Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2018-07-27

超絶技巧

夏休みです。

岐阜県立現代陶芸美術館の企画展、「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」、子供と行ってきた。http://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_1.exhibition.html

f:id:kane_hen:20180727122639j:image:w300

f:id:kane_hen:20180727115010j:image:w300

何パターンかの塗り絵があって、娘は壺チョイス。楽しそうに塗って、最後のめんどくさいところは手伝わされた。

このほかにも、子供向けに書かれた解説と、持って帰りたい一番好きな作品を書くところや、感想を書くプリントを貰い、やる気満々ではしゃぎ回って、大騒ぎをして言葉を選んで書いて、ご褒美にポストカードを貰って気がつくと1時間半くらい滞在した。

まだまだ子供とではじっくり鑑賞出来ないのだけど、大先輩方や、大学でちょこっと見知ってる春田さんの蛇カバンなどを直に拝見できて良かった。子供は、春田さんの蛇は怖っ!キモっ!で、豪華絢爛な螺鈿の箱が一番素敵!と、気に入ったらしい。

陶磁器の美術館だけど、今回はかなり金工の作品もボリュームがあって、8月末までやっているようなので、子供なしで、もう一度来ても良いかもと、思ったり。超絶技巧や自在物はコレクター心をくすぐり、マーケットへのニーズも高いんだなと、一つの自明について認識。

f:id:kane_hen:20180724083159j:image:w300

最近は生食用が終わり、ジャム用のブルーベリーの収穫と、夏野菜の収穫に追われる日々です。

2018-07-09

名古屋

連日の大雨、臨時休校になって3日間家で缶詰になっての土曜日。まだ不安定な天気な中、えいやっ!と家族でお出かけ。

f:id:kane_hen:20180707112008j:image:w300

名古屋といえば私は ハーブスhttp://www.harbs.co.jp/harbs/ 夫と付き合い始めてから、ひつまぶしやら煮込みうどんやらあんかけスパ、手羽先などなど高級なのからB級グルメまであちこち連れてもらったけれど、それから複数回行っているのはここだけ。王道ケーキ屋。こっそりランチ(パスタかオムライスとケーキのハーフ)にも行ったりして、数少ない一人で行ける名古屋の店。

f:id:kane_hen:20180709124607j:image:w300

そして、こちらも私の定番の桜山のドイツパンのブルーデルでパン買い込み。

アナログライフhttps://analoguelife.com/jaさんで始まった八田亨展へ。ちょうど在廊していた八田亨さんとはグループ展でご一緒しこともあり、始めてだけど初めてでないようなでご挨拶もできてよかったです。今、1点kanehenのモビールも合わせて展示していただいていました。

そして、どうしても今日行くことにした理由の、https://www.mokodi.com/ 星ヶ丘のモコディさんで個展中の、宮城在住の市岡泰さんhttps://utuwa-ichioka.jimdo.com/の展示へ。2日目で作家在廊ということで、たくさんのお客様で賑わう中、モコディの看板犬とたわむれたり、近況報告したり。

で、帰る前に長久手にできたというIKEAとやらに行ってみよう!っと行ってみたけど、多分2度と行かない。ネットで十分だった、ソフトクリームとホットドックは食べたけど。

f:id:kane_hen:20180709124403j:image:w300

と、いう事で持ち帰った器たち。左は八田さんの湯のみ、右は市岡さんの猪口(?)両方とも展示はじまったばかりなので、お近くの方ぜひ。と、帰ってきて梅シロップの残りの梅で煮たジャム。

2018-07-02

百草

もう終わってしまったけれど、百草へ内田剛一展に行ってきた。

終わりに近く、多くが売約済みで展示のために残していた様子、きっと初日にはたくさんあったのだろうなぁと思いつつ眺めみる。内田さんへの勝手なイメージで、白い土や石のボコボコした手びねりの、、、とか、絵付けはあんまり今まで印象がなかったのだだけど、ちゃんと今様に素敵なものがたくさんあり、ああ、すごいなぁ、良い仕事だなぁと思った。ジャンル違いの感想なのでお気になさらず。

f:id:kane_hen:20180702085551j:image:w300

f:id:kane_hen:20180702085557j:image:w300

f:id:kane_hen:20180702085554j:image:w300

雨の百草はくるくると景色の変わる雲姿と、時々日が指してキラキラと雫が美しかった。

f:id:kane_hen:20180702085548j:image:w300

この週末をもって、たぶん梅雨は開けた。初夏のベリーたちがひと段落して、夏野菜たちの収穫が始まった。

次に多治見に行くときは、先輩の作品も出品されているというセラミックパークMINO内、岐阜県現代陶芸美術館の企画展、「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」に行かねば。