Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2018-07-09

名古屋

連日の大雨、臨時休校になって3日間家で缶詰になっての土曜日。まだ不安定な天気な中、えいやっ!と家族でお出かけ。

f:id:kane_hen:20180707112008j:image:w300

名古屋といえば私は ハーブスhttp://www.harbs.co.jp/harbs/ 夫と付き合い始めてから、ひつまぶしやら煮込みうどんやらあんかけスパ、手羽先などなど高級なのからB級グルメまであちこち連れてもらったけれど、それから複数回行っているのはここだけ。王道ケーキ屋。こっそりランチ(パスタかオムライスとケーキのハーフ)にも行ったりして、数少ない一人で行ける名古屋の店。

f:id:kane_hen:20180709124607j:image:w300

そして、こちらも私の定番の桜山のドイツパンのブルーデルでパン買い込み。

アナログライフhttps://analoguelife.com/jaさんで始まった八田亨展へ。ちょうど在廊していた八田亨さんとはグループ展でご一緒しこともあり、始めてだけど初めてでないようなでご挨拶もできてよかったです。今、1点kanehenのモビールも合わせて展示していただいていました。

そして、どうしても今日行くことにした理由の、https://www.mokodi.com/ 星ヶ丘のモコディさんで個展中の、宮城在住の市岡泰さんhttps://utuwa-ichioka.jimdo.com/の展示へ。2日目で作家在廊ということで、たくさんのお客様で賑わう中、モコディの看板犬とおっかなびっくりたわむれるたり、近況報告したり。

で、帰る前に長久手にできたというIKEAとやらに行ってみよう!っと行ってみたけど、多分2度と行かない。ネットで十分だった、ソフトクリームとホットドックは食べたけど。

f:id:kane_hen:20180709124403j:image:w300

と、いう事で持ち帰った器たち。左は八田さんの湯のみ、右は市岡さんの猪口(?)両方とも展示はじまったばかりなので、お近くの方ぜひ。と、帰ってきて梅シロップの残りの梅で煮たジャム。

2018-07-02

百草

もう終わってしまったけれど、百草へ内田剛一展に行ってきた。

終わりに近く、多くが売約済みで展示のために残していた様子、きっと初日にはたくさんあったのだろうなぁと思いつつ眺めみる。内田さんへの勝手なイメージで、白い土や石のボコボコした手びねりの、、、とか、絵付けはあんまり今まで印象がなかったのだだけど、ちゃんと今様に素敵なものがたくさんあり、ああ、すごいなぁ、良い仕事だなぁと思った。ジャンル違いの感想なのでお気になさらず。

f:id:kane_hen:20180702085551j:image:w300

f:id:kane_hen:20180702085557j:image:w300

f:id:kane_hen:20180702085554j:image:w300

雨の百草はくるくると景色の変わる雲姿と、時々日が指してキラキラと雫が美しかった。

f:id:kane_hen:20180702085548j:image:w300

この週末をもって、たぶん梅雨は開けた。初夏のベリーたちがひと段落して、夏野菜たちの収穫が始まった。

次に多治見に行くときは、先輩の作品も出品されているというセラミックパークMINO内、岐阜県現代陶芸美術館の企画展、「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」に行かねば。

2018-06-17

木曽と真希子ちゃん

久々に、木曽にでかけた。

f:id:kane_hen:20180614135445j:image:w360

やっぱり、木曽はいい、景色がどこを切っても美しい。空気が違う、五感で味わう喜びである。

と、今年初の上松の蝸牛へ。http://kagyuu.com/ 相変わらずここも良いところです、ものすごく落ち着く、ついつい長居してしまった。先輩にいろいろ話を聞いていてもらう後輩の気分。いつもありがとうございます。

そして、母方の親類の家へ。母方の姉妹兄妹は皆音楽が大好きで、一番上のおばもお箏を嗜み地域のコーラスにも参加、我が母はお箏の先生になり、そして、普段からなにかと歌い出すおば、叔父は奥さんと大学のコーラスサークルで出会ったと聞いている。

そんな親たちに育てられた従姉妹の中で、ピアニストに育った平田真希子さん。小さい頃から海外暮らしで音楽博士となり、今は毎年アメリカから帰国して1ヶ月ほど滞在、関東圏を主にコンサートや公開レッスンなどをしている。関東圏が主なので、なかなか演奏が聞けないのだけど、今年は来日の最後に木曽に来て、近親者だけで演奏を聞かせてくれた。

が、私は子供の帰宅時間までに帰らねばならず、涙を飲んで演奏の始まる前に帰宅。最後に演奏を聞いたのは子供が幼稚園の時だから2〜3年前になるだろうか。クラッシックは聴くけれどよくわからず、芸大にいた時もその関係でちょこちょこ聴く機会があったけれど、真希子ちゃんのコンサートは、なんだかすこし違って、彼女の人柄も合間って、情熱的で、曲の解釈などのお話もとても興味深い。うまく説明できないので彼女のHPを貼っておきます。

