ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

川柳日記 一の糸

2017-11-12

仙台etc.

00:15

f:id:kanae0807:20171103144511j:image


早いもので、川柳杜人創刊70周年記念句会・山河舞句追悼句会からもう一週間が過ぎました。

主だった人のブログはすっかり杜人の句会のことを書き終えています。

遅ればせながら11月3日から5日までのこと、書きますね。

11月3日、ねじまき句会から参加される丸山進さん、青砥和子さん、

なかはられいこさん、瀧村小奈生さんと待ち合わせのホテルへ。

今回は、青砥たかこさんもとい青砥和子さんのご尽力により、

ねじまきの皆さんと同じホテルに宿泊できました。

和子さん、本当にありがとうございました。

ホテルで合流して、仙台るーぷるバスで瑞鳳殿の見学。

ここは仙台藩伊達政宗公を始めとした伊達家三藩主の霊屋です。

まだ紅葉には少し早かったものの、秋の樹の匂いが濃厚に立ち込めていました。


f:id:kanae0807:20171103034436j:image

その次は土井晩翠が晩年を過ごした「晩翠草堂」へ。

どこかなつかしい落ち着いたたたずまいに土井晩翠の人となりが

偲ばれます。


f:id:kanae0807:20171103071259j:image

そうこうしているうちに、前夜祭の時間です。

賑やかで美味しい時間が過ぎていきます。

画像はこのあたりの名物、腹子飯。ぷりぷりのイクラが絶品。

たまたまですが、わたしとれいこさんが一緒の席になったお方は、

佛渕雀羅さんとおっしゃって連句の世界ではとても著名な方なんだそうです。

(杜人では水本石華さんというお名前で川柳も書いています)

連句と聞いて、怖いもの知らずの私は恐る恐る連句のお願いをして、

小奈生さん、和子さん、れいこさんとともにホテルのお部屋に伺ったのでした。(わおっ!)

それの面白かったこと面白かったこと!

連句はネットで2,3回ほど巻いたことはありましたが、実際に膝を突き合わせての

ことは初めてだったので、雀羅さんの捌きの巧みさにすっかり魅了されてしまい、

終わってホテルに帰ったあともその興奮覚めやらずで、その夜はとうとう一睡も

できませんでした。次の日は本番の句会だというのになんということでしょう

でもいいんです。すごくいい時間だったから。

雀羅さん、本当にありがとうございました。


f:id:kanae0807:20171103235755j:image

さて、いよいよ句会です。

会場でまず目に入った山河舞句さんの遺影。

去年お会いした時に、今日の句会のことをお話ししていらしてたのにと

思うと、残念でなりませんでした。

舞句さんの遺影を飾っているお花は、森中惠美子さんから送られたものだそうです。

舞句さんの優しい微笑みによく似合っていました。


f:id:kanae0807:20171103235921j:image

席題です。

白いねこ!

思わず「ななちゃん!」と心の中で呼びかけてしまいました。


f:id:kanae0807:20171104020835j:image


句会はお料理をいただきながらと言う、今まで経験したことのない

方式で、最初はちょっと戸惑いましたが、お料理が進むにつれて、

なるほどこういう形もありだなと思うようになりました。

披講が終わってお料理をいただくというのが今までの句会、大会の在り方でしたが、

もし自分の成績があまり芳しくなかったら、お料理の味がどこかにいって

しまうこともあるでしょう。

でも、今回はたとえ思ったような成績でなくても、お料理で緩和されるのではないかと

思ったからです。

画像は今ブレイク中の芹鍋。

根っこが入っているのが特徴です。

f:id:kanae0807:20171104031155j:image

桜エビの混ぜご飯、香ばしくて美味しかったなぁ。

ほかにもたくさんあったけれど、これで我慢してください。(笑)

