信州のおいしい 果物 枝成り完熟

2018-08-20 2018台湾旅行  出国して入国へ 編

長野県には、空港(国際)がないので 

国際空港へ行くのに どうしても、半日は 掛かる。

だから、余裕があれば 東京で前泊となるが

そんな訳に 行かないので 午後便になってしまう!

この所、私は 便利な 羽田空港を使っています。


長野県から 羽田空港まで 行くには

2通りの方法があります。

前回は、空港行きの乗り合いタクシーを使ったが

どうしても、乗り合いの為に 他の人の出発時間の関係や

首都高の混雑を避ける為に 長野の出発時間が深夜となってしまう!



もう1つは、新幹線を使う方法である。

ちなみに、上田まで自家用車で向かい、駐車場へ預けると

1日¥1.000円も 8日で¥8.000円も! ( 馬鹿らしい! ) 



結局、

今回は 妻に しなの鉄道戸倉駅まで送ってもらい

f:id:kanjuku107:20180820125959j:image:w640

通勤、通学の人達と上田まで ( 何年かぶりに鉄道に乗った! )


いつも 乗る新幹線に乗り換えて、東京

f:id:kanjuku107:20180820130108j:image:w640


京浜東北の快速で、次の浜松町へ そこから、モノレール羽田へ向かう。

10時頃には 羽田の国際線ビルに着いた。

f:id:kanjuku107:20180820130143j:image:w640


フライトは、13:20なので 余裕のよっちゃんである。

f:id:kanjuku107:20180820130333j:image:w640


まずは、重い邪魔な スーツケースを預けるのだが 

まだ、受付時間前だった。

そして、受付開始に 一番に預けた。

( これが、誤算だった。 )


そして、お昼には 少し早かったが 早昼飯を摂ることにした。

ちょっと高めの 刺身どんぶりを 頂いた。

f:id:kanjuku107:20180820130301j:image:w640

流石に、日本食は 美味い。



早々に、出国手続きを行い 出国ロビーに

まずは、出発ゲートの確認をしてから 

フリータックス(現在では殆ど低税だが!)へ

f:id:kanjuku107:20180820130524j:image:w640


若い頃は、タバコに洋酒を 競って買い求めたが

今は、全く 興味がない。 ( 不思議な物だ! )


スカイラウンジへ行き 無料のコヒーを飲みながら

離発着する飛行機を眺めて 時間まで待った。

f:id:kanjuku107:20180820130608j:image:w640


13時頃から 搭乗が始まらしい。

f:id:kanjuku107:20180820130743j:image:w640


私は、エコノミーの早期格安チケットなので最後に

でも、席は指定なので 関係はない。

f:id:kanjuku107:20180820130832j:image:w640


いつもの様に 景色の見える 窓側を確保した。


一旦、階段で 降りて 飛行機へ向かう

f:id:kanjuku107:20180820130903j:image:w640


その昔に 初めて台湾へ行った頃は、タラップだった!

今は、雨にも濡れずに 便利になった。


予定通り、ANA NH853便は 羽田を離陸した。


台湾行きの場合、乗った航空会社が日本でしたら

機内アナウンスは、日本語、ペキン語、最後に英語となる。

台湾の航空会社でしたら ペキン語、英語、日本語の順に


離陸して25分程で 横浜が見えた。

f:id:kanjuku107:20180820131040j:image:w640


八景島

f:id:kanjuku107:20180820131105j:image:w640


葉山、逗子方面が眼下に

f:id:kanjuku107:20180820131220j:image:w640


江ノ島

f:id:kanjuku107:20180820131302j:image:w640


そして 湘南海岸が

f:id:kanjuku107:20180820131355j:image:w640


箱根芦ノ湖も 見えた。

f:id:kanjuku107:20180820131518j:image:w640


そして、日本一高い 富士山が 雲の上に

f:id:kanjuku107:20180820131624j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180820131620j:image:w640


山頂を望遠で見たら

f:id:kanjuku107:20180820131712j:image:w640


こんな感じに 飛行するらしい。 高度1万m以上を

f:id:kanjuku107:20180820131851j:image:w640


14時を過ぎた頃に 愛知県知多半島が見えた。

f:id:kanjuku107:20180820131915j:image:w640



14時半頃になると 機内の昼食が

チキンとビーフがあり 私は、ビーフシチュウを頂く。

f:id:kanjuku107:20180820131954j:image:w640

日本の調理なのか 味が いい。 完食!


