Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2018-10-30

箱きた

f:id:kane_hen:20181030154537p:image:w400

少し前にモビール用の箱がきた、中に敷く紙も来た、外側の白い紙のところに見取り図を1点ずつ手書きする予定。そんなこんなで久しぶりにモビールをつくっている。毎日つくることが大事だといつもいつも思ってはいるので、とにかくパーツを切るだけでもなんでも良いから毎日つくろう。

そう言いつつも、生姜を収穫してしまったので急いで下処理しないと鮮度がどんどん落ちる。そして、今日はハロウィンなのでかぼちゃプリンを準備中、夕飯までに冷たくなるのか心配。それでも、モビール今日1点は仕上げよう。

2018-10-29

実りの秋

週末、だんだんと天気も回復して色々収穫したり、柿を干したりと、秋を満喫。干し柿用に、かねへん特製S字フックをつくったりして、久々に金床をカンカン叩く音が響く工房。今年こそ、ふいご祭りまでには、久々大掃除をしてピカピカにしようと思うのです。

f:id:kane_hen:20181028112601j:image:w300

f:id:kane_hen:20181028085559j:image:w300

f:id:kane_hen:20181029103245j:image:w300

f:id:kane_hen:20181029103108j:image:w300

薪ストーブもぼちぼち使うようになってきて、食べ残しリンゴを干す季節です。

2018-10-21

スコップケーキ

今年は、栗仕事色々と試していた。栗ご飯は1回で十分だと言われ、去年の栗ペーストが今まで残っていて、やっぱり味が落ちてしまっているので、年内で使い切ることを目標にあれこれ保存方法を模索。

とりあえず甘煮をつかって今日はスコップケーキ。シロップをスポンジにたっぷり染み込ませたら、甘すぎるとダイエット継続中の夫と、子供には不評。私1人で食べると、確実に肥えます。

f:id:kane_hen:20181021152011j:image:w360

お皿は市岡泰さんの。ちらっと見えるフェルトのコースターは奥ちゃん。そして、かねへんのとりわけさじ通称スコップ。なんだかインスタ映えっぽいのが撮れた気がするが、インスタには使わず。

このほか、心を入れ替えて真剣にクチナシも入れて、おせちのきんとん用の甘煮も作った、夫リクエストで渋皮つきだけどウィスキー風味でマロングラッセも初めて作ったが、うまく乾かなかった。それから、最後に庭の小さな栗の木でいくつか取れた栗は渋皮煮にしてみたが、蜜が濁ってしまった。栗きんとん(茹で栗をスプーンでほじって砂糖を混ぜて茶巾で絞る)は2回作った、これはいつでも好評。やはり、鮮度のあるうちに食べられる手軽さが良いのか。

私にしては真剣に栗と向き合ったつもりだが、それでも本に書いてる通りにはならない。仕方がないと失敗作をモリモリ食べていたら、顔に吹き出物が増えていた。色々難しい。

2018-10-20

赤沢自然休養林/蝸牛

家族で久々に赤沢へ.


子供が小さい時にも来たはずだが、覚えていなかった。美しい紅葉の中、持参した弁当を食べ、雨の中森林鉄道に乗った。かなり寒かったが、それなりに防寒していったので、なんとかなった。


f:id:kane_hen:20181020143936j:image:w300

自然の美しさに浸る。

f:id:kane_hen:20181020130759j:image:w300

運動会の弁当とほぼ同じ、唐揚げ、フライドポテト、甘い卵焼き、おいなりさん。

そして、今月28日までの展示で閉まってしまう、蝸牛へ。沢山のお客様のいらっしゃる中、子供とカラクリの箱をあーだこーだと開けたり閉めたり。展示の金属の杉島さん、あれそうだったんだーと、ビックリしつつ、バタバタと帰路。

秋の信州は良いなぁ。

2018-10-15

きこりの家/発表会

家族な週末でした。

夫趣味のチームイベントで長野県の柿其渓谷ちかくの古民家「きこりの家http://www.kisoji.com/kisoji/spa/nagiso/kikorinoie.html」で囲炉裏を囲む会。温泉にゆっくり浸かって、猪肉やきのこ汁、五平餅ふう焼きおにぎりやら食べて飲み。赤ちゃんだった子が走り回るようになっていたり。

f:id:kane_hen:20181013181830j:image:w300必要以上に燃えてます。

f:id:kane_hen:20181013183045j:image:w300

モチモチフニフニの小さな子と遊んで、子の小さな頃を思い出したり。

f:id:kane_hen:20181014141624j:image:w300

そして、翌日は地元邦楽三曲会に子が初めての発表会(右端)。祖母が先生なので普段のお教室ではいまいち緊張感が感じられないのですが、流石に他のお教室の発表を見たり、同じ教室の大人の方々やお兄さんお姉さんと合奏だったので、真剣に取り組めたようです。

という事で、10月の家族行事はほぼ終了、あとは冬に向けてのしたくをしつつ、体の調子を整えながらゆるゆる制作を続けます。もう少ししたら展示のお知らせもできるかな、の秋です。

2018-10-03

Pincushion Ring

春の個展で少し並べていた小さな銀のピンクッション、洋裁(?)をされている方からリングに仕立てることはできますか?と伺って、サイズを確認し、そこからおやすみもあってやっとできたら半年が過ぎていました。

f:id:kane_hen:20181002154811j:image:w300

当初はフリーサイズのデザインでつくろう、と思ったのですが、思うところあり、せっかくのオーダーなのでクッション受けと同じテイストの薄めの膨らみのある平リングにしました。気に入っていただけると良いな。

f:id:kane_hen:20181002154752j:image:w300

私は手がゴツゴツしていて、写真は自粛しますが、リングとして見ると、かなーり大きいのですが、なんだかわいいです。