気になったネタリンク

このブログはバラエティー番組です。

批判的な文章についてはその対象への励ましです。

また、間違った文章があった場合それはイメージ・演出であるため問題ありません。

 

2017-02-05 ファイアーエムブレム ヒーローズ 感想レビュー

[] ファイアーエムブレム ヒーローズ

FE同人イラスト集&動物将棋。

って感じ。

軍隊を動かしているフレーバーもなければ、まともな救国ストーリーもない。

ファイアーエムブレムだと思わなければそれなりに面白いパズルゲームなんじゃないかな。

懐かしのシーダやマリアゴードン、リフ、ミネルバパオラ、エスト、カチュアといった面々の、今風同人イラスト集という側面でも出来は悪くはない。

サジやマジまでいるようなので、キャラはかたっぱしから採用されているのだと思われる。

 

単に、FEにストーリーやシビアさを求める私には、致命的に合わなかっただけの話だ。

※箱田真紀さんのマンガは当然持っている

CDドラマも当然持っている

※藤森ナッツさんのも好きだったぞ

 

信念をもって生きた英雄たちが「なんか召喚されて操られてメンヘラ姫に忠誠を誓わされてます。やられたら成仏するよ^q^」と雑な扱われ方をしているのを見ると、えらく腹立たしい。

マケドニア王国(やアカネイア連合王国)以外に忠誠を誓うミネルバなんて、見たくもなかったし、そんなものはミネルバではない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanoke/20170205

2017-02-04

[] 高速なハッシュテーブル設計する

http://postd.cc/designing-a-fast-hash-table/

STLのハッシュテーブルは、制限がついているのでちと遅いため、自作しよう。

というお話

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanoke/20170204

2017-01-29

[] 必要そうなサイト色々2

LibTomProject

http://www.libtom.net/

多倍長整数ライブラリや、暗号ライブラリなど。

ライセンスがゆるゆる。

Crypto++も素晴らしいのだが、最適化しても実行ファイルサイズが簡単に1MBくらい増えるのでこちらを調査してみる。

Releaseビルドのlibを使った時に、_aes_descが未解決エラーを出すが、原因はtomcrypt.libのプロジェクト設定にある。

Debug版にはカスタムビルドが定義されているのだが、Release版にはないのが原因。

http://stackoverflow.com/questions/15557035/visual-studio-2010-libtomcrypt-build-or-library-linking-error

プロジェクトファイルに下記の後半を書き加える(前半は最初から存在する)

    <CustomBuild Include="src\ciphers\aes\aes.c">
      <Command Condition="'$(Configuration)|$(Platform)'=='Debug|Win32'">cl /nologo /MTd /W3 /Gm /EHsc /ZI /Od /I "src\headers" /I "..\libtommath" /D "_DEBUG" /D "LTM_DESC" /D "WIN32" /D "_MBCS" /D "_LIB" /D "LTC_SOURCE" /D "USE_LTM" /Fp"Debug/libtomcrypt.pch" /Fo"Debug/" /Fd"Debug/" /FD /RTC1 /c %(FullPath)  
cl /nologo /DENCRYPT_ONLY /MTd /W3 /Gm /EHsc /ZI /Od /I "src\headers" /I "..\libtommath" /D "_DEBUG" /D "LTM_DESC" /D "WIN32" /D "_MBCS" /D "_LIB" /D "LTC_SOURCE" /D "USE_LTM" /Fp"Debug/libtomcrypt.pch" /Fo"Debug/aes_enc.obj" /Fd"Debug/" /FD /RTC1 /c %(FullPath)</Command>
      <Outputs Condition="'$(Configuration)|$(Platform)'=='Debug|Win32'">Debug/aes.obj;Debug/aes_enc.obj;%(Outputs)</Outputs>
    </CustomBuild>
    <CustomBuild Include="src\ciphers\aes\aes.c">
      <Command Condition="'$(Configuration)|$(Platform)'=='Release|Win32'">cl /nologo /MT /W3 /O2 /I "src\headers" /I "..\libtommath" /D "NDEBUG" /D "LTM_DESC" /D "WIN32" /D "_MBCS" /D "_LIB" /D "LTC_SOURCE" /D "USE_LTM" /Fp"Release/libtomcrypt.pch" /Fo"Release/" /Fd"Release/" /FD /c %(FullPath)  
cl /nologo /DENCRYPT_ONLY /MT /W3 /O2 /I "src\headers" /I "..\libtommath" /D "NDEBUG" /D "LTM_DESC" /D "WIN32" /D "_MBCS" /D "_LIB" /D "LTC_SOURCE" /D "USE_LTM" /Fp"Release/libtomcrypt.pch" /Fo"Release/aes_enc.obj" /Fd"Release/" /FD /c %(FullPath)</Command>
      <Outputs Condition="'$(Configuration)|$(Platform)'=='Release|Win32'">Release/aes.obj;Release/aes_enc.obj;%(Outputs)</Outputs>
    </CustomBuild>