f:id:kanae0807:20171104020950j:image

私の座った席はねじまき句会のみなさんと一緒でした。

凛さん、桐子さん、啓子さんは特選賞をget。

啓子さんは二つもgetして拍手喝さい。

当日は事前投句で、投句者とその作品が予めプリントアウトされて配られたので、

じっくりと確かめることができました。

詳しい結果は発表誌を待つことにして、主だった人の句を

少し紹介させてください。


ナフタリンだったところが優しいの   瀧村小奈生

ビロードで出来ている姉さんの寝息   酒井かがり

くず餅のぷるん雌馬の鬣   くんじろう

去勢した犬が優しい嘘をつく   月波与生

とっぷり日が暮れ誰よりも樹木希林   守田啓子

東京タワー こひびとよりもなつかしき  高橋かづき

持っている赤と待っている秋へ   なかはられい

晴れているだろうか待っているだろうか   青砥和子

首すじを空席のまま通過中   松山芳生

招待はコントラバスな湿度から   岩田多佳子

核の傘真下にパシリ用の椅子   滋野さち

海のとなりの席一冊の絵本  妹尾 凛

ハッシュタグの海へ溺れてしまいそう   平尾正人

歩道橋の上から僕を呼ばないで   須田隆行

昼寝する前はジプシーだったのに   樋口由紀子

歌舞伎町にて海峡の霧を売る   水本石華

唐辛子真っ赤になって待っている  浮 千草

弟の空が壊れるまで眠る   加藤久

待針を刺して目鼻といたします   佐藤みさ子

バス代はキャッシュで払うおばあさん   鈴木節子

選外のところでじっと待っている   鈴木せつ子

メロンパンみんな優しい人ばかり   都築裕孝

雨上がりの虹と忌野清志郎   丸山あずさ

皆さんと言われ皆さん的になる   丸山 進

デリケートゾーンに迷い込む ららら   浪越靖政

ほしかったのは桃缶の缶の味   八上桐子

座りなさい空気を入れてあげるから   広瀬ちえみ

水の匂いだと気がつくまでのそのちょっと   かなえ


参加者名簿と照らし合わせて書いたのだけれど、間違っていたら

すみませんがご連絡ください。


f:id:kanae0807:20171104043849j:image

閉会の挨拶のちえみさん。

時々言葉に詰まったような感じがあって胸を打たれました。


f:id:kanae0807:20171110110423j:image


今回の句会で高橋かづきさんのフォト句集

「ふあんのふ ふしぎのふ」をいただきました。


f:id:kanae0807:20171110110513j:image


自転車にはじめて乗れた日のように   かづき


大好きな句です。初心に戻ろうとは思わないけれど、

初心は忘れたくありません。初めて自転車に乗れた日のドキドキした

気持ちはいつまでも宝ものです。

迷ったりしたときにこの句をそっと心に転がしています。

句集購入をご希望の方は

〒981-3213 宮城県仙台市泉区南中山2−7−5 広瀬ちえみさんまでどうぞ。



句会のあとの懇親会も終わりカラオケへ。

予想通りくんじろうさんオンステージでしたが、

f:id:kanae0807:20171104085345j:image

この方、「長い夜」を熱唱。


f:id:kanae0807:20171104090428j:image

そしてれいこさんまでもがマイクを握ったのでした。

長い付き合いになりますが、こういう姿を見たのは初めて。

曲は山口百恵の「夢先案内人」。可愛かったよー。

画像、緊張のあまり手がぶれてしまってごめんなさい。

仙台の夜はこうして激しく熱く終わったのでした。

ちえみさん、杜人の皆様お世話になり、

楽しい時間を本当にありがとうございました。

お疲れ様でした。

f:id:kanae0807:20171104214759j:image

さて、いよいよ仙台最終日。

この日は前日に突然決まった宮城県立美術館吟行。

画像は企画展フィンランドデザイン展の入り口。

メンバーはれいこさん、小奈生さん、桐子さん、私の4人。

結果はねじまきのブログをごらんください。

http://nezimakiku.exblog.jp/

まさかエゴン・シーレ松本竣介の絵がみられるとは

思わなかったものだから、もうひたすら感激。

今もときどき思い出してはにっこり。

一生の思い出になりました。

連句、川柳川柳にまみれての仙台2泊3日の旅でした。

さあ、次はどこで遊ぼうかと今からいろいろと画策中。


f:id:kanae0807:20171021144614j:image

そうそう、10月のカモミールのこと。

今回の席題は「クレヨン」。

自然のものを原料にして作ったクレヨンだそうで、

見た目はちょっと地味だけど優しい色合いですよ。


多いねぇ悲劇のヒロイン(自称)  潤子

混ざり合ったぶつかり合ったタンポポの綿毛   啓子

人の心が見えないパントマイムは荒野   静

2Kに婆ちゃん一人鬼ぐるみ   さち

もう少し経ったらみんなふきのとう   かなえ


この次のカモミールは吟行です。


時       11月23日(木・勤労感謝の日)

場所      十和田市現代美術館(句会会場は受付の方にお聞きください)

開会      13:00〜 

投句締め切り  13:30

会費      500円

入場料     お得なセット券1000円(企画展常設展

企画展600円

常設展510円

      (個人負担)

閉会      16:30?17:00?

 ※13:00までに各人で現代美術館を見学し昼食を済ませて下さい。

ご参加をお待ちしております。

あまり寒くならないことを祈るばかりです。

ご参加いただける方は(09029987277)までご連絡ください。


f:id:kanae0807:20171113001234j:image


えーっと、今回のネコ達は珍しく4人そろい踏みの一枚。

私が仙台に行っているときのもの。

みんな今か今かとちゅーるを待っています。

欲しいものがあるときのひたむきな目は、

なんとけなげでうつくしいことでしょう(ただしネコに限ります)

みんな、おるす番ありがとネ。


今日の美味しいもの。

吟行のあと仙台で食べたお昼。

偶然見つけたてんぷらのお店。


f:id:kanae0807:20171105011133j:image

れいこさん達の天丼


f:id:kanae0807:20171105011149j:image

私は仕上げに天茶も出来る天丼

それぞれに大満足のおいしさでした。

浪越靖政浪越靖政 2017/11/13 10:28 北海道へ戻ってから雑用に追われて、ようやく少し落ち着きました。
ブログ楽しく読ませていただきました。
杜人記念句会ご苦労様でした。
素晴らしい句会でしたね。かなえさんとも久し振りにお会できたし…。
またお会いできたら幸いです。

たかゆきたかゆき 2017/11/13 15:23 いや〜、豪華なメンバーの座を巻いたんですね。
知らなかったとはいえ、連句・・・かなり怖じけてしまいます。
4匹の猫のうったえる目線がいいですね。

