Hatena::ブログ(Diary)

かむろのたより

2003 | 09 | 10 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2017-07-20

[]Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2017年9月号

発売中の、中学受験情報誌

「Dream Navi(ドリームナビ)」2017年9月号 (ナガセ、800円+税)

http://books.rakuten.co.jp/rb/15032056/

http://shop.r10s.jp/book/cabinet/0974/4910067090974.jpg

表紙モデルは、猪股マノアさん、小学6年生。

-------

Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2017年7月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170520/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2017年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170421/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2017年5月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170321/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2017年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170222/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2017年3月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170118/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2017年1月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20161121/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2016年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20161019/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2016年10月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20160819/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2016年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20160621/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2016年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20160418/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2016年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20160219/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2016年2月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20151220/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20151017/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150922/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年9月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150720/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150419/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150220/p5
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年3月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20150119/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2015年2月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20141221/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20141019/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140919/p4
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年10月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140820/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年9月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140721/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年7月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140517/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140419/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20140218/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2014年2月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20131220/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20131028/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年10月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130820/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年9月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130718/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130419/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年5月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130318/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20130218/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2013年2月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20121219/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年12月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20121018/p4
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120921/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120619/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120422/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年4月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120220/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年3月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20120121/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2012年1月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20111120/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110918/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年10月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110818/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110621/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年6月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20110421/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年4月号
http://newrisa.at.webry.info/201102/article_54.html
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年3月号
http://newrisa.at.webry.info/201101/article_2.html
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2011年1月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20101202/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年11月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100922/p1
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年8月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100621/p3
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 2010年7月号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100520/p2
Dream Navi(ドリーム・ナビ) 創刊号
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20100222/p1

[]今日の観劇

夕方から、赤坂ACTシアター

予定キャストは、バレエ少年のビリーと、売れっ子舞台子役のマイケルだから、

 →http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170719/p2

あえて2日目にした甲斐があったかな?

帰路は、赤坂見附から新橋へ行こうか、渋谷へ行くべきか、迷うところ。確実なのは渋谷経由だが、乗り継ぎが間に合えば新橋からのほうが早く帰れる。

2017-07-19

[]完全受注生産「咲-Saki-」ビーチタオル

実写版「咲-Saki-」の公式グッズとして、『キャストメンバーが大きくプリントされた特製ビーチタオル』を、完全受注生産で発売。

2017年8月4日まで、受付中。2017年9月上旬発送予定。

http://www.saki-project.jp/goods/index.html

対象キャストは、18人。

税込 12960円。クレジットカード決済のみ。

タオルのサイズは、800mm×1350mm
綿100%


山田杏奈(染谷まこ役)ちゃんや、柴田杏花(国広一役)ちゃんのもあるので、気になりますが・・・

12000円+税という値段は、半端じゃないですね。

[]「ビリー・エリオット」プレビュー2日目予定キャスト

ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」

http://billyjapan.com/

7月20日(木)17時45分公演 出演予定キャスト

http://billyjapan.com/castschedule.pdf

ビリー 加藤航世

お父さん 益岡徹

ウィルキンソン先生 島田歌穂

おばあちゃん 根岸季衣

トニー 中河内雅貴  ジョージ 小林正寛  オールダー・ビリー 大貫勇輔

森山大輔 家塚敦子 大塚たかし 加賀谷真聡 北村毅 佐々木誠 高橋卓士 辰巳智秋 橋本好弘 羽鳥翔太 原慎一郎 丸山泰右 横沢健司 木村晶子 小島亜莉沙 竹内晶美 三木麻衣子 秋山綾香 井上花菜 出口稚子

マイケル 古賀瑠

デビー 夏川あさひ

バレエガールズ(チーム アッシントン) 小野梓 久保井まい子 近貞月乃 並木月渚 堀越友里愛

トールボーイ 小溝凪  スモールボーイ 桜井宙


なお、上演予定時間は、約2時間50分(休憩20分含む)と告知されている。

[]劇団た組。第15回目公演 三越劇場版「壁蝨(だに)」

下記の出演者での三越劇場版というのは、1ステージしかやらないの? シアタートラム公演は別キャストとなっているが。

(ロキタンスキー症候群って、この公演に関するサイトや記事を読んで、はじめて知った)


劇団た組。第15回目公演

三越劇場版 壁蝨(だに)

作・演出:加藤拓也

8月30日(水)19:00開演、三越劇場

全席指定 前売4000円、当日4500円

https://takumi.themedia.jp/posts/2478385


[出演]

南乃彩希 岡本あずさ  渋江譲二 風藤康二(風藤松原) 柳喬之 外岡えりか 池田朱那 浜田由梨 山木透 齊木遥香 中山将志  宮田早苗 / 歌・演奏:谷川正憲(UNCHAIN)


