Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2018-08-01

色で遊ぶ

絵本ジャンボリー http://nakatsugawaej.blog.fc2.com という、絵本のイベントがあって、色のWSに子どもが参加してきた。会場は家から15分、知っているひといるかな?と、思って行ったが誰もいなかった。

先生は、本間希代子さん http://www.tebako.jp 同じ市内の加子母在住。同じ市内とは言え、少し前に合併する前は加子母村、市街地からは30kmちかく離れている。

で、ws。何をするのかな?と、思っていると、赤青黄色の三原色と白の絵の具が用意されていて、あと白いハガキが一枚配られた。紙コップに自分の好きな色を作って、塗ってみよう。

f:id:kane_hen:20180728143352j:image:w300

そして、色に題名をつけてみよう!で、サインも入れて、なんとなく作品風。この時、各人多めに色絵の具を作っておいて、今度は色々な色を9つ選んで、サインしてタイトルをつけて、額に入れて完成!

f:id:kane_hen:20180801094346j:image:w300

ちょうど空いていたトイレに飾られました、なかなかいい感じ。子どもは帰るなり、夫に何をやったか嬉しそうに報告していたので、楽しんだようです。

f:id:kane_hen:20180801100220j:image:w300

このところマイブームが来ている、ほんの少しの酵母と、冷蔵庫で2日かけて発酵させるパン。ただふくらむだけではなくて、粉の旨味を出したいのだけど、なかなか難しい。

だけど、あまりの暑さで始めた低温発酵、奥が深い。今、電気オーブンしか無いので、明らかに火力が足りないのだけど、冬になったら薪ストーブで焼くのが楽しみです。

と、言う感じで、夏休み満喫してます。

2016-02-20

望雲「包む」展+

今日から始まる、望雲(福岡)http://bouun.shop-pro.jp/の「包む」展にちょこっとだけ参加させて頂いてます。

f:id:kane_hen:20160220114017j:image

「 包 む 」 展

期間:2月20日(土)〜28日(日) ※期間中水曜休

時間:13時−19時

場所:望雲507号室

今回「包む」という言葉から発想された、作り手たちの作品や

望雲が思う「包む」ものなどを展示販売いたします。

shoe lab noppoさんによる望雲オリジナルバックの受注会、天然酵母あず実のパンの“望雲あんぱん”も販売致します。

ほか出展:濱中史朗/大屋窯/中神牧子/遠藤真帆/濱中孝子/あひろ屋/宮下香代/nakaban/川口澄子/MAROBAYA/坂村里佳/カシュカシュ/月麦/宝島染工/kanehen/カキノジン/ラクレ/日々のおやつ/IMUSTAN/ミクーリエ/horta/後藤尚美 ※出展、出品に変更がある場合もございます。

〜〜〜〜〜引用終わり。

かねへんでは、包むに寄り添うものということで(だいぶ拡大解釈)ボタンを50個程お送りしています。こちら、福岡の望雲さんでは今年の終わりに展示の予定もあり、久々来福楽しみにしてます。

+ DMの背景にあるのはエンボスペーパーです。かさ張らなくて割と丈夫、そして天然素材の緩衝材を色々探した結果、これになりそうです。(実際使う紙はたぶん変わりますが)やっと、これで去年から思案していたモビールの梱包仕様が決まりそうです。と、いうことで、あとはモビールをモリモリつくるだけ。

2015-03-17

手前味噌

味噌メモ

そろそろ仕込んで1年経つような気がしたので、気温も上がってきたし怖々味噌を開けてみる。ビニール袋+段ボールでやってみたが、とりあえず味噌になっていた。上の重しの板の乗っている所からはみ出た所はカビが出ていたけれど、重しの下はちゃんとした味噌だ。あと、カビと戦ったのか?ビニール伝いに酵母菌のコロニーの膜が出来ていた。柿酢を作っている時にできるのと同じような感じ。そして、コロニーの味は味噌の味だけれども、かなり弾力があって、みそ汁に入っていたらちょっと怖いので捨てる事にした。

f:id:kane_hen:20150317102526j:imageフクユタカ(大粒)2kg+広岡農産加工センター米麹2kg+瀬戸の粗塩800g 7kg強のできあがり

味噌の味はまだ塩が立っている、もうちょっと麹の甘みが出るといいのかなーという感じ。つくる時にも思ったが、味噌をミンサーで潰している時にだいぶ水分が蒸発してかなり硬い。下の方は程よかったけども。あと、段ボール&ビニールだと天地替えとか出来ない(やりにくい)ので、やっぱり専用の容器を買おう。今年は味噌仕込みはさすがに忙しいから休み。来冬までに樽と場所をちゃんと準備すべし。

あ、あと写真撮り損ねたけれど、先週末に柿酢の樽も開けてみた。が、まだ柿の果肉がどろどろしているだけで、酢になっていなかった。混ぜるのを去年よりもさぼっていたからだろうか?上にいちめん白くコロニーの膜が張っていた。ネットなどで仕込んで3ヶ月でできるとか書いてあるが、とっくに4ヶ月くらい過ぎているのだけど。1つ去年と違うのは、寒い土間に置いているから発酵が進まなかったのかもしれない。一番の大敵の小バエの発生の少ない時期に完成させるのが良いとすれば、やっぱり居間とかの暖かい部屋に置くべきだったか・・・しかし、かなりの発酵臭がするのよね。と、これも継続して検討だな。

と、さて、現実逃避も程々にして、制作にもどります。こちらも結構盛り上がっているのだ。