15時頃に あの迷走台風の上空を 対して揺れなかった。

f:id:kanjuku107:20180820132024j:image:w640


沖縄の近くか? 台風の子供か 積乱雲

f:id:kanjuku107:20180820132104j:image:w640



f:id:kanjuku107:20180820132149j:image:w640


16時20分頃に ようやく、台湾の陸地が見えた。

f:id:kanjuku107:20180820132234j:image:w640

東海岸の 鼻頭角半島( 行った事がある )が



16時30分頃に 台北市松山空港に無事に着陸した。

f:id:kanjuku107:20180820132552j:image:w640


この時点で 現地時間に変更に 1時間遅れの15時30分に

そして、40分頃〜 機外への移動が始まる。

f:id:kanjuku107:20180820132620j:image:w640



機から出る時に 少しだけ 外気を感じる。 暑い!


入国、通関手続きは、写真撮影が禁止


入国審査では、両手の人差し指の指紋まで取られる。

LCCなど 深夜に到着する便などは、

管理官が少ないのか? ゲートが少なくて 

出るのに 時間が掛かる事もあるが

昼間なので、ゲートを沢山 開けてくれたのでスムーズに


しかし、預けたスーツケース 一番最後になってしまった!

( 羽田で 早くに預けたので! 当たり前か!! )


出口へ 向かうと 台湾の友達は、迎えに来ていた。

f:id:kanjuku107:20180820132822j:image:w640


早々に 彼の愛車( スバルアウトバック4WD )に載り

台北駅近くの ホテルに向かった。

f:id:kanjuku107:20180820132847j:image:w640



ホテルでチェックイン後、歓迎夕食の会場(近く)へ向かう

台北駅前で 真っ赤な夕日を見た。

f:id:kanjuku107:20180820132924j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180820132920j:image:w640

暑そう! ( 明日も 暑い〜ぞ! と言っている様に感じた! )



明日は、友達の家族や会社の人に会う予定だが

自宅や会社が桃園市内なので 私が、台鉄で向かう事に

そんな訳で、

台北駅の 台鉄乗り場へ行き 時刻表を確認した。

f:id:kanjuku107:20180820133041j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180820133045j:image:w640


もちろん、私は 台鉄に乗るのは初めてである。

だか、

数年前に日本のスイカの様なカードを買ったので

悠遊カード これを使う事にする。

f:id:kanjuku107:20180820133149j:image:w640


この、カードは

後に 全国で使えて重宝しました。

それに、桃園駅での 出口を 教えてもらう



夕食会場は、駅近くのホテルの地下に

f:id:kanjuku107:20180820133418j:image:w640


娘婿が待っていました。 そして、3人で会食を


私は、台湾ビールを飲む 冷たくて美味い〜ね。


この季節の野菜を頼んだら 私の好きな料理が来た。

f:id:kanjuku107:20180820133716j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180820133825j:image:w640

淡水池にある睡蓮の様な植物の茎だそうだ

これは、美味かったね。 これは 私は、いつも頂く



日本の焼き餃子に似ている

f:id:kanjuku107:20180820134124j:image:w640

f:id:kanjuku107:20180820134120j:image:w640


これも 美味かった。

f:id:kanjuku107:20180820134220j:image:w640

f:id:kanjuku107:20180820134216j:image:w640


などなど、食べきれない程 頂きました。


そして、別れて ホテルへ 戻る。

台湾のTVでも 気温の話題が  

f:id:kanjuku107:20180820134457j:image:w640


やはり、暑い様だ!

f:id:kanjuku107:20180820134522j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180820134549j:image:w640



ホテルの部屋は、エアコンが効いているが

私は、寝るときは 切ってしまう。

以前、付けておいて 風邪を引いた事があるので。。

 

次日は、桃園市内、市外 編を



所で、お盆過ぎ頃から 長野でも涼しくなり

タオルケットでは、風邪が引くくらい 寒くなりました。

今日の昼間は、また30℃を越えている。

夕刻は、下がると思うが 果たして。。。



このブログ

リアルタイムに更新されます。

タイトルの後にある 改訂番号に 注意して覗いてね。



じゃあ、またネ!




ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

きれいな写真や、もっと大きくし 詳しく見たい時には

その写真にカーソルを置き 左クリックして下さい。

そうしますと、写真と撮った時のデーターが出ます。

その下に、オリジナルサイズと言う表示を

左クリックしますと 原版の写真が見られます。

更に、画面に + − の表示がありますので

これを左クリックしますと 大きくなったり、元に戻ったりします。

試して見て下さいね。


コメント等がありましたら、下の 「コメントを書く」をクリックして

投稿欄に御記入願います。

もちろん、お名前は匿名ですよ!

尚、過去に 嫌がらせ等の書き込みがありましたので

承認をしてから載せておりますので、多少のお時間が掛かる事も

ありますのでご了承をお願いします。 

また、メールに寄るお便りはブログの左上

プロヒィールで あんずの写真を クリックされますと

枝成り完熟宛のアドレスがありますのでお便り等を下さいね。

2018-08-18 2018台湾旅行 前置き編   改訂 2

旅行から戻って来たら

相変わらずの高気温、高湿気 そしてお盆がやって来た。


訪台の数日前から 遠くに居る3人の男孫が来ていた。

1才の子は、ようやく立ち上がる程度で 何でも掴み放り投げる。

当然に、本棚やパソコン近く物は退避である。

戻って見ると ほとんどが 上に置かれていた。

夜に、パソコンを動かして うっかり、そのままで寝てしまうと

翌日には、大変な事になってしまう!


それが原因なのか? ネットが繋がらない症状になった。

回線を確認したら 電話にWi−Hiは、生きているが 

結局、パソコン本体のネットワーク基板が壊れた?様だ!

そして、掛かり付けの医者を呼んで 外付けルータを使う事にした。

やっと、正常になるが

ブログの編集作業は、昼間や夜に出来ない。( 癒やしの子守が! )

結局、彼らが 帰るまで と なる。



お盆が終わって ようやく、妻と2人になったので

編集を 再開しました。


台湾旅行の体験記 8日間を 日々、ブログに載せますので見てね!



今年、2年越しに台湾を訪れた。

私は、その昔(1972年)に勤めていた会社で

合弁会社台湾に作る事になり、最初に現地に赴きました。

所が、この年に 田中首相が「 日中国交正常化 」を行い

必然的に、台湾中華民国)との国交を断絶した。

これに、伴い 当初の出発予定日が 政情不安等で 大幅に遅れた。

私自身も 人質や暴動に巻き込まれるのではないか と 心配でした。

( 緊急時の逃げ込む家庭(親日な)宅を個人的に確保もした。 )


で、行って見ると なんて言う事はないし 

民衆は、日本びいきで 全く 問題はなかった。

お陰で、年末だったので年取りと元旦も迎えたり

現地の正月(旧正月)も体験が出来ました。


当時の社員と

f:id:kanjuku107:20180818204807j:image:w640

( さぁ、私は どこに居るかね!? )



そんな事もあり その会社の幹部と仕事以外の友好を深めて

今日まで お付き合いをしています。 

もう、40年来の友達で家族の付き合いも しています。

相手が 日本へ来れば 長野から逢いに行ったり

観光で 長野へ来れば 宿泊地へ 行ったり


そんな訳で、若き頃に行った台湾が懐かしくで

台湾を訪れています。

 

最近ですと 

2010年 成田−桃園 ANA  5泊6日 北海岸と膨湖諸島へ

f:id:kanjuku107:20180818204846j:image:w640


2014年 羽田−松山 EVER 5泊6日 九份と日月潭

f:id:kanjuku107:20180818204913j:image:w640


2016年 羽田−松山 チャイナエアー 6泊7日 台湾一周を

f:id:kanjuku107:20180818204938j:image:w640



そして、今年は

2018年 羽田−松山 ANA 7泊8日 玉井(マンゴーの聖地)へ

f:id:kanjuku107:20180818205001j:image:w640


もちろん、その友は いつも、空港まで迎えに来てくれて

ホテルへ そして、再会を祝って 歓迎夕食をしてくれます。



さて、私が見て来た 台湾について紹介をしますと

f:id:kanjuku107:20180818205904j:image:w640


現在、国交はないが 普通に旅行が出来る安全な国です。

但し、夜間 1人での裏道は危険です。(日本でも)