ピアノの道 平田真希子 https://musicalmakiko.com/

子供も小学生になったので、機会があったらコンサートに連れてゆきたいなぁ、中津川とは言わないけれど、中部圏でいつかコンサートできると良いなぁ。

一応フォローしておくと、父方の親戚にはもの派の叔父などもいたりして、実父も若い頃にプロダクトデザインしていたこともあるらしいので、私はそっちの血かもしれない。

2018-05-28

クラフトフェアまつもと2018

松本行ってきました。

久々に行ったら、イオンが大通りまでながーーーくできていて、それ以外にも信毎のビルがオシャレなカフェとインテリアの店になっていた。イオン、信毎それぞれの広場の部分でクラフトの出展がそれぞれブースを出していて、ミニクラフトフェアになっていた。後から聞いたら松本クラフト協会の企画(?)らしい。ひろがるなー。

なので、マップを見ながら、松本駅→六九ストリート→灰月→開運堂(ソフトクリーム)→信毎メディアガーデン→中町→イオン→あがたの森(クラフトフェアまつもと)

f:id:kane_hen:20180528082623j:image:w360

今回は一人でのんびり旅。いままでFBやインスタでチラチラみていて、はじめてご挨拶できた方々や久々の人たちにも挨拶できてよかった。

f:id:kane_hen:20180528082617j:image:w3602日に渡り、お世話になった小河さんのブース。

いままでは、ぐるぐる回って、それだけでお腹いっぱいになり、あまり購入する気持ちの余裕が無かったような気がしますが、逆に、ぐるぐるを止めて、1ルート1回だけ見て、あとで買うを止めて、しっかり見るようにしたら、いろいろ持って帰れました。とはいえ、灰月や六九ストリートで買ったのも多いけども。

f:id:kane_hen:20180528081539j:image:w360

柏木さんのヘラ、灰月で山田さんのスープカップ、リトグラスの一輪挿し、東屋のバターケース、

f:id:kane_hen:20180528084957j:image:w360

小河さんのコースター。一枚一枚が奥行きのある素材感でみていて飽きないのです、額に入れてもいいし、、、敷くのがもったいないので、しばらく眺めて過ごします。

去年、今年と、スタッフとして関わらせてもらったクラフトフェアまつもとですが、今年で終わり、今後は出展もしないと思うし、スタッフでもなく、ただの客として行くことになると思います。

まつもとは私にとっても特別な街で、そしてどこも街とは変わってゆくものなんだなぁと、改めて感じました。来年は35周年になるクラフトフェアまつもと、常に変わらないもの、そして変わり続けることを恐れないこと。2003年から松本で出会い、関われた時間を、今は懐かしく幸せな時間だったと(あんなに怒っていたけど)思います。

2018-05-25

工房イサド展

昨日、名古屋のアナログライフでの工房イサドさんの展示へ。

こ、これは!と我が家のちっさいらっきょうを掬うために長いサジを購入。使い勝手を確認したのでした。他にもブランクーシ気味な物体に興味が湧きましたがが、我が家にはもうちょっと小さい方が似合うかも、と。帰りにドイツパンのブルーデルで思いっきりパンを買い込みホクホクで帰宅。

f:id:kane_hen:20180525084142j:image:w400

かねへんでは、6月6日までの陶屋なづなさんの「皐月の市」に引き続き参加しています。その後はしばらく企画展の類への参加はありません。今年は残すところ、12月の福岡望雲さんの展示になります。

今週末はクラフトフェアまつもとですね、2日ともうろうろしている予定、天気も良さそうで今から楽しみです。

2018-04-26

北千住など

少し前のことになりましたが、展示の初日に出かけてきました。会場の萬器北千住店さんは、北千住の商店街の中にあるのですが、今時こんなに賑やかな商店街も久しぶりで、途中抜け出して通りのお団子屋さんまで行って、軒先きでみたらし団子食べたりしてました。美味しかった。

f:id:kane_hen:20180426075456j:image:w300

2人展のお相手の喜多村光史さんにも初めてお会いして、、、スッとした器をつくられるのでどんなにシュッとした感じの方かと思って恐々、意外にもとても楽しく、興味深いお話をたくさん頂きました。

f:id:kane_hen:20180426075502j:image:w300

この2人展、2人の共通点は品物の経年変化必至である事だったようです。不思議な感じでした。この展示は5月6日までです。

f:id:kane_hen:20180426075450j:image:w300

喜多村さんのビアマグ?を連れ帰りました。ポットもとても素敵だった。

翌日、教え子の椎橋良太さんの展示https://www.facebook.com/shiibashi.ryotaを見て、ノラヤと神楽坂で都会を満喫して帰路。ちょっと疲れてぼんやりしつつも、来月2日に始まる奈良のなづなさんへ、箸置きと匙を送らねばです。