かなえかなえ 2017/11/15 00:19 >靖政さん、こんばんは。
杜人の句会でお会いできてこちらこそうれしかったです。
いつも優しいお心遣い、本当にありがとうございます。
杜人記念句会、いい句がたくさん聞けてとても充実の時間でしたね。
参加者の方々も日本全国からで、お会いしたかった方とお会いできたりして
楽しかったです。
それにしても5日の朝のまさかの遭遇、それもまるで示し合わせたかのように
二度もお会いしたのにはびっくり!
これはきっとこの次にお会いできるもそう遠いことでないという、
神様の思し召しかもしれませんね(笑)
この次はどこでお会いできるかわかりませんが、
その日を楽しみにしております。
北海道はそろそろ本格的な冬ですね。
どうか、お体にお気をつけなられまして、
いっそうのご活躍をお祈りいたします。

コメント、ありがとうございました。

では、またおんでなんせ♪


>たかゆきさん、こんばんは。
仙台ではあまりお話できませんでしたが、
お元気そうで何よりです。
連句、難しいですよね。
でも、雀羅さんの捌きが素晴らしくて初心者の私でも安心して
取り組むことができました。
雀羅さんに弟子入りしたいくらいにファンになりました(笑)
機会があったらまた巻きたいなと思っています。

ネコ達の目、いいでしょ。みんなちゅーるが大好きで
「ちゅーるだよー」と言うとこんな風に集まってきます。
たかゆきさんのところのくにこさんもお元気そうですね。
また、ブログで近況を教えてください。

それでは23日、お待ちしております。

コメント、ありがとうございました。

では、またおんでなんせ♪

2017-10-31

9月と10月 ご報告

02:26

f:id:kanae0807:20170903061316j:image


9月も10月もすっ飛ばしてしまいました。

お芝居が10月14日、15日にありまして、今回私はキャストでは

ありませんでしたが、制作及び小道具というスタッフで頑張りました。

昭和の小道具探し、本当に大変でしたー!

まあ、お芝居のことはあとで書くということにして

すっ飛ばした9月、10月のことにいきます。

最初の画像は、東北連盟川柳大会弘前大会の前夜祭の清興の一コマ。

(最近、アトラクションのことを「清興」って書いてあるのをよく見るので真似しました)

彼女たちは青森が誇るご当地アイドルりんご娘」です!

