Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2004-11-18

DiskとDiscの違い その2

http://www.narupara.com/~netwalker/archives2004/000292.html

元記事のコメント欄で、

Disk…磁気記憶媒体(フロッピーディスク)

Disc…光記憶媒体(CD-ROM)

という指摘が。あーこれなら確かに整理できる。あと、diskは「disket」の略という指摘も。でも、光磁気のMOはどっちだろう(笑)。

追記:ヨーロッパ主導の規格はdiscで、アメリカ主導だとdiskという話も。あと、disketはIBM用語で、FDを指す固有名詞だそーな。

おまけ:日本のDVDフォーラムのページは質素過ぎ。

http://www.dvdforum.gr.jp/

AmazonURLを短縮するブックマークレット

http://sygnas.tv/arc/ruputer/2004/11/amazonurl.html

へー!と思ってリンク先を見たら、naoyaさんのところだった…。読んだ記憶がないので、読み飛ばしちゃっていたのかあ。

http://naoya.dyndns.org/~naoya/mt/archives/001047.html

『水曜どうでしょう』を扱ったQuick Japanは15万部

ソースは15日の朝日新聞夕刊で、この数字は今年頭に出た一番最初に扱った時の号。二回目に扱った号(夏に出たもの)は10万部ぐらいだとか。すごい!

そういえば、QJの窪塚インタビューを今更読んだんだけど、インタビュアーが谷崎テトラ(http://shibuya.cool.ne.jp/tetra_tanizaki/profile.html)で驚いた。当然のようにニューエイジ用語連発で、すごいもの見てしまった…。

QJって音楽ネタ以外に売れた号がない印象だったんだけど、ここ2,3年はちょっと様相が違う。説明が難しいんだけど、ナンバーガールよりもっとマスな市場を狙っていて、かつ音楽以外のネタをうまく拾っているというか、テレビブロスに近くなってきているというか。invitationとかのカルチャー誌は2,3万部止まりだけど、もっと大きい市場を狙っている感じがする。

11/22でセガサターン10周年

セガサターン - Wikipedia

次世代機というとSSとPSを思い出すんだけど、それは特定の世代だけなんだろうなあ。

11月22日 - Wikipedia

1989年の同じ日にPCエンジンシャトルが発売されていたとは!

どう見ても顔面の装飾にいかんせんやる気の感じられないお嬢さん

http://d.hatena.ne.jp/matuoka/20041116

メイド喫茶行っても、化粧っ気のないお嬢さんが多いよ!という嘆きの声。この「顔面の装飾にやる気が感じられない」は政治的に正しい用語集に加えたい表現だ。

うちの子どもはTVゲーム禁止 by 飯野賢治

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/17/news084.html

総務省主催のネット社会での子どもの教育やコンテンツのありかたについて考えるシンポジウムの記事。内容自体は特に目新しいものはないんだけど、飯野賢治が出ていて「うちの子どもはTVゲーム禁止」と言っていたというのが面白かったので。ところで、飯野さんはさすがに「ゲームクリエイター」以外の肩書きをつけるべきでしょ。

http://blog.neoteny.com/eno/archives/008753.html

eno blogでも話題に。更新が止まっていたけど、4月頃から再開していた。

あの大作の続編は26日で撮影終了 ホラー調になった「スターシップ・トゥルーパーズ2」

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041116/buyd154.htm

「今回はとにかく予算はなかった。1作目の5%だ」

良い評判を聞かない『スターシップ・トゥルーパーズ2』だけど、ほんと低予算映画(アメリカでは上映されたのか?)だったのか。

OTOT 2004/11/18 12:31 スターシップ・トゥルーパーズ2は、アメリカではVシネマ扱いだった筈。劇場で上映した日本は異例ではないかと。

kanosekanose 2004/11/18 20:52 なるほど。日本では箔を付けるために劇場公開したんですかね。

highbiscushighbiscus 2004/11/19 04:17 1のときも予算が無くてパワードスーツ出せなくて
生身の人間がバグと戦うもんだからズバズバ殺されて残虐映画として名を馳せたというのに…
なんか2がめっちゃ見たくなってきました!

kanosekanose 2004/11/19 21:14 最初の『スターシップ・トゥルーパーズ』ってすごいブラックユーモアが効いていて大好きなんですが、あれを素でアメリカ万歳映画だと思っている人がmixiで結構いるのを知ってびっくりですよ。イラク戦争やっている今見ると更にブラックな感じがしそう。

kuroohkurooh 2004/11/20 12:02 「スターシップ・トゥルーパーズ2」はアメリカではテレビで放送された後にDVDで発売されています。
ちなみにリンク先の記事で1、2作目がセットになったDVDの特典として「劇場パンフレットの縮小版」と書かれていますが、写真を見る限り、あれは”縮小版”ではありません。実際のパンフもあの大きさなんです。