Hatena::ブログ(Diary)

神奈川地域資料保全ネットワーク(旧 神奈川歴史資料保全ネットワーク(神奈川資料ネット))

2018-12-31

神奈川資料ネットについて


神奈川地域資料保全ネットワークとは】
 神奈川地域資料保全ネットワーク略称神奈川資料ネット)のブログにアクセスしてくださり、ありがとうございます。
 神奈川資料ネットは、 平成23年7月30日に「神奈川歴史資料保全ネットワーク」として設立し、平成26年8月4日に現在名に改称した、ボランティア組織です。
 早急に対処すべき被災現場を持たない「予防ネット」として設立したため、今のところ被災資料の救出やクリーニング活動等を主催する活動は行っていません。
 現在は、「地域と人びとをささえる資料」を「地域資料」ととらえ、資料をみずからの手で残していく意識を伝えるレクチャーや、大切な記録が水に浸かった際の応急処置についてのワークショップなどを開催しています。このようにさまざまな方法を通じて、「大都市圏」特有のネットワークのあり方を探っていきたいと思います。


【活動方針】
 神奈川資料ネットは、以下の3点を活動方針としています。
 ・ 地域資料を保全することの意義に関する啓蒙普及
 ・ 資料保全のノウハウに関する助言
 ・ 資料保全のノウハウを持ったマンパワーの提供・紹介


【運営委員
代  表 : 多和田 雅保(横浜国立大学 教授)
事務局長 : 宇野 淳子(立教大学共生社会研究センター 研究員)
運営委員 : 浅野 充(関東学院大学 講師)
       窪田 涼子(神奈川大学日本常民文化研究所 職員
       高木 秀彰(寒川文書館 館長)
       田中 史生(早稲田大学文学学術院 教授)


【連絡先】
神奈川資料ネットへのお問合せ等は下記宛にお願いいたします。

神奈川資料ネット宛のE-mailアドレスは下記のとおりです。
kanagawa_shiryounet☆yahoo.co.jp
 スパム防止のため、@を☆にしています。
 こまめにアクセスするようにいたしますが、お時間をいただくこともあるかと思います。

・事務局は横浜国立大学 多和田研究室に置いています。
 横浜国立大学 教育学部 学校教育課程 社会科教育講座 多和田 雅保 研究室
  *2017年4月1日より、学部名が「教育人間科学部」から「教育学部」に変わりました。
 所在地 : 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-2
 電  話 : 045-339-3434

・運営委員の研究室でもお話等を承ります。
早稲田大学 文学学術院 田中史生研究室
 所在地 : 〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1
             早稲田大学文学学術院39号館2610号
 電 話 : 03-5286-3731

いずれの連絡先にご連絡いただいても構いませんが、
講義等の都合により、すぐに電話に出られないこと等あるかと存じます。
ご承知おきいただけましたら幸いです。


どうかよろしくお願い申し上げます。

2017-12-31

神奈川地域資料保全ネットワークの連絡先について


神奈川資料ネットへのお問合せ等は下記宛にお願いいたします。

横浜国立大学 教育学部 学校教育課程 社会科教育講座 多和田 雅保 研究室
  *2017年4月1日より、学部名が「教育人間科学部」から「教育学部」に変わりました。
 所在地 : 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-2
 電  話 : 045-339-3434

いつご連絡いただいても構いませんが、
講義等の都合により、すぐに電話に出られないこと等あるかと存じます。
ご承知おきいただけましたら幸いです。

また、E-mailアドレスは下記のとおりです。
kanagawa_shiryounet☆yahoo.co.jp (神奈川資料ネット宛。スパム防止のため、@を☆にしています)
こまめにアクセスするようにいたしますが、お時間をいただくこともあるかと思います。

どうかよろしくお願い申し上げます。

2016-12-31

神奈川地域資料保全ネットワークの連絡先について


神奈川資料ネットへのお問合せ等は下記宛にお願いいたします。

横浜国立大学 教育人間科学部 学校教育課程 社会科教育講座 多和田 雅保 研究室
 所在地 : 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-2
 電  話 : 045-339-3434