チラシにインパクトがあるよね。

http://natalie.mu/stage/news/240439(ステージナタリー)

http://natalie.mu/stage/gallery/show/news_id/240439/image_id/810013

2017-07-18

[]「ビリー・エリオット」プレビュー初日予定キャストなど

ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」

明日のプレビュー初日の予定キャストが告知されている。7月公演も、前日には予定キャストを出すってことかな。

http://hpot.jp/wp-content/uploads/2017/07/FullSizeRender.jpg

http://billyjapan.com/castschedule.pdf

7月19日(水)17時45分公演 出演予定キャスト

ビリー 前田晴翔

お父さん 吉田鋼太郎

ウィルキンソン先生 柚希礼音

おばあちゃん 久野綾希子

トニー 藤岡正明  ジョージ 小林正寛  オールダー・ビリー 栗山廉(Kバレエカンパニー)

森山大輔 家塚敦子 大塚たかし 加賀谷真聡 北村毅 佐々木誠 高橋卓士 辰巳智秋 橋本好弘 羽鳥翔太 原慎一郎 丸山泰右 横沢健司 木村晶子 小島亜莉沙 竹内晶美 三木麻衣子 秋山綾香 井上花菜 出口稚子

マイケル 持田唯颯

デビー 香好

バレエガールズ(チーム ベッドリントン) 遠藤美緒 大久保妃織 佐々木佳音 高畠美野 新里藍那

トールボーイ 笹川幹太  スモールボーイ 菊井凜人


公演プログラムは、2000円。稽古場写真版(ホワイト)と、舞台写真版(レッド)の2種類。

http://billyjapan.com/img/goods.png

・・・って、最初から2種類売るのかな?


『ビリー・エリオット』特集!見どころ&インタビュー

https://allabout.co.jp/gm/gc/470083/2/(All About)

[]私と日記を巡る、いくつかの物語

ツイッター↓を見たら、

https://twitter.com/itowokashistaff

今度の、少女劇団いとをかし(第7回公演)は、セーラー服なの!?

[][]チケット余話

「ミレニアム桃太郎」

相変わらず、東京芸術劇場に配券された分のチケット(現時点で、平日の4ステージ)が、まだ残っている。もう、欲しいひとにチケットは行き渡っちゃったのかな。

タイトルの略称は、「ミレ桃」で、ミレニアムと「みれな」を懸けているのだとか?

で、チケット↓は、いつ届くのかな?
https://pbs.twimg.com/media/DEXp6JvVwAExOQR.jpg


「大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜」

一般発売されて間もなく売切れて、完売の告知が公演ページ(http://www.ken-on.co.jp/stage/nijiato/)にも出たと思ったが、これを書いている時点で、ローソンチケットには、まだ、公演回によっては若干ながら残席がある。じつは、私も、先日、席位置は後方だけれど、ローソンチケットにまだあることに気づいて、買ったのだった。未引き取りでキャンセルになったものが戻っていたってことなの?


「髑髏城の七人」Season風

今回は、チケットぴあで買ってみた。で、発券したら、32列だって。あの劇場の32列といったら、最後列だよ、あり得ない。14000円も払って(13000円+手数料)、32列なんてひどすぎ。ここまで、変な席しか買えない舞台って、滅多にないよ。劇団☆新感線って、何なの?

岸井ゆきのちゃん、見えるかな・・・

やはり、ローソンチケットにすべきだった。IHIステージアラウンド東京の公演は、ローソンチケットが主催企業のひとつだから、あれこれ考えずにそっちで行くべきだった。なんのために、ステージアラウンドFCにも入ったのか分からないぞ。(Season鳥は、ローソンで買って、21列だったが、まだましなほうだったのか?!)

劇場は遠いし、辺鄙な席しか買えないとなると、こりゃもうライブビューイングで見るのがいちばんいいってことになりそう。

2017-07-17

[]倍賞千恵子の現場

昨日、買った本。


倍賞千恵子「倍賞千恵子の現場」(PHP新書、920円+税)

http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-83660-7


さて、この手の本で必ず気になるあのこと、ですが。

巻末には、『編集協力=メディアプレス 片岡義博』とある。

片岡義博というと、2011年に「うまく書きたいあなたのための文章のそうじ術」という本を出している、元共同通信社のひとでしょうね。

そのときのプロフィールには、『1962年山口県生まれ。京都大学文学部卒。85年共同通信社入社。92年から本社文化部で芸能、学芸欄を担当。2007年退社してフリーに。専門学校で文章講座を担当するほか、人物ルポ、聞き書き、書評などを手がける』