Boost C++ Libraries日本語コミュニティのWebサイト

https://boostjp.github.io/

Boost逆引きリファレンスが便利。

C++1zに現状入る予定の言語拡張

http://www.slideshare.net/faithandbrave/c1z-draft

だいぶ実装済みになったので、微妙ものばかり残ってますな。

評価順序はコンパイラの最適化のために自由度をあげていたみたいですが、実質みんな同じになってたし。

それなら厳密に定義されてくれた方がありがたい。

地味に便利かもしれん。

も便利かも? sprintfいちいち呼ぶの面倒だったしなー。

システムコールについてどれくらいご存じですか?

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1111/16/news161.html

最近コンテキストスイッチの挙動に興味津々なので。

IPv6ソケットプログラミング

http://www.nslabs.jp/socket.rhtml

最近IPv4とIPv6両方対応しろと、世間がうるさいので。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanoke/20170129

2017-01-15

[] 必要そうなサイト色々

サーバーマシン1台で同時接続者数1万名を実現するにはどうすればいいのかというノウハウと考え方

http://gigazine.net/news/20120831-10000-jointer-1-server-cedec2012/

暗号ライブラリ boostライセンス

https://www.cryptopp.com/

xorshift plus

http://xoroshiro.di.unimi.it/

高速・省メモリの乱数。mtの代わりになりそう。

C/C++向け多倍長整数資料を探している人のためのガイド

http://yugui.jp/articles/283

ここでは、Boost.Multiprecisionから提供される多倍長整数の、基本的な使い方を示す。

https://boostjp.github.io/tips/multiprec-int.html

プログラミングと多倍長演算に関するmakayaのはてなブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/makaya/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/%E5%A4%9A%E5%80%8D%E9%95%B7%E6%BC%94%E7%AE%97/

冪乗法

http://www2.cc.niigata-u.ac.jp/~takeuchi/tbasic/BackGround/power.html

基礎から学ぶwindowsネットワーク

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0205/17/news002.html

an Advanced Optimization for x86-CPU

http://herumi.in.coocan.jp/

CPU関連の詳しい解説サイト

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanoke/20170115

2016-12-25 スーパーマリオラン 感想レビュー

[]スーパーマリオラン

業界人としてプレイしておかないのも問題だと考え、1200円払って購入。

とりあえずステージすべてクリア

二週目のハードモード(エクストラコイン集め)を開始したけど…。

うーん、この…。

2-1からステージギミックが面白くなるのは事実

これだけは真実を伝えておきたかった。

でも金払ってまでやるゲームか? と問われたら「そのへんの熱意あるフリーゲーム作者が作ったアクションゲームのほうがはるかに上」って感じ。

ステージの質の良し悪しに差がありすぎる

良面は普通のマリオ並。

悪面はレベルデザイナー首にしろ。

取り返しのつかないRUN系のゲームで

・コインで道を誘導しておいて、そちらがハズレルート

気持ち良いジャンプ台ギミック配置しておいて、使うとハズレルート

そういう嫌がらせやめてもらえませんかね?

