Hatena::ブログ(Diary)

JIEN記 このページをアンテナに追加

2013-04-01 荒浜慈聖観音に合掌して─jien記の終わりに

f:id:kanjisin:20130401162904j:image:w320
荒浜聖観音仙台市若林区荒浜)に詣りました。
荒浜を含む七郷地区での津波犠牲者190人の名を刻む荒浜東日本大震災犠牲者の石碑に観音様が映っておりました。
f:id:kanjisin:20130401164306j:image:w320
合掌

f:id:kanjisin:20130401165155j:image
                 (日本大震災犠牲者碑裏面)

f:id:kanjisin:20130401170341j:image

f:id:kanjisin:20130401172918j:image
津波跡に立つ「希望の黄色いハンカチ」から荒浜聖観音を望む。
表示できません|河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS
『アミー号で行った!がんばろう東北 の七ヶ浜特別プラン』 [宮城]のブログ・旅行記 by まーがりんさん

f:id:kanjisin:20130401183602j:image:w300

井土の八坂神社に詣る

f:id:kanjisin:20130402074612j:image
浜への道から内陸側を見る。残った家には大津波の痕跡が激しく残っています。
f:id:kanjisin:20130402074606j:image
石の鳥居跡 
f:id:kanjisin:20130401170820j:image
若林区井土の八坂神社はテンノン様と呼ばれていたとのこと。
後方は貞山堀の新堤防(工事中)

f:id:kanjisin:20130402075241j:image
神社の東側の貞山堀の新堤防のそばにアメのように折れ曲がったガードレールと貞山堀の説明板がありました。
f:id:kanjisin:20130402075507j:image
f:id:kanjisin:20130401182943j:image
Google井土付近)

【被災状況】


【データリンク】
404 Not Found
六郷を探る会:藤塚・井土編
ご指定のページは見つかりませんでした|仙台市
津波被害からの知見とハード対策の方向性:常田賢一・小泉圭吾
Reプロジェクト ここはどういう場所で どんな暮らしがあったのだろう※図の地図では八幡神社となっていますが地元では八坂神社と読んでいます。テンノン様→牛頭天王ですから。

『躍り奉る 千葉雄市その軌跡』

f:id:kanjisin:20130403114551j:image
幸運にも千葉雄市先生の語りを記録した冊子をいただきました。
あの「奉一切有為法躍供養也」からとられた題で、ご縁を感じます。
JIEN記
雄勝法印神楽保存会伊藤博夫会長からの書簡(2012.12.18)も収録されております。
終わりころの一節が身にしみました。

「私の愛した民俗芸能の命が決して消えないことを、
この甚大な災害のもとで感じることができたのは幸いです。」

本書によりますと、先生の民俗芸能調査全資料は東北歴史博物館に寄贈されたそうです。
いつか、先生ご自慢の写真や資料を収めた本が出版されることを祈念します。
(著者:千葉雄市 語り  境数樹(宮城聞き書き村代表) 2013.2.20刊)

『土と文字が語る仙台平野の災害の記憶』刊行

f:id:kanjisin:20130405170605j:image:w280
以前、仙台市博物館の「仙台平野の災害と歴史文化遺産」に関わる展示に感心していたが、その内容が冊子になってよかった。
『土と文字が語る仙台平野の災害の記憶─仙台平野の歴史地震津波』(仙台市博物館)が刊行されいただいた。
文化庁の被災ミュージアム再興事業の助成を受けて作成」とある。前文がないので、市博物館がいち速く、「東日本大震災と歴史文化遺産」を展示化した経緯が記載していないのは残念だが、
「・遺跡や史料に残る主な地震災害の記録
・震災の歴史 ・東日本大震災が史跡に与えた影響(「史跡」は一般用語としての用法) 東日本大震災における仙台市博物館のレスキュー活動 ・仙台市内レスキューされた歴史資料」
さらに裏表紙に「歴史資料か見つかったら」と東日本大震災を契機とした自然災害と文化遺産に関わる情報がオールカラーで紹介されていて、学校の副読本としても使える。大いに活用してほしい(p14 S25.3.11発行)。
仙台城跡の被災と「仙台平野の歴史地震と津波」展 - JIEN記
復興に向けて見えてきた課題 - JIEN記

