Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2005-08-31

コピペ兵撲滅運動

Latest topics > 俺だ!! 俺がいる!!! - outsider reflex

http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom.cgi/mote/2005-08-31_hore.htm

で知ったんだけど、

夏の葬列

http://d.hatena.ne.jp/SAGISAWA/20050824

2chもてない男板のスレで、また人様の言葉を勝手に改変してオリジナルを装う方々が…。オリジナルの文章はあび子あび夫先生です!

ARTIFACT@ハテナ系 - 「好きな子」がいないのは正しい−白馬の王女様−

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050716/sukinakoga

自分のパクられた経験

コピペレポートの話で思い出した。

以前、とある学生ミニコミ誌を書店で立ち読みしていたら、大塚ギチ氏に関するコラムがあった。ほほーと思って読み進めると、記憶のあるフレーズが節々に。よく読んでみると、自分がサイトで発表した大塚ギチ氏に関する文章とかなり似ていた。編集部に「これは自分の文章を一部改変したものではないか?」と抗議したところ、やはりライターがネットで見つけた自分のテキストを一部いじって書いたものだった。

ミニコミ誌は、普通の雑誌の原稿と違って、自分が書きたいことを書くためのものだと思っていたので、人様の文章を使おうなんて発想する人がいるんだなあとちょっと驚いた。このせいで学生ミニコミ誌に偏見ができてしまった。

今気になって、そのライターの名前を検索してみたら、広告関係でその名前が…。今後注意してみよう。

2005-08-30

音楽関係媒体では「ブサンボマスター」と表記できない?

CDは株券ではない 第24回 ─ TYUNK山崎まさよし塚地武雅・堤下敦・梶原雄太の3枚を分析!

http://www.bounce.com/article/article.php/2119/ALL/

この連載は終了して企画リニューアルだそうだ。それはさておき、記事の最後にある「ブサンボマスター」に関してバンド名を表記できないという事態が(笑)。

ユニット名書いちゃダメだったら何も書けねえじゃねえかよっ(笑)!! “言いたいことも言えずに”って、そういう事かよっ(爆笑)!! 楽曲は似てるけど、歌はそんな似てねえぞ(笑・だから名前使えないのかも)!! っていうか権利の侵害じゃなくて名誉の毀損を対象にした圧力だろどう考えてもコレ(笑)。嘲笑的パロディに法的な規制かけやがって何がラヴ&ピースだウソツキ野郎! なーんてピュアな事いまさら誰も言わないよね(笑)! これは彼等(名前出せない本人の方ね)が「こうした問題にピュアに苦悩する姿」を見せるか、もしくは「電車男」と「はねるのトびら」の連動視聴率アップのためのヤラセの仕掛けだと思いまあ〜す(ウソ!)。皆様それではお疲れさまでした〜。最後の予想は1億2千万枚でーす! 理由は国民全員が〈言いたいことが言えずに〉いるから!!ってうっわ週刊金曜日みてえー!(笑)バイバーイ!

マニュフェストより国会議事録

モジモジ君の日記。みたいな。 - 国会議事録を読もう・言葉への信頼を取り戻せ

http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20050830/p1

マニュフェストより、国会議事録を読もうという提案。自分の選挙区に出馬している議員の発言を追いかけるというのは確かに良い案だ。考えてみれば、インターネットが普及する以前は国会議事録なんて読むのはすごい大変だったんだからなあ。

世に倦む日日 - マニフェストは商品仕様書ではない - 「白紙委任」こそ選挙の真実

http://critic.exblog.jp/3380159#3380159_1

丸写しレポートとの戦い

アクセスログから知った記事。

大学教員の日常・非日常:レポート丸うつしを見破る方法

http://blog.livedoor.jp/yahata127/archives/30818023.html

「フォント等、書式が変わる」ってのはワープロ特有の現象かー。アンダーラインが入る理由もよくわかった(笑)。

他の関連記事も面白い。

大学教員の日常・非日常:丸うつしレポート

http://blog.livedoor.jp/yahata127/archives/14773942.html

大量のレポートがあるのだから、余分な時間は使ってられない。時間と手間を省いて何が悪いと学生が言ったそうだ。罪悪感はないのね。

へっぽこ講師のつぶやき 出るわ、出るわ

http://heppokot.exblog.jp/1983140/

レポートをきちんと読まない先生が多いから、学生が何でもいいから出せばいいと思っているのではないかという指摘

大学教員の日常・非日常:いつもの掲示

http://blog.livedoor.jp/yahata127/archives/29452791.html

大学教員の日常・非日常:レポート上等!

http://blog.livedoor.jp/yahata127/archives/28737880.html

大学教員の日常・非日常:レポートのコピーもネットの上で

http://blog.livedoor.jp/yahata127/archives/29901105.html

この記事で紹介されているんだけど、こんなサービスが。

レポート・論文の広場HAPPYCAMPUS

http://www.happycampus.jp/

知識取引所とかなんかかっこいいこと言っている(笑)。

ハッピーキャンパスとは、オンライン知識取引所 ( Online Knowledge Market )です。

ハッピーキャンパスは知識を創出する人と知識を必要とする人がお互いに知識を共有する広場を目指しています。

ハッピーキャンパスを通じて既存インターネットでは検索できなかった資料や情報が得られ、また一所懸命作った資料を、それを必要とするほかの人に提供することができます。

このように、ハッピーキャンパスは知識関連活動をする人たちにとり有効なひとつの道具となることを使命と考えています。( Agent for Knowledge Workers! )

誰が作ったんだろうと思ったら、これ企業が作ってる…。社長は韓国の人か、またパクリの韓国とか言われる材料になりそう。

http://www.happycampus.jp/intro/j_intro_01.htm

検索で見つけたこのハッピーキャンパスの考察。

江戸時代研究の休み時間: (大学)ハッピーキャンパス ―「レポートの心配はもういらない」―

http://takaoyoshiki.cocolog-nifty.com/edojidai/2005/08/post_ae61.html

……結局ここには、「自分の研究をやらせてくれよ」という大学の先生側と、「怠けさせてくれ」という大学の学生との、きわどい暗黙の了解、もっというなれば暗黙の共謀関係が成立しているのではないだろうか。このようなレポートねた紹介業はその両者の間隙に偶々現れたに過ぎず、いまの大学の問題にたいする強烈なアイロニー(皮肉)、あるいはブラック・ユーモアに思えてならない(もっともハッピーキャンパスの作成者がそこまで考えているかどうかはしらない)。この両者のうち、どちらかといえば教育者の立場である先生の責任は重いのではなかろうか。

教える側の安易なレポート提出連発がコピペレポートを蔓延させていると。

40代ブロガー

「俺」のターン - 40代後半ブロガー年齢早見表

http://d.hatena.ne.jp/kurimax/20050829/1125304291

40代後半じゃないかもしれないけど、40代ブロガーといえば、圏外からのひとことhttp://amrita.s14.xrea.com/d/)のessaさんを忘れちゃいけません!

萌えリラクゼーション

萌えテラピー

http://moeterapi.com/

コミケで宣伝したものの年内開店を断念。サイトからだとどういう店かよくわからないんだけど、この記事を見ると、シャンプーが結構特徴的みたい。

メイドカフェ情報局:メイド喫茶ミシュラン - 秋葉原に新しいリラックス空間誕生 シャンプー&肩揉み萌えテラピー アシウス8月下旬から9月上旬オープン予定

http://maidcafe.emiruemiru.com/news+article.storyid+940.htm

kurimaxkurimax 2005/08/30 12:56 essaさん、ちょっと調べたのですがわかりませんでした。どこかに載ってますかね?

kanosekanose 2005/08/30 13:03 前に年齢の話が出てた気がするんですが、見つけられなかったものでして

summercontrailsummercontrail 2005/08/30 19:05 http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050330#p01
 ここによるとessaさんは今45歳みたいですね。
(essaさんの「圏外からのひとこと」はgoogleではひっかからないのですが、現時点でYahoo!では検索可能でした)

報告報告 2005/08/31 01:06 急逝した「武田ゆういち」氏をgoogleで検索すると
旧ARTIFACTのパクリ話がトップにきます(^^;

これは何とかならないものですかね?チト可哀想。

kanosekanose 2005/08/31 04:33 ええ、武田ゆういち氏が亡くなられたんですか! http://members.jcom.home.ne.jp/pagpagpag/
ご本人のサイトでは告知ないですね。ニュースソースを教えていただけると嬉しいです。
googleでトップになるのは知らなかったです。確かにどうかと思うので、公式がトップになるようになるといいのですが…。

報告報告 2005/08/31 07:33 最後通牒からの情報です。
http://www10.ocn.ne.jp/~comic/
>8/26発売の「コミックラッシュ」10月号に武田ゆういち氏の
>読み切り『地球防衛課 栞ちゃん』が掲載予定だったのですが、
>作者が急逝したため掲載できなかったとの編集部から
>訃報が10月号の目次ページに掲載されています。

kanoseさんも、この検索トップは本意ではないだろうと
思い報告しましたです。

kanosekanose 2005/08/31 12:37 最後通牒見ました。なるほど…。googleに検索結果をはずしてもらえるようメールしてみました。対処してもらえるかどうかわかりませんが…。

kanosekanose 2005/09/01 02:22 Googleから対処できませんメールが。単語の間にスラッシュをいれる同人女子ライクな検索対策をしてみた。はやくクロールしてほしい

TAPTAP 2005/09/01 07:56 オリジナルを装っているというか(匿名だから)情報を流通させているという気持ちではないかと。ニュースサイトの小規模版?
http://creativecommons.org/licenses/publicdomain/
の「営利・非営利を問わずいかなる目的の下にでも、自由に複製、頒布、送信、使用、改変、翻案その他いかなる利用をもすることができる」権利が自分に自然発生的に生じていると解釈しているインターネット最新鋭族?

