルグループのメンバーだ。さらに美術室には、ちょっと変わった美術部員の女の子が居ついている。そこに、ソフト部の後輩バッテリーの乱入があり、入試の発表で合否が分かれた同級生ふたりをどう迎えるかのドタバタがあったりする。そして、美術の女性教師は、仕事よりも恋愛に夢中で、やたらとケータイをかけている。

固定されたひとつの「場」を設定して(今回のように学校の教室だったり、たとえばどこかの広場など)、そこに集まる何組かのひとたちの人間模様や、出会いやすれちがいを、移ろい行く時間とともにえがくという手法は、演劇では割りとよくある。扱われるエピソードとともに、登場人物たちの関係性や、舞台への出し入れがポイントでもあるが、この「ともだちの数え方」は、そのあたりがけっこうおもしろく創られていた。
演じるメンバーの魅力が感じられると同時に、どこかしら舞台には思春期の女の子たちのとらえどころのなさが漂っていて、そこがお芝居の虚実と相俟ってのおもしろさになっていたと思う。

最後の大会で故障を隠して投げ続けてボロ負けしたソフトボール部の元エース(長城祝華)と、バッテリーを組んでいた元キャプテン(坂井仁香)の間で続いているわだかまりを、なんとか修復しようとする元マネージャー(鮫島彩華)。…というこの3人のエピソードが、なかなかよかった。

演出家がパンフレットにそう書いてもいるし、カーテンコールでは真ん中に立っていたから、鮫島彩華さんが主役ということだったのでしょう。よく気がついて、おせっかいをしても憎まれない役柄に、ぴったりハマっていて、キャストのなかでは声が通るし、場面をリード出来る力があるのだなぁ、と思った。

美術部員の女の子(辻野かなみ)は、開演のときは板付きで、幕切れでもひとりだけ舞台にいる役。

ぴきりん(小泉遥香)の口パクが、おもしろかった。

瑞城さくらちゃんて子は、劇中は本舞台への登場はなくて、客席通路で電話を受けてのセリフがあるだけ。開演前に、客席を通って後ろへ行って、そのままはじまったので、客席通路から出ることは予想されたが、出演がワンシーンだけで、しかもセリフは、ゾウさんはもっと好きですの松本引越センターCMネタ。

ネタといえば、セリフに織り交ぜられる懐かしのプロ野球ネタは、意外と効果的だった。カープの達川のコンタクトとか、そのあたりは、私の世代ならジャストミートする。

最後は、中学生役のキャスト11名で「校歌」がうたわれて、ここでマイクを持ったのは、ソフト部の新旧バッテリーの4人(坂井、長城、永坂真心、吉川ひより)。

今回は、公立の学校ということだったからなのか、女の子たちのソックスとかハイソックスとかが、キャストそれぞれにちがえてあった。


ところで、目黒とエグザイルって、あれは何なの?笑ってるお客さんもいたけど、何がおもしろいのか、全く分からなかった。(謎)

なお、少女劇団いとをかしの第三回公演は、9月5日(土)、6日(日)で、会場はアルテリオ小劇場と発表されている。

[]演劇企画ユニット劇団山本屋「1号」 あまもり

〜15周年記念公演〜
演劇企画ユニット劇団山本屋「1号」
『あまもり』

作・演出:山本タク

4月1日(水)〜5日(日)、東京芸術劇場 シアターウエスト 全8ステージ

https://www.facebook.com/gekidanyamamotoya

全席指定 前売4800円、当日5000円

チケットの一般発売は、3月1日〜(※先行発売もあり)


出演者(一部ダブルキャスト)が発表されて、→https://www.facebook.com/gekidanyamamotoya

子役は、

金田颯斗
鈴木楓恋
金丸竜也
寺尾歩武
酒井洋之輔
中山晨輝
武居明日香
春乃紅葉 →http://www.skyiproduce.com/artist/artist_list_girls.html
石渡菜々子 →http://ameblo.jp/shyn1811/
井上光彩
砂塚ユリア
渡邉結衣
橋本侑芽
保田優花
荒井暖菜
吉田優斗

2015-02-16

[]サントリー ボスのCM「Pepper(家庭)」篇

サントリー BOSS 宇宙人ジョーンズシリーズ

「Pepper(家庭)」篇

http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/cm/campaign/index.html

http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/d/861644374002.html?fromid=movd_related


このCMの、(北大路欣也演じる)おじいちゃんの孫娘3姉妹のうち、

いちばん下(三女)は、平田風果ちゃん
http://www.mondorana.jp/student/hirata_fuuka.html?keepThis=true&TB_iframe=true&height=400&width=570

真ん中(次女)は、庄司凜花ちゃん
http://www.smile-monkey.com/profile/shouji_rinka.html
https://twitter.com/smilemonkey_jp/status/564640687870582784

で、長女は、だれ?

