Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2005-07-31

『serial experiments lain』のDVD-BOX、9/22発売

serial experiments lain TV-BOX [DVD]

serial experiments lain TV-BOX [DVD]

13話約1万円と安い。今見直してみると面白い発見あるかもなあ。

トンデモ本的に気になる

日本壊死―新しき人目覚めよ

日本壊死―新しき人目覚めよ

船井幸雄+副島隆彦というあまりに魅力的な強力タッグ。Amazonのレビューを読んでも、あんまり内容を想像できない辺りも魅力的。

オタクとサブカルが揉めて、Rock.jpが解散したという都市伝説

人から、オタクとサブカルが揉めた結果、Rock.jp自体も解散になったと聞いたと言われて、なんじゃそりゃと思っていたのだが、どうもそのベースはここにあるらしい。

Beltorchicca

http://www14.big.or.jp/~onmars/index.cgi?date=2005.05.15&pass=

同僚「ねえ、今サブカルとオタクがケンカしてるんでしょ?」

私「え?よくしってんね!」

同僚「モーリさんって人しってる?」

私「翔泳社の?」

同僚「Rock.jpやってる人。私飛行機で下北QUEに通ってた子だからさー」

私「たぶん同一人物です」

同僚「なんかねー、モーリさんの友達かだれかがそういうケンカしてもりあがってるんだって」

私「あれ、そういう話で広まってるんだー」

同僚「これってクイック・ジャパンとかリラックスとかに載るかなあ?」

私「そんなストリートと無縁のカルチャーは載らないと思うよー」

同僚「へえ、私が知ってるくらいだからすごいビッグなムーブメントなのかと思ってたよ。でもサブカルもオタクも一緒じゃんね?」

私「私たちにとってはねー」

今となっては興味深い会話に(笑)。ストリートと無縁なユリイカに載ったよ!

ネットでよく見かける感情発露

9bit confusion - 一応こういうのも返答しておいた方がいいのかな

http://gmk.9bit.org/note/050731-ignoramus.htm

あと、「怒ってない」と言いつつ「謝罪しない」というのは、微妙に矛盾をはらんでいるような気がしなくもない。そもそも誰も謝罪しろなんて言ってないのに自分から謝罪という言葉を持ち出したら、他人に理不尽な怒りをぶつけたことを認めているようなものだし、それに今は謝罪しなければいけない状況なのかと心の中で葛藤しているのがバレバレになるからね。

これって、もともと感情が元なのに、それを論理で隠そうとしていたから、そういうほころびが出たのかなあと妄想。

はてなRSSのインターフェイスについて

シナトラ千代子 - はてなが今後もゴーゴーであるべき理由

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20050718/p1

今更だけど反応。はてなRSSBloglinesと違う表示スタイルなので馴染めないという意見。

なお、自分は完全に逆で、Bloglinesのあの表示スタイルがいやで使ってない。それは、最初に使っていたアプリケーションベースのRSSリーダーはカテゴリー別に登録し、どのブログであっても新規の記事が一番上に表示されるというスタイルで、それに馴染んでいたからだ。

なのでnaoyaさんの作ったRssRolling(http://rr.bloghackers.net/)のスタイルが好きで、WebベースのこういうRSSリーダーがあればなあと思っていたので、はてなRSSはまさに待望していたものだった。

Bloglinesのスタイルの問題点として、一つのカテゴリーに多数のブログを登録すると、一番下のブログを見に行くのが大変億劫になる。結果的に左のメニューからそのブログを直接選択することになるだろう。

思い出したけど、Bloglinesのようにカテゴリーを展開すると各ブログが見えるというインターフェイスはいいと思う。はてなRSSだと、カテゴリーが増えると、ブログ名リストのところまで行くのが大変になるので。

あと、概要にURLのような折り返しができないものが表示されるとメニューが下に回ってしまうという現象は解決して欲しいな。ってはてなアイデアにあるんだろうか。

2005-07-30

『宮武一貴 マクロス&オーガスデザインワークス』

宮武一貴 マクロス&オーガスデザインワークス

宮武一貴 マクロス&オーガスデザインワークス

3000円と高いので悩んだのだが買ってみた。オールモノクロでほんとに設定資料だけ。ムービックのこのシリーズはそういうものだが、割高感は否めない。宮武デザイン艦船が大好きな人なら。

コミュニケーションの可視化が起こす問題

アンテナ派閥話に関連して、刺身さん(id:a666666)のmixiの日記で興味深い話があった。どこにでも転載オッケーだそうなので転載してみる。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=24628766&owner_id=9280

2005年07月05日

01:25

・インターネットは人気者とのけ者の構図をリセットできるツールじゃなかった話

オフラインの人気者を恨めしく見ていたのけ者がインターネットにこぞって集まった結果、その集団の中でやっぱり人気者とのけ者が出てきてしまって才能ある人気者はより栄え才能のないのけ者はより孤独になっていく構図はどんなに社会の単位が細分化しても起こりうるものなんだろうなあと思った。

なんかモヒカン族とかはてなレスラーとか、人気者な人たちは楽しそうでいいなあと。それを心底うらやましいと思いつつ眺めてる自分がすごいデジャヴだぜと思ってあーこれはスラムダンク全盛期にクラスの男子の90%がバスケ部だった中学一年と同じような感覚なのだなあと思った。人気者、主流派のグループに入れない男子卓球部所属の俺。

最近ネットで起こる出来事を見ていて、ぼんやりと考えていたことはこんなことだった。「場」が出来れば、人が集まるところ、集まらないところはどうしてもできてしまう。以下に書くことは長文だが思考メモなので、まとまりとか流れとか読みやすさは全然考えてない。

リアルとネット

ネットというのは、現実社会で疎外されていると思った人たちの楽園だった。自分も、ネットを通して、普通に生きているだけでは知り合えなかっただろう人たちと出会えた。それまで、人と知り合う機会は住んでいるところ、通っている学校や勤めている会社といった場に規定されていたが、ネットはマイナーな価値観を持っている人同士をマッチングするのに長けていたからだ。

しかし、ネットの一般化は、ネットに現実社会と同じルール・価値観を持ち込むこととなった。その上、ブログやSNSなど、コミュニケーション部分を強化したツール、サービスの登場によって、この構図はどんどん強化されている。

現実社会の方からネット世界へのアプローチも増え、芸能人や会社経営者など、現実社会の権威、人気を持ち込む人も増えてきた。以前ユリイカのブログ作法特集の対談記事で鈴木謙介氏が指摘していたように、ブログは現実世界の人気者をより人気者にするツールとなっている。

※参考

おれはおまえのパパじゃない - ネットはリアルへの足がかりなのか

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050524/1116947223

おれはおまえのパパじゃない - ネットとリアル

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050526/1117112248

おれはおまえのパパじゃない - ネットとリアル 2

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050619/1119143610

細分化

一般化によって「場の細分化」(島宇宙化)がどんどん進み、場によるプチカリスマが生まれていく。プチカリスマがその場の中心を作っていく。

※参考 ARTIFACT ―人工事実― | ネットの中心を見出す中華思想

http://artifact-jp.com/mt/archives/200403/netsinocentrism.html

その細分化された場の中でも主流派、非主流派は生まれる。現実社会で疎外されていると思った人が、ネットでも疎外されていると感じた時、逃げ場はどこにあるのだろうか。

現在のメディア状況では「地上波テレビ」が最強(一番数が多くの人が信じる)の中心だが、この最強の中心はネットにもどんどん影響を及ぼしている。どちらも「無料で楽しめる」という点で同じだからだ。「受動」で楽しめるテレビの情報を、「能動」で楽しむネットを使って補完する。

「人気」の可視化

はてなアンテナ登録数やSNSのフレンド登録数を、「人気の可視化」と見る人が出ることは避けられない。自分もはてなアンテナ登録数ランキングは面白いと思って見ている。でも、それはある一面のデータであって、自分が好きかどうかにそれを影響させる気はない。いくら、たくさんの人が読んでいても興味がないものはなかったりする。

こうやってランキングで可視化されたデータを、テレビの視聴率や、コンテンツの売上、携帯電話のメモリー登録数を友達の数と考える人がいるように、絶対視していくのが問題なのだ。人気ランキング以外の評価基準を抑圧していく。

価値観の多様化とよくいわれているが、実際にはそういう状況に耐えられないのだ。ネットは価値観を多様化するとよく言われているが、情報伝達力の強さのために、価値観の統一化をはかっているのではないか。

アンテナ派閥話は、アンテナ登録数などが個体認識できる数だから起こってくる。100以上ぐらいになれば個体認識でないが、10や20だと個体認識できてしまうため、誰が外したのかなどがわかってしまうからだ。登録数が少なければ少ないほど、登録一つがどんどん重い意味を持ってくる。

友人との親密度を視覚化する『ソーシャル・ファブリック』

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050712205.html

以前Hot Wiredでこんな記事が出ていたが、こういうものが出来るとどんどん息苦しくなるんじゃないかと思ってる。これって、ホストやキャバクラ嬢の人たちが仕事としてやっていることを、みんなもやりましょう、ってことだ。

大人であっても振り回されるんだから、これが小中学生だったら…。現状のシステムとほぼ似た感じの小中学生向けSNSがあったとしたら、フレンド登録数をクラスの人間の人気が可視化されたと考える人間が多数だろう。これは、スクールカーストの強化になることは間違いない。

こういったことへの対策はできないんだろうか、人間関係のアナログさを表現することはできないんだろうかと考えていたんだけど、登録する/しないという0か1を選ぶ行為である限り、どうしようもないのかも。

なので、その人との「距離感」を数値化し、その数値を様々な場面に利用するというアイデアを考えてみた。初期値は誰とでも0。で、メールやら何やらで相手にコンタクトを取ったら、少しずつその数値が上がっていく。そのコンタクトへの反応があったら、ボーナスポイントがつく。コンタクトの頻度が高い人ほど、リストの上位にくる。以前、コンタクトを取ったけど、その後かなりコンタクトを取ってない人がいたら、教えてくれたりする。

って、これはソーシャル・ファブリックと同じシステムだ! 大体ずっと連絡を取ってなくても仲の良い友達とかいる訳で、コミュニケーションにはそういう曖昧さがあり、様々なレイヤーがあるのを、すべて同一線上で扱えると考えること自体が傲慢だ。システムとして考えてみるのは楽しいんだけどね…。

はてなアンテナによる派閥の可視化

一部の女子の間では、はてなアンテナはこのように使われているらしい。

  • はてなアンテナの登録リストを見て所属している派閥を判断
  • 相手がアンテナ登録したらこちらも登録しなければならない
  • 相手が外したらもちろんこちらも外す
  • アンテナ被登録数は常にチェック
  • 自分の被登録数を、気に食わない相手の被登録数が抜いたら「負け」
  • 自分の気に入らない日記をアンテナに登録している他人に「外せ」と言う

こうして、はてなアンテナは派閥勢力図となっているのだ。

この監視社会の中で穏便に生きるために、アンテナもBloglinesも公開しない人が多い。

もちろんmixiのマイミクも同じように使われていることは言うまでもない。

※補足

刺身☆ブーメラン(なぜかid:a666666)のはてなダイアリー - はてなアンテナ派閥話って、テキストサイトの相互リンクとかと似てるような

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050731/1122749693

この話、別に女性だけではないと書こうと思ったものの、実例が思い浮かばなかったんだけど、いい実例が。確かにテキストサイトの相互リンクではそういうことがあったと思う。これは個人ニュースサイト圏内での話なのだが、去年ぐらいにAさんがBさんの悪口を言って、Bさんと仲の良いCさんのサイトからAさんへのリンクがなくなったという実例もあった。

はてなWatch

http://childtv.org/hatenaw/

これを使うと、アンテナを登録した人、はずした人が簡単にわかる。監視ツール!

urouro360urouro360 2005/07/30 03:17 「自分の気に入らない日記をアンテナに登録している他人に「外せ」と言う」この場合の「他人」とは、「自分」とも「自分の気に入らない日記」書き手とも異なる、無関係の第三者ですか?派閥と言うからには、全員がある程度の交流を持つ関係なのでしょうか。▼「あたしー、あんたみたいな人間にアンテナ登録とかされたくないんだけどー」みたいなこと言われたらむかつくだろうなーと思って笑ってしまいました。

kanosekanose 2005/07/30 07:25 はい、無関係の第三者です。交流があるというか、お互いを認識はしているみたいな感じ。

kanosekanose 2005/07/30 11:51 ブログがはてなダイアリーでない人もいますので

FuetaroFuetaro 2005/07/30 20:07 今下北で飲んでるよん。

kanosekanose 2005/07/31 10:39 あ、いつもはてブとかで嫌味なコメントを書くのを生き甲斐にしている人がきてますね!
ちなみに昔からあった問題でも、それが一部の人だけしか実感できなかったものが、一般化して、いろいろな人の身に降りかかってくると、また次の段階になるし、新しい要因も絡んでくるので、再度考えることは意味があると考えてます。たとえば、無断リンクの話が、SNSのような簡易なアクセスコントロールがなかった時代とある時代では話がまた変わるように。

cavoritecavorite 2005/07/31 12:12 生き甲斐にはしていませんよっ!

次の段階にはまったく進んでいません。再発見されるたびに次第に後退しています。
さらに、ネットが細分化され、体験が共有されることがなくなったので、次の段階に進む可能性はどんどん低下しています。ま、この点にも「一般化」波動が押し寄せてきているのだということですね。そして、「一般化」により、それについて考えることすらしなくなっていることもあるね。
ああ、この話、1994年頃にも書いたぞ...........という愚痴も、すでに1997年にしている.......

kanosekanose 2005/07/31 12:43 過去にも言ったという場合は、昔書いた文章をリンクしたり、再度アップすると、他の人のためになると思います。まず率先して自らの知識を周りに継承するというのはどうでしょうか

cavoritecavorite 2005/07/31 13:17 これは継承させようとして継承できるものじゃないって。ネットで「発見」を繰り返している連中が、調べて見つけ出すことではなく、「発見」というアクションを行うことそれ自体を目的としている。それが「一般化」のひとつの側面(それもめちゃくちゃデカイ側面)なんだということなんだと思うよ。発見プレイ、新しい見地ごっこ。

kanosekanose 2005/07/31 17:46 「10年以上前から良く聞く話ばかりで知識の継承というものが存在しない」のは、「自分は昔から知っている。他人は知らない」というのが優越感ゲームの鍵だからですね。実践ありがとうございます

cavoritecavorite 2005/08/01 03:22 ちがうって。
僕は知っているし、僕の友だち連中も知っているし、だいたい、当時議論していたり、それを読んでいたりしていた何百何千という人々は連中はみんな知っているんだよ。まずまちがいなく、知っている人の数の方が、君のこのブログを見ている人より多いんだよ。
ところが当時噴いていた連中と来たら、もうすっかり引退しちゃって、この6月ころに「最近、ブログっていうのがあるそうですね」「へえ、それって食べられるの?」とか言ってたりする始末さ。

kyoumoekyoumoe 2005/08/01 09:57 多分俺も知ってるけどそれを「みんなが知ってる」と勘違いして「みんなが知ってることを人に言う必要もないな」と思って素通りする人が多いから知らない人が増えるんだと思います。で、知ってる人が知らない人を見ると「一般化」とか思っちゃうんだろうなぁと。ぶっちゃけ知らん人のほうが圧倒的に多いよ。

kanosekanose 2005/08/01 10:21 その議論を知っている人の数とウチのブログの読者の数というのは、検証不能な話題ですのでパスします。どうやってその数字を想像したかには興味あるんですが。
僕の考えは、知識の継承をするためにはアクセスできる資料を作る必要があり、その資料を作った人の功績は評価する、です。そういった行動のない人が「今の人は過去の議論を知らない」と嘆くのは、単に知っている、知ってないの優越感ゲームをやっているだけだと判断します。
ご自分のサイト(もちろん書籍など他の媒体でもいいがネットは低コストなので)で昔の議論などをまとめたりしておけば、後からきた人のためになると思うんですが、それを頑なに拒む理由がわかりません。過去の議論をまとめても、今の人が「発見ゲーム」をやっているから参照されない。だからまとめない、ということでしょうか。少なくとも、僕は過去の議論には興味がありますので、読んでみたいです。

a666666a666666 2005/08/01 11:11 「その話題は10年前に検証済みだ」というとき、本当に10年前だったならば、当時その話題の結論をまとめて資料化しウェブに掲載するコストは、現在ブログを開設するコストに比べて相当に高かったと思います。
id:cavoriteさんが10年前に語っていた場がネットであるとも名言されていないように思います。もし、「当時は誰と酒を飲んでもこういう話題で持ち切りだった」というのが語り尽くされたとおっしゃる根拠ならば、ウェブに資料がないのも当然ではあると思います。
ただ、その場合、「当時のあなたの周囲が特殊だっただけで、全体的には知られていなかった」という反論も十分に成り立つと思います。
「検証済みの話題を浅い掘り返ししただけで知った風になるな」という批判と、「知ってるなら後進が学べるように資料化しておけ」という反論は、どっちもどっちだと思います。浅い発見ごっこがいけないわけではないと思うし、博識な人に負担を強いるのもちょっと強引かなと思います。

otsuneotsune 2005/08/01 11:27 >博識な人に負担を強いるのもちょっと強引かなと思います。
「Wikipediaの記述が変だ」騒動をベースにそれを解釈すると。
専門家が正しい知識を持っていて、間違ったデマを書く素人を嘆くのは仕方が無いけど。
デマを打ち消すための正しい情報を、ちゃんとアピールをするという啓蒙活動無しで非難めいたことをするのは問題があるとも思います。
個人的に「正しいが情報発信しない孤高な専門家よりも、とりあえず情報発信する二流の人」を評価したいと思っています。
その二流の人が書いたガセビアやデマによって、それを訂正したりツッコミを入れる啓蒙活動が起これば良いと思います。
(もちろん情報発信する正しい専門家が理想的なのは言うまでありません)

kanosekanose 2005/08/01 11:29 刺身さんのご指摘、整理されていてわかりやすいです。僕が批判したいのは、「資料化の労力を払いたくない」「でも、後進の人間にとりあえず愚痴だけは言いたい」という人です。刺身さんの整理に言葉を足すと「知ってるなら後進が学べるように資料化しておけ」の前には「愚痴を言いたいのなら」がつくのです。誰にでも対して、資料化しろと言いたい訳ではありません。ご指摘のように、その労力は高いのですから、負担を強いるつもりはありません

rnarna 2005/08/01 14:41 烈海王のいるスレはここですか?