2005-08-29

レポートコピペする大学生は何のために大学行ってるんだろうか?

ARTIFACT@ハテナ系 - 大学のレポートのコピペ問題

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050828/repoetcopypaste

ここのコメント欄で恐ろしい実例が次々と報告されていて、口あんぐり。現実は斜め上45度をいってるなあ。

小学生、中学生の感想文というのは、自我を育てるためというより大人が子供を確認するための建前的なものである面が強いから、コピペ話は笑っていたけど、こういう大学生を生む下地にはなりそうなのが問題だよなあ。こういうレポートを書く大学生の人たちはいったい何のために大学に行ってるんだろうか不思議になってきた。

Petite Cerise | 大学の存在意義

http://pcerise.jugem.jp/?eid=96

まさにここに書かれているようなことを疑問に感じた。

このコピペ問題、理系の学部ではなく、文系の学部でよく起きるそうだ。ある人が「大学行って良かったのは長文を書くことに抵抗がなくなった」と言っていてなるほどと思ったんだけど、文系の学部に行って、自分で文章を書ける能力が身に付かなかったら、大学に行った意味ないよなあ。

就職活動の時に書かれる文章とかも結構すごそうなの多そう…。自分が就職試験で見たことあるのは一次選考を通ったものなので一回フィルターを通されていて、まともなものが多かったが、それでも小学生の作文テイスト漂うものもあった。

あと、企業内部のみで流通する様々なドキュメントでもこういうコピペ問題があるのではないかと予測している。

この事態への対策として、その文章がネット上のコピペではないかを、Google APIを使って調査してくれるツールやサービスの登場が望まれる。

毎日放送の竹田惻∋瓩飛ばしてる

AV Watch - TVアニメ「BLOOD+」制作発表。DVD/UMDビデオ化も予定

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050825/blood.htm

※参考

AV Watch - TVアニメ「BLOOD+」の制作発表会が東大で開催

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050511/blood.htm

ソニーグループ総バックアップという印象を受けた『BLOOD+』だけど、「日曜あさ7時が、カルトアニメの発信源になること必定です」の発言で有名な毎日放送の竹田惻∋瓩まだ飛ばしている。

冒頭、挨拶に立った竹田氏は「ガンダムSEEDは、21世紀におけるファーストガンダムとして、富野監督の初代ガンダムを意識して戦争などをテーマとして扱った。鋼の錬金術師では技術が暴走することの怖さを訴えた」と振り返った後、「BLOOD+では、現代の日本を舞台に、きな臭い現代を理解するためにも、戦争をより身近なものとして説教臭くならないよう子供達に伝えたい。それと同時に、アメリカとは何か? も描いていきたい」と抱負を語る。

 また、違う目標として「日本では、“アニメが好きだ”というのが格好が悪いことのように思われている。家に引き篭もっているようなイメージを払拭していきたい」とし、7月30日に大阪城公園で実施したライヴイベント「MBS ANIME FES.‘05 〜大阪城エクスペリメント〜」を紹介。

「アメリカとは何か?」を描くときた! いったいどんなアニメになるんだろうか。『ガンダムSEED DESTINY』は途中で見るのやめちゃったけど、『BLOOD+』は見ないとなあ。

BLOOD+』は、箸井地図氏がキャラデザ原案を担当しているんだけど、実際のアニメにはその面影はなくて、何のためのキャラ原案なのか謎。

※カルトアニメ発言

TBS | 「交響詩篇エウレカセブン

http://www.tbs.co.jp/program/eureka7.html

レスリリースでも似たようなことを触れている。

http://www.bandai.co.jp/releases/J2005013101.html

「ミリタリーゴシック」という概念

伊藤計劃:第弐位相 - ミリタリーゴシック

http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20050826#p2

ナチスの制服好きとかその辺は軍事マニアの趣味とちょっと違うのではないかという仮説。

『劇場版 xxxHOLiC』のイノセンスぶり

伊藤計劃:第弐位相 - 『劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢』

http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20050828#p2

xxxHOLiC』ってI.Gの『イノセンス』に関わったスタッフが多いから気になっていたんだけど、そこそこ楽しめるようで。映画館で見たいというほどではないのでDVDになったら見てみよう。

山田正紀氏の冒険小説を映画化して欲しい

フリクリ』のDVD-BOXのブックレットを読んでいたら、鶴巻和哉氏と樋口真嗣氏の対談記事で、鶴巻氏が『新幹線大爆破』をモチーフにした『交渉人真下正義』話から『謀殺のチェス・ゲーム』を映画化しないだろうかと言っていて、山田正紀氏の冒険小説好きとしては同感。福井晴敏ブームがきている今なら!

謀殺のチェス・ゲーム (ハルキ文庫)

謀殺のチェス・ゲーム (ハルキ文庫)

ハルキ事務所から出てるけどもう在庫はなしか。ユーズドで1円だけど送料が340円かかるからなあ。ハルキ文庫のこの辺りはブックオフの100円コーナー常連っぽいので、そこで探すといいかも。自分は『ツングース特命隊』とか数冊買った。

送料分かかるけどその手の好きな人ならお勧め。

山田正紀氏は他にもこんな「謀殺シリーズ」を書いている。『謀殺の弾丸特急』は普通だったが、『謀殺の翼747』はアイデアが面白くて好き。『謀殺の翼747』は派手なネタなので映像化に向いてそうだ。

謀殺の翼747 (中公文庫)

謀殺の翼747 (中公文庫)

謀殺の弾丸特急 (徳間文庫)

謀殺の弾丸特急 (徳間文庫)

はてダでは誰が言及してたんだろうと思ってみたら、鈴木さんが『謀殺の翼747』を(笑)。山田正紀繋がり。

http://d.hatena.ne.jp/yskszk/20041122#p4

これも面白かった。

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)

あと、山田正紀氏の冒険小説というかポリティカルフィクションなら『虚栄の都市』が一押しなんだけど、これは現在入手がかなり難しそう。Amazonのデータベースに入ってないから古本も見つけにくい。『パトレイバー2』を彷彿させるストーリーであの映画が好きな人にはお勧め。

三人の『馬』《虚栄の都市》

http://homepage1.nifty.com/kragen/hobbys/021.html

五條瑛インタビュー/日本の冒険小説作家レビュー

http://artifact-jp.com/mt/archives/200306/gojyoakira.html

この時書いたこととほとんど同じだった…。

秋葉原の歴史

秋葉原の歴史

http://www.akiba.or.jp/history/

最近秋葉原の歴史をきちんと押さえたほうがいいよねという話をよくしているのだが、その資料として。

今日の勘違い

飲み会でのとある会話。

自分「『南国少年パプワくん』を描いていた漫画家って誰だっけ?」

相手「えーと、吉田アミ?」

自分「自分も一瞬頭に浮かんだけど絶対違う…」

相手「柴田亜美だった。ほら前一文字だけしか違わないし!」

※関連

日本三大アミ

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050824/japanami

ポエミーコメント

今日自分のところにきたコメント。

NHK教育の「趣味悠々」でWeblog

http://artifact-jp.com/mt/archives/200411/syumiyuyu.html

ブログは、遠きにありてのようですが、いつの日にか必ず

必ずこの手で操ってみせるから、待っててね。何かと自己学習が多い赤城山の姉ちゃん。散々失敗してからようやくテキストを開く癖を持っております。

たまに意図の読めないコメントってくるけど、こういう味わい深いコメントは楽しめるので好き。

sarutorasarutora 2005/08/29 23:30 念のため……私は、いわば笑えるネタとしてエピソードを紹介したつもりで、あまり「ゆゆしき事態だ」という感じは持っていません。昔からさぼろうとしてた学生なんていくらでもいたわけですし……。紹介されている「大学の存在意義」も読ませていただきましたが
「そんな「大学でない大学」は放っておいて、むしろ上の方は上の方で切磋琢磨してどんどん世界最高峰の大学になっていけばそれでいいのではないでしょうか。少なくとも明治期には、「大学」とはそういう存在であったのだと思います。国家有為の人材を育てるという場所だったのでしょう。」
というところは、私は賛同できないです。

kanosekanose 2005/08/29 23:41 笑えるネタでありて問題視してないということは、そういうレポートを出した学生に対して特に悪い評価はくださないんでしょうか?
http://www.hsbt.org/diary/20050829.html#p03
こちらでもちょっと疑問に出てたのですが。