とある。

たとえば、同じPHP新書の、

御厨貴「安倍政権は本当に強いのか 盤石ゆえに脆い政権運営の正体」

という本でも、編集ライターを務めた模様。

https://books.google.co.jp/books?id=gT_2xfrigqsC&pg=PA221&lpg=PA221&dq=%E7%89%87%E5%B2%A1%E7%BE%A9%E5%8D%9A&source=bl&ots=1wKISnrj_U&sig=-Yz61sSr7QXd5CYrAybMlND8XPQ&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjgxKXGnZDVAhXHS7wKHa7bCZM4ChDoAQghMAA#v=onepage&q=%E7%89%87%E5%B2%A1%E7%BE%A9%E5%8D%9A&f=false

[][][][][][]今夏の、8月25日(金)から8月27日(日)あたり 加筆・改訂版

今夏は、8月の最後の週末、8月25日(金)〜8月27日(日)が、子役の出演する舞台の公演ラッシュなので、ここで何を見に行くかで、観客(ファン)としてのスタンスを示せるかも?!

というこのエントリー(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170518/p2)の加筆・改訂版を作ってみた。

東京圏だけにして、歌舞伎や劇団四季も入れておいた。


「ライオンキング」ロングラン上演中

「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」(10/1まで)上演中

「にんじん」27日まで

歌舞伎座 八月納涼歌舞伎 27日まで

ままごと「わたしの星」27日まで

「向日葵のかっちゃん」23日〜27日

「ミレニアム桃太郎」23日〜27日

Mrs.fictions「15 Minutes Made Anniversary」23日〜27日

ブイラボミュージカル第3回公演「眠れぬ森の神女(ミジョ)」23日〜27日

「ダンスレボリューション〜ホントのワタシ〜2017」23日〜27日

「ニッキー」24日〜27日

「マリアと緑のプリンセス」24日〜27日

演劇ガール☆フューチャ 第2回公演「12人の噦く女子生徒」25日〜27日

ミュージカルスクエア「天使といた時」25日〜27日

Office FREE SIZE ジュニアミュージカル「リトルレンジャーズ」25日〜27日

あつぎ舞台アカデミー「ドリーム・ドリーム・ドリーム season7」26日〜27日



「ダンスレボリューション〜ホントのワタシ〜」って、前にもやってたよね。

http://www.punplanning.jp/?p=1758

翌週には、親たちに視点を移したスピンオフ「[番外編]ダンスレボリューション〜ソノトキのワタシ〜」を、同じ劇場(築地・ブディストホール)で上演。

http://www.punplanning.jp/?p=1759

この、パン・プランニングの主宰者って、劇団民藝の出身なのだね。

[]すずこここーすけ略してこここ! 早口言葉。罰ゲームは、変顔

すずこここーすけ略してこここ!

今回は、早口言葉。うまくいえなかったら罰ゲーム(変顔)。

D


原涼子ちゃんが着ている「それ行け!遅刻部」というTシャツが気になる。

2017-07-16

[]アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず! 第16話 響け!ヒカリのタンバリン

アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!(テレビ東京)

http://miracletunes.jp/

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/miracletunes/

7月16日(日)放送の、

第16話 響け!ヒカリのタンバリン

脚本:松井香奈
監督:横井健司


一ノ瀬カノン:内田亜紗香
神咲マイ:足立涼夏
橘フウカ:小田柚葉
白鳥アカリ:薄倉里奈
白鳥ヒカリ:西山未桜

柚原真弓:小野真弓
コジロー:大鶴佐助
澤登和也:匠

溝落健二:深水元基
根地替女史:鳥居みゆき
小村返博士:冨浦智嗣

ポップン(声):日野まり
ロッキー(声):平口茉悠子
くらのすけ(声):森優子
アルム(声):吉元れいか
ソプラ(声):森永千才

加藤衛 池田岳史

音羽響樹:山本浩司

鈴原雪江:雛形あきこ
音楽の女神:舞羽美海
魔王:ジェームス・ジラユ


今回は、5人がテクノジュエルを使って変身。
エレクトリック!

テクノジュエルでの変身は、ミラクルちゅーんず!が3人だったときに、一度あった(第11話)。

ゆず(柚原真弓)のアイドル時代は、「ジュエルガールズ♡まゆたん」ですって。

柚原マネージャーの過去にはどんなヒミツがあるのかな。


D

[]今日の観劇

今日は、これから、

「NINAGAWA・マクベス

また、子役のふんどしは、あるのかな?