名前は向かって左からジョナゴールド、とき、王林、彩香です。

スカートの色がりんごなの。

可愛くて元気いっぱいのステージに、おじさん、おばさん、そうでない人も

大盛り上がりでした。

そして第6回 東北川柳文学大賞はきさらぎ彼句吾さんの「たまゆら」が

受賞なさいました。彼句吾さん、本当におめでとうございます。

更なるご活躍をお祈りいたします。

f:id:kanae0807:20170904005746j:image

大会当日、私も選者を仰せつかりまして、大先輩の方々の前で緊張いたしました。

画像は大会の清興で津軽笛の演奏。力強くて透明感のある音色が素敵でした。

ちょっとだけ希望を言えばマイクを通さないで聞きたかったな。

奏者はさとうぶん太さん。世界的にも有名な方だそうです。

私はこの日まで津軽笛を知りませんでした。

津軽三味線津軽笛に津軽富士。津軽って奥が深いですね。

大会の結果は発表誌が出ましたらお知らせいたします。

この大会のあとで、仙台の丸山あずささんから、とても温かいコメントを

いただきました。あずささんの言葉、すごく励みになりました。

あずささん、あらためてありがとうございました。

11月に仙台で会えるかな。

f:id:kanae0807:20170918073803j:image

9月17日、高校の同期会に出席しました。

なかなか思い出せない人もいればすぐにわかる人もいました。

でも高校時代の友達はみんなが友達って感じで、すぐにその時代にもどるんですよね。

お芝居の券もたくさんの人に買っていただきました。

皆様、ありがとうございました。

同期会翌日は、演劇部仲間三人と恩師の小寺先生宅へお邪魔してきました。

そして、先生の奥様の手料理を御馳走になりながら、

昔の思い出話に花を咲かせたのでした。

奥様もすごく喜んでくださってとても楽しかったです。

奥様、お元気でいてください。

来年もまたお伺いいたします。

アカちゃん、運転ありがとうございました。


f:id:kanae0807:20170924051810j:image

9月23日、「薪能」に行ってきました。

狂言野村万作野村萬斎がやっぱり光っていました。

画像は暗くなる前の舞台の様子。

火入れ式はとても厳かでした。

たったこれだけの舞台装置なのに、演目が始まるとそこは家の中だったり川だったりに

なったりするんです。背景の欅の大樹が何もかも包み込むようにそびえていて、

夢幻、幽玄の世界に引き込まれました。



f:id:kanae0807:20170825022415j:image

9月30日、「第25回カモミール句会」。

と、ここまで書いて、8月のカモミール句会の様子を報告してなかったことに

気が付きました。

8月24日、「第24回カモミール句会」がありました。

写真は8月の様子からで席題での「青いタオル」。

8月は短歌を書いていらっしゃる、

小瀬川喜井さんにもちょこっと参加していただいて、

選に加わっていただきました。

喜井さん、ありがとうございました。

では、みんなの作品の一部を紹介いたします。

「恋人つなぎ」を咬まずに述べなさい   三浦潤子

忘れかけた八月使い古しのバスタオル   守田啓子

丁寧にタオル洗えば象の寿命   細川 静

八月の音は正しく響いたか   滋野さち

夏の終わりの始まりの音 か゜き゜く゜け゜こ゜  笹田かなえ


喜井さんの句評のなかにあった「王道」と言うのが印象的でした。

f:id:kanae0807:20170930140049j:image

9月30日の「第25回カモミール句会」の作品を書きます。

席題は「ピーラー」。

みんなの作品です。

剥いても剥いても秋のブルー  三浦潤子

リセットする前にしっかり皮をむく  守田啓子

紅葉始まる皮剥きストンとうろたえる  細川 静

ポロポロと文字転げる秋の手紙  滋野さち

じゃんけんにピーラー出して叱られる   笹田かなえ

カモミールも2年経ったのですね。

会員は増えそうにもないけれど、まっ、いいか(笑)

まだまだ9月は色々あったけど、ここまでにして10月にいきます。


f:id:kanae0807:20171013205232j:image

10月に入ったらもうお芝居一筋の日々でした。

毎晩10時過ぎの帰宅が続き、さすがに疲れましたね。

でもおかげさまで舞台は大好評でした。

主役の十日市秀悦さんの卓越した演技力全開という舞台で、

観客の皆さんに感動していただけました。

今回のお芝居は、去年急逝した二人の仲間の追悼公演でした。

かつての劇団の仲間はほとんどが離れてしまって、動けるのは私を含めて

3人しかいない中での公演は物理的にも精神的にも苦しいものがありました。

それでも、たくさんの方々の尊いご協力のおかげで素晴らしい成果を

あげることができました。

あちらの世界の先生も仲間もきっと喜んでいると思っています。

参加してくださった方々、観に来てくださった方々、本当にありがとう

ございました。心から感謝申し上げます。

f:id:kanae0807:20171015191021j:image

焼肉屋での打ち上げの様子。

みんないい笑顔でした。


では、ここで大切なお知らせ。

11月23日(木)勤労感謝の日ですがカモミール句会で

吟行を行うことにいたしました。

   ↓

時       11月23日(木・勤労感謝の日)

場所      十和田市現代美術館(句会会場は受付の方にお聞きください)

開会      13:00〜 

投句締め切り  13:30

会費      500円

入場料     お得なセット券1000円(企画展常設展

企画展600円

常設展510円

      (個人負担)

閉会      16:30?17:00?

 ※13:00までに各人で現代美術館を見学し昼食を済ませて下さい。

ご参加をお待ちしております。

あまり寒くならないことを祈るばかりです。

ご参加いただける方は(09029987277)までご連絡ください。

長くなりましたね。

ということで、お約束のネコにいきます。


f:id:kanae0807:20171015111855j:image

このごろ甘えることを覚えたさばみ。

撫でると、以前はゴワゴワだった毛並みがすっかり

しなやかになっています。

一番若いので動きもそれは敏捷です。

ぱんだが未だに喧嘩を吹っ掛けるのですが、

爪の鋭さがすごいので反撃がすごい。

f:id:kanae0807:20171030185138j:image

そのぱんだ。

こうしていると殊勝ですが、私たちの目を盗んで

隙あらばさばみに攻撃するのです。

私たちの知らない時代に、さばみみたいなネコ

何かがあって恨みでも果たしているのかしら?

さばみいじめさえなければ完璧なネコなんだけどなぁ。

f:id:kanae0807:20171030185057j:image

なーこは一番大きい体なのに一番仔猫の習性を残して

いるように思えます。

きっと福島にいるときにいっぱいいっぱい可愛がられたんでしょうね。

撫でると首をかしげるようにする仕草がとてもあどけないのです。

なーこのもとのお家の方はまだなーこのことを探しているかもしれないと思うと

胸が痛みます。そしてなーこのことを伝える術のないことに忸怩たる思いがあります。

あの震災から6年。なーこ、私たちを受け入れてくれてありがとう。

まだまだ元気いてね。

f:id:kanae0807:20171030185129j:image

じろはますます甘えん坊になりました。

私が芝居の稽古から遅く帰ると、玄関で出迎えてくれました。

そして撫でろ攻撃です。

お芝居の稽古の間中、気のせいか毛並みが少し悪くなったようです。

なので最近はいつも以上に撫でています。

撫でるのを手抜きすると満足するまで寝っ転がっているものだから

忙しい時は困ります(笑)


f:id:kanae0807:20171028202030j:image


今日の美味しいもの。

今年はなぜか葡萄に縁があります。

向かって左から

サニールージュ、シャインマスカット、キャンベル。

今まではキャンベルが一番好きだったのですが、とあるところで

シャインマスカットを食べてから、虜になりました。

本場物には及びもつかないのですが、地元の物が手ごろな値段で

買えるのを知って、ときどき食べています。

須田隆行須田隆行 2017/11/01 16:08 ご無沙汰しております。
11月23日のカモミール吟行、行きたきな〜。
4日にこちらにいらした時にでも、詳しく教えてください。