NOtNOt 2005/08/30 04:23 半村良先生が妖星伝魔道の巻を人道の巻から13年後に完結なされたのが59歳のときのようです。山田正紀先生が久しぶりにヴァイヴを完結させたので調べてみたのですが、現在55歳のようです。(54歳かも) これからも末永くがんばって欲しいものです。

bobjokerbobjoker 2005/08/30 09:30 壊れてるのは学生じゃなくて大学のシステムだったりして

petite-cerisepetite-cerise 2005/08/30 11:39 紹介していただいてありがとうございます。というか、あんな散文なのに恐縮です。私の場合も、sarutoraさんが指摘している部分などは「あえて極論」ではあるのですが、大学が大衆化しすぎてしまうと「学問の府」としての大学の存在意義はありやなしや、と思ってしまうのですよね。むろん象牙の塔ではいけないと思うのですが、大衆化するのであれば大学の存在意義は自ずから変わらざるを得ないと思いますので、そのときに「学問の府」たる存在はどうあるべきか、というところでしょうか。まとまりませんが。tks_periodさんのおっしゃる学部卒レベルの学問に実益がないってところがあるいは問題なのかもしれません。結局、学士の学位を取得することになんの意義があるのか、というあたりでしょうか。

mojimojimojimoji 2005/08/30 13:14 遅ればせながら初めまして。>kanose様
評価については、僕の場合で申し上げますと、基本的にレポートで成績評価するということをやめております。試験のみですね。で、何を勉強すればよいかについて、懇切丁寧に教える部分とヒントだけ示して放置する部分と、いろいろ使い分けながら、要は単位を餌にいかに学生の努力を引き出すか、というところに知恵を使っています。まずはそこからしかはじめようがないか、と。/いかにも試験対策な身につかない勉強をしてくる学生もいますが、「どうせ苦労するなら、真面目にわかろう」というのもいるし、「仕方なしに勉強してるうちにおもしろいと思うところもあった」という学生もいるし、必ずしも理想的なインテリゲンチャにはならなくとも、少なくとも「知」を知りもしないのにバカにしないような教育は少しはできてるんじゃないかと思います。満足はしてませんんけどね。

mojimojimojimoji 2005/08/30 13:18 あと、sarutoraさんの言う「ゆゆしき事態」という感じは僕も持っていません。昔から本を丸写しにしたり、切り貼りして作ったレポートでお茶を濁してた学生なんてゴマンといました。てゆーか、大学生程度だと、そのくらいしかやりようがないってのが大半じゃないですかね。しかし、一応労力はかかるし、その過程で「意図せずに」勉強してしまうことが結構あったんじゃないかと思います。てゆーか、ありました。今はネットの発達で、まったく労力のかからない手抜きが簡単にできてしまうために、そこらへんのモラルの崩壊が容認できないほどの状況を生み出してしまっているのではないか、と。歯止めが必要だとは思いますが(僕の場合は試験)、昔にくらべてモラルがどうか、と聞かれると分かりませんね。僕の世代でもネットがあったら同じことしてたかもしれません。

mojimojimojimoji 2005/08/30 13:22 peace-ceriseさんの見解へ。割とよくある意見で昔なら僕も賛成してたかもしれませんが今は反対ですね。僕らの社会は(みんな忘れてるかもしれませんが)国民主権の国であり、すべての人が政治に責任を負っており、潜在的に理解する能力のあるすべての人が高等教育のもたらす知の恩恵を受けられるべきだと思っています。ブログを見渡しても、みんな選挙の話してて、そうしたエントリを見てると、「理解した上で投票したい」ってニーズは結構あると思うんですよ。高等教育はもっともっと大衆化されるべきだし、そのためのツールを僕らは作らなくちゃならん、と思っています。/連書き失礼しました。議論の発展を祈って。

kanosekanose 2005/08/30 13:34 昔からレポートは切り張りされていたというのはわかっていましたが、デジタル化、ネットの利用による労力のかからさなさというのを問題視してました。高等教育の必要性に関しては、社会に出る前ってそういった教育の必要性を感じにくいと思うのですよ。だったら、高校を卒業したら、さっさと社会に出しちゃって、社会に出て勉強の必要性を感じた人たちのための高等教育設備を充実化したほうがいいだろうと考えています

matakimikamatakimika 2005/08/30 13:59 オレンジレンジが大学で講演すればよい話だと思います>「パクろうぜ!」

sarutorasarutora 2005/08/30 17:15 >笑えるネタでありて問題視してないということは、そういうレポートを出した学生に対して特に悪い評価はくださないんでしょうか?

もちろんそんなことはありませんよ。コピペとわかったものは落とします。コピペが問題ないと言っているのではなくて、そういう問題は昔からあったんじゃないか、と言いたいだけです。ただ、確かにネットによって楽になった部分はあるでしょう。でも、逆に言うとネットによって見破るのも楽になったわけで(怪しいと思ったらぐぐればいいわけです)。その他はだいたいmojimojiさんが言っているとおりです。

2005-08-28

大学のレポートのコピペ問題

武田徹氏の8/22の日記より。

http://162.teacup.com/sinopy/bbs

大学のレポートのWEBコピペ問題についての話題が。直接リンクできないのでちょっと多く引用。

たとえば中にN.グレイザーとD.モイニハン『人種のるつぼを超えて』とかの引用があって、授業では触れていなかったので、本当に自分読んだのかと思いつつ、こっちも適当にキーワード拾ってぐぐってみると原典にすぐに行き当たる。「」のある引用部分だけでなく、その周囲の地の文までもが実は全面的に引用コピペなのだ。そして引用文中の引用部分はルールにもとついてきちんとクレジットがついているけれど(それは元の著者がしっかりしていたから)、その周囲全面の地の文に対しては当然のごとくクレジットがない。ひどいのになるとグラムシのところにはてなダイアリー方式のリンク表示のアンダーラインが入ったままプリントアウトされて提出されているレポートまである。バレないと思うことが不思議である。

学生なんて勉強中の身なのだから、レポートが引用や参照のつぎはぎになるのは分かる(原理的にいえば文章なんて全てが他者の言語の引用の束である)。それにしても引用部分と、地の文に繰り込めるまで自分なりに消化した(「つもり」に書き手自身がなれて、読者もそれに納得出来る)部分があるべきだ。で、他者の言語と、他者を内在させた自分の言語の両方が響き合う中で「思想(らしきもの)」の輪郭が示される、それが自分の文章を書くということだろう。こんなの当たり前も当たり前だけど。無断引用はいけませんというのは、アカデミックなお行儀の良さだけでなく、情報的存在としての「自分」と社会との位置関係を言語を通じて知るという普遍性に繋がっている。それを学ぶひとつの拠点が大学であって、だからこそ情報倫理的なことを口うるさく言っていたはずなのだ(逆にお行儀の良さだけを情報倫理として教えていると骨身にならないと思う。ばれなければいいやということにもなるのかも)。

「グラムシ」にキーワードリンクがあるままってのは笑ったんだけど、テキストとしてコピー&ペーストすれば、アンダーライン(リンク)は残らないはずなのに、アンダーラインが残ったままなのは謎だ。

※補足

MS-Wordなどのハイパーリンクが使えるツールにコピペしたという意見が。上のはテキストエディタで考えていたんだけど、普通はワープロソフトを使うか。

※関連

雑誌「セブンティーン」で読書感想文をネットからコピペして書こうという提案が

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050810/seventeen

自由に使える読書感想文

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050812/dokkan

SCEヨーロッパ開発のPS2『KILLZONE』が出る

キルゾーン

キルゾーン

日本でセガが発売するって7月末に発表されてたんだ。この調子でSCE自身がローカライズしてくれないタイトル、特にSCEアメリカの『GOD OF WAR』も出してくれないかなあ。

SEGA]家庭用ソフト:ソフトデータベース:プレイステーション2:キルゾーン(KILLZONE)

http://sega.jp/ps2/killzone/home.html

『KILLZONE』は続編がPS3で発表された映像のなかの一つにあってすごいと話題になったゲーム。世界設定はSFなんだけど、アメリカンな感じではなく、重苦しい感じの世界観がよさそうだったので期待していた。

ARTIFACT ―人工事実― | 『人狼』ライクなビジュアルのFPS『Killzone』

http://artifact-jp.com/mt/archives/200308/killzone.html#000846

2ちゃんねるの海外ゲー関連スレではあまり評判はよくなかったんだけど、日本で出る前『Fable』の評判が悪かったけど発売後変わったなんて件もある。ゲームとしてちょっとぐらい悪くても、雰囲気が出ているゲームならば嬉しい。

圏外からのひとことで謎の揉め事

圏外からのひとこと(2005-08-25) ネットの「影響力」について

http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050825#p01

コメント欄に宮崎という愉快な人がきて展開が。夏休みももうすぐ終わりだというのに。どこかの組織の人間であるかを匂わせているけどいったいどこの組織かわからないという。

http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050824#c

ここのコメント欄から登場。

コメント欄を読んでいたら、NOtさんという方のコメントに自分のサイトの名前が出て笑ってしまった。最近はあんまり公共性を求められたことがない気がする。

また一方で見る人が増えるとそこに自然に「公共性」が発生するのはありがちなことですね。(ARTIFACT人工事実批判とか)

政治家の音楽の趣味

巨大犬惑星 - 政治家さん達の音楽のシュミをひたすら調べてみた

http://plaza.rakuten.co.jp/kyodaiken/diary/200508270001/

やはりクラシックが多いようで。

公明党の丸谷佳織氏って夫が『ペガサスの朝』とか歌っていた五十嵐浩晃氏なんだ。

http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD1106416/review.html

そして岩男潤子氏のアルバムやコンサートに参加していたのも知った。

押井守氏の『立食師列伝』は儲かる作品だった

ITmedia Games:3万本売れたらあと3シリーズ――PSP「ミニパト」&映画「立食師列伝」発表会

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0508/28/news002.html

押井氏が鵜之澤氏に「いい企画がある」として持ち込んだのが、ミニパトのゲーム化だったという。

どういうロジックで「いい企画」として納得したのか気になる…。紹介記事を見ても、ただのミニゲーム集にしか見えないしなあ。

石川氏は、立食師列伝について触れ、「押井さんから『もうかる作品がある』と言われて始め、先行投資として作った作品。スタジオも新しく借金して建てたし、是非とも成功させたい」と、今回の映画化について抱負を語る。

『立食師列伝』って儲けるつもりで作ってたんだ…。

アキバBlog、Livedoor Blogから移転

「(たぶん)さよならLivedoor Blog」 アキバBlogの移転先 ほぼ決定::[アキバBlog]

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50037945.html

ソフトバンクパブリッシングのバックアップでやるそうだ。そいやツールは何を使うんだろう?