2018-04-03

箱根/中華街

父の喜寿のお祝いに、家族で中華街ランチをするということで、せっかくなので途中箱根で1泊して懐かしの彫刻の森美術館へ家族で出かけてきました。彫刻の森、美大受験の予備校でその年受かる事ができないと、なぜか彫刻の森に講師に連れられてゆく、という行事があったため、2回。その後フジサンケイグループのWEBバイトをしていた大学の時にも1回来ていたので、通算4回目?でしたが、前に来たのは20年以上昔、だいぶ印象が違ってました。

f:id:kane_hen:20180331122219j:image:w300

これは前からあったけど

f:id:kane_hen:20180331125821j:image:w300

これは無かったと思う

f:id:kane_hen:20180331125916j:image:w300

子供は大喜びでした

帰って来たら、梅が終わり、桃(プラム)の花が咲き始めてました。

f:id:kane_hen:20180402081230j:image:w300

今月21日からは北千住で2人展です。もりもりつくらねば。

2018-03-24

crossing/モンキーセンター

個展中のギャラリーcrossingさんに、家族で行ってきました。

f:id:kane_hen:20180324113419j:image:w200

偶然今日は、ギャラリーのある太田宿の徒歩数分の酒蔵が、酒蔵開きを催していたらしく、子は射的で素敵なものを当て、夫は一升瓶を持ってホクホク。

f:id:kane_hen:20180324124923j:image:w200

30分ほど車で移動して、隣の遊園地には目もくれず、日本モンキーセンターへ。

f:id:kane_hen:20180324144851j:image:w200

世界最大の生きた霊長類の展示施設ということで、60種900頭の猿たちをくるくる見て周り、ワオキツネザルやリズザルの檻の中に入って触れそうなぐらい間近で猿たちを見たり、餌を隠して猿にあげるワークショップに参加したり。猿を研究するのはなかなか幅広くて楽しそう。ただひたすら猿なのですが、とても面白かったです。

2018-03-18

gallery_crossing

f:id:kane_hen:20180317112300j:image:w480

初日、始まりました。真っ白なギャラリーに、モビールの影が美しく。


初日に3時ごろまで滞在しました。


あとは、家族で来週のオープンタイムにちらり、そして、30日(金)12時ごろから2時半ごろまで居ります。居りますが、あまり関係無いような気もします。展示は4月1日まで、あの空間であれらのモノに出会いにきてください。

f:id:kane_hen:20180317111954j:image:w250

2017-10-13

入笠山+マナスル山荘本館

秋の三連休、あまり考えていなかったが兼ねてから私のやってみたいこと「山小屋に泊まる」を夫が覚えていたらしく、マナスル山荘を探して来た。入笠山は2回目。

f:id:kane_hen:20171007150712j:image:w360

雨上がりで到着すると山の上は濃霧から小雨へ。もともと、翌朝の日の出狙いだったので、宿でのんびりしたり近所を少しだけ散策。マナスル山荘本館、とてもご飯が美味しくて感動した。夕飯はチゲ鍋やおでんなどなど、一回り食べたらもうお腹いっぱいだったのだけど、気持ちとしてはもっと食べたかった。育ち盛りの時に来たかった。

お酒も飲み放題のプランもある。飲めたらなー。ちなみに、宿泊でなくても色々なメニューがあるのでランチもおすすめです、焼きたてパンの軽食もあった、ビーフシチューとても美味しかった。ああ、それいい考えだ、富士見方面に行くときはここでランチだ。

f:id:kane_hen:20171008055220j:image:w360

翌日、4時半起床で5時から頂上を目指す。宿から頂上は30分程、日頃の下半身の運動不足を嫌という程味わいながらも日の出前に到着。見渡す限り360度の雲海、遠くに富士山も見える、絶景。

f:id:kane_hen:20171008055615j:image:w360

f:id:kane_hen:20171008060130j:image:w360

頂上でコーヒー(子はココア)を飲む、というのもリクエスト。

f:id:kane_hen:20171008110411j:image:w360

f:id:kane_hen:20171008084626j:image:w360

その後、お昼前まで高原の放牧地を散策したり、藪漕ぎしてみたり、あと私が虫嫌いだと解っていて、8年周期のキシャヤスデ大発生のテイ沢に行こうとして、途中で耐えられず引き返したりしました。

f:id:kane_hen:20171008074713j:image:w360宿で泊まった部屋

宿では子は部屋にいないなぁと思うと、いつのまにか勝手に話し相手を見つけて遊んでました。ちょうど同じ年頃の子がいて、2人ともあっという間に仲良くなって楽しかったそうです。遊んでくれてありがとう。

どうやら、山頂まで30分の宿まで車で行ける、このマナスル山荘本館はいわゆる山小屋とはだいぶ違うようです。が、小さな子がいる家族連れには最適でした。ご飯も美味しいし。山仕様っていろいろ無駄がなくて、私には心地よかった。また、違う季節に行きたいです