おすすめ本─『津波、噴火・・・日本列島 地震の2000年史』

f:id:kanjisin:20130405173922j:image
津波、噴火……日本列島 地震の2000年史
歴史学をはじめと研究者が、震災という出来事にどのように向き合おうとするのかを相互に語り、課題を示しあったはじめての記録である」(まえがき)
保立道久氏(中世史)、成田龍一氏(近現代史)、平川新氏(近世史)ら歴史学者ら17人による。
コンパクトな本ながら、重要な指摘が多いが、上記の三人に災害史の北原糸子氏を加えた座談会「災害の歴史から何を学び、どう向き合うか」が出色。ここでは、は宮城歴史資料保全ネットワークを率いて3.11以前から精力的に活動してこられた平川氏の言に注目して紹介しておきたい。。
平川新
東北電力女川原発は同じ東北太平洋岸に立地しながらそこまで(福島第一原発のような)深刻な被害は受けませんでした。この差はなぜ生じたのか。ひと言で言えば、貞観地震の被害の実態を伝承や古文書をもとに検討し、実際の被害対策に活かした東北電力貞観地震の教訓を生かせなかった東京電力の差だと考えています。」
「理学系のサイエンス─文明の基礎となる物理の法則や数学の定理─は不変のもので、言語や越えて人類が理解し、共有できるものです。(中略)
歴史学が3.11の経験と教訓を世界に発信する場合も、物理や数学などと同じように人類が共有できるよう、その情報をいかにサイエンスにして出すかという方法論を考えないといけないと思います。」
「権力側の動きが一つありますが、一方、地域社会、民衆社会の側でも、災害が発生した時に、コミュニティや共同体がどのような動きをしたのかという分析もあります。人々の精神力を回復させる動きの一つが祭りや芸能だと思います。」
赤坂憲雄:被災地から再興する祭りと民俗芸能:大阪ガス
「奉一切有為法躍供養」の検索結果 - JIEN記

f:id:kanjisin:20130405185240j:image                                                (実感! 120922大槌稲荷神社祭典 藤田象観)
大槌稲荷神社祭典・小鎚神社宵宮 - JIEN記
   
「地元の人たちにすら忘れられてしまった石碑や、神社などに伝わる災害の伝承。従来、歴史学は、そういうところに目を向けてこなかったと思うのですが、そのような、歴史の中で民衆が蓄積してきた「災害知」を発掘していくことの重要性を強調したいと思います。(中略)これが3.11を経験した歴史の、今後の大きな仕事となると思います。」同感。
津波碑調査―明治・昭和・チリ津波と平成大津波―|立命館大学 歴史都市防災研究所

f:id:kanjisin:20130406135002j:image
南三陸町 津波から避難した多くの人を救った久須志神社 右下に倒れている碑をみると↓)
f:id:kanjisin:20130406133835j:image
(「昭和八年三月三日 大震嘯災記念 地震があったら津波の用心」碑 昭和三陸大津波の碑1303 ※画像処理)
久須志神社(南三陸)の今 - JIEN記
目次-NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク

【主な内容】
「・古代・中世、近世、近現代の専門家4人の座談会
・古代まで遡った津波や噴火の歴史
江戸時代富士山噴火の様子
・東海や南海の地震の周期性をどう見るか
・災害2000年の歴史年表も貴重な資料など」 (amazonより)
【データリンク】
地震学の人は頑張っていると思う。: 保立道久の研究雑記
成田龍一 | 東京の「現在」から「歴史」=「過去」を読み解くーPast and Present

  f:id:kanjisin:20130407153555j:image:w270
          (雄勝法印神楽 白銀神社120509)

ご愛読いただいている皆さまへ
突然ではございますが、筆者失職に伴い、今までのスタイルでのブログ継続は困難となりました。残念ではございますが、「jien記」は完とさせていだきます。
この間、3.11大震災に出会い、私の偏狭な視野を変えざるをえなくなるとともに、沿岸にて復興に携わる方々や支援する人たちに元氣づけられてまいりました。
今後は、なんらかの形で復興の手助けをしたいと思っております。
震災の貴重な記録を含むこともあり、当面、補正訂正更新は続けます。
閉鎖はしばらくはいたしません。皆様のご愛読に心から御礼申し上げます。

f:id:kanjisin:20130610155354j:image
 (わたしが読んだ「震災の本」の一部 ※大型本を除く)