関東学院大学 経済学部 田中史生 研究室
 所在地 : 〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
 電 話 : 045-786-7056

いずれの連絡先にご連絡いただいても構いませんが、
講義等の都合により、すぐに電話に出られないこと等あるかと存じます。
ご承知おきいただけましたら幸いです。

また、E-mailアドレスは下記のとおりです。
kanagawa_shiryounet☆yahoo.co.jp (神奈川資料ネット宛。スパム防止のため、@を☆にしています)
こまめにアクセスするようにいたしますが、お時間をいただくこともあるかと思います。

どうかよろしくお願い申し上げます。

2016-05-12

熊本史料ネットへの支援募金について(広報協力)

平成28年熊本地震の被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

歴史資料ネットワークの川内淳史さんからいただきました情報を引用する形でお知らせいたします。

熊本県では、2016年4月23日に「熊本被災史料レスキューネットワーク」(略称:熊本史料ネット、事務局:熊本大学)が設立されました。
http://siryo-net.jp/disaster/kumamoto_siryonet/

熊本被災史料レスキューネットワーク歴史資料ネットワークとの協議により、
熊本史料ネットの活動資金の支援募金については、
当面の間支援募金の募集と事務処理について、史料ネットが熊本史料ネットを代行して行うことになったそうで、現在、支援募金の呼びかけが行われています。

http://siryo-net.jp/disaster/2016-kumamoto-eq-fund-raising/

ご協力いただける方は、下記の要領で募金をしていただければと存じます。
---
2016年熊本地震による被災歴史資料保全活動支援募金
・(郵便振替)口座番号:00930−1−53945
・加入者名:歴史資料ネットワーク
* 払込用紙の通信欄に「熊本支援」と明記してください。

WEB上からのお振り込みは、下記をご参照ください。
銀行名:ゆうちょ銀行(コード9900)、店番:099
預金種目:当座、店名:〇九九店(ゼロキュウキュウテン)
口座番号:0053945
振り込み元名義のあとに「クマ」と入力してください。
---

川内さんより、配布用のチラシデータもお送りいただきましたが、
ブログのシステム上、添付することができません。
同じデータが、歴史資料ネットワークのウェブサイトに掲載されていますので、
ご覧いただければと思います。
http://siryo-net.jp/disaster/2016-kumamoto-eq-fund-raising/
のリンク先からご覧ください。

どうかよろしくお願いいたします。

2015-11-05

常総市役所の水損行政文書等復元計画への支援について(11月)

茨城史料ネットは茨城県常総市にて、東日本大震災による釜石市の津波被災行政文書復旧活動を行った
文学研究資料館の青木睦先生などと共に、常総市役所の浸水による行政文書の救出活動を行っています。

釜石での作業リーダーをされていた林貴史さんから、レスキュー(11月)のご案内を戴きました。

神奈川資料ネットからのご案内により、参加された方もおられます。心より御礼申し上げます。


以下、転送にてお知らせいたします。一日での参加も可能です。
どうかよろしくお願い申し上げます。

*申し込み・問い合わせにつきましては、下記をご覧ください。
なお、メールアドレスはスパム防止のため、半角の@を☆にしていますので、修正の上送信をお願いします。


---
□常総市役所の水損行政文書等復元計画への支援について(11月)

 去る9月10日に発生した台風18号による豪雨災害により、常総市役所では永年保存文書約25,000点が水損被害を受けました。これは旧水海道市成立前の旧町村役場引継文書約7,000点を含み、中には元禄15年(1702)検地帳などの近世文書も見られます。
 茨城史料ネットでは、茨城県教育庁文化課、茨城県立歴史館、茨城地方史研究会、国文学研究資料館、国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進室、全国歴史民俗系博物館協議会、国立公文書館などとともに、多くのボランティアの方々の参加を得て 、これまで水損した永年保存文書のレスキュー活動を実施してきました。
具体的には、青木睦、林貴史両氏の支援を受け、永年保存文書をすべて文書庫から搬出しました。そして、(1)水損被害を免れた文書を安全な場所で保管する、(2)水損被害の軽微な文書を送風により自然乾燥させる。 (3)被水損害の甚大な文書について今後の真空凍結乾燥処理に備えエタノール洗浄とパッキングを行う、の3つの作業を行ってきました。