難しいのは楽しいけど、不愉快なのは楽しくないんですよ。

私みたいなマゾ系(やりこみ系)ユーザーであっても。

あのね、やり込みマゾ縛りプレイユーザーは、そのゲームが楽しくて、新しい楽しみを深めたいからやるんですよ。

楽しくないゲームなんてやりこまないです。

操作系が不愉快

画面を押す長さで、マリオのジャンプの高さが決まる。

すごい不愉快…。です…。

世の中のRUNゲームは、タップしたら決まった高さのジャンプをし、二段ジャンプを用意しています。

これは「タイミングよく押すゲーム」です。

マリオは「タイミングよく押しつつ、長さも調整して、場合によっては空中で連打もするゲーム」です。

そんな複雑なことやらせるもんだから、意図しない行動も頻発してひたすら不愉快になる。

ミスった時、自分の腕が悪かったのではなく、操作性の悪さが原因と感じてしまい舌打ちしてしまう。

ここまで複雑にするなら、ボタン2つにした方がマシだったのでは。

謎操作系が突然登場

基本的にマリオは右に進むのですが、Uターン可能なステージも出てきます。

だが、このUターンさせる方法がわからない。

おそらく、行き止まりの壁に2度ジャンプ&着地すると振り向くっぽいのですが…。

私の知る任天堂ならば「この操作を理解させるためのステージ」を事前に配置するはずですが、スーパーマリオランではそんな気遣いなかったよー。

他にも大砲とかも「どう撃っても成功しかしない、不愉快にならない操作練習場所」を事前設置するべきですよー。

ステージデザイナーの人、見てるー?^^

スーパーマリオブラザーズの1-1の素晴らしさについて語っている、このページでも見て学びなおしてくださいねー。

http://tababanana.com/mariobros1_1/

宮本さんテストプレイしてないでしょ

とりあえず宮本さんに全コースプレイしてもらい、ダメ出ししてもらえば良作になると思う。

たぶんステージ作る人は「ここでこっちに誘導してだませば、悔しがってくれるに違いない^^」とか思いながら作ったんだろう。

マリオメーカーで嫌がらせステージ作って楽しんでいる人みたいなもん。

一次製作者がそれやってどうすんの?

ニコニコとかであれが人気なのって、理不尽な目にあっている実況者を見るのが面白いのであって、プレイして面白いわけじゃないからね?

何より作品(この場合ステージ)には意図が絶対に含まれているべきなんですよ。

意図のない作品は、本当に無意味です。水増しです。蛇足です。邪魔です。

そして、その意図はゲームプレイヤーが楽しませるためのである必要があります

総論

今後ゲームを製作していく人。

そういう人は、ひとまず「マリオをもってしても、ゲームをつまらなくすることは可能」という反面教師としてプレイをお勧めする。

ゲームデザイナーに限らず、あらゆるゲームクリエイターは「なぜ、面白いのだろう」「なぜ、つまらないのだろう」「俺ならこうする」と考えながら、あらゆるコンテンツを触るようにしましょう。

スーパーマリオランの中に出てくる良面をプレイして「なぜ、面白いのだろう」と考える。

悪面をプレイして「なぜ、つまらないのだろう」

さっきの良面と比較して「ああ、なるほど」「俺ならこうする」と考えられるようになれば、立派なゲームクリエイター候補生です。

悪面の例(体験版でも遊べる1-3)

「ピンクのコインを集めてみよう!」

マリオの足元にある[⇒]ブロックの上でジャンプすると、勢いよくジャンプできます。

ピンクのコインもゲット! 気持ち良いぞー!

f:id:kanoke:20161225122014p:image

また[⇒]ブロック発見! でもこれは罠

f:id:kanoke:20161225122013p:image

正解はせっかくステージ冒頭で練習した[⇒]を無視して上の段にあがります。

f:id:kanoke:20161225122012p:image

さらに高く昇っていくと、2枚目のピンクコインをゲット!

f:id:kanoke:20161225122010p:image

ちなみに、ピンクを集め終わったらプレイできる「パープルのコインを集めてみよう!」でも、同様に罠がしかけられています。

気持ちよさ抜群のスターを取りに行くと、罠ルートに入ってしまい、パープルコインが手に入りません。

余談ですが、体験版でプレイできるのはこの1-3まで。

こんな罠ステージを最後に体験したら、1-4以降を買おうなんて気は失せますよね、普通。

マリオの評判が悪いの、1-3をデザインしたステージデザイナーにもかなり原因あると思うよ…。

プレイヤーはここまで細かく考えてなくても「なんかムカツいた」って感じるものだし

DiDi 2017/01/02 05:24 なんか評判悪いなぁと思ってたけど、こういうことなのか。
買わせたいんなら気持ちよくプレイさせて、続きを、もっと続きを!
……って思わせるべきなのにねぇ。

kanokekanoke 2017/01/07 18:22 せめて2-1までプレイさせてくれれば、買う人増えたと思うんだよなぁ…。
とはいえ、全体的に出来は良くないので買わなくていいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanoke/20161225