かなえかなえ 2017/11/02 21:41 須田さん、こんばんは。
吟行に興味を持っていただいてうれしいです。
詳細は、仙台でお知らせいたしますね。
お会いできるのを楽しみにしております。

2017-08-20

東京〜種差海岸〜三沢

02:16

f:id:kanae0807:20170723132105j:image


あんなに暑かったのに、秋の気配がたちこめています。

このまま秋になってしまうのでしょうか。

そうだとしたら寂しいものがあります。

さて、何から書こうかと悩むくらいにたくさんのことがあった夏でした。

最初の画像は、7月23日に行われた「川柳スパイラル東京句会」の様子です。

小池さんと桐子さんとの再会に喜びました。

飯島章友さんや、中川東子さん、いなだ豆之介さん、川合大祐さん、千春さんに

初めてお会いできてお話できたのもとても嬉しかったです。

作品評が主な句会で、若い人の活発な意見がとても好もしく、また頼もしかったかったです。

私はともすれば、言い古された言葉で作品を語ろうとする傾向がありますが、

若い人は、きちんと自分の経験値から紡ぎだされた言葉で語っているのが、

新鮮で、刺激になりました。

結果は小池正博さんのブログに発表されておりますので、

そちらでご覧になってください。

http://6900.teacup.com/senspa/bbs

深海ははじまっているひざ頭       笹田かなえ

当日の私の最高得点句に対して、

「年配の方の膝に水が溜まり始めているのではないか」

という読みがあり、ちょっと苦笑い。

一番の年配者だった私の書いた句としてバレバレだったのですね。

私は膝はまだ大丈夫ですが、体に不具合が生じているのは

事実ですから、無意識のうちに句に出ていたのかもしれません。

ある意味、とても鋭い読みだったと思いました。

八上桐子さんのブログもご覧になって、様子を感じていただければ幸いです。

http://kurageabuku.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-1c4f.html

「真鍮の把手のついている地名」というタイトルの頁です。

東京はいつものように日帰りでしたので、

終わったあとの懇親会も途中で抜けてきたのが心残りでした。

また、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。



f:id:kanae0807:20170727115029j:image

そして、いよいよ7月27日の種差海岸吟行。

当日はお天気にも恵まれ、絶好の吟行日和でした。

画像は、ハマナスと海です。

種差らしいアングルだと自負しています(笑)

f:id:kanae0807:20170727113641j:image

こちらは遊歩道。

f:id:kanae0807:20170727122752j:image

そして、静さんが海苔巻きとお稲荷さんのお弁当を持ってきてくれました。

ちなみに静さんは、男性です。

朝早く起きて作ってくださったとのとこで、大変おいしくいただきました。

静さん、ありがとうございました。

今回の参加者は、弘前から奈良一艘さん、青森から渡邊こあきさん、

熊谷冬鼓さん、夏草ふぶきさん、そしていつものカモミールのメンバー

滋野さちさん、細川静さん、守田啓子さん、三浦潤子さんに私。

つわものぞろいでしょ。

作品を紹介させてください。


君の鎖骨の遊泳禁止区域   潤子

エゾフウロの産毛死ぬときはひとり  啓子

土用波忘れちゃいないよ蒼いヒゲ   ふぶき

大岩が守る一輪エゾフウロ   こあき

好き勝手に生きて七月ノカンゾウ   冬鼓

千夜一夜を語る海が一枚畳まれる   一艘

国会の答弁干からびた 蚯蚓   静

波立ってないで別れなさいカズヨ   さち

潮の匂い濃くなるところ逢うところ   かなえ


今回の吟行での反省。

➀うっかりして句会の様子の写真を撮り忘れました。

皆さんに飲み物の用意も忘れました。

時間配分がうまくいかなくて合評の時間があまりとれませんでした。

今後は気を付けて、こういうことのないようにいたします。

また、吟行の計画をしますので、どうかまたご参加ください。



f:id:kanae0807:20170805190217j:image

8月1日は八戸三社大祭。

相変わらずどこを見ていいかわからない山車の行列でしたが、

「阿弖流為」というこの山車は好きでした。

我が身に潜む蝦夷の血が騒ぎました。(笑)


f:id:kanae0807:20170807000522j:image


では、次の話題。8月6日に行われた

寺山修司記念館20周年特別公演 幻想市街劇

田園に死す」三沢篇を観てきたので、その様子です。

最初の画像はオープニングのパフォーマンス。

f:id:kanae0807:20170807001812j:image


このあとに市内各所に散らばって、それぞれの会場で繰り広げられる

劇を観るのです。その数およそ60カ所。

全部なんて観られるわけありません。

渡された地図を片手にあっちこっちを歩き回りました。

というわけで、私が遭遇した劇などの写真を載せますね。

そうそう、観客もメイクしてもらったり、衣装も借りられましたよ。

f:id:kanae0807:20170807012106j:image

アノニマスからの逃亡ー記憶列車」というタイトルで。

場所は米軍基地専用線あと。

f:id:kanae0807:20170807012317j:image

観てたら、こういう人が来て、

f:id:kanae0807:20170807012914j:image

こういうのを書いて私の背中に貼ってくれました。

嬉しかったわー!

