Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2014-12-17

もうすこし

先週終わっていると良いなぁと思っていたが、やはり終わらず、まだ仕事しています。

f:id:kane_hen:20141217214110j:image 5℃

昨日からいよいよ寒くなり、小さな電気ストーブを小脇に厚着してごまかしていたのが、どうにも誤摩化せなくなったので、久々石油ストーブをつけた。でも、温度計はぴくりともしないで5℃。でも、手がかじかむような事は無く、不思議がっていたら「それは、輻射熱でしょう」と家人に言われてなんとなく納得。明日も冷えそうです。

f:id:kane_hen:20141217214109j:image 把っ手

お正月におとそを入れる器。把っ手をだいぶ前に頼まれていたのでつくる。あれこれして、まぁこんなものでどうかと思って写真を撮って、出来上がり。・・・と、思ったが、写真に映ったそれは、どうにも地金が薄過ぎておさまりが悪かった。写真は、ちょっと客観的に見れるのかもね。ま、本物より良く見える場合もあって単純には言えないけれど。

ということで、明日に持ち越し作業して、それでも今週中には制作は終える。そして、いろいろの整理と掃除をしなくては。あと、クリスマスの準備も。

2014-12-13

日帰り東京

弾丸日帰り旅行にいった。旅の友は短編集丹生都比売 梨木香歩作品集 物語を読めるようになったのでとても染み入るように読んだ。子どもを産んでから、小さな子ネタにからきし弱くなったのでバスの中で涙ぐむこと数回。母と娘は父と息子ととはすこし違うけれど、やはり特有の難しさがある。

東京都庭園美術館  内藤礼 信の感情 

庭園美術館が改装して記念の展示ということで、本館の方には割と高年齢の方々がわんさといらっしゃっていた。普段撮影可なのだけど、この期間中は土日は撮影不可と書いてあった、確かに、あの人数で写真を撮りだしたらまともに鑑賞出来ないだろう。なので、これから行く方には平日をお勧めします。

本館には、ときどき内藤礼のちいさい人が居た。うん。どうでも良いけど、あのちいさい人はバルサが素材なのだろうか?木目といい、軽そうな感じといい、そんな気がした。

そして、新館に展示していたのは、絵画だった。言葉で言うととてもちんけだけども、白い画面にうっすら黄いろ味や橙、あお味のがかったもやがみえる。一瞬それが目の錯覚や、もし印刷だったらモアレかなにかのような、そこにあるものを見ている、と、いうこと自体を意識させるようなものだった。

私は根が単純なので、おおよそ「ああ、そういうしくみか」と、解るととたんにどうでも良くなり、その意図自体に食傷気味になることが多いけれど、内藤礼の作品はその「しくみ」と「わかる」のあんばいが絶妙で、ずーっとみていたくなる。嫌にならない。

その塩梅は言葉にできないところにある何かなのだろうけれど、コンセプトや技法、技術よりも、大事なものに違いない、といつも思う。

・山田瑞子展 metalwork&jewellery展 Gallery YORI 

大学の先輩に当る、瑞子さんの個展。3年に1回、16年間も続けてこられたという個展は、小さな空間に濃密にひろがっていました。勝手に鍛金の先輩だと思っていたけれど、学部で彫金、院で鍛金研究室だったという事を、今回初めて知りました。作品はジュエリーも多いけれど、器やカトラリーなど幅広く、短い時間ではしっかり見たとは言いがたいくらい多くの作品がありました。

瑞子さんは、ちょうど私が学生の頃にはもう卒業されて同じ空間にはいらっしゃらなかったけれど、同級生に当る女性お二人が代わる代わる美術研究や、保存修復などの先生で大学に残っていました。当時、夢ばかり脹らんで、卒業後の事など真っ白だった私には、その女性お3方の活躍をただ眩しく思っていました。

その頃の年齢を軽く上回ってますが、今でも先輩は憧れだなぁと、ちょっと緊張しつつ、瑞子さんとお話し、いろいろ思い出し楽しい時間、名残惜しく後にしました。

ギャラリーバーカジマ  12/1 - 27 わたしの今年のかたち 展

銀座に移動。はじめて行った、ギャラリーバーカジマ。久々の東京は電車が暑い!電車に乗る度に上着を脱いでも汗をかく、そして早足であるいてくたびれたのでカジマさんに到着早々にオレンジジュースを飲みました。絞りたての生ジュースがものすごく美味しかったので、また行きます。

銀座で友人と合流して夕飯。辛い辛いインドカレーを食べました、美味しかった。お互い、子どもを産んでから会っていなかったから4年振り?くらいの再開。もちろん母となって変わる所もあったに違いないけれど、やっぱり人はそう簡単には変わらないなーと、空白を感じない楽しい食事でした。

友人と別れ、高速バス乗り場へ。少々時間があったので翌朝のパンを買ったりうろうろしたり。でもやっぱり深夜の都会は田舎者には怖いのでおとなしく待合室で時間をつぶし、やっぱり寝苦しくて夜行バスを少しだけ後悔したけれど、うつらうつらして気がついたらもうバス停に到着。

なんだか怒濤の一日だったのでカメラは持参していたのに、1枚も撮らないままだった。そして、夜の都会はかなり久しぶりで、大方の明かりがLEDになっていて、その混じりけの無い真っ直ぐな明るさを妙に感じた。遠くまでが、不思議にとても明るい。なんだろう、この感じは、と、おもいつつ、また忘れた頃に日帰り旅行もいいかなと思った。

