小石で付箋したチラシの裏

2012-03-20

この日記帳ってどうやってタグつけたりするんでしょう。

1年前はやっていたような気がするのですが、思い出せません。

思い出す気もありませんし、調べる気もありません。

僕は日記を書くことを忘れていたどころか、

日記の書き方すら忘れてしまったようです。

それ以前にいろいろとやる気も忘れてしまいました。

自分の備忘録のための日記のはずでしたが、

忘れていいことしかなかったということです。

普遍な日常。

なんと素晴らしいことでしょうか。


最近はあまり食欲がありません。

お腹はすくのですが、食べたいという気持ちになりません。

睡眠欲とあとひとつの何たら欲なら旺盛なのですが。

三大欲求も大したことないですね。

それとも「四天王でも最弱の存在」的なのが食欲なのでしょうか。

どうでもいいですね。

結局何が言いたいのかと言えば、

嫁はいらないけど食事の支度をしてくれるメイドさんが欲しい。

つまりメイド欲が非常に旺盛だということです。


別にこんなことが書きたくて日記を書いたわけではありません。

いえ、特に書きたいことがあったわけではないです。

ただなんとなく地獄のミサワブログを見ていたら、

恥ずかしいことを書きたくなったので書いてみました。

あと、2X歳の時の日記がひとつもないのはさみしいから書きました。この理由は今思いつきました。


なんかだらけてきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanon-2/20120320

2011-01-31

さようなら


みなさんサヨウナラ


今日でネットの契約が切れますので、しばらくこちらには来られません。

特に困ることはないですね。


来週には引越して、この家ともお別れです。

社会人のスタートを過ごした思い出深い家です。

なんの未練もないのが、むしろ凄いと思います。


では、落ちついたらまた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanon-2/20110131

2011-01-23

明けましておめでとうございます。


久しぶりな気がします。

実際久しぶりなのでしょう。

どうも地球とは時間の進み具合が異なる場所にいるらしく、確かなことは分かりません。

何とかかんとか奇跡的につながったネットを利用してこうして手記にすることができました。

私の無事を伝えておきます。

とはいえ、普段会わない方々には私の安否などどうでもよいことでしょう。

つまりこれは自己満足なわけです。


さて、私も大概精神が繊細かつずぶとい方でして、こちらでの新居探しも終えたところだったりします。

今度は町田市なる場所に居を構えることとなります。

近日中にも一切合財の荷物を輸送する予定です。

それに当りまして、日本時間での1月末でネット回線が遮断されます。

「移動中に現在位置を知られる危険は排除すべきだ。襲撃の危険は出来る限り減らそう」

と現地のガイドにアドバイスを受けたためです。

新居にて安全が確保されるまで、しばし消息不明となります。

とはいえ、普段会わない方々には私の安否などどうでもよいことでしょう。

つまりこれは自己陶酔なわけです。


ではまた。

本年もよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanon-2/20110123

2010-12-30

さよなら2010 01:21

 今年の更新もこれで最後です。

 明日はコミケ……ではなく、新潟県に行ってきます。

 コミケは夏冬ともに家族が集まるべきタイミングで開催されるので性質が悪いですね。

 ここ数年、自分の欲望を優先させてしまったので今年は帰ります。

 どちらに行っても心が満たされるからいいんだ。いいんだ。


 2010年は惰性で生きた年でした。

 仕事方面はこのままではいかんと反省。

 もっとしっかりしなければなりません。


 趣味方面ではLRの開発が4月から11月まで、ずーーっと続いてたのでそこそこ充実していました。

 書くことがないと嘆く日記に、LRの開発記でも書ければ良かったんですけど、秘密進行でしたからね。

 来年はちょこちょこ書いていくと思います。


 皆々様。

 今年もありがとうございました。

 来年も一緒に生き延びましょう。


 では、また年明けに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanon-2/20101230

2010-12-29

天使に触れたよ 23:51

 今日はりっちゃんの日!

 おたおめ!



 ってmegrockが言っていました。

 まったくもってその通りです。

 おたおめ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kanon-2/20101229