Hatena::ブログ(Diary)

MOVE-i このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-11-23

[]フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(ショーン・ベイカー)

車に唾吐きつける時も、怒られて罰として洗車させられる時も、子供達はただただ楽しそうだった。楽しい映画だったけど、だんだんと生活が露わになっていく様子が、悲惨。貧困層を描いているから、表出せざるを得ないとはいえ・・。

ウィレム・デフォーがモーテルの支配人を演じていて、厳しそうなおじさんなのだけど、手でピストルを撃つ真似をして、モーテルの扉を開けて外に出てというシーンに、半分モーテルに住んでしまってるような客に対する愛情を感じた。なんてことはないのだけど。時に厳しく、時に優しいウィレム・デフォーの眼差しは、見ているものの心を暖かくする。

最後、一気に映画の調子が変わるのだけど、少女の思い立った、勇気を振り絞ったような、意を決した表情が印象的。

早稲田松竹にて

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanji/20181123/p1