2014-12-11

トレイとコースター

今日は朝10℃くらいで暖かい。気温がマイナスだと手袋が欲しい事を思い出した。

f:id:kane_hen:20141211142259j:image 蜜蝋をざっと塗って冷まして、あとは布で磨いてできあがり。

f:id:kane_hen:20141211142300j:image 昨日のおやつはやきいも、今日もきっと焼き芋。

明日までで仕事納め・・の予定は変更、あと2〜3日は終わらないので延期。

2014-12-08

名古屋

ナカオタカシさんの工房展に行って来た。

パーツのことで時々お世話になっているし、なんとなく行ってみたかった。

f:id:kane_hen:20141208212942j:image:left1時間半程を電車に乗るのも旅っぽくて良い。前日に降った雪がまだだいぶ残っている最寄り駅からの景色。山(恵那山?)は真っ白。久々に乗った電車で何がショックかと言えば、いろんな匂いがすること。慣れるまでしばらく閉口した。そうだった、人が集まる密室はたいてい臭い。


f:id:kane_hen:20141208212941j:image:left会場ビル入り口。大きなオリーブの樹に黒い実がぽつぽつ実っていた、さすが名古屋は温かいな。


クラフトフェアでも見たはずなのだけど、わさわさして見た気がしておらず、初めてまとまった数を見せて頂いた気分になった。なんだろう、その後紙媒体などのメディアで写真など見ていた印象よりもずっと、そう、手で作っているという形跡を感じるかたちだった。その素材の特性の乳白色のような半透明な色合いの印象に加えて、ぐっと手作り感が迫って来る。そして、本人と話してみて、「プロダクト」との違いという事をとても意識していらっしゃることが解り、腑に落ちた。

何となくノリで行った展示であったけれど、帰りの電車の中ではその素材が木や土(陶)とは異なる、いわゆる天然の素材(で、合っているだろうか)ではないという金属との共通点をかみしめながら、色々考えた。用途や造形であれば、量産品の「プロダクト」の方がきっと安く、沢山提供することができる。(それが目的でもあるだろうし)そこを、敢えて手づくりでやること。

今の家に引っ越す前、狭い小さな一軒家に2年だけ住んだ。そこで子との生活が始まり、まだ寒い時期には一日1時間にも満たない買い物や暖かい時間の散歩以外、ずーーーーーーっと、室内で過ごした。台所も狭く、流しの上のフックに道具類を並べておいていた。

居間からダイニングを眺めると、流しの窓から午後は陽が差し込む。赤子は寝ていたのかそれすら覚えていないけれど、フックに幾つもかかった鍋類の中の1つが、ほんとうに美しく思えた。自分の叩いたフライパンだった。真円にちかいけれど、機械でつくったような精度ではもちろん無い、なにか揺らぎのようなものがシルエットから感じられた。とても、安心できるかたちだった。

ま、そういうの、大事だと思います。

f:id:kane_hen:20141208212940j:image:left その後、毎度行くドイツパン屋に行って山ほどパンを買い。お気に入りのケーキ屋でランチを食べ、コーヒー豆を買い、帰路はいいにおい(パンとコーヒー)に包まれました。


f:id:kane_hen:20141208212939j:image:left そして、見ていたら欲しくなったナカオさんトレイ。一回り小さい四角いのと悩みましたが、置こうとおもっていたキッチンカウンターにぴったりサイズで嬉しくなりました。塩と胡椒(のミル)と、鍋敷き兼鍋つかみを予定通り置いてみた。我が家は割と木ばかりなので、新しい素材はどうなるのかなと思っていましたが、とりあえずは大満足です。


2014-12-03

13日日帰り東京メモ

思い立って、高速バスで日帰り弾丸東京旅を予定。それから、他にお勧めあれば教えてください。

13時16分着新宿

東京都庭園美術館  内藤礼 信の感情 

・山田瑞子展 metalwork&jewellery展 Gallery YORI *11〜17時半

日本民芸館 平成26年度 日本民藝館展 −新作工藝公募展− *17時まで

ギャラリーバーカジマ  12/1 - 27 わたしの今年のかたち 展

23時40分新宿発

2014-12-01

 日々+HPとか

あっという間に12月で、少々慌てていますが、なんとか乗り切ろう。月末予定が今日1つ発送になり、来週までで今年は仕事納めにしようと、家族会議で決定しました。週末は従姉妹家族が来て1歳児と遊んだり、猪に庭中掘られてがっかりしたり、娘微熱で夫がめんどう見る中カンカン仕事しました。

f:id:kane_hen:20141201093220j:image ランプのシェード、穴開け前。

そして、かねへんのHP。大したコンテンツも無く、一応あるという感じなのですが、このOCNのサービスが終了するようです。(このブログはこのまま変更ありません)メールとHPだけの利用で月に400円程の契約だったのですが、今時メールもGmailがあるし、HPよりもフェイスブックやブログにまとめるの方が良いのかなと思ったり。ということで、HPは来年2月までのようなので、メールアドレスも順次kanehenあっとまーくgmail.comになります。お仕事関係の方には新年の挨拶頃に改めてお知らせします。