Hatena::ブログ(Diary)

神奈川地域資料保全ネットワーク(旧 神奈川歴史資料保全ネットワーク(神奈川資料ネット))

2017-06-14

後援事業「学校資料の未来〜地域資料としての保存と活用〜」(8/6横浜)


このたび、神奈川資料ネットは、地方史研究協議会と横浜市歴史博物館が共同で主催するシンポジウム
「学校資料の未来〜地域資料としての保存と活用〜」を後援させていただくことになりました。
ご参集いただけますよう、お願い申し上げます。

以下のご案内は、地方史研究協議会よりご提供いただきました情報です。
同協議会からは、チラシデータもご提供いただいたのですが、
ブログのシステムの都合上、掲載することができませんでした。申し訳ございません。
*地方史研究協議会のウェブサイトからは、チラシデータがご覧いただけます。
http://chihoshi.jp/?p=1120

---
地方史研究協議会・横浜市歴史博物館共催 学校資料シンポジウム開催します!!

「学校資料の未来〜地域資料としての保存と活用〜」


現在、資料の保存・活用をとりまく課題の一つに、学校に所在する資料(学校資料)をあげることができよう。少子化にともない、各地で学校の統廃合が進み、学校資料の散逸が危惧されている。また、統廃合に直面していない学校においても、学校に固有な事情が存在する中で、管理体制が十分に確立できないという問題を抱えている。本シンポジウムでは、学校に所在するさまざまな資料が地域の歴史を物語る地域資料でもあるという点に着目し、学校資料を捉え直してみたい。今後の散逸を防止する観点からも、どのような保存・活用のあり方が望ましいのか、その多様な資料を総体的に把握し、議論の俎上にあげていきながら考えていきたい。

【日 時】2017年8月6日(日)午後1時30分〜5時(1時開場)

【報 告】
(1)「公文書管理・公文書館と学校アーカイブズ」(仮)
 嶋田 典人氏 (香川県立文書館

(2)「学校文化財がつなぐ学校・地域・博物館」(仮)
  羽毛田智幸氏 (横浜市歴史博物館

(3)「台湾に残る日本統治時代の学校資料」
  神田 基成氏 (鎌倉学園高校)

質疑・討論

【参加費】500円

【会 場】横浜市歴史博物館 講堂 横浜市都筑区中川中央1-18-1

【主 催】地方史研究協議会

【共 催】横浜市歴史博物館

【後 援】博物館デビュー支援事業実行委員会、日本アーカイブズ学会、全国歴史民俗博物館協議会、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会関東部会、神奈川県博物館協会神奈川地域資料保全ネットワーク神奈川県高等学校教科研究会 社会科部会
---

高橋浩明高橋浩明 2017/06/13 19:41 宮城学院女子大学の大平聡さんにはお声かけされてますか?大平さんはずっと学校資料の保存活動に携わっているのでご協力いただけるかもしれませんよ。

kanagawa-shiryounetkanagawa-shiryounet 2017/06/15 07:15 高橋さま
いつも神奈川資料ネットの活動にご協力くださり、ありがとうございます。
また、コメントをありがとうございます。お返事が遅れまして申し訳ございません。
本シンポジウムですが、神奈川資料ネットは後援団体の1つとして、広報支援をさせていただいており、お声がけ等は行う立場にございません。申し訳ございません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanagawa-shiryounet/20170614/1497345895