ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

川柳日記 一の糸

2017-08-20

東京〜種差海岸〜三沢

02:16

f:id:kanae0807:20170723132105j:image


あんなに暑かったのに、秋の気配がたちこめています。

このまま秋になってしまうのでしょうか。

そうだとしたら寂しいものがあります。

さて、何から書こうかと悩むくらいにたくさんのことがあった夏でした。

最初の画像は、7月23日に行われた「川柳スパイラル東京句会」の様子です。

小池さんと桐子さんとの再会に喜びました。

飯島章友さんや、中川東子さん、いなだ豆之介さん、川合大祐さん、千春さんに

初めてお会いできてお話できたのもとても嬉しかったです。

作品評が主な句会で、若い人の活発な意見がとても好もしく、また頼もしかったかったです。

私はともすれば、言い古された言葉で作品を語ろうとする傾向がありますが、

若い人は、きちんと自分の経験値から紡ぎだされた言葉で語っているのが、

新鮮で、刺激になりました。

結果は小池正博さんのブログに発表されておりますので、

そちらでご覧になってください。

http://6900.teacup.com/senspa/bbs

深海ははじまっているひざ頭       笹田かなえ

当日の私の最高得点句に対して、

「年配の方の膝に水が溜まり始めているのではないか」

という読みがあり、ちょっと苦笑い。

一番の年配者だった私の書いた句としてバレバレだったのですね。

私は膝はまだ大丈夫ですが、体に不具合が生じているのは

事実ですから、無意識のうちに句に出ていたのかもしれません。

ある意味、とても鋭い読みだったと思いました。

八上桐子さんのブログもご覧になって、様子を感じていただければ幸いです。

http://kurageabuku.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-1c4f.html

「真鍮の把手のついている地名」というタイトルの頁です。

東京はいつものように日帰りでしたので、

終わったあとの懇親会も途中で抜けてきたのが心残りでした。

また、どこかでお会いできるのを楽しみにしています。



f:id:kanae0807:20170727115029j:image

そして、いよいよ7月27日の種差海岸吟行。

当日はお天気にも恵まれ、絶好の吟行日和でした。

画像は、ハマナスと海です。

種差らしいアングルだと自負しています(笑)

f:id:kanae0807:20170727113641j:image

こちらは遊歩道。

f:id:kanae0807:20170727122752j:image

そして、静さんが海苔巻きとお稲荷さんのお弁当を持ってきてくれました。

ちなみに静さんは、男性です。

朝早く起きて作ってくださったとのとこで、大変おいしくいただきました。

静さん、ありがとうございました。

今回の参加者は、弘前から奈良一艘さん、青森から渡邊こあきさん、

熊谷冬鼓さん、夏草ふぶきさん、そしていつものカモミールのメンバー

滋野さちさん、細川静さん、守田啓子さん、三浦潤子さんに私。

つわものぞろいでしょ。

作品を紹介させてください。


君の鎖骨の遊泳禁止区域   潤子

エゾフウロの産毛死ぬときはひとり  啓子

土用波忘れちゃいないよ蒼いヒゲ   ふぶき

大岩が守る一輪エゾフウロ   こあき

好き勝手に生きて七月ノカンゾウ   冬鼓

千夜一夜を語る海が一枚畳まれる   一艘

国会の答弁干からびた 蚯蚓   静

波立ってないで別れなさいカズヨ   さち

潮の匂い濃くなるところ逢うところ   かなえ


今回の吟行での反省。

➀うっかりして句会の様子の写真を撮り忘れました。

皆さんに飲み物の用意も忘れました。

時間配分がうまくいかなくて合評の時間があまりとれませんでした。

今後は気を付けて、こういうことのないようにいたします。

また、吟行の計画をしますので、どうかまたご参加ください。



f:id:kanae0807:20170805190217j:image

8月1日は八戸三社大祭。

相変わらずどこを見ていいかわからない山車の行列でしたが、

「阿弖流為」というこの山車は好きでした。

我が身に潜む蝦夷の血が騒ぎました。(笑)


f:id:kanae0807:20170807000522j:image


では、次の話題。8月6日に行われた

寺山修司記念館20周年特別公演 幻想市街劇

田園に死す」三沢篇を観てきたので、その様子です。

最初の画像はオープニングのパフォーマンス。

f:id:kanae0807:20170807001812j:image


このあとに市内各所に散らばって、それぞれの会場で繰り広げられる

劇を観るのです。その数およそ60カ所。

全部なんて観られるわけありません。

渡された地図を片手にあっちこっちを歩き回りました。

というわけで、私が遭遇した劇などの写真を載せますね。

そうそう、観客もメイクしてもらったり、衣装も借りられましたよ。

f:id:kanae0807:20170807012106j:image

アノニマスからの逃亡ー記憶列車」というタイトルで。

場所は米軍基地専用線あと。

f:id:kanae0807:20170807012317j:image

観てたら、こういう人が来て、

f:id:kanae0807:20170807012914j:image

こういうのを書いて私の背中に貼ってくれました。

嬉しかったわー!

