Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2005-06-30

「牙を突き立てろ」の使い方

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050630#c

コメント欄でオオツネさんの「牙を突き立てろ」が受けていたけど、「牙を突き立てろ」って普通に使うものだと思っていた…。

  • 大変むかつくことが起きる
  • 知っている人から「首相、もう我慢できません、牙指令を!」と言われる
  • しばし考えた上、目をかっと開き、おもむろに「牙を突き立てろ〜!」とドスの効いた声で

なお、みんな裸でプールの地下の部屋にいるとベスト。

知らない人に解説しておくと、元ネタは『マーダーライセンス牙』(平松伸二著)。そろそろゲーム業界は『スーパー平松大戦』を出すべき。70年代生まれの人間は涙流して買うから。

はてなダイアリーのコメント欄の書き込み制限について

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/

がコメント欄のせいでプライベートモードになってしまったのを見て。

はてなユーザーのみのモードにしても、ユーザー登録が簡単にできるから、あまり意味がないという状況を考えるに、ユーザーモードで書き込めるのははてな市民だけという設定を作った方がいい気がした。30日日記書いている人間だけがコメントに書き込めると。もちろん、計画的な人間には、どうしようもないが、愉快犯レベルの人間には対処できるのではないだろうか。

※すでにはてなアイデアで出ているとのこと

はてなアイデア - コメント許可の選択肢に「はてなダイアリー市民のみ」を加えてほしい。

http://i.hatena.ne.jp/idea/3376

関連アイデアも興味深い。確かにプライベートモードの人からコメントして欲しくないというのはあるだろうなあ。

はてなアイデア - コメント許可の選択を *ゲスト *ユーザー *はてなダイアリー市民 *パブリックモード (パブリックモードのダイアリー市民のみ書き込み可) *なしの5つに分けてほしい。

http://i.hatena.ne.jp/idea/3450

迷ったがこっちの株式を買ってみた。はてなアイデアの株式の良い運用方法はよくわからないから、単に自分が良いと思ったアイデアの株式を50〜100ぐらいで買うという原始的なことしかやってない。

童貞袋

童貞袋というホルモンがつまった袋があって、童貞を喪失するとそれがやぶれ、ホルモンが身体に行き渡って別の生き物になる。性交がなくても童貞袋が破れた童貞とか、放っておくと童貞袋から澱んだ汁が染み出して、黒童貞に。

という都市伝説をオオツネさんの日記を見たある人が思いついたのでメモ。

otsuneの日記(吉祥寺のホルモンが美味い - はてなレスラーとして応えねばなるまい

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20050630/p2

ロフトプラスワンは童貞のリハビリセンター

みうらじゅん×伊集院光 童貞インタビュー【Web人生】

http://www.doutei.com/blog/archives/200212/11-2333.php

検索して発見したんだけど、童貞はつるむと童貞力が下がる、本当にすごい奴は仲間のいない奴という説に納得。

引きこもりを賛美するつもりはないけど、後で最大の笑いが来るのは一人でやってるヤツだと思うけどね。だからある意味ロフトプラスワンの大罪はそういうディープな童貞をなくしてることだよね。そういう所に集まることによって、「俺は一人じゃない」「俺は病気じゃない」って安心できるじゃない。だからリハビリセンターだよ、ここは。本当に童貞をこじらすためには、そういう所には行ってはいけないよね。

みうらじゅん氏の発言より。

伊集院 うん、童貞とか、その人だけの孤独とか、変質的に自分が好きなこととかとね。やっぱり東京っていいんだなって思うよ、こういう所があるんだもん。俺東京生まれだからわかんなかったけど。田舎で童貞こじらせたら大変だな〜って思うのは、こういう所がないじゃん。ガス抜きするような場所が。学校行かなくても行くところがあるっていうのはすごくない?

東京と地方問題。

ただ、この記事の後半にある、男性は自分の趣味にはまっていけばモテると思っているというのは、全ての趣味においてそれがいえるかというとちょっと違う気が。音楽ならわかるけど、鉄道をやってモテるとか普通思わないだろうし。ロフトプラスワンのように直接人の前に出るというのにはモテたいと思う心がないとは確かに言えるけど。でも、大体のそういう童貞マインド溢れるイベントって女性がほとんどいないというオチが。

catfrogcatfrog 2005/06/30 15:27 >ユーザーモードで書き込めるのははてな市民だけ

そういうレベルを作ってもいいですよねと。せっかくの市民権をより生かすためにも。ぜひアイディアで挙げてください。

honhon 2005/06/30 15:37 出てますよ。
http://i.hatena.ne.jp/idea/3376

catfrogcatfrog 2005/06/30 16:11 おっと失礼!読まずに食べちまいました。&情報ドモデス!

yukke50yukke50 2005/06/30 16:11 日にちを遡って一気に書き込みしても市民になれるのですかね。
それでもコメントの多いサイトの愉快犯抑止にはよさそうです。

kanosekanose 2005/06/30 16:33 情報ありがとうございます。はてなへの機能要望ネタを書く時ははてなアイデア検索癖をつけるようにします…。はてなに入会してから30日以上経っている状態で、過去の日記を30日分書き込みすれば、はてな市民になれるようです。

yukke50yukke50 2005/06/30 17:04 そうでしたか、ご指摘ありがとうございます。
書き込みに対してはフィルターがたくさんあっても無駄にはならないと思います。アイデアにある有料オプション使用者のみも面白いですね。

catfrogcatfrog 2005/06/30 17:28 不法入国ちっくな市民権の取り方があったなんて!地道にとったのが馬鹿みたい、、、

kanosekanose 2005/06/30 18:02 yukke50さん>有料オプションの人のみというフィルタリングは、はてなのサービスにお金を払っている人をあえて抽出するというのがちょっとひっかりました。あと、ダイアリーは無料でも他のサービスで有料の人もいるかもしれませんし。■catfrogさん>不法入国作戦(笑)は、自分がはてなダイアリー始めた時に気付きました。はてなIDはかなり昔にとっていたので。

ナナエタカシナナエタカシ 2005/06/30 18:18 >「スーパー平松大戦」
買います買います絶対買います!あと「ド外道が〜ッ!」も日常的に使っていきたいです。

2005-06-25

「梅田望夫さんが見ている、どこか遠い世界」を読んで

梅田望夫さんが見ている、どこか遠い世界

http://deztec.jp/design/05/06/23_real.html

この文章を、徳保さんが「一部上場の某企業」に勤めているというのを知って読むと、興味深い。有名な新聞で「我々庶民が…」なんてフレーズが連発されている記事を読んだような感じ。あと、最後にあった話がいつのまにかコメントアウトになっている。謎。

Google悪徳商法?マニアックス株式会社ウェディング問題 Vol.1

http://deztec.jp/design/04/wedding01.shtml

匿名対象01 山田大佐批判

http://deztec.jp/design/03/name01.shtml

カネとナニカとこれからの10年:できる!CSSを使いこなす

http://blog.y-iweb.com/archives/000157.html

二人の記事から面白い視点を見いだしている。今まではとにかくカネを追求していればよかった時代だったが、それ以外のナニカを欲しがる人たちが増えた時代になった、その人たちによって、情報はどんどんオープンになり、モノが売れなくなるという指摘。この「ナニカ」って自分も考えたことがあるんだけど「名誉」かなーと思ってる。権威に認められたという形での「名誉」だけではなく広い意味で。

2005-06-24

MMRな人がはてなダイアリーを!

http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20050624/1119603559より]

天樹征丸日記

http://d.hatena.ne.jp/seiama/

いったいどういう流れが!?

ホームシアター雑誌で見たホームシアターが見たいです。

『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』予告

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN

http://www.square-enix.co.jp/dvd/ff7ac/

ショップの店頭で予告が流れていたが、いつのまにかサイトに結構予告があった。映像は確かに綺麗。しかし、FF7に思い入れない人間にはお話どうなんだろう。そういや、FFのビジュアルって絶妙なオタくささがあるんだけど、なんなんだろう…。ビジュアル系バンドっぽいというか。誰か言語化してほしい。

限定版は25,000円となかなかの価格設定。

映像を見ていて、韓国のアニメ『ワンダフルデイズ』を思い出した。これ感想を全然聞かなかっただけど、どうだったんだろうか。DVDが7月に出るそうなのでレンタルに入っていれば見たい。

WonderfulDays

http://www.wonderfuldays.jp/index.html

クロムハウンズ

Xbox360用でSEGA発売、フロム・ソフトウェア開発のロボットゲーム。どういうインターフェイスになるんだろうか。

SEGA]家庭用ソフト:ソフトデータベース:Xbox:クロムハウンズ(仮称)

http://sega.jp/x/chounds/home.html

うわ、Motenai Batonがきたよ!

Kammy+'s spaceブログ版: 「Motenai Baton」が回ってきたYO!

http://kammyblog.seesaa.net/article/4442891.html

なぜかこちらから自分のところに回ってまいりました! モテない認定!

一人に渡すものは答えないとは言ったものの、人に渡してみたいと思ったので受けてみる。導火線がバチバチいってるダイナマイトを渡された気分です。

1.自分の駄目っぷりを披露してください。

合コンのあと、相手の女性陣に連絡を取ったことがない。その場は一応盛り上げるんですけどね…。

2.自分がモテない理由は何だと思いますか?

まめじゃないこと。アプローチの継続に消極的。いい意味でのしつこさがない。

ラブラブカップルを見たときにどう思う?

単体だと何も思わないが、群体で見かけると、圧倒される。映画館に行って、まわりがカップルだらけだったりすると…。心の魔王・平口くんが発動。ただし一瞬で終わる。

4.今後の抱負をどうぞ。

ブログ脳内恋愛の相手を探しているので、立候補してくださる方探してます。*1

5.最後にもててなさそうな人に「Motenai Baton」を渡してください。

id:mae-9さんにお願いします。もちろん断ってもかまいません。その場合は他の人に回します。

「狡猾」なのか「反骨」なのか

面白い日記なんか書く気が無い - 思い入れの投影

http://d.hatena.ne.jp/brownz/20050618#p1

そういえば、自分の行為が、いろいろと深読みされるものの、実は大した意味がないという例をついこの間、brownzさんが解説してくれてましたよ。

別に『狡猾』でも『反骨』でもないなあ。むしろ『天然』つーか。

まさにこれで(笑)。これから、自分の立ち位置を考えてみたんだけど、一見大二病に見て、実は単なる小二病ではないかと考えてみた。それなら「天然」の説明がしやすいかなと。

前も自分の趣味を出さなくてずるい!みたいなコメントがついていたので*2、あのコメントには苦笑していて、いくら趣味のことをネットで語っていても、それは目に入らない。でも、人の趣味に言及しているのはやたらと目に付くんだろうなあと。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050618#sound

だから、これを書いたあと、この記事に「普段、人のセンスにケチつけているくせに、ビーイングとか聞いているんですか。センス悪いですね!」なんてコメントがつけば、すばらしく完成度が高い記事になったのに!とか思っていたんだけど、実際にはつかなくて残念。あ、今から同じネタではつまらないので、煽りコメント付けるのなら、ひねったネタでよろしく。

でも、はてなブックマークKGVさんのコメントに勝てるものはない気がする(笑)。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050618%23sound

KGV 『好きだった音楽を尋ねて、「80年代EPICソニー系」と答えさせるのは巧妙な罠なんだよ。世の中甘くないんだよ。』

なんか見えない罠にはめられたらしいよ! 謝罪と弁償を要求する!(誰にだ)

なんで男は連れだって風俗に行くのか?

ゲームの為なら女房も泣かす - カニバル

http://d.hatena.ne.jp/annnnnnna/20050622/p3

渋谷でサッカーでカーニヴァルの話は置いといて、連れだって風俗に行く人がわからないという話に反応。

会社の打ち上げとかでよく見かける光景だが、自分もこれはすごいイヤで。風俗行きたいのなら一人で行けよ!と。これは前から俺理論があって、あれは「精神的な集団ホモ」だと思ってる。男同士で性的に繋がる気はないが、女性を媒介にして性的に繋がる訳だ。もちろん、指摘されているように、人に知られたくないことを共有して共犯意識を持つという目的があるんだろうけど、それがホモっぽく感じるんだよなあ…。ホモソーシャル。ってもちろんホモの人が嫌いとか差別したい訳ではないので。女性の身体を媒介にしてるのが嫌いなだけ。

※ちょっと考えてみたが、あくまで個対個の関係であるものとホモソーシャルを一緒にしちゃいけない気がしてきた。あとホモという呼び方は最近だといやがられて、今はゲイといったほうがいいのも思い出したのを追記。

よく体育会系サークルで起こる集団痴漢とか集団レイプも同じ。女性を媒介にして男性の繋がりを維持したり、確認しようとする体育会系価値観にはノーを言いたい。『電波男』でもあったけど、なんでこれが責められないのか納得いかない。

更に発展させると、アイドルやらエロゲーキャラなどで、○○が好きとみんなで言い合うのは、同じ構図なんじゃないかと考えてる。これは別に上の話と違って、害があるとは思ってないけど。

ちょっと気になるんだけど、この「連れだって風俗」は日本以外でも見られる光景なんだろうか?

*1脳内恋愛は勝手にするものなので立候補の必要ないだろとかつまらないツッコミはしないように

*2:いつだったか思い出せなかったのでリンクせず

putchee-oyaputchee-oya 2005/06/24 14:06 「連れだって風俗」ってのは、アメリカの青春映画とか見てるとよくある光景っぽいですね。あと、バチェラー・パーティとか。

PiroPiro 2005/06/24 15:47 単に一人でやる・行く度胸がないだけではないかと思っていました。

yuh-sukeyuh-suke 2005/06/24 19:20 絶妙なオタ臭さというのはFFに始まったことでは無い気が・・・、ウィルとかブラスティ(サンライズと共同製作)とか、電友社時代から傾向というのは変わらないような

kanosekanose 2005/06/24 19:40 昔からだよというのはわかるんですけど、FF7から顕著になってきた傾向が気になるポイントでして。

yuh-sukeyuh-suke 2005/06/24 20:07 FF6まで天野キャラでしたもんね。あのまま、天野キャラだったら今のようには成っていないでしょうね。(良くも悪くも)

kimllakimlla 2005/06/24 21:01 要するにアニメ絵のセンスのまま3D化しちゃったんで過剰なコスプレ感が出ちゃった、ということでは。
あの機能不明の肩アーマーとか、どうやって脱がすのかよくわかんない女子の着衣とか。

kanosekanose 2005/06/25 09:35 kimllaさん>2Dのセンスがそのまま、3Dになっているから、コスプレ臭いというのはすごい納得。なんかすっきりした(笑)

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2005/06/25 16:41 「心の魔王・平口くん」っていうのは、なにかのマンガかアニメからなんですか? 元ネタあれば教えてくださいー。

RepulseRepulse 2005/06/25 19:35 >TRiCKFiSHさん
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886538118/ref=pd_sr_ec_ir_b/250-2835541-6747467
をどうぞ。
この表紙の真ん中で学生服にマント羽織ってるのが「心の魔王」平口君です。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2005/06/25 23:33 Repulseさん、ありがとうございます。ぜんぜん知らなかったですよ。絵が80年代ぽいですよね。ちょっと読んでみますか。それにしても、大都社ってまだ動いていたんですね。70年代手塚作品の版元としてしか知らなかったので、ちょっと驚き。

yanyan 2005/06/25 23:58 日本/アメリカはホモソーシャルな世界だからやおいがある
同性愛のイメージの強いフランスは個人主義だからやおいが無い、
という話を腐女子の方がおっしゃってます。
http://www.sting.co.jp/voice/v38/v020913.htm

yanyan 2005/06/26 00:03 ここのホモソーシャルとゲイの対比が、そのまんま説明に使えると思います
http://plaza.harmonix.ne.jp/~y-paolo/advocacy-0-essay-034.htm

hatenehatene 2005/06/26 16:14 連れ風俗話に同意。

guldeenguldeen 2005/06/27 01:52 >なんでこれが責められないのか
ほころびが見えつつある集団の結束の再確認のためには、その集団の外に「敵」か「獲物」を設定するのが手っ取り早いからなんじゃないですかね。この場合、「獲物」が女性で「敵」がゲイや軟弱な男ってことで。

sawaranisawarani 2005/08/02 23:36 フェミニズムの領域では、この論議はよく起きますね。

7474 2005/08/07 14:14 漫画家の米沢りかさんの本で読んだのですが、男性が連れ立って風俗へ行く心理は、道端に落ちているエロ本を群がってみて騒いでいた小学生の心理と一緒ではないかということです。共犯意識の説明と似ていますね。

2005-06-23

中野のメイドゲーセン「Tokyo Ranking Fighters」

中野ブロードウェイを探索していたら、4Fのゲームセンターでメイドさんを見かける。まんだらけの店員なんだろうか…と思ったら、なんとメイドゲーセンだそうだ。検索したら下記の記事を発見。

ゲームコラム|新たな萌えビジネス?メイドゲーセンってなんじゃらほい?

http://www.ocn.ne.jp/game/special/column/index.html

いったいどんなサービスがあるのだろうと思っていたら、「客がメイドのゲームプレイ料金を払うことで一緒に対戦してもらえるサービス」なんてのがあるそうだ。接待プレイ!

