Hatena::ブログ(Diary)

蟹亭奇譚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-11-13

[][] 「訊く」という表記について

なぜ広まった? 「『訊く』が正しい」という迷信 - アスペ日記 を読んで。

「お前はまた何故結婚なぞしたのだ?」と、スクルージは訊いた。


 ディッケンス Dickens 森田草平訳 クリスマス・カロル A CHRISTMAS CAROL(昭和4年)

 上に引用した『クリスマス・カロル』には、「訊く」、「訊いた」、「訊ねた」という言葉(表記)がたくさん用いられている。"ask" の意味で「きく」を表すときに、「訊く」を用いる典型的な例である。

 では、日本文学ではいつの時代からこの用法は広まったのだろうか。

 ちょっと興味を持ったので、青空文庫からいくつか調べてみた。

「どうしたの」と訊(き)くと、

「お留守番ですの」

「姉は何処(どこ)へ行った?」

「四谷へ買物に」


 田山花袋 蒲団(明治40年)

 僕の知る作家では、田山花袋が一番古い。(これ以前の使用例があったらご教示願いたい。)

 では、夏目漱石はどうか。

 細君は濃い恰好(かっこう)の好い眉(まゆ)を心持寄せて夫を見た。津田は取り合ずに笑っていた。すると細君が突然気がついたように訊(き)いた。

「もし手術をするとすれば、また日曜でなくっちゃいけないんでしょう」


 夏目漱石 明暗(大正5年)

 漱石の『こころ』以前の長編小説には、「訊く」が出てこない。ところが、晩年の作品、『硝子戸の中』、『道草』、『明暗』には用いられている。特に、『明暗』ではこれでもかというほど頻出している。

 さらに、島崎藤村を調べてみよう。

「父さん」

 と楼梯(はしごだん)のところで呼ぶ声がして、泉太が階下(した)から上って来た。

「繁ちゃんは?」と岸本が訊(き)いた。


 島崎藤村 新生(大正7〜8年)

 フランス遊学から帰国したばかりの藤村の作品には、「訊く」が用いられる。同時期に書かれた『ある女の生涯』にも1箇所だが用いられている。しかし、明治期の『破戒』、『家』、昭和期の『夜明け前』にはまったく出てこない。

 以下、考察。

  • "ask" の意味で「訊く」という表記が用いられるようになったのは、明治後期以降のことである。(少なくとも、「近年」ではないことはわかった。)
  • 「訊く」表記は大正期に流行した可能性が高い。一人の作家の作品であっても、上に引用したように、ある時期のみ用いられている例があるからである。
  • 日本文学、翻訳ものを問わず用いられるが、当時としては 《ちよつとハイカラな》文章表現だったのかもしれない。
  • もっとも、「訊く」をまったく用いない作家もいる。森鴎外芥川龍之介など。

 気が向いたら、また調べます。

barnumkoukabarnumkouka 2012/12/24 22:56 はじめまして、はてなキーワードの「為念」に関連して、こちらに書き込みさせてください。「為念(イネン/ねんのため)」の読み方は、「為我(イガ/わがため)」と同じで、好みの問題です。しかし、日本語の「念のため」が独自の意味を持ってるので、中国語の「為念」とは分けた方が良いのではにか、と私は思います。スラングの「タメネン」を生み出しているのが理由です。
私見ですが、「為」は、意識を人や動作と結びつけるものであり、目的を示すものです。日本語の「ため」は、目的を重ねることができます。ゆえに、「念のため」という日本語が出来たのではないかと。
「ask(きく)」をそのまま「訊く」と訳すと、文脈によって違和感を覚えることが有ります。「為念」も、「ねんのため」と読むときも同様です。「為念」の場合は、「いねん」と読む方を基本形にしておいた方がよいような気がします。

kanimasterkanimaster 2012/12/24 23:43 こんにちは。
日本語の「為念」は「ねんのため」と読むのであって、「イネン」という読みはありません。(イネンと読ませている辞書があったら教えてください。)
中国語の「為念」とは意味も読み方も違いますので、はてなキーワードは分けたほうがよさそうですね。(新しいキーワードの作成についてはお任せします。)

barnumkoukabarnumkouka 2012/12/24 23:54 ごめんなさい、ここを読む前に修正しちゃいました。「イネン」は辞書にないかもしれませんが、「ねんのため」と読ませる辞書にあるのでしょうか。「為念」は、日本語に定着してない言葉なのかもしれませんね。
因みに、ここの解説も興味深いですよ。http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20090622/p1

barnumkoukabarnumkouka 2012/12/24 23:59 新しいキーワードですが、併記する形を目指してはどうでしょうか。読みは「ねんのため」に修正しておきます。漢字に興味があるものなので、これからもお付き合いよろしくお願いします。

kanimasterkanimaster 2012/12/25 00:03 了解しました。よろしくお願いします。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。