Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2018-03-18

gallery_crossing

f:id:kane_hen:20180317112300j:image:w480

初日、始まりました。真っ白なギャラリーに、モビールの影が美しく。


初日に3時ごろまで滞在しました。


あとは、家族で来週のオープンタイムにちらり、そして、30日(金)12時ごろから2時半ごろまで居ります。居りますが、あまり関係無いような気もします。展示は4月1日まで、あの空間であれらのモノに出会いにきてください。

f:id:kane_hen:20180317111954j:image:w250

2018-03-15

てしごととくらし

グループ展のおしらせです。

サンフランシスコでのアナログライフさんの企画展に参加します。





teshigototokurashi





Analogue Life + Henrybuilt - pop-up exhibition in Mill Valley

San Francisco Bay Area

Thursday March 22nd to Sunday March 25th


at Henrybuilt's Mill Valley showroom, located at 356 Miller Ave in Mill Valley.



opening reception will be held on Thursday, March 22nd from 6 to 8pm at Henrybuilt.

To attend rsvp by email to: RSVPAnalogueLife@henrybuilt.com



Kan Ito・Youhei Maruyama・Norikazu Oe・Takeshi Omura・Yasuko Ozeki・Tatsuya Hattori・Natsu Hasegawa ・ Naotsugu Yoshida・Kanehen・Yuichi Takemata・Chiba METAL Works・Yumi Nakamura・Masami Mizuno・Masaru Kawai・Atsushi Honda(Kobo Isado)・Hiroyuki Watanabe・Yoshiyuki Kato・Kukan Chuzo・Daieki Takahashi・Nobuho Miya(Kamasada)・ganga・Tsuchiya Orimonosho・Tadami Iwamoto・Masaki Kusada・Yonezawa Hoki Kobo・Wataru Hatano・Hiroyuki Ueda・Tukihiso

f:id:kane_hen:20180315103648j:image:w360

f:id:kane_hen:20180315103641j:image:w450

2018-01-30

1月も終わる

今更ながら、あけましておめでとうございます。

やっと、仕事関係などなどに年賀状、、、、寒中見舞いを送っています。

f:id:kane_hen:20180130084136j:image:w450

年末年始は賑やかに慌ただしく過ごしました。去年胃腸風邪で寝込んでいた恨みを解消すべく、お節をつくり、ケーキを焼いたり、プリンを作ったり、、小正月には豆餅をいただくなどなど、体力を回復すべく過ごしました。おかげさまでこの冬、今の所家族皆、風邪もひかず元気にしています。これも年始のおみくじが大吉続きだったご利益かもしれません。

今年、はすでに会期後半、福岡望雲 http://bouun.shop-pro.jp/ でのイッテンモノ展への参加から始まりました。今回は銀のピンクッションといつもの切れ端ボタンを送りました。そして、あとひと月半ほどで、ややご近所の美濃太田宿、crossing http://crossing.gallery/での個展がはじまります。

個展は久しぶりなので、じわじわと緊張しています。インフルエンザも怖いです。

2017-12-04

いろいろ

一月ほどぶりのブログです。

ながーい、長いトンネルに入っていたかのようなこの数ヶ月、やっと視界が明るくなってきました。簡単に言うと体調不良なのですが、そこには加齢とか、生活の変化とか、あっちの方とか、こっちの方とか、いろいろあるわけです。

で、もう師走です。

せっかく掘ったこんにゃく芋をこんにゃくにしていないとか、初めて生業の鞴祭りを忘れてしまったりとか、子の誕生会を中止してしまったりとか、いろいろ思うこともあるのですが、とりあえず、前を見るしかないのです。

今年は、いつのまにか遅れに遅れている注文をどこまで仕上げることができるかに全力で向かう所存です。

来年は春に岐阜県美濃太田で個展と北千住で2人展、それから5月には松本方面で楽しいこともあるかもです。そして、3回目になる望雲さんでの個展も冬にできそう。それ以外も新しいお誘いもちらほら頂いて、新しい土地にお目見えする機会も増えそうで、ありがたい限りです。精進いたします。

