Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2014-10-14

オープンアトリエ2日目

見事に台風一過。

f:id:kane_hen:20141014210146j:image:left 真っ青


f:id:kane_hen:20141014210145j:image:left 樹の葉は陽射しを浴びてキラキラ


f:id:kane_hen:20141014210144j:image:left 今日は一組でした。下呂からホテルにお勤めのお2人様。女性は筋力では男性に叶いませんが、思い切りの良い叩きっぷり。男性はとても丁寧な鎚目でした。予想外のいろいろなお話も弾み、早めの3時には完成して明るいうちに帰路につけました。


と、いうことで、オープンアトリエ2014秋無事に終えることができました。ありがとうございました。連日の開催は疲れるから隔日での開催にしてみたのですが、今年は台風を見事に避ける日程となり、有り難かったです。それから、9月よりも気温差の当たり外れが無く、朝こそやや肌寒いけれど、陽射しが出れば暖かくて過ごしやすいのだなと、気がつきました。11月はもう寒いけど、10月は服装の調節だけで快適を保てるいい時期だった。来年はどうなるか解りませんが、ちょっと覚えておこうと思います。帰りは栗が落ち始めたと言われてちょっとだけ栗拾い。秋たけなわ、皆さん美味しいものを食べてお元気で。

2014-10-12

オープンアトリエ1日目

はじまりました、オープンアトリエ2014秋。朝はやや肌寒かったですが、西日を浴びて一時は汗ばむこともあり、雲もありましたが、程々良い天気で一日を過ごすことができました。

f:id:kane_hen:20141012201102j:image:left 5人で底打ちをすると、さすがにやかましいです。


f:id:kane_hen:20141012201101j:image:left そして、手際良くあっという間に完成して一足先に帰られた、大阪出身(?)名古屋在住のM様。いろいろ奥様と相談し、悩まれつつも、両取っ手パンが出来ました。


f:id:kane_hen:20141012201100j:image:left 出来上がって早速かばんにつけて頂いたブローチ。他に四角いペーパーウェイトと、クリップキーホルダーもつくられて行った、大桑村在住のO様


f:id:kane_hen:20141012201059j:image:left 最後は畳み掛けるように皆さん続々仕上がって、慌てて記念撮影。前お二人はご近所中津川からのY様、I様は電磁調理器を普段お使いとのことで、グリルやオーブンで使えるようにと両把っ手タイプ。後ろお二人は名古屋から起こしのT様、O様はコンロで使われるので長い柄をつけて定番フライパンになりました。


ということで、相変わらずバタバタと慌ただしいワークショップですが、今日は台風の影響も無く、とりあえずホッとしました。あとは14日ですが、今のところ意外と明日の深夜にピークとなる予報、さてどうなることやらです。

2014-08-12

大桑工房にて2

長野県高等学校美術工芸教育研究会中信支会(ながっ!)の研修会の2日目が先週ありました。ただでさえ美術系ということで親近感なのですが、共通の知人のいる栃木県出身の方や、鍛金経験者の方、同じ大学出身の方も居て、終始リラックスでした。いなほでお蕎麦食べられ無かった方も食べられた方も、また機会があったら遊びましょう。

f:id:kane_hen:20140809054436j:image:left 当日は曇り時々雨という感じでとても涼しく制作日和でした。


f:id:kane_hen:20140809054435j:image:left リベットの穴開けを協力して・・・


f:id:kane_hen:20140809054434j:image:left できあがり!


f:id:kane_hen:20140809054433j:image:left 工房前で記念撮影


この大桑工房、あと1〜2年で閉めようかなと思っています。片道1時間近くをかけるのは贅沢なので、自宅の工房のみになるかと。閉めるまでに何回WSやオープンアトリエが出来るか解りませんが、出来るだけ機会をつくりたいと思います。今年はたぶん9月末か10月頭頃にオープンアトリエという名のフライパンWSをしようかな。(告知は9月頭にこちらとHPで)

2014-08-06

大桑工房にて

長野県高等学校美術工芸教育研究会中信支会(ながっ!)の研修会でフライパンWSをやることになり、人数の都合で2回に分けてとなりました。で、今日は1日目。

f:id:kane_hen:20140806203024j:imageほどほど雲があったので、心配した程気温は上がりませんでした。でも、十分暑かったですが。

f:id:kane_hen:20140806203025j:image黙々と、叩く。

f:id:kane_hen:20140806203023j:image出来上がり。

こだわりはじめたらいくらでも叩く時間は必要だったとはおもうのですが、こちらの都合に寄り最後はちょっと力づくで終わらせてしましました。とはいえ、体験として、金属を叩く楽しさに触れて頂けたかと思います。ありがとうございました。