悠 々 日 記 - 経済アナリスト森永卓郎が日経紙面でアキバBlogを絶賛してた

http://d.hatena.ne.jp/YUYUKOALA/20050815/1124091694

こんなことが(笑)。

Livedoor Blogリニューアル時のトラブルはこんな感じ。

我が心の叫びは何処に届くか:ライブドア・リニューアルまとめ

http://blog.livedoor.jp/gutiguti/archives/50119164.html

我が心の叫びは何処に届くか:ライブドアリニューアル改善点・改悪点

http://blog.livedoor.jp/gutiguti/archives/50128082.html

あらためて読んだけど、改悪点として挙げられていた

4:ping送信数が10個に制限

5:トラックバック送信数が5個に制限

ってそんなに問題点だろうか? updateのpingだと思うんだけど、これって4,5個ぐらい送れば充分な気が。TrackBackも普通にリンクして言及という形なら、5個あれば十分だと思うし。日常的に5個以上送る? 無差別TrackBackを送らせない手段として結構いいと思った。

kanosekanose 2005/08/28 12:21 素敵なエピソード、どうもありがとうございます(笑)。現実はすげえ!

yskszkyskszk 2005/08/28 13:26 mixi内の日記なのでURLは紹介しませんが、「さて、この連載では以前……」みたいな言い回しを訂正しないでそのまんまコピペする学生もいるとか。お前のレポートはいつどこで連載してたんだ? という。

ROYGBROYGB 2005/08/29 12:36 私の知ってる、パクリの実例を紹介します。まず、大学のレポートが
http://www.kansaigaidai.ac.jp/teachers/mukoyama/2013rr/hatake.html
にありますが、これの元ネタは
http://homepage1.nifty.com/ROYGBIP/3jigen.htm
です。元は続き物なので、違和感を減らすように書き出しは少しいじってありますが、終わりの方にある次回で説明という部分ははそのままなのが手抜き具合を感じさせます。

kanosekanose 2005/08/29 23:16 アメリカだと2001年で問題になってるんですね。ロボット型検索エンジンの普及がその辺りだからかな?

2005-08-27

「これで携帯電話の写真も撮れたので、逝ってよし」

スポニチ Sponichi Annex ニュース 社会 熱弁18分 首相アキバで“燃える”

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/08/25/01.html

 “アキバ歴”6年の男性(26)は「小泉が来たーって感じだったので、来てみた。ただ、郵政民営化以外に外交の話もしてほしかった。これで携帯電話の写真も撮れたので、逝ってよし(ここから出ていけの意味)」とインターネット掲示板「2ちゃんねる」で使われる言葉で説明。

すごい作った感のある発言だよ(笑)。発言を圧縮したために不自然になったのか?

自民党のブログ・メルマガ作者懇談会レポート

jkondoの日記 - 自民党がブログ・メルマガ作者と懇談会

http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20050826/1125015040

【ミナログ】製造業社長の逆襲: ブログ選挙だそうな

http://minaro.cocolog-nifty.com/mog/2005/08/post_c2db.html

【ミナログ】製造業社長の逆襲: ブログ選挙の続き

http://minaro.cocolog-nifty.com/mog/2005/08/post_bb53.html

GripBlog 〜私がみた事実〜: 自民党主催メルマガ/ブロガー懇談会の報告

http://www.surusuru.com/news/archives/Entry/2005/08/26_0402.php

名刺によればほとんどの人の肩書きが代表取締役で、ブログというよりメルマガ主催の人が多かったとか。

この人が小泉総理に取材を申し込んで断られた理由の一つとして、自民党側から記者クラブの圧力というのが挙げられたというのが面白い。そして、今回も大勢取材がきていたそうだ。でも、懇親会が始まると記者は全部出されたとか。

世耕広報本部長代理 「やはりメディアとして、無視できない存在になっていると私たちは実感しているから、今回やろうと決めさせてもらいました。

ただ、別にブロガー協会があるわけでもないですしね(笑)どうやって選ぶか非常に困ったのですが、スタッフがみんなで手分けをして、アクセス数の多いブログとか、過去、雑誌に紹介されてきたようなメルマガの中で選びました。

決して自民党フォローの方を呼んだわけではなくて、かなり中立的に真面目にやっておられるなと思えるところを独断と偏見で今回ご招待させていただいたという訳でございます。」

選んだ基準はこうだとか。この発言を読んでふと思ったけど、ブロガー協会みたいなのを作ると、なんかいろいろ権益が作れそうな予感。JB…むにゃむにゃ。

特設:2005衆議院選挙「緊急ブログアンケート!!」:R30 特別寄稿!『ブログは選挙マーケティングの何を変えたか 〜前編〜』

http://blog.goo.ne.jp/election2005/e/9de4175a0f87d51647cbc1024c6afc02

「今回はブログ普及後で初の選挙」自民党幹部がブロガーら33人と懇談会

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/08/26/8916.html

ITmediaニュース:自民党が“ブロガー記者会見”

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/26/news052.html

「マスコミからクチコミの時代へ」--自民党がブロガー、メルマガ発行者と懇親 - CNET Japan

http://www.japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20086691,00.htm

CNETには参加ブログ、メルマガのリストがある。ビジネス系が多い感じ。代表取締役が多いというのに納得。

安倍吉俊氏の『lain』画集の再版版、9/5発売

yoshitoshi ABe lain illustrations

yoshitoshi ABe lain illustrations

serial experiments lain』の廉価版DVD(ASIN:B000ALF6U8)が出るのに合わせてか、1999年にソニーマガジンから出た安倍吉俊氏の画集がワニマガジンから再版されるそうだ。予価3,780円と高いなあと思ったものの、ソニーマガジンのも4,000円ぐらいしてたのか。前のを持っている身としてはどうしよう…。

http://www.mangaoh.co.jp/php/data_product.php?i_prd_code=102423

An omnipresence in wired 『lain』 画集

An omnipresence in wired 『lain』 画集

画集の発売日決定。サイン会の告知

http://homepage.mac.com/abworks/iblog/C1529876554/E20050823024956/index.html

ジュンク堂でサイン会をやるそうだ。

Cyberbob:-)Cyberbob:-) 2005/08/28 08:16 マーケティングが「上手な」人を選んだのかなという気がします。

2005-08-24

ネットはカルトのプロパガンダ場

流れぶった切ってスマソが、とても嬉しいことがあったので聞いて下さい。

http://pastlog.fc2web.com/dqnfemale/886.html

これ、最初だけ読んだことあったけど、後半は読んだことなかった。

シナトラ千代子 - いともかんたんに「純潔教育」へと誘導されるかわいそうな童貞たち

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20050823/p1

先のページの問題点の指摘、そして純潔教育とか言うのって統一教会じゃない?という話。

活字うろうろ - 受け継がれない知恵

http://d.hatena.ne.jp/urouro360/20050823#le

胡散臭いものレーダーの感度が下がってるのかなあ。誰か今こそ『原理研の美子ちゃん』を!

って検索したら、『原理研の美子ちゃん』出てこないし。『啓蒙天国通信』というミニコミ誌を作っていた人が昔描いていた『日ペンの美子ちゃん』のパロディ。

日本三大アミ

圏外からのひとこと(2005-08-24)

http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050824#p01

ちなみに、私の中で「日本三大アミ」と言えば、大貫亜美と吉田アミ鈴木亜美です。

そんなことになってたのか!

メイド喫茶とキャバクラ

ARTIFACT@ハテナ系 - メイド喫茶は男オタクのためのキャバクラ…ではあるんだけどその差を考察してみる

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050822/maidcafecabaclub

の反応メモ。

Cablog Annex - 曖昧さの魅力

http://d.hatena.ne.jp/musmmd/20050823#1124800970

メイド喫茶もキャバクラも行く人から、美人度は大して変わらないよという意見。そして、ケバイという印象論に対して肯定が。差別化のために逆を売りにしている店もあるぐらいだそうだ。

高級クラブからキャバクラの変化の中に、女性従業員の自由意志があると思わせる部分があったというのは納得。

一番下にmusmmdさんが過去書いたメイド喫茶キャバクラ論へのリンクあり。

strange キャバクラの女の子はもっと普通ですよ

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050823#p1

キャバクラの女の子はケバくなくて、普通の人もいるよという意見。たしかに一般メディア上によく出てくるキャバクラ嬢に印象が引っ張られている気もするけど、以前キャバクラ雑誌を見た時も大体みんなケバかった気が…。

その下の「オタクやら理系などの内向的な性格の男性にとっては」は「オタクやら理系などに多い内向的な性格の男性にとっては」と読んでいただければ。そう直しておこう…。

「理系」を入れたのは、大元のmaroyakasaさんとKammy+さんの話を読んでいたからだったんだけど、Kammy+さんの方、リンク忘れてた。

Kammy+'s spaceブログ版: 最近の口癖は…

http://kammyblog.seesaa.net/article/6058463.html

そいや、その下の真性引き篭もり話のリンクがレイコさんにとこになってますよ。

caprinのヲタ更正日記 - メイド喫茶は男オタクのためのキャバクラ…ではあるんだけどその差を考察してみる (ARTIFACT@ハテナ系)

http://d.hatena.ne.jp/caprin/20050823#p1

暇だからといって基本的に仕事中に携帯メールをしないとかの接客業の基本をより重視して欲しい。

うわあ、そういう光景は見たことなかったけど、そんなにひどいお店が…。

だから、そこらへんがメイド喫茶よりもちゃんと教育出来ているように思うアンミラ馬車道の方に自分は萌えてしまうわけだけど、これは客と身近なコミュニケーションを重視するメイド喫茶には高望みなのかな!? ファミレスでの客との距離、メイド喫茶での客との距離、キャバクラでの客との距離は、すべて違うんだろうけど、じゃあどれがベストの距離感なのか!?というのはなかなか難しい。「もっと親しくして欲しい。」など、人によって距離も変わるだろうしね。