くりすくりす 2005/08/01 16:21 エンピツやMEMORIZE、楽天日記や日記才人といった、お気に入りリストが公開できるようなサービスにある「My返し」という文化は似たようなものですよね。

theinvisibleguntheinvisiblegun 2005/08/01 17:10 結論を言ってしまうと、ばるぼらさんは最高に偉い!!!ってことで!!

a666666a666666 2005/08/01 18:37 あ、そうですね、オオツネさんのおっしゃる
>「正しいが情報発信しない孤高な専門家よりも、とりあえず情報発信する二流の人」を評価したい
というのは自分もそう思います。
かのせさんの「愚痴を言いたいのなら」という補足も、暗黙に含まれているものだったのに、ついつい文字を追うことにとらわれて、それ込みで考えるのを忘れてました。

asobiasobi 2005/08/01 19:40 1994年に生まれの親戚がネットにはまって親が困っていることを私は知っているし、私の親戚連中も知っています。どうしましょう……。でも私は、はてなアンテナの派閥は知りませんでした。時流に乗り遅れちゃった。困ったわ……

kanosekanose 2005/08/02 02:33 ブクロサイコー!! バルボラサイコー!!

kanosekanose 2005/08/02 13:33 くりすさん>お気に入りリストだと確かに似た文化生まれますね。blogpeopleでも似た風習はあったみたいですし■土屋さん>はてなアンテナの派閥闘争は地下闘技場で行われています。普通の人には見えない戦いです

2005-07-29

ユリイカ増刊『オタクVSサブカル! 1991→2005年ポップカルチャー全史』責任編集 加野瀬未友+ばるぼら

という増刊をばるぼらさんと僕が責任編集で作りました。校了して全体像が見えたので宣伝宣伝。出るのは8月8日頃です。配本は8月5日(金)なので都内の大型書店ならその日に入っているかも。Amazonのデータベースにはまだ入ってません。使った図版が雑誌ばかりで、ユリイカ8月号「雑誌の黄金時代」(ASIN:4791701364 全部は見てないんだけどぱらぱら見て面白かった)の裏版みたいに。

きっかけは、ばるぼらさんとたまたまやったネットラジオでのオタクとサブカル話。それが巡り巡って、ユリイカの増刊の企画に。急な企画だったもので、今回ご協力していただいた方にはいろいろご迷惑をおかけしました。

今まで編集長の経験はあれど前面に出ている訳ではないので、「責任編集」という言葉には魔力や憧れがあったんですが、こういう形で実現するとは思わなかったです。

当初は、ばるぼらさんと僕の対談がメインで…という感じだったんですが、実際に台割りができてみると、インタビュー4割、対談2割、論考3割、年表1割という感じになりました。どの記事も力作なので、こういう話題にちょっとでも興味がある方にはひとも読んでもらいたいです。

■インタビュー

赤田祐一岸野雄一吉田アミ

■対談

加野瀬未友×ばるぼらhttp://www.jarchive.org/

■マンガ

西島大介

■論考

近藤正高(id:d-sakamata

野中モモ(http://www.ne.jp/asahi/neverland/tigerlily/ id:Tigerlily

堀越英美(http://www14.big.or.jp/~onmars/

田口和裕http://www.rickdom.com/ id:tagkaz

屋根裏(http://yaneurainga.hp.infoseek.co.jp/

乙木一史(id:otokinoki

更科修一郎id:cuteplus

前島賢(id:cherry-3d

■年表

オクダケンゴ

平成大赦(仮) -平成サブカルチャー年表-

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/1496/heysay.htm

(敬称略)

中森明夫氏が狙う層

Kammy+'s spaceブログ版: 最近気になっていること(メディア編)

http://kammyblog.seesaa.net/article/5327722.html

そのユリイカの対談の中で、中森明夫氏の最近のポジションってサブカルではないよねえ、『ねらわれたアイドル 栗林三枝誘拐監禁事件』とか出しているけど、あれって誰が買うんだろう、客層が読めない、とか言っていたら、Kammy+さんが興味を。なるほど、あういうベタさはちゃんと届くんだ。『多重人格探偵サイコ』の読者が見えない問題に近いかもと思った。

コメント欄のやりとりにちょっとツッコミ。女性に告白するのは下手にでることではないと思います! 多分わざと言ってるんだとは思いますが

本人の中では「やさしさ」だが周りには「臆病」に見える

castleダイアリー - ヲタは待ち恋愛らしい?

http://d.hatena.ne.jp/castle/20050728#p12

リンクを張ってないから、直接の言及ではないけど…と思いつつも補足。なんで知ったかというと、引用文章に刺身さんのIDがあったため、刺身さんに自動TrackBackが飛んでいて、それを見たから。

というかやさしさという言葉に引っかかったのかも。やさしさというか腫れ物に触るような感覚がやさしさに見えるだけなんじゃないかと。

あそこで書いた「やさしさ」というのは、本人側の意識なんだけど、それが周りからどう見られているかについては触れてなかった。あと、キモワードとか差別語として面白いと思ったんじゃなくて、自分も感じる心理をうまく説明しているなーと思ったから取り上げた。中二といい、こういう言葉の扱いは難しい…。

馬鹿って呼ばないで。 - 全部わかってる。

http://d.hatena.ne.jp/peach_a_lime/20050728/1122517380

えいなさんも書いているように、

という前置きがあった上で。女子としても妙に急にガツガツ来られても困りますが、だからといってしばらくしても何も無い、というのは「紳士的」というよりは「臆」と捉えられても仕方が無いかと。あと「私ってそーゆー対象じゃないんだ」て傷付きます。

というように、本人の意識は「紳士的」「やさしい」なんだけど、端からみると「臆」というギャップを、あの話題では問題にしたかったのだが、そこまではしっかり触れてないから、こう言われてもしょうがないなーと思ったのでこうして補足。

なお、本人の意識と実際の振る舞いのズレの問題を前Qさんが『ヨイコノミライ』をネタに書いている。

いい感じ博士。(仮)

http://d.hatena.ne.jp/mae-9/20050727#p2

で、なぜ井之上がこういう行動が出来ず中途半端にしか振る舞えないかというと、何よりも外から見て振る舞いがどれだけDQNになっても、井之上の自意識的には自分は童貞騎士のつもりだから、というズレの影響が大きいのではないか、と僕は考えるのですよ。言い換えれば、自分が「ピュア」でありたいと願うことで、どれだけのものが見えなくなって、どれだけ周囲に対してネガティブな影響を与えてしまうのか、というお話。

PiroPiro 2005/07/29 12:51 普通なら「居心地のいい友達関係」をたくさん持っているところを、知り合い女子の絶対数がそもそも極端に少ないから全く持てなかったり一つしか持てなかったりする童貞非モテ君にとって、貴重なそれを壊して賭けに出ることに臆病になるなというのが無理な話では……と思いました。

peach_a_limepeach_a_lime 2005/07/29 18:08 言葉足らずで申し訳ありません。「たくさんの居心地の良い友人関係」ではなく、明らかに一対一というか「トモダチ以上恋人未満」の「どちらかといえば恋人寄り」の状態のまま放置っていうのはやっぱり……と思うのです。そしてそういった人ほど「彼女をリードしてやる」とか「守らねば」という使命感に満ちていたり、或いは「積極的な女子は苦手」と思っていそうなので(私の周りに数名居ただけかもしれませんが)、そういった意図が有ります。ただの受身の状態でしたら、女子側からのアタックっていうのはアリだと思いますので。

kanosekanose 2005/07/29 22:41 僕としては、本人の意識とその行動に対する外部の認識のギャップを問題視してたんですが、論じている対象の人間関係が「知人以上友達未満」か「友達以上恋人未満」によって違うというのは触れてませんでした。ここでは前者を想定してたんですが、えいなさんは後者でしたね。違う文脈で引用して混乱させてしまいました…。

2005-07-28

『ヨイコノミライ』3巻(きづきあきら)

ヨイコノミライ! (3) (Seed!comics)

ヨイコノミライ! (3) (Seed!comics)

WEB版で読んでいたけど、まとめて読むとなかなか。2巻は人間関係の種を蒔いたけど、3巻はその種が次々と発芽。しかし、あまりに人間関係が多いので、はたして収拾できるのだろうかと心配になる。

お話は平松のうざさが炸裂。単行本未掲載の雑誌連載では、平松は更に恐い領域に入っている。あと表紙の平松は本編と違ってかわいすぎ。

デートシーンでのうざい平松は、男オタクが望んでいるデートはこういうものなんだよ、君たちは平松のように振る舞いたいんだよ、という女性作家からの遠回しのイヤミではないかと妄想。

単行本未掲載だが、20話の即売会のサークルスタッフの話は生々しかった。考えてみれば、同人サークルの内輪もめとかって同人やってない人にはなかなか見えない世界だしなあ。

http://www.comicseed.com/

せっかくなので、最近の話に繋げると、主人公の井之上は平松に惚れられてから、もともと好きだった青木への思いがどんどん強くなっていく。そして、青木のほうからキスをしてきたというのもあるが、井之上は青木や平松に対してどんどん強引な態度を取るようになる。いわゆるDQN化。その結果、平松を傷つけていくという。1巻の頃は、割と童貞騎士(ナイツ)な行動もあったが、青木との関係が深まる3巻では、もはやDQN

いい感じ博士。(仮) DQN/童貞騎士(ナイツ)

http://d.hatena.ne.jp/mae-9/20050727#p1

前Qさんがその辺を指摘している。

2巻では、井之上と付き合うことができた平松がキスをしたくなり、姉のアドバイスを受けて、普段とはまったく違う容姿、言動になる。その平松に今まで平松に興味がなかった井之上は急にときめくのだが、キスした後にネタばらしをされて、冷めてしまう。

前Qさんも言うように、平松と付き合えばいいのにと思うのだが、自分が好きになった平松はあくまで姉によるフィクションだからといって、そういうことは考えない。いくら姉の指導によるフィクションだとしても、容姿はもともと平松本人をベースにしているんだから、容姿が変わるようお願いすればいいんだけど、井之上にとってはあの姿は100%のウソになってしまう。ここでも「本当の自分」幻想が。

でも、改めて考えてみると、井之上は他のキャラクターと違ってコンプレックスが何もない、かなり特権的なキャラだ。サッカーやバスケが続けられなくて、漫画雑誌を作りたくなっているというのは夢であって、クラスから疎外されているとかもない。あと、オタク趣味も描写が薄く、図書館で手塚の『ワンダー3』を読んで感動したりするぐらい。そういう意味ではもともと井之上はオタク要素が薄いから別の話じゃん!と読まれそうな気もしてきた。お話も、青木の漫画に対するトラウマを井之上が癒していく話になりそうだしなあ。エロゲー!

はてな中高生グループのキーワード

http://tyu-ko-sei.g.hatena.ne.jp/

きっかけはここ。

http://d.hatena.ne.jp/churchill/20050707/p3

できたあと、あまり進展がなかったのだが、キーワードができはじめていた。中高生の間で流行っている言葉をキーワードにすると見る人は増えそう。

オレンジレンジのネガティブな話題をすると、どこからともなく発生してコメントする人たちはみんな「レンジ」って言うから、あれは中高生とにらんでいたのだが、やはり中高生用語だったのかと納得。

『働きマン』2巻(安野モヨコ)

働きマン(2) (モーニング KC)

働きマン(2) (モーニング KC)

出版業界が舞台なだけに身近に感じるネタが多い。仕事の成功、失敗、何に手応えを感じるか、自分のやりたいことと現実のすり合わせ、そういった様々なものをうまく描いている。

ただ、この漫画って出版業界みたいなメディア産業だから成り立つという気もしてる。昔、出版の仕事を始めた頃、お前は自分のやった仕事が明確にわかっていいな、と言われた事があるのだが、自分のした仕事の結果や影響がダイレクトに見える職種は意外と少ないだろうから。考えてみると、客商売などのようにBtoCなら、手応えは感じるだろう。BtoBは難しそうだ。

携帯で事故の写真を撮影する人たちは以前からありそうと思っていたのだが、実際の光景として誰か撮影してないのだろうか? この前の関西の事故なんかでありそうだけど。

安野モヨ子氏は若い人に「仕事」とはどういうものか?というのを伝えたいと語っていた。

「世の中で働いている人たちって、別にものすごく大変なことをしているわけでもない。つまずいたり落ち込んだり。普通に『働く』って、こういうことなんだ、と伝えたい」

「若い人で働かない人って、仕事について考えすぎている気がする。考えすぎて『自分には無理』なんて思ってしまうんじゃないかな。でも、考えてるだけじゃゴハンは食べられない」

(朝日新聞7/27朝刊『決める?決めない?'05「選択」考』より)

2005-07-27

「いいひと」と童貞騎士(ナイツ)

[日記読み]身勝手なモテ男vs童貞騎士 - 憂鬱な昨日に猫キック 不安な明日に猫パンチ (2005-05-30)

http://spica.tdiary.net/20050530.html#p12

ここで知った「童貞騎士(ナイツ)」という単語が面白かった。

ポトチャリポラパ/ダイアリー

http://www3.plala.or.jp/sukekyo/diary/2005/d0505.htm#d301

元はこちら。女の子への扱いがひどい、あるアダルトビデオを見ての感想。

・いや、わかってるんですよ。「1」みたいなことは、いわゆるフェミニズムの観点に立ったところじゃなくて、いわゆる、童貞が女子に不自然なくらい紳士的に気高く接するいわゆる「童貞騎士(ナイツ)」的だってことは。4文字で表すと「僻み根性」です。

・つまり、「いいなあ。SEXできてていいなあ」ってのの反動で、「女子にはやさしく(あんなダメ男よりおれのほうがいいのに)」って声高に叫んでるだけってことですよ。

「童貞が女子に不自然なくらい紳士的に気高く接する」のが「童貞騎士(ナイツ)」だそうだ。この「気高さ」によって、相手の気持ちを読まない不審な振る舞いに繋がる訳か…。

「好きな子がいないのは正しい」と語ったあび子あび夫先生が、昔とてもいいことを言っていた。

「オタクは女の子にやさしいんじゃなくて、やさしくすることしか方法を知らないから、やさしくすることしかできないんですよ…」

あまりにも真実過ぎて泣けてくるよ、オイラ…。

これは「あの人はいい人なんだけどね…」という女性からの王道のお断りの言葉に繋がってくる。この「いい人」って「(自分にとってはどうでも)いい人」とか「いい人なんだけど(自分の趣味でない)」とか、背後にたくさんの意味が含まれているよなあ。個人的には、この言葉は、相手を傷つけないために言っているというより、自分が悪者にならないための保険だと思ってる。

で、ここで「良い子」は「いいひと」にクラスチェンジするというコメント欄の指摘にも繋がってくる。童貞騎士は「いいひと」な訳だ。

「やさしくする」しか選択肢を選べないコンプレックスが、いろいろと黒いオーラを生み出してしまう。

「いいひとなんだけど」でいろいろ検索してみた。

不倫のススメ|いいひと

http://tamagoya.ne.jp/mm/furin/21.htm

40歳を目前にした女性慣れしてない男性たちに会った時の話がきっかけ。

その後、彼からは何度か電話をもらいながらも、彼に応対するのは私の依頼した留守電の声。彼とはSEXは考えられなかった・・のかも。生理的に受け付けないという感じではなかったハズなのですが、SEXは想像できませんでした。

何だか私のしたいSEXを彼には要求できないような、そんな感じ。

なかなかストレートだが、上品にいえば「ときめきがなかった」ということなのだろう。

最初だけ読むと、男の親切心(滑り気味だけどね…)を何だって思ってるんだ、この女は!とか思いがちなんだけど、最後に実は自分も男に「いいひと」扱いされているのでは…と気付く辺りが面白い。実は、「いいひと」は男性だけの問題ではないのだ。

ここ1,2年、タイプだった独身男性にアタックしては撃沈するのも彼等にとっては、みらいはセックスアピールのない「いいひと」だけの女だった。もしかするとその「いいひと」にさえ成れていなかったのかもしれない。ひぇ〜〜。

しかし、余計なお節介だが、相手は夫としてはよさそうと判断はしているんだから、結婚したいのならしてもいいんでないの?と思った。でも、2004年で35歳になるというのに不倫しているような女性だから、結婚よりも恋愛という人なんだろうなあ。恋愛ジャンキーでいつまでもワクワクドキドキしていたい人。不倫したい男にとっては理想の相手だ。

もてる人って?:女の子のいう「いい人なんだけど…」の意味 おんなのこのキモチ[女性・心理・恋愛]

http://www.aglia.co.jp/onnanoko/moteru/iihito.html

Fact.3 リアル非モテ君の要因

http://www.motehimote.com/section3/fact/s3f_3.html

どちらも「特別扱い」を重視している。「いいひと」はやさしいだけで相手を特別扱いできない。相手に自分の好意をアピールできてない。遠回しに好意を表現しても、相手は気持ち悪がるだけだ。

この辺は、

世界のはて 博愛主義者はモテない

http://d.hatena.ne.jp/Masao_hate/20050721#1121953316

に繋がりそうな気がする。要は、これって「ムラ社会」の住人になろうってことだよなあ(笑)。自分の身内は徹底的に特別扱い、間違っていても擁護、それ以外の人たちは敵と。

とはいえ、この話も、相手に好意をアピールすると相手にキモがられるんだよ! 同じことをやってもイケメンなら許されるのに!といういつのもの問題にループしそうだけど…。

童貞マッチョ

[自アン系]リフティングで責任を取る/自アン文化の破壊? - 憂鬱な昨日に猫キック 不安な明日に猫パンチ (2005-07-16)

http://spica.tdiary.net/20050716.html#p11

あと、ここで出てくる「童貞マッチョ」は更科さんが言うところの「ヘタレマッチョ」だろうか。

白馬の王女様願望反応メモ

「白馬のお姫様」の方がいいのではという指摘もあったんだけど、好きな方で。

失踪外人ルー&シー - オタ恋ファイターズ

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050717#p3

失踪外人ルー&シー - オタ恋ファイターズ2ターボ

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050720#p2

自アンの名言「なぜオタはモテないのに“待ち”の恋愛ですか?」を展開。

The Life’s Like An Hourglass - 別に好きな子がいないんじゃなくて誰にも打ち明けられないだけです

http://d.hatena.ne.jp/citron_908/20050719#p3

hopeless world - カースト最下層の宿命

http://d.hatena.ne.jp/bluede/20050720/1121881456

スクールカースト最下層だから、そういう事を言えない圧力があったという指摘。コメントでも書いたけど、こういうのって中学高校ならわかるけど、それ以降も続くんだろうか? 確かにスクールカースト的なことは大学や会社などでも見かけられるけど、思春期ほどのひどさはないと思うんだけど。

刺身☆ブーメラン(なぜかid:a666666)のはてなダイアリー - 白馬の王女様待望論者ってウケミンのことだよな

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050717/1121540827

刺身☆ブーメラン(なぜかid:a666666)のはてなダイアリー - ウケミン=「良い子」説は的を得ていると思う

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050719/1121763643

「あるある」と思った。選択肢っていうとゲームっぽくみえるけど、それよりも学校とか塾といわれてるもののほうがぴったりくる。それは、「先生の(親の)言うとおりにしていればよい」っていう、大人対子どもの構図の中に生きてるってことだと思う。だから、かつての「良い子」ほどウケミンになる傾向があると見た。

これ、議論を眺めていて漠然とそういう傾向は感じていた。高学歴で「非モテ」を自称する人だと多そう。

【犬惑星】 - 未来派/過去系

http://d.hatena.ne.jp/dogplanet/20050727/p1

ここで「良い子」といっても「優等生」でないというなるほど指摘が。また精神系の悩みを持つ人の多くは「過去に執着し過ぎる人々」で「過去系」というカテゴリーを提唱している。「ノスタルジー系」? ノスタルジーをひたすら刺激する新海誠氏の作品を気に入る層と重なりそう。

※参考

ARTIFACT@ハテナ系 - 『雲のむこう、約束の場所』を見た/新海誠の真髄は非モテにあり

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050225/kumo

日経流通新聞のネットラジオ関係の取材がひどかったらしい

Journal - 取材顛末記

http://d.hatena.ne.jp/achaco/20050720

取材の不手際ぶりが克明に描かれている。

BLOG STATION:日経流通新聞に掲載されなかった件について

http://blog.goo.ne.jp/kanimaster/e/6a4bbfeb4c3c06b1e1dce2efdc24367d

どうもビジネスブログと繋げたかったみたい。

イス研ラジオBLOG: #702 電話インタビュー初体験

http://isuken.seesaa.net/article/5112135.html

こちらはラジオで語っているそうだ。後半の方だとか。

自分もよく取材する側だけど、基本的に相手のことを調べてインタビューするのは当然。でも、これは専門誌の話であって、一般誌やテレビ、新聞といった取材先が多岐に渡る媒体の場合、一つ一つへの取材対象への調査がおざなりになるんだろうなあ。