[]トリナオシ特別編 他

14日放送のフジテレビ

チャンネルΣ・トリナオシ特別編

過去ログのこれ(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150214/p2)ですが、年末の放送とは打って変わった編集、内容でしたね。ナレーションもしかり。2014年12月31日に放送したものです、というテロップが出てはいたけれど、実質的には全く別ものといえるほどで、まさに、放送し直し。
今回の特別編では、お笑いタレントがVTRを見ながらコメントするという構成をやめていた。

左團次丈、男女蔵丈それぞれのインタビューをはじめとして、年末の放送では使われていなかった映像もたくさんあったし、逆に年末の放送にあった(これはどうなの?と思うような)部分がカットされてもいた。年末の「トリナオシ」は、1時間の放送枠のなかの3分の1ぐらいだったのが、この特別編ではその3倍ぐらいの長さがあったとはいえ、今回のと較べると、年末のあれはあまりにひどかった。

それにしても、歌舞伎ファンの視聴者は、同じ素材からこれほど異なる番組が生まれて、じっさいに放送されたのを目の当たりにした訳で、創り手の意図でいくらでも印象を操作し得るテレビというメディアの実態を、期せずして体験したことになる。

日曜日の午後にやっている「ザ・ノンフィクション」で、今年の新春浅草歌舞伎に出演の若手花形たちを取り上げたときも、編集の仕方やナレーションについて、坂東巳之助丈がそのブログで事実とちがうと異議を唱えていたが、これもフジテレビの番組だ。

2015-02-15

[]HAT 漫劇!!手塚治虫 第一巻

グリーンフェスタ2015参加作品

HUMAN ART THEATER「漫劇!!手塚治虫 第一巻」

原作:手塚治虫
脚本:工藤龍生 東の東
演出:工藤龍生
プロジェクション演出:東の東
振付:宮内敦子(G-ロケッツ)

2月18日(水)〜22(日)、シアターグリーン BIG TREE THEATER(http://www.theater-green.com/bigtree.html) ※全8ステージ

上演作品
 1.畸形嚢腫(ブラック・ジャックより)
 2.苦情銀行
 3.おばあちゃん(ブラック・ジャックより)
 4.刑事もどき 〜鹿の角〜


『手塚治虫の名作が演劇で甦る!』
『早稲田大学高西淳夫教授の研究室の力を借りて、畸形嚢腫から人間の姿へ、ピノコをロボットで完全再現‼︎』

漫画と演劇の融合をコンセプトに生まれた演劇集団『漫劇!!』第一弾公演

http://www.human-art-theater.jp/
https://www.facebook.com/HumanArtTheater
http://tezukaosamu.net/jp/news/i_360.html


子役のピノコ、かわいいかも。

https://twitter.com/HumanArtTheater/media
https://m.facebook.com/HumanArtTheater?refsrc=http%3A%2F%2Fwww.human-art-theater.jp%2F&_rdr

ピノコは、ダブルキャストで、『間中美妃・宇崎花怜』

出演予定は、
http://www.theater-green.com/system/photos/b2_1421052439.jpg(チラシ画像・裏)

間中美妃さんは、グローバルエンターテインメントカレッジ
http://ameblo.jp/global-entertainment-co/entry-11696203345.html

宇崎花怜さんは、最近では、「ズボン船長」のキャストに名前がありましたね。
http://ameblo.jp/rindayoo/

[]博多座の舞台写真

博多座で売っている舞台写真の見本って、サイズが大きいね。

http://www.hakataza.co.jp/news/detail.php?id=251
http://www.hakataza.co.jp/sp/news/detail.php?id=251

[][]お兄ちゃん、ガチャ #6

2月14日深夜放送の、日本テレビ

「お兄ちゃん、ガチャ」6th GACHA


鈴木梨央

木内舞留 原涼子

小山内花凜 羽村仁成 三宅希空

奥野真衣 池田心雪 上村奏夢 雲野沙彩 竹山ひすい


今回も、四葉(原涼子)ちゃんの故・お兄ちゃん役のクレジットはなかった。写真だけだからかな。

キャストクレジットに、「岩村琴美」とあったが、どこに出ていたのだろう?声優のようだから、あの声の出演か。

で、「お姉ちゃん、ガチャ」のメロ役の秋月成美ってひとのプロフィールページを見たら、
https://www.toho-ent.co.jp/actress/profile.php?id=7306
名前のふりがなが『あきずきなるみ』になっていたが、「づ」じゃないの?「ず」でいいの?

