戯言スクラップブック このページをアンテナに追加

個人的感情フラフラ日記は日常の戯言へ                  

[読書] [音楽] [日常] [ライブ] [CD] [ライブ情報] ライブ履歴 *読後本の感想は[本棚] *CDの感想は[CD棚] * 行きたいライブ行く予定のライブは bloc

2017-03-19

f:id:kankoto:20170320134634j:image:w360

[][]西荻窪ラバーズフェス

 西荻窪ラバーズフェスというのに行ってきました。西荻窪駅から15分ほどの桃井原っぱ公園と言うところで色んなお店やアーテイストが出演するイベント。砂埃が強風に舞って全身砂まみれになったのには閉口しましたがお天気も良くて、のんびりした雰囲気でとても良いイベントでした。

 穂村弘井手健介と母船、outside yosino、カーネーションと見てきました。好きなアーテイストばかり。

 特に、井手健介と母船のライブは初めて見たのですがこれが素晴らしかった。ライブを見た友達がいいよ〜と言ってたけれど本当に良かった。アルバムは聴いていたけれどバンドで生で聴くとサイケな音が広がってたまらん!と言う感じ。野外と言うのもあったけれど青い山賊と言う曲なんて気持ち良すぎてくらくらしてしまいました。これはこれからもライブに行ってみたい。

 吉野さんの刺さるような歌もひさびさに聴いてグッときたし、直枝さんのギターもかっこよかった。トッドラングレンのカバーが良かったので帰りはトッドラングレンを聴きながら帰った。

[][]Julie Byrne 「Not Even Happiness

 ニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライターJulie Byrneの2枚目新作。こちらも届いてからずっと聴いていた1枚。聴いたとたんにすーっと体と気持ちが休まってやっぱりこういうのが好きだーって思った。何も考えなくても自然に聴いていられる1枚。衝撃とか深い想いとかそういう聴き方をしていなかったりするけれどこういうアルバムあんがいじわじわと自分の中の深い部分に効いてくる。と言うかささえになったりするものだなった思う。

 彼女が旅したアメリカ風景自然が歌われていて、青空や光や、風や、緑や、その風景を見たこともない自分の包まれることの気持ち良さ。PitchforkでBest New Musicに選出されたNatural Blueが本当に美しいです。

 

NOT EVEN HAPPINESS

NOT EVEN HAPPINESS

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kankoto/20170319

2017-03-16

f:id:kankoto:20170316100726j:image:w360

[]梅を見に行く

 先週からずっと梅を見に行きたいと思っていたのだけれど天候や自分の用事やなんやかんやで行けなかった。朝起きて天気予報を見て、もう行くなら今日しかいかなと思って思い切って出かけた。行先は群馬秋間梅林と言うところ。

 新しい相棒アクア君と遠出をするのははじめて。そして久しぶりの碓氷バイパス、ちょっぴり緊張しながら走る。カーナビたよりになんとかたどり着く。

 山一面の梅、菜の花も咲いていたり、タンポポも咲いていたり、山を下るだけで季節の違いを見せつけられました。梅は白が多くてそこがちょっ物足りなかったかも。でも一人で春を満喫の一日。がんばってきれいなものをいっぱい見に行こう。

[][]Dirty ProjectorsDirty Projectors

発売前から楽しみにしていたのでCDが届くまで先行のPVなど出来るだけ見ないようにしていた。(もちろんアップルミュージックでも聴かないようにしていた)なので届いて一聴したときの感想は正直少しがっかりしたものだった。

昨年でたBon Iverを聴いた時も感じたことだけど加工されたボーカルだとかエレクトリックな音とか。本当にとても凝っていて考えられた音が詰め込まれていて凄いなって思ったけれどもう少し素朴さと言うのかアコーステックな部分が欲しいなと思ってしまったのだ。なんだか今時な音だな。R&Bのあのアーテイストのアルバムこのアルバムと似た音なんじゃないのかな。