伏 2005/07/27 10:17 ウケミン=「良い子」という構図は、かなり昔から漠然と使われていると思いますがキャラを強制する圧力として働いている側面もあるんじゃないでしょうか。周囲から見た目などで勝手に「良い子」だと決め付けられて、実際には人並みかそれ以上にに大人に反発していたとしてもそこだけは都合よくスルーされるという状況を自身も含めて何度か経験しました。一旦キャラを決定されるとどうしようもないですからね。カースト最下層は発言権もほとんどないですし(笑

kanosekanose 2005/07/27 12:47 キャラ強制圧力としての「良い子」ですか。中学高校だとわかるんですけど、それ以降だとそういう圧力減りますよねえ。キャラ変えのタイミングを失ったとか?

kimllakimlla 2005/07/27 14:11 そこから先は「いいひと」にステージが移行するのではと愚考

a666666a666666 2005/07/27 15:19 kimllaさんのおっしゃるとおり、「いいひと」ポジションに落とし込まれるのだと思います。いわゆる「高校デビュー」「大学デビュー」を仕損じて、その先のステージが「いいひと」なんでしょうね。学生時代ほどカースト最下層を意識されられはしないけど、やっぱり飲み会にはあんま誘われないようなポジションのままだと思います。

kanosekanose 2005/07/27 17:50 なるほど「いいひと」か! 納得しました。

NN 2005/07/28 01:33 こうしてみると、羊は毛皮を脱ぎ捨てて狼になれ。
いい人やめて悪い人になれというのが答えなんでしょうか。
それが世界の真実というなら酷な話ですが……
いい人から駄メンにクラスチェンジしてもいいという
人はそれでもいいかも知れませんな。

自分としては世界の成り立ちは善であると信じたいのですが。

anmoniaanmonia 2005/07/28 02:05 私の周囲ではそのものズバリ「童貞フェミニズム」と呼ばれていましたよ(笑)>「いいひと」
己の相対的な立場とかを自覚していくうちに選択肢が落とし込まれていくのでしょうね。
例えば女子に下ネタを言える(言っても許される)キャラか否かなんてものが分岐点としてあるんではないかと。

kanosekanose 2005/07/29 18:22 いい人悪い人という分け方が極端だという話だと思ってます。犯罪者になれという訳ではないんですから

2005-07-26

童貞ミュージック戦線異状あり

ぺとぺとさん』の主題歌がさねよしいさ子で、さねよしいさ子も清き正しき童貞ミュージックだったなあとか思っていたのだが、どうも不評らしい。だとすると、今のオタク的には矢野顕子とかのまぬけ声はダメなのかもしれない。まぬけ声は電波ソングならいいんだろうか。

※童貞ミュージック元ネタ

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050716/cherrymusic

矢野顕子さねよしいさ子は、童貞ミュージックではなく、不思議ちゃんミュージックという指摘アリ。大貫妙子もそっちかと思ったら童貞ミュージック寄りだそうだ

トンデモ人権擁護法FAQ

人権擁護法反対運動関係、最近は全然チェックしていなかったんだが、あまりにオモシロなのを発見したのでメモ。

【腐女子も】人権擁護法可決を阻止せよ【ヤバイ】3

http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1119489669/

129 名前:風と木の名無しさん[] 投稿日:2005/07/02(土) 20:12:34 ID:3t8zJOZo

知らないのはバカ日本人だけ??

馬鹿でも分かる人権擁護法FAQ

Q.秘密警察のような人権擁護委員が2万人もいるのは危険では?

A.イラクに観光に行くよりも危険です

Q.じゃ、権限のある人権委員とか事務局員とかってなに?

A.オカルト教団創価学会から派遣されるスパイ集団です 全員が反日教育で洗脳済みです

Q.人権委員ってどんなに不当な認定しても罷免されないんでしょ?

A.そうですよ 何でもやり放題です 正に公権力横領です だから暴力で可決させる気です

Q.人権委員って強制力持ってるんでしょ?

A.総理大臣、最高裁判所長官よりも権限が上です 金正日と同じ位の強制力です

Q.人権委員って好き勝手に30万の罰金科せるんでしょ?

A.それだけですむとは思わないで下さい 命の保証はありません

Q.人権の定義が曖昧すぎて危険なんでしょ?

A.その通り あいまいにする事で、古賀誠と与謝野が公明党スパイから裏金と裏票を貰います

Q.そもそもなんでこんな法律推進してるの?

A.だから、朝鮮人と中国人は日本人を殺したいからです これは内戦です

130 名前:風と木の名無しさん[] 投稿日:2005/07/02(土) 20:15:31 ID:3t8zJOZo

>129は他板で見つけたもんんで、大袈裟に聞こえるとは思うけど

法案が通ったら、この程度じゃ済まないだろうね。

131 名前:風と木の名無しさん[] 投稿日:2005/07/02(土) 21:59:49 ID:woR+J8L3

都民の姐さん方、明日はどうか選挙へ行ってくれ。

それ以外の姐さん方はFAX凸頼む。詳細は>>123

>>128

問題は、ヂミン党の候補でも草加に支援を受けてる場合があること。

同じ選挙区に硬迷党の候補が出てなければ怪しいと思った方がいいの?

>>130

>法案が通ったら、この程度じゃ済まないだろうね。

でも、この法案を知らない人にいきなりこれ見せたら、

確実にデムパのたわごとだと思われるんだろうなと思うと鬱…

129はテンプレとして作られたものらしく、各所で見かけた。さすがにここまでいくとこりゃネタや釣りだろうと思っていたのだが、801板にあるこのスレでは何も反論はなかった。転載した129は130と同じだが、普通に同意している131が…。どう考えても電波にしか取られないって! 憂国腐女子の妄想は恐いよー。

人権擁護法が施行されたら、イラクより危ないからってイラクに観光に行ったりしてくれると面白い。

世界の中心で左右をヲチするノケモノ - またすごい“真”FAQがあったもんだなヲイ

http://d.hatena.ne.jp/plummet/20050723/p6

こっちで紹介されているヤツも見かけて、すごいなと思っていたが、このコピペはそれを軽く越えるすごさだった。

カトゆーさん(http://www6.ocn.ne.jp/~katoyuu/)のところより。

似たような文面のメール貰った覚えが。

いろいろな形で広めようとしているのね…。

Network Magazine9月号でSNSの記事

SNSの記事なんて今更珍しくもないけど、SNS揉め事ウォッチャーのエアロさんによるSNSのダークサイド記事が載っているのでお勧め。

[a] : airoplane.net ( エアロプレイン ドット ネット ): [a]SNSの特集記事を担当しました

http://airoplane.net/archives/002270.html

ネットワークマガジン - Network Magazine

http://nmag.jp/

まだ今月号の情報は出てないや。

2005-07-20

Amazonアソシエイト・プログラムコンテスト受賞発表

http://associates.amazon.co.jp/gp/associates/join/ecs.html

おお、なんか見たことのあるサイトばかりが(笑)。アニメ&コミック部門賞は、野良犬の塒よりもアキバBLOGのほうが思いっきり稼いでそうな気がするのだが、単に稼ぎだけで判断しているのではないのだろう。あと、法人だったら、はてなもよさそうだけど。ところでこのAmazonのページのリンク、きちんと飛んでくれないような。

Amazon.co.jp、アソシエイトページのリニューアル記念コンテストを実施

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/03/30/7047.html

当時の発表をみればわかるけど、賞金がなかなかしょぼい。大賞でAmazonギフト券10,000円分という。

2005-07-19

マイミクAID

mixi内部で発生したチェーンメールならぬチェーン日記について。

SNS における「チェーン日記」(「マイミクAID」についての雑感) - ひろの日記帳@International Cafeteria

http://hiro.intlcafe.info/item/1253

チェーンメールの問題点については下記の記事を参照。たとえ善意であっても、チェーンメールは下記のような問題点がある。

なぜ善意の電子メールは暴走したのか

http://www.president.co.jp/pre/20000703/02.html

変なメールBasic

http://www.hennamail.com/hmbasic1.php?eid=00036&bunrui1=3

otsuneの日記(吉祥寺のホルモンが美味い - 善意の人が自分が善であることを根拠にするのは危険だよ

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20050708/p1

void GraphicWizardsLair( void ); // essaさん的な造語を思いついたのでメモ。「善意クレンジング」

http://www.otsune.com/diary/2005/04/29/1.html#200504291

2D格闘ゲームの系譜

歌う脳髄 2D格闘ゲームの系譜

http://s03.2log.net/home/singbrain/archives/blog189.html

コンボ系格闘ゲームの始祖『X-MEN VS. STREET FIGHTER』までの系譜。

これが書かれるきっかけになった事件が面白かった。

まこなこ: 現在のアーケードゲーム業界と業務用対戦格闘ゲームの状況

http://www.makonako.com/mt/archives/2005/07/post_38.html

ここが『メルティブラッドAC』は基盤をマニアが買うことを期待して出したのだろうと、いい加減なことを言ったのがきっかけ。

神聖マルチ王国: メルブラACがアーケード業界にもたらしたものとは?

http://multi.nadenade.com/shinichi/archives/2005/07/ac.html

それに対して、オペレーター視点での分析が出てくる。

まこなこってゲーム批評読者レベルの話がずらずら並んでいて、なんでそんなところがアクセス多いんだろうといつも不思議に思っていたのだが、こうやってちゃんと反論している人たちもいるんだなあ。がんばれ!

ちなみに、自分の勝手なサイト基準として「架空のキャラを立てた対談形式が基本スタイルのサイトは大体ろくでもない」というのがある。

アドベンチャー制作ツール

:: 月姫とひぐらしに続くのはどこだ? | AVG制作ツールの歴史 ::

http://blog.project-lips.net/?eid=170649

これを見ていたら、『LiveMaker』という知らないツールがあったのでちょっとチェックしてみた。GUI主体のツールなんだけど分岐をチャートで作れたり、「LiveCinema」というツールでアニメーションが作れたりと、なかなか機能は豪華。高機能だけど習得が難しい吉里吉里より簡単そう。

LiveMaker

http://www.livemaker.net/

窓の杜 - LiveMaker

http://www.forest.impress.co.jp/lib/stdy/program/progdevenv/livemaker.html

■ LiveMaker スレッド ■

http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/gamedev/1088542092/

LiveMaker講座もどき。

http://shichi-henge.hp.infoseek.co.jp/live-maker.html

サンプルゲームはここの『バルヨナボンバーズ』というのがすごい。

ジョルジュ長岡に萌えまくるサイト】 キタユメ。 【あの手の振りが大事。】

http://www.geocities.jp/himaruya/t.html

初心者向けでチャートが使えるGUIのツールはYuukiというのもある。

Yuuki!'s Website

http://page.freett.com/yuukiex/

Flashでノベルを作るためのツールも発見。

うみがめTOOLS VNONLINE

http://www.graphicker.jp/tools/

プラグインで雨や雪、画面揺らし演出などができる。ただし、更新が2003年で止まっているようだ。勿体ない。

ここを起点にチェックした。

製作ツール(アドベンチャー・サウンドノベル)リンク集

http://www1.vecceed.ne.jp/~barukiti/newlink1.htm

同人ゲーム製作研究所::HOW TO::製作ツール

http://www2.ocn.ne.jp/~katokiti/howto.html

2005-07-18

代替現実ゲーム『AI/HA』

ITmedia Games:日本初の代替現実ゲーム「AI/HA」(あいは)ってなに?

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0507/15/news130.html

という記事で知ったもの。

AI/HA

http://www.geocities.jp/aiha_v2005/

おいおい、ジオシティーかよ! どうも個人制作らしい。その辺何も触れてないITmediaの記事って…。

記事に出てくる『I LOVE BEES』に関してはこちらで。マイクロソフト側は認めてないようだが『HALO2』のプロモーションらしい。面白い。

虚構が現実を侵食する「代替現実」ゲームが人気

http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20041021202.html

LazyCozyDiary/2004-10-22/I love bees/ネットゲームの復権 - Lazy Cozy Wiki

http://kaiho.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?LazyCozyDiary%2F2004-10-22%2FI%20love%20bees%A1%BF%A5%CD%A5%C3%A5%C8%A5%B2%A1%BC%A5%E0%A4%CE%C9%FC%B8%A2

VIPPERのあんたがたに挑戦します。

http://www.geocities.jp/vip_renaissance/

これの初代GMの人が『AI/HA』をやっているそうだ。

『ダーク・エンジェル ハンディBOX』

DVD11枚組で8000円弱! 安い。米国ドラマのDVDが次々と安くなるなあ。この前ビックカメラで『X-FILE』のDVD-BOXが全巻半額だったので心が揺らいだ。

野村総研による『オタク市場の研究』

オタク市場の研究

オタク市場の研究

どの程度のものなんだろうか。はてなダイアリーで辿っても誰も買ってない。

Sound Horizon

Elysion~楽園への前奏曲~

Elysion~楽園への前奏曲~

Elysion~楽園幻想物語組曲~

Elysion~楽園幻想物語組曲~

このCDがAmazonアソシエイトでたまに売れていて、何でだろう?と思って見たんだけど、サークルの公式サイトを見て思い出した。同人音楽で人気あったサークルか。人気が出てメジャーデビューしていたとは。

Sound Horizon official website

http://www.soundhorizon.com/

所属事務所運営公式サイト。

Sound Horizon

http://sound-horizon.net/

サークル公式サイト。

にも参加してるそうだ。

SBG:マジ!? ネトランが今度は豪華声優起用のOVA制作!!

http://www.itmedia.co.jp/games/gsnews/0410/06/news14.html

あとネットランナーのOVAの音楽も担当している。

クロニカ学習帳〜幻想楽団「Sound Horizon」考察サイト

http://chronica-note.com/

そろそろメジャー?Sound HorizonのChronicleが5万円(買取)::[アキバBlog]

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/10283934.html

プレミアついているのか!

Sound Horizonメジャー第2弾「Elysion 楽園幻想物語組曲」発売::[アキバBlog]

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/18796563.html

とらのあなでプッシュ。

Sound HorizonElysion 楽園幻想物語組曲」発売記念イベントレポ::[アキバBlog]

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/20157915.html

オススメ 強力プッシュアイテム - 幻想楽団「Sound Horizon」 -

http://www.neowing.co.jp/anime/essentials/soundhorizon/

Yahoo! JAPAN - エンターテインメント > 音楽 > ジャンル > ジャパニーズポップス > アーティスト > Sound Horizon

http://dir.yahoo.co.jp/Entertainment/Music/Genres/J_POP/Artists/Sound_Horizon/

Yahoo!のディレクトリもあった。

ガンプラの出来への温度差

MG 1/100 ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079 (機動戦士ガンダム)

MG 1/100 ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079 (機動戦士ガンダム)

Amazonのおもちゃのレビューを見ていたら面白いものが。MGシリーズのゲームバージョンのガンダムのレビューなんだけど、20年ぶりぐらいにガンプラ買った人が出来に感激しながら、レビューでの酷評に戸惑っている。

比較対象が最近のガンプラという人と、20年前のガンプラという人では当然温度差があるのだが、昔のひどい出来のガンプラしか知らない人間からすれば、このもっと上を要求する贅沢ぶりは何だ!って思うだろうなあ。

tori810tori810 2005/10/07 13:59 『オタク市場の研究』は、もうすぐ発売のようですね。

2005-07-17

アフィリエイトの稼ぎ

はてな 自分のHPにアフィリエイトを導入している方に質問です。ぶっちゃけ、1. 平均して月にどのくらい儲かってます?2. 今まで最高に設けた月は幾らくらい?

http://www.hatena.ne.jp/1119975975

アサマシ!(挨拶

儲からねーという声と、儲かるよという声がいろいろ。

mokochinという人の回答が興味深い。

私のサイトは、アフィリを始めたのはごく最近なのですが、

サイト自体は7年前からあり、ページ数は1000近く(もっとかな?)あります。

ユニークアクセスも、日に800位。

クリック数が日に200位。

だからこその月5万だと思います。

ユニークが1日800程度で月5万稼げるのかー。高級ブランド品を中心に扱っているからなんだろうけど、金融といい、いかに高額商品を売るかがアフィリエイトのポイントなんだろうなあ。

あと、アフィリエイトサイト界隈では当たり前の話なのだが、稼ぐためには複数サイトを運営するのが良い。初心者は一つのサイトでウン十万稼いだる!と鼻息が荒くなりがち。しかし、そんなサイトは本当に少数だ。現実的なのは、一月5万円ぐらいの低いハードルを狙い、そういった稼げるサイトを複数作るのが良い。

あと、当たり前の話だが、最初のうちはどうしたって儲からない。継続が重要。最低半年は続けないと。

プログラマーの人なら、Amazon Webサービスを使って、自動的にページを作るシステムで稼ぐという手もある。Amazonアソシエイトの売上の中で、そういった自動サイトの売上はかなり大きいという。

生命保険の営業仕事は怖い

naoyaのはてなダイアリー - 産経新聞の成果主義手取り2万円という記事を見て

http://d.hatena.ne.jp/naoya/20050717/1121568984

いろいろな角度からの指摘を紹介していて興味深い。

火災海上保険の営業マンということで、生命保険の外交員を思い出した。昔、生命保険会社の外交員に誘われて、当時仕事もなかったのでやってみたのだが、このノルマがすごかった。

1ヶ月目はすごくノルマが低く、入院保険か個人年金を取ってくればいい。そうすれば、12,3万円はもらえた。最初は所長が親戚の個人年金を取ってきて、それをくれた。二ヶ月目は、自分が個人年金に入った。しかし三ヶ月目には生命保険を一個は取ってこないといけなくなってしまう。取れなかったら給料はほんと2万円とかそんなもの。

こうして、契約が取れないとひどいことになるので、外交員は自分で保険に入ったり、親族や友達にどんどん営業をかけたりする。自分の保険の支払いで借金することも平気であるそうだし、勧誘される周囲はいい迷惑である。そういう訳で、営業に向いてない人は絶対入ってはいけない職種だろう。

この裁判を起こした人は、勤続二十三年ということで事情は違うのだが、思い出したので触れてみた。

本家更新

ARTIFACT ―人工事実― | 自分が想定していないリンクを拒否するシステム/コメント欄の高機能化

http://artifact-jp.com/mt/archives/200507/nolinkcommenthigh.html

言及なしTrackBackがきたので速攻削除したら、またきた! おそらく送信ミスだと思って送ってくるのだろう…。

パンドラボックスとアージュと栗林みな実と

蒼天の白き神の座 GREAT PEAK

蒼天の白き神の座 GREAT PEAK

蒼天の白き神の座』がはてなキーワードにあるのを知った。渋い。

このパンドラボックス制作のゲーム、よく面白いという評判を聞くので一度プレイしてみたいなあと思っているのだが、このゲームの制作スタッフの一部がアージュになるというのを思い出した。その辺触れている人っているんだろうかと思って調べてみたら、樹形図を書いている人が。

http://6612.teacup.com/doppel/bbs

制作チーム(のち法人化し株式会社)GLODIA(グローディア)(1986〜1994.会社としては存続)