2017-10-13

入笠山+マナスル山荘本館

秋の三連休、あまり考えていなかったが兼ねてから私のやってみたいこと「山小屋に泊まる」を夫が覚えていたらしく、マナスル山荘を探して来た。入笠山は2回目。

f:id:kane_hen:20171007150712j:image:w360

雨上がりで到着すると山の上は濃霧から小雨へ。もともと、翌朝の日の出狙いだったので、宿でのんびりしたり近所を少しだけ散策。マナスル山荘本館、とてもご飯が美味しくて感動した。夕飯はチゲ鍋やおでんなどなど、一回り食べたらもうお腹いっぱいだったのだけど、気持ちとしてはもっと食べたかった。育ち盛りの時に来たかった。

お酒も飲み放題のプランもある。飲めたらなー。ちなみに、宿泊でなくても色々なメニューがあるのでランチもおすすめです、焼きたてパンの軽食もあった、ビーフシチューとても美味しかった。ああ、それいい考えだ、富士見方面に行くときはここでランチだ。

f:id:kane_hen:20171008055220j:image:w360

翌日、4時半起床で5時から頂上を目指す。宿から頂上は30分程、日頃の下半身の運動不足を嫌という程味わいながらも日の出前に到着。見渡す限り360度の雲海、遠くに富士山も見える、絶景。

f:id:kane_hen:20171008055615j:image:w360

f:id:kane_hen:20171008060130j:image:w360

頂上でコーヒー(子はココア)を飲む、というのもリクエスト。

f:id:kane_hen:20171008110411j:image:w360

f:id:kane_hen:20171008084626j:image:w360

その後、お昼前まで高原の放牧地を散策したり、藪漕ぎしてみたり、あと私が虫嫌いだと解っていて、8年周期のキシャヤスデ大発生のテイ沢に行こうとして、途中で耐えられず引き返したりしました。

f:id:kane_hen:20171008074713j:image:w360宿で泊まった部屋

宿では子は部屋にいないなぁと思うと、いつのまにか勝手に話し相手を見つけて遊んでました。ちょうど同じ年頃の子がいて、2人ともあっという間に仲良くなって楽しかったそうです。遊んでくれてありがとう。

どうやら、山頂まで30分の宿まで車で行ける、このマナスル山荘本館はいわゆる山小屋とはだいぶ違うようです。が、小さな子がいる家族連れには最適でした。ご飯も美味しいし。山仕様っていろいろ無駄がなくて、私には心地よかった。また、違う季節に行きたいです

2017-09-19

台風と休日

すっかり秋。

夫と松本うろうろと、そして連休は家族で帰省のついでに三重県立美術館で「テオ・ヤンセン」展。

松本は灰月で元同僚の市岡泰さんの個展へ、松本に早く着き過ぎたので郊外のグリーンファームで林檎、洋梨、プラムなど、地元とはだいぶ品揃えの違う野菜を買い込む。灰月にはオープン早々に行けたのでたくさんの器から小さめの楕円の皿を5枚持ち帰る。チクーナ西村でランチ、ラボラトリオと10cmに寄って、帰路。やっぱり、秋には信州。

少し前の奈良美智展が子にはいまいちだったらしいので、雨の中ですが三重県立美術館で「テオ・ヤンセン」展へ。それなりに楽しかったらしいのでよかった。三重県立美術館、初めて行ったけど、帰省先から1時間ほど。今回雨で野外彫刻などあまりみられなかったので、また面白そうな展示があったら行きたい。

f:id:kane_hen:20170916111434j:image

子はこんなにびっくりしたそうです。

f:id:kane_hen:20170916110928j:image

とりあえず、押してみました。

テオ・ヤンセン展 元建設系の義父にあんな不安定なものの何がいいのだ?問われた。

とりあえず、本人はちょっと間違えれば詐欺師みたいなもので、うまくいったということ。だけれど、みたこともないもの、みたことのないスケールのものが動く、という面白さ。白を基調とした造形であることも、ノスタルジーを感じるし、心地よいのだと思う。と、説明したが、それで合っているかはわからないけど。私はなんだかマッドマックスっぽいなと思った。

f:id:kane_hen:20170918151155j:image

そして、連休最終日、松本で買ったあれこれをひたすら料理したり下準備、でかける前に買ってしまったバナナが熟れ過ぎたので、おやつに胡桃バナナケーキを焼いた。市岡さんの器に盛ると、とたんに素敵に見える。うん、インスタ映えってことでしょうか。