13時開演、16時終演。

公演プログラムは、1500円。

[][]ハロー張りネズミ 第1話のクレジットなど

この件(→http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170714/p3)の追記として。


7月14日放送の、

金曜ドラマ「ハロー張りネズミ」(TBS)

第1話 代理娘

http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/guest/1.html

三本采香ちゃんが、かわいかった。バレエシーンもあったし、ニ役を演じて、見ごたえがあった。

(でもさ、いくら瀕死でも、母親がじつの娘とよく似た子どもをまちがえるとは思えないから、あれは、分かっていたよね。劇画が原作で、いかにも劇画っぽいストーリーだったけど)

三本采香ちゃんて、前から名前は見ていたけど、映画の「のぞきめ」と「惑う」を見て、やっと認識が充分になった。


子役のクレジットは、

川田美花/遥:三本采香


荒木優那 前野えま 千代利華 馬場宇凰 佐藤芽 石上ひなの 小熊莉々葉 星屋美羽 城所茉莉花 若林瑠海 森優太 前田一誠 諸原花夏 津野心琴 檜垣愛華 港琴梨


他に、バレエ関係のクレジットとしては、

バレエ監修:古関史子(プチリーナ)
バレエ練習曲:星美和
撮影協力:内藤瑠美バレエスタジオ


バレエ監修のひとは、古関史子バレエアカデミー(スタジオプチリーナ)主宰。

http://petierine.wixsite.com/petierine

星美和というひとは、バレエピアニスト。

http://hoshimiwa.jp/

2017-07-15

[]早稲田アカデミー 早稲アカブランドムービー

早稲アカブランドムービー「屋上」篇

D

出演:芦田愛菜


「図書室」篇

https://www.youtube.com/watch?v=665XwBkmu4Y

「バス」篇

https://www.youtube.com/watch?v=wgW3jFwsI4c

他に、メイキングも。

http://www.waseda-ac.co.jp/movie/brand.html

[][]カルテット・オンライン

最近、チケット販売に、この、カルテット・オンラインというのを使っているカンパニーとか増えてるの?

ここ↓がサイトみたいですね。
http://www.quartet-online.net/hp/index.html

以前、れんアカデミーの予約をこれでしたことがありました。(今回もそのようです)

予約の変更やキャンセルが出来るシステムのようですが、じっさいのところ、出来るのかな?

売切れになったとき、赤文字での『以下の公演は完売しました。』が、けっこう目立ちますね。


「リトルレンジャーズ」は、

http://officefreesize.com/index.html/aaeaefa/

カルテット・オンラインですが、発売日の翌日にアクセスしたら、すでに6ステージとも売切れてましたね。

「わたしの星」の

https://myplanet2017.amebaownd.com/

ままごと扱い分もカルテット・オンラインを使っていますが、すでに日程の半分以上で売切れになっている。

[]にんじんの仮チラシ

先日、サンシャイン劇場に行ったら、38年前の舞台写真を使ったという「にんじん」の仮チラシがまだ残っていたので、取って来た。

この写真のね。→http://natalie.mu/stage/gallery/show/news_id/237624/image_id/737079

チラシぐらいは、38年前のビジュアルで押し切っちゃえばよかったのに・・・

[]少女劇団いとをかし 第七回公演「 私と日記を巡る、いくつかの物語」

少女劇団いとをかし第七回公演

「私と日記を巡る、いくつかの物語」

脚本・演出:金沢知樹

9月2日(土)、3日(日)、川崎市アートセンター アルテリオ小劇場

両日共、12:30開演/16:30開演

全席指定4000円。

http://official.stardust.co.jp/ito-wokashi/


出演者:

小西はる 朝日奈芙季 杉浦さくら 牧内莉亜 渡辺梨世 きなこ 広井こころ 西田圭李 神山凛 美南早希 本庄風月 崎本紗衣

http://official.stardust.co.jp/ito-wokashi/member.html


今回は、長城祝華さんは、出ないのですね。早川あひるちゃんも、出演しない。石黒詩苑ちゃんも出ない・・・

[]スロウハイツの神様 (サンシャイン劇場)

キャラメルボックス2017サマープレミア

「スロウハイツの神様」

原作:辻村深月「スロウハイツの神様」上・下(講談社文庫刊)
脚本・演出:成井豊

7月12日(水)のステージを見た。

午後2時開演。終演は、4時13分ぐらい。


トーク&フォトブック(販売用パンフレット)が、3000円だった。ついこの前まで、2000円じゃなかったか。値上げした分なのか、版型も変にでかくなっていて、持ち運びにも収納にも不便そうだった。

ロビーには、見本が何冊もあるから、石森美咲さんのページの顔面パイ投げのところを立ち読みすればそれで充分かも。

3000円は、さすがに高い気がする。今夏の劇団ハーベストの割引チケットが、3000円だもの。

って、そもそも、キャラメルボックスのトーク&フォトブックは、「雨と夢のあとに」でしか買ったことがないけど。

GWの「スキップ」のときみたいに、物販でキャスト写真とか売ってるかと思って出かけたのに、そんなの何も売ってなくて、がっかり。劇中の衣裳の、石森美咲さんのセーラー服の写真が欲しかったな。そういうのを売ればいいのに・・・