├→パンドラボックス(1989〜1999〜2003)

|  ├作品提供 SCE、タカラ、バンプレストなど多数(制作チーム.1989〜1999)

|  ├→一部スタッフはライトスタッフ(RIGHT STUFF)等へも流出

|  ├[低価格ブランド パンドラマックス(1999〜2003)]

|  └→スタッフ独立 有限会社アシッド(1999?〜)

|     ├[18禁ブランド age(アージュ)(1999〜)]

|     |  |  *君がいた季節 〜Primary〜1999/07/23

|     |  ├作品提供[ブランド Pure Platinum]*D 〜その景色の向こう側〜

|     |  └作品提供[ブランド ru'f]*螺旋回廊1・2

|     └[18禁ブランド mirage(2003〜)]*そこに海があって…2003/12/19

おお、素晴らしい。ゲームメーカーのこの手の流れは複雑だからなあ…。

※ここが出典だそうだ

http://9shift.net/pkwiki/index.php?%B7%CF%CE%F3%2Fp5

で、あとこのパンドラボックスとアージュを繋ぐ面白いラインがあった。栗林みな実氏はアージュのゲームでは歌手・声優として常連だが、実はこの名前になる前、パンドラボックスのゲームに出ていたそうだ。

栗の子ファン : 栗林みな実 CD・DVDデータ

http://blog.livedoor.jp/nekopu-kurinocofan/archives/19340836.html

『キラッと解決! 64探偵団』(N64)に「りょうこ」というキャラの声優として。『蒼天の白き神の座〜GREAT PEAK〜』(PS)ではナレーションとして。

元ネタ元ネタ 2005/07/17 17:06 http://9shift.net/pkwiki/index.php?%B7%CF%CE%F3%2Fp5
追記できるほどの知識があるかたは保全スレまでおねがいします。

kanosekanose 2005/07/17 23:00 かかしさん>そっち方面にいくのならポプコムも! これは飯島健男ヒストリーではないですからねえ

2005-07-16

「好きな子」がいないのは正しい−白馬の王女様−

徒然庵日記 -  百合色の夢

http://d.hatena.ne.jp/chunyan/20050707/1120755365

そこで出来るのは、自分を好きになってくれる白馬の王女様を待つ事だけです。

そういえば、自分のまわりでも「白馬の王女様」というフレーズが流行ったのを思い出し、他に使っている人がいないか探してみる。

【N.C.P.】Vol.22『「ガンダム」という名の、閉ざされた戦後。』

http://www.ann.hi-ho.ne.jp/cuteplus/ncp/cpg22.html

更科さん。

void GraphicWizardsLair( void ); // 「白馬の王女様からの突っ込みを待つために日記を書いている人たち。」

http://www.otsune.com/diary/2003/04/24/2.html#200304242

オオツネさん。

99年10月の風虎日記 白馬の王女は死に神ですから

http://www.mars.dti.ne.jp/~rms/kaze39.htm#hakuba

みのうらさん。

 そう言えば、私がまだ学生だった頃、私にしては積極的に動いていたとき、「あと半年早く言ってくれればよかったのに」という言葉を聞いたことがあった。もし好きだったのならどうしてそっちから「も」動かないのだろう。どうして好きな人に対して動こうとしないのだろう。そして、好きな人が動いてきてくれないからといって、他の動いてきた人の中から選ぶことしかしないのだろう。どうして動くのはいつも男の側ばかりなのだろう。

 女がもっと動くようになって、男がもっと動かなくても済むようになれば、あるいは「自由恋愛」方式でもそれなりに恋愛不平等は是正されるのかも知れない。しかし、そんな世の中になるまで私は指をくわえて老化しつつ 待っている訳にもいかない。なかなか深刻な問題だ。

 強調は当方。さてここにあげられている「なぜ」の答えを、たぶん自分は持っている。そりゃ自分から告白するほど好きじゃなかったからだよ。それだけ。

 問題は、この人が「好き」にはさまざまなレベルがあるのを理解してないとこじゃないだろか。「こちらから挨拶する程度には好き」「二人でいてもイヤじゃない程度に好き」「食事に行くくらいは好き」「デートに行くくらいは好き」「告白されたらつきあってもいい程度には好き」「こっちから告白して手に入れないとたまらんくらい好き」ざっと上げただけでもこれくらい。そう、好きには程度があります。

 「どうして動くのはいつも男の側ばかりなのだろう」ってのは間違いですよ。ほんとに手に入れたかったら、女の方からだって手を出しますって。この考え方で「恋愛不平等」とか言われるとさー、恋愛共産主義? とか思っちゃうよ? あ、偶然このひとがそういうタイプが好きなのかもしれないが。 共産主義(社会主義でもいいや)の神よ、すべての男に白馬の王女様を与えたまえ!

もてない男』での記述に対する反応なのだが、大変わかりやすい。というか、このぐらいわかりやすい(当たり前ともいう)説明がないのが不幸なのかもしれない。“男オタクの脳内の女フォルダは「他人」「親族」「彼女」しかない ”から!(http://d.hatena.ne.jp/kanose/20041210/folder

http://www.mars.dti.ne.jp/~rms/kaze31.htm#990213

 書き忘れてたけど、柳瀬っちが白馬の王女様待望論者であることが判明。このサラダデイズ愛好家がっ! 「どこかにボクのことを好きな女の子が……」とか「ずっと気になってた彼女も、実はボクのことを……」なんて世界幻獣辞典並の脳髄からはさっさと自由になるべきです。年齢を聞いたら体重を答えるようなマイトガイが、体脂肪に不自由しないあび子っちと同じ思考回路だったなんて……この白泉男児!<全然罵倒になってません。肯定されます。さっさとフェイス&ベシャリ&人格がユニークな女子とラヴラヴになってください。彼女の一人称は「ボク」以外認めません。あ、アニメかゲームか漫画のキャラ名は可とします。

今読むと個人的事情としてオモシロ過ぎる。「白泉男児」も当時流行った言葉だった。

http://tenkyoin2.hp.infoseek.co.jp/ach0207.html#07291

転叫院さん。社会的価値を示す「王女様」という表現を使うのに違和感を憶えるそうだ。この文脈での「王女様」ってのは、社会的地位ではなく、個対個の関係で王子様、王女様に見えるという意味だと思うけど。

I N T R O+blog: 「電車男」評/ヲタク青年は白馬の王女様の夢を見るか?

http://introweb.sakura.ne.jp/blog/archives/2005/06/post_293.html

知っている人以外で使っている人を発見。『電車男』は昔の少女漫画の逆だという指摘をベースに展開しているのだけど、なかなか面白かった。これはそうなんだろうなあ。

恋愛できない男たち

http://www.daiwashobo.co.jp/2002/10/hayami-2.html

書籍の目次なんだけど『白馬の王女様を待つ「妻男」クンをゲットせよ 』という項目がある。

恋愛できない男たち

恋愛できない男たち

速水由紀子氏の本だったのか(笑)。

で、ネット上にはもうないのだけど、自分のまわりでこの言葉が流行ったきっかけはあび子あび夫先生が無印ピュアガール1998年10月号で書いたコラム。このコラムをもらって読んだ時、ヒザポンしたものだった。このコラムは今でも重要な指摘をしていると思うので掲載。

「お・と・こ・ご・こ・ろ」−1998年10月

第7回 「好きな子」がいないのは正しい

 「お前の好きな子って、誰なの?」と友人に聞かれて、気まずい思いをした経験はないか? もちろん、実はその友人がホモで、「いないけど……」とコッチが言おうものなら、速攻で告白食らわされそう、みたいな異常な条件下での話ではない。修学旅行の夜とか、男だけの飲み会で女の話になって、自分だけ黙り込んでしまう…、そんな経験あるでしょ?

 これはボク自身に問題があるからかもしれないが、そもそも「オタクの会話」には、随分と「ホレたハレた」の話題が少ない。これは、「オタクは3次元の女に興味がない」とか、「ハナっから諦めてる」とか、「ホモだから」と説明するのが一般常識になっている。だが、「確かにそうかもしれないけど、もっと重要な『原因』があるのでは?」と主張するのが今回のテーマ。

 では『原因』は何か? 表面上の原因は「好きな女の子がいない」コト。これは「一般常識」にも合致する。しかし、「やっぱり3次元の女には興味がない」のではない。ボクらは「ホレにくい」タチというか、「自分にホレる女」が好みなのだ。そう、「自分にホレた女にホレる」。コレが基本。そうと違う? だから「好きなコ」が出来にくい。

 原因は、残念ながらネガティブなモノだ。ボクらは、基本的に自己愛が強い。別のコトバで言えば、極めて自己中心的。全ての基準が自分中心で、自分を凄く大事にするので、「自分に対する好意」にものすごく「惹かれる」のだ(もちろんコレは、ボクの主観と経験(…)だが)。

 オタク恋愛に多い「向こうが自分に好意を持っている」という勘違いが、「痛く」なりやすいのも、ココに根がある(と、ボクは思う)。

 「まさか」、と思うかもしれないが、そこら辺を一番理解しているのは、「ギャルゲー」、「ギャルマンガ」の作り手だろう。恋愛シミュレーションは、「告白される」システムが圧倒的だ(まあ、ゲーム途中で告白してフラれ「失意に満ちた残りの高校生活を送る」ゲームはありえないとは思うが)。また、ボク達が好きなマンガを思い浮かべて欲しい。古典的なモノでは「侵略してきた宇宙人が自分にホレる」トコロから始まるマンガや、「女の神様が突然やってきて、何やら自分に好意を…」、「パソコンのモニタから(以下同文)」、「し、小学校に『エイリアン対策係』が出来て!」(違う!)など、そんなマンガが、ヤケに多いハズだ。

 少女マンガの典型「白馬の王子様」でさえ、「主人公が王子にホレる」トコロから始まると言うのに、ボク達の場合は、王子が主人公にホレなければ、物語すら始まらないのだ。

 「違う!」と言う人の方が多いかもしれない。でも、もし「好きなコができない」と悩んでいる人がいたら、きっとそれが僕らの本質。そう、好きな子がいないのは正しいのだ!

この論を意識している訳ではないだろうが、『電波男』では、好きだからといって相手にアプローチしても、キモメンだから拒否されるんだよ! 同じことをやってもイケメンなら許されるのに!という防衛理論がある。あと、本田理論でこの話題と一番リンクするのは「男オタクは乙女回路を持っている論」だろう。その結果こんな人も出てきた!

にじ魂 僕は透に恋してる

http://blog.livedoor.jp/belog/archives/25804029.html

]『おたくの本』補足

ARTIFACT@ハテナ系 - 故富沢雅彦氏の言説

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050715/tomizawa

に絡んで、別冊宝島『おたくの本』における、似た記述の報告があったのでちょっと紹介。

:::planet-ape|blog: 「傷付ける性」としての男性、そして少女化

http://www.planet-ape.net/archives/2005/07/post_153.html

「ロリコン、二次コン、人形愛 架空の美少女に託された共同幻想」という記事でもりやねこ氏が「レズが多いのは、男を描きたくないから」「描く時は自分を女の子だと思って描いているから、女の子を描け込めればそれで満足なんです」と発言している。

関連して興味深いのが、もりや氏は童貞であったほうがエロ漫画のイマジネーションはできないと考えていたが、実際に経験したあと、「実際のセックスなんてどこが面白いのって感じ。相手を楽しませることなんて面倒くさいことやっていられない」という考えに変わったと言っていること。

余談だが、もりやねこ氏の最近の活動を知らなかったので調べてみたら、劇画っぽい絵になっていて驚いた。

http://www.kuboama.com/kubobooks/kubo/moriya.html

しかし、このインタビューで劇画のような絵柄を目指したいといっていたので、初心貫徹なのだろう。

know your shame. なぜか補足

http://d.hatena.ne.jp/narima74/20050716#p1

上野千鶴子氏のインタビュー発言でも関連した話が出てくる。

上野 (前略)少女って「使用禁止のボディを持った女の子」のことでしょ。ここにあるのはみんなかわいい女の子の絵ばかりで、成熟したセクシーな女っていうのはひとつもないでしょ。この「かわいい」っていうのがキーワードなのよね。これを描いてる男の子も、きっと「かわいい」少女の世界にいたいのね。彼らは男であるということをもて余してしまってる。もっと言うと、「男になんかなりたくない」と思ってるんじゃないかな。(後略)

ラブラブドキュンパックリコ - フェミニストにとって“おたく”とはどのような存在なのか?

http://d.hatena.ne.jp/Maybe-na/20050316/1110991807

今回の件とは違うけど、上野千鶴子氏のインタビューについて触れられているのでリンク。

:::planet-ape|blog: 「傷付ける性」としての男性、そして少女化

http://www.planet-ape.net/archives/2005/07/post_153.html

ただねえ、それこそササキバラ・ゴウ氏やら更科修一郎氏やらの文章を読んでると「なるほど、おたくのセクシャリティとはそーいうものかー」とか納得したりもするんだけど、それってオナニーした後の罪悪感だとか空しさだとかのわき出してくるダークフォース(←流行ものw)をどーにか誤摩化すための詭弁じゃねえの?とも思ったりすんだよ。

ササキバラ・ゴウ氏や更科修一郎氏は、そのダークフォースの部分を見ようとしない言説に対する異議申し立てをやっているのだと思ってた。下品にいえば「俺たちは何にチンコ立てているのかよく見ようぜ!」みたいな。

あと更科論を理解するキーワードとして「ヘタレマッチョ」を挙げておこう。

http://d.hatena.ne.jp/cuteplus/20050319/p1

非体育会系のくせに、頭の中で完璧な理論を立てればマッチョを気取れると思っている男の子たち。

「ヘタレマッチョ」解説は今のところ『美少女ゲームの臨界点』が一番詳しいようだ。

毎月何本ものエロゲを消費している姿なんて、喉が渇いているのに海水を一生懸命飲んで喉を潤そうとしてるようにしか見えないんだよなあ。

ぬるくてカルキ臭くても「生水」飲めよ!とか言いたくなっちゃう。

この喩えに笑った。

ついでに参考資料を。chuyanさんが書いたのと同じだけど。『美少女ゲームの臨界点』はエロゲー関係の知識がないと理解しにくい書籍なので、上級者向けということで。

http://d.hatena.ne.jp/chunyan/20050715/1121461410

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)

ササキバラゴウ氏の歴史に重点を置いた基本論考。新書であるから、かなりわかりやすく書かれている。そのため、物足りない人もいるかも。

新現実 Vol.2 (カドカワムック (178))

新現実 Vol.2 (カドカワムック (178))

これに掲載されている「傷付ける性 団塊の世代からおたく世代へ −ギャルゲー的セクシャリティの起源」は『〈美少女〉の現代史』の前に書かれたもの。こちらは新書と違い、かなり多岐に渡った話をしており、読み応えあり。

ここではあまり触れなかったけど、ショタ関係はこの“「傷付ける性」としての男性”から逃げる動きが一番エッジに出たものといえる。この書籍では永山薫氏がショタに関しての考察をしている。

童貞ミュージック

ARTIFACT@ハテナ系 - オタクを引きつける因子を持った旋律

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050622/otamusic

という話題で盛り上がったけど、それに関してもっと剛速球なネーミングが(笑)。

飛井類司のうんちおっぱいちんこカレーハンバーグ、おまんじゅう - 童貞たちの音楽

http://d.hatena.ne.jp/toby-luigi/20050715

この世にはプロジェクトA子みたいなアニメだけが存在すればアトは何も要らない!!なんて考えてたんだけど、周りのオタク友達たちが何を色気憑いたのか、谷山浩子だとかそーゆー音楽を聴き出し始めちゃったモンだからココロに揺らぎが。で「いつまでも漫画やアニメだけじゃないでしょ」って顔までされちゃったもんだからアセっちゃって、聴かなきゃ聴かなきゃで聴きはじめたのが種ともこ。ぎゃー。でもきっかけは海ナウシカこと「サンゴ礁伝説 青い海のエルフィ」。

宮崎駿氏の「セーラー服着て機関銃撃つようなアニメばかり作ってちゃダメなんです!」という発言に怒ったり。種ともこは聞いてたけど、『サンゴ礁伝説 青い海のエルフィ』の主題歌やっていたの忘れていたよ…。どの曲だろうと思って調べたら「Mermaid In Blue」だった。色気づいて谷山浩子ってのが泣ける。

ついでに飛井類司氏のステキコメントを引用。

飛井類司のうんちおっぱいちんこカレーハンバーグ、おまんじゅう - BSアニメ夜話

http://d.hatena.ne.jp/toby-luigi/20050701

コナンもカリ城も大変良く出来てるけど、マクロスとかと同じ童貞アニメですね。最近の宮崎アニメはチンポコにフォースが行き渡らなくなったからあんま面白くないんですね。

自転車に乗るようになって童貞毒が抜けると作るアニメが面白くなくなるって国分寺に住んでいるモヒカン族が言っていたのを思い出す。

2005-07-15

故富沢雅彦氏の言説

おたくの本 (別冊宝島 104)

おたくの本 (別冊宝島 104)

で、この前別冊宝島の『おたくの本』の「おたくに死す 殉教者・富沢雅彦へにレクイエム」(千野光郎)を読んで気付いたんだけど、1986年に亡くなった故富沢雅彦氏はすでにかなり似たようなことを言っていた。

富沢雅彦氏は主に同人誌「PUFF」を中心に活動していたライターで、商業ベースの仕事は『美少女症候群』(ふゅーじょんぷろだくと)などかなり少ない。初期は、怪獣映画、特撮番組、SFをベースに、その後ロリコン方面に活動を移していく。

富沢雅彦氏を語った有名人はあまりおらず、浅羽通明氏が『天使の王国』で一章を割いて触れているぐらいだ。現在ネット上では、富沢雅彦氏に関する言説はかなり少ないのだが、浅羽通明氏に言及する流れで言及する人が多いようだ。浅羽通明氏に造詣の深い葦原骸吉氏(id:gaikichi)が1997年に書いたコラムでも、富沢雅彦氏に触れられている。

B級保存版 歴史の整理 80年代おたく文化の思想

http://www.axcx.com/~sato/bq/04.html

下記の文章は『おたくの本』の該当記事より引用。

三次元の現実はつねにこの社会内でのアイデンティティを確立せよ、“現実”の生活や家族、出世、“現実”の女との恋愛やセックスに欲望を持て、それによって社会に帰属せよと迫る。ぼくらはどうしてもそれに対する齟齬感を抱かずにはいられなかった。

「学校や会社」も「メジャー文化」も「他人を蹴落とし、優位に立つことを強いる競争原理」に貫かれている。「恋愛すらもその中では、いかに他人より先に他人よりいい女をモノにするかのパン食い競争の如きものになっている」と彼は断じる。そして彼には、「七十年代末に一斉にある種の男の子たりがロリコンとしての自己主張を始めたということは、その背後に“社会変革の意志”の存在が感じられた」。

“社会変革の意志”は橋本治氏の『青空人生相談所』からの引用だそうだ。また、富沢氏は岸田秀氏のミーハー的ファンを自称しており、岸田秀氏の唯幻論を理論的背景にしているようだ。

富沢氏はこうしていわゆる男性中心の現実的価値体系が生み出す社会的抑圧に対しての異議申し立てを続けていたという。これは本田透氏の『電波男』に連なる問題意識といえる。

WEBアニメスタイル REVIEW 待望の「アニメーションの宝箱」ついに刊行 これぞレビューのお手本!

http://www.style.fm/log/03_book/review041022.html

五味洋子氏は富沢雅彦氏の姉なのか…。知らなかった。

※googleで「富沢雅彦」を検索すると、自分のこの記事が上位に出てくるが、富沢氏の姉の五味洋子氏の記事が上位に出てこないのはもったいないので紹介。

WEBアニメスタイル | アニメーション思い出がたり[五味洋子] その109 「PUFF」そして富沢雅彦[↑B]