TRF/Tokyo Ranking Fighters

http://www.trftrf.com/

そばにはメイド喫茶もある。

TeaRoomAlice

http://tearoom-alice.jp/

中野のプチカフェ、ティールームアリスレポート。

http://www.yks.ne.jp/~takaxo/alice/alice.htm

Musical Baton談義

意外とありそうでなかったのでメモ。

odenの裏日記(2005-06-17) Musical BatonSpam

http://oden-t.no-ip.org/tdiary/?date=20050617#p02

gekka blog: ミュージカル・バトンとチェーンメールの違い

http://ore.to/%7Egekka/2005/06/20050621_092338.php

ただのにっき(2005-06-21) Musical Baton(2)

http://sho.tdiary.net/20050621.html#p02

gekka blog: ミュージカル・バトンとチェーンメールその2

http://ore.to/%7Egekka/2005/06/20050621_155031.php

gekka blog: ミュージカル・バトン陰謀論説?

http://ore.to/%7Egekka/2005/06/20050622_113739.php

ことこ・本と花びら大回転! - ミュージカルバトンについて思ったことを淡々と書くよ

http://d.hatena.ne.jp/kotoko/20050621#1119321761

焚書官の日常 (4.4.1) - バトンについて

http://d.hatena.ne.jp/mutronix/20050621/baton

but Beautiful: Musical BatonはFriday Fiveじゃない?

http://omoteyomi.mods.jp/essay/archives/2005/06/musical_batonie.php

ただ節最高!(笑) 最近は人の好意につけこんで情報が広まる、ってのはその通りで、この前の新潟県中越地震で発生したチェーンメールという実例が既にある。好意や善意を前提にしたもののほうが、世の中怖いよなあとか思う。ただ、Musical Batonに限定すれば、好きな人はやればいいんじゃないのー?程度のスタンス。それは、新潟県中越地震のチェーンメールは風評被害やら義捐物資送付といった実害の出る要素が満載だったけど、そういう実害はないので。

R日記 そのに 「Musical Baton」を拒否する人たち

http://d.hatena.ne.jp/ROMman/20050620#p8

まぁ、儂はこれはプロフィールのようなモノなんだなと思ったけど。ほら、人気のないサイトほどプロフィールが充実しているじゃないですか。つまりそう言うことだと。

ああ、わかるわかる!(笑)

場ハム留(仮):Musical Batonが来ない、負け犬の遠吠え

http://blog.goo.ne.jp/sakulan_delinger/e/20e53ecfcd170ee9f03f9133c71f568e

回ってこなくて悲しかった人。Musical Batonに関してあれこれ言えるのは、回ってきた人間の特権であり、回ってこない人間には言えないんだよ!と。こういうことはなかなか言えないだろうに、勇気あると思った。ほんとmixiの招待状制度を思い出す…。

「これだけ回っているんだから大体のところ回ってるよね」これがますます悲しさを増強するんだよなあ。

ブラザーのコンパクトレーザー複合機「DCP-7010」欲しい!

手元にあるスキャナがSCSI機器で困ってます…。MOドライブもSCSI…。SCSI機器リサイクルとかないかな。スキャナの性能で考えるとエプソンが一番欲しいんだけど。

なぜ音楽はセンス競争が一番強力に働くのだろうか?

これを見てる・聞いている自分はセンスがいい、というセンス競争はわかるんだけど、なかでも音楽というのはその競争がすごく強力な気がする。だからこそ、iTunesのプレイリスト共有機能で、自分の音楽センスを見せつけるとかあるんだし、DJが成立するんだろうし。

ARTIFACT ―人工事実― | iTunesで自分の音楽センスを見せつける

http://artifact-jp.com/mt/archives/200311/itunesmusicsense.html

たとえば、音楽好きな人からさんざん「B'z好きな人が誰かわからない。まわりにいない」とか言われるんだけど、自分的にはピンとこない。だって、自分が聞いているし(最近は聞いてないけど)。B'zはパクリがひどい!といわれたバンドだが、今だとオレンジレンジのポジションなんだろうなーと思っている。今20ぐらいだったら、オレンジレンジを聴いてそうな気がしないでもない(笑)。

なぜ、音楽において、センス競争が激しいのかといえば、音楽は非常に数が多く、ジャンルが細分化しているからだろう。ある音楽を聞いて、適切なジャンルにわけられるかどうか、ということを見抜ける能力、それがセンスだ。だから、そういうジャンルを見抜く能力が長けていれば、通常センスが悪いとされる歌謡曲などを聴いていてもokとなる。「あえて聴いている」となるからだ。一番センスが悪いといわれるのは、何の系統もなしに音楽を聞くことなのだろう。また一番強力なセンス競争は「好きなもの」より「嫌いなもの」の表明かもしれない。

ykuriharaykurihara 2005/06/23 10:13 はてなBはリプライが書けないのがネックだな(笑)。
おれ「センス競争は音楽以外にもある。ではなぜ音楽だけが突出するか。たぶん、いちばんイージーなメディアだから」
加野瀬さん「一番イージーなのは無料メディアのテレビだと思う。なのでテレビブロスが成立する」
「イージー」の一語に押し込めたので解釈がブレた。
センス競争が成立するには、そのメディアがスノッブであることを可能ならしめるポテンシャルを持っていなければならない。テレビはこの時点でアウト(最近のお笑いとかは微妙だけど、せいぜい「サブカル」止まりでしょう)。
煎じ詰めれば、(旧)ハイカルチャーに接点を持ちうるメディアに、センス競争成立の可能性は限定されるだろう。具体的には、文学、音楽、美術(アート)、映画……。ゲームはもうちょっとかな。
こうしたメディアにあって、享受あるいは消費ないし蓄積するのに要するコストがもっとも低いのはどれか。
「イージー」といったのはそういう意味です。

kanosekanose 2005/06/23 10:24 よい補足どうもありがとうございます(笑)。確かにテレビは「サブカル」で止まり、大した闘争じゃないですよね。他に激しい闘争というと、栗原さんがいうような文学などがあると思いました。ゲームは、意外と選択肢が少ないので、そこまでならないと思います。せいぜい任天堂中華主義にヘイト!セガ最高!ぐらいなので。

nyaa1nyaa1 2005/06/23 18:56 センスというよりファッションなのかもしれませんね。
深く知る前に新しいものが現れる。それらを噛み砕いて本質を探る時間をかけるより、メディアの指示するファッションに合わせとけば、大衆心理は落ち着くとか。
あと、こういう趣味の世界に、含蓄ある大人が参加しないのも悪いと思います。30才とか40才とか、ある程度で卒業というような。それでは若い人だけ狙う方がいいし、ある周期で流行を使いまわすほうが楽だったり。若いのが理屈語ると「オタクうぜぇ」となる。だからもっと説得力のある大人の意見が入ってくるといいなぁと思います。

putchee-oyaputchee-oya 2005/06/23 20:45 吉田豪さんがmixiで「嫌いなミュージックバトン」を展開しはじめています。

kiya2014kiya2014 2005/06/23 21:26 >putchee-oyaさん
なぜプライベートモードにされたのですか?

toroneitoronei 2005/06/24 05:10 自分はB’zって平成の吉川晃司だと思ってます。

synonymoussynonymous 2005/06/24 10:15 音楽センス競争とは、洒落者が真ッ正面からは見えない裏地に拘るようなもんではなかろうか。

kanosekanose 2005/06/24 10:52 プッチー大矢さん>mixi内でその「ANTI MUSIC BATON」を見かけたのがきっかけでした■toroneiさん>わはは、平成の吉川説はいいなあ■synonymousさん>マッハの戦いだと思います。知識ない人からはぜんぜん差がわからない。

yukke50yukke50 2005/06/24 14:55 B’zについて思うんですが男の場合は
初期派、中期派、現在派で結構分かれるんですが
(SURVIVEが出た頃ディープ・キス派とスイマーよ派で
 どっちがいいだの話した記憶が…。)
女の人の場合は結局稲葉なのか全て好きという意見の人が
周りに多い感じです。

sakichansakichan 2005/06/25 01:48 あー、エプソンのUSB接続のCCDスキャナだったら、実家に箱に入れてしまってあるやつがありますよ。GT-7700Uか。今はブラザーのカラーインクジェット複合機(ADFつき)があるんで使ってないんです。なんなら譲りましょうか?

2005-06-22

オタクを引きつける因子を持った旋律

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050621#c

こちらのコメント欄でGRASS VALLEYの話題がちょっと盛り上がっていたので。GRASS VALLEYの他のアルバムも探していきたいです。「星のジョーカー」って歌詞が複雑だからカラオケ難しそう。GRASS VALLEYネタ、やけに反応がいいんだけど、アルバムを聴いていると、壮大なストーリーや世界観を感じるという人が多い。

カッツェにすればいいじゃない

http://d.hatena.ne.jp/diekatze/20050622#1119410274

P-MODELという流れの音楽を好む層と同人女子層の関連性。

luminessence@筋少ちゃんdiary - GRASS VALLEY

http://d.hatena.ne.jp/king-show-chan/20050622/p4

Rivers and Bridges 語り部としてのGRASS VALLEY

http://d.hatena.ne.jp/iduru/20050622#p1

おやつだよ - グラスバレーの出口さん

http://d.hatena.ne.jp/tibinko/20050616

この方の近所にボーカルの出口雅之氏が住んでいたそうだ。

で、遊佐未森ZABADAKが「オタクを引きつける因子を持った旋律」(いいネーミング!)だといわれていたけど、以前、こういう話をしてた。

ARTIFACT ―人工事実― | 男性向け作品における少女漫画テイストの普及に関する思考メモ

http://artifact-jp.com/mt/archives/200302/girlscomic.html

谷山浩子ZABADAK遊佐未森新居昭乃菅野よう子という流れの音楽を好む層と少女漫画好きの層の関連性。

この前書いた音楽趣味話(http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050618#sound)で最近聞いているミュージシャンは、この辺り好きな人には勧めたいってのがあった。ちなみに、自分は遊佐未森はちょっとだけ、新居昭乃菅野よう子は好きなほう。谷山浩子ZABADAKは聴かない。

GRASS VALLEYもオタ好みだったのか。こういうデジタル系打ち込みロックというと、TMネットワークも、オタ好みだし。人気があった当時のコミケでのTM同人誌(女性だけど)の多さとか。そいやアルフィーも多かった。GRASS VALLEYは、ビジュアル系バンドのルーツ的になるのかなあ。

※この「ルーツ」というのは、オタク受けのいい音楽の中での「ルーツ」であって、全般的な意味でのルーツではない

あと、最近だとビーイング系GIZA Studioはオタっぽい気がする。『名探偵コナン』の主題歌はずっとGIZAGARNET CROWとか。GARNET CROWって意外とアニソンに縁がなくて、最近なったんだっけかな。勘違い、めちゃくちゃアニソン歌手だった。

http://anison.info/data/person/7192.html

GIZA Studioのキーワード(異常に充実している)を見たら、day after tomorrowGIZA出身(現AVEX)だったのか。なんとなくオタ臭い匂いを感じていたのだが納得だ。うーん、何かこう法則がありそうな気がしてきた。

※参考記事

ARTIFACT ―人工事実― | 坂本真綾vs水樹奈々

http://artifact-jp.com/mt/archives/200309/sakamotomizuki.html

ハチポチ / 坂本真綾 (1999) -真綾ノック 3/5 : vox

http://ks-cube.net/vox/archives/000073.html

still in the groove / 水樹奈々 (2003) : vox

http://ks-cube.net/vox/archives/000050.html

※KINGハイエナジーというネーミングはこちらから

坂本真綾論を stop run. (登録商標不正使用) : vox

http://ks-cube.net/vox/archives/000416.html

とりあえず名前が出てきたなものや思い出したものを分類しておこう。

玉置成実もオタ人気高いんだけど、どこに入るんだろう…。感じとしてはデジタル系ロック+女性ボーカルなんだが。

I'veはデジタル系打ち込みロック、テクノなどオタ好みされやすいのをミックスしている感じ。そしてKOTOKO

そういえば、ヘビメタもオタっぽいとかいわれる気がするんだけど、よくわからないので固有名詞あげられないや。

コメント欄より。

# ky0 『個人的偏見で言えば、オタクの好きな音は、派手で解かりやすいモノ、癒し系美メロ、女性ボーカル、+電子音しかねえ。俺がそうだから。だから大体あってると思います』

これは核心ついてそうだ(笑)。たしかに派手でわかりやすいのが好きってのはありそう。

Ubuntuたんを巡る動き

UbuntuというLinuxディストリビューションで、日本語化をしているチームが、Ubuntuたんという女の子のマスコットキャラを遊びで公開したら、それが公式に入るのはイヤだと思った人が、2chでちょっと騒いだそうだ。

スラッシュドット ジャパン | OSSコミュニティと「萌え」の微妙な関係

http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/06/15/0346252&topic=2&mode=nested

Ubuntu Linux

http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/linux/1097235967/l50

話題になった画像。

Pictures > Colored Works - outsider reflex

http://piro.sakura.ne.jp/pics/_col.html

Piroさんが絵を出した当時のコメント。

http://piro.sakura.ne.jp/latest/2005/06.html#d10

今回の件を受けてのPiroさんのコメント。

http://piro.sakura.ne.jp/latest/2005/06.html#d16

日記@韜晦する朴念仁 ubuntu-ja

http://www.homa.ne.jp/~ashie/diary/?200506b&to=200506161#200506161

関係者のコメント。

Latest topics > Past > 2005 > 06 - outsider reflex

Ubuntu-ja - 「Ubuntuたん」とは何?

http://www.ubuntulinux.jp/wiki/X_e3_80_8cUbuntu_e3_81_9f_e3_82_93_e3_80_8d_e3_81_a8_e3_81_af_e4_bd_95_ef_bc_9f

もともと、騒ぎ始めた人は公式の表明がない内に、勝手に公式のインストーラーに入るかも…と騒ぎ始めていたので、この件自体は、公式に告知が出て終了した。

メールでは抗議がなく、2chでしか騒ぎがなかったとPiroさんが指摘してたけど、今回の件に関しては、Ununu-jaのほうに公式のBBSがないから、2chになったというのがあるのかも。この件に限らないけど、議論というのは、第三者も見ている場所でされることによって信頼が形成されるから、メールというのはそういう場合において弱いんじゃないかと。だから「送ってもどうせ無視されるだけ」という考えがあって、せめて第三者が見ている場所に書かないと納得できないという感情がある気がした。また、メールなどで直接相手に伝えたいほどじゃないけど…という感情もあると思う。

あと、2chでちょっと盛り上がっている程度のことを騒動とまでいうのは言い過ぎな気がする。もしかしたら、2,3人程度が言っているだけのことかも知れないのに。だから今回の件も「騒動」という単語は敢えて使わなかった。2chに限らないけど、ネットというのは物事が大きく見えがちなので気を付けないといけないよなあ。

で、ちょっとびっくりしたのが、2chスレを見ていて、Piroさんの絵を上手くないと言っている書き込みがあったこと。599とか605とか。これで上手くないとかいったら、世の大半の絵は「上手くない」に入るよ…。世の中には、上手い下手という単語を単に自分の趣味に合わないと同義で使う頭の弱い方々がいるのはわかっているが、切ない。

あと、そこから派生話題が。

kitaの中の人のはてな日記 - 「Just for Fun」が出来ない日本という社会

http://d.hatena.ne.jp/kita_no_naka/20050616/p1

なんかスラッシュドットに対してはいろいろ複雑な感情が渦巻いているらしいというのはよくわかったけど、それが何なのかはクリアーではないなあ。

PCの「勘」を養える初心者向け書籍

http://nikki.g.hatena.ne.jp/hkt_o/20050528より

はてな PCに詳しくなりたいのですが、本屋にいってもたくさんありすぎてどれを読めばいいのか分かりません。あなたが実際読んだもので「これは良かった」というものを体験談付きで教えて下さい。

http://www.hatena.ne.jp/1116754724

この質問、あまりに質問者のことを無視した回答ばかりでひどいのだが、id:hkt_oさんが勧めているこの本は本当によさそうだ。この質問で人力検索の回答では本へのリンクができること、そしてリンクはbk1になるのを初めて知った…。

[わかったブック 1] 根本的理解!パソコンのどうなってるの?なんでだろう

[わかったブック 1] 根本的理解!パソコンのどうなってるの?なんでだろう


[わかったブック 2] 根本的解決!どうして起こる?パソコンのエラー

[わかったブック 2] 根本的解決!どうして起こる?パソコンのエラー

自分の場合、PCは独学で憶えてきたけど、そんなトライ&エラーを初心者に勧めるのは酷すぎるし、かといって、単なる操作マニュアルのような入門書は山のようにある。だから、丁寧にわかりやすく仕組みを説明した入門書というのは必要なんだろうなあ。PCでトラブルが起きた時などに状況から、この辺が怪しいとか「勘」を働かせるけど、それは仕組みを理解しているからこそできることなんだし。

9bit confusion - install me

http://gmk.9bit.org/note/050617-install.htm

初心者向けで関連するかなと思ったので。

PiroPiro 2005/06/22 09:10 Ubuntu-jaの場合は捨てアカウントを作りさえすればWikiに書き込めますので、それで掲示板形式のものを用意しなかったという側面もあるような。
ただ、ディスカッションの場として改めてフォーラムか公開MLかを用意しようという動きはあります。

Cyberbob:-)Cyberbob:-) 2005/06/22 09:26 そろそろ萌えブームは終わってほしい。

kanosekanose 2005/06/22 09:32 Wikiだと議論は難しそうだなあと思いました。

kyoumoekyoumoe 2005/06/22 10:44 揉め事?

