三朗のパソコンで描く絵日記

2009-06-12 藩校展「長岡崇徳館と与板正徳館」

kanazu362009-06-12

10日の地方地新潟日報に旧新津市新関小学校が

新校舎建設に伴い1938年建築の校舎が取り壊される。

8日、取り壊しを前に全校生徒が思い出の校舎の写生会が

行われた写真が紙面を飾る。

長岡市の中央図書館で、江戸時代長岡市内にあった藩校を紹介する「長岡藩校崇徳館・

与板藩校正徳館の教育」展が開催されており5月29日見てきた。

長岡には長岡藩の藩校崇徳館と旧与板町(現長岡市)に与板藩の藩校正徳館があった。

会場には「藩校崇徳館・正徳館の教育〜心と英知を育んだ書物の世界〜」と題し長岡市

中央図書館・文書資料室・科学博物館や与板歴史民俗資料館、阪之上小学校などで所蔵

する漢籍や教科書類、長岡藩の崇徳館及び国漢学校、与板藩の正徳館に関わる資料

など、長岡地域の藩校及び近代教育関係資料が展示されている。

長岡藩の藩校崇徳

 崇徳館は、江戸時代後期の文化5年(1808)に9代藩主牧野忠精によって開校された。

 崇徳とは、「徳」を「宗ぶ(たつとぶ:尊ぶ)」という意味。

 牧野忠精は、幕府の要職である京都所司代老中をを勤めた。

 崇徳館からは河井継之助小林虎三郎が育った。

 小林虎三郎は、三根山藩からの救援米百俵をもとに、明治2年(1869)5月1日、

 昌福寺の本堂を借りて国漢学校を開校し多くの人材を育て上げた。

 崇徳館の教育は「国漢学校」や「長岡洋学校」へと引き継がれ、現在の「長岡高等学校」・

 「阪之上小学校」「長岡赤十字病院」の礎となった。

・与板藩の藩校正徳館

 江戸藩邸には以前から学問所が開かれていたが、9代藩主井伊直充が万延元年

 (1860)に藩校(学問所)である「正徳館」を開館した。

 戊辰戦争で与板城が焼失した影響で一旦閉校となったが、上野御徒町で漢学塾を開いて

 いた小橋多助を招き、その指導の下で明治2年(1869)10月29日に開校式を行い

 再興された。

 明治4年(1871)廃藩置県に伴い与板県となると「与板県学校」と改称。

 明治5年(1872)7月に廃止された。

 平成17年1月1日新潟県立与板高等学校新潟県立正徳館高等学校と改称した。

・番外:三根山藩の藩校入徳館

 「米百表」の故事で有名な三根山藩は、寛永11年(1634)長岡藩初代藩主牧野忠成が

 4男の定成に6000石で分家させ旗本になったのが始まり。

 文久3年(1863)、11代牧野忠泰の時に石高1万1000石となり大名になった。

 藩校の入徳館はこの時牧野忠泰が創設した。

 現在入徳館の跡地に入徳館野外研修所が建つ。

新潟県内の藩校

 ・糸魚川藩(糸魚川市:明道館) ・黒川藩(旧黒川村:弘道館

 ・椎谷藩(柏崎市:修道館) ・新発田藩(新発田市:道学堂)

 ・高田藩(旧高田市:修道館) ・長岡藩(長岡市崇徳館)

 ・三日市藩(新発田市:遊芸館) ・三根山藩(旧巻町:入徳館)

 ・村上藩(村上市:克従館) ・村松藩(旧村松町:自強館)

 ・与板藩(旧与板町:正徳館) 

会場には、江戸時代長岡藩・与板藩・三根山藩の藩士達が学んだ当事の教科書などの

書物約750冊が並ぶ。

会場のビデオからは、「子曰(しのたま)わく、学びて時にこれを習う、また説(よろこ)

ばしからずや」「朋遠方より来たるあり、また楽しからずや」「人知らずして慍(うら)みず、

また君子ならずや」などと論語素読する子どもたちの声が流れてくる。

6月20・21日、第8回全国藩校サミットin長岡「未来へつなげ!藩校教育と米百俵の精神」

長岡市立劇場で開催される。

大声で子どもたちが論語素読 (イラストを模写)