Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2004-05-19

『くりぃむレモン』の刷り込み

昔、大正時代を舞台にしたエロゲーとかよくあったよねーという話をしていて、それの元ネタは何だろう?と思った時に気付いたんだけど、昭和40年代生まれの男オタクは、二次元エロとして『くりぃむレモン』の刷り込みは大きそうな気がする。

15年以上前にすでに妹ネタ(義理だけど)とか、女子校モノとか、館モノとか、いろいろ。

これらの元ネタは、もちろん官能小説とかなんだけど、『ガンダム』のようにフォーマットとして認識させてくれたという意味の功績が大きいだろうと。

エロ漫画の影響はいかほどだろうと考えたんだけど、80年代のエロ漫画はSFエロばっかりだったので、影響力低そう。

2004-05-15

キーワードは「個性」なのか

・いわゆる「個性」を重んじ、「人と違うことはいいこと」だと考える人たちは、なぜ生まれたか?

・日本の社会自体は「個性」をつぶす方向できたが、一方で教育では「個性重視」を掲げてきた。その矛盾はどう処理されてきたのか? その矛盾が「不思議ちゃん」を生んだ一因かも。

岡田斗司夫いわく「個性というのはつぶそうしても、どうしても出てきてしまうもの。教育で育つものではない」これは同感。

・「個性」を主張することが当然の欧米の社会では、日本で言うような「不思議ちゃん」は生まれているのか?

・自覚のなかった真性不思議ちゃんが、他人からの指摘によって自覚するようになったらどうなる?

・芸大などの「クリエイティブ」という単語が似合うところにおいては、「個性」が重視される。そういう場において、不思議ちゃんは発生しやすいが、作品に個性が必要なのであって、本人に個性は必要とされていない。にも関わらず、本人が個性的であろうとする人は多い。

・個性的な作品を作れば、唯一無二の存在になりやすいが、そのようになれる人は少数。だから、本人のキャラとして、個性があるよう演じる?

・これは、同人誌など、作り手と受け手が未分化の世界で生まれやすい現象かも。

・『ハチミツとクローバー』の舞台が美大というのは象徴的。

・仮性、真性の分け方で考えると、「個性を他人に認めてもらいたい人」と「他人と違うことを恐れず、確信をもって、自分の行動ができる人」に分けられる。仮性と真性の分け方は、他者の承認が必要か否かが分けるポイントではないだろうか。前者は他者の承認が必要だし、後者は必要としていない。

・個人主義の問題に繋がりそうな気がしてきた。

2004-05-14

不思議ちゃん考

「不思議ちゃん」という言葉は男性発案なのではないか?という指摘を受けて、ちょっと考えてみたんだけど、女性の「不思議ちゃん」というのは男性の視線があって初めて認識できる存在なのかもしれない。女性からすると、「ウザイ奴、とろい奴、話が噛み合わない奴」で終わっていたキャラクターの女性が、男性によって発見されたと。

「不思議ちゃん」は、男女一緒率の高いサブカル方面で多く見受けられるが、女子のみで構成される腐女子方面では見受けられないというのも、この説を補強できる。

ただ、ビジュアル系バンドのファンの「不思議ちゃん」は、男性の視線は必要としていない。こっちは、女性の視線によって成立することを目的とした新種の「不思議ちゃん」なのかも。

で、逆の構図を考えれば、男性の「不思議ちゃん」というのは女性の視線によって認識される存在になる。端的な存在は、くるりの岸田ではないだろうか。岸田を好意的に「キモイ」と評する女性がいたけど、この「キモイ」は個性的であるなど、そういう単語に置き換えられる。

まとめて考えると、これはインテリ男女が好む異性像、ってオチな気がしてきた。

googleで「不思議ちゃん」を検索したら、自分のサイトがトップにくる罠。

「不思議ちゃん」の命名は、ナンシー関という説。

http://www.saiin.net/~ogiso/200311.html#19_t1

「不思議ちゃんウェブリング」というのがあったけど機能してなさげ。

http://mui.fc2web.com/ring.html

charlieさんは「不思議少女」という名称を使用。

http://internet.watch.impress.co.jp/www/column/socio/socio08.htm

2004-05-13

「不思議ちゃん」と「天然」

これらはどう違うのか?と言われて、しばし悩んだ。

http://www9.plala.or.jp/kotobuki_/fk.html

「不思議ちゃん」にはこういう分類があるが、この「仮性」と「真性」という分け方は面白いと思う。これに従って、「天然」はこの「真性」のほうに入ると考えれば、すっきり。

男の場合、真性の不思議ちゃんは、単に「奇人」「変人」と呼ばれるけど、仮性の方の一般的な名称はないなあ。

世の中には「○○が好きな自分が好き」という自己愛の強い人がいるけど、これは「変わってると思われたいから」の一形態なのかも。

そして、『千年女優』のヒロインは、仮性不思議ちゃんの勝ち組ということで(ラストのセリフより)。

2004-05-07

コミュニティ人数からみるmixi参加者の文化志向

mixiにいる人たちの文化志向が知りたいと思って、mixiのコミュニティの参加人数をチェックしてみた。

  • 全体
    • Macintosh 479
    • orkut 412
    • ミクシィ機能要望 336
    • ソーシャルネットワークって 308
    • GREEもやってる人 296
    • 複数のSNS 面倒くさい人同盟 211
  • 年代
    • 1975年 148
    • 1976年 127
    • 1979年 112
    • 1974年 102
    • 1978年 99
    • 1982年 94
    • 1981年 88
  • 学問、研究
    • ドラえもん心のともの会 158
    • 代官山メガネ推進委員会 105
    • タモさん 88
    • Wiki活用 86

mixiって「普通の人」のイメージがあったけど、こうやってデータにすると思いっきり「サブカル」だ。この志向ははてなも似てそう。

フリッパーズギターの多さなど、上位にきているコミュニティは、1975年付近生まれの人間の趣味と考えるとよくわかるものが多い。ジャズとボサノヴァは謎だけど。

あと、ヴィレッジヴァンガードの多さにはびっくりした。この本屋の影響というのは、誰か研究して欲しい。自分にはまったくリアリティがないもので。

コミュニティにあまり入らない人もいる訳で、あくまでコミュニティにたくさん入る自己主張の強い人たちのデータとして見たほうがよさげ。