kanosekanose 2005/06/22 10:47 ネットは毎日揉め事に溢れてます

kita_no_nakakita_no_naka 2005/06/22 12:50 スラッシュドットについてはOSDNというオープンソースを支援するところが運営しているにも関わらず、運営がクローズド(fake open)なのが一番の不満です。実際はもっと複雑な感情がありますが。

kanosekanose 2005/06/22 13:16 kita_no_nakaさん>なるほど、確かにそれはわかります

kimllakimlla 2005/06/22 22:25 アニソンってくくりだと最近作はメルヘヴンですね>ガネクロ
ちなみにそっち系統のディスコグラフィはこんな感じみたいです。
http://anison.info/data/person/7192.html
なんかサンデー専属ミュージシャンですね(w。

kanosekanose 2005/06/22 22:31 うわー、こんなにアニソン歌手だとは(笑)。どうもです

Nakada HiroshiNakada Hiroshi 2005/06/22 23:32 ぱんつがビキニじゃなくショートパンツだったらよかったのかも>Ubuntuたん
意外とそんなもんなような気もします。

jamjam 2005/06/22 23:58 細かくてすみませんが、MEGADEATHではなくてMEGADETHです。”A”は要らないんです。

myu2myu2 2005/06/23 00:01 つうかさあ、大して知りもしないのに分類なんてやめなさいよ。底の浅さをさらけ出してて見てらんないよ。

kyoumoekyoumoe 2005/06/23 00:40 言い捨て御免の人の底の浅さもなかなかです。

atat 2005/06/23 01:12 知ってるヒトにツッコミ貰うためにさらけ出すもんじゃないのか。

kanosekanose 2005/06/23 01:13 誤字指摘どうもです■myu2さんは、大層音楽の知識のある方だとお見受けしましたので、ぜひとも分類していただけるとこちらとしては助かります。この話題は、他の方もかなり興味を持っているので需要がありますから

nyaa1nyaa1 2005/06/23 01:40 分類が目的とは感じませんでした。あくまで、「オタクに受ける曲の傾向」というのを、なんとなく「こうじゃない?」と書いたようなものだと思いました。その例を挙げて分類書いたのだと思います。
新発見を論文にするとかじゃないし、軽く書けるのがブログのいいとこだと思います。

kanosekanose 2005/06/23 01:52 つまらない人相手にマジレス禁止!

yukke50yukke50 2005/06/23 02:33 GIZAだと三枝夕夏 IN dbもヲタ臭い感じが…。
というかGIZA自体がそういう感じなんでしょうか。
大野愛果の作る曲が惹きつけているのかも。

mohrimohri 2005/06/23 02:34 ヲタっぽい音楽ということでも、女子文化(やおい/腐女子)と男子文化(いわゆるヲタ)を分けたほうがよかったりしないっすかね。

selimselim 2005/06/23 03:36 ヘビメタも結構ヲタっぽいと思います。
Nightwishというバンドがあるのですが女性ボーカルプラスヘビーなギターでかなりヲタ受けが良さそうです。
あと2D格闘ゲームのギルティギアシリーズはキャラ名もBGMもメタルの影響がかなりあるなという印象でした。

kanosekanose 2005/06/23 08:18 GIZAはオタ受けがいいとここでは決めつけております!■男女にわけられるというものでもないのですよ。たとえばTMネットワークやP-MODELの同人誌はほぼ女性しか作ってないでしょうが、男は大好きです。

zerozero 2005/06/23 09:55 最近だと、大塚愛とかですか? 『さくらんぼ』をラジオ(しかも伊集院のJUNK)で初めて聞いた時「なんでI’veの曲がこんなところでかかるんだ!?」とか勘違いしちゃいました。あの“もういっかい!”みたいな合いの手が(?)はオタ心をくすぐるんだよなぁ。分類すると電波系か!?

daddyscardaddyscar 2005/06/23 10:37 kanoseさん、最近、キャラ変わってない?

y_arimy_arim 2005/06/23 14:44 ヘヴィメタルバンドにはどういうわけか、妙にファンタジー好きな連中が多数おりまして(バンド名にDragonを冠しているところだけで複数ありますし、どっかのRPGか?というような壮大なストーリーに基づいたコンセプトアルバムを作っているところもあったりします)、私も含めて特にテーブルトークRPG系のオタクとは相性がいいようです。ヘヴィメタルのサブジャンルでいうとシンフォニック・メタルとかメロディック・スピードメタルとかいうあたりが。バンド名を挙げるならBlind GuardianやRhapsodyなどが「コテコテ」ですね。

ky0ky0 2005/06/23 14:51 個人的偏見で言えば、オタクの好きな音は、派手で解かりやすいモノ、癒し系美メロ、女性ボーカル、+電子音しかねえ。俺がそうだから。だから大体あってると思います

tuxtux 2005/06/23 18:28 GLASS VALLEYのメンバーは私が出口さん以外で消息が掴めていたのはドラムの上領亘さんのみ。解散直後にSOFT BALLETのサポートとして入ってデジロック(?)なドラマーに大変身。メンバーに負けない声援を受けてましたが、紆余曲折を経て新居昭乃チックな(笑)方向に行っちゃいました。
ちなみにGLASS VALLEYはアニメ「精霊使い」のEDと「東京BABYLON」のイメージソングを歌ってます。というかどっちも解散後なんですけど。
漫画家にもファンが多かったって事ですね。懐かしいあまりの長文失礼しました。

tuxtux 2005/06/23 19:03 あ、違う。解散じゃなくって脱退でした。それで一気に興味が失せたんだった。
参考:http://www.geocities.jp/folkloreaya/deguchi1.html

aniotaaniota 2005/06/23 19:26 筋少は戸川純辺りと絡めて別枠っぽいなぁ。ゲルニカ繋がりで上野耕路も。

kanosekanose 2005/06/24 01:54 daddyscarさん>昔からこういう性格なんですけどねえ。はてダでの文体は1997年頃の日記と同じ文体だと見抜いた人がいました■tuxさん>『精霊使い』のDVD持っているのに気付かなかった!■aniotaさん>筋肉少女帯はたしかに別枠作ったほうがいい気はしてます。がよい名前が浮かばないのでビジュアル系に無理矢理入れ。

hjkhjk 2005/06/24 04:11 絵の上手い下手の線引きなんて比較するグループや対象にする技術感性如何で幾らでも変わってしまうので、趣味や拘り、主観によらない正当で客観的な位置付けを求めるのは不毛ですね。
ディフォルメの要素が強い画風だと尚更。

2005-06-21

相手の発言を、自分の主張している意見に当てはめるために歪んで解釈

「企業ならアウト、庶民様なら OK」の身勝手さ

http://deztec.jp/design/05/06/20_copyright.html

知財にたかるパクリ違法サイト:備忘録ことのはインフォーマル

http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20050620#1119333390

これらを見比べて、人の発言を、常日頃自分が主張していることに当てはめるために歪んで解釈するのは、本当に日常茶飯事だと思った。松永さんは「企業ならアウト、庶民様ならOK」と読めるようなことを書いたことがあったのだろうか? あるのなら徳保さんは元発言を示すべき。もともと、松永さんが批判してきたのは、ほぼ個人であり、企業はなかったはずだが。無断翻訳の流れで、パクリ側ではなく、パクリ元の話というのなら、翻訳記事も個人、企業両方あるし。

ARTIFACT ―人工事実― | 自分の記事を誤解して書かれた記事が有名サイトで紹介され、広まってしまった時の悲しみ

http://artifact-jp.com/mt/archives/200506/misunderstandingspreads.html

当然のようにこれを思い出す。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://deztec.jp/design/05/06/20_copyright.html

今回の場合の「有名サイト」ははてなブックマークだ。徳保さんの記事を多くの人がクリップしている。松永さんも切なくなってると思うよ!

松永さんにつっこむならば、「営利」と「非営利」の違いかなあ。個人サイトでも、Googleアドセンスやら、Amazonアソシエイトでいくらかは稼げる。だから、これは営利だ!という主張はできるだろう。

なお、本題の翻訳権に関しては、この整理がわかりやすい。

strange 倫理観と順法のちがい

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050621#p1

知財にたかるパクリ違法サイト:備忘録ことのはインフォーマル

http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20050620#1119347694

つーか徳保たんは著作権解放の方にもっていきたいのであれば、まずfinalventの人の話を否定して、もっと翻訳ものを増やせと煽った上で、「それだけパクっておいて著作権ふりかざしたりできないよな、松永よ」とあとから釘をさしておくのがよかったのではないでしょうか!!

そんな合理的なことをしたら、徳保さんじゃなくなっちゃう! だって目的は、ネットの住人が「企業ならアウト、庶民様ならOK」とダブルスタンダードを振りかざしていることへの攻撃なんだから! ゴールが先の目的と目の前の目的があったら、目の前の目的を取るのが徳保メソッド。単に、ネットで主流になっている意見に反対したいだけじゃないの?という気もするけど。

「企業ならアウト、庶民様なら OK」の身勝手さ 追記

http://deztec.jp/design/05/06/20_copyright.html

私が書いたのは、「自分の翻訳は OK だそうだけど、企業サイトが同じことをやったら気に入らないんでしょ」という意見。「気に入らないんでしょ」は憶測。憶測であるということは、わかるように書いているつもり。

なるほど、あくまで推測だったと。例から考えると、ABC振興会のようなことを企業サイトがやっていたら松永さんは批判するでしょ?と主張したかったと理解した。

足場は予想できない : highbiscus -北国tv

http://ch.kitaguni.tv/u/116/%c6%fc%be%ef%a4%c8%c2%cc%ca%b8/0000233634.html

予想で「きっとこういう思想っぽいあんたなら、こういうときこうするだろ?」とやったのはヘタクソな喧嘩だね(笑

ああ、highbiscusさんが上手いこといってる(笑)。

「ネットで拾った」「ネットで落ちていた」という表現

余談だけど「ネットで拾った画像」といった「拾った」や「落ちていた」という表現は、個人的には著作権者にすごい失礼な印象を受けるので使わないようにしている。誰だか知らない人が画像掲示板などにアップしていたのをダウンロードしたのだから、確かに感覚的には「拾った」「落ちていた」のかもしれないけど、仮にその画像などの著作権者が見たら、ムッとする表現だろうなーと思うので。自分なら、「ネットを回っていて見つけた」という表現を選ぶかな。

GRASS VALLEY久しぶりに聞いた

白い旋律

音楽話をしたので、音楽熱が上がり、そういえばGRASS VALLEYのベスト盤を勧められたのに買ってなかったのを思い出し、購入。「IDENTITY CRISIS」かっこいい! 歌詞の「Oh! 1枚のフロッピーディスク 詰め込んだ僕のメモリー」ってのが時代を感じさせる。でも、この頃歌詞にコンピュータ用語を取り入れたミュージシャンはP-MODELとか数少ないだろうけど。

ライナーノーツを見るとSTYLEが本人たち的にはお勧めらしい。持っていた記憶があるんだけど見つからない。

深読みされた!

天麩羅茄子 続・コメント欄の話

http://ojoh.blog7.fc2.com/blog-entry-68.html

しつこく反応するのもアレかなあと思ったものの、コメント欄でのつぶやきが面白かったので(笑)。

「ブログのコメント欄に常連はいらない」は当然反論する人も出るだろうと予想していたんですが、意外となかったので、きちんと反論を書かれている人として紹介させてもらいました。気を悪くした訳ではないですよ。気を悪くしたら、その記述部分を引用して、ねちねち言及します。あと、本当にいちゃもんや噛み付きだと思ったら無視してます。いちゃもんへの一番よい対処は無視なので。

いろいろな論点を無視したのは、最低限言いたいことだけ言えばいいやと思ったので、完全にこちらの都合です。せっかくなので答えておくと、常連効果打消機能に関しては、確かにあるものの、空気読めない人は記事ごとに張り付くので無効。そもそもコメントが有益かどうかという点に関しては、ケースバイケース過ぎて、返事のしようがないです。

有名なサイトが言うことによる萎縮効果に関しては、それを気にし始めたら、アクセスが多いサイトをやってられません、ということで。「情報の間違い」に関して影響が大きいので慎重になりますけど、価値観主張を、これは過激だから言うのをやめておこう…とか配慮しはじめたらつまらないので。

という訳で、前のレスは徹底して自分の都合しか考えてないレスでして、閲覧者がkitaさんに悪印象を持つよう、誘導してみよう、なんて深読みされるほど深い意図はないです。悪印象を持つように仕向けるのなら、それこそ悪態ついている部分を引用して強調するんじゃないでしょうかねえ。僕の日記の中で、深読みしたほうが面白いのは、短い文章で書いている時です。謎めき系。

書き方の問題で、断言はやめたほうが…というのがありましたけど、僕としては、その辺を使い分けていまして、本家(http://artifact-jp.com/)は断言をすることをなるべく避けています。また、「こういう場合もありますが…」などといって、前提が違う場合の保険もかけておく。柔らかい印象を出すために、文体も敬体を選んでます。でも、その結果、意見がぼんやりしたものとなり、「中庸な主張ばかりで個性がない」とか「冷たい」とかいう感想を持つ人も出てきてました。それはそれで目指していたものだったので、成功なんですが、それだけだと自分がつまらなくなってくる。

なので、はてなダイアリーの方では、そういった曖昧さをなくして、がんがん断言、常体を選び、誤読されても構わないというつもりで書いています。

抽象的なことをいえば、本家はなるべく遠くまで言葉が届くよう、曖昧な言い回しなどは選ばず、誤読されないようにする。はてなダイアリーは、言葉の鋭さを意識しているという感じでしょうか。

タチが悪い長文コメント常連

吊し上げはよくないかな…と言ったものの、あまりにひどい例を見つけてしまったので。

梅田氏のはてなダイアリーのコメント欄を見ていたら、6/17から谷村正剛という人がやたらと長文で自己主張しまくっている。

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20050619#c

 さすがに見かねた人がコメント。

なじみ客 『>谷村正剛

あなたは自身のブログを開設し、主にそこで主張すべきであって、この場でここまで長文の主張を展開すべきではありません。』

 ところが、こう開き直り。タチが悪い。

谷村 正剛 『>なじみ客

そう、それがまさにブロガーのもっとも嫌らしい態度なんですよ。ブログで、その中の記事で全てをやらなければならないという硬直した考え方。的確な例示に感謝致します。

dSb :: digi-squad*blog: 「EPIC 2014」日本語訳

http://blog.digi-squad.com/archives/000726.html

ここのコメント欄見ると、メールアドレスから自分のサーバー持っているっぽいけど。

有名ブログのコメント欄が、面白くない人(もちろん本人は面白いことを言っていると思ってる)の個人主張の場になるのはどうやれば避けられるものなんだろうか。結局管理人が厳しい対応するしかないんだろうけど、みんな嫌な人に見られたくないから、そこで強硬な態度を取れない。イヤな人たちはそこにつけこむ。

※追記

恐ろしいぐらいに同じパターンの話をradicalさんが触れてる。

ex - タチが悪い長文コメント常連

http://d.hatena.ne.jp/aniota/20050621/p2

kmachukmachu 2005/06/21 13:04 コメントの長さに制限をつける…とかですかね。

SaiderSaider 2005/06/21 13:09 しかし、それは連投される危険はまだ残っていそうな気がしますね。
だから、連投にも対処してもらわないとまずいかなぁとちょっと思いました。

gotanda6gotanda6 2005/06/21 14:01 メタゲームの会場と聞いて来ました。楽しそうですね(笑)。

reds_akakireds_akaki 2005/06/21 14:04 厳しい対応を取らない管理人が全面的に悪い。「嫌な人に見られたくないから」強硬な態度を取らないなんて、最低だ。
http://www.jp.piko.to/でも同主旨の事が書かれていますが、此所では酒井隆史の発言を引用します
http://www.dan21.com/backnumber/no71/index.html
>「迷惑」の論理の充満は、日本社会が同時にはらみもっていた多様な襞--「対抗世間」となり得た--を解体させる動きと軌を一にしています。決して日本社会の衰退を食い止めるものではない、 日本社会がはらみもっていた驚くほど多様な襞を最終的に解体させるものであり、 その動きに伴って現れたものでしかなく、むしろ衰退の証なのだと考えます。 僕は問いを転換すべきだと思います。いかに「迷惑」をかけないかではなく、 むしろ「迷惑」をどのようにかけ合うのかをお互いで問い続け考え続けることが重要だと思っているわけです。
>酒井氏は、そうした不寛容さが露骨に攻撃性を帯びた現代に対して一つのユニークな提案をします。「迷惑」の奨めです。「〈迷惑〉をかけない社会というのは、見方を変えれば他者のいない社会です。〈迷惑〉がきわめて恐ろしいすべてを規制する言葉になるのは、この言葉がはらみもつそうした〈存在論的〉次元のためです。〈迷惑〉はつきつめれば、人間の存在そのものに否が応でもつきまとうものです」。だからこそ、「〈迷惑〉をかけないかではなく、むしろ〈迷惑〉をどのようにかけ合うのかをお互いで問い続け考え続けることが重要だと思っているわけです」。

