Hatena::ブログ(Diary)

kanehen

2018-11-14

見える見えない

モビールはとても微妙なバランスで成立しているので、パーツの順序を間違えると、保てない。少なくても5枚、多いときは10枚以上のパーツをつなぎ合わせるので、超初期につくったもの数点以外は全てパーツに刻印で、ナンバリングしてある。

f:id:kane_hen:20181113075622p:image:w300 2の刻印

この刻印、30歳頃から使っている2mmものが最近よく見えない。ちなみに、10年ほど前は野外イベントで<勝手にワークショップ>と、題して、プレートやペーパーウエイトに刻印を打ち放題、というのをやったりしていたのだが、年上のお姉さんに「見えないわよー」と、言われて、そう言うものなのか、とボンヤリ思っていたが、とうとう私にも老眼が始まったということだろう。

ということで、文字の小さな本を読む時や、針仕事をする時や、モビールの刻印を打つときだけ、メガネをかけています。で、出先に持ち歩きたくて、夏には自分で綿麻の布でメガネケースを作ったりしていたのですが、そろそろ寒いな、と思っていて発見!

f:id:kane_hen:20181114153706j:image:w300

小河さんのウールのメガネ(携帯)入れ。組織は詳しくないけど、よーく見ると生地が小花模様になっていて可憐。黄色は玉ねぎだそうですが、生成りとのツートンが甘過ぎなくてツボでした。これがカバンの中や部屋に転がっているのは結構幸せです。メガネも悪いことばかりでは無いですね。

2014-07-21

博多-京都

福岡は夫の仕事関係の懇親会、京都は私の展示ということで、半分は仕事のような家族旅行に行ってきました。娘ははじめての新幹線でしたが、さすがに名古屋まで1時間強のあとの新幹線3時間半は長かったらしく、最後の1時間はかなりの攻防が展開されました。


f:id:kane_hen:20140724085120j:image:left 九州、梅雨明けしてました。


f:id:kane_hen:20140724085118j:image:left ホテルに荷物を置いて以前個展をさせて頂いた望雲さんへ。なぜかやたらとはしゃぐ娘、この時既に4時近く、移動の疲れで帰りは父の背で寝てました。あひろやさんの折り紙手ぬぐいを娘気に入る。


f:id:kane_hen:20140724085450j:image:left 個展以来なのでなんと6年振り!変わらず優しい空気が流れています。また少し先に展示したいねとお話を頂き、嬉しい。


f:id:kane_hen:20140724090454j:image:left 翌日京都へ移動して鍛金先輩の今井裕之さんの2人展に万華鏡ミュージアム(詳しくはhttp://k-kaleido.org/666/) 入り口に設置されている、カメラで画像を取り込んでモニターで万華鏡化(?)された娘。

学部の鉄による卒制と現在の水晶などの石を使った作品を展示されていて、たぶん10年近く久しぶりにお会いしたけれど、ご本人も変わらず、そしてつくるものも素材が違っても、変わらないにじみ出す雰囲気がご本人なのでした。


f:id:kane_hen:20140724085121j:image:left 翌朝東寺の骨董市に行きました。今回は秋冬のパジャマになる絹の布が目当てです、生成りに桃色の鮫紋の江戸小紋(静岡製と書いてあったけど)と型染めの何か。絹って縫いにくいのかなーと、買ってから考え中。あと、浴衣に合いそうな帯地と娘の髪飾りに縮緬の紐です。えーと、金属の佐波里とかも見ましたが、買う物はいつも布だったりします。


f:id:kane_hen:20140724085117j:image:left そして、やっと展示をしている手仕事雑貨屋風土さんへ。 

f:id:kane_hen:20140724085115j:image:left京都も梅雨明けしたらしく、猛烈な暑さでしたが、お店は居心地が良くてすっかりくつろがせて頂きました。


f:id:kane_hen:20140724085116j:image:left 旅行中は基本的にテンション高めだった娘。楽しかったのかは不明ですが、ま、家族3人で3日も過ごすのは久々だったので良しとします。


そして、帰って姪が来ていたり、幼稚園がお休みだったりですっかり夏休みモードの数日でした。明日からまた幼稚園もはじまるのでお盆休みまではキリッと仕事モードになりたいと思います。暑いですけれども、ぼちぼちがんばります。