羽田成田空港から LCCやJAL、ANA、台湾の航空会社などが発着

離陸して、約3時間少しで 着陸に

時差は、1時間遅れ ( 行って、徳をして 帰国して、損してって感じ! )


航空券 往復で ¥35000〜50.000円 エコノミーで

LCCで 2019.2月ですと 成田−桃園 エコノミー ¥25.000円程度

いずれも、海外諸税等・取扱手数料含む

今回は、2月に ANAの航空券を予約しました。


ホテルは、東京と似て ピンキリ 交通の便が良いと高い!

f:id:kanjuku107:20180818205141j:image:w640

台南ホテルの領収書( 1日¥2.376元 ¥8.910円 )


言葉は、 空港、ホテルなどは、日本語が何とか通じるが

一般の店や、屋台などは 通じないが 

基本は、ペキン語です。 で 仲間同士は、台湾語で話している。

年配者は、日本の教育を受けているので漢字を書けば通じるし

笑顔(顔の表情)で なんとか なる。


そう、私は ペキン語も英語も話せない( 最低語だけ=オハヨウ、アリガトウ。。 )

ですが、電卓と筆記用具を いつも 持っている。

また、今回は 手に載る電訳器(日本語→ペキン語)を持参した。

f:id:kanjuku107:20180818205251j:image:w640

なんとか、通じました。


公称通貨は、 NT$(ニュータイワンドル)と言うが

単位として 元(エン)と 読んでいる。

レートは、円相場と同様に 日々変わる。 

私は、いつも空港で台湾銀行の窓口で両替を行う

今回は、現地の1元が ¥3.75円 でした。

つまり、現地の100元が 日本の¥375円となる。

同様に、現地の1000元が 日本の¥3750円となる。

f:id:kanjuku107:20180818205340j:image:w640


だが、実際に店頭表示が1000エン書かれていると

頭では、判っているが 「 千円 安い! 」と思い 買ってしまうが

後で、ホテルで 領収書で計算すると 

結構な買い物をしている事に 気が付くのである。(私だけかも?)

小銭のコインもある

f:id:kanjuku107:20180818205819j:image:w640


 

物価は、日本の7割ぐらい 

711や自動販売機で 現地の清涼飲料水が 20元程度

f:id:kanjuku107:20180818205441j:image:w640


だが、薬、化粧品、一般雑貨、などの日本製品は

日本で買うより高いです。 ( 日本でお買い求めを )


また、日本と同様に、外人好みの高級レストランとなると高いです。

( 私は、行かない! )

現地の有名店ですと まぁ、まぁかな?!


食い物  何でも、ある。

首都台北には、回転寿司に 日本のラーメン ケンタッキーに マック

スタバに コンビニの711、ファミマ  三越にそごうも

もちろん、夜店や屋台へ行けば ゲテモノもある。

 

8月の気候  今年の日本と同様に連日、30℃越えに

晴れると日射しが強い。日焼け止め必要 サングラスも

しかし、日本より多少湿気が少ない様に感じたが

汗は、大量に出る。 ホテルへ戻ってのシャワーは最高だね!

季節では、雨季で 台風も多いし、日中にスコールもある。 



昨今では、インターネットの普及に伴い

自宅に居ながら ほとんど、台湾のホテル等が予約出来ます。

今回も 飛行機、ホテル、台湾新幹線、小旅行などを


今回の旅行は、2月に企画し 航空券を手配してから

ホテルに 新幹線指定席等の予約をしました。


7月の 杏の収穫が終わった頃から 気象も怪しくなり台風

「 おい、おい! 」って感じに なった。

でも、珍しく 行いが良かったのか 心配した迷走台風

羽田を避けて 九州方面行ってしまった。



今年の旅行での目的地は、

マンゴーの聖地 台南郊外の玉井地区へ

そして、北海岸 野柳で女王頭と呼ばれている海蝕岩を見に

それに、淡水へ行って 対岸の八里へ




次回は、7月30日 羽田からの出国、到着して入国 編を


このブログ

リアルタイムに更新されます。

タイトルの後にある 改訂番号に 注意して覗いてね。



じゃあ、またネ!




ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

きれいな写真や、もっと大きくし 詳しく見たい時には

その写真にカーソルを置き 左クリックして下さい。

そうしますと、写真と撮った時のデーターが出ます。

その下に、オリジナルサイズと言う表示を

左クリックしますと 原版の写真が見られます。

更に、画面に + − の表示がありますので

これを左クリックしますと 大きくなったり、元に戻ったりします。

試して見て下さいね。


コメント等がありましたら、下の 「コメントを書く」をクリックして

投稿欄に御記入願います。

もちろん、お名前は匿名ですよ!

尚、過去に 嫌がらせ等の書き込みがありましたので

承認をしてから載せておりますので、多少のお時間が掛かる事も

ありますのでご了承をお願いします。 

また、メールに寄るお便りはブログの左上

プロヒィールで あんずの写真を クリックされますと

枝成り完熟宛のアドレスがありますのでお便り等を下さいね。

2018-08-09 無事に戻ったが!

2018年7月30日〜8月6日 8日間 台湾への一人旅へ

迷走台風が去った後に、羽田からフライト

f:id:kanjuku107:20180809125125j:image:w640


その台風の上を通過して 台湾 松山空港へ無事に到着

翌日から 珍道中が始まった。

そして、羽田へ近づく台風が来る前に舞い戻って来ました。


所が、我がパソコン不調となり 

旅行記の編集が 遅れています。

もう、暫く お待ち下さいね。

2018-07-21 暑い時に 冷え冷えの杏シロップは如何! 

今年は、春も 夏も 早かった。

そう、杏の収穫も 昨年より 一週間も 早かった。

初収穫から 3週間程で 杏の収穫は 早々に終わった。

その後 連日、35℃を越える暑さに突入した。


朝 起きると もう、25℃越えに

それから グングンと気温は上がり10時頃には30℃を越える


これが、温暖化なのか?!


所で、今年も 沢山の方々がシロップ漬け

その写真を 紹介します。 ( 順不同 )


トップバターは、

横浜市の K さん


f:id:kanjuku107:20180721173456j:image:w640

瓶に 取っ手がある  何の瓶を使ったのかな?



多摩市の Ki さん


f:id:kanjuku107:20180721173638j:image:w640

こんなコメントが

「昭和」のシロップ煮・・・

久々の昭和種。 

どうも昭和は、お味は良いのですが実離れが悪いので、

種を取るのが難しかったです。


「昭和」のジャム・・・

あまりに種をとるのが大変なので、

今年は、ジャムを作ってみました。

梅ジャムは毎年作るのですが、杏の方が香り豊かです。

ネットで探して、杏仁を入れるジャムを作ってみました。

杏仁の毒が心配なので熱を加えましたが

そうすると、香りが薄いような気がします。

うーん、難しいなあ・・・


「ハーコット」と「信州サワー」・・・

追熟して生でいただきました。

初めての信州サワーです。

小粒でこれぞ杏!って感じ。

甘みも酸味もあって美味しいですが、

やっぱり王様のハーコットには負けるなあ。


「昭和」の生杏の即席砂糖漬け・・・

お皿に入っているものです。(ちょっと暗く写ってしまいました)

梅の砂糖漬けと同じく、塩でしめて、その後砂糖に漬けます。

簡単で美味しいですが、発酵しやすいので注意です。



東京都の Ki さん


f:id:kanjuku107:20180721174015j:image:w640

それにしても、詰めますね! 汁と種がない!!


f:id:kanjuku107:20180721174104j:image:w640

本日、信月杏を受け取りました。ありがとうございました。

・・・で早速シロップ漬けを1kg分作成しました。

めちゃくちゃキレイな色に変わりますね。

感動です❣ 惚れ惚れです❣

眺めているだけでも幸せになれる色です。

信月、素晴らしいです❣ 

でも、もちろん食べないとですね❣  とっても楽しみです。

果たして、味は どうだったのかな? (枝成り完熟)



群馬県の Ha さん


杏ちゃん、無事にシロップ漬けになりました。

f:id:kanjuku107:20180721194706j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180721194701j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180721194659j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180721194401j:image:w640

こんな長い瓶があるのですね! 

