Hatena::ブログ(Diary)

蟹亭奇譚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-11

[] 島崎藤村 「蟹の歌」

  蟹の歌

浪うち寄する磯際の

一つの穴に蟹二つ

鳥は鳥とし並び飛び

蟹は蟹とし棲めるかな

日毎の宿のいとなみは

乾く間もなき砂の上

潮引く毎に顕(あらは)れて

潮満つ毎に隠れけり

やがて天雲驚きて

落ちて風雨(あらし)となりぬれば

流るる砂と諸共に

二つの蟹の行衛(ゆくえ)知らずも

 「椰子の実」 と同じく明治33年に発表された藤村の詩。

 一つの穴を二匹の蟹が共有するものなのか知らないけれど、ここに歌われる蟹たちは実にかわいらしい。「椰子の実」 とは対照的に、人間の情緒の入り込まない自然の風景を淡々と歌っているところ、たまらなく好きだ。

藤村詩集 (新潮文庫 し 2-15)

藤村詩集 (新潮文庫 し 2-15)

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanimaster/20090811/1249917132