f:id:kanae0807:20170807011343j:image


道路のあらゆるところにチョークで言葉が書かれています。

白線引きも時々遭遇しました。

f:id:kanae0807:20170807003347j:image

そこをこういう人が走っていました。

誰かが話しかけない限り、止まることはできません。

f:id:kanae0807:20170807015637j:image

これも雰囲気がありますね。


f:id:kanae0807:20170807034513j:image

「便所のマリア堕落と想像力」の小屋。

勇気のある男性がマリア様の餌食になっていました。


f:id:kanae0807:20170807023151j:image

琵琶弾き語り寺山修司短歌を聞きました。

f:id:kanae0807:20170807051849j:image


そんなこんなを観ながら公園でのパフォーマンスの時間になりました。

これもまた圧巻のダンスというか舞踊というか。

f:id:kanae0807:20170807052111j:image

息を呑んでみてしまいました。


f:id:kanae0807:20170807055105j:image

フィナーレは公会堂でした。

雛段が舞台中央に現れて、会場は「田園に死す」の赤に染められました。

この日は正午開演で終演は午後7時。

街中がおもちゃ箱みたいに楽しくてわくわしながらの一日でした。

世界はまだまだ言葉に溢れていると実感した一日でした。

今回のこの市街劇に全国各地から沢山の皆さんがお見えになったようです。

私も奈良からいらした母娘のお二人と偶然知り合いになり、会場を一緒に回ったのでした。

寺山のファンと言う方で色々勉強をさせていただきました。

また、こういう機会があったら是非観に行きたいです。

では、ボーイズにいきます。

f:id:kanae0807:20170623154758j:image


まず、さばみとなーこのツーショット。

ほのぼのしますね。

なーこはさばちゃんに威嚇しなくなりました。

色違いの縞々模様がいい感じ。

f:id:kanae0807:20170815124842j:image

ぱんだは本当にものおじしません。

お盆でお客さんがくると、ほかの子たちは逃げるのに、

ぱんだはチェックに来るのです。

来客用セットもこのようにチェック。

「しっかり用意できたか」と気合をかけているのでしょう。

f:id:kanae0807:20170730122208j:image

じろのチャームポイントの一つの肉球

黒豆まじりが何とも言えません。

肉球は鼻の色と同じと言われますが、

じろのお鼻にはぽっちりほくろがあるので、

こんな風に黒豆になったのかもしれません。


f:id:kanae0807:20170808014907j:image


今日の美味しいもの。

年に一度のお約束のうに丼

至福の時でした。

AZUSA & FORS AZUSA & FORS 2017/09/04 16:31 かなえさん、こんにちは。あずさです。
きのうの東北川柳連盟大会l N弘前では、お会いできて嬉しかったです。
かなえさんの選は、いつもわくわくします。
かなえさんの披講は、いつもぐんぐん魅きこまれます。
きのうも、かなえさんの凛とした声に魂が共鳴しましたので、参加して良かったです。
良い一日になりました。ありがとうございました。

ではまたお会いできる日を、楽しみにしています。

かなえかなえ 2017/09/04 23:01 あずささん、フォルスちゃん、こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
会場にあずささんの姿を見た時に、ホッとしたのを覚えています。
あずささんが参加すると、なぜだか会場の雰囲気が柔らかくなり、
それでいて引き締まる気がするのです。
私こそお会いできて本当にうれしかったです。
今日は身に余るお言葉を頂き、涙が出そうです。
私は選をするときは体で感じるようにしています。
そして、自分が感じたことをできるだけ
お伝えできればと思いながら披講します。
いい川柳は川柳界の財産だと思っています。
皆さんが一所懸命に書いた作品をできるだけ多くの人に知って欲しいと思っています。
おこがましいですが、これからもそんな姿勢で選をしていきたいです。
あずささんがくださったコメントにとても励まされました。
本当に本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
季節の変わり目です。
お体にお気をつけられましてお過ごしください。
フォルスちゃんもお元気でいてくださいね。
私は普段はネコ派ですが、ニコちゃんやフォルスちゃんはネコ派的に可愛いです(笑)
つぶらな目がたまらなかったです。
こちらこそまたお会いできる日を楽しみにしています。


コメント、どうもありがとうございました。

では、また、おんでなんせ♪

2017-07-21

6月と7月

20:43

f:id:kanae0807:20170717184200j:image


暑い日が続いています。

7月にこんなに暑いのはちょっと記憶にありません。

それでも寒い夏よりはずっといいです。

今年は梅酒と梅シロップを作りました。

シロップはもう飲めます。

麹の甘酒と梅シロップで今年の夏を乗り切りましょう!

最初の画像は八戸七夕祭りの様子。

大きな町の七夕には及びもつきませんが、

それでも若い人たちが大勢で楽しんでいる様子は、

見ていて嬉しくなります。

まもなく三社大祭。北国の夏はただいま絶好調!


f:id:kanae0807:20170701150923j:image

さて、7月の話題と言えば「おかじょうき」の川柳ステーションですね。

今年のトークセッションはゲストに柳本々々さんをお迎えして

「難解句芸人」というテーマで、月波与生さん、奈良一艘さんの三人が

熱く語らいました。

どういう感じだったかは「おかじょうき」の発表号を読んでいただくとして、

印象に残った言葉などを少しだけ書きますね。

川柳を実際に作ってみるとむずかしい。普段の常識に縛られている自分がいるのに気づく。

*ゆるく結びつく。

*言葉がイキイキする句。

司会者の質問の

「読み」のスキルを意識して書いているか?