’X’X 2005/07/17 18:54 富沢雅彦氏、懐かしいです。(何歳だ>自分)
みのり書房のOUTだかその辺の雑誌にも書いていたような記憶があります。快傑ズバットの魅力を商業誌で最初に評価したライターさんではなかったかしら?
その当時全盛を極めていた戦後反戦教育の結果、「自衛隊が怪獣や侵略してくる悪の恐竜・宇宙帝国と戦うシチュエーションに燃える視聴者たる自分」に居心地の悪い思いをしていたオタク(当時はそんな言葉はない)にある種の明快な自己承認を与える言説に喝采したものです。(<ホントか?)
それはそれとして、バトルフィーバーJなどで当時必ずあったお約束の「変身前ヒーローの女装エピソード」に異常に肩入れしていたのですが、それが、21世紀に翻って現在の↑評価(ジェンダー、セックス、トランスヴェスタイト、異議申立て)と地続き、という訳ですね。(<日本語変)

’X’X 2005/07/17 19:41 ついでに。
その当時(明末清初)アニメや特撮の評論というのは長浜ロマンロボ、トミノ作品、宇宙戦艦ヤマトや1950〜60年代円谷作品を題材に、「いかに大人の視聴(論評)に耐えられる点があるか」を列記して論ずる、という大きな流れがあって、それは要するにオタク(当時はそんな言葉はない)の「アニメを卒業しなきゃいけないでもしたくない」といった煩悶の反映でもあったわけですが。
富沢評論はそれとは別次元の魅力がありましたね。なんせいい年したお兄さんが「ハイネル様」ですから。
ポスト大塚英司、平成のパースペクティブからすれば、「パフォーマンス・演技なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そうじゃなかったと思うな…(<日本語変)

2005-07-14

「傷付ける性」としての男性、そして少女化

徒然庵日記 -  百合色の夢

http://d.hatena.ne.jp/chunyan/20050707/1120755365

純粋なココロ: 『男性版やおい』が、今まさに誕生しつつあるのかも知れない

http://a-pure-heart.cocolog-nifty.com/log/2005/07/post_cbf5.html

この“「傷付ける性」としての男性”の理論的バックボーンに関しては、chunyanさんが言うようにササキバラゴウ氏の『〈美少女〉の現代史』で説明されている。著書参照となっているだけで、どの書籍なのか書かれていなかったので補足。

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)

「美少女」の現代史 (講談社現代新書)

あと、純粋なココロのコメント欄を見ていて思ったが、ササキバラゴウ氏の本でも「昔からあった」ということはきちんと指摘されている。どうもこの辺の知識共有なしで議論されている気が…。

で、この辺りを2001年から語っているのが更科修一郎id:cuteplus)だったりする。当時、これが雑誌に掲載された頃、ネットの個人サイト界隈では電波電波言われてた(笑)。chuyanさんのところの下のコメントみたいなのと同じ反応だった。

# RSR 『不十分な知識と説得力のない考察、一人よがりの解釈を前提に、

不明確な根拠と不適切な論拠を基にした支離滅裂な主張。

全く説得力がありません。

自分の思考を正当化する理屈を無理矢理にひねりだしてくっつけ、

垂れ流しているようにしか見えません。』 (2005/07/12 12:16)

という訳で、過去の言説が知られないのは当事者として悔しいので紹介。

長いのだけど該当部分を全文引用する。

N.C.P. Special〜Natural Color Phantasm 2nd season

『カラフルPUREGIRL』(ビブロス)2001年12月号掲載

http://www.ann.hi-ho.ne.jp/cuteplus/ncp/cpg16.html

【『AIR』という転回点】

 そして、現実の少女たちに取り残された男性が抱く孤独感とノスタルジーによって、美少女ゲームに於ける少女幻想は、原型を留めないほどにカスタマイズされ、独自の進化を遂げてしまった。

 その代表例は、言うまでもなく、Keyの一連の作品だろう。女性を抑圧し、少女幻想を破壊し、隷属させることで自分が男性であることを再確認する従来のポルノグラフィでは孤独感を解消することができなかった男性たちにとって、女の子を取り巻く抑圧から解放するプロセスを描いた『Kanon』や『AIR』は、いわば、不可視のポルノグラフィとして機能した。

  既に従来の強い男性像を見失っているユーザーにとっては、少女幻想を破壊する外部を取り除き、「永遠の少女」を作り出すことが男性としての達成なのだとも言えるし、穿った見方をすれば、図々しく現実を生きている強い少女たちに対して、孤独の檻からささやかな復讐を行っているのかも知れない。

 それは、戦後民主主義の状況下に於ける家族像の変化、父親という存在の定義の変化と無関係ではないように思う。つまり、家父長制的な強い男になりたいのではなく、核家族的な優しい父親になりたいのだという願いが、オタク化した男性の達成願望として表面に出てきたのだけども、従来のポルノメディアがそのニーズに対し、あまりにも旧態依然だったことが原因でもある。

 ところが、『AIR』に至っては、女の子を抑圧から解放するプレイヤーが、一転して抑圧する側に回りかねないという矛盾を解消するために、プレイヤーの存在そのものを消してしまうところまで行き着いてしまった。ここでは、達成願望そのものが極めてミニマムな方向へと進化を遂げてしまっている。既に現実の少女に勝利することすら望んでいないどころか、ユーザーの理想である「永遠の少女」に自ら敗北することで、その内面に永劫回帰することを望んでいるようにも見える。そして、そこにはもう、父性の欠片も存在していないが故に、既にホームドラマとしては不完全なものでしかない。

 同時に、プレイヤーが求めるままに、舞台の上で必死に演じようとする役者の哀しみに対し、物語から切り離されたプレイヤーは、ただ、切断面を眺めていることしかできない。だけども、あらゆる繋がりを断ち切られていく感覚は、非常に辛い感覚ではあったのだけど、個人的には自然だと思えた。

 胎内回帰願望を内在させた殉死願望、とでも言うべきなのだろうか、父性を丹念に排除した物語によって、男性としての身体性を否定することは、現代を生きる男性の孤独感と結びついた達成願望の一つとして浮上しつつあるのかも知れない。だから、それを単なる破滅願望の一種と言い切ってしまう気にはなれない。

 『AIR』インタビューの時に、誌面には収録されなかったのだが、筆者は麻枝氏に「他者との関係性を巡る話として見ると、美少女ゲームというよりは、女性向けのボーイズラブに近い雰囲気があります」という、かなり失礼なことを言った記憶がある。しかし、今となって思えば、そういう欲望のニーズが潜在していたことに、筆者は気づいておくべきだったのだ。その台詞自体は、かなり思いつきで言ったのだけど、別にジェンダー論に持っていきたい訳ではなかったからだ。

 つまり、性差を越境したいのではなく、ただ、無効化したいだけなのだ。性差が発生する以前に立ち戻りたいだけなのだ。もう一度やり直すために。

また、COCOの長いコラムではよりブラッシュアップされていく。

Natural Color Phantasm Extended Version 『月姫』までの長い途─ぼくらのリアルと美少女ゲーム─

『COCO』(エンターブレイン) Vol.2/2002.07掲載

http://www.ann.hi-ho.ne.jp/cuteplus/ncp/coco01.html

【004】

 80年代アニメの影響によって進化してきた『ToHeart』までの美少女ゲームに対し、『ToHeart』の2年後に登場した『Kanon』(Key)以降、その精神性はむしろ、70年代後半の乙女ちっく少女漫画へと遡っていくことになる。

 70年代後半の乙女ちっく少女漫画が「少女幻想」という抑圧から、フェミニズムによって少女たちが解放されていく以前の表現、抑圧下で生まれた表現であるが故に、フェミニズムによって抑圧された男の子たちのための物語として機能したのだ。つまり、この時代の少女漫画が発見した少女の自意識と身体性に対する不安が、現代を生きる美少女ゲームユーザーな男の子の自意識と同期してしまったのだ。

 そして、美少女漫画が敗退した理由は、この点を二重の意味で勘違いしたことにある。90年代初頭の成年コミック規制による抑圧が、時間が経つに伴って機能しなくなったことで、ユーザーの欲望に忠実な「だけ」のポルノが蔓延してしまったこと、そして、解放された婦女子の表現メディアとして勘違いされてしまったことだ。これは、岡崎京子が『漫画ブリッコ』出身でありながら、大塚英志というオタクの支配を逃れ、90年代女子のサクセスモデルになったとされる神話の悪影響だろう。

 過剰な凌辱描写に傾斜していく一方で、恋愛を伴わない婦女子の奔放なセックスを肯定してしまった美少女まんがと、肯定することを拒み続ける美少女ゲーム。

 団塊ジュニア以降の世代のオタクな男の子は、性的な加害者であることを忌避するあまり、自分の身体性からも逃れ、イノセントな存在として自らを定義したいという欲望を抱いていているのだが、その一部はイノセントな存在であろうとするあまり、被害者であることを選び、ショタややおいなどのジェンダー的なポルノへと向かっていった。

 しかし、美少女漫画の編集者たちは、そうして複雑化していく欲望を汲み取ることに失敗し、オタクな男の子たちは安全で健全なポルノメディアとして美少女ゲームを選んだのだ。

 かくして、オタクのためのポルノメディアとして、美少女漫画は美少女ゲームに敗北し、美少女ゲームへ向かうユーザーの欲望は更に重層化していく。

 多様化していく欲望に対し、漫画を含めた既存の物語表現メディアの容量では、ユーザーの物語消費スピードに追いつくことが難しくなっていたのだ。

現時点でのこの話題に関する最新原稿は、ユリイカの人形特集の号の「ギャルゲーにおける人形表現 自己去勢するオタクたち」である。

http://www.seidosha.co.jp/eureka/200505/

ユリイカ2005年5月号 特集=人形愛 あるいはI,DOLL

ユリイカ2005年5月号 特集=人形愛 あるいはI,DOLL


※補足

感じない男 (ちくま新書)

感じない男 (ちくま新書)

はてなブックマークのコメントによればこの書籍も参考になるとか。

上の本に触れていた松谷さんの記述より。

kanosekanose 2005/07/15 09:37 Masaoさんに対してというより、コメント欄で「昔からある」と指摘している人たちに向けて書いたのでした

どうぶつどうぶつ 2005/07/15 13:36 > 当時、これが雑誌に掲載された頃、ネットの個人サイト界隈では電波電波言われてた(笑)。

この論を「DQNは女を傷つけるけどオタは傷つけない。故にオタこそ愛を知る」と言い換えると本田透の「電波男」になるんだから,個人サイトに受け入れられる/受け入れられないを問わず,やっぱり扱いは電波になるのでは(笑)

それにしても,やっぱり2001年にこれを言ってた更科たんは偉いな。

kanosekanose 2005/07/15 22:36 もっとベタな解釈ができるのでは?というご指摘はわかります。特に『Kanon』はベタな解釈も重要でしょう。ただ、『Kanon』はユーザーの支持を得たが、『Air』はとまどうユーザーが多かったという前提がありまして、更科コラムは、その辺のとまどいぶりを考察したものなのです。

も 2005/07/16 01:05 こういう話をすると否定的意見が多く集まるのは自分の男性性を揺らがされて不安になってるのかなあなんて思ったり。そんな説は自分を不安にさせるので否定的意見を出しておいて安心しようみたいな。

男性全体の問題として敷衍しちゃうから『# RSR 『不十分な知識と説得力の(以下略』みたいな脊髄レスをもらっちゃうんだYO。一部のユーザーがそういう風に消費しているっぽいね、って話なのに無闇に他人の不安をあおるようなことを書くからいけない。

性自認と性嗜好の個人的問題として語るのが適切だと思うんだけど。なぜ純粋なココロはマクロな視点で物事を見たがりますか。ていうか情報少ないのに断定大杉。
この辺でも適当に読んどけ つhttp://macska.org/

2005-07-13

イギリスの携帯ゲームマシン『GIZMONDO』

【遠藤諭のケータイ出たとこレポート】ヨーロッパの香り高い超キュートな『GIZMONDO』・前編――小中学生は買ってくれなくて結構!

http://k-tai.ascii24.com/k-tai/special/2005/05/20/655946-000.html

【遠藤諭のケータイ出たとこレポート】ヨーロッパの香り高い超キュートな『GIZMONDO』・後編――ゲーム&ケータイ関係者は全員注目せよ!

http://k-tai.ascii24.com/k-tai/special/2005/06/26/656596-000.html

マイナーゲームハード好きにはたまらなさそうだ。

水銀がプレイヤーキャラの『【Hg】ハイドリウム』

ARTIFACT@ハテナ系 - 『ジ・ウーズ』がPSPに移植(ウソ)

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050203/mercury

以前これでネタにした『Archer Maclean's Mercury』が8/4に日本でも発売。タイトルは『【Hg】ハイドリウム』に。ムービーを見ると面白そう。

http://www.playstation.jp/scej/title/hg/

ASIN:B0009W1QBG

サイトを見ると、なんか原宿とか代官山のヘアサロンのお客さんにプレイしてもらったなんてレポートページがあって、そういう売り方をしていくらしい。

3Dファイナルファイトはブーム?

気が付いたら、3Dファイナルファイトなゲームが複数出るようだ。期待タイトルはナムコの『アーバンレイン』ということで。

http://namco-ch.net/urban_reign/

ムービーを見るとわかるんだけど、一度に二人を倒したりするアクションがあったりして、かなり多彩なアクションができるらしい。

Gpara.com:ComingSoon 期待の新作紹介:アーバンレイン

http://www.gpara.com/comingsoon/urbanreign/0428/

ナムコ、多人数ストリート・ファイトを実現!! PS2「アーバンレイン」

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050428/ur.htm

ナムコ、PS2「アーバンレイン」。登場キャラクタやゲームモードを紹介

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050520/ur.htm

ナムコ、PS2「アーバンレイン」。ゲームシステムの詳細と2人の新キャラクタなどを公開

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050624/ur.htm

PS2「ソウルキャリバーIII」、PS2「アーバンレイン」、PS2「MotoGP4」、PSP「Bounty Hounds」など、秀作ぞろいのナムコブース

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050519/e3_na1.htm

あとはカプコン

BEAT DOWN

http://www.capcom.co.jp/beatdown/

GTAファイナルファイトのようなバイオレンスゲーム。

3Dになったファイナルファイトファイナルファイト ストリートワイズ」 - QUITER

http://www.quiter.jp/news/316/003849.html

Gpara.com:チョウComingSoon 期待の新作紹介:ファイナルファイト ストリートワイズ

http://www.gpara.com/comingsoon/finalfight/0517/index.htm

こっちは本当に3Dファイナルファイト

骨髄ドナーの話

2chのスレから生まれた骨髄ドナー本の話題から、骨髄ドナー体験者の方が、当時の体験レポートを。

「で、みちアキはどうするの?」 - ほんとにぼくのでいい?

http://d.hatena.ne.jp/michiaki/20050712#1121179487

平日にかなり院に行くことになるとか。提供した相手は教えてくれないけど、1年以内に二回だけ手紙のやりとりができる、ただしお互いを特定できるような情報は書けないそうで。不思議な手紙のやりとりになりそう。

裏^4() - 骨髄ドナー「落選」した話。

http://d.hatena.ne.jp/Insite/20050712/1121187617

2005-07-12

Tシャツの作成から販売まで無料で受託してくれるサービス「ClubT」

【ClubT】オリジナルTシャツの販売&制作

http://clubt.jp/

GarageVenture、ノベルティTシャツの作成から販売まで無料で受託「ClubT」

http://www.venturenow.tv/news/05/vn20050706-04d.html

というサービスがあるのを知った。これでモヒカン族のTシャツ作りたい!

元神風動画のメンバーによる3Dアニメ『カクレンボ』

カクレンボ OVA [DVD]

カクレンボ OVA [DVD]

神風動画にいた森田修平氏と桟敷大祐氏による映像製作ユニットYAMATOWORKSによる作品。

cwfilms_カクレンボ

http://www.cwfilms.jp/kakurenbo/index.htm

YAMATOWORKS

http://www.yamato-works.com/

かくれんぼマンガ化

http://www.biblos.co.jp/bboynet/hotnews/kakurenbo/main.html

え、なんでMAGAZINE ZEROで? 確かにちょっと尖った漫画を載せることは多かったみたいだけど、それにしてもボーイズラブ系寄り雑誌でやるとは。

ワーナー米テレビドラマDVDの廉価版7/29発売

結局DVDは1stだけで止まってしまった『サード・ウォッチ』が…。これが売れて2ndシーズン以降のDVDが出たりするといいのだけど。ニューヨークを舞台に警察と消防、救急の隊員たちの活躍を描く集団劇ドラマで、様々な社会問題、各登場人物の複雑な家庭環境が絡んだ複合的な話が展開する。かなり面白いのでお勧め。

ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD] ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉セット2 [DVD]

ER 緊急救命室 II 〈セカンド・シーズン〉 セット1 [DVD] ER 緊急救命室 II 〈セカンド・シーズン〉 セット2 [DVD]

ER 緊急救命室 III 〈サード・シーズン〉 セット1 [DVD] ER 緊急救命室 III 〈サード・シーズン〉 セット2 [DVD]

『ER』も出るそうだ。見たい見たいと思っていたけど機会がなくて見てなかったんだよなあ。

『火垂るの墓』が1,500円で7/29再版

火垂るの墓 [DVD]

火垂るの墓 [DVD]

火垂るの墓』は『2001年宇宙の旅』などとともに4/22に出たキャンペーンのラインナップに入っていたようだったんだけど。

※4/22というのは2004年のものだったらしい。やっと理解した

2chスレ発祥の『骨髄ドナーに選ばれちゃいました』

骨髄ドナーに選ばれちゃいました

骨髄ドナーに選ばれちゃいました

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_detail?isbn=4093875863

骨髄提供者がネットに漏らした本音の体験談

この本は、インターネット掲示板「2ちゃんねる」の「ボランティア板」に立てられたスレッド「骨髄ドナーに選ばれちゃいました」に書き込まれた文章をまとめた、いわゆる2ちゃんねる本」です。この中では、骨髄提供者に選ばれた「鉄」氏が、最終同意をしてから実際に骨髄を提供するまでを同時進行で詳細にレポートしています。そしてその書き込みに触発されて、かつての骨髄提供者や今現在骨髄提供を待ち続ける白血患者、骨髄移植に携わる医療関係者などが、骨髄移植のあるべき姿やボランティアに対する心構えなどについて、本音で議論しています。骨髄移植に対する誤解を解き、正しい理解に基づいた骨髄ドナー登録の普及・発展を目指した本です。

元スレはこちら。

骨髄バンクのドナー候補が右往左往するスレ

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1100093121/

【UD】解析しながら大当り 3箱目【@pachi】

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1098617717/

私信

YEAH

http://puu.s147.xrea.com/

こちらの方からのTrackBackを受信したんだけど、URLに日本語を使っていたため、文字化けが発生していた。メールを出そうと思ったら、メールアドレスはないし、コメント欄で報告しようと思ったら、コメントのCGIが動作しなくて書けなかったのでサイトにて。

日本語のような2バイト文字をURLに使うといろいろトラブルが起こりますので、URLは1バイト文字に変更した方が良いですよ。

それにしてもブログが流行ってから、メールアドレス出してない人増え過ぎ! アドレス出すとすとspamが…というのならフォームメールを用意しておいて欲しいところ。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050630

この日のTrackBackなんだけど、URLが思いっきり化けていて、最初何事かと思った

今こそ飯野賢治氏はリアルサウンドを出すべきだ

iPodがこれだけ普及した今こそ、リアルサウンドを復活させるべきだ。当時はなぜ映像が出せるゲームマシンで音のみのゲームをやらなければいけないと言われていたが、音しか出せない媒体でやるべきだったのだ。問題はMP3プレイヤーでは分岐ができないことだが、そこは一つの話を複数視点にし、それを別の話にすれば、ゲーム的な面白さは楽しめるだろう。ブギーポップ第一作の『ブギーポップは笑わない』みたいなの。*1

@Wikiの宣伝すごい

Tociyuki::Diary - @Wiki通りすがり

http://d.hatena.ne.jp/tociyuki/20050630/1120104893

はてなダイアリーLivedoor wikiのことが話題にされると、@wikiを勧めるコメントがつくという謎な事態があったのだが、今もwikiのことを話題にするとこんな感じでコメントが。

応用ヒンシュク学会 - 冷めるwiki熱

http://d.hatena.ne.jp/towatowa69/20050708/1120837865

USBメモリ

最近USBメモリ欲しいなーと思ったので調査。

ASIN:B0007Q2ZHI:detail

128MBで1,980円。USB2.0対応。

SDカードにUSBコネクタがついたもの。これWBSで見た記憶があるけど、その時はアイオーではなかった気が…? アイオーが販売元になったということなのかな。128MBで4,306円、256MBで6,471円なので、256MBのほうが割安。

木曜洋画劇場予告

http://www.geocities.jp/thursday_movie/movie.htm

この前の予告もヴァンダム映画のはすごかった…。担当者はヴァンダムに思い入れありすぎ。

『24 -TWENTY FOUR-』が安くなっている理由

最近、1シリーズ1万円ぐらいでよく売っているなー、よっぽど余ったんだろうかと思っていたら、こういうことだったのか!