舞台映像での新PR動画↓には、セーラー服姿が、ちょっとだけ映っている。

D


このお芝居って、桃花にクリスマスケーキを渡したサンタクロースも、駅にテレビを置いたのも、環が読めるように図書館に本を寄贈したのも、いずれも、コーキの天使ちゃんは環だと分かった公輝がしたことだったのだと環に気づかせる、

という結末には持って行けなかったのかな。そのことを環が知らないままでは、ふたりの関係のハッピーエンドが示唆されても、観客としてはなんとももどかしい。

たとえば、ほら、長谷川伸の「一本刀土俵入」は、駒形茂兵衛があのときの取的だと、お蔦が気づくから、見ていて感動が大きいのであって、もし、茂兵衛のことをお蔦が思い出さなかったら、茂兵衛の恩返しは一方的な親切になってしまいかねない。


[出演]

原田樹里(赤羽環) 大内厚雄(千代田公輝) 木村玲衣(加々美莉々亜) 小林春世(森永すみれ) 石森美咲(赤羽桃花) 岡田さつき(芦沢光、山本虹絵、赤羽永久子、司書) 元木諒(五十嵐健人、駅員、警官、秘書) 石川寛美(赤羽滋子) / ゲスト:玉置玲央(狩野壮太) 松村泰一郎(長野正義) 森山栄治(黒木智志)


帰りには、宮城ふるさとプラザに立ち寄って、萩の月を買った。今回の萩の月の販売は、7月17日まで。

2017-07-14

[]ハロー張りネズミ 第1話

今夜10時から放送の、金曜ドラマ(TBS)

「ハロー張りネズミ」第1話

http://www.tbs.co.jp/hello-harinezumi/guest/

遥:三本采香

『幼い頃に両親を亡くし、児童養護施設「あかつき園」へ身を寄せている孤児。』

[]父・福田恆存

この本、おもしろそう。

7月28日発売。

福田逸「父・福田恆存」(文藝春秋、2000円+税)

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163906881

『没後二十余年、初公開資料で大岡・吉田・三島ら「鉢木会」の交わりから晩年の父子の軋轢までを率直に描ききった追想録。』

[]彼の娘

こんな本が出ますね。8月25日発売予定。


飴屋法水「彼の娘」(文藝春秋、2400円+税)

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163906966

『演劇界の鬼才が描く、異色の子育て小説

四十五歳で初めて父になった彼が、謎だらけのこの世界で、娘とともに考え、悩み、笑い…。』

2017-07-13

[][]アリスのクラシックコンサート「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」 名古屋、福岡公演

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2017

アリスのクラシックコンサート ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行

http://famifes.nissaytheatre.or.jp/info/2017_info/alice/index.html

過去ログのこれですが、

 →http://d.hatena.ne.jp/kamuro/20170502/p1

日生劇場公演の残席は、すでに僅少となっていて、公演回や席種によっては売切れてもいるようです。


で、今年は、この舞台、日生劇場のあとに、名古屋と福岡でもやるのですね。

オーケストラは地元のオケが演奏、バレエダンサーも地元のバレエ団から出演。

モーツァルト役の子役は、名古屋公演が、岩間凛さんと原田礼さんのコンビ、福岡公演が、伊集院茉衣さんと河野ゆりさんの出演となっている。


日生劇場ファミリーフェスティヴァル2017
不思議の国のアリスのクラシックコンサート
「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」

7月29日(土)11:00開演/15:00開演 愛知県芸術劇場大ホール

上演時間:約2時間(休憩1回を含む)

指揮:岩村力
管弦楽:愛知室内オーケストラ

[出演]

鵜木絵里(アリス/ソプラノ) 宮本益光(ウサギ/バリトン) 宮谷理香(ショパン/ピアノ) 加藤昌則(加藤先生/ピアノ) 早矢仕友香(バレエ/松岡伶子バレエ団) 岩間凛(モーツァルト) 原田礼(モーツァルト) 長谷川初範(ベートーヴェン)

全席指定 S席(1・2階席)3500円 子ども2000円、A席(3階席)2500円 子ども1000円
※子ども料金は中学以下対象

http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/syusai2017/detail/170729_alice/


日生劇場ファミリーフェスティヴァル2017
不思議の国のアリスのクラシックコンサート
「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」

8月5日(土)14:00開演 福岡シンフォニーホール

指揮:岩村力
管弦楽:九州交響楽団

[出演]

鵜木絵里(アリス/ソプラノ) 宮本益光(ウサギ/バリトン) 宮谷理香(ショパン/ピアノ) 加藤昌則(加藤先生/ピアノ) 田中ルリ(バレエ/田中千賀子バレエ団) 伊集院茉衣(モーツァルト) 河野ゆり(モーツァルト) 長谷川初範(ベートーヴェン)