勝手に自分の中で抱いているインデーズらしさを求めてしまっていた。そもそもDirty Projectors はそういうバンドではないのにね。

そんな印象のアルバムだったのにひきつけられたのはまずは歌詞を読んでからだった。

大いなる失恋曲集

そう思った。

行き場のない思いと喪失感、悲しみがこの音にのって耳から体の中に入ってきて迫ってくる。

失った恋愛にたいする気持ちとこうまで向き合って、そしてこの音を作ったことがやはり凄いなと思ってきて、この音だからこそ自分の中の気持ちとリンクする部分も感じた。

もちろんきっと考えられたしたたかな部分だってあるはずだ。そうも思いながらもその気持ちを内包しながら新しいものを作り出していくエネルギーみたいなものを感じた。

このアルバムが届いて毎日聴いていたことに気が付いた。

Dirty Projectors

Dirty Projectors

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kankoto/20170316

2017-03-14

f:id:kankoto:20170315142023j:image:w360

[][]アーサーミラー「存在感のある人」

図書館新刊コーナーにあって借りた本ですがとても良かったので自分であらたに買おうと思った。

劇作家アーサーミラーの短編集

「ブルドック」「パフォーマンス」「ビーバー」「裸の原稿」「テレビン油蒸留所」「存在感のある人」の6編

最初の「ブルドック」を読んで久々に衝撃を受けてその曖昧なうまく表すことの出来ない心理状態と言うか感情と言うかこんなにうまく表現されていることに驚かされた。それはどの作品についてもそうだし、単純に割り切れない気持ちがじわーっと伝わってきてしびれました。郷愁と諦念感、作者が85歳過ぎてから書き上げられた作品らしいけれど涼やかさとみずみずしさもある。そしてだからこそなのか記憶のなかの輝きのようなものがある。

風景とか状況とかもいいし、物凄く好きな世界。読み返してまた味わいたい。

存在感のある人:アーサー・ミラー短篇小説集

存在感のある人:アーサー・ミラー短篇小説集

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kankoto/20170314

2017-03-04

f:id:kankoto:20170304092322j:image:w360

[]福寿草を見に

 懐古園福寿草が見ごろだと言うので朝散歩がてら見に行ってみた。もっと大量に、一面に咲いてるのかと思ったらそうでもなくてちょっぴり拍子抜け(笑)でも弓道場の端の所に列になって咲いていたので写真を撮らせていただく。黄色い花が太陽が昇るにつれて開いてきて良かった。これから少しずつ色んな花が咲くと思うと嬉しい。

 

 テイーンエイファンクラブのライブが昨日今日あったみたいでツイッターのフオロワーさんも何人か感想をつぶやいていた。物凄く良かったみたい。行こうかどうしようか迷いつつ、まあいいかとチケットを買わなかったんだからしかたない。そんなに詳しくないし・・・・と思いつつやっぱり行くべきでしたかね(笑)色んなものが一期一会だなと思う。

夜は騎士団長の続き。あれなんかこういう話短編でなかったっけとふと思う。あの短編はどういう終わり方だったっけ。

[][]David Grubbs 「Prismrose」

 元バストロガスターデル・ソルのデヴィッド・グラブスさんの昨年出たアルバム。いつも読んでいるブログのうちの一つに紹介されてて購入。あの馬ジャケット「Rickets and Scurvy 」は大好きなので。

 ギターソロを中心とした作品でそこにドラムパーカッションが時々絡む感じ。淡々と進んでいく感じであれ?と思うと終わってる。(でも時々疾走感あり)その静けさの度合いがちょうどいい。良い意味で無理矢理持って行かれない感じで心地いい。

 ボーカル曲は1曲なのでできればも数曲欲しかったな。淡々としたボーカルが好きなので。

Prismrose

Prismrose

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kankoto/20170304

2017-03-03

f:id:kankoto:20170225110038j:image:w360

[]桃の節句

今年はお雛様飾らなかった。ごめんなさい・・・・・。こんなんじゃだめだ。

写真はこの間行った伊豆旅行稲取温泉の「雛のつるし飾りまつり」の写真。

[][]Elbow 「Little Fictions」

UKのオルタナティヴバンドエルボーの通算7作目となる新譜

名前だけは知っていたけれどちゃんと聴いたことがなかった。イギリスでは人気のあるバンドなんですよね。

 PVにべネディクトカンバーバッチが出ているというのがツイッターで流れてきて見てみたら曲が良くて、他の曲も良かったのでポチってしまった。届いてからここ数日毎日聴いていてヘビロテ中。

 最初数曲聴いた時は諦念感によるやすらぎみたいなものを感じていたんだけど届いてあらためて「Little Fictions」というタイトル名や歌詞をちょっと読んでいると全然違った(笑)ああ、日本盤買えばよかったな。

 もっと美しい空気を感じるし希望も感じるし後半の曲とか雄大さも感じるし、こっそり泣かせてくれたりもしました。

 未聴のバンドなので遡って聴いてみようかな。

Little Fictions

Little Fictions

カンバーバッチさんの出ているGentle Storm♪

D

とても美しいMagnificent (She Says)♪

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kankoto/20170303