kanamankunの日記

2018-12-29

古書市


   f:id:kanamankun:20181227231027j:image

 古本まつり古書市)に行くのが大好きで
先日、本焼きを終えて横浜に帰る途中に、
今年、最後となる「古本まつり」に立ち寄りました。
 
 場所は、都心から離れたJR常磐線土浦駅西口の近くにある
『つちうら古書倶楽部』です。
 この古書店古書の量は大変に多いです。

 眼で背文字を追うだけで・・・・
欲しい本を探すには時間がかかります。

 その中で特に「炭焼」という背文字に魅かれ、
こんな本を買いました。

f:id:kanamankun:20181228192731j:image
 
 柳田國男著『炭焼日記修道社・昭和47年7月発行)です。

 本の帯によると

  『 戦時中、庭で炭焼きをしながら、
    世の推移、学問のことなど、
    様々に思いめぐらして書き綴った
    磧学の貴重な戦中日誌 』

  と紹介されています。

     *
     *

 東京中心に大きな「古書市」は
規模の違いはありますが、毎月、どこかで開かれています。

 その中でも一番大きく有名なのが
神田神保町東京名物古本まつり」です。
 今年で59回になります。

f:id:kanamankun:20181227230511j:image
f:id:kanamankun:20181227230659j:image

その他は、都心の大きなターミナル駅で開催されています。

f:id:kanamankun:20181227230540j:image
新橋駅前SL広場の古本まつり
後方に見える建物が新橋駅です。

   f:id:kanamankun:20181227225918j:image
   新宿駅西口古本まつり

f:id:kanamankun:20181228213627j:image
大隈銅像そばの「早大青空古本市

 他に「池袋西口」の広場。「渋谷古本市
銀座」「池袋」のデパートなど多数あります。
 少し離れた所では西武線所沢駅東口の「彩の国所沢古本まつり」。
  また東京神奈川古書会館などでも開催されています。

 以上が、私がよく行く古本まつり古書市)です。

     *
     *

古書市」通いが多くなり
私の蔵書も茶色になった本が多くなったように思います。
 
     f:id:kanamankun:20181228215909j:image

     *
     *

 この古書市めぐりで、長年探していた本が、やっと見つかりました。
少し高かったのですが買いました。

   f:id:kanamankun:20181228192706j:image
    『俳諧寺一茶東京堂・一茶同好会編・明治43年8月発行)です。

 私の蔵書の中で、一茶に関する最も古い本となりました。

f:id:kanamankun:20181228205502j:image
 今年9月に訪ねた信濃町の「俳諧寺一茶堂」です。
明治43年に一茶の俳号に因んで名前が付けられました。

     *
     *

 現在、古書はネットで探せば簡単で、しかも安く買えるので
ネットで購入する人が増えています。
 しかし私は積まれた古書の中から見つける喜びを味わいたい
そんな拘りから古書市を訪ねて欲しい本を探しています。

 「古書市」には、私の知らない
いろいろな書物の世界に出会う喜びがあります。


 森銑三歴史学者・書誌学者)の『書物』という本の中に
こんな文章があります。

『 新本だけを買って、古本を漁る趣味を解しない読書家は、  
  まだまだ書物に対して語る資格の乏しい人だといって
  よいであろう。

     『書物古本屋即売会〜より(岩波文庫1997年10月刊)

                      *
                      *
                      *
                      *
                      *

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanamankun/20181229/1546094304