てめえは「嫌な人に見られるかもしれない」と謂うリスクを冒そうとしないまま、面白くないコメントだけを排除しようとする、そういった性根が場を腐らせるんだ。もっと云えばそういった性根こそが現在の全体主義なんだ。

kanosekanose 2005/06/21 14:13 コメント分量の制限と連投の禁止機能は確かに必要そうです■赤木さん>興味深いURLの情報提供はありがたいのですが、長文引用はやめてくださいねー。そういうのは自分のダイアリーで書いてTrackBackしたほうがいいです。とまさにその話をしているところなんですから(笑)。

kyoumoekyoumoe 2005/06/21 16:12 揉め事?

otsuneotsune 2005/06/21 16:12 お礼は5行以上の長文というルールです。




kanosekanose 2005/06/21 16:14 地蔵さんが出現するところ揉め事アリ! オオツネさんは謎ルールを作らないように。

 2005/06/21 18:35 tdiaryのツッコミみたいに 冒頭だけ表示するとか。

traversetraverse 2005/06/21 19:14 谷村さんってあの谷村さんだよね。

tuxtux 2005/06/21 19:31 誰も反応しないのでオレが!
GLASS VALLEYは「星のジョーカー」が好きです。
あれはちょうどFSSが映画化した頃だった記憶が(笑)。
あとアルバム「瓦礫の街」全部。
私のイチ押しはシングル「瓦礫の詩人」のC/W「BIG SCIENCE」です。
今では聴くのが難しいですがぜひ。

zerozero 2005/06/21 19:40 遊佐未森といいGLASS VALLEYといい、オタクを引きつける因子を持った旋律でもあるんですかね? 私もたまたま深夜番組で『瓦礫の詩人』のPVを見てハマリました。

aisaaisa 2005/06/22 03:27 >オタクを引きつける因子を持った旋律でもあるんですかね
ZABADAKも仲間に入りますかな

kiya2014kiya2014 2005/06/22 04:32 もうみんな死ねよ

cavoritecavorite 2005/06/22 06:58 コメント欄システムが、Web掲示板システムと同様の進歩と変遷を辿っていない点に着目し、これを問題にすべき。

kanosekanose 2005/06/22 09:02 谷村さんって有名人なのか…。kiya2014さんにはもうちょっとひねったコメントを希望。

shibakushibaku 2005/06/22 09:30 星のジョーカーがカラオケに入っていたので嬉しくて歌ってみたんですがサビ以外ろくに覚えていないことが発覚。聞き込んだつもりでも実際に歌ってないとカラオケって歌えないですよね。

number29number29 2005/06/22 10:51 はてなアイデアに、議論・論争用の新サービス「はてなアリーナ」の設置を要望してみました!http://i.hatena.ne.jp/idea/3124

ozricozric 2005/06/22 16:39 もめ事と聞いてやって参りました。

ozricozric 2005/06/22 19:08 加野瀬さんにはなぜ(古い)オタにZABADAK好きが多いのか、その分析をお願いしたい。

timetime 2005/06/22 22:38 ヘビメタだと、
Judas Priest, Iron Maiden, Helloween, MEGADEATH
辺りを挙げればいいかと。
もしくは『ジョジョの奇妙な冒険』、『銃夢』辺りから拾ってくるとか。

highbiscushighbiscus 2005/06/23 02:27 思うに、「長さ」ではなく「内容」の問題が実は大きいのではないかな?と思ったり。長くても(管理者にとって)意義のあるもんなら嫌じゃない人が多いでしょし。
つーか長い短いを論点にして理屈つけて追い払うより「アホすぎてうぜーよ、他所で書け」と言えばしまいではないのか。

kanosekanose 2005/06/23 08:46 こんな風に余所で書けって言ってもダメな人もいる訳だし。字数制限は、マクドナルドの椅子が堅いと客は自然にはやく出て行ってくれる環境型権力なのです。わざわざ口に出さなくても、自然にその方向に誘導。

highbiscushighbiscus 2005/06/24 10:07 店屋の閉店まぎわの『蛍の光』ですね(笑

2005-06-20

オタク女子からのお誘いの言葉

九尾のネコ鞭 男子校はオタクの揺りかご

http://d.hatena.ne.jp/maroyakasa/20050614#p1

AERAの最近の記事はARTIFACT@ハテナ系好みの記事が多いって? 何寝言を言ってるんだね、AERAがウチを追いかけているに決まっているんじゃないか!

とネタはさておき、AERAは女性誌志向を強めて部数を上げたため*1、女性の生活記事が増えてる。去年「負け犬」ネタがすごい受けたからか、「地方出身女は損」とか「女子校」とか不安心理につけ込んだネタが連発されていて、AERAの女性相手の煽りはすごい。この女性に使った手法で、男性の不安心理をつけ込む記事を増やしているんではないだろうか。

この号を読んだんだけど、なかなか面白かった。「萌える女オタク」は「普通」どころか、サイドの細かいネタ振りがすごい。あと村上隆氏のNYのリトルボーイ展の記事もある。

「男子校はオタクの揺りかご」には、女フォルダ話(http://d.hatena.ne.jp/kanose/20041210#folder)に通じる話も書いてあったりして面白かった。

中でも面白かったのがヒロトさん(38)のエピソード。この人は関西の中高一貫の男子校出身で、高校時代に淡い交際をしていたそうだ。どういうものかというと、塾で他校の女子高生が

「電車の中でアニメ誌を読んでいたしょう。私も読んでるよ」

と話しかけてきてきたそうだ。おお、すげえ! 今聞くとファンタジーにしか聞こえない。20〜23年前と考えると、1982〜1985年の出来事だけど、アニメ新世紀宣言も終わり、アニメの扱いが微妙になった時期だなあ。実際には、アニメ誌ではなく、具体的な雑誌名が入っていたんだろう。固有名詞じゃAERAの読者にわからないから変えられたと。で、初デートは『ゴルゴ13』を見たという。これは女性の趣味だったそうだ(笑)。次に見た映画は『西太后』…。訳わからん。この「アニメ誌」のところをいろいろなものに変えて遊ぶと面白そう。

※追記

interrupted train アニメ誌を読んでるだけで彼女が出来るという話

http://d.hatena.ne.jp/mohri/20050620#gegebo

読んでいたのはファンロードじゃないか?という指摘。あとはOUTの可能性も。この二誌は読んでいることで特別感を得られた雑誌なので、確かにどちらかだと思う。

今週号は「希望格差社会」にひっかけて「モテ格差社会」だそうだ(笑)。

電車男のモテ男研究

一部のモテる男と大部分のモテない男。「モテ格差社会」の源流を探る

実践・電車男改造 本誌オタク記者の自己改造実験

http://www3.asahi.com/opendoors/zasshi/aera/backnumber/r20050627.html

今一番注目しているバトン

それは「Motenai Baton」

九尾のネコ鞭 Musical Batonに対抗して…。

http://d.hatena.ne.jp/maroyakasa/20050617#p1

ここでスタート。

Kammy+'s spaceブログ版: 「Motenai Baton」が回ってきたYO!

http://kammyblog.seesaa.net/article/4442891.html

まさに不幸の手紙のようだ。あ、もしきても、下に書いたように一人に渡すものは絶対受けないので!

BLOG界の出来事:◆広まるバトン 広がるバトン

http://blog.goo.ne.jp/blog-memo/e/9c704ae308ca893c3c221a9f7f2f31c1

類似企画がいっぱい。

はてなダイアラー映画百選に関して

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040627#movie100

この時に受けて以来、1年止めてしまいましたが、Fuetaroさんに他の方にバトンを渡すよう、お願いしました。

バトンを受けた時、あまり書く気がなかったのに関わらず、まあ、きたんだから…と思い、明確な拒否をしませんでした。その後、ある映画で書けるかなと思ったために、書き始めたのですが、せっかく人に見せるのだから、しっかりしたものを書こうと考えたものの、さまざまな論点がでてきて、なかなかまとまりませんでした。適度なところで見切りをつけて発表すべきだったのですが、自分の満足してないものを発表するのは個人的に許せませんでした。そうこうする内に時間が経ってしまい、ここにまで至ってしまいました。はてなダイアラー映画百選を読むのを楽しみにしていた方、特に書きたかった方に対して大変申し訳ないと思っています。

今回、Music Batonを見てわかったんですが、5人に渡すのなら、受けた側は拒否しやすいですが、1人となると、どうも拒否しにくくなってしまうという心理があると思います。なので、今後1人に渡すタイプのものは受けるつもりはありません。複数人数なら、設問を見て、興味が湧いたら、答えることがあるかもしれません。

昔から、サイトを見ている方ならわかると思いますが、100の質問など、そういったフォーマットものに関しては、今まで使ったことがありません。趣味を語るのなら、自分の好きなスタイルで好きな時に語りたいと考えてます。

Videogame Batonは引き受けましたが、一つ一つにつけるコメントが短かったし、これに答えてもらいたい人が思い浮かんだので答えました。

最後にまた書かせていただきますが、はてなダイアラー映画百選を楽しみにしていた方、大変申し訳ありませんでした。

※追記

おれはおまえのパパじゃない - 映画百選のバトンが動いた! http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050620/1119233842

補足すると、もともとFuetaroさんとは昔から知っている仲でして、馴れ合いとしてのバトンの受け渡しだったんです。それが悪い方向にいってしまったと。なお、Fuetaroさんからは、すでに何回か何とかしろ!という突っ込みを受けておりますので、彼に責任はありません。

テラヤマさんから質問を受け取った時、催促だ!と思いましたねえ。

見たい映画をつなぐタスキ

虚馬ダイアリー

http://d.hatena.ne.jp/toshi20/20050618#p2

「見たい映画をつなぐタスキ」(Movie Batonと違うんだろうか?)というのを渡されたんですが、質問にあまり興味が湧かない、そして渡してみたい人がいないということで断らせていただきます。

椣平夢若食い散らかし日記

http://d.hatena.ne.jp/shidehira/20050618#1119022990

こちらが発祥のようで。

なんで始まったかといえば、こんなことがあったからなのか!

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - 「ホテル・ルワンダ」の日本公開について

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050616

ホテル・ルワンダ』の上映は日本では予定されてないそうで。これ見たかったのに。映画の上映運動のためだったら、このタスキの設問などの中に『ホテル・ルワンダ』の日本上映がないといった情報をいれないと受けた人間にはわからないです。でも、それよりもっと効果的なのは、情報を一カ所にまとめた上映運動サイトを作ることでしょうね。署名運動が始まったら、署名したいと思います。

Musical batonの終焉

otsuneの日記 - ガ島通信で「Musical batonは終わった」と書かれる日はいつだ

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20050618/p2

今、「Musical batonの終焉」とかいうと、絶対株上がるよ。この前、六本木ヒルズを歩いていたら、そういうこと言ってる人いたもん。

あと、「Musical batonもう回答しました」「Musical batonはおことわりしてます」バナーをはやく作らないと!(もう遅い気もするが)

9bit confusion - ミュージカルバトンという恐怖

http://gmk.9bit.org/note/050618-musicalbaton.htm

15巡すれば、人類全体に回るはずなのに回ってこないことに悩む人が出るかも!という妄想。mixiの招待制による悩みとかとか思い出す。

Musical Baton ミュージカル・バトン!(歴史+回答つき) [絵文録ことのは]2005/06/14

http://kotonoha.main.jp/2005/06/14musical-baton.html

こわいものしらずのこわいものみたさ: みゅじかるばとんの元祖はMuziekstokkieなのだろうか。

http://narren.txt-nifty.com/weblog/2005/06/muziekstokkie_6c12.html

こわいものしらずのこわいものみたさ: music memeというのが、はやってたみたい。

http://narren.txt-nifty.com/weblog/2005/06/music_meme_37f3.html

It does not matter...... - Musical Baton後記

http://d.hatena.ne.jp/napolereader/20050617#p2

でも、ご安心あれ。実は15巡遡っても、まだまだ前に人がいることが判明している。あの計算は全員が5人に回し、5人が答えてくれることが前提なのだが、そんなことは当然ない。回されても答えてない人、5人に回さない人、いろいろな人がいるのだ。

最初は「Music Victim Meme」だったというのは興味深いなあ。「Meme」という単語から考えるに、リレーではなく、情報がどんどん広まっていくのを確認したかったんんだろうか。

昨日の風はどんなのだっけ? - 「Musical Baton」を拒否する人たち

http://d.hatena.ne.jp/toronei/20050619/I

自分も止めたのに!

個人的には、Musical batonは届いた範囲が面白かった。たとえばReadmeの上位サイトで回っているところと回ってないところを分けると、いわゆる「ブログ界隈」が浮かび上がってくるはず。

はてなダイアリーのキーワードを見たら、言及数600とかいった時期があるのか…。すごい増殖力。まさにミームだ。

*1:ソースは創の新聞社特集の号より。なおもともとは社会派路線をやりたいので今の路線に反発を持つ編集部員もいるようだ

kikori2660kikori2660 2005/06/20 09:46 Musical batonはともかく、はてなダイアラー映画百選はどうなったのでしょうか?kanoseさんにバトンが渡ってからそろそろ一年が経つわけですが。

kanosekanose 2005/06/20 10:45 上に映画百選のことを書きました。

toshi20toshi20 2005/06/20 21:44 ご丁寧な返答とフォローありがとうございます。というか、「ホテルルワンダ」の件をまったく知らなかった自分の不明と、馬鹿正直に答えてしまった間抜けさに愕然としたりしてます。覆水盆に返らずですが、私も署名が始まったら一筆書かせて頂こうと思います。

TRiCKFiSHTRiCKFiSH 2005/06/20 22:34 「何寝言を言ってるんだね、AERAがウチを追いかけているに決まっているんじゃないか!」

このネタ、俺好みですよ! マジで!
それはそうと、『AERA』は2週続けてすごいですよね。ちょっと前から増えてきたから、実際、そこそこ結果が出てきてるっぽいですよね。やっぱ『PONG!』はハズしてたのかなぁ……(誌名命名者は実は僕でした)。

toubouheitoubouhei 2005/06/20 23:09 ミュージックバトン、mixiにまで回りまくってる昨今ですよ。

reds_akakireds_akaki 2005/06/21 01:04 「電車の中でアニメ誌読んでいたしょ。私も読んでるよ」
(実際には「アニメ誌」では無く具体的な雑誌名)

うああほしのこえだ

cavoritecavorite 2005/06/21 15:24 「おたく、電車の中でアニメ誌を読んでいたしょう。私も読んでるよ」
ではなかったのだろうか?

reds_akakireds_akaki 2005/06/21 21:41 具体的な事例名が欲しいです。
岡田斗司夫が「マクロスで」と言及した際、へぇーと思ったくちなんですけど。
wikipediaを覧たら「おたく」は米子方言だそうで、うあぁ益々新海誠だぁ(電車がゴトンゴトン)

2005-06-19

あの名言が!

飛井類司のうんちおっぱいちんこカレーハンバーク、おまんじゅう - 不幸の手紙

http://d.hatena.ne.jp/toby-luigi/20050618

飛井類司氏がMusical Batonに答えていたんだけど、同人版『大同人物語』の名言「ネットは広大だわ。狭いよ。」が! そしてMusical Batonへの罵倒も飛井節。

ドキッ☆アルファブロガーだらけのラジオ&チャット大会(終了)

ばるぼら、ニーツオルグさやわか、吉田アミ、偽地蔵、もとか、加野瀬のヨタ話を現在放送中。吉田アミのよっぱらいトークが聞けるのはこのラジオだけ!

