Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2015-06-30

おなじものを

名古屋の方で以前つくった一輪挿しとおなじものを、とリクエスト頂きつくってみる。

f:id:kane_hen:20150630151436j:image あとリベット接合したりして完成の手前。

だいぶ、だ〜いぶ久しぶりにつくったので、すっかりつくりかたを忘れていた。そして、私の中でのコツがだいぶ変わっていたことに気がついた。仕上げを想定して気にする部分も違うし、行程もたぶん違う。はー、一方的な成長かどうかは解らないにしても、こんなに違う目で自分のつくったものを見ることができるのかーと、ちょっとした発見をしたような気分になる。

当時も、なかなかかっこいいとおもいつつも、行程に無駄が多過ぎて定番にならなかったけれど。もうすこし、まじめに向き合って、安定してつくれるようにしてあげたいなと、久々につくって思いました。思い出させてくれてありがとう。

ぜんぜん関係無いのだけど、先月は胃腸風邪、今月はヘルパンギーナと、毎月家族3人で体調を崩している。自分+娘の不調期間が制作出来ないので、スケジュールがあって無いようなことになっています。ええ、愚痴です、ごめんなさい。

2015-06-24

兼用

少し前に父の日と夫の誕生日ということで、前から気になっていたアイテムの試作も兼ねて。

f:id:kane_hen:20150624145706j:imageベルトハンガー

在庫であった硬そうな木を磨いて、両側にフックを5本出す為に貫通穴をあけて真鍮棒を通してちょっとだけ叩いて頭を大きくして曲げた。クローゼットのハンガーと並べて掛ける用にしたけれど、重さのバランスがわるくなってぐらぐらするが・・・まぁ使えなくもない。木に真っ直ぐ穴を開けるのってこんなに難しかっただろうか?ボール盤に固定しなかったからか、前後左右にゆらゆらまがって貫通しました。。。

しかし、それ以外にもいろいろ改良しないと売り物にはならないなぁ・・・と、日の目をみるのは当分先になりそうです。

2015-06-15

三島

f:id:kane_hen:20150615200025j:image:left美術館建物内からの景色

週末、いろいろと絡めて、静岡県三島にあるヴァンジ彫刻庭園美術館に行ってきた。ネットで 「クリスティアーネ・レーア 宙をつつむ」展 http://www.vangi-museum.jp/kikaku/150405.html の画像を見たからなのだけど、勢いで姉家族とうちの娘の5人でみる事になり、娘はたーっと走ってゆくし、触ってはいけない所を触るしで、ヒヤヒヤものだった。

f:id:kane_hen:20150615200026j:image:leftクリスティアーネ・レーアは写真撮影可だったので撮ったが、まぁ、あれだ、そんなに簡単に撮れるものではないよね。

f:id:kane_hen:20150615200028j:image:left

f:id:kane_hen:20150615200027j:image:left

美術館はクレマチスの丘http://www.clematis-no-oka.co.jp/という複合施設で、ベルナール・ビュフェ美術館やレストラン、クレマチスの咲き乱れる庭園などがあり、今回は時間の都合でヴァンジ彫刻庭園美術館とクレマチスの丘だけを見てきた。

f:id:kane_hen:20150615200031j:image:leftクレマチスの丘

f:id:kane_hen:20150615200030j:image:left

f:id:kane_hen:20150615200029j:image:left

とりあえず、ちょうどクレマチスの見頃な時期で、かつ晴れ間に行けたのでとても気持ちがよかった。こういう施設はどういういわれで出来上がるのか知らないけれど、浮世離れした気持ちのよい空間にたまに出かけるのは悪くない。週末の午後3時頃だったけれど、さして混み合っても居なかったし。

しかし、単品の展覧会のためだけにゆくにはちょっと遠過ぎた。娘との帰路、新幹線で名古屋回りで帰ったが、家についたのは20時過ぎ。こんな暗くなる時間まで娘と出歩いたのは初めて、でどうなる事かと思ったが、意外と眠る事も無く、程々機嫌良く帰ってこられた。

翌日、娘に楽しかった事best3を聞いたら、1、行きの車の中でのくるまくん(姉)との会話 2、PAで食べたソフトクリーム 3、帰りの新幹線車中で食べた駅弁 でした。そんなものです。

2015-06-08

梅雨入り

何故か重なった書類やメールを送り、10日程ズレてしまった制作日程を再検討。夏休みを取るためにも、がんばろう。今年の夏は今年限り。


f:id:kane_hen:20150608163127j:image 小松菜の隙間で冬越ししたたった1つの株から、沢山の花が咲いた。1つの種から、沢山の種が蒔ける。

縁があり、生まれて初めてバレエを観劇。ロマンチックな雰囲気やら華麗なダンサー達・・・という事もあるけれど、なによりも言葉が無いということが心地よかったのかも知れない。言葉の無い世界、犬との暮らしを思い出す。

2015-06-04

さる

信号で止まると、反対車線のガードレールの下に4本の足,体は見えず。犬が1人で散歩?とも思ったが、なにやら足の動きがぺたりぺたりと手のような・・・と、手すりに飛び移ったのは猿でした。

f:id:kane_hen:20150604111216j:image 昨日R19で見かけた。

今朝は6月だけど5月のような爽やかな晴れ間。制作・・・またもスケジュールより3日程遅れています、ごめんなさい、がんばります。