Hatena::ブログ(Diary)

MOVE-i このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-12 パリ・ドアノー

[]パリ・ドアノー ロベール・ドアノー写真展@日本橋三越サロン

わずか一週間しか行われないドアノー展。パリの一部を切り取った、美しい瞬間の数々。本当に大切なことは、写真のど真ん中に映っているものだけじゃなく、ふと気になるちょっと可愛らしいものであったりもする。ぼくたちは、視界を支配するものに全てを奪われてはいけない、気をつけていないと気づかないものにこそ、宝石のような輝きが存在している、ということに気づかされる。

カフェにたたずむ、ボーヴォワールやデュラスの姿に感銘を受ける。それだけではなく、どこの誰かは知らないたたずむ人たち。彼ら、彼女らは、確固たる存在感とともに、「ここ」にいること、また生きていることを力強く私たちに見せつけ、また力づけてもくれる。デュラスは語る。「まあ、そこに掛けて飲んでいきなよ」と。そして、ぼくの悩みを聞いてくれるかもしれない。写真を通して、彼女との会話が始まる。ドアノー展は、彼女以外とも話すことになる写真展だ。パリと語り合う場なのだ。モノクロームの美しいパリが、語ることによって目の前に浮かび上がってくる。