それはともかくとして、その秋月成美さんは、映画「幕が上がる」に出演してるって書いてあるじゃん。「幕が上がる」は、ももクロには関心ゼロだけど、他に部員や生徒でだれが出ているのかが気になるのだよね。舞台もあるから、そっちにはどうなのかも気になるし。
舞台(http://www.parco-play.com/web/program/makugaagaru/)は原作者・平田オリザの脚本で、チケットはセブンチケットの独占販売だというが、いずれにしても、ももクロ以外の出演者が知りたい。

2015-02-14

[][]さいたまネクスト・シアター第6回公演「リチャード二世」

YUKIO NINAGAWA 80TH ANNIVERSARY
彩の国シェイクスピア・シリーズ第30弾×さいたまネクスト・シアター第6回公演

「リチャード二世」

作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:蜷川幸雄
演出補:井上尊晶

4月5日(日)〜4月19日(日)、彩の国さいたま芸術劇場 インサイド・シアター(大ホール内) 全17ステージ

http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/2040

全席自由 一般4000円


以下は、2月12日現在の配役(稽古の進行に伴い変更の可能性あり)。「*」印のキャストは、さいたまゴールド・シアター


リチャード二世: 内田健司
イザベル: 浅野望
ジョン・オヴ・ゴーント: 中野富吉 *
ヘンリー・ボリングブルック: 松田慎也
エドマンド・ラングレー: 竹居正武 *
ヨーク公爵夫人: 田村律子 *
オーマール公爵: 竹田和哲
グロスター公爵夫人: 重本惠津子 *
トマス・モーブレー: 竪山隼太
ジョン・ブッシー: 鈴木真之介
ウィリアム・バゴット: 鈴木彰紀
ヘンリー・グリーン: 浦野真介
ノーサンバランド伯爵: 宇畑稔 *
ヘンリー・パーシー: 小久保寿人
ロス卿: 高橋英希
ウィロビー卿: 坂辺一海
バークレー卿: 平山遼
ソールズベリー伯爵: 堀源起
カーライルの司教: 手打隆盛
式部官: 葛西弘 *
伝令官1: 市野将理
伝令官2: 阿部輝
ヨーク公爵の従者: 白川大
ウェールズ軍の隊長: たくしまけい *
スティーヴン・スクループ: 松崎浩太郎
イザベルの侍女1: 谷川美枝 *
イザベルの侍女2: 佐藤禮子 *
庭師: 遠山陽一 *
庭師の徒弟1: 鈴木真之介
庭師の徒弟2: 浦野真介
フィッツウォーター卿: 竪山隼太
サレー公爵: 砂原健佑
ウェストミンスター修道院長: 高橋清 *
ピアス・エクストン: 續木淳平
エクストンの従者1: 郷園高宏
エクストンの従者2: 銀ゲンタ
リチャード二世の厩舎番: 森下竜一 *
ポンフレット城監獄の看守: 松崎浩太郎
貴族ほか: 浅場万矢 周本絵梨香 茂手木桜子 長内映里香 中西晶 堀杏子 井上夕貴 呉美和 佐藤蛍 田中りな 安川まり 吉村照道
 石井菖子 * 石川佳代 * 小川喬也 * 小渕光世 * 神尾冨美子 * 上村正子 * 北澤雅章* 田内一子 * 高田誠治郎 * 滝澤多江 * ちの弘子 * 都村敏子 * 寺村耀子 * 徳納敬子 * 中村絹江 * 西尾嘉十 * 林田惠子 * 百元夏繪 * 益田ひろ子 * 宮田道代 * 渡邉杏奴 *


タイトルロールが内田健司、となれば、また、裸体ですね、きっと。もう、ここに到っては、見に来る観客のみんなが、その裸身を期待しているでしょう。

[]明光義塾のCM YDKダンス

明光義塾のCM YDKダンス

これ、おもしろいな。

というか、少女劇団いとをかし 第二回公演「ともだちの数え方」で主役だった、鮫島彩華ちゃんが出てる。セリフがあって、ソロで踊っているから、このCMのメインなのだね。


D

[]チャンネルΣ・トリナオシ特別編

今日、これから(2月14日10:45〜11:40)、フジテレビで

チャンネルΣ・トリナオシ特別編
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/150214ch-shiguma/index.html

という番組がありますね。

『未公開映像を加えた特別編!歌舞伎の世界に生きる市川左團次親子に迫る!』

年末に放送された「トリナオシ」では、市川男女蔵とその父・左團次の関係を取り上げていたが、その内容や編集の仕方がひどいと、左團次丈がブログで異議を唱えていた。

まさか、それで、トリナオシならぬ放送し直しになった、なんてことではあるまいか?