※午前1時半ぐらいから5時まで放送

tagkaztagkaz 2005/06/19 01:50 わははー

kyoumoekyoumoe 2005/06/19 01:50 ラジオに対する要望質問不平不満はどこに書けばいいのでしょうか

2005-06-18

ミュージカルバトンじゃないけど音楽語りをしてみる

犬にかぶらせろ! - ミュージカルバトン雑感

http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20050617/musicbaton

いやー、他人の好きな音楽なんて、ほんと興味がもてないものなんですねえ。膨大なリンク先をみてみてそれを痛いほど感じた。

ああ、さすが言いにくいことを真っ先にいう人だ!(笑)

自分の場合、人のを読んでみたけど、7割ぐらい知らないミュージシャンばかり。知っているミュージシャンであっても曲がわかるとは限らない。という訳で、ほとんど楽しめなくて、答える気が起きなかったという。あ、PCのHDDにある音楽容量話は面白かった。

自分が初めて面白いと思えたのはこれ。

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050616#p2

「これ、もっと別のタイミングでまわってきて欲しかったな…」というフレーズはお気に入り。

で、gotanda6さんがなんか気にしているようなので、需要があるなら答えてみるかーということでフリーフォーマットで答えてみる。曲名まで調べると大変なのでミュージシャンで。

※以下敬称略

音楽に対するスタンス

何かする時に音楽をかけないとダメという訳でないので、音楽を聞かない時はほぼ聞かない。逆に聞く時はやたらと聞いたりするけど。80年代後半から90年代前半にかけてCDを1番買っていた。カラオケのせいもあるだろう。CDレンタルを多用するようになり、ここ10年ぐらいは1年に数枚程度。

新しい音楽を知るのは、他のメディア経由。ラジオは聞かないので、大体テレビ。スカパーとか入ってないので地上波ばかり。いろいろな音楽をかけてくれる番組を定期的に聞くのが音楽の視野を広げるのにいいというのはわかるだけど、自分の趣味の中での音楽の位置は低いので、物理的コストをあまりかける気がしない。有線みたいなサービスが月1000円ぐらいだったら入ってもいいと思ってる。なのでRhapsodyはいじってみて、あーこれなら入ってみたいと思わせた。

全体的に

ほぼ邦楽オンリー。洋楽はよほどのきっかけがないと聞かない。洋楽を聞く割合は0.1%とか恐ろしいぐらいに低い。持っているCDはほぼ邦楽で300枚ぐらい。割合としてはアニメが10%、ゲームが5%ぐらい。

電子音大好きだったが、オーディオに凝り始めた時期に、電子音系から生音系寄りの趣味になり、男性ボーカルより女性ボーカル好きに。

好きだったミュージシャン

80年代EPICソニー系

TMネットワーク岡村靖幸、バービーボーイズ、PSY-S、渡辺美里、レベッカ、種ともこ米米CLUB爆風スランプ大沢誉志幸、ストリート・スライダーズ、久保田利伸高野寛徳永英明など。

世界観的には『To-y』の一言で終わる。あと『シティーハンター』のOP/ED。

ビーイング系

どの人がビーイング系だっけ?と思って調べて初めて知ったんだけど、BOOWYはビーイングだったのねぇ。その流れで布袋寅泰とかCOMPLEXとか。吉川晃司はいまだにライブでは足上げをするそうだ。

B'zはTMのバックバンドをやっていると聞いて、2枚目のアルバムから聴いた。5枚目ぐらいまでは追いかけたけど、それ以降は追いかけるほど興味は持ってない。あとWANDS大黒摩季とか。相川七瀬はAVEXだけど、もともとビーイングでデビューする予定だったらしいので広義のビーイング系だそうだ。

音楽好きな人たちが言及するのもおぞましいと思ってそうな趣味の悪いものが大好き。

まとまらないのをいろいろ

林田健司T.M.Revolutionパール兄弟P-MODEL、A.R.B、崎谷健次郎、荻野目洋子、EPO、山本達彦、CHISATOなど。

最近よく聞くもの

ビーイング流れでGIZA Studio系も好きなほうかも。CD買うほどではないけど。

聞くのはほとんど女性ボーカルばかり。スーパーカーとかくるりとか予備校ロックといわれるジャンルも一応聞いたけど、特に好きになれなず。

一時期SOPHIAの「-僕はここにいる-」はよく聞いていた。これも『カレイドスター』のED。SOPHIAの他の曲には興味なかったのに、なぜかこれだけ気にいった。

最近はアニメのOP/EDで知るというのがほとんど。アニメのOP/EDは、適度に知らないミュージシャンを知る機会になってる。アジカン知ったのも『NARUTO』だった。

mixiの音楽系コミュニティでないなーと思って作ったのは、林田健司CORE OF SOULthe indigo

アニメ関係

Symphonic Suite AKIRA

Symphonic Suite AKIRA

芸能山城組の2002年の春祭でAKIRAを演奏するというので行ったんだけど、かなり異空間で面白かった。

オネアミスの翼?王立宇宙軍コンプリートコレクション

オネアミスの翼?王立宇宙軍コンプリートコレクション

戦闘パートでかかる「戦争」が大好きだった。あと軍歌。これでパール兄弟を知った。

「MACROSS PLUS」?ザ・クリーム・パフ

「MACROSS PLUS」?ザ・クリーム・パフ

菅野よう子を『マクロスプラス』で知って、それでよく聞くように。特にこのアルバムはよく聞いた。

ボーカル曲だと、80年代サンライズロボットアニメの曲は大体好き。もはや好きとか思い入れがあるのレベルを超えて血肉。スーパーロボット系も好きだけど、どちらかといえばリアル属性。串田アキラはもちろん好き。

J9シリーズのボーカル曲。山本正之といえば、『究極超人あ〜る』のイメージアルバムはよく聞いていた。

きまぐれオレンジロード』関係のボーカル曲も好きだなあ。最近聞きたくなって思わず中古CDを買った。

ここから、Musical Batonの各項目に適当にあてはめて、楽しみたい人は楽しんでください。

コメント欄に常連はいらない話の続き

天麩羅茄子 コメント欄とアンデルセン

http://ojoh.blog7.fc2.com/blog-entry-61.html

これはまず自分のサイトのことを言っている訳じゃないんです。ウチはコメントが多いところからすれば少なく、ほぼないところからすればある方でしょう。

何がきっかけだったかというと、自分が見ている有名ブログの中で、コメント欄に変な人たちばかり住み着いているところが多いので、それをネタにしたと。面白いコメントを書いている人は、大体ブログ持っているんだし。有名ブログは、変な人の自己主張の場になりやすいので、それをどうやって避けるかという問題なのです。

だから、知り合いしか見てないようなブログで、コメント欄に常連は必要ない、とは別に思ってません。

こういうのは、具体的な人物名挙げたほうがいいのかなあ…。言うと個人の吊し上げになるから、挙げなかったんだけど。

はてなダイアリーで書く時は、いろいろな前提をばっさり切り捨てて書いていることが多いです。他の事例をまったく考えてない訳ではないけど、そうやっていろいろ保険かけると文章長くなって大変なので、誤読上等な気分で書いております。

現代版司馬遼太郎は誰になる?

SPA!6/14号の坪内祐三氏と福田和也氏の「これでいいのだ!」で、坪内氏が島田雅彦氏が「新しい司馬遼太郎 新しい歴史小説家を今の読者は求めている。そして村上龍は現代を歴史化した現代のを目指している」と語っていたという話をしていて*1、これを「現在の歴史化」*2と称していたんだけど、今司馬遼太郎ライクなのは、福井晴敏氏だと思うなあ。

あと、そういう切り口で重要なのはかわぐちかいじ氏だろうなあと思っていたので、雑誌「創」6月号の漫画特集にあったかわぐちかいじ氏のインタビューは興味深かった。福井晴敏氏とかわぐちかいじ氏をならべると、結構面白そうな現代史観話ができそうな気がする。

*1:福田氏は、村上龍氏を北朝鮮専門家として呼ぶマスコミってアホじゃね?と言っている

*2:これは「現代の物語化」のほうがわかりやすい気がする。大塚英志的だけど

catfrogcatfrog 2005/06/18 16:31 うんこがウザいってことでFA?w

kanosekanose 2005/06/18 16:38 もっといますよ☆

2005-06-17

フリクリDVD-BOX延期?

フリクリDVD-BOXのその後 - blurnoise

http://blurnoise.com/?itemid=221

Amaoznでは注文した人にキャンセルメールがきたそうだ。

気になって調べてみたら、他のショップでも延期という告知をしているところがある。

http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/166275/

ガイナックスのサイトでは告知ないけど、こりゃ延期っぽいなあ。

野良犬の塒: 『フリクリ DVD-BOX』発売日無期延期に?

http://www.kyo-kan.net/archives/2005/06/_dvd-box.html

現在の予定は8/16だそうだが、延期の可能性もあるとのこと。

lili 2005/06/20 05:20 Amaoznアマオズーン。イオナズーン

2005-06-15

2001年の個人サイトの空気

にゅーあきばどっとこむ「特別企画:ねとらん者 トレーディングフィギュア ただいま鋭意製作中!」INDEX

http://www.new-akiba.com/special/trading_figure/index.html

ここで「LLL」という懐かしい単語を見かけたので、そういえばこの人からメールをもらったことがあったよなーと思い出し、転載許可があったのでメールを転載してみる。もともとは、MLで言及したことをメールで伝えたのがきっかけで、MLで公開してもいいと言われたけど、他の人が読んで面白いかなあと疑問に思ったので、当時転載はしなかったもの。

改めて読んでみると、2001年当時のWebの空気を感じる資料にもなっている。ワナビー云々は、主にゲーム系での話だろう。パワートダイでゲーム業界情報が溢れ始めて…というもの。ブログによって、再び同じような状況になっているのではないか?というのはゲーモクさんが指摘していたけど。

9bit confusion - やってもいない一年戦争の話

http://gmk.9bit.org/note/050412-gundam.htm

97〜2000年頃は、よく業界人が自分のホームページでうっかり暴露話を喋ったりしていたんだけど、そのうち「ネットで身内の恥を暴露するなんて痛すぎ」という風潮ができ……たのかどうかは知らないけど少しずつ収束していき、ここ数年はあまり表に出ることなく、業界ネタは2chのゲーハー板内で完結していた。

でも、ブログブームでまた表に出てきちゃった感があるね。

自分が送ったメールは「ネタにマジレス」なメールになっていてなんというか。今だったら、公開の場でもうちょっと楽しいいじり方をするだろうなあ。という訳で、自分にとってLLLの人というと「中の人のままでメールを出してきた人」という印象なのであった。

続きを読む

メールアドレスは立派な個人情報なので相手に晒せない

ラブラブドキュンパックリコ - RinRin王国さんに煽られました

http://d.hatena.ne.jp/Maybe-na/20050610/1118412001#c

コメント欄より。

なら「メールを送ればいい」とおっしゃるかもしれませんが、メールアドレスは立派な個人情報です。それを疑う相手に晒せと言う事が、どれだけ不安な事か、想像してみてください。

そういう時のために捨てメールアドレスというものがあったと思っていた…。最近では、捨てメールアドレスでさえも「相手に晒す」という感覚なのかもしれない。ヘタすりゃメールヘッダーにつくIPアドレスも晒せない!とかいいそうだ。

萌え萌え爆乳ウェイトレス

http://d.hatena.ne.jp/nittagoro/20050607#p1

Pure Smile 佐藤和沙 [DVD]

佐藤和沙って誰だろうと思ったら、ひろゆき似のグラビアアイドルといわれていた人か。

Musical Baton

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050613#p1

回答を考えてみたけど、思い入れのある曲とか思い浮かばないことが判明したのでパスさせていただきます。

kikori2660kikori2660 2005/06/17 09:27 ところで映画百選はどうなったのでしょう?そろそろ一年が経ちますが。。。

並木坐並木坐 2005/06/17 22:33 えー!串田アキラとか書けばいいじゃないですか<思い入れのある曲。人の趣味やセンス(!)には言及するのに、こういうところで自分の嗜好を公開しないところに加野瀬さんの狡猾さを感じてしまいます。

もへもへ 2005/06/18 01:16 私の敬愛する反骨サイトの皆様が、こぞって楽しがって答えているのでがっかりです。「音楽に思い入れのない者、人にあらず」的雰囲気が気持ち悪い。加野瀬さんのスルーはちょっとうれしい。

tenkyointenkyoin 2005/06/18 15:34 このあたりの記事を思い出しました。http://artifact-jp.com/mt/archives/200311/itunesmusicsense.html

tenkyointenkyoin 2005/06/18 15:43 >Musical Baton

2005-06-13

気になった本メモ

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録


Sankei Web 読書 【書評】『ヒルズな人たち』佐々木俊尚著

http://www.sankei.co.jp/news/050502/boo009.htm

書評を読むと、ごく普通な感じだなあ。

起業バカ (ペーパーバックス)

起業バカ (ペーパーバックス)


タイガーのフォトリー日記/本のエッセンス - 第104回目「起業バカ」(渡辺仁著)

http://d.hatena.ne.jp/ishi3/20050505#p1

こちらによれば、フランチャイズ系の話が多いようだ。

やぶいぬ日記 - GJすぎる書店ディスプレイ。

http://d.hatena.ne.jp/Bushdog/20050514#p1

親切な本屋さんだ。

タイガーのフォトリー日記タイガーのフォトリー日記 2005/06/13 23:13 正確にいうと、フランチャイズ系には要注意の話が多いです。儲かるのは本部だけのようですね。起業して本当に儲けるには、自分でやるしかないようです。起業前には、リスクを知っておけということだと思います。

guldeenguldeen 2005/06/15 22:05 コンビニ経営の惨状(ロイヤリティが高すぎる)に関しては、たしか1年ほど前の少年マガジンの短期連載作品の中でも、さりげなく指摘されていた気がします。

2005-06-10

若年層にファンが多いミュージシャンについて触れる時は注意せよ

Milano::Monolog: さようなら、Psycho le Cemu

http://rebecca.ac/milano/mt/archives/001142.html

最近、ボーカルが覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたPsycho le Cemuというビジュアル系バンドについて触れた記事にファンが殺到。こえー。こういうのも「炎上」っていうんだろうか?(笑) 最近「炎上」の定義が単に「コメント欄が妙に盛り上がっている」になっている気がする。

なお、どうやってみらのさんのところに辿り着いたのだろうと思ったのだが、google:Psycho le Cemuで5位になっているので、そのせいなのだろう。ブログのSEO効果の高さが仇に。

モナぽ@「うわの空」で行こう:ヨミウリ ウィークリーにオレンジレンジのパクリ疑惑が

http://blog.livedoor.jp/monapopu/archives/14285916.html

オレンジレンジのファンも似た感じのようだ。

『もより』(FOX出版)

もより―アキバ発持ち寄り系ごった煮マガジン (#00(200505))

価格が680円と安かったので、話のネタに買ってみたけど、話のネタにもならなかった…。「アキバ発持ち寄り系ごった煮マガジン」と銘打ってあるので、秋葉原情報を集めた雑誌なのかなあと思ったら、前半はエロゲーヒロイン架空座談会、あとはイラストと漫画。情報量はかなり薄い。密度の低い画面の漫画をA4判で見るのは厳しいなあ。1ページに4枚ぐらい載せても充分な感じ。

最近の気になること。

naoyaさんのはてなダイアリーとMTの使い分け。更新頻度、内容ともに、はてなダイアリーの方が濃いんだよなあ。人のことは言えないのだが。

naoyaのはてなダイアリー

http://d.hatena.ne.jp/naoya/

NDO::Weblog

http://naoya.dyndns.org/~naoya/mt/

『諸君!』の連載「麹町電網測候所」の執筆者

見えない道場本舗 諸君!「麹町電網測候所」執筆者の正体は?

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050606#p2

『諸君!』のネットコピペ連載として有名な「麹町電網測候所」の執筆者は匿名である。はてなキーワードには中宮崇氏説、大月隆寛説が書かれているが、よく使うフレーズが大月隆寛氏っぽいという指摘が。

大月隆寛氏の文章はよく読んでいる方なんだけど、あの連載の文体は大月節とはちょっと違う気がするんだよなあ。今号のを読んでみよう。

ブログのコメント欄に常連はいらない

掲示板でもそうだったが、ブログのコメント欄に常連ができると、雰囲気ができ始める。その結果、他の人がコメントしにくくなったりする。

で、いろいろなブログの常連になっている人のコメントを見ると、これが大抵つまらない。ブログを持ってないから、他人のコメント欄で活躍する。そういう人は自分でブログを作って隔離独立してもらいたいものだが。

ブログのコメント欄というのは、縁の薄い人が、気軽にコメントしてくれて、それが実は興味深い情報だったりするというのが理想的なんだけど、そういう方向に水を差すのが常連の存在。そういう意味では、常連を作らない工夫として「常連には冷たく当たる」というのがいいのかもしれない。

これは最高の嫌がらせに違いない

ITmediaニュース:SNSmixi」が支える恋――オタクとキャリアの物語

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/08/news041.html

この記事なんだけど、いろいろツッコミどころが多い。

アルテイシアさんがmixiを始めたのは昨年11月。遠くに住む友人に近況を伝えようと、毎日のように日記を更新していた。

 最初はただの日記だった。その日にあったことを、面白おかしく書いていた。生まれも育ちも神戸の関西人。笑いのツボを心得た軽妙な文章に、知らない人からも「面白い」とコメントがついた。

 ちょっと笑える普通の日記が、キャリアとオタクの恋物語に変わったのは昨年12月4日。バーで出会った「59番」――59番目に告白してきたオタク男性――について、日記で触れたのがきっかけだった。

アルテイシア日記は12/4からスタート。自分が12月頭に初めて見た時も12/4から始まっていて、最初から59番の話をしていた。という訳で、これは同一IDの日記ではないことを公言していることになる。

「ランバラルの奥さんのハモンが、昔はマクベの女だったって知ってます?」

これはギレンの女の勘違い。小説版の設定より。

http://homepage1.nifty.com/shanghai/topic/ral.html

電波男」との不思議な一致――

 アルテイシアさんの発言は一部、オタクの恋愛観を描いた「電波男」(本田透著、三才ブックス)とそっくりだった。

 例えば電波男も「ポルチーニ茸について語るのが『恋愛』というのは、女性ファッション誌の幻想」などと喝破。負け犬女性のオタクに対する偏見や、ファッションとして“恋愛”の空虚さを指摘している。

 しかしアルテイシアさんは、電波男を読んだことがない。偶然、全く同じことを考えていたのだ。

 やはり、オタクとキャリアは、相性がいいのかもしれない

電波男』の中で、この本の出現は予言(P221)されていて、負け犬女がオタクを搾取しようとしている!と糾弾されている。あの記述を読んでいたら「一致」とかとても言えない! 最高の嫌がらせだ、これは。

邁進誤謬ジャンクリストフ - オタクとキャリア(でかつオタク)の恋物語

http://d.hatena.ne.jp/foo_fighter/20050609/no59

こちらの指摘より。

「『なんだったけ、あのハモンさんが乗っていたやつ?』ときいて『キュイ』って答えてくれる人は、頼もしいし、信用できますよね」

ハモンはキュイには乗ってない。乗っていたのは、ランバ・ラル。なんとなく疑問に感じていたんだけど納得だ。

参考:ジオン公国軍 揚兵戦車 キュイ

http://www.1999.co.jp/asp/GoodsDetails.asp?It_c=10042060

ちなみに、写真が入れ替わったそうだ。確かに最初見た時と違ってる。

http://d.hatena.ne.jp/mixi_love/20050609#p1

はてなブックマーク - ITmediaニュース:SNSmixi」が支える恋??オタクとキャリアの物語

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/08/news041.html

言及している人多いなあ。

mixiアルテイシア日記は12月頭に見ていて、当初こそ謎解きに熱中したんだけど、すぐ飽きてしまった。最初から書籍化狙っているっぽっかったところなども飽きた理由の一つだったんだけど、見事にこうやって想定内の展開になるとなあ…。

