Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2015-12-28

 いろいろの近況

ばたばたしておりますが、今日から年賀状をやりますよ。その前に、ここ1週間程を振り返ってみたりして。

f:id:kane_hen:20151228105150j:image 

ビスコッティ、これも既に年中行事になりつつある、感謝の気持ちをちょこっとだけですがかたちにして。

f:id:kane_hen:20151228105149j:image 

クリスマスケーキは今年はスフレチーズケーキに娘とクリームとイチゴを乗せました。つくりながら手についたクリームをなめるのはお約束でしょうか。スフレチーズケーキは7〜8cmに脹らむはずの厚みが6cm止まりでどっしりだったけど、まぁまぁ美味しかった。

18cmのホールでつくって去年までは祖父母に分ける分もあったけど、今年から娘も大人並みの一切れを要求するので、祖父母分が目減りした。来年からはお腹いっぱい食べられるようなヘルシー系のケーキにしようかな。

f:id:kane_hen:20151228105148j:image

薪ストーブシーズンと共に、懲りずにパン焼きがブームになってます。どうしてもダッチオーブンでは焦げたり、そもそもダッチオーブンが重過ぎて気も重くなりがちなので、鉄板(スキレットの蓋とピザ用)を2枚敷いて、炉内を見ながら焼くようになったら楽しくなった。しかし、薪ストーブと発酵のタイミングがなかなか難しく、写真の時は明らかに過発酵で残念な味に。でも、1回で2日分のパンしか焼けないので繰り返せばもう少しマシになるでしょう。

f:id:kane_hen:20151228105146j:image

クリスマス前のつもりだった叩き納めが終わらず、26日にやっと叩き仕事納め。と、同時に娘冬休みなのであとは事務仕事と掃除をすこしして、本当の仕事納めはいつになることやら。

f:id:kane_hen:20151228105147j:image

と、ダンディゾンのモザイックミュレを頂きながら、やっとこ年末を振り返っております。酸味の効いたドライフルーツといろんな歯ごたえが美味しいね、えつこさん、ありがとう。とにかく、良い時を。

あ、数日前にアナログライフさんのサイトにモビールがアップされました。既にsoldした模様ですが、写真がとてもとても素敵に撮って頂いているので、宣伝しときます。 https://www.analoguelife.com/ の、METALWAREのところにkanehenあります。

2015-12-18

輸入洋白

なんだかんだでオーストラリアから注文していた洋白板が届いた。(それまでのお話はこちら)板の値段自体は国内よりも1.5倍、関税やら振込手数料、送料などで結局日本で買うほぼ2倍の金額になってしまった。それでもこれまでより一回り大きく取れるので、価格は調整しよう。銀色と黒のトレイになる予定。

f:id:kane_hen:20151218092920j:image

板はふかふかの封筒に入っていた。国内でもよく見る、間にエアパッキンの入っているヤツだろうと、カッターでざっくりと開けたら・・・古紙を粉砕したようなものが詰まっていてちょっとした惨事に。常々紙とエアパッキンのゴミは分別しにくいと思っていたのでこれには納得なのだけど、ちょっと焦った。開けたのが家でなくて良かった。

f:id:kane_hen:20151218092921j:image

今週はいろいろ雑務が重なり制作遅れ気味。で、昨日やっと夏から持ち越していた案件を発送。ああ、こんなに年末になってしまってごめんなさい。そして、クリスマス前にまだあと2つ発送予定。今朝の外気温は-2℃、首の付け根から肩の凝りが酷い、なんとなく40肩っぽくもあり、気をつけよう。

2015-12-15

いろいろ

ここのところ、やりたい事や考えたい事、つくりたいモノや、会いたい人、聴きたい音楽が山ほどあって、気持ちばかりが焦る、ザ・師走。とりあえず、その中からいくつか報告とメモ。

ご近所中津川市阿木のcafe500という土日月だけ開いているコーヒー屋さんにkanehenのコーヒーメジャーを置いてもらう事にしました。この週末に託して来たので、たぶんそのうち並ぶと思います。ちゃんと並んだら写真を撮って、お知らせもします、とりあえずはコーヒーが美味しいです。

レギュラーコーヒーを飲むようになったのは、たぶん宇都宮時代にCAFE SHOZOに連れて行って貰ってからだと思う。はじめてコーヒー美味しいと思って、家でもレギュラーを飲むようになった。居心地が良いということはこういうことなんだなと、教えてくれたお店でもある。ものすごく遠いし、もう行く事はなかなか無いとは思う。cafe500はSHOZOみたいに観光地化はしないで、ひっそりと美味しいコーヒーが飲めると嬉しい。

4年(?)越しの片付けをしてやっと本を棚に収めた。一時期、出たら買っていた工芸関係の本。すっかり疎くなっていたのでアマゾンなどで検索していろいろ買って読んでみる。

工芸のシンポジウムがあったのかな、その記録本。クラフトの語源から解説する金子賢治さんの文章がとりあえず面白かった。へー。あとは北澤憲昭さんが、シンポジウムの反省みたいなことを前書きで書いてあるのもへー。あと鍛金大先輩の橋本真之さんの文章・・・・は気合いが必要なのでまだ読んでません。

そして、これも読みたいなと思ったけれど、ちょっと高いなーと、躊躇しつつ、いろいろ検索していったら、東京国立近代美術館のサイトの研究報告に著者のPDFが結構あったので保存した。読むのはもう少し先になりそう。

追記:近代美術館の紀要がさかのぼってPDFで読めます。リンク→http://www.momat.go.jp/ge/research/#section1-3

15年くらい前は勤めていて、ある意味時間もお金も死なない程度にはあったのでいろいろ本を探して読んだけれど、こういった工芸も含めて美術の近代史のようなのは北澤憲昭さんの本くらいしか無かったと思う。前にもちょこっと別の事で書いたけれど、(あれ?フェイスブックだったかも)アートと工芸、クラフト、の距離感がこの10年くらいでものすごく変化して来ているからだろうか、いろいろな本が出ていてびっくりした。

学生時代にはもやもやと漠然と、15年くらい前にものすごく思った、「なにがどうしてこうなった工芸!!」という気持ちの行きどころの無い感じ、この辺りを読み終われば少しは解るようになるのかもな。

2015-12-03

ブローチ

f:id:kane_hen:20151203163224j:image

ご近所さんとブローチWS。見送ってから出来上がりの写真撮らせてもらえば良かったなと気がついた。(こんど撮らせてください、Yさん。)いろいろ脱線しまくりで、のんびりと話をしながらこつこつつくって、気に入って頂けたようで一安心。

ブローチ、まぁジャンル的にはジュエリー。細かい事は得手じゃないので、つくってもWSの見本止まりでkanehenでは販売しませんので、欲しいなと思う方はいつかWSに来て頂ければ良いなと思いつつ、まだまだそんなスケジュールはかけらも無いのですけど。モビールの展示と同じく、これもどこかやれる所があれば良いのになーと、思う事の1つです。