アンミラ馬車道の場合、従業員と注文などのコミュニケーション以上のことはないけど、逆に単に見るのが好きってタイプの人には合うのかも。メイド喫茶はこの「距離感」がかなり曖昧だからなあ。その曖昧さが居心地の悪さに繋がる時も。

ゲームの為なら女房も泣かす - メイド喫茶は廉価版キャバクラか

http://d.hatena.ne.jp/annnnnnna/20050823/p2

メイド喫茶とキャバクラの相違点について。目的が違う、コミュニケーションを目的としていたら本当に廉価なのか、など綺麗に整理されていてわかりやすい。確かにこう考えると、廉価版キャバクラにはなってないというのは納得できる。

自分が想定していたメイド喫茶の客は、1,2回しか行かない人ではなくて、週に1回以上の割合で同じ店に行く常連を想定していたというのがあるなあ。で、そういう人たちは従業員と話すことを目的にしているんだろうと思って書いた。

とまあメイド喫茶がいかにキャバクラの廉価版にも満たないかを説明したけど、キャバクラに一度も行ったことがなくて、メイド喫茶はキャバクラの廉価版なんだって思い込むことでハッピーになれるって人がいるならそれはそれでハッピーだからそのままでいいんじゃね?って思うけどね。

メイド喫茶=廉価版キャバクラ話を書いている人は、メイド喫茶にしか行かない人がハッピーになろう(自己肯定?)と思って書いている訳ではないのでは。今回触れている人たち(maroyakasaさん、kamyy+さん、刺身☆ブーメランさん)に、想定したような常連はいないと思われるし。

自分は、メイド喫茶の機能面に注目してみると、キャバクラとの類似性があるが、なぜキャバクラには行く気がしない人が多いのか気になって書いてみた。

ちなみに自分の立場は、メイド喫茶は数回。キャバクラは数回で自分の金で行ったことない人(接待でしか行ったことがない)。

※参考

メイド喫茶ぶろっぐ - メイド喫茶とキャバクラと

http://d.hatena.ne.jp/maid_cafe/20041130#e

去年の議論の時のもの。メイド喫茶ぶろっぐって今は更新してないのか。

キャバクラ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%A9

Wikipediaの記述が結構詳しかったので参考リンク。「キャバクラ」の発祥は「キャンパスクラブ」という記述を見たことがあるんだけど、じゃなんで「キャパクラ」にならないんだと思ったけど、よくわからず。

沖縄のメイド喫茶

takaxoの食い物屋レポート =黒き清楚なる世界のために!=

http://www.yks.ne.jp/~takaxo/food/index.htm

沖縄のメイド喫茶「喫茶キング」のレポート。もともと普通の喫茶店で、店員のコスチュームをメイドにしたというタイプの店。沖縄の喫茶店は、ゲーム喫茶か漫画喫茶だというのが面白い。

http://d.hatena.ne.jp/caprin/20050823#p31より]

コンセプチュアルな喫茶店

王立アフィリア魔法学院

http://www.afilia.jp/

池袋に10月オープン予定のコンセプチュアルな喫茶店。なんか最近の池袋って声優の卵喫茶店といい、変わったコンセプトのメイド喫茶が多いような。「王立アフィリア魔法学院」内にある、学院カフェテリアという設定で、従業員は魔法学院の1年生。入店時には学院証が必要だそうだ。

学院証は初回入店時にお作り頂きます。学院証には学年ランクがあり、当店独自の基準によって進学致します。進学するとカフェで働く彼女達との進学差、つまり「先輩度」が増し、そのサービスは過剰ライン(?)にまで発展致します...。進学度合いは学院証カードのカラーによって細かく設定されていますので皆さんも是非、最高学年をめざして頑張って下さい。カフェで働く生徒同様「誰かの為の自分」を実践して頂ければ、きっと進学は簡単です。先輩度合いによってサービスが変わってしまうのは仕方のない事。先輩とは尊敬されるべき者なのですから。

当カフェで働いているのは、あくまでも学院生。

報酬をもらって働いているメイドさんではありません!

これってよく店に行ったり、注文が多かったりすると、先輩度が上がるんだろうか。こうして曖昧だったもののシステム化が進む?

msrkbmsrkb 2005/08/25 00:11 うちの大学では、セクトネタで似たようなパロディが配布されてました>「原理研の美子ちゃん」。「原理研の〜」のさらにパロディだったのかな。敵対するセクトの立て看はゲバ棒で粉砕するといいのよ。えーいえーい!みたいなやつ。

hatesateclubhatesateclub 2005/08/25 12:19 エイズをクラミジアあたりに言い換えると現実の話っぽい。

hjkhjk 2005/08/25 14:05 喪男が苛められる件までは妙にリアルなので、そこまでは実話なのかも。実際には「喪男」=「俺」で。

Cyberbob:-)Cyberbob:-) 2005/08/25 17:08 養老孟司をやけに目のかたきにしてるなとググったら某学会系大学卒でした。どうも宗教を否定されてると感じたようだ。

naohaqnaohaq 2005/08/26 08:14 後半の「喪」を「キ○ヤシ」に変えて読むとあら不思議。
「日本にはもう、エイズが蔓延していたんだよ!!」
「な、なんだってー!!」

2005-08-23

男子校出身者差別が始まったよ!(ウソ)

他人の脳内 - すいません、煽りです(1)

http://d.hatena.ne.jp/another/20050822/1124718640

男子校出身者っていいよね。自分の不幸の原因を、なんでも男子校に責任転嫁できるんだもの。

コメント欄が妙に盛り上がってる。kiya2014さんの自分語りが!

僕は都内中高一貫男子校出身で大学は行かずに社会に出た人なんだけど、にっくさんのコメントに近いなあ。男子校への呪詛の言説が溢れているというのは、恨みごとのほうが外に出てきやすいからという気もする。

AERAの男子校特集では、男女関係でいえば、女性と縁がなくても、男子校は男子校だから縁がなかったと開き直れるけど、共学だと可能性はあったのに自分のせいで縁がなかったとなるので、逃げ場がないと書かれていた。この視点で考えたことはなかったので、そうなのかと思ったけど、これはanotherさんのこの文と同じ話かな。

AERAの女子校特集では女子校は入っている間は天国、出てからが地獄とか言われていた。思春期に男性の視線を意識しなくていいので天国と。これは逆の男子校にもいえる話だ。

はてな801続き

ITmediaニュース:「南極で風力発電したい」――はてな社長はやっぱり変

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/22/news036.html

 「変ですよほんと。この間も『サーバ電源を風力発電でまかないたい』って言い出すし」――はてな最高技術責任者の伊藤直也さんは、まるで彼女の話をするかのように、嬉しそうに社長の“変さ”を語る。

はてな801に燃料が投下されてる!

Xbox360の価格決定

マイクロソフトXbox 360の欧州、北米向けの価格を発表 299.99 USドル(299.99 ユーロ/209.99 ポンド)より

http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20050817.htm

HDDは別売りなのか! HDD内蔵を前提としたゲームは作れない?

半角文字の前後に半角スペース

「俺」のターン - かっくい〜い blog の書き方

http://d.hatena.ne.jp/kurimax/20050820/1124499852

半角文字*1の前後に半角スペースを入れる話については。昔自分の記事のコメント欄で盛り上がった。DTPなら、英数字と日本語の間にどのぐらいスペースを入れるかコントロールできるけど、Webやエディタではその辺りのコントロールができないために、半角スペースを入れるようになったんだろうと推測。

ARTIFACT ―人工事実― | 英数字は半角にしないと気が済まない

http://artifact-jp.com/mt/archives/200409/halfsize.html

コミュニケロヨン

ある人のはてなブックマークで「コミュニケs−ヨン」という打ち間違いのタグがあったんだけど、最初見た時、「コミュニケロヨン」と読んでしまった。なんかかわいい。「コミュニケロヨンスキル」だなんて言ったら、間抜けさ全開。

裏電車男

ドラマ『電車男』公式サイトにこんなのが。

http://wwwc.fujitv.co.jp/denshaotoko/ahsned/

月面兎兵器ミーナ』の各話紹介で、作監による作画の違いを表現している。芸が細かい。

人気アニメ『月面兎兵器ミーナ』より主役の“ミーナ”が遂にフィギュアで販売!!

http://www.volks.co.jp/jp/news/index_news46.html

ワンフェスボークスがフィギュア出してたんだ。

*1:1バイト、2バイトで表現する方が正しいんだろうけど馴染みのある表現で

pcspcs 2005/08/23 07:37 半角って何ですか,と彼の方ならおっしゃっただろうな,と。

kogulekogule 2005/08/23 10:27 ニ分という言い方を好む方もいるでしょうけど,半角という言葉は別に変ではないと思いますが? あくまで字面の幅のお話のようですし。
寧ろ Unicode 系符号化方式も一般化している今,バイト数で表現する方が妙な感じがします。

kanosekanose 2005/08/23 17:23 半角ネタはpcsさんが言うようにKusakabaさんを意識したネタなんであまり気にせずに(笑)■MIMEエンコードでそんな問題が。メールのタイトルに日本語を使っちゃいけないとかいう時代の頃ですかね?