については

与生「わかってくれたら嬉しいな・・・くらい」

一艘「わかってたまるか みたいなところがある」

々々「十人のなかの一人でもわかってくれたらそれでいい」

と、こんな感じでした。

(表記とか間違っていたらごめんなさいね)

私も今回の大会では選者をつとめさせていただきました。

お題は「九」

その特選に選ばせていただいた句を書かせてください。

「九」特選  小林麻央 九八 72   Sin

ちょっと表記に自信がないのだけれど、ともかくすごくインパクトがありました。

句箋がまるでお位牌のように見えて、正直ちょっと手が震えました。

九八の九が苦労の苦と通じるものがあるのではとか、

九九算の九×九の一つ前の九×八であるところに小林麻央さんの

無念を表しているのではないかとも想像しました。

久々に面白い句を読ませていただいて嬉しかったです。

f:id:kanae0807:20170701162509j:image

今年の大会は静岡から明日歌さんが来てくださいました。

明日歌さん、楽しい時間をありがとうございました。

また、どこかでお会いしましょう。


f:id:kanae0807:20170624150523j:image

さて、カモミール句会です。

6月は第二土曜日に行いました。

でも、これからはそれぞれの都合があるので開催日は固定しないことにしました。

もし参加ご希望の際にはご一報ください。


では6月の作品にいきます。

6月のお題は「梅雨」あるいは自由吟。

冷凍庫から言葉を一つ出そう 梅雨  三浦潤子

折り畳めない心引きずって 梅雨   守田啓子

誠意って言った目元が花曇り   滋野さち

牛は草食む母逝った日は皆既月食   細川 静

輪郭はメゾソプラノ梅雨の入り   笹田かなえ


そして席題は、ちょうどはっちで開催中だった

工藤紅花さんと大橋逕花さんの書道展の吟行を行いました。

「紅花・逕花書道展吟行」

ほとばしる墨汁梅雨を真っぷたつ  三浦潤子

見上げればポツポツと六月の黒  守田啓子

草行書流れて行きぬ仮の世に   杉山 敦

悪運が硯の隅にしがみつく   細川 静

海図から漁火ヒュンと滑り出す   滋野さち

うす墨をまとうこの世の言葉たち  笹田かなえ

f:id:kanae0807:20170504120216j:image

そしていよいよ種差吟行が近づいてまいりました。

以下にスケジュールを記しますね。

日時は7月27日(木)13時 種差インフォメーションセンターに集合。

出句締め切りの14時20分まで種差近辺を散策しながら句作。

そのあと手分けして清記して15時から句会となります。

会費は500円。筆記用具をご用意ください。

ご参加、お待ちしております。


と言うことで、ネコたちに行きます。

f:id:kanae0807:20170702141929j:image

先月お騒がせいたしました「漣くん」。

譲渡会で無事、里親さんに引き取られました。

もう、ずいぶん大きくなったでしょうね。

いつかこっそり会いに行きたいものです。

f:id:kanae0807:20170714220937j:image

さばみちゃん。

暑さにばて気味。

近くにななの使っていた扇風機を置いています。

うちのこ達は冷房よりも扇風機の方が好きらしく、

ぼーいずにも大きな扇風機を用意してあげたら、

喜んで、扇風機の風の通り道にいます。

f:id:kanae0807:20170619105920j:image

そのぼーいず。

ぱんだとなーこのこのシチュエーションは珍しい。

やっぱり暑さのためにお互い妥協したのかしら(笑)

なんたってじろが一番気持ちいい場所陣取っちゃったんだもんね。

こういう時のじろにはなーこもぱんだも叶わないようです。

まだまだ暑い日が続くけど、頑張って乗り切ってね。

f:id:kanae0807:20170701172517j:image


今日の美味しいもの。

ステーションで出たごちそう。

今年から開催場所が変わったので、ごちそうもいつもと違います。

デザートも充実していて、美味しかったです。

おかじょうきのスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

お世話になりました。

また、来年お会いしましょう!

月波与生月波与生 2017/07/23 09:39 川柳ステーションでは舞い上がっていて、何を喋ったか、何を食べたか覚えていなくて、写真をみてこんなご馳走があったのか、と驚いています(笑)
川柳もまた、今年後半にいろいろな動きがあるようで、あちらこちらで活性化していくのは、大変ですが愉しくなりそうです。

米山明日歌米山明日歌 2017/07/25 06:51 ひえー。大アップ。
楽しく刺激的な一日でした。ゆっくりお話できず、残念でした。
次の日も,皆様にいろいろな所につれていっていたただきました。
青森に棲みたくなっちゃうくらい、青森が好きになりました。
また、句会参加いたします。お世話になりました。
皆様ありがとうございました。

かなえかなえ 2017/07/27 01:00 >与生さん、こんばんは。
そうですか、ごちそうを味わう余裕がなかったのですね。
それは残念でした。
ステーションでのパネラー、お疲れ様でした。
礼儀正しく誠実な受け答えがカッコよかったです。
みんなで一つの事に向けて意見を言い合うことっていいですよね。
発表紙が楽しみです。
後半の川柳事情も楽しみですね。
お互い、ばてないようにして、この夏をしっかり乗り切りましょう!

