Hatena::ブログ(Diary)

MOVE-i このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-11-11

[]親密さ(濱口竜介)

映画はとても暗い。演出なのかもしれないけど、役者陣はどことなく伏し目がちで、姿勢も良くないから、暗い印象を受ける。それでも、前半の電車から見える風景とか、延々と歩きながら夜が開けて行ったりとか、そういうところが素敵だった。

後半の劇中劇も面白かった。女子同士での賑やかな会話、人と人の間の気持ちの交差。そして、エピローグとして差し込まれる2年後の主役二人の馬鹿騒ぎに近い電車でのシーン。最後は震えてしまった。切ないね。

シアター・イメージフォーラムにて

2018-11-10

[]EVIL IDOL SONG(大畑創)

最初の方は、何者かの視線で、粗いビデオカメラの映像が突如差し込まれるところがあり、もしかしたら悪魔の視線かとも思うけど、考えすぎか。

映画は、アイドルに悪魔の角が生えてから、一気に面白さが増す。爽快なくらいに、テンポがよくなる。

Amazon Prime Video

[]へんげ(大畑創)

この監督の特徴は、映画のスタイルを前半と後半で思いっきり変えられることなのかも?と思ったりした。この映画では、野獣の全容が明らかになってから、どこまで行っちゃうの?という感じで楽しく映画を見られる。投げっぱなしな終わり方の気がするけど、それはそれでまた良い。

Amazon Prime Video

2018-11-09

[]M(ジョゼフ・ロージー)

デパートみたいなところ(舞台はブラッドベリー・ビル)のどこかの一室に閉じ込められてしまった殺人犯が、必死にドアをこじ開けようとするけど、どうしようもないくらい開けられなさそうなことばかりしていて、一方で手は血だらけ(に見えた)なので、狂ってるな、と。すごかった。

フリッツ・ラングのMでも、このデパート内の狭い空間のシーンは好きなのだけど、フリッツ・ラングのは、いかに潜んでいるか。ロージーのは、見つかっても構わないくらいの狂気とともにこじ開けようとし続けるという、全く逆のことをやっているように思う。これは、狂気をいかに潜めるかを描いたラングに対して、普通の男の狂気の発露を描いたロージーという対比が成り立つのかな。ロージーのMは、良い映画だった。

新文芸坐シネマテーク

2018-11-04

[]この夏の感じ(ミカエル・アース)

疲れてるせいか映画の世界に入り込めなかったけど、ニューヨークが舞台となってから引き込まれた。すごく良い映画だった。幸せな方へ進んでいってるように思うけど、それがすごく切ない。主人公の男の恋人の死をきっかけにして、彼女の妹(だったかな?)と同じ悲しみを共有し、親しくなる一方、心許せる関係になり、もしかしたら恋が生まれそうなのでは?という雰囲気があるからこその切なさか。

アンスティチュ・フランセ東京にて

[]グリーン・インフェルノ(イーライ・ロス)

ただの食人族の映画ってだけではないような・・。最後、今まで食べられそうになってたのだから原住民族を見捨てても良いはずなのに、助けることになったのは、文明が発達して生まれた武器(銃)による残酷さが、何かを思い立たせたのかもしれない。

Netflixで

2018-11-03

[]ワンダーストラック(トッド・ヘインズ)

映画の中の1920年代が舞台となっているものは、主人公の女の子が耳が聞こえないからかなと思ったけど、サイレント映画の作りをしていることに、だいぶ経ってから気付いた。2つの時代を交互に見せていき、なかなか凝った作りをしてる映画だった。

Amazon Prime Video

[]ノー・エスケープ 自由への国境(ホナス・キュアロン)

上映時間も短いし、B級映画みたいな感じかな。

Amazon Prime Video