取るのに大変かも?! (枝成り完熟)


生食の信州サワーも味と食感を比べたくて、

少しシロップ漬けにしてみました。

作成過程でもかなり違いました (笑)

何年か繰り返したら、思い通りになるかしら。

写真送ります。Instagramにも載せました。




東京都の Si さん


シロップ用に送って頂いた杏(昭和)をコンポートにしました。

f:id:kanjuku107:20180721194908j:image:w640



東京都の On さん


杏(信山丸)、18日届きました。

さっそく、シロップ漬け作りました。

f:id:kanjuku107:20180721195323j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180721195224j:image:w640

今年は、22個です。

9月の味見が楽しみです。




東京都の Ni さん


先日、ヤフオクシロップ用の信月あんずを購入した

東京のNiです。 その節はどうもありがとうございました。

以前から自家製シロップ漬けやジャムを作っていましたが、

一般流通品やJA長野のオンラインショップで購入していたので、

平和や昭和が常でした。

初めての樹上完熟の杏。

そして初めてお目にかかった 信月。

加熱したら艶やかなオレンジ色になったのには驚きました。

f:id:kanjuku107:20180721195552j:image:w640


今回仕込んだシロップ漬けは、

450mlと320mlの瓶で計17本。

冷蔵庫に入れやすいサイズの瓶を選んだら

本数が増えてしまいました (苦笑)

熟成するのが待ち遠しいです!


少し残った分は...

あんず大福を作ったり、追熟させて生で食べてみたり、少しずつ楽しんでいます。

f:id:kanjuku107:20180721195504j:image:w640



静岡県の Or さん


今年もいい色のあんずちゃんに会えて最高です。

17日は都合が悪く何もできませんでしたが、

18日にはシロップ漬けの仕込みが完了しました。

f:id:kanjuku107:20180721195720j:image:w640

真夏の暑い日食べるのを楽しみにしております。



鳥取県の Ad さん


シロップ用のあんずを受けとりました。

可愛らしい杏(信山丸)、ありがとうございました。

f:id:kanjuku107:20180721195833j:image:w640

可愛らしい杏は、只今シロップに漬かっています。



埼玉件の Tu さん


早速、シロップ漬けに取り掛かり 出来上がりました!