たしかに、年末の放送では、男女蔵丈はブレークし損ねた情けない中年役者で、左團次丈は息子に愛情を持たない嫌な親父、にしか見えなくて、どちらもイメージを悪くしただけの出演としか思えない、なんだか奇妙な内容ではあった。

いちばん肝心な、子役時代のあと舞台を離れてブランクがあった息子に歌舞伎役者になれと勧めておきながら、自らは教えることなく、男女蔵襲名のときにも一切手助けしなかったというのはどういう思惑なのかという点も、不明なままだった。

今回のは、市川左團次親子だけで約1時間のようだから、年末のに較べると3倍くらいの放送枠になるのかな。

(それはそうと、男女蔵丈と男寅さんとの親子関係のほうは、どうなってるの?)

[][]NEWSエンターテインメント・スクール第14回自主公演

NEWSエンターテインメント・スクール第14回自主公演

4月1日(水) 18:00開演
4月2日(木) 12:00開演/16:30開演

埼玉会館(大ホール)

前売1900円(チケットは、受付中)

http://news-enter.com/14th-jisyukohen.html


[出演者]

青木瑛里奈 赤田果奈 阿部優花 新井愛菜 新井美穂菜 石川大樹 石橋瑞羽 伊藤里菜子 稲田真菜 植茶遥香 漆原千聖 海老根樹里亜 大木沙耶 大澤華蓮 大沼沙夏海 大村舞生 奥住拓哉 片柳美香 茅野希咲 川上未莉 河本姫愛 岸瑞歩 喜多海斗 國澤菜々香 高地杏美(※「高」はハシゴダカ) 高地美妃(※「高」はハシゴダカ) 興野朱理 小西柚穂 小林光 小林優花 佐々木優芽 佐々木ゆら 佐山泰生 志賀茉結 島袋ひかり 庄田妃那子 杉浦百恵 竹内宇泉 丹治絢能 津幡奈央 長井琥珀 永田梨紗 中村柚陽 ヌリバデ ヌリブセ 永山咲來 萩原苺香 樋口舞 平井花南 広瀬英恵 福島香々 福田舞香 松井珈 宮崎莉楽(※「崎」はタチサキ) 水野いおり 村尾海 守谷茉倫 村田千遥 矢数杏美 山井香凜 山井星凜 山口日菜子 山科彩香 横山海 横山北 吉田伽羅 渡邉心 渡邉音 渡邉花菜

2015-02-13

[]ドラマスペシャル 復讐法廷

2月7日(土)21:00 〜 23:06に放送された、

ドラマスペシャル「復讐法廷」(テレビ朝日)

http://www.tv-asahi.co.jp/houtei/

(脚本:竹山洋、監督:藤田明二)

出演: 田村正和 竹内結子  柳生みゆ 市毛良枝 渡辺大 手塚理美 長谷川朝晴 中尾明慶 水橋研二 高橋光臣 田中哲司 小野武彦 森本レオ 平泉成 岸部一徳 ほか


中原誠司(田村正和)の娘・由紀子(柳生みゆ)の子ども時代で、荒田悠良ちゃんが出演していた。

プロフィールページを見ると、
http://www.nac-actors.co.jp/actor/?id=1198654105-217526&p=1&gr=1&ca=2
『小学生の由紀子役』となっている。


荒田悠良ちゃんは、以前にも、スペシャルドラマで田村正和さんの娘役を演っていましたね。
 2夜連続 松本清張スペシャル「球形の荒野」→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20101127/p1

荒田悠良ちゃんは、以前に、NHKの朝ドラ「カーネーション」でも柳生みゆさんの子ども時代(小原静子役)を演じていた。

[]金曜ロードSHOW!崖の上のポニョ

今夜、「ポニョ」やるじゃん(日本テレビ)。

http://www.ntv.co.jp/program/detail/21838035.html

♪ポ〜ニョポ〜ニョポニョ さかなの子 崖の上に やってきた ポ〜ニョポ〜ニョポニョ おんなの子 まんまるおなかの べんぴな子!

・・・絶対これ、便秘な子ってうたっちゃうよね。