コメント、ありがとうございました。

では、また、おんでなんせ♪

>明日歌さん、こんばんは。
はるばると静岡からお越しいただき、本当にありがとうございました。
青森っていいところでしょ。
こっちに別荘を建てて、夏は青森で過ごしてください(笑)

大アップ、ごめんなさいね。
うまく縮小ができなくて。でも、明日歌さんは美しいから大丈夫よ。
今度はいつお会いでるでしょうか。
その時までに私も明日歌さんをみならって、少しやせたいと思っています。

コメント、ありがとうございました。

では、また、おんでなんせ♪

2017-06-19

いろいろありますね。

00:45

f:id:kanae0807:20170525141919j:image



今日は桜桃忌

早いもので、6月ももう下旬になります。

本当ならそんなに忙しいこともないはずの6月でしたが、

色々ありまして、またまたバタバタとしていました。

ということで、まずはカモミール句会のことに行きます。

5月25日、いつものようにはっちで1時からの句会でした。

画像はその時の様子です。

ティーポットのそばにちょこんと寝っ転がっているのは、

当日の席題です。出題はさちさん。

事前投句と席題の句について話し合うこと、たっぷり3時間半。

いい時間を過ごすことができました。

そうそう、大事なお知らせ。6月から、カモミールの開催日が変更になります。

今までは毎月第4木曜日でしたが、6月から毎月、第4土曜日の1時からです。

6月は6月24日(土)1時〜。場所は変わらずにはっちです。

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、7月はいよいよ吟行です。

吟行は、都合により、土曜日でなく7月27日を予定しています。

詳しくは7月になってから連絡いたします。

では、5月のカモミールの作品をどうぞ。



寝顔には自信があってネコ科ヒト   三浦潤子

髭つけて猫を休んだことはない     〃

無防備な形で夜が傾いでいる       守田啓子

大切なとこにちょこんとはつなつの帽子   〃

寝っ転がったオレの全身神である   細川 静

猫が轢かれた 青い青い空       〃

フクシマの猫老衰となる時間   滋野さち

一面の緑の先の溶融炉       〃

縦縞のまどろみ どこにいるの 私   笹田かなえ

愚かとも思う猫を抱くときのかたち    〃


f:id:kanae0807:20170528163612j:image

5月のもう一つの大きなイベントの「朗読会」も無事終了。

すごく緊張しましたが、特に大きな失敗もなく終わることができて

本当に安心しました。

懐かしい方々にもたくさんお会いできました。

懐かしいポスターや台本も見ることができました。

遠い日の過ぎた時間の大きさを改めて知りました。

失敗もあったし恥ずかしいことばかりの日々だけれど、

それでもあの時間を精一杯生きたことは、やっぱり大きな財産です。


f:id:kanae0807:20170528163707j:image

友達から、素敵なお花をもらいました。

みんな本当にありがとう。

背中にみんなの愛を背負って頑張りました!

また、会おうね。

先生の奥様には来年お伺いすることお話しておきましたから。

f:id:kanae0807:20170607175345j:image

さて、6月には「雅楽」の鑑賞をしたり、恒例の中島美華さんのコンサートに

行ったりと、楽しい時間を過ごしました。

f:id:kanae0807:20170613165042j:image


そしてこのこに会ってしまったのです。

名前は蓮くん(仮名)。♂。年齢は1歳未満。

6月13日の午後2時頃に町中の三春屋さんの前で見かけ、ちょうど約束があって、

急いでいたのでそのまま通り過ぎたのですが、夕方になってもそのままそこに

いたので、その辺に集まっている人たちと騒ぎながら、野良猫らしいということで

私、とうとう保護してしまいました。

でも家では置ける場所がありません。なので、知り合いのネコ好きさんに無理を言って

3日ほど預かってもらい、その間に動物愛護支援の会や保健所や警察に連絡をして情報を集めました。

で、土曜日に行きつけの動物病院で去勢してもらいました。

動物病院を退院したら一時預かりさんが見つかるまで家で面倒をみようと、

2段のケージを買いました。

f:id:kanae0807:20170617174003j:image

まだ、麻酔が切れないみたいで、少しもうろうとしています。

似ているでしょ。ななに。

娘はもうメロメロでした。

動物病院のスタッフさんも「ななちゃんに似ていますね。」と言ってくれました。

私も、一目見た時からそれこそ「ズキューン、バキューン」とやられてしまったのでした。

f:id:kanae0807:20170617214349j:image

わがやのボーイズ、蓮くんが気になって仕方がありません。

こぞって様子を伺っています。

でも、蓮くんはたった1日我が家に居ただけで、愛護の会さんの口利きで一時預かりの

お宅に行きました。

さみしかったけれど、これでよかったと思います。

長くいたら、きっと情が移って大変な事になっていたでしょう。

5匹はいくらなんでも無理だもの。

蓮くん、いっぱいいっぱい幸せになってね。


f:id:kanae0807:20170528122322j:image

今日の美味しいもの。

朗読会での差し入れのお弁当。

季節の食材がふんだんで優しい味わいがうれしかったです。

ありがとうございました。