3シリーズで25,200円だそうだ。Amazonなら約2万円。

*1:今だと『ひぐらしのなく頃に』のほうがわかりやすいのかも

kanosekanose 2005/07/12 15:05 そうでした(笑)。ご指摘どうもです

acoaco 2005/07/12 15:30 ひとつのチャプターの終わりに、分岐するチャプター番号を選ばせ飛ばすとかやればゲームができそうな気もしますが、なんか懐かしのゲームノベルみたい。

mohrimohri 2005/07/12 15:32 PodCastingで次にダウソさせるmp3を選ばせるとかってできないっすかね?

kanosekanose 2005/07/12 15:39 なんか真面目にアイデアが(笑)。CDで出して、チャプターごとに区切ればいいですかね。選択にネットを使うと携帯プレイヤーでの即時性がなくなっちゃうのが難。

YuanyingYuanying 2005/07/12 18:46 http://puu.s147.xrea.com/←このページで日本語のような2バイト文字をURLに使ってると書かれてますが、ちゃんと2バイト文字を1バイト文字にURLエンコードされてるように見えます。

kanosekanose 2005/07/12 19:23 IEだと日本語そのままでFireFoxだと実体参照でエンコードされてました。TrackBackの文字化けから日本語だと判断しました

ARMARM 2005/07/12 21:22 ソフマップでここ最近、週末特価で、メルコのスティックタイプ256MBUSBメモリが1980円で売ってましたよ。

haikyohaikyo 2005/07/12 23:30 せつこおおおおお(;´Д`)y-~
買っちゃうんだ、また買っちゃうんだ
そして観る勇気が出ないまま封も切らずに置いておくんだ
で、酔っ払った勢いで観てしまって一ヶ月くらい凹んじゃうんだ

mgkillermgkiller 2005/07/13 10:32 <飯野賢治
はコカ・コーラC-mode(シーモ)のコンテンツアドバイザー(要は企画者)ですね。管理も含めてやってるはずだったかと。

<Podノベル
どっからでも読める連作短編をseesaaに登録してRSS配信。iPodでシャッフル再生すれば簡単リアルサウンドの出来上がり、ってのでは駄目でしょうかね。あそこ自動音声化だし。

うろうろ 2005/07/13 13:06 いまやると「ひぐらし」ドラマCDっぽいですね…で終わっちゃうので、やはり分岐できるのがいいかも。まーひぐらしドラマCDのように一本道のストーリーで、それぞれの視点からの話が続くのが楽というか流行りそう。問題はシナリオかw

2005-07-11

ライブドアブログ、他のサイトへのリンクに飛ぶ時は確認ページが出るという仕様に

趣味のホームページ:ライブドアブログ/他のサイトへリンクへ飛ぶときには確認メッセージのページに飛ばされる仕様へ変更 - livedoor Blog(ブログ)

http://blog.livedoor.jp/nairou/archives/50053917.html

ブログ別!作成・カスタマイズ講座: livedoor Blog からの外部リンクについて

http://blog.info-rich.jp/archives/2005/07/livedoor_blog_1.html

2chime.nuみたいなものらしい。なんで、こんな訳のわからないシステムを導入?と思ったら、アフィリエイトとしてライブドアデパートを使ってもらうためではないかという推測が。でも、ライブドアデパートの品揃えはあまりにひどくて、まるで旧ソ連か北朝鮮のデパートのよう。

うぱーのお茶会:ライブドアBLOGが2ch化?/リニューアルで他サイトへ飛ぶときには確認ページに飛ばされる仕様へ

http://blog.livedoor.jp/uirou/archives/27748523.html

少年コミックは「ケロロ軍曹11巻」だけで、青年コミックは「みかにハラスメント」だけしか無いという漢らしい品揃え!! エロゲーも自社開発の「メイドさんしぃしー」ぐらいしかないし。感動ですよ

訳わからね〜〜!(笑)

Livedoor Blogウザイ仕様変更。アキバBlogの移転の検討を開始しました::[アキバBlog]

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/27764704.html

自分も同じ立場だったら、そりゃ移転を検討するなあ…。

Natural Interior:外部リンク確認ページ、Pro は中止、無料版もウォレット登録で非表示を検討

http://blog.livedoor.jp/asiangirl/archives/27789861.html

JavaScriptを使ってリンクするという手もあるけど、ライブドア側でも回避できる方法は検討されているようだ。

「モヒカン族」は「DIME」に似てる

おれはおまえのパパじゃない - モヒカン雑感

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050710/1120979054

あと、何か楽しげなことをやっている小規模グループを見つけると、即座に「俺(あたし)は疎外されている! 仲間に入れてもらっていない!」という理不尽な印象をいだいて、片っ端からそういう場所にゲロを吐きかけていくことを生業としている人たちがいて、そういう人の存在を炙り出す装置としてこれらの遊びは働いている。DIME遊びにゲロを吐いていた人は間違いなくモヒカン遊びにもゲロを吐きかけています。

これを「けまらしい」と呼んだんじゃなかったっけ。なお「DIME」を知らない人はこちらから当時のログを辿ってみて。

DIME - 羊堂本舗 ちょき

http://sheepman.parfait.ne.jp/wiki/DIME

自分はほとんど言及してなかった。

http://artifact-jp.com/mt/archives/200310/hatena1015.html

http://artifact-jp.com/mt/archives/200310/1030.html

日日ノ日キ INFOBARってDIMEっぽいよね

http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20031029#1067437525

これに言及していた。DIMEを提唱していた人たちから怒られていたらしい(笑)。

それはさておき、このテラヤマさんが言うのに似たことは、以前から自分も不思議に思っていたので、最近こんなことを書いた。

モヒカン族 - モヒカン族反逆同盟@ARTIFACT - 名称募集

http://mohican.g.hatena.ne.jp/kanose/20050705/kemarashi

とりあえず有名サイトが言ったことやネットの一部で妙に盛り上がっているものには、何か言いたくなってしまいたくなる病というのをよく見かけるのだが、良い呼び名が思いつかない。それが理論的に批判されているのなら、読み甲斐もあるのだが、感覚の表明が多いからなあ。構図的には、社会で流行っているものに対して、何か言いたくなるのと同じなんだけど、どうもネットだと、そういうことを言いたくなる感情が加速化される気がする。やっぱり「けまらしい」なのかな、これ。

ネットは言葉による洗脳合戦が純粋化されているから、その価値観が広まってしまい、その価値観をよしとしない自分が住みにくくなってしまうのだから、「違和感表明」をしないといけないのはわかるんだけど、せめてその感覚を他人も納得できるような言葉で書いてくれると嬉しいところ。

モヒカン族 - モヒカン族反逆同盟@ARTIFACT - 有名サイトが言ったことやネットの一部で妙に盛り上がっているものには、とりあえず何か言いたくなってしまう病

http://mohican.g.hatena.ne.jp/kanose/20050706/tokoya

「床屋政談症候群」や「いっちょかみ」(関西の方言)といった名前が提案される。

自分が面白くないと思っているものを、他人にも面白くないと思わせるための洗脳工作って意外と難しい気がする。賛否両論になっていたら、賛否両方ともテンプレートができてるから、そのテンプレートに合わせればいい。でも、否があまりない段階では、よほどうまい手を考えないと、言うだけ損になってしまう気がした。

表示モードを日記モード・見出し別ページに変更

今まで日記モードにこだわっていたけど、はてなブックマークなどSBSにブックマークされる時に見出しが入らなかったり文章引用が上手くいかない時があるのをよく見かけていたので、見出し別に変更した。

yskszkyskszk 2005/07/12 01:05 少し前から「未来検索」も、検索結果がライブドア外のコンテンツだと、確認ページが出るようになってますね。2ch化というか、要するにライブドア外にユーザーを出させたくないのだと思います(そういう意味ではSNS化?)。

kanosekanose 2005/07/12 01:07 そういえば未来検索で確認ページが出て不便だなーと思っていたのを忘れてました。最近あまり使ってないので。

2005-07-08

モヒカン族に絡んだネタ

モヒカン族」による素敵なネタが増えてきたので紹介。

モヒカンたん

http://up01.2ch.io/test/read.cgi/g2saloon/1114439139/243

すごい、モヒカンたんが登場! しかも上手いし。一体誰なんだろう。

http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/blog/1118322704/457

が発端。

モヒカン族 - 狩り上げてモヒカン - 宣言

http://mohican.g.hatena.ne.jp/itkz/20050706/p1

「HTMLメールをデフォルトにするな〜!」思う思う。

あおしまの日記 - ♪もーひかーん もーひかーん たーっぷりー もーひかーん

http://d.hatena.ne.jp/aoshimak/20050704/p2

モヒカン族行軍のイメージ。

あおしまの日記 - モヒカン早速可視化さる!

http://d.hatena.ne.jp/aoshimak/20050706/p1

日日ノ日キ - 私の彼はモヒカン族

http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20050708/1120813022

PS2『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て! 完全版』7/28に発売

チュンソフト、新シナリオを追加しつつ低価格化。PS2「3年B組金八先生 伝説の教壇に立て! 完全版」

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050627/kin.htm

ITmedia Games:幻のシナリオを2本追加――「3年B組金八先生 伝説の教壇に立て! 完全版」は7月28日に発売 (1/2)

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0506/27/news081.html

価格は2.940円でセブン-イレブンでの先行販売。評判はかなり良かったので買おう。ちなみにゲームのストーリーはドラマの『金八先生』とはほとんど関係ないので、ドラマに興味ない人でも問題はないらいしい。

コンパクトレーザー複合機当選ありがとうございます

はてなダイアリー日記 - ブラザーのコンパクトレーザー複合機「DCP-7010」欲しい!当選者発表

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050707/1120722487

はてなダイアリー日記からTrackBackがきているから、何事かと思ったら…、すごいびっくり。そいやsakichanからスキャナ余ってるよーってのに返事してなかったーとか思っていたところだったので。

この手の高額商品当たったの初めてだ!

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050707#p2

↑こういった妨害工作にめげずに商品が届くの楽しみにしております!

ネットでの感情の共有は難しい

Webでの情報発信を、情報*1の共有か、感情の共有のどちらを重視しているかで分けてみる。いわゆる、パブリッシング志向は前者、コミュニケーション志向は後者になるだろう。

で、ある人から「自分は思考のある程度の完成品を見せたい、自分にとって愚痴は未完だ」と言われて、なるほどと思ったのが、愚痴のような感情の共有は他者の反応があって成立する。*2

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050704#studentblog

ブログというのは、情報が断片化して読まれてやすくなっているけど、そういう場所は「個人の感情」を理解してもらうのに、大変相性が悪いのだろう。

とこの前書いたが、もともとネットにおいて、「感情の共有」は難しい。まったく知らない人相手に感情を共有してもらうこと自体がかなり難度が高いと、自分は考える。もちろん難度が高いだけで不可能ではないのだが、自分を知らない人相手に感情を共有してもらうための文章スキルよりも、情報の共有のためのスキルの方が簡単である。感情共有に対しての考えで、ネットにおける情報発信へのスタンスが変わってくるのだろう。

また、感情の共有を意識しているサイトほど、メールなどの個対個で感想が送られ、情報の共有を意識しているサイトは、TrackBackやコメント欄などWeb上での反応が多くなるのではないか。

狙ってる

http://artifact-jp.com/img/strawberrycafe.jpg

Googleアドセンスの広告で出会い系っぽいのがあって、へーそういうのも表示されるんだと思って見に行ってみた。

http://interlinks.info/cafe/

で、トップページの画像のこのメガネ女子はなんかすごい特定の層を狙っている気がしてならない。

*1:「思考」なども情報に含む

*2:もちろん人に読んでもらう、または読んでもらった可能性があると感じるだけで満足することもあるのだが

みんなのプロフィールみんなのプロフィール 2005/07/09 02:07 ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=ARTIFACT%40%83n%83e%83i%8Cn&address=http%3A%2F%2Fd%2Ehatena%2Ene%2Ejp%2Fkanose%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi

kanosekanose 2005/07/09 02:26 おお、ついにきたよ! 感動。

GIVENGIVEN 2005/07/09 02:56 金八先生のゲームはほんとうにいいゲームですよ!自分の中での2004年癸吋押璽爐任后B召砲△泙螢押璽爐笋辰討泙擦鵑韻鼻実際プレイした方はもれなく絶賛してますよね。それは興味を持ったときにはすでに楽しむ素質を持ってるってことなんだと思いますけど。そうでないと手にとらないタイトルだとは思いますが、金八だから、みたいな食わず嫌いでこのゲームを敬遠した人はほんとにもったいない!と熱く絶賛させていただきます。

mohrimohri 2005/07/09 09:39 ウチにも今朝7時ごろやっと来ますた。黙って消したけど<みんプロ。
「感情の共有」のスキルとして「さそいうけメソッド」が使われがちですね。

guldeenguldeen 2005/07/10 02:46 kanoseさんスゲー!。>複合機当選
しかし「みんプロ」、ウチにも来ましたが“ウザい”の一言ですね。

2005-07-07

パナソニックのDVDレコーダーのカタログの写真でお遊び

EXAPON Becky! PSPがこの地獄から生還出来るよう真剣に考える★78

http://d.hatena.ne.jp/EXAPON/20050628#p4

パナソニックのDVDレコーダーのカタログのEPGの説明用写真にある新聞のテレビ欄のネタぶりがすごいそうだ。2chのスレで報告が。

鉛の錬金術師

「禁断の人体錬成!妹が欲しい!」

午後は××言いっぱなしテレビ

アキバ最新情報!新商売「ナース居酒屋」

▽1円玉偽造マニュアルがネットオークションで流布

▽携帯ゲーム機ディスク飛び出し「不良に」にメーカーの対応は…

▽メーカー社員が職場PCからわいせつ書き込み

▽盗作なっ?「覆面歌手」で再起はかる ほか

アニメ・制作進行しろみちゃん1時間SP

「そんなシートで撮らす気か!」

「遅ぇ原画は引き揚げろ!」

すげえ…。やるな、松下。

テキストデータはこちらから引用させてもらいました。

http://d.hatena.ne.jp/kourun/20050628

テレビ・ラジオ欄のパロというと、同人誌が一番盛んという印象。あとはファンロードとかアウトなどのオタクパロディ雑誌とか。歴史的には『ビックリハウス』辺りでありそうだ。

『CASSHERN』の戦争観はゲームに似てる

9bit confusion - memo 050701

http://gmk.9bit.org/note/050701-memo.htm

9bit confusion - memo 050705

http://gmk.9bit.org/note/050705-memo.htm

CASSHERN』の戦争観はゲームに似てるという話。ああ、言われてみれば!

以前『エースコンバット5』と『FRONT MISSION4』を引き合いに「ゲームの中で戦争を描くことの難しさ」というのを書いてみようかと思っていたので、なるほどと思った。『エースコンバット5』といえば、7/7にThe Bestが出るそうで。

エースコンバット5ジ・アンサング・ウォー PlayStation 2 The Best

エースコンバット5ジ・アンサング・ウォー PlayStation 2 The Best


で、『CASSHERN』の世界で行われている戦争だけど、亜細亜連邦共和国が50年も戦争して世界の大半を支配しているということだから、ゲリラ掃討戦だと思っていた。現在の戦争でいえば、現在のイラクやチェチェン、昔のアフガニスタンみたいな。アフガニスタンチェチェンでも、がんがん若い兵士が投入されていたので、そう考えれば違和感ないかなあと。イラクに関しても、アメリカでは最近は兵のなり手が少なくてリクルートが激しいという話を聞く。

追記:敵であるゲリラが描かれてないのは、ただでさえ長いのでカットされた&予算の問題という気がする。戦闘シーンがモノクロなのはセットがちゃちいのでそれをごまかすためにモノクロにしたそうだ。

はてな人というと六本人みたい

連想ゲームで六本木パソコン。

ひげよ、さらば - はてな臭というかはてな人の特性というか

http://d.hatena.ne.jp/sleepiness/20050706/1120656793

文化に関してマイナーメジャーを突っ走っている人ほど、他人と話したい欲求が強いので、ネットに集まる説。そういった層を、はてなダイアリーは可視化させやすくなったんだと思う。

ねこになりたい。 - プチ流行メーカー・はてなブックマーク

http://d.hatena.ne.jp/SNMR/20050612#1118546567

つか特にダイアリーで思うんだけど、はてなって男子校のディープ系文化部の臭いがぷんぷんする。男子校ってのが多分ポイント。何かね、うん、皆童貞臭いわ。女ってキーワードに色んな意味で弱すぎだから。サークルクラッシャー論争とか女子中学生とか(詳しくは知らんけど)。何かね、未知のものを頑張って分析して論じてみたり定義してみたりして、けどあんまり上手くいかなくて、「ああでもないこうでもない」って仲間割れしてるような感じ。

 世間の流行には抵抗したがる人が多いようで、ブクマに現れるはてなの流行には敏感だったりと、人間的本能は共通しちゃってるとこも笑える。

 そんな暴言を吐きたくなりました。ごめんなさい。実際その辺ってどうなの?

という名分析もすでにあるのでぜひ。この文章はのちのち歴史史料として各所で引用されると予言されてます。

余談だけど、世間の流行に抵抗するけど、はてなの流行…ってのは、「流行を身近に感じるかどうか」という違いだろう。ネットというのは、この「身近に感じる」感が非常に強い。その辺り、ラジオと近いものはある。

matsunagamatsunaga 2005/07/07 18:16 当選おめ(´ー`)ノ

kennysskkennyssk 2005/07/07 21:00 ご当選おめでとうございます

kamiokakamioka 2005/07/07 22:56 おめでとうございます!

matsumuramatsumura 2005/07/08 03:41 もうご存知かと思いますが、フリクリDVDBOXの発売日が決定したようですね。また延びなきゃいいんですけど・・・。
http://www.gainax.co.jp/cgi-bin/anime/zakki.cgi

KMKM 2005/07/08 09:26 MSX-A1ST の販促パンフカタログで『「レッドオクトパスを追え」ソ連が開発した巨大なタコが...』というネタを読んだ記憶がかすかに

2005-07-06

タワーレコードイラスト勝手に利用事件

アイキューレイテンイチ。(ブロッグ): ライツアンドリフレクション2

http://www.iq01.jp/blg/archives/002268.html

先日のタワーレコードイラスト勝手に利用事件は無事解決したそうです。よかったよかった。タワーレコードの内部事情話が切ない。

更にメタレベルで、ミュージシャンの肖像権云々とか言う人が出るかなーとか思ったんだけど、さすがに出なかったか。肖像権は現在の日本の著作権法に入ってないしなあ。似顔絵が著作権法絡みで裁判になったことってあるんだろうか?