アルテイシア】一杯のかけそば

http://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200505190000/

あれ、昔ここに知人を名乗る人の書き込みあったんだけど、消えてる。

※上のは勘違い。こっちにコメントあり。

mixi】 アルテイシア 【第二の電車男

http://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200505090000/#comment

google:アルテイシアで、mixiのIDが3位だよ…。恐ろしい。

catfrogcatfrog 2005/06/10 13:14 紹介どもです。
http://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200505090000/#comment

こっちですね。僕はこの人、アルテイシアか彼女側の人間ではと思ってました。というのも、あのあとミクシでも接触してきて。

どうにも臭いので、どうしたもんかなあと思ってたら数日後にアカウントが消えてました。複赤の可能性もあったと思うし、惜しいことをしました。

あと修正前写真はhttp://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200506100000/こっちから見れますww

kanosekanose 2005/06/10 13:43 あ、自分の記憶違いでしたか。訂正しておきます。写真ですが、IT系ニュースサイトはコスト削減もあるので、カメラマンを使うことは少ないようです。

2005-06-08

『SIMPLE2000シリーズ Vol.78 THE 宇宙大戦争』が気になった

http://www.d3p.co.jp/s_20/s20_078.html

SIMPLE2000シリーズ Vol.78 THE 宇宙大戦争

SIMPLE2000シリーズ Vol.78 THE 宇宙大戦争

大気圏で現用戦闘機と宇宙怪物と戦うというもの。要は『インディペンデンスデイ』だ。

絶対SIMPLE主義:THE宇宙大戦争フラゲ出来ました!

http://blog.goo.ne.jp/daikai-6/e/81d358c8a42a6464ee89516211ee8c7a

こちらでは大絶賛。

D3PUBLISHER

http://www.d3p.co.jp/index2.html

トップからプロモーションムービーが見られる。ムービーから見る画面の出来はなかなか。多弾頭ミサイルの軌道はいい感じ。武装としてホーミングレーザーもあるみたい。

ITmedia Games:SIMPLE2000シリーズに「THE 宇宙大戦争」登場

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0502/25/news004.html

開発は、BIT TOWN(http://www.bit-town.com/)、アイエムジェイ(http://www.imjp.co.jp/service/entertainment/)というところで、BIT TOWNは『SIDEWINDER V』を開発。アイエムジェイはゲームだと『PROJECT MINERVA』を開発だそうで。こっちは…。IMJって中止が決まったSNSFriendMAP』のサービス会社なのか。出版部門だと『ピクトアップ』や『演劇ぶっく』を出している。もともとはデジタルハリウッドのコンテンツ制作事業部で、そこが独立したそうだ。

SIMPLE2000だと、こっちもチェックか。

SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2

SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2

THE 地球防衛軍2特設ページ

http://www.d3p.co.jp/top/special/s20_special.html

角川騒動遠くなりけり

ゲーム屋店員の戯言:90年代にあったゲーム雑誌

http://blog.livedoor.jp/od3/archives/24359505.html

考えてみると、角川メディアオフィスのスタッフ離反、メディアワークス設立の辺りってまともな資料なさそうだなあ。そういえば、この前市ヶ谷に行ったら、角川メディアオフィスが入っていた市川KTビルを見かけて、懐かしかった。仕事で行ったことがあったので憶えていたのだが。

ヨドバシドットコムで『24』のDVD半額

大ヒット海外ドラマ「24」が半額 : ヨドバシ・ドット・コム http://www.yodobashi.com/enjoy/more/newstopics/39480396.html

3rdシーズンまでも。Amazonでも1stは半額セールしてたなあ。

highbiscushighbiscus 2005/06/08 10:36 もう2号出ちゃいましたけど、鹿砦社「紙の爆弾」創刊号が
珍しく暦彦と春樹の暗闘史を詳しく書いたメディアでおもしろかったですよん。

あとなんか今年は帝都物語シリーズ(?)の新作とか、戦国自衛隊とか、
やたらかつての角川春樹臭い雰囲気が角川グループに復活しつつありますね

TOYTOY 2005/06/14 15:18 KMO事件は『創』の93年1月号で顛末が書かれていた記憶があります

http://www.tsukuru.co.jp/gekkan/gekkan93.html#anchor174596
● 角川書店“騒動”で離脱した関連会社社員が新雑誌創刊

2005-06-07

スピリッツはNEET雑誌か?

内田樹の研究室: 『スピリッツ』療法

http://blog.tatsuru.com/archives/001027.php

現在週刊誌としては最大の発行部数に達した『ビッグコミック・スピリッツ』は読んでない方には想像もつかないだろうが、実に「コア」な漫画雑誌である(私のところには、名越先生のご厚意で、毎週小学館から送られてくる)。

読者層がものすごく狭い幅で限定されてのである。

つまり、十八歳から二十四歳くらいまでの就活中、NEET、引きこもりなど、将来が決まらないでうじうじしている男性読者をメインターゲットにした雑誌なのである(そんな雑誌があるんですよ。驚くでしょ)。

暁の二項対立 - スピリッツはNEET雑誌か

http://d.hatena.ne.jp/cyano/20050603

実際の読者データからすると、NEET雑誌ではないという指摘。

知ったかぶり週報

http://www.sittakaburi.jp/200506.html#20050606

読者年齢の引き下げを狙っているのではないかという話。

内田樹氏は「作っている側が狙っている読者層」を「実際の読者層」にしてしまっているようだ。後者だとすると指摘されたように「単なる勘違い」で終わってしまうので、前者として考えてみた方が興味深いので、そっちで。

名越康文氏が関わったのは、『殺し屋1』『ホムンクルス』と、どちらも山本英夫氏の漫画だ。しかも、これは掲載誌が違う。『殺し屋1』はヤングサンデーで、ヤングサンデーこそ、そういった層を狙っていたという気はする。橋本治氏の人生相談とか、山田玲司氏の漫画とか。ところが、ヤングサンデーは、編集長が元少年サンデーの人に変わってから路線変更。ご存じのように『ワールド・イズ・マイン』や『度胸星』などが打ち切りになってしまった。

現在の小学館の漫画雑誌で、そういう若年層を強く意識しているのが、現在はスピリッツということなのだろう。そういえば、現在のスピリッツの編集長が元ヤングサンデー編集長だという話を聞いた気も。これは不確かな話だけど。

s.hatena.ne.jpができる時

http://d.hatena.ne.jp/matakimika/20050605#p4

こうしてネットの人に「人文」とか「社会学」に別の意味が付け加えられていくの巻。

記事へのリンクのないTrackBackのこと

映画『電車男』なんて時事な話題に触れたら、いろいろTrackBackがきて、ああ、ほんと時事ネタ書くと、単に同じ話題に言及しているというだけのTrackBackがくるのを実感した。で、なんであういうTrackBackを送るんだろう?と考えると、

28時の刹那主義 トラックバックをどうしようかと考える

http://momentarism.info/milton/archives/200504/tb.php

この辺はトラックバックの定義の相違って感じで、共通の話題をウェブリングする為のものと考える人と、先方の話題に意見を言うことを相手にもわかる形で表明できる手段と考える人とに分かれるっていうところでしょうか。

この「ウェブリング」というのがしっくりくる。でも、ウェブリング的繋がりを求めない派としては、うざいだけなんだが。

はてなダイアリーではTrackBackに関して不満を感じることはないんだけど、それはリンクがなければTrackBackを受け付けない、という仕様のおかげだろう。「リンクのないTrackBackは削除することがあります」と注意書きを書いたって送る人は送ってくるんだし、この仕様は他のサービスやツールにも広まっていいのではないだろうか。

なぜかAmazonで『フリクリ DVD-BOX』が表示されなくなった

Amazonのアソシエイトレポートを見ていて気付いたんだけど、いつのまにか『フリクリ DVD-BOX』のページが消えているようだ。予約終了なら「この商品の扱いは終了しました」になるはずなのだが…。買おうと思っていたのに。発売日に普通に買いに行くか…。

フリクリ DVD-BOX

フリクリ DVD-BOX

Amazonのデータベースから消えているために表示されないみたい。

でも、画像は残っているんだよなあ。本家でのリンクの画像はAmazonから引っ張っているんだし。

大阪大学の捏造論文事件について

Googleニュースで「大阪大 捏造」だと朝日しか見つからないので??だったが、朝日以外は「改ざん」だった。この事件で大学関係者の人のコメントってそういえば見たことなかったと思ってクリップ。

asahi.com: 阪大グループ、捏造データで論文発表 米医学誌に?-?社会

http://www.asahi.com/national/update/0519/OSK200505190020.html

asahi.com:「提出急がされた」と学生が申立書 阪大論文データ捏造?-?暮らし

http://www.asahi.com/life/update/0528/008.html

asahi.com: 執筆学生が研究室に600万円を寄付 阪大論文捏造問題?-?社会

http://www.asahi.com/national/update/0604/OSK200506040007.html

柳田充弘の休憩時間 阪大医下村グループ等捏造論文事件について On scientific fraud

http://mitsuhiro.exblog.jp/1929287/

柳田充弘の休憩時間 阪大での捏造論文について(続き) Scienfic fraud 2

http://mitsuhiro.exblog.jp/1932863/

柳田充弘の休憩時間 捏造論文について3 On scientific fraud 3

http://mitsuhiro.exblog.jp/1935672/

『靖国問題』(高橋哲哉著 )の書評

よくまとまっているという評をよく聞くので今度チェックしてみよう。

靖国問題 (ちくま新書)

靖国問題 (ちくま新書)

整腸亭日乗 - 靖国問題とは何か

http://d.hatena.ne.jp/PreBuddha/20050517#p1

フルタルフ文化堂 - 高橋哲哉靖国問題

http://d.hatena.ne.jp/furuta2001/20050410/p1

戦後責任論 (講談社学術文庫)

戦後責任論 (講談社学術文庫)

journalist-net:書評 高橋哲哉『戦後責任論』(講談社学術文庫、2005年) :川瀬俊治

http://blog.journalist-net.com/archives/23055985.html

これは1999年に出たものの文庫版らしい。

高橋哲哉氏というと、『ショア』の上映を日本でやった人という程度の認識しかなかったんだけど、やはり歴史修正主義者の研究とかやってるんだなあ。

ショア [DVD]

ショア [DVD]

cyanocyano 2005/06/08 02:17 ビッグコミックスピリッツは、2004年7月の日経新聞に週刊マンガ誌としては異例の全面広告を出しています。作っている側が狙っている読者層が「NEETと就活学生」であれば、これは少々不自然な行為ではありませんか

kanosekanose 2005/06/08 02:31 書き忘れたんですが、雑誌というのは定期的に読者の若返りを意識するので、それをやっているのではないだろうか?という予測が入ってます。日経の広告は就職活動をしている大学生向けかなと思いました。

cyanocyano 2005/06/08 18:19 まず『若年層を意識』と『将来が決まらないでうじうじしている男性読者をメインターゲット』では意味が異なることに留意してください。これらを同一視しておられるのであれば『若年層』一般にとってはかなり失礼な話ではありませんか。

さて、日経新聞社広告局の資料( http://www.nikkei-ad.com/media_data/mo/chapter3/01.html )によると、職業別読者構成にかかる「無職」「学生」の割合は全体のせいぜい6%、就職活動中の学生ともなれば、全体の1%行くかどうかも怪しいでしょう。ですから『日経の広告は就職活動をしている大学生向けかなと思いました』という憶測には現実味を感じられません。

さらに、スピリッツの日経全面広告のひとつは浦沢直樹作『20世紀少年』を前面に押し出したものです( http://www.nikkei-ad.com/techo/2005/04/case03.html )。本作はスピリッツの看板マンガですが、前世紀へのノスタルジーがテーマの一つであり、比較的高年齢層をメインターゲットにした作品と考えるべきでしょう。

また、内田氏のおおもとの記事が無根拠である理由はほかにもあります。『週刊誌としては最大の発行部数に達した』という記述です。日本雑誌協会の発行部数データ( http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/FIPPJ/F/busuuB.htm#B3 )によると

ヤングジャンプ 114万部
ヤングマガジン 104万部
ビッグコミックオリジナル 103万部
ビッグコミック 68万部
モーニング 58万部
スピリッツ 46万部

と、スピリッツは週刊の男性向けコミック雑誌だけみてもベスト5にすら入っていない二線級の雑誌です。少年向けも入れるとベスト10にすら入れません。

内田樹氏が適当に書き散らしただけとしか思えない内容になぜkanose様がこだわるのかはわかりませんが、今のところ、客観的な資料は否定的なものばかりです。編集部の方針表明やインタビュー記事などで裏づけされたものであればともかく、あまりに無理があるとお考えにはなりませんか。

原 2005/06/09 19:41 「ご存じのように」とありますけど、『度胸星』が打ち切りというのは著者がインタビューで語っていましたけど、『ザ・ワールド・イズ・マイン』は打ち切りでしたっけ? ラスト直前の展開のスピードが速かったものの、打ち切りとは思えないのですが。

kanosekanose 2005/06/10 09:01 cyanoさん:内田氏の記事だけではなく、kajieさんのラインナップから見るとそう見えるという話に興味を持ち、その上で記事を書いた次第です。部数の話は自分も気になってました。っていうと後出しになっちゃいますが。ご指摘のように、スピリッツの部数を「最大」というのはさすがに無理があります。でも、部数の話は、こちらにコメントするより、自分で記事を書いて、TrackBackしたほうが内田ブログの読者に知らしめることになると思いますよ。■原さん:WIMの打ち切りって作者がインタビューで言ってませんでしたっけ? QJか何かであった気がするのですが…。

kajiekajie 2005/06/11 01:43 私はその日経新聞の広告を見ていないのですが、なぜ日経が選ばれたかと言うと、単純に段単価が朝日新聞とかより安くて、比較的安価に出せたから、といった理由なのかもしれません。これまた憶測ですが。

もちろん、就職活動ネタやフリーターネタをやっているから即既存読者の切捨てを図っているわけではないと私も思います。「東京エイティーズ」あたりで現在のメイン読者を安定させつつ、「中退アフロ田中」で若い読者を共感させて引き込み、世代の広がりを持たせようとしている・・・ということなんではと。

まーあるいは、書き手である漫画家自身がちょうどそういう年齢で周囲がフリーターみたいな人たちばかりだから、実体験に基づく漫画を描こうとしたら自然とプータロー的な話になってしまうのでは?という仮説も立てられそうです。

cyanocyano 2005/06/11 03:19 >>kanose様
自分のblogに詳細を記述することは検討します。ここで続けるのがご迷惑と言うことであればすぐにでもそうします。

>kajie様
憶測ばかりでは話になりません。安けりゃ何でもいいなんてのは広告戦略としてあまりに乱暴ですし、新聞の全面広告を選択した時点で何らかの意図があると考えるべきでしょう。

私はスピリッツのターゲットとする読者に学生が含まれることを否定しているわけではなく、若返りの一環として若者向けの作品に力を入れていることも否定していません。
資料面から言えば、スピリッツのメインの読者は10代後半から20代後半までの男性全般です。
作品傾向は学生向けもあれば社会人向けもあり、特定層に特に注力した布陣といえるほどの偏りがあるといえるかは疑問です。
ですから普通に考えればスピリッツのメインターゲットは「10代後半から20代全般の男性」などといった、特に驚くほどのこともない集団だと考えるのが妥当です。あるいはもっと年齢層を狭めることもできるでしょう。

にもかかわらず、内田氏は「驚く」ほど「ものすごく狭い幅」の読者層、すなわち「就活中、NEET、引きこもりなど」の男性読者がメインターゲットであるとしています。これを無根拠とする理由は既に述べました。

重要なのは、これが単に『若い男性読者』ではなく『「将来が決まらないでうじうじしている」若い男性読者』であるとしている点です。
kanose様もkajie様もこの点を混同されてはいませんか。そこのところで話がかみ合っていないように思えます。
これらを同列に扱う乱暴なカテゴライズには同意できません。

二太郎二太郎 2005/06/15 01:04 つうか、cyano氏のサイトは文字化けして読めず。というか、他のサイトのコメント欄で自己主張は格好わるく、自分のサイトでトラックバックして論じてください。終了。

2005-06-06

東浩紀・ほしおさなえ夫妻に娘さんが

渦状言論: 娘が産まれました

http://www.hirokiazuma.com/archives/000139.html

気になっていた名前は「汐音(しおね)」だそうだ。ギャルゲーライクな名前だけど、ほんとにギャルゲーから取ってるという(笑)。

ともあれ、無事出産おめでとうございます。

はてなアンテナ&RSSの公開・非公開設定の違い

また君か。@d.hatena はてなアンテナ&はてな RSS の公開・非公開設定

http://d.hatena.ne.jp/matakimika/20050605#p1

  • 自分がどんなサイトを登録しているか公開したくない場合、非公開設定にするのがよい。
  • 自分のサイト閲覧状況をサイト管理人に知られたくない場合、公開設定にするのがよい(ただし、マメにアクセスログを解析しているサイト管理人相手にはなにをやってもだいたい無駄)。