一般 S席3000円(子ども1500円)、A席2000円(子ども1000円) ※子どもは4歳〜高校生

https://www.acros.or.jp/r_event/event_detail.php?event_id=9262


福岡公演は、まだチケットはあるみたい。

[以下補記(リンク)]

https://www.facebook.com/Nissaytheatre/posts/534446580013146
https://www.facebook.com/Nissaytheatre/posts/541307852660352
https://www.facebook.com/Nissaytheatre/posts/539368512854286(衣装合わせ)

[]シークレット・ガーデン

2018年6、7月に、シアタークリエでの上演が発表された、

ミュージカル「シークレット・ガーデン」

http://www.tohostage.com/secretgarden/

脚本・歌詞:マーシャ・ノーマン
音楽:ルーシー・サイモン
演出:スタフォード・アリマ

[出演]

石丸幹二 花總まり
石井一孝 昆夏美 松田凌
石鍋多加史 笠松はる 上野哲也
大田翔 鎌田誠樹 鈴木結加里 堤梨菜 三木麻衣子 他


「他」というのが、子役かな。

この、ミュージカル「シークレット・ガーデン」は、前に、ジュエリーキッズが「秘密の花園」として上演したのと同じ作品ですね。

これ。→http://jw-kids.jp/blog/2015/05/secretgarden/


来年の東宝は、「ファン・ホーム」「1789」「モーツァルト!」「シークレット・ガーデン」と、子役が活躍する舞台が続きます。

[][]チケット余話

「ハロースクール、バイバイ」

いったん、5ステージ全部が売り切れになったが、その後また、チケットが出て来た。これを書いている時点で、千秋楽以外の4ステージが販売中。

大稽古場での上演で、チケットの売れ行きがよかったから、座席数を増やしたか、それとも、キャストや関係者用に回っていたチケットの余りが一般売りに出て来たのか・・・

後から出て来るのなら、別の日にしたかった。


某ミュージカル

主催の事務局にチケットを申し込んだが、ちっともチケットが送られて来ない。先にチケットを送るので、届いたら代金を振り込んでってことだったのに。何年か前に申し込んだときには、すぐにチケットが届いたから、いまだに来ないのは、忘れられちゃってるのだろうな。(郵便事故や誤配達の可能性がゼロとはいえないけど)

まさか、見に来られては迷惑だから、わざとチケットを送って来ないってことはないだろう。全くの一般客の私のことを、先方が認識しているはずもないし。

他にも見たい舞台はあるから、送って来ないなら、このまま縁がなかったことにしてもかまわないのだけれど・・・

[][]ミュージカルの匠をたどって

7月3日付から、朝日新聞夕刊に連載中(山口宏子署名記事)の

ミュージカルの匠をたどって

は、ネットでも読めたのだね。(ただし、全文を読むにはログインが必要)

スタッフや、舞台を支える仕事に注目した内容。

第1から3回は「レ・ミゼラブル」、第4から6回は「ライオンキング」、

昨日(7月12日)付の第7回からは「ビリー・エリオット」を取り上げている。
http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13033180.html

2017-07-12

[][]ドリーム・ドリーム・ドリーム season7〜なんてったってアイドル

平成29年度厚木シアタープロジェクト あつぎ舞台アカデミー公演

「ドリーム・ドリーム・ドリーム season7 〜なんてったってアイドル〜」

総指揮:横内謙介、ダンス振付:ラッキィ池田 彩木エリ、歌唱指導:上野まり子

出演:あつぎ舞台アカデミー

8月26日(土)18:00開演
8月27日(日)13:00開演

厚木市文化会館 小ホール

全席指定 1000円

http://atsugi-bunka.jp/events/shusaijigyo/2017/08_26_463.php


今年は、サブタイトルが『なんてったってアイドル』。なんだか、おもしろそう!

ところでさ、大谷穂乃佳ちゃんて、昨夏は「ココ・スマイル7」に出演していて、あつぎ舞台アカデミーの公演は出番が少なかったけど、今夏は、これオンリーなのかな?(今夏は他の舞台には名前を見かけないけど) 昨年は、「ココ・スマイル7〜夏色のマイソング〜」「ドリーム・ドリーム・ドリーム season6 〜ビューティフル・ネーム〜」に出演して、そのあと、年明けの今年1月には、横浜市民ミュージカル「おさん伝説〜遥かなる時をこえて〜」に出て、3月は、シアターボアベール「春の夜の夢」と、立て続けに舞台出演していた。

なかでも、「おさん伝説」は、1回目にメインのノップ役だったので、森心桜ちゃん、晴桜ちゃん、松本わかなちゃん・・・といった名だたるキャストと同じステージで主要な役を務めていたことが記憶に新しい。

-------

横浜市民ミュージカル(中区民ミュージカル)関連のエントリー
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/searchdiary?word=%C3%E6%B6%E8%CC%B1&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail

