三朗のパソコンで描く絵日記

2010-10-11 10月の新潟は駅伝とマラソンに沸く

kanazu362010-10-11

スポーツの秋。

新潟の秋は、新潟県県下横断駅伝新潟シティマラソンに沸く。

きょう11日は「体育の日」。

1964年(昭和39)10月10日東京オリンピックが開催された。

1966年(昭和41)から開会式の行われた10月10日を「体育の日」とした。

しかし、2000年(平成12年)からは「ハッピーマンデー制度」の適用により、10月の第2月曜日が「体育の日」に。

新潟県横断駅伝競走

 10月2・3日両日第63回新潟県横断駅伝競走は開催された。

 大会には新潟県市町村の26チームが参加した。

 初日の1日目は、妙高市役所から長岡の旧大和デパートまでの9区間:92.3キロ。

 8区で上越が西蒲原を抜いてトップ立ち2位の西蒲原に1分1秒の差をつけ初日を1位でゴールした。

 最終日の2日目は、長岡の旧大和デパートから新潟陸上競技場までの9区間:109.9キロ。

 初日トップの上越は2日目の最終日も安定した走りを見せ、2位の西蒲原に7分8秒の差を付け23回目の優勝を飾った。

新潟シティマラソン(旧新潟マラソン

 毎年10月に開催している「新潟マラソン」の名称を、ことしの第28回大会から「新潟シティマラソン」に変更された。

 新潟シティマラソンの変更に合わせてコースを一新し、萬代橋や柾谷小路をはじめとする市街地のほか、みなとぴあ信濃川沿い、日本海夕日ラインなどを走る新ルートとなった。

 コース変更に伴ないわが家の近くの大堀幹線も選手が走る。

 マラソンの選手を応援するのは初めて。

 第1回新潟マラソンが開催されたのが1983年(昭和58)10月。

 募集定員はフルコースが3000人・10キロが5000人の計8000人。

 新しく新潟市のまちなかを駆け抜けるコースが人気を呼び募集から1か月で定員に達したため定員をそれぞれ500人ずつ追加し9000人とした。

 昨夜来の雨も上がり最高のマラソン日よりでフルマラソンと10キロに過去最高の8300人が出場した。

 午前8時30分選手が新潟市陸上競技場をスタートした。

 大堀幹線のひらせいホームセンター前を通過する予定は9時半前後。

 自宅を9時10分に出て選手を待った。

 多くの人が沿道に。

 ・9:24:報道車と先導の白バイ2台が通過

 ・9:24:白バイの後ろをトップ集団の選手5人が続く

 ・9:31:上空をヘリが舞う

 沿道の観衆の拍手と「頑張れ」の声援の中を選手が次々と通過した行く。

 伴奏者と一緒に走る選手、ドクターランナーも走る。

 ・10:26:最後の選手と後走車とパトカーが通過

 初めてマラソン応援、先頭と最後尾の選手の通過するまで沿道で声援をおくった。

新潟シティマラソンの模様は、きょうの午後3時55分からBSNテレビで放送される。

選手に声援をおくる (イラストを模写)