otsuneotsune 2005/08/25 00:24 JISの組版ルールでは、英単語の本文の間には1/4余白を入れることになっているので、空白が有ると読みやすいという意見には納得できる。でもQuark XPressだと余計なスペースは組版の邪魔なので全部取ってしまう。
あと「欧文処理系だと空白をデリミタとして扱うという機能的な制限から、仕方が無く日本語混じりの文章でも英単語の前後に空白を入れた」という妥協案になったけど。いつのまにか妥協案であることが忘れ去られて、それがルールとして定着しているというのもありそう。
DTP世界では英単語の前後にある半角スペースは余分でかっこわるい。

John_KawanishiJohn_Kawanishi 2005/08/26 21:49 なんで男子校ネタに半角?と思ったら「はてなダイアリー」のコメントの仕様か…。
各エントリーのリンクで飛んできてコメント欄読むと一瞬とまどいますね。

kanosekanose 2005/08/28 08:26 コメント欄の問題を解決するためにはブログモードにするのがいいんでしょうが、あのモードにすると舶来ブログと一緒になっちゃうのがイヤで

2005-08-22

メイド喫茶は男オタクのためのキャバクラ…ではあるんだけどその差を考察してみる

九尾のネコ鞭 - ギャルソン喫茶だとさ。

http://d.hatena.ne.jp/maroyakasa/20050817#p4

メイド喫茶っていうのは、結局、男オタクのためのキャバクラなんだとおもう(メイド喫茶もキャバクラも行ったことないけど)。男オタクのような「理系男子」は、普通のキャバクラってどうにも行きにくい。キャバクラ嬢って激しくビッチぽいからなぁ。その点、メイドはビッチさがないわけで。メイド喫茶はあたらしい客層を掘り起こした新機軸のキャバクラなのだ。

刺身☆ブーメラン(金子健介)のはてなダイアリー - メイド喫茶がキャバクラより気楽なのは「安い」から

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050820/1124526573

刺身☆ブーメランさんの歩んだ道はすでに2004年11月に通り過ぎているのだよ! 1年以上前から言っていたといっても証拠はないしね!! こっちには証拠があるよ!!!(優越感ゲームごっこ終了)

ARTIFACT ―人工事実― | EZ!TVのオタク特集―メイド喫茶とキャバクラ―

http://artifact-jp.com/mt/archives/200411/eztvotaku.html

冗談はさておき、刺身☆ブーメランさんは「キャバクラは女の子が綺麗すぎる 」と書いているけど、「キャバクラ嬢はビッチ、メイド喫茶のメイドはビッチさがない」というmaroyakasaさんの重大な指摘を無視しちゃうのは勿体ない気が。

ただ、ビッチ(売女)ってのは気持ちはわかるものの、侮蔑表現だろうと思ったので、自分なら「派手」「化粧が濃い」「ギャル系」「ケバイ」と表現するかな。オタクやら理系などの内向的な性格の男性にとっては、そういうタイプの女性はいくら綺麗だと思っても苦手意識を持つと。

記事のリンク先の是永さんのページはなくなっているのでInternet archiveより。メイド喫茶とキャバクラの比較として面白い。

EswDiarySide! 2004年10月 メイド喫茶のサービスについて語ってみたりするよ

http://web.archive.org/web/20041120033010/http://es-web.hp.infoseek.co.jp/diary/200410/#05150000

以前自分が書いた記事を補足すると、キャバクラの従業員の仕事とされているのは、男性客を楽しませることであり、それをサポートするものとして、酒などが入る。水割りの作り方が少々まずかったぐらいは愛嬌になる。これは、コミュニケーションをお金に換算しているといえる。

メイド喫茶は、あくまで喫茶店としての業務が主であり、そこで接客を担当する女性従業員がたまたまメイドの格好をしているだけだ。客に飲み物や食べ物を出すまでが規定された仕事であり、それ以上の部分、客に話しかけたりするのは、仕事ではなく、従業員の自由意志に任されている。*1それ故にメイド喫茶の給料は、キャバクラと違い、普通の喫茶店と変わらない給料である。また、料金もその辺の喫茶店とあまり変わらない。

これは言うなれば食玩だ。ラムネなどのオマケにフィギュアがついているが、フィギュア自体はあくまでオマケ。メイド喫茶のメイドもオマケ。ラムネなど入っているお菓子自体が欲しいのなら、もっと良いお菓子を買う(=普通の喫茶店に行く)のだろう。オマケが欲しいから、食玩を買うのであり、メイド喫茶に行くのである。

キャバクラでは、コミュニケーションもお金として換算されているのがよくわかるが、メイド喫茶はその辺りが曖昧である。キャバクラはコミュニケーションがお金として換算されているのを見せられるのがイヤだから、オタクにとって精神的には行きやすいんじゃないかなあと思った。もちろんメイド喫茶は「料金がキャバクラに比べて圧倒的に安い」ので行きやすいというのが大きな要因であることは前提で。

あ、なんとなくわかった。オヤジ化というのは、この「コミュニケーションのお金への換算化」に抵抗がなくなることなんだろう。

そういえば、この記事で、

個人的にはキャバクラの客のスキルも大したもんでもないとは思いますが……

こんなコメントをもらっていたけど、ある人から「キャバクラってモテの人が行くんでしょ?」と言われて、全力で否定したことが(笑)。複数の女性から好意を寄せられるような生活をしている男性はわざわざキャバクラ行かない訳だし。

キャバクラモテチェック

上の記事を書く関係で、キャバクラをちょっと検索したら、キャバクラでのモテチェックを発見。キャバクラ嬢からのアドバイスがあるんだけど、普通のモテアドバイスと違うのが面白い。これは「多くの男性に好意を持たれやすい女性へのアプローチ方法」だからだろう。

モテル男チェックテスト

http://www.asobanight.com/man/feature/checktest/

Q1●女子にはとことん優しい。

絶対怒らないし、彼女の言うことを否定しない。

A1●優しいだけじゃダメ。 答:NO

優しいことはイイことなのよ。女のコに怒らないなんてのは基本だし。だけど、優しいだけだと特別感に欠ける。お店では可愛いコはモテていると思うの。そんな女は下手に出る男をイイと思わないよ。何を言ってもうなずく男性は、媚びへつらってるみたいでうざったく感じる。ちゃんと自分を出して、主張するところは主張したほうがカッコイイよ。お説教だって普通はウザイけど、女のコが内心気づいている自分の悪いところをズバリ言い当てられたりしたら、クラっとくる。的を得た否定はすごくプラスに働くと思う。

「私だけ」という特別感が重要。

Q2●美人に会ったら素直に「美人だねー」と褒める。

A2●美人は間接的に誉めるべき。

Q3●マメにプレゼントをする必要なんかない。

A3●プレゼント攻撃は脅迫にもなる。

「カッコイイ男はキザが似合うんじゃなくて、キザでも我慢できるだけ」「初対面なら礼儀正しいほうがいい」とか「(携帯メールの)絵文字は常に気持ち悪さと紙一重」とか。

ここの他の記事、結構面白かった。これとか。

飲み世界でガムシャラは行けない 男は65%でいけ!

http://www.asobanight.com/man/feature/65per/

ネガティブな言説には本心や真実があると思ってしまう

K氏の読む価値なし日記改訂第四版 - 目を合わせるな

http://d.hatena.ne.jp/kimagure/20050817

ずっと悩んでいるんだけど、お世辞の反対って何だろう。お世辞を「口先だけの褒め言葉」と仮定するなら「口先だけの貶し言葉」ってやつ。どっかで書いたけど、人は「口先だけの褒め言葉」は信じないくせに、「口先だけの貶し言葉」は簡単に「本心だ!」と信じてしまうんだろう。

これはいろいろなことに言えそうだ。たとえばポジティブな言説に胡散臭さを感じても、ネガティブな言説には真実があるのではないかと思ってしまう。

だから「何もしない人ほど批評家になる」(http://www.blwisdom.com/pr/psy/09/ ※現在は会員しか読めない)とか言われちゃうと、引け目を感じているので、ああそうかもと思ってしまうと(笑)。この文章は「批評」を単なる「悪口」「否定」とかにしていたりするのがおかしいんだけどね。

*1:一部ではお金をもらって一緒にゲームをしてもらうなどもあるが

KurKur 2005/08/23 12:30 キャバクラって俺様キングダムをバーチャルに楽しむ空間じゃないですか?(違う?) その要素の1つである「モテ」を満たしているからといってキャバクラに利用価値を見出さないっていうのは違うんじゃないですかねー。ガハハ的な遊びが好きな人は(若い人でも)まだ居そう。

kanosekanose 2005/08/23 17:44 もちろんモテと言われる人もキャバクラに行くでしょうが、その時は「モテの人しかキャバクラに行かないんでしょ」という勢いだったので、全力で否定したのです

2005-08-21

ネット投票調査をしているところ

今は亡きvote japanでネット投票調査を確かやってたよなあ…と思っていたら、現在思いっきりそのものをやっているところが。

選挙サイトELECTION.-2005年08月19日 第42回オンライン世論調査結果発表

http://www.election.co.jp/news/2005/news0819.html

選挙サイトElection.-オンライン世論調査

http://www.election.co.jp/ank.html

以前から、このテのネット投票調査ってあったけど大きく問題視されているのを見たことがなかった。でも、総選挙はてなでは公職選挙法が!って言い出す人が出てきたのはやっぱりはてなだからなんだろうか。