これ意外と意識されてない気がする。1日5000アクセスぐらいあるサイトだと、わからないだろうけど、1日100程度だったら、充分わかるよなあ。

同様にはてなブックマークは非公開にしていても、はてなブックマークから飛んだら、相手にわかってしまうと。

発言責任がないからブログは普及した

daydreambeliever

http://d.hatena.ne.jp/cachamai/20050601#p1

で知ったネタ。この手のことを考える際に貴重な資料になりそうなので全文引用。

大変そうですね

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/5829/1117558882/

1 名前: あさみ 投稿日: 2005/06/01(水) 02:01:22

なにやら、たくさんの論議が行われているみたいで…。

他人の文章に、そんなに憤りを感じるほど読み込んだり、一言一言を揚げ足取りみたいに解釈/解説したり。

みなさん、ずいぶんヒマですね。

確かにブログがすごく増えて、文章の巧い人・下手な人カンケーなく公表していて、公表するからにはある程度の責任とかエンターテーメント性とか、必要になってくると思うけど、

そんなの無視していられるからこれだけブログが普及したんじゃないのかなぁ。

それが一般的なHPとの違いかと思ってました。

だって、日記でしょう?名目は。

日記にしたって、どんな項目書こうが、頭で考えることって何ジャンルもあるし、自由じゃないかな。

日常会話でも、ちょっと意見や思想が違うと、ここまでヤリ込んで議論したりしてるのかなぁ。

それなら、そういう質の人と思えるからアレだけど。

頭の中や身体の中から、言葉にして書くことでストレスって減ると思うし。

そういうのがまさに“吐き出す”作業だし。

んー、なんだかなぁ。

こういう争いって全然、実生活に活きないカンジ。

柳さんのページ、わたしは好きですよ。

興味ないテーマの時は読み飛ばしたりするけど。

コバさんの意見が、たぶん真っ当に実生活で生活できてる人の意見だと思います。

だって、普通に日常生きてたら、こんなに執拗にネット内のことになんてかまってられないもん。

あんまり長く続いて、見てるわたしも飽きてきたので、わざわざ書き込んでみました。

あまりに斜め上45度いってる発想にくらくらするが、世の中こう思っている人が意外にいそうで怖い。気軽にブログを始めて、トラブルを生まないことを祈る。無理だろうけど。

この書き込みには前振りがあるんだけど、もう終わっている話なので、とりあえずアンカーとしてこれだけを。

関連:mixiから来たよ

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/5829/1117141224/

中島哲也氏の新作映画

新聞広告を見るまで知らなかったんだけど『嫌われ松子の一生』が新作だったのか。

http://www.toho.co.jp/movienews/0504/10matsuko_sh.html

中谷美紀が不倫、風俗嬢、殺人…演じる - nikkansports.com > 芸能ニュース

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050425-0013.html

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫) 嫌われ松子の一生 (下) (幻冬舎文庫)

原作はこれなんだけど、粗筋を読んでも興味湧かない…。

竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)

これの『少女漫画無宿 涙のランチョン日記』思い出した。

アキバ系は狙い目らしい

世界の果ての崖っぷちで 秋葉系が良いらしい

http://d.hatena.ne.jp/Iron-9/20050605#geek

「いま秋葉系が良いらしいよ。……うん。秋葉系。雑誌に書いてあった。……そう、秋葉系が良いみたい、最近。……そうそう。でも、そうだよねぇ。秋葉系なんだよねぇ。……でも狙い目らしいよ、今。……そう、だけど流行ってるみたい」

こうして世界はだまされる。

江川達也氏がアバターをデザインした『Jenka』

Jenka - 夢を持つ「オトナのため」のアバターコミュニティサイト

http://www.jenka.com/index.do

http://insomnia.jp/days/archives/e20050523_1805.phpより]

細かくは見てはないんだけど、ブログやコミュニティ、足跡機能などがある模様。SNSに従来のアバターをいれた感じなのだろうか。

江川達也センセのアバタ(Jenka) | ちょっと寄り道。。。

http://seiru-akino.ameblo.jp/entry-6d5d82ba6c6f6d395b0100a61081a842.html

こちらによれば、メッセンジャーをインストールされるらしい。うわー、面倒。

オオツネさんヲチ

otsuneの日記 - id:bmpさんとid:jounoさんの無粋マジレスバトルが不発に

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20050604/p2

最近、はてなダイアリーの真面目な人をいじるのが生き甲斐にしか見えないオオツネさん。

あと一番の狙いは渋谷系 - えーと各自持ち帰り(http://d.hatena.ne.jp/bmp/20050605/1117977135)での

あとjounoさんの突っ込みは

ちと俺にはどうしようもないというか

交わしようが無かったんですよ。

というホンネ暴露が聞けたので個人的には納得した。

同じく一票。

大元:渋谷系 - プレイヤーモデリング

http://d.hatena.ne.jp/bmp/20050603/1117763656

それにオオツネさんが上でツッコミ。jounoさんが反応。

note of vermilion

http://d.hatena.ne.jp/jouno/20050604

?D 大和但馬屋日記 - くだらない横槍ですが(エクスキューズミー)

http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20050605/excuse

適宜覚書はてな異本 - ネタをネタと分からん奴はというフレーズ

http://d.hatena.ne.jp/dacs/20050605/1117936679

興味メモ - ブログ

http://d.hatena.ne.jp/kyoumoe/20050605/1117936027

こういうじわじわと広がっていく論争を「炭火論争」と名づけたい。

新たなる言葉が。

内田樹氏、朝日の記者に発言をいじられる

内田樹の研究室: 文体について

http://blog.tatsuru.com/archives/001028.php

朝日新聞での記事に、自分の発言のチェックを入れたら、そんなに直されると困るといわれたという話。そうか、内田樹氏ほどでも、まだまだ「先生様」にはなってないんだなあ。

本題の

書き手が読み手に対してどのような種類の距離感や親疎の感覚や敬意や興味を抱いているかを表すのは文体である。

あたりに関してはごもっともというか。

はてなブックマークは新手のime.nuだった

はてなダイアリーでリンクしたくない時って、h抜いたり、いろいろする訳だけど、はてなブックマークを経由すればいいということに気付いた。要は頭に「http://b.hatena.ne.jp/entry/」をつけると。

はてなダイアリー内部言及をしても、はてなブックマーク経由なら、自動TrackBackも飛ばない。そして言及しているはてなダイアリーも見つけられて便利。

これって、mixiでリンクする時も便利だよなあ…。

ただし、はてなIDでログインしてないと、一人もブックマークしてないURLはリンクが出ないのでダメ。

2005-06-05

おもちゃネタ

GUNDAM FIX FIGURATION  #0026 RX-78 Ver.Ka

GUNDAM FIX FIGURATION #0026 RX-78 Ver.Ka


出そうで出てなかったアイテムが。

ZEONOGRAPHY #3008 グフカスタム

ZEONOGRAPHY #3008 グフカスタム


ジオノグラフィーってわざと人気MSはずしている気がしてたんだけど、正統派だ。

ZEONOGRAPHY #3007 アクトザク(ザクフリッパー)

ZEONOGRAPHY #3007 アクトザク(ザクフリッパー)


これとかイヤガラセにしか思えなかったもんなあ(笑)。

MSIAは映画公開記念でZのアイテムが多いなあ。

EXTENDED MS IN ACTION!! Zガンダム

EXTENDED MS IN ACTION!! Zガンダム


MS IN ACTION!! ハイザック

MS IN ACTION!! ハイザック


MS IN ACTION!! ガルバルディβ

MS IN ACTION!! ガルバルディβ


ケロロ軍曹のIAが9月に。MSIAの武器が持たせられるらしい。

ケロロ軍曹 ケロロ IN ACTION!! ケロロ軍曹

ケロロ軍曹 ケロロ IN ACTION!! ケロロ軍曹


ケロロ軍曹 ケロロ IN ACTION!! ギロロ伍長

ケロロ軍曹 ケロロ IN ACTION!! ギロロ伍長


リアルブログ脳内恋愛

はてな とあるサイトの管理人さんに本気で恋をしてしまいました。見たことも、声を聞いたこともありません。遠くに住んでいる人です。でも一日中その人のこと・・

http://www.hatena.ne.jp/1117848968

会ったことがない人に恋愛感情を持つというのはどうにもわからない…。で、この人、男性かと思ったら、女性だそうで。なんとなくブログ脳内恋愛は男性の方が多いのでは…と思っていたが、そうでもないらしい。

はてな 【今夜の晩御飯】巨大なしょうがの塊があります。普段私の料理に微塵の期待も寄せていない彼氏が何を間違えたか「これで魚の煮物作って」と言って来ま・・

http://www.hatena.ne.jp/1100859722

前にこんな質問をしていた。

この人の回答したものから知った面白い質問。

はてな 今までの最低恋愛経験を教えてください。(ニュアンスはココリコミラクルタイプに 投稿されるようなお話がいいです。)

http://www.hatena.ne.jp/1110043656

はてな 大好きな女性がいて、その女性から、あなたが、「あなたのこと好きです。付き合ってあげる」と言われたとします。舞い上がるほどうれしかったのですが・・

http://www.hatena.ne.jp/1109205328

古田敦也氏の微笑ましい光景

結構前だけど書き忘れていたネタ。

So-net blog:古田敦也公式ブログ:悶絶2

http://blog.so-net.ne.jp/atsuya-furuta/2005-05-11

休みの間、試合を観戦していて、観客に無理矢理サインをする古田選手(笑)。

ヤクルト・スワローズ*愛:古田さん!私です!【古田登録抹消篇 - Vol. 7 (2) 】

http://blog.livedoor.jp/yagudin072/archives/21260145.html#top

そして、サインをした相手の人がブログを書いていたというオチ。

辻真先氏の1981年の小説に「おたく」表記

http://d.hatena.ne.jp/gkmond/20050426/p3

岡田斗司夫氏は『マクロス』で使われていた「おたく」という呼び方を、当時のファンたちが格好良いと思って使っていたという説を主張していたけど、純粋なSFファンからの椰揄だったという説があるそうだ。

AnonCWDAnonCWD 2005/06/06 21:56 ちゃんと『オタク学入門』には,マクロス以前にSFコミュニティ(主にファンダム?)で使われており,岡田氏らの属していた関西コミュニティと,関東コミュニティの微妙なスペクトル差の話とか,スタジオぬえの人たちが,互いを「おたく」と呼んでいたこと,などが書いてあったと記憶しております.それを受けて高千穂氏が,氏が月刊アスキーで持っているコラム『高千穂遙の大混線“かかってきなさい”』において,ぬえ内で流行したとすれば,それは自分の癖が伝染した可能性が高い,その癖は自分が商家に育ったというおいたちの影響による,と指摘しています.
たぶん自分より詳しいかたが居るとは思うのですが(なんせ自分は’77生ですので),当時の他の作品を探せばまだいくらも出てくるのではないかと思います.自分の守備範囲でそのような作品としては,大和(眞也,出版社によっては真也)氏のコバルト文庫収録シリーズ作中で登場人物たちが「お宅」を多用しており,現在手元に無いので確認できないのですが,シリーズ化以前の作品『カッチン』でも使われていたような気がします.もし『カッチン』中にあれば,1978年の第1回奇想天外新人賞佳作入賞作ですので,『宇宙戦艦富嶽』以前の用例となります

kanosekanose 2005/06/07 00:05 岡田氏の説では「かっこいい呼び方」だったのが主体だったと記憶していたので、この椰揄だった説は面白いなーと思って紹介しました。他にも使っている作品があるというのは興味深いのですが、普通の用法としての「お宅」の可能性もあるから、切り分けが難しい気も。辻氏の小説の場合、アニメ研の人間が登場するような作品ということで、関連があると思いました。

atat 2005/06/07 01:19 『普通の用法としての「お宅」』が主体だった事は誰も否定しないんじゃないですか? 肯定的か否定的かと言う対立構造んの中だから「かっこいい呼び方」なんて表現が出てくるだけで、

AnonCWDAnonCWD 2005/06/08 12:12 kanose様,趣旨は承知致しました.自分も一応同趣向と判断したうえでのコメントでした(アニ研ではないですが,『カッチン』ではコンピュータ研サークルが出てきてライフゲームなぞやっとります.SF方面の雑誌の新人賞ですし).『マクロス』を起源とするのはそりゃ変だろ,というさらに別の例というコトで.
「おたくの起源」に関して複数の説があるのは承知の上ですが,『同人用語の基礎知識』の「純粋なSFファン〜一種の侮蔑的な呼称でもありました。」のネタ元もまた,自分の感じでは(「感じ」でしかないのですが)『オタク学入門』ではないかと(伝言ゲームの感もありますが)思われるのです.「呼称として“お宅”を使う連中」を「オタク」と呼ぶことについて,「スカした」だったか,そのようなニュアンスを含んだ文があったかという記憶があります.自分,岡田さんについて,『オタク学入門』以降の論旨の流れを掴んでいるわけではないので,そのへんでハズしてましたら堪忍

2005-06-04

はてなアンテナ登録の細かいデータ

clap your hands everybody!

http://d.hatena.ne.jp/skyclaps/20050523#1116844703

はてなダイアリーはてなアンテナ登録件数の細かいデータ。

なるほど、今までプライベート含めたアンテナ数だったのが、公開アンテナ数のみにチェンジしたのか。

映画『電車男』は普通にデート映画らしい

電車男の映画をミタ━━━(゜∀゜)━━━ッ!!! :小林Scrap Book http://blog.heartlogic.jp/archives/000615.html

ええ、『電車男』の映画ってオモシロ系じゃないんだ! 見る気力が萎えた。そういう方向の映画を見るのなら、松本美香氏がボロクソにいってる『オペレッタ狸御殿』のほうがいいのかもしれない。

http://www111.sakura.ne.jp/~matsumo2/

※逆に誉めている人

カトラー:katolerのマーケティング言論: オペレッタ狸御殿あるいは狸族の誕生

http://katoler.cocolog-nifty.com/marketing/2005/06/post_a78c.html

そこだ! アイドルのそこが好きだ! - 劇場版「電車男」はてな感想まとめ 公開初日

http://d.hatena.ne.jp/siken/20050604#densha

犬にかぶらせろ! - 映画『電車男』観てきた。

http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20050605/denshaotoko

この人がやられたというなんて!

映画は見てないけど、スレだと電車男が持っているというオタクアイテムは『セーラームーン』のエロ同人誌ぐらいだったような。あとは『ケロロ軍曹』見てるとか。20代前半の奴が『セーラームーン』かよ!と突っ込まれていた訳だけど、映画ではガンダム&押井ファンになっているようだ。まあ、いきなりギャルゲーポスターとかばんばん張ってあったらリアリティあるけど、退かれるわなあ…。

感想を読んでいたら、伊藤英明主演の『ブリスター』を思い出した。アクションフィギュア好きのオタクが、彼女を放り出して、レアなアクションフィギュアを探すという映画。結構面白くて好きだった。DVDを検索したら、今度1,313円なんて格安価格で出るんだ。

ペイントツールSAI

SYSTEMAX - ペイントツールSAI

http://www.systemax.jp/sai/

http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20050511/X68000spiritsより]

もともと、X68Kで開発されていたツールだそうだ。そういえば『教科書〜』で、パソ通時代のCGの話が載っていたんだけど、X68Kでのツールの話があまり載ってなくて(マチエールは当時憧れだった)、X68K関係はDoGAとかもあるから、個人制作が盛り上がったパソコンのシーンとして説明欲しかったなーと思いつつ、そういうのはもっと詳しい人がやるべきなのだろう。

X68000

http://www.wizforest.com/OldGood/X68k/

はてなセレブになりtaiその後

keyword:はてなセレブなんてところからTrackBackがあったので何事かと思ったら、はてなセレブ認定に。ユリイカに書いた人はセレブらしい(笑)。わはは、と笑っていたら、削除になったり復活したり。

はてなセレブ」って前に聞いたような…と思ったら、このキーワード作ったid:wugさんがネタにしてたんだよなあ。そしてid:wugさんはもうはてなを退会してるというオチ。

ARTIFACT@ハテナ系 はてなセレブになりtai

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050509#hatenaceleb

chromeGraphics::HATENA

http://d.hatena.ne.jp/chrome/20050604#p2

それは「ユリイカセレブン」だよ!という指摘。

はてなブックマークのコメント欄が

レシプロ機の戦いから、ジェット戦闘機の戦いになり、マッハの戦いと化している状況について。

RERO!! - コメント欄という不幸

http://d.hatena.ne.jp/laiso/20050604/com

オチンコロニー - そらね

http://d.hatena.ne.jp/tinpo/20050604/1117859724

学級委員長が学級会で爆弾投下してみたり

休み時間の便所でのオフレコのようなコメント。

「トイレで陰口してる人たちがいました!」と、

暴露する人まででてきたり。

はてな学級会として、中学生日記になる日も近い。

そういえば「空気を読めない人は、空気を読まなくてもいい立場の人に憧れるんですよ」という名言を思い出した。

2005-06-03

原文を読まずに他人のまとめを読んで反応する

2ちゃんねるの「終わり」とブログの今後 - nikkeibp.jp - from ガ島通信 メディア崩壊の現場を歩く

http://nikkeibp.weblogs.jp/gato/2005/06/2channel.html

2ちゃんねるがマスメディアにならなかったという見解に対しては、もともとなる気がないであろうものにならなかったとして何か言うのは筋違いだなあと思ったので、特にそれ以上突っ込む気はないんだけど、「2ちゃんねるの終わり」にまたisedでの議論が「2ちゃんねるが終わった論争」として引用されていたのでネタに。そういえば、SPA!でも「isedという識者の研究会では…」みたいな感じで引用されていたことも。