2013-03-11 東日本大震災二年─鎮魂の場から このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

3.11三回忌仙台市南三陸町
f:id:kanjisin:20130311113104j:image
朝、仙台市若林区荒浜 観音像と慰霊碑「祈りの塔」
f:id:kanjisin:20130311141919j:image
荒浜を含む七郷地区の犠牲者189人と荒井交番渡辺武彦巡査部長」銘
本日、2時半より三回忌法要(河北新報社)。
f:id:kanjisin:20130312193040j:image
               荒浜の朝
忘れない2011年─荒浜津波慰霊塔から - JIEN記

f:id:kanjisin:20130311115127j:image
若林区藤塚 五柱神社
一帯は大津波にさらわれましたが、「藤塚」の藤と樹は支え合って天にのびておりました。
f:id:kanjisin:20130313065605j:image
藤蔓と五柱神社記念碑
f:id:kanjisin:20130311143723j:image
新しい堤防ができておりました。
藤塚 五柱神社 - JIEN記


f:id:kanjisin:20130311121931j:image

f:id:kanjisin:20130311141236j:image
名取市閖上 中央の小山が日和山


日和山を望む場所にて
f:id:kanjisin:20130315205151j:image
f:id:kanjisin:20130316064750j:image
f:id:kanjisin:20130316065728j:image
f:id:kanjisin:20130315205618j:image
宅地嵩上げ等現地確認場(写真click→KMLclick→Googleearth)
f:id:kanjisin:20130312193548j:image
近くの「美しき貞山堀」


f:id:kanjisin:20130311123252j:image
仙台市宮城野区蒲生 中野のお地蔵さん 後方右、東日本大震災慰霊碑 左、中野小学校。

f:id:kanjisin:20130313182008j:image
蒲生の十字架に手を合わす。

f:id:kanjisin:20130311124156j:image
鳥居が真っ赤になり、松の木林が見事な高砂神社。

f:id:kanjisin:20130313181657j:image
おじさんの変わらぬ「姿」に安心。

f:id:kanjisin:20130312203424j:image
和田新田の追分地蔵のあたりも大きく変わりつつありました。
仙台市蒲生の今─震災から1年余 - JIEN記

f:id:kanjisin:20130313183134j:image
強風の中、祈りの集団が行く
f:id:kanjisin:20130313184837j:image


f:id:kanjisin:20130311132606j:image
南三陸町志津川の山から

f:id:kanjisin:20130311125125j:image
津波で流された宅地の跡にて(2013.3.10)。合掌
f:id:kanjisin:20130313065655j:image
ここも、鎮魂の場、祈りの場でした。
花を手向ける場所は、各家々の跡です。
しかし、それが失われていく時
確かな鎮魂・祈りの場所が必要になるのではないでしょうか。

f:id:kanjisin:20130311132654j:image
南三陸町防災対策庁舎 
強風の中 多くの方が祈りを捧げておりました。
「震災遺構」の検索結果 - JIEN記

f:id:kanjisin:20130314192712j:image
(志津川2013.3.2)
f:id:kanjisin:20130314194408j:image
(志津川2013.10)
美しい「きりこ」の街が沈んでいるのを見てとても悲しくなりました。
「画像処理」をして哀しみを表現させていただきました。
3.11から1年10か月─南三陸きりこの街にて - JIEN記
南三陸のきりこ - JIEN記
南三陸町を襲った大津波の証言


f:id:kanjisin:20130313065749j:image

2012-12-31 2012年大晦日─南相馬・紅白・祭礼 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:kanjisin:20121231213816j:image
            ‘笑って生きましょ’(名取市閖上日和山2012.3.31)

f:id:kanjisin:20121231205949j:image
今年も紅白歌合戦がはじまりました

f:id:kanjisin:20130101090148j:image
                      (「螺旋海岸」こと北釜から)
2012年のわたしの締めくくりは、浜沿いに南相馬までの小旅でした。