政治家は産業構造を改革させて新しい賄賂の口を見つけて欲しい

日毎に敵と懶惰に戦う - 賄賂は悪くない。あと、公務員の給料は安い

http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20050821#1124636165

いまの道路族とかの賄賂の何がいけないかというと。田中角栄のころは、道路を作るってのは日本全体の国益に叶っていた訳で、例えば道路を作るために100億の税金が使われて、それがまるまる、ではないまでも8割方が国益に叶って使われて、そこから政治家が1億ちょろまかす、だったらたいした問題じゃないわけです。

それが、本来の目的が転倒しちゃって、1億ちょろまかすために100億の税金を使って、国益に叶わない道路を作る。こうなると問題なわけで。

ああ、これはわかりやすい(笑)。ただ、まあ昔は賄賂を防ぐ制度が未発達でばれなかった面も大きいとは思う。

とにかく、政治家の皆さんに置かれては、産業構造の改革、労働人口をきちんと流動させる方向で新しい賄賂の口を見つけてください。お願いします。

めざとい政治家は、規制をこれから作らなければいけないけど金のあるIT業界に目をつけているのだろう。そうなると、ベンチャーのIT企業が上場前の株を政治家に売るという、第二のリクルート事件が起きるのも時間の問題に違いない。

2005-08-20

『魔法先生ネギま! 2時間目』がAmazonで2,512円


魔法先生ネギま! 2時間目 戦う乙女たち! 麻帆良大運動会SP! 金メダル版

魔法先生ネギま! 2時間目 戦う乙女たち! 麻帆良大運動会SP! 金メダル版

ええ、なんでこんなに安いの? 7/28に発売されたばかりだというに。下はCD付でちょっと高い。

自由度の高いキャラゲーとして評価が高いので前作をプレイしてみようと思っていたんだけど、これなら新作からプレイしよう。

ITmedia Games:「魔法先生ネギま! 2時間目 戦う乙女たち! 麻帆良大運動会SP!」発売直前!! すべてを知る男・ディレクター岡村氏に直撃インタビュー

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0507/15/news110.html

『「対話」のない社会―思いやりと優しさが圧殺するもの』(中島義道著)

「対話」のない社会―思いやりと優しさが圧殺するもの (PHP新書)

「対話」のない社会―思いやりと優しさが圧殺するもの (PHP新書)

期せずして、この書籍が二つのブログで薦められて気になった。

モヒカン族 - モヒカンダイアリー「アップル通信」 - メタモヒカンと地べたと対話

http://mohican.g.hatena.ne.jp/summercontrail/20050818/com

好むと好まざるとにかかわらず お勧めブログ「〜大ブロ式〜」と中島義道『<対話>のない社会』について

http://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200508170000/

「〈対話〉の基本原理」を読むと、なんかモヒカン族みたいだ(笑)。

余談だけど「<>」は「〈〉」にしておくと、こいつはわかってるなと一部の人間*1に思われるのでお勧め!

自分と違う価値観の人と対話できることが「コミュニケーションスキル」の高さ

ARTIFACT@ハテナ系 - 2000年代に考える「ネアカ」と「ネクラ」

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050817/neaka

# fake-jizo 『独自の価値観とコミュニケーションスキルってのは本来無関係じゃないかなあ。むしろなんでそんなことを思ったのかが気になるな。』

# kanose 『一般的な価値観に馴染みがある、抵抗がないのなら、コミュニケーションスキルの初期パラメーターが高いと考えてました』

# fake-jizo 『それよりか様々な価値観(が存在すること)を許容できる人ってのがコミュニケーションスキルでは重要じゃないですかね?』

# kanose 『考えのきっかけが「ネアカ」「ネクラ」だったのでその方面では考えてませんでした。確かに許容性は重要です』

コメント欄のこの辺を受けて。

コメントで書いたように、あの文章の発端は1980年代の「ネアカ」「ネクラ」ブームと繋げてみる思考だった。あのブームでは、明るい性格(社交的でもいい)がよしとされ、暗い性格はダメとされた。このブームがわからないと確かに偽地蔵さんが言うように唐突だと思われても不思議はない。

ここで使われている言葉を元に、当時の自分のブームに対する印象を説明する。「ネアカ」とは「社交的な振る舞いをする人」なのだが、「一般的な価値観を不変のものと信じて、様々な価値観が存在することを許容しない人」でもある。こうした人は一般的な価値観を信じている人からすれば、大変付き合いやすい。一見すると「コミュニケーションスキルが高い」と評価されそうだが、これはあくまで「共感能力」が高いだけである。

逆に「ネクラ」は「社交的な振る舞いをしない人」だが「様々な価値観が存在することを許容する人たち」であった。様々な価値観があるというのを知っているからこそ、他人に価値観を強要しない。しかし、ネアカは違う価値観の人間を排除しようとし、価値観の均一化を図ろうとする。「ネアカ」とは「同調圧力が強い人」なのだ。

demiさんの文章は、オタクやサブカルといったマイナー文化の一般化にともない、「価値観の多様化を許容する人」が増えたという前提のもとで書かれたと考えている。そういう人が増えたから、価値観で差別はされることはないということなのだろう。

モヒカン族 - モヒカンダイアリー「アップル通信」 - メタモヒカンと地べたと対話

http://mohican.g.hatena.ne.jp/summercontrail/20050818/com

こちらで、左近さんは

 毛づくろい的なうなずき合いや馴れ合いの技術(共感能力)と「コミュニケーションスキル」を一応概念として区別するならば、コミュニケーションスキルは自分と異なる価値観を持つ人との間でこそ重要となる概念でしょうね。

 また、多様な価値観が存在することを単に許容するだけでなく、対話を行えなければ、それはコミュニケーションスキルが高いとは呼ばないでしょう。

指摘しているがごもっともで。

よくオタクはオタク同士だとよく話すから、コミュニケーション能力がゼロではないというけど、そのような価値観が同じ人同士におけるコミュニケーションが楽で、特に意識しなくてもいい。コミュニケーションのプロトコルが最初からわかっているからだ。問題は、プロトコルが違う人と対話ができるか?である。

いきなり、まったくプロトコルの違う人と話すのはハードルが高いし、別にそこまで合わせなくてもいいとは思う。ただ、プロトコルが近い人同士だと思えるのなら、そういう人とのコミュニケーション回路が開けるよう、なるべく努力したほうがいいと思う。

色々思ツタ事 by いわん 「ネアカ」の「何も考えてない」連中が嫌いだった。そんなあたしは「ネクラ」でした。

http://d.hatena.ne.jp/Ivan_Wisky/20050818#p1

そういった「価値観の差を気付かされる/価値観を変える」きっかけがありながら、

「コミュニケーションスキルもなく、独自の価値観も無く、価値観を表現出来ない」状態というのが、

そんなに長い時間、維持する事ができるんだろうか。そんな状態は耐えられないんじゃないか、と思った。

そんな苦しい状態が続くのなら、どこかで割り切るのではないだろうか。逃げるみたいな表現だけど。

「なんとなくオタクになっちゃった人」はオタクの中でいまや多数派なので、その人たち同士で繋がりやすい。だから別に苦しい状態とかはとりあえずは思わないんだろうなーというのが自分の考え。ただし、一般社会からの疎外は感じると。

見出しのこの表現はよくわかる。当時すごくそう考えていたと思う。お前らなんか何も考えてないじゃん! バーカバーカみたいな。

コミュニケーションスキルの向上のさせ方

純粋なココロ: 成長ループ

http://a-pure-heart.cocolog-nifty.com/log/2004/11/post_6.html

向上の方法として、キーワードではこのMasaoさんの記事を紹介した。

大筋には賛成なんだけど、気になる点を書いておく。

で、あれば。失敗することが恥ずかしくない環境を探せばよいのです。失敗が許される場所へ行けばよいのです。そこであなたは心おきなく「成長ループ」を回し、自身を成長させることができます。

記事の例にあるクラブなどのように「相手と継続的な関係が起きない」と想定できる環境の人間関係は「失敗が許される環境」である。しかし、学校や仕事場のような公的な場所は、継続的な人間関係が発生するため、「失敗が許されない環境」になる。

しかし、問題として「相手と継続的な関係が起きない」と想定できる「失敗が許される環境」というのは私的な環境しかないのではないだろうか。例で上げられているように、クラブだったり、昔だったらテレクラ、今だったら出会い系サイトだったり。キャバクラとか風俗もこれに入るか?*2 これらはすべて異性関係で刹那的な関係*3を望む環境だ。

また、こういった環境の問題点として個対個のコミュニケーションスキルしか伸ばせず、個対集団のスキルは伸ばせない。

以上から考えるに、これらは「社会的コミュニケーションスキル」を延ばすのは難しいのではないだろうか? 逆に「私的コミュニケーションスキル」を延ばす分には使えるだろう。

あと、コミュニケーションスキルアップの方法があるとして、その方法を実践すると、急に気味悪がられることがある。たとえば、学校や職場では朝、きちんと挨拶すると好感度が上がるといわれている。しかし、普段挨拶をしてない人が急に挨拶をし始めたら、え、なんで?と不思議がられてしまうだろう。ただ、こういうのって最初だけで、継続してけば、すぐに馴染むんだけど、その最初の軽い疑問の雰囲気というのは、結構きついかもしれない。

白田秀彰の「インターネットの法と慣習」 第20回 意思主義とネット人格・キャラ選択時代 : Hotwired

http://hotwired.goo.ne.jp/original/shirata/050607/02.html

学生達が異口同音に指摘していたのは、自分が新しい「場」に入ったときに、どのキャラが割り当てられるかが決定的な重要事項であるということ。主役級あるいは主役サポートキャラを獲得できれば、その場を支配する側にまわることができる。悪役やザコキャラを割り当てられれば、その集団で楽しくやっていくことは困難になる。こうしたキャラの争奪が「場」でそれとなく、かつ静かに進められる。

普段してないことをするのは、最初に割り当てられたキャラの変更をすることになるので、そこに抵抗がでてくるるということ。

deltaVERSO - 人形つかい

http://d.hatena.ne.jp/deltelta/20050819#p1

「失敗が許される環境」で学んだスキルが、「失敗が許されない環境」で通用するか?という問題がありそう…

 後者の場合、自分ではループを廻せないので、危なくてもトライする人にピッタリ貼り付く「コバンザメ戦略」、のぼせやすい人を上手くたきつけて様子をみる「鵜飼戦略」とかが有効ということに…!!

