Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2016-07-25

2016-07-19

くじら?

梅雨、終わったらしい。

f:id:kane_hen:20160719144036j:image

オーダーメイドのながーい匙。用途を聞き損ねたのでこれで合っているがわからないが、できるだけオーダーに忠実につくったつもり。そして、手近に背景になるものを、、、と、子の落書き帳を開くと思いがけない何かがあった。

2016-07-15

発送と撮影

新しいお店。ちぎりhttp://utuwa-chigiri.com/に発送。静岡県三島市にある器などのお店です。カトラリーとモビール(写真のものではないですが)2点を送ります。春の予定がすっかり夏です。

そして、発送前に撮影。壊れたニコンコンデジ、ちょっとだけ新しい後継機種と思われるやつだけども、変な色にしか撮れない。COOLPIX P6000だけれども確か一番最初に買った5000とかの型番のものが一番好みだった、どんどんなんだか変な感じに撮れる。ずーっとお花モードで撮っているのがいけないのかもしれないけれど、前のはそれでよかったんだもの、それ以上わからんし。と、いうことで夫の一眼レフの方をよいこらしょと出してきて、適当に色々撮った。

f:id:kane_hen:20160715140326j:image

卓上タイプのモビール。あ、写真の画質下げすぎてしまったかもだけど、ま、いいや。そして、左の青い物体も私のつくったもので、学生の時の色漆の課題、結構今でも気に入っている。私はつくづく形が好きなんだな、もともと。

2016-07-13

ふたつのモビール

f:id:kane_hen:20160712102922j:image

卓上タイプのモビールを少し前につくって、ただいま眺めている期間。

少し前にイサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)を読んで、ブランクーシやカルダー、フラーなどとの交流も知った。(というか、知っていたはずだけど)そして、岐阜では和紙の「あかり」シリーズもつくっていて、遠くの巨匠のようなイメージだったが、ちょっとだけ人となりを知ったような気になった。いつか香川のイサム・ノグチ庭園美術館にも行こう。

若い頃、エスキース帳に彫刻家、コンスタンティン・ブランクーシの言葉を書いていた。“create like god, command like king, work like slave”「神のように創造し、王のように指揮を執り、奴隷のように働け」最近、座右の銘を聞かれて、一瞬これを書こうかと思ったが、あまりに自分の今の生活と乖離していて書けなかった。若い頃と、何が変わったのかとしばらく思うことにする。