f:id:kanae0807:20170807011343j:image


道路のあらゆるところにチョークで言葉が書かれています。

白線引きも時々遭遇しました。

f:id:kanae0807:20170807003347j:image

そこをこういう人が走っていました。

誰かが話しかけない限り、止まることはできません。

f:id:kanae0807:20170807015637j:image

これも雰囲気がありますね。


f:id:kanae0807:20170807034513j:image

「便所のマリア堕落と想像力」の小屋。

勇気のある男性がマリア様の餌食になっていました。


f:id:kanae0807:20170807023151j:image

琵琶弾き語り寺山修司短歌を聞きました。

f:id:kanae0807:20170807051849j:image


そんなこんなを観ながら公園でのパフォーマンスの時間になりました。

これもまた圧巻のダンスというか舞踊というか。

f:id:kanae0807:20170807052111j:image

息を呑んでみてしまいました。


f:id:kanae0807:20170807055105j:image

フィナーレは公会堂でした。

雛段が舞台中央に現れて、会場は「田園に死す」の赤に染められました。

この日は正午開演で終演は午後7時。

街中がおもちゃ箱みたいに楽しくてわくわしながらの一日でした。

世界はまだまだ言葉に溢れていると実感した一日でした。

今回のこの市街劇に全国各地から沢山の皆さんがお見えになったようです。

私も奈良からいらした母娘のお二人と偶然知り合いになり、会場を一緒に回ったのでした。

寺山のファンと言う方で色々勉強をさせていただきました。

また、こういう機会があったら是非観に行きたいです。

では、ボーイズにいきます。

f:id:kanae0807:20170623154758j:image


まず、さばみとなーこのツーショット。

ほのぼのしますね。

なーこはさばちゃんに威嚇しなくなりました。

色違いの縞々模様がいい感じ。

f:id:kanae0807:20170815124842j:image

ぱんだは本当にものおじしません。

お盆でお客さんがくると、ほかの子たちは逃げるのに、

ぱんだはチェックに来るのです。

来客用セットもこのようにチェック。

「しっかり用意できたか」と気合をかけているのでしょう。

f:id:kanae0807:20170730122208j:image

じろのチャームポイントの一つの肉球

黒豆まじりが何とも言えません。

肉球は鼻の色と同じと言われますが、

じろのお鼻にはぽっちりほくろがあるので、

こんな風に黒豆になったのかもしれません。


f:id:kanae0807:20170808014907j:image


今日の美味しいもの。

年に一度のお約束のうに丼

至福の時でした。

AZUSA & FORS AZUSA & FORS 2017/09/04 16:31 かなえさん、こんにちは。あずさです。
きのうの東北川柳連盟大会l N弘前では、お会いできて嬉しかったです。
かなえさんの選は、いつもわくわくします。
かなえさんの披講は、いつもぐんぐん魅きこまれます。
きのうも、かなえさんの凛とした声に魂が共鳴しましたので、参加して良かったです。
良い一日になりました。ありがとうございました。

ではまたお会いできる日を、楽しみにしています。

かなえかなえ 2017/09/04 23:01 あずささん、フォルスちゃん、こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
会場にあずささんの姿を見た時に、ホッとしたのを覚えています。
あずささんが参加すると、なぜだか会場の雰囲気が柔らかくなり、
それでいて引き締まる気がするのです。
私こそお会いできて本当にうれしかったです。
今日は身に余るお言葉を頂き、涙が出そうです。
私は選をするときは体で感じるようにしています。
そして、自分が感じたことをできるだけ
お伝えできればと思いながら披講します。
いい川柳は川柳界の財産だと思っています。
皆さんが一所懸命に書いた作品をできるだけ多くの人に知って欲しいと思っています。
おこがましいですが、これからもそんな姿勢で選をしていきたいです。
あずささんがくださったコメントにとても励まされました。
本当に本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
季節の変わり目です。
お体にお気をつけられましてお過ごしください。
フォルスちゃんもお元気でいてくださいね。
私は普段はネコ派ですが、ニコちゃんやフォルスちゃんはネコ派的に可愛いです(笑)
つぶらな目がたまらなかったです。
こちらこそまたお会いできる日を楽しみにしています。


コメント、どうもありがとうございました。

では、また、おんでなんせ♪