f:id:kanjuku107:20180721200150j:image:w640

昨年は信州大実で作りましたが

今年は、新月信州大実よりは小さいですね。

生で食べた感じは、甘みもあり、酸味もいい感じにあり

好きな味です❗️

昨年よりは手際良く出来たつもりですが味はどうか…

一ヶ月後の楽しみです。💕

出来上がりが楽しみです✨



昨年の信州大実のシロップ漬け❗️

f:id:kanjuku107:20180721200451j:image:w640

美味しい〜✨

f:id:kanjuku107:20180721200838j:image:w640


炭酸でシュワシュワー✨

f:id:kanjuku107:20180721200618j:image:w640



千葉県の Su さん

f:id:kanjuku107:20180721195918j:image:w640

先日送っていただいた信山丸のシロップ漬けは、

今年は試しに丸のまま と 2つ割にしたものを

一緒に瓶に詰めて作ってみました。

その方が2度楽しめるので、

次回からはこのやり方で作ろうと思います。

シロップ漬けで残ったシロップは、

ジムに行く時に水で薄めて持って行ったり、

なんと言ってもサツマイモ煮を作る時にかかせないです。

少量の水とシロップサツマイモ

甘酸っぱさと杏の香りが残るサツマイモ 煮になります。


以前、瓶にぎゅうぎゅうに詰めてシロップ漬けを作ったら、

杏を食べ終わった後の瓶に残ったシロップの量が少なくて

サツマイモ煮が美味しくできなかったので、

それからはシロップの量が

瓶の半分くらい残るようにしています。


また信山丸の古い記事(2009年)がネットにあり、

千曲市産の稀少アンズ(信山丸)を守ろう!」という活動が

掲載されていました。

その頃よりは増えているんで しょうか。


煮ると味が濃くなり風味が増す品種ですね。

稀少な信山丸杏を送っていただきありがとうございました。

1年間大事に頂きたいと思っています。



東京都の Wa さん


シロップ漬けは、初めて作りました。

JAのサイトに載っていたレシピを参考にしました。

f:id:kanjuku107:20180721200933j:image:w640


タネ離れよく楽しく作れましたが、

2リットル瓶の消毒が力作業で、

熱さにへこたれそうになりました。

次回は1リットル瓶以下のサイズにして殺菌消毒〜脱気をしようと

良い勉強になりました。

今は、大瓶2本は野菜室にて、

小瓶に入れたものは冷蔵室で熟成中です。

美味しく仕上がりましたら、いただいた報告します。



兵庫県の Sa さん


昨日さっそくシロップ付け作りました!

大変でしたが、レシピ通りがんばりました。

f:id:kanjuku107:20180721201054j:image:w640


ジャムはごく一部で、まだまだあります。




先程、 

東京都の Mu さんから メールが


ジャムとシロップ 両方つくりました。

ジャムはジップロックにいれて冷凍してあります。

本日は寒天にしました。

シロップとジャムをミックスして緩い杏ソースにし、

それを 寒天の上にかけました。

あんみつより さっぱりしていて とっても美味しかったです。

たぶん アイスをのせてもおいしいと思います。

シロップは 3か月ぐらいおいたほうがいいのかもしれませんが、

待ちきれずに いただいてます。

本当においしい杏、および レシピ ありがとうございました。

来年も楽しみにしています。 

来年は、制作中と完成品の写真を送ってね!(枝成り完熟)





このブログ

リアルタイムに更新されます。

タイトルの後にある 改訂番号に 注意して覗いてね。



じゃあ、またネ!




ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

きれいな写真や、もっと大きくし 詳しく見たい時には

その写真にカーソルを置き 左クリックして下さい。

そうしますと、写真と撮った時のデーターが出ます。

その下に、オリジナルサイズと言う表示を

左クリックしますと 原版の写真が見られます。

更に、画面に + − の表示がありますので

これを左クリックしますと 大きくなったり、元に戻ったりします。

試して見て下さいね。


コメント等がありましたら、下の 「コメントを書く」をクリックして

投稿欄に御記入願います。

もちろん、お名前は匿名ですよ!

尚、過去に 嫌がらせ等の書き込みがありましたので

承認をしてから載せておりますので、多少のお時間が掛かる事も

ありますのでご了承をお願いします。 

また、メールに寄るお便りはブログの左上

プロヒィールで あんずの写真を クリックされますと

枝成り完熟宛のアドレスがありますのでお便り等を下さいね。

2018-07-18 イソイソと出掛けたが 早かった!

今日も、朝から 好天気に

当地も 朝から 気温上昇が激しい!


例の庭に設置してある 最高温度計40℃を示していた。


17時に 見たら 未だ、33℃も あった。


県内の山沿いは、夕立があるらしいが

ここは、そんな気配は 全く ない。



この7月中旬頃になると

地元の 川中島地区では  の季節となります。


そんな訳で、 そろそろ、 も 直売しているだろう と思い


9時を目指して 朝食後に 出掛けた!



そう、川中島共選所の隣にある 直売所へ

http://www.ja-grn.iijan.or.jp/map/agrisquare/post-11.php

自宅から 堤防道路を使って、篠ノ井橋の袂へ

そして、R18号へ バイパスを走って 公徳の信号を左へ

そして、直ぐの信号を 左へ 進むと

旧18号へ (右に西友) この信号を 曲がらずに直進し

最初の信号(北原西)を右に折れると

その昔の 県道となります。

これを 更に 進む(北上) と 川中島支所前の信号が

これを 100m弱進むと 右に 共選所の直売所が

その手前と 直売所前 が 駐車場となる。


9時5分に 着いたが 誰もいない。 


シャッターも降りていた。

f:id:kanjuku107:20180718184239j:image:w640

その チラシ看板を見て 「 早すぎた! 」と判明!!


