Hatena::ブログ(Diary)

MOVE-i このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-12-01

[]それから(ホン・サンス)

本人は深刻な状況に置かれているとしても、見ている側は笑えてしまう。社長の奥さんの勘違いは、勘違いだけなら良いとしても暴力を伴うものであるから、凄まじい。本彼女のあっけらかんとした登場とか、社長のとぼけっぷりというか、ボケっぷりというかも、すごい。

早稲田松竹にて

[]夜の浜辺でひとり(ホン・サンス)

『それから』でもキム・ミニの演じる女性は気性が激しかったけど、この映画も同様。どちらかというと気分屋さんな印象を受ける。ただ、その気分屋であることが、彼女の魅力。長い指で長いタバコを吸うキム・ミニは、間違いなく良い女優。

早稲田松竹にて

[]A GHOST STORY / ア・ゴースト・ストーリー(デヴィッド・ロウリー)

シーツ姿の幽霊って滑稽なんだろうな、なんて思ってたけど、違和感なく受け入れてしまうという・・。シーツ姿で家に戻る姿は、とても美しかった。

幽霊の時間の感覚って、緩やかで急に進むこともあるんだろう。突然家に誰かいることに気付いたり、さらにはもっと先に時間が進んでいたりする。ケイシー・アフレックが死んでしまった後、ルーニー・マーラが家を去るが、ケイシーはひたすら彼女が戻ってくるのを待つ。待つために、家に住もうとする人たちを脅す。特別なことが何か起きるって感じはしないけど、幽霊の気がすむまで、ひたすら時間を僕たちは共有する。

シネクイントにて