読売オンラインのdonnaにTrackBack

donna : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/donna/

読売新聞の鈴木美潮記者のこのページって5月からTrackBack受け付けてるようで。大手新聞社の中だと初めて?

Milano Design blog ≫ 鈴木 美潮のdonna blog

http://blog.milano-design.jp/j/index.php?p=162

5/16からなのか。

「火病」について

なんとなく、政治的話で「火病」を思い出した。ネットの世界では、最初の意味から離れて、いまや単に「逆ギレ」を指す用語になった「火病」の正確な定義。

サイコドクターぶらり旅より。

http://psychodoc.eek.jp/diary/?date=20050207#p01

http://psychodoc.eek.jp/diary/?date=20050210#p03

「対人恐怖症」は実は日本独自の用語だったりするという。

はてなコンサルタント

はてなダイアリーに何を書いても、どうも話題にされない…。そんな人にどんなことを書けばいいのかアドバイス! そして面白いことを書いたら、コンサルタントのはてなダイアリーで紹介したり、はてなブックマークでピックアップ。お礼ははてなポイントで。

ブログコンサルタントでもいいんだけど。

『テレキネシス』

面白いと聞いて買ってみたけど、かなり定型だったなあ。この人情モノ嫌いじゃないんだけど。手つきが見えてしまうというか。

この原作者なら『イリヤッド』の方が自分にとっては楽しめるかも。

『ガイアの夜明け』見た

カカクコムの1週間というドキュメント。どういう原因で起きたのか結局わからず。あと『リネージュ2』のアカウントを取るウィルスだったが、特に被害はなかったという。

高木浩光氏が出演していた。セキュリティ関係の報道が多いからか、最近知っている人の中で一番テレビでよく見かける気がする。

「金文体」の印象

月姫』のタイトルに使われて有名になった金文体だが、7/5の朝日夕刊の記事によれば、ダイナフォントでは「明治の横浜・神戸の洋風なイメージで作った」そうだが、「近未来、スタイリッシュ」と感じる人が多いそうだ。ええ! 自分は明治の日本っぽいと思っていたよ…。

※『攻殻機動隊SAC』でよく使われたので近未来イメージがついたのではないかという説が

ネットで政治や歴史認識のことを書く時

へいうま - 従軍慰安婦について追記

http://d.hatena.ne.jp/churchill/20050705/p1

従軍慰安婦のことが授業に出たことを書いたら、いろいろ反応があったという話。

そういえば、churchillさんが

http://d.hatena.ne.jp/churchill/20050324/p1

ところで私は基本からしてよく知らないんですけど、朝鮮人が分裂して北朝鮮人と韓国人に分かれたんでしたっけ???

と書いていたのを見て、誰かが教えるのかなーと思って見守っていたのを思い出した。北朝鮮と韓国の分裂って改めて考えると説明はなかなか難しいんだなあと思いながら。米ソの対立から説明しないといけないし。

さて、自分も政治的なことを書く時は結構ドキドキする。最近も、読んでいるブログで「靖国問題のことを書くと怖い人が寄ってきそうなので書くのをためらわれる」なんて書いている人がいた。*1

でも、自分の場合、実際にストレートに論争になったのは、東京大空襲を東京大虐殺と呼ぶ話ぐらいだった。ただ、これも九十九式のミヤモトさんという相手が特定できる人だから、議論したというのはある。完全な匿名の人相手だったら、議論をやる気は起こらなかった。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050313#tokyogenocide

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050317#tokyogenocide2

他の件は華麗にスルーされていたり、ウォッチ対象になっているのかな?って気もするけど。

靖国陣社にA級戦犯を合祀したのは誰か?/昭和天皇はなぜ靖国に参拝しなくなったかという謎

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050210#yasukuni

A級戦犯合祀が誰なのか気になっていたところ、その疑問に答えてくれる情報があったので書いてみた。

近代史の認識話の基礎として秦郁彦の本はお勧め

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050210#hata

東条英機の戦争責任を、開戦責任ではなく「敗戦責任」として考えてみるというのは、意外とされてないので書いた。第二次世界大戦で日本の戦死者は中国での戦場をのぞくと約150万人。そのうち、約7割は餓死、または栄養失調の結果、病気を併発しており、補給を無視した作戦が強行されていることがよくわかる。東京裁判では戦争をしていた国相手の犯罪のみ追求され、こういった国内での責任は棚上げされてしまった。

自分が書こうかなと思うのは、こういった言及されてないと思える意見*2の時だけなので、従軍慰安婦*3の強制連行や南京虐殺の人数などのように資料合戦になっているものについては特に触れる気はない。そういった既に議論となっている各種政治問題については、現在両サイドのプロパガンダ合戦が行われているから、それらを読んで、自分が妥当だと思える考えを導き出すしかないだろう。

自分の立ち位置としては、日本の過去の行いをすべて悪くないという史観に与するつもりはない。「反日」とか「売国」という単語を使っている意見は特に胡散臭く疑ってかかる。もちろん、おかしいと思える部分は指摘すべきだが、とにかく歴史をなかったことにしようとする傾向が見られるので。悪い行いがあると日本人としての自信が持てなくなるというロジックは理解できないし。

最近だと沖縄の自決が軍の命令がどうかというのが新たな火種になってるが、その流れで沖縄の人は反日!とか言う人ももういるらしいよ。とほほ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/churchill/20050705/p1

みんなコメントしてる(笑)。歴史モヒカン族って「史料がないから事実ではない」という人たち? 史料主義はもちろん大事だけど、史料がなくなっている可能性はどう検証してるんだろうか。その辺りのチェックって見たことないんだけど。

伊藤穰一氏とJBA

ITmedia エンタープライズ:Joiこと伊藤穰一氏、ブログの「今」を語る (1/3)

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0507/03/news002.html

過去の改変を見かけたので書いてみた。はてなダイアリーで言及に経由できるようこっちにもURLを書いておく。

ARTIFACT ―人工事実― | 再びJBAについて

http://artifact-jp.com/mt/archives/200507/jbareturns.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0507/03/news002.html

で、はてなブックマークを見ていたら、こんなコメントが。

2005年07月04日 cliche 『[俯瞰][2014年] 2002年に彼等をバッシングしてた人達はイマ、ナニをしてるのだろうか?』

こうやって元気に批判しております!

にゅーあきばどっとこむ NEWS050705 「本日の常習者サイト!:JBAがブログの何に貢献したって?wwww」

http://www.new-akiba.com/news/0507/05/09/index.html

ソフトバンク系のところでネタにするという構図がおもろい。

*1:ほんとに怖い人が寄ってくると悪いのでリンクはしない

*2A級戦犯合祀は書いたあとに一部の政治系ブログでは他のところをもとに盛り上がっていたが、同じ秦郁彦氏の本がベースの情報だったので紹介しなかった

*3はてなキーワードではどういう解説がされているかなあと思ったら、予想通り、注釈で何だかなーという状態になっていた

clichecliche 2005/07/06 15:08 どもはじめまして、上記のブクマ・コメント残してた者です。私は事後的に「当時の話」を、当事者のお一人から聞いたことがあったので、純粋にカツテとイマがどうなっているのか興味があったのですが、なるほどでした。とかくあらゆる議論が「鶏三歩的」に風化しがちな昨今、イマを過去から照射するうえで貴重なエントリーかと思いますです。

umetenumeten 2005/07/06 21:51 >はてなコンサルタント
それは、ゴーログのキムタケ・メソッドなのではありますまいか。
なんだか「真理」を掲げたセクトになりそうな気がします。

kanosekanose 2005/07/06 22:09 clicheさん>当事者の一人というのが気になりまくりです■umetenさん>確かにキムタケメソッドだ!(笑) もともと胡散臭いのに更に胡散臭さアップ

haikyohaikyo 2005/07/07 00:30 手書きpop至上主義というか、pop書く店員はわかってるみたいな風潮が現場で働いてる人を追い詰めてるような気がする(´Д`)y-~
つうかpop無いとCDや本のひとつも買えないのか最近の客は

kikori2660kikori2660 2005/07/07 02:16 >「金文体」の印象
自分の場合はアニメ「コメットさん」ですかね。

kanosekanose 2005/07/07 02:38 たしかにあのタワレコ内部事情読むと手書きPOP至上主義感じますね■『コメットさん』も使ってたんですか、知らなかった

matsunagamatsunaga 2005/07/07 07:23 俺は石原莞爾派なので(笑)東條英機は国賊。でもそう言うと「反東條=反日」みたいに押し寄せてくる偽歴史モヒカンがうぜえ。
反薩長なので反明治政府みたいに言うと、やっぱり反日みたいにいわれるのもうぜえ。

KMKM 2005/07/07 13:00 月姫フォントは明治-大正期のおされ系(?)の広告の現物を見てないとそういう風にピンとは来ないかもですね.「明治の日本っぽい」ってのを読んだ時,自分の脳裏に浮かんだのは「資生堂コールドクリーム」でした.
でも調べたら昭和に入ってからのポスターでした orz ttp://www,shiseido.co.jp/museum/permanent/poster/

kanosekanose 2005/07/07 14:55 ええ、東条英機を批判するだけで反日なの!?(笑) そりゃすごいロジック■戦後世代からすると、戦前の大正期と昭和期の区別は難しげ

2005-07-05

私をさびしい気持ちにさせる物体はなんであろうと許さない

2chの同人板にてBatonのスレが。

バトンを語れ!

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1120477890/

14 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2005/07/04(月) 22:01:19 ID:0plfLxQF

いや、クリスマスとバレンタインデー以外に私をさびしい気持ちにさせる物体はなんであろうと許さない!

名言だ。

20 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2005/07/04(月) 22:47:46 ID:M34xN/eW

どのスレで見たかウロだが、バトンの性質からして管理人関連のスレ。

先方の日記で知らない間にバトンが回ってきた(本人は知らないまま)

→「回答マダー?」と回してきた人から連絡が→断った

→日記で晒し上げ・誹謗中傷される→更に相手儲から突撃※

断ったら不幸にされるバトン。

止めたら不幸が訪れるチェンメそのままの展開にテラコワス。

ええ、そんな実例が…。断ってもいいという遊びだったのに、その辺が伝わってないんだろうなあ。

68 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2005/07/05(火) 00:54:06 ID:HDR/omSp

>>62

同人て閉鎖された世界だし、やれ大手だの派閥だのイベントで顔合わせるだの

妙な上下関係や人付き合いが中途半端に混ざってくるから

難しくなるんじゃない?

女性向けジャンルなんて女ばっかりだから余計感情的になる。

シャレで楽しむものだから、シャレにならない同人界には向いてない遊びだと思うよ。

回ってきてないのに新しく始めちゃう人だけは勘弁して欲しい。

女性の同人業界はしがらみ多くて大変そう。

オレンジレンジのファンは愉快だな

ファン層が若いからだとは思うんだけどね。VIP板に、オレンジレンジのファンという中学生がやってきて、オレンジレンジが罵倒されているのに怒り、VIPPERに戦いを挑む。しかし、百戦錬磨にVIPPERに中学生が勝てる訳でもなく…、見事に翻弄されてしまう。「2chは使用料かかるよ」はオモシロ過ぎる。

2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´):小学5年生の俺が来ましたよ。オレンジレンジについて

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/26967241.html

2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´):昨日のオレンジレンジで騙された人中2です

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/27070666.html

demiさんはこういう遊びをするしか!

「異性に媚びる」問題

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050703#otagirl

で触れた話題への言及なんだけど、面倒だから省略した部分が見事に突っ込まれている(笑)。

strange 異性に媚びる

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050704#p1

何かわりと一般的な行為を見て「異性に媚びる」と見ている人がいるのだろうから、『「異性に媚びる」が普通』という発想になるんだろうなあとは思うけど。

指摘通りでして。その辺「わかってるよね?」ということで省略してた。

ゲームの為なら女房も泣かす - 媚びる

http://d.hatena.ne.jp/annnnnnna/20050704/p10

「男に媚びる」ことが「男の歪んだ妄想の体現」なので嫌うのではないかという指摘

コメント欄のオオツネさんの

マジレスすると「好きでもない相手に自分の異性としての魅力をほのめかして立場を優位にする」という行動を一般的に「媚び」と呼ぶのでしょう。

にならって考えると。この「好きでもない」というのがポイントで、オタク男は好きな女以外は他人としてしか認識しない。いわゆる「女フォルダ理論」である。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20041210#folder

好きな相手なら「媚び」を売ることにためらわない人は多いとは思う。*1しかし、そうでない「他人」の女に普通に接している男が、オタク男からすると「女に媚びている」ように見えてしまう。

ここで難しいのは、その「媚びを売っている」と見られている人の意識によって変わってくること。「自分の異性としての魅力をほのめかして」というように、高く売っている感があれば、確かに媚びなんだけど、世の中そういったことをイヤミなく自然体にやる人がいて、そんな人は確実に人から好感を持たれる。そういったイヤミがあるかどうかで、同じ行為でも「媚び」と見られたり見られなかったりする。

余談。demiさんさんのコメントに笑った。しばさんのコメント欄のレベルは高い!(自分にとって)

# beltorchicca 『女子中学生のはてなダイアラーはてなブックマークで褒めるのが「異性に媚びること=カッコワルイ」で、女子中学生にマンコクセーとかゆうトラックバックを送るのが「異性に媚びてない=カッコイイ」。結論からいうとレイパー=カッコイイ。』

男子小学生が好きな女の子にいやがらせするのと同じだと思ってた。

# beltorchicca 『私も男子中学生ダイアラーに「チンコクセー」というトラックバックを送って媚びないカッコイイ女になりたい!』

「お前のチンコの皮は恥垢臭いんだよ!」とか言って罵倒すると男子中学生はダメージでかくて立ち直れないと思われる。

痛快!モヒカン族

圏外からのひとこと(2005-07-04) 痛快!モヒカン族

http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050704#p01

唯一の可能性は、ネットにテキストを載せない技術を発明することだ。動画や音声は通るけどテキストが通らない技術を誰か発明しろ。それができなければ、テキストが市場を支配し政治を支配し日本を支配する。誰もがテキストに支配される。

モヒカン族の天下だ。

かっこいい! しびれた。

価値観というのは言葉で変わっていく。その言葉を操る人間が支配者だ。

ぼくたちの洗脳社会 (朝日文庫)

ぼくたちの洗脳社会 (朝日文庫)

岡田斗司夫氏の『ぼくたちの洗脳社会』に通じるだろう。この本は、マスメディアの本質を「洗脳装置」と位置づけ、誰もが洗脳者になれる社会を「自由洗脳競争社会」と呼んでいる。インターネットによって、「自由洗脳競争社会」が明確となってきた今、とても面白いと思う。

サイトに全文が掲載されているので未読の人は読んでみるべし。

http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/bokusen/mokuzi.html

*1:そこでの「媚び」が効果的かどうかは別問題だが

2005-07-04

自称毒舌問題

「私って毒舌で…」とか言っている「自称毒舌」な人ほどつまらないというのは、全国共通ルールなのだが、なぜそうなるかというのがよくわからなかった。

オチンコロニー - おもった

http://d.hatena.ne.jp/tinpo/20050703/1120365138

しかし、こちらで「語彙が少ないくせに毒舌もねーだろと思う」といういいヒントが。そうか、あの人たちは語彙の少ない悪口は芸がなくて面白くないということを理解してない訳か。

「下からのファシズム」「大衆監視社会」は今後の社会を考えるキーワードになると予想

ファシズムを「上」「下」で考えるのは丸山真男氏の「超国家主義の論理と心理」(未来社刊:「現代政治の思想と行動」所収)がオリジナルなんだろうか? それともファシズムを考える上だと、よく出るとか?

丸山真男における全体主義

http://web.sfc.keio.ac.jp/~oguma/kenkyu/02f3/hana-namatame.htm

ソドムの市相談室

http://www005.upp.so-net.ne.jp/guillo/pppstudy/ppp/salon.htm

「大衆監視社会」はこちら。

天河夢想:監視される家族

http://blog.livedoor.jp/bach2005bach/archives/25377900.html

学生はブログより学業をしろ

へいうま - 日記を書くくらいは学生もしてもいいと思うのです

http://d.hatena.ne.jp/churchill/20050629/p2

学生がウェブ日記やブログを書いていると「学業のほうは大丈夫ですか?」と言われるのは不公平だという話。大丈夫、社会人でも繁盛に更新していると「暇だな」と言われるから! 以下例。

備忘録ことのはインフォーマル さすがに悪意を覚えた

http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20050703#1120337944

こんな風に社会人の場合は悪意から言われることが多いんだけど、学生の場合、善意から言う人が多いのだろう。でも、そういった善意は当人からするとうざったいことが多いという。ネットであまり知らない人相手に善意を向けるのは難しいので、あまりしないようにしてる。*1

Kammy+'s spaceブログ版: 非モテへ寄せられたコメント

http://kammyblog.seesaa.net/article/4771393.html

これを見て、その思いを再度強くした。

基本的にこのブログは,「非モテを理解しない女どもへの闘争」なんかではなく,わたくしKammy+個人の悩みや思うことが綴られております.

「女ってのは,どうして僕の魅力を評価しないんだろう(ぼそっ)」

というのはこの場合「心情の吐露」であって,「女は非モテをもっと評価すべきだ」ということが本来の目的ではなかったわけです.

それに加え,私は非モテ活動家なわけではないのです.「非モテの人権」なんて叫んでるわけではないし,そもそも非モテが虐げられているかどうかもわかりません.

