Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2016-04-26

穀雨を過ぎて

先週から山菜たちが一気に芽吹く。毎日ぐんぐん大きくなるたらの芽は、いつも大きくなりすぎていたので、食べ頃の大きさになったら収穫して冷蔵庫へ。すこし前から蕨も採れ始め、小さめのこんてつも採れた。ちょうど週末は山菜BBQができた。ウグイスの鳴き声をBGMに、山菜ばっかりでしたが、都会の人には新鮮だったようで、とりあえずは良かった。

f:id:kane_hen:20160426095713j:image

今年も美しい青緑色を教えてくれる蕨、豊作。

制作は、このところは遅れに遅れている数ものの仕上げを粛々と。あっという間にストーブのいる気温から、もう少しで扇風機がいるかなという気配。5月に入る前に、とっくに終わっているはずだったいくつかを仕上げておきたい。お待たせしている方々もう少しお待ちください。。。。

6月には大人数の企画展に少しだけ混ぜてもらう展示が2つ。こちらもぼちぼち制作に入りたい。安曇野のシュタイネさんで時計展と、千葉の萬器さんで台所道具展です。

GWは大きなお出かけはナシ。遅れている制作もしつつ、フローリングのワックス塗りと、その間リビングにも入れないので、庭で防災キャンプをする予定。ガス、水道、電気を使わずに、庭でテントを立てて寝泊まりしてみる。3年前に越してから、心配性の夫により発電機(井戸用)やら各種防災グッズを揃えているのは知っているけれど、購入以来それらを動かしておらず、すっかり使い方を忘れたので、練習する。

2016-04-14

グループ展のお知らせ

「nimai-nitai 2016 collection+自然の息吹を感じるアートの世界展」


4/15〜4/24 11:00〜17:00(18日休)

nimai-nitai(服・小物)+大江憲一(陶)加藤亮太郎(陶)田中瑞絵(陶)加藤育子(木工)かねへん(金工)柴山香織(灯)河手久美子(花)竹本亜紀(ガラス)他

◆小さなお話の会(ブッダガヤでのお仕事−布と人)4/16 13:00〜 予約不要

◆コンパスさんの学ぶインド茶会 4/22.23 13:30〜15:30 3,500円 要予約

陶林春窯 507-0038 多治見市白山町3-89-1

f:id:kane_hen:20160416130121j:image


明日15日より、多治見の陶林春窯さんにて、グループ展に参加しております。少しだけですが、モビールとトレイ、とりわけさじなどを持って行きました。バタバタしずぎてカメラを持参し損ねまして、画像は後ほど追加できたらと思います。(18日、画像追加しました。)

ニマイニタイはインド、ビハール州の貧困解決を目指して、ブッダガヤのスジャータ村を拠点に、村の女性たちに裁縫の指導をしながら、フェアトレードな関係のものづくりをしているそうです。ニマイニタイとはインドの神とその兄という意味だそうで、両者をインドと日本の良い関係に倣い、ブランド名もそういった理念をあらわしているようです。ブログ(http://ameblo.jp/nimai-nitai/)などを読むと、作っているインドの方々のことも載っていて面白い。

*当初24日の終わり頃は在廊予定でしたが、行けなくなりました。