Hatena::ブログ(Diary)

かんおじさんのブログ

2016-12-19

映画「あかりのあかり」

21:19

映画「ハッピィ・アイランド」見てきました。

ギリシャの小さな島に、若者が移住して自然の中で暮らす話です。

廃屋を借り、荒地を耕して自給自足をめざしますが、

うまくいったり、いかなかったり、

どうなるか、結論はありませんが、頑張ってます。

経済危機の国ですが、影響は見えません、

しかし、楽しそうに100歳の長寿を生きる老人にも、

戦争や軍事政権の、つらい過去があったはずです。



同日同場所の夜、自主制作の映画「あかりのあかり」があったので、見に行きました。

f:id:kanojisan:20161219211750j:image



佐世保市民の市民による市民のため映画のような感じです。

絵本が原作なので、ファンタジックな作品でした。

18分の短編ながら、そこはかとなく楽しめました。

場面がすべて、佐世保の風景なので、ロケーションや街並みが、

なぜか、なつかしく、異次元の空間のように感じられました。

監督・けむりのまきたろう氏の4作目の作品です。

1作目「暴中ハンター★優」と2作目「暴中ハンター★優エピソード2」

は、You Tube で見ることができます。

こちらは、暴走中年を、女の子が、おもちゃの刀で退治する話です。

やはり、佐世保の町や風景が、楽しめます。




f:id:kanojisan:20161219211810j:image



いずれの作品も、作っている人たちが楽しそうです。

いや、楽しんで創ってるだろうな、と感じます。

3作目は「KEEP OUT」2014年公開だそうですが、見てません。

私も若い頃は、市内の若者たちと芝居創りに挑戦しましたが、

一度も上演できずに終わってしまいました。

大変な時間と労力、なにより情熱が必要です。

私の若い頃は、8星撚茱ラブや、ビデオクラブが流行しましたが、

ドラマは見た記憶がありません。ドキュメンタリーばっかりだったような、、?

今は、映画といっても、以前よりは簡単で経費も、安いです。

上映もオブゼクターで簡単にできるろで、昔と比べると楽です。

とはゆうものの、これだけの作品をつくるのは大変です。

とくに、チームワークのいる作業ですから、監督の苦労は想像以上でしょう。

それにも負けず、挑戦しつづけているのは、たのもしい限りです。

煙野組のこれからの活躍を期待します。




f:id:kanojisan:20161219211839j:image 



シネコン99の次回上映会は

2017・1・14、 14;00〜、18;30〜  ブルーマイルにて、「バレンタイン一揆

2017・2・18、 14;00〜、19;00〜  ブルーマイルにて、「0円キッチン」

どちらも楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanojisan/20161219/1482149946