Hatena::ブログ(Diary)

MOVE-i このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-02

[]アフリカ 痛みはいかがですか?(レイモン・ドゥパルドン)

十数年前に見た時は、日本語字幕なしだったと記憶している。

この映画は、壮大な世界観を作り出している映画だと思う。偶然ではあるだろうけど、映画撮影の同時期に、ルワンダでの大量虐殺があり、そのことを予期していなかった映画ではありつつも、アフリカをテーマにしているわけだから、扱わずにはいられない映画となった。アフリカの人々の肌に刻まれている、人生と言ってもいいようなシワは、アフリカの辛い現実が滲み出ている。

6年前にサンドリーヌ・ボネール主演で映画を撮った土地を訪れた際は、監督のエゴが見え隠れしている。ただの迷惑な昔を懐かしむおじさんような・・。しかし、監督はきっと映像を見直して、自分のそれに気づいてナレーションをかぶせる。

アフリカは、ぼくにとっては未知の土地だ。けれども、美しさと過酷さは、この映画から伝わってくる。

アンスティチュ・フランセ東京にて

[]タレンタイム〜優しい歌(ヤスミン・アフマド)

この映画で表現していたことで、ぼくが意味を把握できていないことは多いと思う。けど、この映画の登場人物はどの人であっても輝いている。優しくなれる映画。スクリーンで見るべき映画。感動する。

ギンレイホールにて