個人的な「心情吐露」が、どんどん全般の話題になってしまい、個人と全体が一緒になった議論がされてカオスに。アドバイスしている方は当然善意からなんだろうけど…。ブログというのは、情報が断片化して読まれてやすくなっているけど、そういう場所は「個人の感情」を理解してもらうのに、大変相性が悪いのだろう。

ただ、この場合「女ってのは,どうして僕の魅力を評価しないんだろう(ぼそっ)」というのだと、他者に責任を求めているので、いくら心情の吐露であっても批判されやすそうだなとは思う。

人間関係からみるBaton

Batonを渡す時に人間関係のしがらみが出る訳だけど、その視点で見た意見をメモ。

Goldenbat::Blosxom

http://goldenbat.org/misc/p200506241420.html

結局この問題もモテ非モテの自意識問題に到達しちゃって、モテは普段自分が周囲から好意的に受け入れられているのを当然と思ってるだろうから、相手がコレを受け取った際に面白がる筈だと思う(或いはそうした相手に対する思慮がそもそも無い)からコレを良いモノだとさえ思ってしまうのだろうし、非モテは自らのモテナイ経験から自分が相手にこの様なモノを送ったりして嫌われないか?とか心配する。その相手に対する一種の無頓着さや楽観主義、或いは悲観主義がそのままこのMusical Batonへの評価になっているのではないだろうか。そんな気がスルーと思ったけど思い付きだから前言全部撤回。

もなQらいとの過去記事 悪魔のゲーム

http://www.tokyo-nazo.net/~monami/log/20050621.html

 そういうわけで、この「悪魔のゲーム」によってサイト様間の力関係がはっきりと見える「パワーピラミッド」が誕生するのですねー。

サイト間のパワーゲームとして見た視点。なお、リファが10以上残ったサイトほど否定的で、リファが少ないサイトほど肯定的だそうだ。

馬鹿って呼ばないで。 - バトンリレーの怖さ。

http://d.hatena.ne.jp/peach_a_lime/20050618/1119120518

リレーの怖さとしては、5人だと詰まるのがあっという間ですよね。私は割と早いうちに回って来たので、バトンが重複したとか、送りたい先が回答済みだった、ということは無かったのですが、根本的な人間関係が試されてる感じが。あの、学生時代のグループ分け、みたいなね。あーゆーのの「1人余っちゃったんだけどどうしよう……」的な感覚が凄い苦手です。自由にグループ分けするって決まった瞬間に始まる根回しとかアイコンタクトとか。最初から参加してなかったんですけど私。面倒だから余ったところでイイよって最初に宣言しておくと凄い楽ですよ。あんまりおススメ出来ませんが。トモダチより「隠れファン」がたくさんいるような中学生って可愛気無い。

以上の意見を見て。

サイトの力関係というより、人間関係を試されている感があるという指摘のほうがしっくりくるなあ。力関係を意識するためには、ネット上で交友関係がないといけない。だから、力関係を感じるという人は、もともとネット上で交友がある人たち。でも、ネット上で交友関係が狭い人からすれば、力関係は意識する以前の問題になる。交友関係がないから、回す先がないという悩みが発生する。それ以前にBatonがこない可能性も高い。

なので、Batonにおいて一番問題になったのは「ネット上の交友関係を試された」ということなのではないだろうか。ネット上の交友関係が広い人はあまり悩まない、交友関係が狭い人は悩むと。

Batonといい、mixiといい、どうもこの「ネット上に交友関係のリソースがない」ことが発端となる問題が多くなっている気がしてきている。個人サイトを始めたばかりなら、交友関係がないのが当たり前なんだけど、自分がよく見るネットの先々でそういうリソースが多い人のところを見ていると、黒い怒りが発生してしまう。

あ、でももなQ氏が書いていたこれにはすごい同感。

もなQは他人に更新内容を振ってもらうほどネタに飢えていませんし、たとえネタ切れだとしても自分の更新内容を他人に強制されるのなんて真っ平ごめんですし、パワーピラミッドを眺めるのは好きですケドパワーピラミッドに入るつもりもありませんから、確実に止めますのでー。

気分はもう戦争 (アクション・コミックス)

以前こういうのを書いたぐらい。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040725#kibunha

「いいか、よく聞きゃあれ! 俺は好きこのんでブログしてるんだ あんたらと一緒にしねぇでくれ!」

「こう見えたって昭和xx年の生まれだぜ! 人からいわれてブログなんか出来るかよ」

「やりてェ時にやりてェ場所でやって! やめてェときにやめるんだよ」

人口の多いコミュニティーに属せるんじゃないかと漠然と思っていた

ARTIFACT ―人工事実― | テキストサイトの衰退?

http://artifact-jp.com/mt/archives/200309/textsite.html

ちょっと必要にかられて、自分の書いた記事を読み直していたのだが、この記事で引用した発言(引用先は消えているのでリンクしない)はネタだとしても、いい味を出している。『教科書ry教科書』にも使われているぐらいだもんなあ。

テキスレとかで「たろたま騒動」とか「ネガティブアクセス剛掌波」とか「脳死大戦」とか言ってりゃウェブの中心、少なくとも人口の多いコミュニティーに属せるんじゃないかと漠然と思っていたのが、なんか違うらしいと。

で、この名言はテンプレにできることに気付いたので考えてみた。

はてなダイアリーとかで「中二病」とか「サークルクラッシャー」とか「モヒカン族」とか言ってりゃウェブの中心、少なくとも人口の多いコミュニティーに属せるんじゃないかと漠然と思っていたのが、なんか違うらしいと。

ライブドアブログとかで「切込隊長」とか「R30」とか「極東ブログ」とか「ネットジャーナリズム」とか言ってりゃウェブの中心、少なくとも人口の多いコミュニティーに属せるんじゃないかと漠然と思っていたのが、なんか違うらしいと。

応用範囲広そうだ。いいネタを思いついたらよろしく。

タワーレコードなんば店が個人サイトのイラストを勝手に流用

アイキューレイテンイチ。(ブロッグ): フラストレーションインマイブラッド。

http://www.iq01.jp/blg/archives/002266.html

IQ0.1のはじめっく氏が描いたイラストがタワーレコードなんば店のPOPに勝手に使われていたそうで。ううむ、店員のモラル低いなあ。

ただ、ちょっと気になる点が。

まあでもその画像を勝手に使った方は、ただグーグルのイメージ検索で見つけてそのまま使ったりなさってるのだろうから、ここなんか見ておられないと思う。

とタワーレコード側は見ないであろうと想定しながら、

でもあの一週間してまだこれが掲示されている様だったら、さすがに怒らせてもらっていいかなあ。だっておかしいじゃないか。それともこういう行為はタワーレコードにおいて日常茶飯事なのかと思ったりするよ。

相手がサイトを見ることを前提とした行動を取るのはちょっと理解できない。

直接なんば店の店員に文句を言うのが恥ずかしいというのもわかるから、タワーレコードの問い合わせ先にメールすればいいだろう。あと、こういうのって末端の店に言うより、本部に言ったほうが対応してくれそう。

これに限らないけど、何かしらの問題が起きた時に、サイトに書いてから解決をはかろうとしてもうまくいかず、問題解決から遠ざけてしまうことが多い。まず当事者同士で交渉、それが決裂したら、サイトに書くというのはわかるんだけど。

追記:コメントでも書きましたが、一部きつく見える口調があります。これははじめっくさんの記事を読んですぐ書いたもので、そういった配慮が欠けてしまいました。相手にこうすればいいのではという提案だから、敬体で書くだけでも全然印象違うんですけどね…。モヒカン族モードで文章をよく書いていたので、配慮なしモードになってました。いかん! 危険だ。

「理解できない」という表現はきつい言い方でよろしくなかったです。変えるのなら「おかしくありませんか?」とか。

あと、この話自体も、はじめっくさんにメールのような直接の手段で伝えるべきである事項なんですけど、他の方にも読んで頂きたいと思い、サイトでまず書きました。

*1:下手すりゃ、相手の立場に立ってアドバイス…というより、そのアドバイスで相手が感謝してくれることを期待するようになってしまう。これは単なる自己満足だ

はじめっく。はじめっく。 2005/07/04 01:25 ああ!すみません。確かにそうですね。ちょっとカッとなりすぎたところがありました。見ないだろうな、と思いながらも見ていてほしいなと勝手に期待したところがごっちゃになっていますね。お恥ずかしい。
一週間したらタワレコにメールを送ることにします。御指摘ありがとうございました。

kanosekanose 2005/07/04 01:51 お怒りはとてもよくわかります。だから、ちょっと混乱したんだろうなあとは思っていたのですが、読み直すと、きつく読める部分もありますね…。はじめっくさんの怒りがわかるからこそ、タワーレコード側にもきちんとした対応をしてもらいたいというのがありまして、指摘させていただきました。

2005-07-03

ゲーセンノートを後世に伝える

おたくの本 (別冊宝島 104)

おたくの本 (別冊宝島 104)

『おたくの本』を読み直していたら、代々木の落書きボードのことが書いてあった。もはやこれも歴史だよなあ…。こういったオタクのコミュニケーションツールというのは、なかなか記録されないので、ゲームセンターのコミュニケーションノートなどを誰か記録しておかないと歴史から消えそうだ。各地の集めて…とか本格的なものでなくていい。とにかく存在自体知らない人が多そうなので、現物を二、三紹介するだけでいいんだけど。

『NHKにようこそ』は大塚ギチ氏の装丁だというのを知っている人はどのぐらいいるんだろうか

NHKにようこそ!(3) (カドカワコミックスAエース)

NHKにようこそ!(3) (カドカワコミックスAエース)

大塚ギチの装丁がイカスー, 2005/06/16

レビュアー: s980002 (プロフィールを見る)

ギチさんの装丁というのはいかがなものかと思いつつ

キャッチーでかつ軽薄になりすぎない、テーマから作品の雰囲気からあまり離れすぎずによい感じだ。

Amazonのレビューを見たら、大塚ギチ氏のデザインを誉めている人が。おお。

熱狂的な大塚ギチ粘着さんやアンチさんに、大塚氏が現在デザイン仕事が多いということに気付いている人はいるんだろうか。

※アンダーセルのサイトにデザインの仕事一覧があった。

http://www.undersell.co.jp/main/B1366000841/C840695589/E1003512571/

『〈学級〉の歴史学―自明視された空間を疑う』を再度プッシュ

Moleskin Diary - 幼少の砌の日記の思い出

http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20050624/p2

はてなブックマーク - 子どもはみなブログを持て!:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20050614nt07.htm

この報道で盛り上がった総務省の子供にブログを持たせてITリテラシーを高める話で、学校という場所でそんなことやってもムラ的圧力高めるだけじゃないの?という指摘

学校の企画としてやると確かにムラ的圧力を高めるだけだろうけど、個人としてブログを始めるのなら、学校と家庭しか世界のない生徒たちにとっては、良くいえばガス抜き、悪く言えば逃避先になるとは思う。ただ、価値観が固まってない段階でブログをやると、すごい影響されそうだしなあ。どっちがいいとは一概に言えないや。

<学級>の歴史学 (講談社選書メチエ)

<学級>の歴史学 (講談社選書メチエ)

Moleskinさんの記事で『〈学級〉の歴史学―自明視された空間を疑う』が勧められていたのだが、はてなダイアリーでは意外と言及されてない書籍なので再度書いてみる。

すごく簡単に説明すると、イギリスで生まれた学級システムとは本来特定の機能しか持たされなかった限定的なものだったのが、日本だと近代化する以前に導入されたために、日本の共同体(ムラ社会)を強固にし、生活すべてを支配するシステムになっているというのを、歴史から辿って丁寧に解説する書籍。

で、この書籍を一番勧めたいのは、ちょっと難しいところがあるかもしれないけど、いままさにその「学級」にいる中学生や高校生の人たち。なぜ学校だけがすべてと思えるようなシステムになったのかを理解できる一端になるだろう。ただ、理解したからといって、現状の不満を解決できる訳ではないが…。同調圧力をかけてくる先生に対して反論するための理論武装ができるとか?

最近キーワードができたスクールカーストだけど、これも「学級」と密接に関係しているだろう。ある共同体が絶対的な価値を持ってしまい、そこ以外にいけなくなると発生してしまう。特に中学、高校では発生しやすい。大学はもう少し緩い。

カマヤンの虚業日記 ネットと「ムラ社会

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050227#1109452100

ムラ社会」の問題をうまく解説しているのでリンク。この「都市(非ムラ社会)」はモヒカン族に通じるな。

オタク女のコミュニティで見られる光景

見聞録―けんぶ(ん)ろく(゛)はてな - memo

http://d.hatena.ne.jp/oya03/20050625

オタク女のコミュニティでは恋愛に耽溺する事をバカにするような雰囲気があるのに、何故か「女」であることをアイデンティティとし強烈に主張する人々がいる。まあ、わかりやすく言えば「オタクっぽくなくおしゃれに!だけど男に媚びちゃダメ」みたいな。正確に言えばオタクコミュニティの外にある一般社会の基準(恋愛資本主義!)からセクシャルな視線を引っこ抜いた感じとでも言いましょうか。異性不在の「女」。これはオタク男子の硬派もどきに通ずるところがあるかな。成人してから格闘技始める人ってオタク属性が強い人が多いみたいだし。

ここでつるし上げの対象となるのはオシャレじゃないもさい女イワユル喪女。西友っていうかダイエーブランドとか?で服買ってる女の事ですよ。ホモソーシャルなコミュニティがゲイを嫌うがようにそのコミュニティの団結のために嫌われ排斥されるのですよ!!

女性の世界も大変だなあと思った。男女双方ともに「異性に媚びない」というのに力点を置く人たちがいるということか。世間一般的には「異性に媚びる」が普通で、それをしないことを異常と見る同調圧力の方が強く、それに対する反動なんだろうけど。

ウケるブログセミナーはすごかったようだ

寒そうなもの大好きな人々に間で注目を浴びていた「ウケるブログセミナー」だが、ネタのために15,000円を投資した人が多数いる模様。

ウケるブログセミナーin箱根

http://www.sife-keio.com/event/

視基AB - ウケるブログセミナーのレポート

http://d.hatena.ne.jp/K2Da/20050626/p1

視基AB - ウケるブログセミナーのレポート(追加)

http://d.hatena.ne.jp/K2Da/20050627/p1

質疑応答が面白い。この質問者が連邦の吉野健太郎氏だそうだ。

探偵ファイル/あぶない探偵 自称ブログ芸人といく「ウケるブログセミナー」

http://www.tanteifile.com/baka/2005/06/27_01/index.html

先っちょピンク!:先っちょピンクでアベバベバー!?-?livedoor Blog(ブログ)

http://blog.livedoor.jp/abebabeba/archives/50016470.html

へなちょこ業界ゴロ立志伝『おはら汁』: 甘ったれたボンクラ大学生どもがブログセミナーだ?

http://www.908.st/mt/ohara/archives/002857.html

振り込み先の口座番号を二度も間違えたので怒って支払わなかったら、キャンセル料を払って欲しいといわれたそうだ。すごい。

探偵blog ウケる、ブログセミナー

http://blog.livedoor.jp/aatuaa/archives/26483527.html

気になっていたブログトラブル解決法は、結局解決策の提示はなし(笑)。

昔は裏ニュース!だった。:SIFE=SAFE>慶応大学=OUT

http://blog.goo.ne.jp/1uranews/e/5838e249dfb24702f515411efb9fb603

日本語の魔術師、吉野健太郎氏によるリリック。

さきっちょ&はあちゅうが面白いとか言っているIT業界の方々は文化リテラシーが低過ぎる。こんなの持ち上げちゃうような人たちが「コンテンツが…」とか言っても、面白いもの作ってくれたり、見つけて流通させてくれるとは思えないよなあ。2年後にあの本を読んだら、寒くて何も言えないのは確実なのに。

SOHO@shizuoka 講演会(ブレークスルーセミナー)

http://www.soho-shizuoka.gr.jp/shizuoka/shien/koenkai.html

カリスマ元女子大生ブロガーがブログ活用法を伝授します!

はいはい。

おまけ:

ITMediaブログに岡田有花たん書かないのかなあ。なにげない日常でもいいから読みたい」

「そういう人が『さきっちょはぁちゅう』をのさばらせるんですよ!!」

モヒカン族の間で行われた内ゲバ。

AERAはオタクの総合雑誌らしい

はてなダイアリー - debedebeの日記

http://d.hatena.ne.jp/debedebe/20050524#1116938260

AERAの5月末に出た号の「男の本音・女の本音」でライターがこんなコメントをしていたそうだ。

さすが、最近一部で「オタクの総合雑誌」と呼ばれているアエラの読者だけのことはあると、感心してしまいました。

確かに一般誌の読者アンケートで男女ともに自分がオタクだと思うのが約2割ってのは多いと思う。

「インターネッツ」という表記はspamでも

Subject: インターネッツで調べました!

お初です!優美っていいます。

最近女の人からエッチ友達募集ってメールがよくきて、

でも私は女なので拒否していたんです。早く男の人からこないかなーって思いながら。

でもなかなかこないので、自分からこうしてインターネッツで探して

メールしてみました。男の人ですよね?

わたし、相当エッチ好きな27歳の中古品(バツイチ)なんですが

それでもエッチ友達オッケーでしょうか?

よろしければ、まずはメールからお願いします!

すげー笑った。

タレントのために応援している

というロジックをよくアイドルのファンサイトで見かける。具体的にはジャニーズとか。

大体そういうところでは「愛」が免罪符なのがタチが悪い。「タレントへの愛がある」から「こんな悪口を言っても許される」とか。

本来は「自分が好きだから」応援しているはずなのに、先にタレントがくるというのはおかしい。「自分のために応援している」と書いたあるファンサイトでは、「何でタレントのためじゃないんですか」と抗議をされたそうだ。

しかし、ネットでの活動というのは、商業ベースでない限り、「自分のため」だと思う。基本的に「私憤」を「義憤」にすり替えるほど胡散臭いものはないと思っている人間なのだが、「義憤」のほうがなんとなくウケがよさそうなんだろうなあ。日本的ムラ社会

みんな心に棚はあるけど

むだづかいにっき♂:無断リンク禁止ですよ!+

http://blog.goo.ne.jp/simauma_dx/e/e372738a619455633e9bc717357bf3cf

これをきっかけにはじまった議論。無断リンク禁止をうたっているブログをわざわざリンクするのは吊し上げだ、晒しだという意見自体はわかる。

はむはむの煩悩 | ブログ論のブログ

http://tkameda.jugem.jp/?eid=478

でも、それを指摘しているこの人、ちょっと前にこんなことを書いている。

はむはむの煩悩 | 裸の大将

http://tkameda.jugem.jp/?eid=476

ミュージカルバトンを受け取ってもいないのに、勝手に質問に答えている大バカ奇特なお方を発見!!!!!!

リンクこそしてないものの、自分の巡回先のどれか(リストを公開している)であるとは言っている。こういうことしている人が吊し上げだ晒し上げだとか言うのはすごいなあ。バトンが回ってこないけど回答したいという人の気持ちを考えない人が、無断リンク禁止をうたっているブログの人のことを考えろと言っている。

心に棚を作れ! いや、自分ももちろん棚はあるんだけど、棚の大小ってのはあるよなあ、と思った。

余談だけど「心に棚を作れ」の英訳"Make the shelf in the mind. "はかっこいい。

あと「心に棚を作れ」をキーワード化したんだけど、いまいち情報に自信がないので、島本ファンの方がパッチ当ててください。

jamjam 2005/07/03 22:55 >タレントのために応援している 著作権無視してタレントの写真集やグラビアをスキャンして載せているサイトもそうですね。その場合、「応援している」と同時に「タレントの宣伝をしている」という免罪符が付くのですが。

kanosekanose 2005/07/03 23:12 心情的な話で考えてました。著作権に関しては当事者同士の問題なので。

tyty 2005/07/03 23:17 『NHKにようこそ!』、小説の方のデザインも大塚氏ですね。ご存じなのでしたらすいません。

kanosekanose 2005/07/03 23:25 この書き方だと知らないと取られてもしょうがないですよね。ちょっと直しておきます。

kanosekanose 2005/07/03 23:29 あれ、大塚デザインは文庫版からですかね? 最初のやつは買ったものの手元になくて確認できないんですが、大塚氏ではなかったような…。

tyty 2005/07/03 23:50 いえ、最初のやつから大塚氏ですよー。

kanosekanose 2005/07/04 00:03 アンダーセルのサイトで情報見つけました。最初からだったんですね。大塚ギチファン失格だ!

Nakada HiroshiNakada Hiroshi 2005/07/04 21:25 「心に棚を作れ」は逆境ナインでメジャーになったんですか。炎の転校生で読んだときのインパクトが強かったので、てっきりそっちだと思ってました。あと英訳は ”Make a shelf in your mind.”とかの方が普通な気が少しだけ。(棚はひとつでいいのか?Make shelves?)