感じない男ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-08

[]米国ワシントン州で自殺幇助法が成立した模様

なぜか日本語マスメディアでほぼ報道されていないので、書いておきます。3月5日に、米国のワシントン州で、尊厳死法が成立しました。その法では、医師による自殺幇助が合法化されました。これはオレゴン州に次いで二番目のこと。医師による自殺幇助とは、末期状態で自殺する意志の固い患者に致死薬を医師が処方することである。

ニューヨークタイムズによれば、このプログラムに参加したくない病院はそのことを申告しなくてはならない。オプトアウト方式を取るということである(イヤだと言わない限り、賛同したとみなされる)

An opt-out provision for hospitals was included, partly for the sake of health care providers affiliated with religious groups like the Roman Catholic Church, though many nonreligious hospitals have also invoked it.

http://www.nytimes.com/2009/03/05/us/05suicide.html?ref=us

カトリック病院などの宗教的な理由を考慮した結果とのことだが、多くの無宗教病院も関与を避けたがっているとのこと。もし関与しないのなら、そのことを明示したうえで、他の施設を紹介することが義務づけられているらしい。

The Washington law requires hospitals to publicize a decision not to participate and, if they do so decide, to allow members of their staff to refer a patient to another health care provider.

http://www.nytimes.com/2009/03/05/us/05suicide.html?ref=us

3分の2の病院は、全面的か部分的に非関与を選択するという見通しもあるとのこと。

なお、なぜ日本語マスメディアで報道がほぼないのかは謎。AFPの翻訳記事くらい? ブログではきちんとフォローしているものがある。

2009-01-10

[]乳ガン遺伝子の受精卵診断、選別出産に成功(英国)

英国のMirrorによると、乳ガンの家族歴のある男性とのあいだでできた体外受精卵11個の受精卵診断をして、乳ガン遺伝子を引き継いでない受精卵を選別して赤ちゃんを出産したとのこと。この赤ちゃんは、乳ガン遺伝子を取り除かれている。英国ではすでに受精卵診断による選別出産は認められ、実施されているが、この方法によって乳ガン遺伝子を排除したのは初めてのケースのようだ。

Doctors at the private conception clinic tested 11 embryos by removing just one cell from each when they were three days old.

Six were found to carry the defective gene. Two were free of it and implanted, resulting in a single pregnancy.

The technique - known as preimplantation genetic diagnosis - has already been used in the UK to choose babies free of inherited disorders such as cystic fibrosis.

http://www.mirror.co.uk/news/top-stories/2009/01/10/baby-born-free-of-breast-cancer-gene-115875-21029397/

こうやって、次は別の病気の遺伝子が診断され、次は別の・・・というふうに拡大していくだろうと、技術慎重派・反対派(一部フェミニスト含む)は言い続けてきた。だが英国でこれが可能になったとしたら、日本の同じようなリスクを持つ人々は、なぜ英国でできて日本でできないのかと主張し始めるだろう(ちょうど小児脳死移植のように)。この問題は私の中でも、まだ解決していない。

2008-12-18

[]ほぼ完全顔面移植が成功したらしい

各紙のニュースによると、アメリカのクリーブランドクリニックで、死亡した人から提供された顔面を、やけどで大けがを負った女性へと移植する手術が成功したとのこと。顔面の約80%を移植したということで、ほぼ顔全体が他人のものと置き換わったことになる。以前より、顔面の部分移植はフランスなどで成功していたが、ここまでおおがかりなものは始めてらしい。この手術は、顕微鏡下で行なう微少手術であり、心臓移植などとはわけのちがう難手術だとのこと。血管、神経、などなどをぜんぶつながないといけない。倫理的問題としては、死亡した人の顔をもって生き続けないといけないわけで、それを本人や家族がどう思うか、という問題があると指摘されている。レシピエントの選び方も難しいだろう。やけどではないのに、自分の顔がいやだから、あるいは老いた顔がいやだから若い人の(美人の・イケメンの)顔がほしい、という願望も噴出してくるだろう。これから移植はどうなっていくのだろう。

TIME

Now, according to an announcement from the Cleveland Clinic on Wednesday, it has taken a team of eight surgeons 22 hours to replace one. Sometime during the past two weeks, the Clinic successfully performed the world's first near-total facial transplant, lifting a face nearly whole from a recently deceased donor and grafting it onto an anonymous woman who had suffered extreme disfigurement to more than 80% of her own face.

http://www.time.com/time/health/article/0,8599,1867285,00.html

AP通信

The recipient was not shown a picture of the donor, and in animal experiments, "the recipient never looks like the donor," especially when the injuries are severe, Siemionow said. That is because the underlying bone structure is different from person to person.

The hospital posted a statement from the woman's sibling on its Web site.

"We never thought for a moment that our sister would ever have a chance at a normal life again, after the trauma she endured," it says. "But thanks to the wonderful person that donated her organs to help another living human being, she has another chance to live a normal life. Our family cannot thank you enough."

http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5iiaZdK_GC5T78btKhZ9OYn5_U1eAD954OPU01

レシピエントは、ドナーの写真は見せられなかったとのこと。動物実験によると、レシピエントはドナーとは骨格が違うので、レシピエントの顔面の傷がひどいときにはとくに、レシピエントはドナーには似ない。

この研究に、米軍から研究資金が出ているというのも注目か。

クリーブランドクリニックのウェブサイトでは、特設ページを開設して大々的に広報している。

http://www.clevelandclinic.org/lp/face_transplant/default.htm

そこに超シンプルな手術概念のアニメがリンクされている。どの部分が置き換えられたのかわかる。

2007-12-31

[]インドが代理出産を世界から受注

インドでは2002年に商業的代理出産が合法化された。それを受けて、インドの各都市で、先進国のカップルの子どもの代理出産をするクリニックが増えているらしい。代理出産をいちど請け負うと、通常の15年分のお金が手に入るとのことだ。臓器売買と同じような構造があるが、代理出産の場合は合法だというのが違うところか。

Commercial surrogacy has been legal in India since 2002, as it is in many other countries, including the United States. But India is the leader in making it a viable industry rather than a rare fertility treatment. Experts say it could take off for the same reasons outsourcing in other industries has been successful: a wide labor pool working for relatively low rates.

http://news.yahoo.com/s/ap/20071230/ap_on_re_as/india_wombs_for_rent;_ylt=AvniVISLluw5fkwrwqMmPssQr7sF

まさにアウトソーシングである。

More than 50 women in this city are now pregnant with the children of couples from the United States, Taiwan, Britain and beyond. The women earn more than many would make in 15 years. But the program raises a host of uncomfortable questions that touch on morals and modern science, exploitation and globalization, and that most natural of desires: to have a family.

Dr. Nayna Patel, the woman behind Anand's baby boom, defends her work as meaningful for everyone involved.

"There is this one woman who desperately needs a baby and cannot have her own child without the help of a surrogate. And at the other end there is this woman who badly wants to help her (own) family," Patel said. "If this female wants to help the other one ... why not allow that? ... It's not for any bad cause. They're helping one another to have a new life in this world."

どこかで聞いたような言い訳である。