こうやって、ised@glocomは「2ちゃんねるの終わりについて話している」研究会だとどんどん思われて、あいつら学者はそんなことばっかり語っているんだよ、ハハハ、で処理されてしまうのかと思うと、「まとめサイト脳の恐怖」とかやはり言わないといけないのかなあとか思った。せめて北田暁大氏の第三回は読んで欲しいところ。

ised@glocom - ised議事録 - 倫理研第3回:議事録*1

http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/20050312

なお、上の記事で引用されているマトリックスオフの主催者によるコメントというのはこちらでの鈴木謙介氏の発言から。

http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/05090312#p1

第一回目の議事録が公開された時は特に強い反応のなかった2ちゃんねるネタが、

歌田明弘の『地球村の事件簿』: 「2ちゃんねるの時代は終わった」

http://blog.a-utada.com/chikyu/2004/12/post_2.html

でネタにされるといっせいに反応が出たというのは、あまりにも興味深い事例だった。何らかのクローズアップやフレームが作られないと、意見というのは広まりにくい訳で、こういった3秒ルールに対してどう対抗していくのか?というのは、常に課題となっていくのだろう。

ネットの動員

isedの議事録を読み直していて、ちょっと関連することに気付いたのでメモ。

ised@glocom - ised議事録 - 9. 倫理研第3回: 共同討議 第2部(1)

http://ised-glocom.g.hatena.ne.jp/ised/05090312#p1

世代論にしてしまう気はないんですが、少なくとも2ちゃんねるにアイロニー・ゲームを見出していたのは30代だけだと思っています。20代以下は、わりとカーニバル的な、つまりサッカーの応援と機能的に等価な祝祭へと雪崩こんでいった。その後2ちゃんねるの大規模オフは下火になったのですが、ブログやSNSなどを通じて、この動きは分散しつつも拡大しています。SNSのなかで起きていることはなかなか表に見えにくいのですが、たとえばmixiを通じてオフ会をやりますといったら、100人くらいが集まるのは容易になった。3年前だったら、2ちゃんねるのオフで50人集まったらそれこそ祭りでしたが、いま100人規模のオフでさえも頻繁に行われている状態です。つまり、閉じているけれども、それゆえに規模だけはどんどん大きくなっているという状況がある。

これは鈴木謙介氏の発言なんだけど、最近それを強く実感する。この頃、普段よく見ているようなネットコミュニティ界隈のイベントだけではなく、それ以外のコミュニティのイベントに行くんだけど、そういうところでもかなりの人が集まっている。

笑えるサイトナイト 〜人気サイト作者がトークセッションしちゃいます〜

http://note.fm72.com/event/

先日、このイベントに行ったんだけど、前売り券のみというちょっとハードルの高いイベントにも関わらず、ロフトプラスワンをほぼ満員にしていた。満員なので180人はいただろう。

なお、このイベントを知ったのは開催直前で、当日券があれば入ろうと思っていて、当日行ったら開場時間にならないと当日券は売れないというので、それならしょうがない、帰るかと思ったら、たまたまチケットが余っているという人がいたので売ってもらった。知らない人、ありがとう。

さて、このイベントに参加しているサイトは、

僕の見た秩序。

http://www.dfnt.net/t.html

母さん

http://mother.cside.com/

ダンカン

http://dancom.jp/

探偵ファイル

http://www.tanteifile.com/

といったサイトで、どれもかなりのアクセスを集めているサイト群だ。自分は、定期的に読むことはないけど、読んだことはあるという感じ。明確な数はReadMeに参加している『僕の見た秩序。』ぐらいしかわからないのだが、ユニークで1日平均4万はある。

http://s.readmej.com/m/tatsuki_y/hotmail.com

さて、これだけ人数を集めているイベントなのに、ブログ検索エンジンで「笑えるサイトナイト」を検索しても、言及しているサイトは少ない。ブログとこういったサイト界隈の相性はかなり悪いようだ。

公開サイトのイベントであっても、こういった不可視化というのはたくさんある訳で、首都圏ならネットを使って、100人ぐらい集めるというのは、もはやあまり不思議ではない光景だ。

ただ、この東京圏での人の集まりやすさに関して、「ロフトプラスワン」という特殊な場所があるからというのは大きいんだろうけど。

はてなポータル

いろいろ反応があったのでまとめて。

gobbledygook - はてなポータル?

http://d.hatena.ne.jp/adramine/20050530/1117424130

はてなアイデアなどの案などを整理している。

香雪ジャーナル

http://d.hatena.ne.jp/yukatti/20050602

様々な点を取り上げた力作。

なお、isedの自分の講演で、アクセスコントロールに関しては議論はあまり出なかったです。具体的なアクセスコントロール方法ではなく、アクセスコントロールをどういう人が必要としているのか?という方にいってしまったので。具体的な話になると設計研の領域になるし。

Gadara∵Diary - はてなポータル構想

http://d.hatena.ne.jp/gadaraorg/20050531/1117526272

Gadara∵Diary - ?P構想……コミュニティ機能の発展や複数idについて

http://d.hatena.ne.jp/gadaraorg/20050603/1117725818

自分の意見は大体そんな感じです。「機能が増えて使いにくい」→「ポータル欲しい」→「ついでにいろいろ機能を取り込むのはどうだろう」ってところで。

?D 大和但馬屋日記 - はてな語り解禁

http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20050602/hatenagatari

「アクセスコントロールが欲しいのならmixiにいけばいいのでは?」という疑問に対して。

Gadara∵Diary - ?P構想……偽はてなポータル

http://d.hatena.ne.jp/gadaraorg/20050604/1117813201

偽はてなポータル

http://gadara.org/

お、具体的なイメージが。

iMacと竹笛のゆらめき - はてな羅針盤 Ver. 0.1

http://d.hatena.ne.jp/Yuny/20050527/p1

はてなの全サービスへのリンクファイル。

考えてみると、RSSを使えば、便利なものが個人で作れそうな気がしてきた。

振り返ってみて

mixi化というのはmixiのいいところ(特にビジュアル面に関して)を取り入れるってのはありじゃない?ってのが主眼で、マイミクとか足あと機能みたいな繋がりを強化するもののトラブルを生みやすいものは考えてなかった。

で、adramineさんが指摘しているように、ポータルは公開するものなのか、それとも自分だけしか見えないものなのか?というのを、きちんと明言してなかったんだけど、これに関しては基本は自分だけに見えるもの(My Yahooみたいなの)を想定していた。mixiのプロフィールページと書いたので、mixiを使っている人にはわかるだろうと思って触れなかったんだけど、mixiのプロフィールページは自分と他人では見え方が違う。

また、プロフィールページに関しては、はてなダイアリーのaboutの拡張というのも考えていた。でも、これだとはてなダイアリーを書いていることが前提になってしまうけど。

あと、コミュニティに関して。なぜコミュニティというのにこだわったかというと、現在のはてなグループのように「もう一つ別の日記がある」ではなく、「みんなが見る公的な場」というものがあったほうが、またもう一つ違う展開ができるのではないだろうか?と考えたから。掲示板というのは、特に誰が主役ではない場所だし、自由に発言できる場所ではないんだけど、日記と違って、たまにぶらりと発言することが許される場所だ。そういった方が緩い繋がりを作りやすいんじゃないかなあと思ったので。もちろん、これはこれで新たなトラブルを生むだろうけど。

あと、こういった機能は、全部自分が欲しい機能という訳ではない。はてなの会員を増やすのなら、いろいろなスタンスの人を飲み込める場所になったほうがいいだろうと思ったので書いたと。

ガ島通信PV話その後

カレーとご飯の神隠し:◆アクセス数とPV数

http://blog.livedoor.jp/f_117/archives/23520037.html

ガ島通信:アクセス数の計測方法を間違えていました

http://blog.livedoor.jp/zentoku2246/archives/23508942.html

忍者カウンターの設置の仕方がまちがって二重カウントになっていたそうだ。

ブログデザインを考える

ブログというと、どうしてもソリッドになって、アナログさがなくなるけど、そうでないものを。

cat@log

http://catalog.typepad.jp/

Typepadでもここまでカスタマイズできるんだなあ。ソリッドではないデザインとして。

otomelonica

http://otomelonica.ciao.jp/

こっちはブログツールを使っている訳ではないんだけど、参考になりそうなので。

昔、mixi大嫌いでした

mixiの本

mixiの本

http://www.aspect.co.jp/np/details.do?goods_id=593

私は、「mixi」が大嫌いでした。「ミクシィ」なんて不思議な単語が耳に入るたび、「どこが面白いんだッ、所詮仲間うちの馴れ合いじゃないか!」と苦々しく思ったものです――もちろん、これはmixiを本格的に使う前の話。いま思えば「いいなぁ、楽しそうで」という羨ましさでいっぱいだったんだねえ、と懐かしく思い出します。

野田幾子氏の後書きより。mixiやったことないけど嫌い、っていう人はよく見かけるけど、全員じゃないにしても、こういう人は結構いそうだ。

関連:mixiからの疎外感

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20041224#mixisogai

*1TrackBack飛ばしたいのでg.hatena.jpにしてる

2005-06-01

アニメのDVD-BOX

相変わらずいろいろ出るようで。『ガオガイガー』って出てなかったんだ、意外。

勇者王ガオガイガー DVD-BOX

勇者王ガオガイガー DVD-BOX


姫ちゃんのリボン DVD BOX 1

姫ちゃんのリボン DVD BOX 1


カードキャプターさくら DVD-BOX 2

カードキャプターさくら DVD-BOX 2


新竹取物語 1000年女王 DVD-BOX

新竹取物語 1000年女王 DVD-BOX


しかし、一番驚いたのはこれだった。さすが戦後60年…。

アニメンタリー決断 DVD-BOX

アニメンタリー決断 DVD-BOX


80年代懐かしテレビドラマDVD-BOX

『セーラー服反逆同盟』までBOXになってたとは。

セーラー服反逆同盟 DVD-BOX

セーラー服反逆同盟 DVD-BOX



来来 ! キョンシーズ DVD-BOX

来来 ! キョンシーズ DVD-BOX


コジャック』見てないから見てみたいなあ。


『ルーツ』も話題になった当時は子供だったので見てなかった。今見ると面白そうなので。

ルーツ コレクターズBOX [DVD]

ルーツ コレクターズBOX [DVD]


以下は再販なんだけど気になった映画。『ストリート・オブ・ファイヤー』って何回も再販してるんだけど。『ストリート・オブ・ファイヤー』パチモン映画の『花のあすか組』のDVDも出ないかなあ。



アフィリエイトの有料情報を買った人の話

全力ブログ: アフィリエイトって知ってますか

http://zenryokuhp.com/blog/archives/2005/04/post_102.html

この有料情報が役立つかどうかはともかく、アフィリエイトに関しては、有効な作戦というのは結構当たり前の話でしかない。しかし、その当たり前な作戦をいかに愚直に続けられるか?のがポイント。さぼらずに続けた人が勝利者。たとえば、更新頻度がばらばらなところは定期読者がつきにくい。それだけですでに機会損失をしている。

もちろん、これはアフィリエイトを重視してサイト運営をしている人の話であって、趣味の人には関係ない話だけど。

はてなポータル構想

Gadara∵Diary - はてなポータル構想

http://d.hatena.ne.jp/gadaraorg/20050531/1117526272

より具体的な仕様を考えている人が。ポータルは、モジュールでカスタマイズというのが現実的か。初心者向けにはチェックボックスでON/OFF、詳しい人は自分でモジュールを登録、デザインするという感じかなあ。

マイミク機能は反対。前にも書いたけど、公開の場でマイミクをやったら、それは相互リンクでしかないので。

局所的なプライベート機能のためには、ヘタにはてな記述でやるより、1日に何回もエントリーが書けるブログモードが必要だと思う。

interrupted train ブログモードにはしない

http://d.hatena.ne.jp/mohri/20050530#hatenaisnotblogyet

はてなアイデア - 見出し(div.section)単位での擬似的なものでなく、完全な日記エントリ(div.day)を1日に何個も立てれる本格的な「ブログ」モード。

http://i.hatena.ne.jp/idea/2149

という訳ではてなアイデアでベットしてみた。

「わくわく☆ドキドキするブログ!? もうないっすよ。」

「最近、ブログつまんなくね?」

「わくわく☆ドキドキするブログ!? もうないっすよ。」

「なんだか、みんなブログに踊らされてない?」

「ブログ飽和時代、突入??」

「すんげえ人気のブログって、ホントのところどうなの?」

「だったらオレが変えちゃおっかな、なんて。」

ARTIFACT ―人工事実― | とにかくクリエイターになりたいんです!

http://artifact-jp.com/mt/archives/200308/creator.html

ここで作ったコピペを今一度。元ネタは『CONTINUE』Vol.11の表3のバンタン電脳情報学院の広告。

松本美香氏による『オペレッタ狸御殿』の酷評

http://www111.sakura.ne.jp/~matsumo2/

この映画製作に関わった人たち全員が何らかの形でひとり1800円づつ損しますように。そう願わずにはいられない。呪。呪。呪。

というぐらい呪ってる。鈴木清順監督作品にはほとんど興味ないのに、逆に興味湧いちゃったよ!(デビルマンパターン)

株式会社ニート

http://www.neat21.co.jp/

http://240.ameblo.jp/より]

最初、株式会社ひきこもり(検索してみたらひっかからないので名前違うっぽいんだけど)と同じで映画かなにかの特設サイトかと思った…。「NEAT」はラテン語であるそうだ。

はてなダイアリーでの新しいアピール

お気に入りの人のダイアリーにコメントを書いたり、TrackBackを送るのは恥ずかしいから、キーワードを工夫しておとなり日記になるよう努力する。き、気付かなさそう…。

はてなカラーギャング

はてなブックマークのコメント欄には常にピリピリした空気が漂っている。そう、そこはSHIBUYAやIKEBUKUROのように、チーム同士の抗争が行われている。そのチームは、はてなブックマークのヘッダーの色で決まっているのだ。表からは見えないが、実はコメント欄でのやりとりに色が関わっていることが薄々みんなも気付いていることだろう。最大勢力はもちろんブルーである。しかし、そろそろブルーも分裂騒動が起きるという噂だ。

というネタはさておき、ヘッダーの色で「この色はネタ系ニュース集める人」とかあると面白いかも。

キーワード

otsuneの日記 - 「カカクメソッド」キーワード論争が起こるとこういう展開になる。という分析

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20050531/p4

電車男パロディのAVは出てないんだろうか

ARTIFACT ―人工事実― | 『電車男』の映画はすごいらしい

http://artifact-jp.com/mt/archives/200505/trainmanthemovie.html

コメントで後日談はAVメーカーが版権取得に動いているというネタを書いたけど、考えてみたら、AVメーカーはそんな版権なぞ気にしない会社多数なので、「エロ電車男」とかなんかそんな安直なタイトルの企画AVが出てそうな気がした。あと風俗店も。

と思っていたら、コメント欄で情報もらいました。どうもありがとうございます。

電車男、AVもがんばれっ!」 - [アダルトビデオ]All About

http://allabout.co.jp/entertainment/adultvideo/closeup/CU20050519A/index.htm

オタク系AVを作ってきた二村ヒトシ監督によるもので『電車男の接吻とセックス』というタイトルだそうだ。この記事だと商標に配慮して、エルメスが伏せ字になっているけど*1、そういえば『電車男』ってその辺気遣われてないなあ。メーカーの方のエルメスは特に気にしてない?

*1:「ララァ専用モビルアーマー」という説明が懐かしい

電車AV電車AV 2005/06/01 01:34 あの話題作があのオタク監督で完全AV化! 「電車男、AVもがんばれっ!」
http://allabout.co.jp/entertainment/adultvideo/closeup/CU20050519A/index.htm

7月発売だそうです。

DocSeriDocSeri 2005/06/01 08:52 ヘッダ色分析はhttp://d.hatena.ne.jp/sugio/19000102なんかがあります。

damazedamaze 2005/06/01 10:12 花電車男ってのはどうでしょうか。
オタクなもんで見てるだけで乗れなくても満足しちゃうの。

rnarna 2005/06/01 14:53 「電車男前から後ろから」

kanosekanose 2005/06/01 23:03 ここは電車男AVのタイトルを考える場所になりました。

kanosekanose 2005/06/02 02:28 ? ハッカーズのことでしょうか?

jjjj 2005/06/02 02:59 ネットでは検索しても(何故か)出てこないんですが、
前の職場に「ニートファクトリー」とかいう会社の名前が
書かれた書類がありました。
ニート製作所かよ、と笑っちゃいましたが。

tmatsutmatsu 2005/06/02 13:44 ガオガイガーのDVD-BOXは一度発売されてます。絶版になってましたが、今回改めて発売となりました。
http://www.gaogaigar.net/FINAL/products.html

スープスープ 2005/06/03 01:23 元々neetってneatにひっかけて生まれた単語だと思うのですけどどうなんでしょ。統計の上で生まれた単語だけど、そういうもじりって結構あるしなあ。