Hatena::ブログ(Diary)

十七段雑記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017.7.25 (Tue)

江波光則 『屈折する星屑』 (ハヤカワ文庫JA)

屈折する星屑 (ハヤカワ文庫JA)

屈折する星屑 (ハヤカワ文庫JA)

何も起きないと思っていた。何かを起こさなければやっていられないと考えていた。

暴走を繰り返し薬物と酒に酔い、また暴走して燃やし尽くさなければ何一つ愉しくも何ともない憂鬱だけが支配している世界だと思っていた。それほど世界は甘くなかった。起きる時は起きてしまう。

それが今のこの有様で、そして今の俺は酩酊病どころか、ただの間抜けに過ぎなかった。

no title

ここは太陽系に浮かぶ廃棄指定済の円筒形コロニー.ここで生まれ育ったヘイウッドとキャットはホバーバイクにまたがり,5つの人工太陽と円筒形の地面への命知らずのチキンレースを繰り返していた.鬱屈した毎日を送る彼らの前に,火星から亡命してきた軍人ジャクリーンが現れ,停滞したコロニーが動きはじめる.

“地球に落ちて来た男、デヴィッド・ボウイに捧ぐ。”.読み終わって帯を見返すまで気づかなかったのだけど,固有名詞のほとんどはデヴィッド・ボウイから取っているのね.おそらくストーリーもリスペクトしているんだろうけど,自分にはほぼわからない.申し訳ない.

何もない片田舎での,恋人とバイクだけにかまけていた日々が,外から現れた人間によって終わりを告げる.王道の青春グラフィティだと思う.円筒形コロニーという,使い古されたモチーフがまた雰囲気を出している.しかし,ちっぽけで古びた世界が打ち破られる変化やカタルシスより,どうしようもないやるせなさが全体にまとわりついている(読めば理由はわかるけど).わかりやすいけど単純ではない,鬱屈した行動原理が本当に息苦しい.王道で,良い青春グラフィティだと思います.

2017.7.23 (Sun)

縹けいか 『異世界監獄√楽園化計画 ―絶対無罪で指名手配犯の俺と〈属性:人食い〉のハンニバルガール―』 (ダッシュエックス文庫)

「人として生きる以上、調和は大切だ。人間は個体として見れば非常にか弱く、弱肉強食の世界ではとうてい生き抜けない存在――のはずだった。しかし生き抜き、進化をしたのだ。それは人類に“協調性”という、他の動物にはない能力が備わっていたからだ。人間は協力し合わなければならない。社会を形成しなければならない」

「なら、人類を進化させた“協調性”や“社会”が、これから人類を滅ぼすと予言してあげるよ」

「……なるほど、よくわかった。君は天才かもしれないが、とても愚かだ」

異世界監獄√楽園化計画 ―絶対無罪で指名手配犯の俺と<属性:人食い>のハンニバルガール― (ダッシュエックス文庫) | 縹 けいか, Mika Pikazo |本 | 通販 | Amazon

記憶喪失の少年,トウは,気がつくとどこかの闘技場のような場所にいた.ここは様々な世界の凶悪犯罪者を収監した異世界監獄サクラメリス.トウは「史上最悪の指名手配犯」として,ここに囚われることになったのだという.

ここにいるのは人食い少女,殺人鬼,剣豪,聖女,大泥棒.異世界の交差点である監獄に隠されたとある事実について.大罪人の名前を持った異能力だったり,監獄を中心に形成された異世界の街だったり,オーソドックスでありつつ,いろいろと詰め込もうとしているのがなんとなくわかる.根幹に関わる大掛かりなトリックはミステリ的で面白いのだけど,意外とあっさりとすませた感があってちょっともったいない.嫌いではないけど,尖った長いタイトルのわりには印象が薄い作品ではありました.

2017.7.22 (Sat)

日日日 『狂乱家族日記 番外そのきゅう』 (ファミ通文庫)

「周りをよう見ぃ――なぁんか、おかしなことになってるねんけど?」

その言葉に嫌な予感をおぼえ、僕は上体を起こし、あらためて周囲を眺めました。

そして絶句します。

僕たちは、見覚えのない、白一色の狭苦しい密室のなかにいました。

賽も人生も投げられた!

アニメDVDの特典小説,Web掲載まとめに,書き下ろしの後日譚を加えた,最後の番外編にして本当の最終巻.凶華と凰火の子供である乱崎十周年(でぃけいど)と死神四番こと小紅のその後を描いた「狂乱家族だった、僕たちへ」が良かったかな.お約束のようにギャグとしっとりとが詰め込まれた,集大成みたいな短篇.全24冊,お疲れ様でした.

2017.7.21 (Fri)

冲方丁 『テスタメントシュピーゲル 3 下』 (スニーカー文庫)

あたし達は大丈夫だ――あたし達は、実際のところ何も奪われちゃいない。

何も奪わせやしない/くそったれどもが奪ったと思っているもの全て――取り戻してやれ

このろくでもない地の底を這って――あたし達に何が出来るかどこまでやれるかどんな場所に辿り着けるか――とことん見せつけてやるんだ

まだ保たれているつながり――その全てを力に変えて暗闇を這った。

さあ進め――とことん前へ――泥まみれで這いつくばって進み続けろ

テスタメントシュピーゲル3 下 (角川スニーカー文庫) | 冲方 丁, 島田 フミカネ |本 | 通販 | Amazon

2016年,ミリオポリス.6人の機械化少女たちの戦いがついに決着を迎える.

オイレンシュピーゲル」,「スプライトシュピーゲル」から始まった物語が10年をかけて,現実の時間を追い越した.シリーズ完結.とうとう6人が揃ったMPBとMSSが戦火に燃える街を駆ける.涼月の「あたし達は大丈夫だ」という言葉が頼もしくて涙が出る.打ちのめされた彼ら彼女ら,それぞれが何かをつかみ取り,未来への道筋を見つける.まさに大団円であり最高のカタルシス.理想的な結末と言えるのではないでしょうか.全員が救われてほしい,とこれほど思える物語もそうそうないと思うし,それをやり遂げた,という.皆も追いかけてみるといい.今からでも遅いということはないさ.

2017.7.17 (Mon)

ツカサ 『銃皇無尽のファフニールXIV レインボウ・ピース』 (講談社ラノベ文庫)

私は――本物のドラゴンになれるかもしれない。

銃皇無尽のファフニール14 レインボウ・ピース (講談社ラノベ文庫) | ツカサ, 梱枝 りこ |本 | 通販 | Amazon

世界を飲み込まんとする第九災厄こと,“終焉”のアンゴルモアがとうとう姿をあらわした.その決戦前夜.

そろそろ区切りが近いであろう,シリーズ第14巻.いつも思うことではあるけど,ハーレム場面とそれ以外の場面の乖離が激しい,というか極まった感がある.決戦前夜のツイスターゲームにそんなにページを割かなくてもいいのよ……みたいな.そしてツイスターゲームの最中に謎の爆発音,シリアスなシーンへ,ってそれはギャグではないのか,という.本筋がなかなか頭に入ってこなかった.そういう意味でもクライマックスが近いのかもしれない.とりあえずあと一冊,見守りたい所存です.