その後、常総市役所では水損文書の復旧に向けた独自の取り組みを開始しました。具体的には、「常総市役所水損行政文書復元計画書」を策定し、市役所内に現地本部を置いて、市職員の手による上記の復元作業を始めました。それと同時に、茨城県教育庁文化課を通じて各機関・団体に対し、水損文書の復元に向けた専門的見地からの支援の依頼がありました。
水損文書には技術的に専門的見地からの支援が必要なものが多数存在します。また大量の水損文書の復元には今後数年かかる見通しです。茨城史料ネットでは、常総市役所による水損文書の復元に向けた取 り組みを今後とも支援していく所存です。

つきましては、常総市水損文書の復元作業について、下記のとおりお知らせします。多くの方々に御参加いただき、一日も早い復旧へ向けて御協力を賜れれば幸いです。
現在の作業は常総市役所が中心に行っていますが、参加希望の方の集約については、今までどおり茨城史料ネットが支援していきます。
度重なるお願いとなって恐縮ですが、皆様の御協力と御支援を引き続きよろしくお願いします。

●支援作業の内容
 水損文書のエタノール洗浄およびパッキング作業
 自然乾燥文書の開頁作業

●作業日時 : 祝日を除く月曜から金曜日、いずれも9時〜16時00分です。
 11月5日(木)、6日(金)、9日(月)、10日(火)、11日(水)、12日(木)、13日(金)、16日(月)、17日(火)、18日(水)、19日(木)、20日(金)、24日(火)、25日(水)、26日(木)、27日(金)、30日(月)   

●集合場所・集合時刻
 常総市役所 第一分庁舎(本庁舎の向かいの3階建) 2階  9時集合
※常総市役所へのアクセス
 関東鉄道常総線 水海道駅下車 徒歩8分
 関東鉄道常総線へはつくばエクスプレス 守谷駅、または常磐線取手駅から乗りかえになります。
 関東鉄道常総線の水海道駅以北は通常の3割の本数で運転が再開されました。
  例 秋葉原 8:00発 守谷 8:35着 8:39発 水海道 8:51着

●募集対象
 被災文書救助活動の経験を日常の活動に生かしたい方
 文書取り扱い経験のある専門スタッフとして支援したい方
 未経験でも被災資料復旧を支援したい方

●準備装備品
 ・力仕事に対応しやすい装備で対応してください。
 ※一部にカビの発生が見られます。塵挨やカビ胞子の予防のため、マスク・ゴーグルなど必要と思われる防護を各自用意してください。
 ・汚れてもよい服装、またはエプロン
 ・マスク(NIOSH N95準拠等)
 ・使い捨て手袋(薄型ラテックス手袋)等
 ・ゴーグル、アイガード等 
 ・ウエットティシュ、タオル等
 ・昼食、飲料水等(市役所近くで購入も可能)

●参加申し込み方法
・以下のフォームに必要事項を記入して、 joso.archives.rescue☆gmail.com (常総市公文書レスキュー参加集約担当)までお送りください。

(1)氏名:
(2)携帯電話番号:
(3)メールアドレス:
(4)参加希望日程: 例)10月19日午後・10月20日午前
(5)その他伝達事項: 例)19日は1時半頃到着

※なお、上記のアドレスでは参加者集約のみ承っておりますので、活動内容については、茨城史料ネット副代表の白井哲哉( tetsushi☆slis.tsukuba.ac.jp )までお尋ねください。
---