f:id:kanjisin:20121231170654j:image

f:id:kanjisin:20121231171214j:image
南相馬市原町区下渋佐の浜で再建された八坂神社に出会いました。
1995年3月31日 福島県南相馬市原町区下渋佐付近の記録 - 東日本大震災 写真保存プロジェクト
子供宝財踊りも復興とともに復活することを祈念します。
f:id:kanjisin:20121231204832j:image:w480
「墓(送葬儀礼)と神社が生きるためにまず再建する風景」であることを心に刻みました(左端に再建なった社)。
f:id:kanjisin:20121231220405j:image
(位置)
f:id:kanjisin:20130101092344j:image
そして、あの津波に耐え復興の希望となったという泉の一葉松は元氣てした!
泉の一葉松 - JIEN記


f:id:kanjisin:20130101085201j:image
              相馬太田神社の「龍雲」
f:id:kanjisin:20130101085637j:image
同 馬の親子の彫物
南相馬市観音堂石仏からいわき市安波大杉神社 - JIEN記


f:id:kanjisin:20121231211142j:image
名取市閖上日和山にて合掌。
f:id:kanjisin:20121231211541j:image
つぎつぎとひとびとがおとずれていました。
f:id:kanjisin:20121231212027j:image
一帯には家々が立ち並んでいましたが。。
f:id:kanjisin:20121231213148j:image
                お地蔵様にお正月

f:id:kanjisin:20121231202011j:image
(仙台市若林区荒浜東日本大震災慰霊塔121231)
f:id:kanjisin:20121231214413j:image

大晦日の小旅の最後は、どうしても荒浜の慰霊塔に合掌。ご夫婦がお掃除をしていた。「より厳しさを増す事態にも、助け合いが人々を救う2013年」の予感。


f:id:kanjisin:20130101123605j:image

f:id:kanjisin:20121231225438j:image
紅白歌合戦・美輪明宏さん(77歳!)の「ヨイトマケの唄」よかったです。ふだんの華やかな服装をみつけていた人は驚いたでしょう。少年の日の「衝撃」を思い出しました。

ヨイトマケの唄 - Wikipedia
no title

f:id:kanjisin:20121231230733j:image
アフリカでこどもたちの支援を続けるMISIAさんのナミビア共和国「ナミブ砂漠」からの中継もよかったです。
f:id:kanjisin:20130101130238j:image
色々ぶったまげた!MISIAナミビア砂漠からの紅白参加に感動 - NAVER まとめ
今年の紅白に出て欲しかった人と曲
臼澤みさきさん

故郷~Blue Sky Homeland~

故郷~Blue Sky Homeland~

三陸海の盆in釜石2012 - JIEN記

クミコさん

きっとツナガル

きっとツナガル

東日本大震災の本から - JIEN記

今年最後のおすすめ本─『荒天の武学』(内田樹・光岡英稔)厳しい時代は武学に学ぶべし
f:id:kanjisin:20121231222713j:image:w230

荒天の武学 (集英社新書)

荒天の武学 (集英社新書)

立場を超えて生き抜く技を探求すると
達人の結論は近づいて来る。
光岡:「実際に身体で感じていることを頭で理解しないと生じます。
情報化された社会の知識を人間の身体感覚や存在そのものも重んじるような社会になっているわけです。そこに疑問を持たない限りまずいでしょう。」
内田:「何年か前から日本は「知識基礎社会」ということを提唱しています。
「知識基盤」というのは、数値化されて、パッケージかされた知識を社会活動のベースにするということです。もうすでに商品化されたものに基づいて社会を構築するという話です。これは非常に危険なことだとぼくは思います。」

