Hatena::ブログ(Diary)

MOVE-i このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-03

[]私の死の物語(アルベルト・セラ)

カサノバの不気味さが際立ってた。例えば排泄行為をしている最中、なぜかヘラヘラ笑っていたり、ある種の快感がそこにあって楽しんでるようであった。

映画は終わりになるにつれて暗さが増し、ドラキュラに蝕まれていくかのようだった。好きと言い難いけど、嫌いじゃない。

東京藝術大学横浜校地馬車道校舎にて