2017-07-11

[]The 清里フィールドバレエ 28th

The 清里フィールドバレエ 28th

http://www.moeginomura.co.jp/FB/

http://www.moeginomura.co.jp/FB/poster2.pdf


清里フィールドバレエって、とくに、ここ数年は、主役を踊るダンサーが多彩になっている印象。

小野絢子&福岡雄大は今年も出演するし、すっかり主役になった佐々木万璃子のジゼルはもちろん、(佐々木万璃子世代よりもうひとつ下の世代になる)川口まりが主役を踊るシンデレラというのも注目だろうし、それに、下村由理恵のジゼルと芳賀望のアルブレヒト(といえば、芳賀バレエの公演だか発表会でも全幕が上演されていたよね)。


期間中には、主役を踊るダンサーのトークショーもやるのだね。
http://www.moeginomura.co.jp/FB/talkshow.html


これ↓は、昨年の清里フィールドバレエのドキュメント動画らしい。

D

[]劇団夜想会「めぐみへの誓い−奪還−」

政府拉致問題対策本部主催 拉致問題啓発舞台劇公演

「めぐみへの誓い-奪還-」

劇団夜想会のサイトに、
http://yasokai.world.coocan.jp/news.html

9月から、来年2月までの上演予定が出ている。

9月7日(木)に、東京・板橋区立文化会館 大ホール

その後、10月に佐賀県伊万里市、広島県広島市、11月に秋田県横手市、12月に福井県小浜市、宮城県多賀城市、2月には沖縄県宜野湾市。

主な出演: 原田大二郎(横田滋役)、石村とも子(横田早紀江役)、森本優里(横田めぐみ役)、山崎尚子(田口八重子役) 他夜想会メンバー

[][]スマイルモンキーのプロフィールページ

高丸えみりちゃんのプロフィール写真が、かわいくなった。さすがに、子タレ事務所。

http://www.smile-monkey.com/talent/takamaru_emiri/

ショートカットで、豊嶋花ちゃんっぽい感じだね。

[][]新しい御園座で、「モーツァルト!」

建て替え中の、名古屋・御園座が、2018年4月の新開場こけら落とし公演と、新開場後のラインアップを発表した。

http://www.misonoza.co.jp/images/170710kokeraotoshi1804.jpg

こけら落とし(4月)は高麗屋の襲名披露、5月はワンピース歌舞伎、6月は滝沢歌舞伎、7月は舟木一夫公演、8月がミュージカル「モーツァルト!」と志村魂

http://www.kabuki-bito.jp/sp/news/4179

新開場する御園座は、『客席数は1,302席、花道使用の場合は1,222席を予定、人間工学に基づき、長時間の観劇にも疲れにくい椅子が採用されます。バリアフリー化はもちろん、名物の土産物なども存続させ、客席での飲食も可能になります。また、2階には演劇図書館が併設されます。』


座席数は、以前の御園座よりも減りましたね。

花道は撤去可能とのことで、「モーツァルト!」のときは、花道なしでしょう。

御園座「モーツァルト!」のチケットは、A席15000円、B席12000円、C席9000円。

2017-07-10

[]隣人のゆくえ あの夏の歌声

山口県の梅光学院のミュージカル部の女の子たちが出演している映画らしい。

この映画、絶対見たいね。


D

「隣人のゆくえ あの夏の歌声」

監督:柴口勲

出演:正司怜美 福田麗 岡本ゆうか 江藤心愛 吉岡玲 平島咲良 岩本光里 植田朱音 貞金あすか 大下華香 梅光学院ミュージカル部

上映時間 77分

https://rinjinyukue.wixsite.com/rinjinnoyukue


東京での上映は、K's cinemaで、8月12日(土)から、連日1回(12:30〜)。※8月26日(土)から上映時間変更予定

http://www.ks-cinema.com/movie/rinjinnoyukue/

[]横浜三塔ねこ物語

横浜市民こどもミュージカル

「横浜三塔ねこ物語」

脚本・演出:万田祐介
音楽:Pi坊
振付:滝沢和貴
歌唱指導:土屋友紀
振付指導:高見沢まり乃

7月29日(土)17:00開演
7月30日(日)11:00開演/15:00開演

関内ホール 小ホール

全席自由 一般1800円、高校生以下1200円


D


1月の、神奈川県地劇ミュージカル公開コンペで途中まで上演された「横浜3塔ねこ物語」の完成版、になるのかな。

-------

横浜市民ミュージカル(中区民ミュージカル)関連のエントリー
http://d.hatena.ne.jp/kamuro/searchdiary?word=%C3%E6%B6%E8%CC%B1&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail

2017-07-09

[]アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず! 第15話 新生・ミラクルミラクルの記者会見

アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!(テレビ東京)

http://miracletunes.jp/

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/miracletunes/

7月9日(日)放送の、

第15話 新生・ミラクルミラクルの記者会見

脚本:藤平久子
監督:西海謙一郎


一ノ瀬カノン:内田亜紗香
神咲マイ:足立涼夏
橘フウカ:小田柚葉
白鳥アカリ:薄倉里奈
白鳥ヒカリ:西山未桜

柚原真弓:小野真弓
コジロー:大鶴佐助
澤登和也:匠

溝落健二:深水元基
根地替女史:鳥居みゆき
小村返博士:冨浦智嗣

ポップン(声):日野まり
ロッキー(声):平口茉悠子
くらのすけ(声):森優子
アルム(声):吉元れいか
ソプラ(声):森永千才

三輪江一 朝香賢徹 吉田芽生

氏田哲也:大堀こういち

音楽の女神:舞羽美海
魔王:ジェームス・ジラユ


ミラクルちゅーんず!が5人体制になったので、今回から、タイトルバックも5人に。エンディングは、5人による新曲に変わった。

ミラクルちゅーんず!への変身や、フィニッシュも5人バージョンに。

アカリ、ヒカリのキャストクレジットの位置も、今回から、5人並びでトップになった。

魔王に奪われたサウンドジュエルは、48個ですって。ということは、この番組、1年間やるってことなのかな?

芹沢ユンタ(笹原尚季)、ルドルフ・レイン(ナイトアンドリュー)、玉川エリナ(須田琥珀)の3人が出て、セリフもあったのに、キャストクレジットには名前がなかった。

・・・ってことで、悪いハートをチューニング!

[]すずこここーすけ略してこここ! そうめんスライダー

すずこここーすけ略してこここ!

ビッグストリームそうめんスライダーエクストラ

D


流しそうめんのおもちゃなんてあったんだ。タカラトミーだね。
水が循環しているというのがすごい・・・

[]坊っちゃん劇場「52days〜愚陀佛庵、二人の文豪〜」

坊っちゃん劇場(http://www.botchan.co.jp/)の東京公演なんて、あるんだ。以前にも、あったの?


ミュージカル「52days〜愚陀佛庵、二人の文豪〜」

脚本・演出:石田昌也(宝塚歌劇団)
音楽監督・作曲:玉麻尚一
振付:尚すみれ

9月27日(水)19:00開演
9月28日(木)14:00開演/17:30開演

新宿文化センター 大ホール

S席7500円(前売 7000円)、A席6500円(前売6000円) ※高校生以下は各3000円引き、障がい者割引は各1000円引き


http://news.botchan.co.jp/?eid=286(公演情報)

http://www.botchan.co.jp/52days/index.html(52days)

[]キャラメルボックスは、なぜ昼公演を増やさないの?

加藤昌史コラム」

http://www.caramelbox.com/stage/slowheights-no-kamisama/column.php

を読んだら、こんなことが書いてあった。


『2011年の震災後に来場者数が激減して公演規模を縮小せざるを得なくなり、ついに今公演では大阪公演を断念するなど、厳しい運営を迫られている』

『近畿方面のみなさんにはちょっとショックなことをご報告しなければなりません。
諸事情から、今回の夏の公演を26年ぶりに東京だけにさせていただいたのですが、実は今冬のクリスマスツアーも、現時点では東京しか会場が押えられていません。昨年後半からなんとかできないものかとホールを探し続けてきておりますが、現時点では開催のメドが立っておりません。』


演劇集団キャラメルボックスって、震災後はずっと、平日の夜のチケットの売れ行きがよくないよくないといい続けているにもかかわらず、昼公演を増やそうとはしないよね。

いま上演中の「スロウハイツの神様」にしても、平日の昼公演は期間中1ステージのみ。休日ならお客さんの入りが見込めるだろうに、日曜日に2回公演を組まないのも、不思議。

平日は、夜公演を減らして昼公演を増やし、日曜日も、土曜日と同じように2回公演にすればいいのに。なぜそうしないのかな。(日曜日も2回公演あれば、リピートしたいひとにも好都合では?)

劇団四季だって、むかしは、平日は夜公演が多くて、平日の昼は週に1回か、たまに2回あるぐらいで、一時期は、平日の昼公演をウィークデーマチネと称して割引料金まで設定していたこともあった。それが、いまではすっかり、平日も含めて、昼公演のほうが多くなった。

クラシック音楽方面でも、最近は、昼公演の需要に気づいて、昼の演奏会の企画が増えて来ているとのことなのに。

キャラメルボックスは、どうして、そうしないの?

昼1回公演のときの開演が、14時に設定されているのも、13時開演にしたらいいのに。
13時開演なら、キャラメルボックスの舞台は、カーテンコールを含めて2時間ちょっとだから、15時過ぎに終わる。これなら、16時30分開演や、17時開演の別の舞台とマチソワする予定も立てやすい。あるいは、買い物などするにしても、時間に余裕がありそう。