2012-05-14 東松島市大曲・仙台市荒浜の今 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:kanjisin:20120711164541j:image

f:id:kanjisin:20120515083953j:image
東松島市大曲下台にて

f:id:kanjisin:20120515085351j:image
「HOME 大曲浜」とは 思い出が詰まった大曲浜の惜別のメッセージなのでしょうか。
f:id:kanjisin:20120515140808j:image


f:id:kanjisin:20120515090106j:image
一帯は、津波により甚大な被害を受けました。そして今、建物土台の撤去が始まりました。浜の街の痕跡さへ消えていく光景に慄然としました。有名になった青い鯉のぼりはこのあたりに掲げられていたとのことでした。

f:id:kanjisin:20120515091233j:image
水は赤く濁り、田植えは行われず。
住宅地より内陸側の水田地帯。回復は来年か・・・
f:id:kanjisin:20120515091709j:image
酸化鉄なのでしょうか。赤い海のなか、遠くに小船が見えます。

f:id:kanjisin:20120515085625j:image
   (グーグルアースより)
f:id:kanjisin:20120515093159j:image
東日本大震災津波詳細地図〈上巻〉青森・岩手・宮城

ページが見つかりません







大曲獅子舞観たいです。
大曲浜獅子舞保存会・活動報告
HP開けませんでした。情報ないですか?
宮城県東松島市大曲 付近の地図 - 東日本大震災 写真保存プロジェクト

f:id:kanjisin:20120521134136j:image
  (東松島市矢本新沼付近)
ここでも田植えは、おこなわれていなかった。


f:id:kanjisin:20120515094015j:image
奥松島では、田植えが始まっていました! 海鳥の集まる中で。

f:id:kanjisin:20120515094558j:image
仙台市荒浜には、若者たちが談笑しながら、東日本大震災慰霊塔の方へ。
被災地ツアーなのでしょうか。
f:id:kanjisin:20120515141820j:image
浜近くにて。


f:id:kanjisin:20120515155736j:image:w380

2012-05-07 田植えならず・・仙台市若林区飯田 から

五月晴れのもとの被災地の現実─仙台

f:id:kanjisin:20120508202550j:image:w350
        美しき天地の復興を願う五月晴れ

f:id:kanjisin:20120507125728j:image:w500
懐かしい薬師堂古墳(円墳 径10m)を訪れることができました。背景は東部道
路です。周囲の田んぼには代かきの気配もありません・・
f:id:kanjisin:20120507123008j:image:w500
                         (仙台市若林区飯田)
素晴らしい五月晴れの空の下には、津波の塩害や排水工事が完了しないことから田植えができない現実がありました。

f:id:kanjisin:20120507124729j:image
   (グーグルアースより)
画面を横切る東部道路の西側は田植えができそうですが、海岸寄りは・・


f:id:kanjisin:20120507144636j:image
若林区三本塚 昌林寺のお地蔵さん
f:id:kanjisin:20120507144131j:image
 境内の天明五年(1785)「餓死供養」塔

f:id:kanjisin:20120507141835j:image

f:id:kanjisin:20120508204054j:image
赤い鳥居が印象的な二木の日吉神社にお参りしました。津波の被害を受けた木々がここでも伐採され、鎮守の森が消失していました。
下記HPで、在りし日の鎮守の森を見て、ますます残念。
NOT_FOUND 404


f:id:kanjisin:20120507132607j:image

f:id:kanjisin:20120507133810j:image

f:id:kanjisin:20120507140535j:image
                     (若林区荒浜新2 海方向を見る)
f:id:kanjisin:20120507160209j:image
        荒浜の 海辺の街の廃墟には 褪せし黄色い旗めく

荒浜の浄土寺が津波で流され 五色の旗のうち黄色い旗が見つかり・・
黄色いハンカチプロジェクト
希望の黄色いハンカチ大作戦/ウェブリブログ
【現地レポ】仙台・荒浜「希望の黄色いハンカチ大作戦」?震災12ヶ月後|みぞっちふぁーむ開業までのブログ(現在終了)

f:id:kanjisin:20120507135504j:image
                         (グーグルアースより)

f:id:kanjisin:20120507140840j:image
こちらにも「東日本大震災 二万余名 霊位」への供養塔が立っていました。

f:id:kanjisin:20120508210100j:image:w470
                 合掌

f:id:kanjisin:20120507154818j:image:w470
先日の大雨のせいか水没している広大な水田跡より仙台市街地を望遠す。

◎注目ブログ
Lablog 神々への祈り(?)
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村