この直売所  昨年の写真を見ながら 説明をすると

この直売所の右奥に 桃の選果場があります。

そこでは、これから お盆前頃まで 毎日、農家が持ち込んだ

桃の選果をして 荷造り(化粧箱入り)して

全国へ 出荷されています。


ちなみに、これが 今年の 桃の価格 (送料込み)

f:id:kanjuku107:20180718180214j:image:w640

ご覧の様に 特等品だけを 扱うので いい、お値段です。


しかし、品質は バッチリで最高品です。

f:id:kanjuku107:20180718180733j:image:w640



そんな訳なので この選果から 落ちた桃を直販する訳です。

つまり、B級品の桃  

f:id:kanjuku107:20180718180326j:image:w640


しかし、プロが弾いた桃なので 私から見れば 最高品だね!

f:id:kanjuku107:20180718180406j:image:w640

それを 箱に入れて 箱で売る。

価格は、 ¥700円〜¥1.500円程度かな!


それに、最近は 農家が選果所へ持ち込めない桃を

持ち込んで 箱売りも しています。

f:id:kanjuku107:20180718180536j:image:w640

つまり、 共選落ち と 個撰落ち を 格安に販売をしています。

f:id:kanjuku107:20180718180649j:image:w640


昨今、ネット社会なので この直売所の情報が流れるので

( 私も 流している )

結構、県外からの お客さんが 何箱も 台車買いをしています。

私は、 まぁ、5箱止まり でしょうかね!


実は、 

私は  マンゴーは大好きなのですが

桃 は ダメなのです。 

桃を食べると 胃がかゆくなる?!


嫌いなのに 桃を 買いに行く 変なオッサンなのです。

 

じゃぁ、戻るか  となるが

ただ、戻っても しょうがないので 西側にある

共和園芸農協共選所直売所へ 向かう事にした。

http://www.applekyowa.com/hpgen/HPB/entries/5.html

ここは、元々 林檎の共選所です。


近道を 知っているので  

あそこを通って、曲がって と 庭の様である。

f:id:kanjuku107:20180718180904j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180718180859j:image:w640


それにしても この天気! 

f:id:kanjuku107:20180718180945j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180718181015j:image:w640



おぉ、 もう 林檎が出ている!!

f:id:kanjuku107:20180718181044j:image:w640

最初に出る 祝と言う青リンゴ お盆の時に仏壇に


プラム好きが 喜ぶ者が 沢山 あった。

f:id:kanjuku107:20180718181131j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180718181120j:image:w640


私が 初取りした 早生のプルーン アリーリバーも

f:id:kanjuku107:20180718181218j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180718181214j:image:w640


ネクタリンも

f:id:kanjuku107:20180718184354j:image:w640



それに、杏もあった。

f:id:kanjuku107:20180718181303j:image:w640


f:id:kanjuku107:20180718181256j:image:w640

そう、ここは 裏に 氷温冷蔵庫を持っている。

触ったら 冷え冷えでした。

品種は 判らない!


桃も あった。

f:id:kanjuku107:20180718184738j:image:w640


暑くて たまらないので 何も買わずに 自宅へ戻っ来た。 




このブログ

リアルタイムに更新されます。

タイトルの後にある 改訂番号に 注意して覗いてね。



じゃあ、またネ!




ブログを読んで頂きまして有り難うございます。

きれいな写真や、もっと大きくし 詳しく見たい時には

その写真にカーソルを置き 左クリックして下さい。

そうしますと、写真と撮った時のデーターが出ます。

その下に、オリジナルサイズと言う表示を

左クリックしますと 原版の写真が見られます。

更に、画面に + − の表示がありますので

これを左クリックしますと 大きくなったり、元に戻ったりします。

試して見て下さいね。


コメント等がありましたら、下の 「コメントを書く」をクリックして

投稿欄に御記入願います。

もちろん、お名前は匿名ですよ!

尚、過去に 嫌がらせ等の書き込みがありましたので

承認をしてから載せておりますので、多少のお時間が掛かる事も

ありますのでご了承をお願いします。 

また、メールに寄るお便りはブログの左上

プロヒィールで あんずの写真を クリックされますと

枝成り完熟宛のアドレスがありますのでお便り等を下さいね。