さて、今年もあと3ヶ月ちょっと、頑張ります。

2017-09-14

秋の味

栗で有名な我が家周辺、ネットで調べて車で15分ほどで、マロングラッセが食べられる恵那川上屋恵那峡店に行ってみた。勝手に、R19沿いのすやのような趣がある店を想像していたが、行ってみるとフードコートのような感じでびっくり。

f:id:kane_hen:20170911114750j:image


件のマロングラッセ「栗一筋」をコーヒーといただいたが、真ん中のメレンゲが硬くて周りのクリームが柔らかいのでものすごーく食べにくかった。スプーンでこれは無いと思う、フォークも欲しかった。これなら私は普通のスポンジがいい。

焼きメレンゲも、クリームに入っていると形がわかりにくと思うけど、たぶん、栗の形になっていた。だったら、外側に出して見られる方がいいと思う。食べやすいだろうし。近くで食べていた初々しいカップルがどう食べ進むのか、つい心配してしまったよ。

そして、これは2人で食べるくらいの量があります。コーヒーがあったのでなんとか食べられたけど、と、あんまりな印象でしたが、うるさくても大丈夫そうなので、子供と来るにはいいかも、と、思いました。大人だけだったらもう行かないかな。

2017-09-04

豊田ー名古屋

f:id:kane_hen:20170903121637j:image

すっかり秋

f:id:kane_hen:20170903121602j:image

BTなどの印刷物では見たことがあったけれど、実物を見たことはなかったなぁというのと、かわいいような感じだし、子供と行っても良いかなぁ?と、浅はかな感じで家族で行った。子は、野外の彫刻などの方がよほど気になったら感想でした。豊田美術館はリチャード・セラもあるし、ブランクーシもあるから好きだ。

f:id:kane_hen:20170903140734j:image

そして、アナログライフさんへちょこっと寄り道。大桃さんのサジを手に入れた。装飾は私の仕事とは違うけれど、とても興味深い。

f:id:kane_hen:20170903150707j:image

帰る前に、地元ではなかなかお目にかかれないケーキを食べる。しかし、1個食べるので精一杯でした。レモンヨーグルトムース、美味しかった。

豊田市美術館、次の展示はジャコメッティらしいので、また来てもいいな。それから、三重県立美術館のテオヤンセンもギリギリ見にゆくつもり。まだ、ゆっくり鑑賞は難しいが、それでもだいぶ鑑賞するということの真似事が、子も可能になったのです。

2017-07-24

いろいろはじめました。

いろいろあって、ipad(*スマホではない)を手に入れました。そして、https://www.instagram.com/kanehen_miyajimashiori/もはじめました。あ、ツイッターも一応やっていますが、ほぼ呟かないのでそれは置いといて。

ずーーーーっと、デスクトップパソコンで過ごしてきました。そう、グレーの躯体にどでかいブラウン管ディスプレイだったなぁ。まだ回線が東大を経由していた時代だったなぁ。雑誌にネットワーク図が掲載されていた時代、フロッピーディスクだし、電話回線をぴょろろろろ〜って鳴らしてメールチェックしたよ。えーと、もう25年くらい経つのか。。。。

もう、何が違うのかすらわからないけど、電源入れればすぐ使えて、Wi-Fiあればサクサクといろんなソフト。いや、アプリが使えて、充電式で、どこででもできて、カメラもあるし、動画もできるし、いやー、凄い凄い。メールや新着なんかも電源消しててもちゃんと教えてくれる。ヘイSiriっていうのはやらないけど、聞けばそれなりに教えてくれる。

そんなこんなで、あっという間に起動や読み込みにタイムラグのあるPCの方を使いづらいと感じるようになりました。ブログの更新もたぶんあんまりしなくなる予感。というか、kanehenのお仕事情報はInstagramの方に主にして、ここは本来の備忘録としてのメモになってゆくと思います。たぶん。

あ、でも、モニターの色はPCの方が断然綺麗。ipadは昔のWinみたい、アップルなのになぁ。

2017-07-10

じわじわ

いろいろ遅れつつも、コツコツ作業。そして、プラムジャムを仕込む日。

f:id:kane_hen:20170710142218j:image:w360

某所へ送るモビール完成。

f:id:kane_hen:20170707165219j:image:w360

毎日蒸し暑い。大きなランドセル的カバン、絵本袋、水筒、プールバッグを持って、片道45分〜1時間(帰りは寄り道含む)で通う。こども、だいぶ頑張っていると思う。そして、あと10日で夏休み。