「社会的コミュニケーションスキル」を延ばすのに有効な戦略?

金魚運動で全て解決します。- 成長ループ

http://d.hatena.ne.jp/mrnkn/20050819#1124441957

むかしから日本は「失敗が許される」文化ではなかったように思う*1のだが、ささいな失敗のあとが永久保存され参照されてしまうインターネットの登場によって「失敗が許される環境」からますます遠ざかっているような気がする俺は天邪鬼。

ネット上を主として構築された人間関係ではこのような問題が大きくなってくる。たとえば、mixiを「失敗が許される場所」として捉えて、あるコミュニティのオフラインの集まりでナンパ行動を取り、ほとんどが失敗したとする。そうなると、そのコミュニティ内で情報が伝わり、その人は問題視されるだろう。

ネットによって、すべてのコミュニティが繋がってきたら、「失敗が許される場所」というのは今後減ってきそうな気がしてきた。

「ネットの実名化」における問題点として、これも挙げられるだろう。

なまけごころを君に - コミュニケーションスキル 20:37

http://d.hatena.ne.jp/ustar/20050818#1124365055

大きい目標を掲げていきなり挑戦して失敗すると「所詮無理だった」とか「やれることはやった」とか妙に安心してそこで終わってしまうパターンが起こりがちでここの例だと女の子をナンパしていきなり「よるなキモイ」とか大拒絶されたりする場合、もしかしたらナンパの前に「相手の警戒心を解く」とかいう段階を失敗しながら上がっていく成長というのも必要なんじゃないかという

オタクは0か1なので「当たって砕けろ」が「砕けるために当たる」になりがち説。*4拒絶を確認して、やっぱり行動を起こしてもダメだという理由を作るのが目的に。

コミュニケーションスキルあれこれ

いろいろ面白い反応をもらっているのでメモ。この辺の話はあんまり追い込むと胡散臭い精神論のビジネス書みたいな方向にいきそうなので、その辺に注意しながら…。

コミュニケーションスキルとは「他人を意のままに動かすスキル」であると考えてみる :小林Scrap Book

http://blog.heartlogic.jp/archives/000667.html

前述の本を読んだ後、とりあえず折り合いの悪い上司を「敵」だと思うのをやめて、あらゆる発言を「味方だからこそ」と理解するようにした。この時、この努力は上司に対して直接効果があったとは言いがたかったが、自分自身の精神衛生を良くするには大変役立ったし、同僚からの反応も良くなったように思う。周囲を勝手に敵認定していると、ろくなことがない。

昨日書いたhigeponさんの文章を思い出す。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/19/news029.html

 「たとえムッとしたとしても、ネット上にその表情は見えないんだから『ありがとう』と書けばいい。あれこれ言われたとしても、結局何かを教えてもらえるならば、ありがたい」――2chという“先生”に、最大限の礼を尽くした。

純粋なココロ: 『社会的コミュニケーションスキル』と『情愛的コミュニケーションスキル』は違う

http://a-pure-heart.cocolog-nifty.com/log/2005/08/post_6a1d.html

上の小林さんの意見に対する指摘。「社会的コミュニケーションスキル」と「私的コミュニケーションスキル」をわけて考えようと。ビジネス書だと当然ながら社会的コミュニケーションスキルの方を意識した話ばかりだ。

プラ+レゴ後悔日誌〜公式設定ではありません〜 - コミュニケーション能力とか

http://d.hatena.ne.jp/sumeshi/20050817#1124251137

「コミュニケーションスキルの低い」とされる人を分類。

最近思うに、「コミュニケーションの低い人間」には2〜3種類くらいいるんじゃないでしょうか。「自分のコミュニケーションスキルがどう低いかを把握する、あるいは把握しようとしてる人間」(仮にAとする)がいて、「自分のコミュニケーションが低いことを知ってるだけの人間」(Bとする)もいて、そしてもしかしたらさらに「自分のコミュニケーションスキルが低いことをわかってない人間」(Cとしておく)というのもいるかもしれません。

過下郎日記 ■[非モテに捧げる駄文]〓「帰ってきたもてない男」の「グロテスクな教養」2

http://d.hatena.ne.jp/hazama-hazama/20050818#p2

キーワードを見て発見。コミュニケーションスキル万能論に対する批判。コミュニケーションスキルが後天的に(努力して)得られるものなら、ない人間は努力をしてないからだという自己責任論になってしまうことを問題視。「コミュニケーションスキル」といった時に先天的なものと後天的なものが一緒にされがちという問題は確かにある。その辺は後述するようにシロクマさんが指摘している。

“スキル”から“スペック”へ――コミュニケーションスキルという語彙の問題(汎適所属)

http://www.nextftp.com/140014daiquiri/html_side/hpfiles/adjust/skill_to_spec.htm

シロクマさんがいう「コミュニケーションスペック」の意味がわかってきた。コミュニケーション能力は先天的なものも入っていることを示すために「スキル」ではなく「スペック」なわけか。説明の中でちょっとわからなかったものを羅列。

言葉の選び方・語彙力、言語性IQ

この「言語性IQ」というのはちょっとわからず。

相手の立場を想像する癖、動作性IQ

相手の立場を想像する能力と「動作性」の繋がりがわからず。このIQというのは能力値という意味で使用されている?

あと誤解している人が多いようなので再度説明しておくけど、このキーワードは自分が作った訳ではなく、以前からあったキーワードに説明をきちんと書いたというのが事実。

さとう珠緒氏の電車男感想はオタク好き女子に向けてのメッセージ説

かなり話題を読んださとう珠緒氏の文章だが、友達と話していたら、タイトルのような説が出てきた。確かに、ダ・ヴィンチって女性読者が多いっぽいしなあ。

http://web-davinci.jp/contents/tamao/contents/20050802.html

20代の頃は、エルメスさんじゃないけれど、「オタクもいいかな?」って思った時期もあったんです。オタクというか、繊細すぎてネガティブな人。暗すぎて、あまり上手に笑えないような……。「ああ、この人に笑ってもらいたい!」って思っちゃったりして。それで少しがんばって献身的になるんですけど、まあ、すぐ飽きちゃうんですね。最後は「バカじゃないの!?」と気付いてしまって恋が終わる(苦笑)。たぶん、あの頃は「オタクも愛せる私って素敵」なんて思っていたんでしょうね。

なので、ポイントはここ。オタクっていいかも? メガネ男子いいかも? とか言ってる女子に先輩からのアドバイスなのだよ! 男オタク向けに書かれている部分は偽装で、話題を集めるためのレトリックに過ぎないんだよ! いや、もちろん本音も入っているだろうけど(笑)。

ということで、男オタクへの罵倒の機能しかなかった室井佑月氏の文章と一緒にしちゃいけないよという話。

*1:出版関係だけ

*2:これらは男性向けだが

*3もちろんそこで継続的な関係を作る人もいるが少数だろう

*4:元の記事はオタクだと限定してないけど

とんぼーいとんぼーい 2005/08/20 06:50 kanoseさんはビジネス書を馬鹿にしている、とφ(. . )

#書籍について愛情のない人間が編集に関わらないで欲しい。呆れてものもいえない。

kanosekanose 2005/08/20 06:59 ちょっと誤解を招く表現だったなと思って修正

シロクマシロクマ 2005/08/21 10:45 動作性IQと言語性IQは、精神科界隈で使用されているモノサシで
算出される、所謂IQの下位項目です。IQが幾ら高くても、この二つ
のバランスが悪いと厳しいです。確かにわかりにくいですね。
リンクを張って見る人がわかりやすいようにしとこっと。
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/yamaokash/test200.htm(←こんなの)

kanosekanose 2005/08/21 22:10 出かける前で急いでいた&造語だと思い込んで調べなかったです。失礼いたしました。

2005-08-19

GLOCOM forumでネットテレビ中継

GLOCOM - GLOCOM TV

http://www.glocom.jp/onair/

明日開催されるGLOCOM Forumでネットテレビ中継をするそうなので気になる人はチェックを。

naoyaさんのインタビューのモテ話

ITmediaニュース:「ココログ」開発者、はてなへ (1/3)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/18/news023.html

naoyaさんのインタビュー、わかりやすく情報が整理されているんだけど、モテ話が軸になっているのが興味深い。

 プログラミング少年の転機は、思春期に訪れる。「パソコンをやっていてもモテない」という事実に、ハタと気づいたのだ。MSXを持っていた友人が、オタクっぽくなり、クラスで浮いてきているのを感じた。

 モテたい伊藤少年は、キーボードを叩く手をギターと竹刀に持ち替えた。中学、高校と剣道部で活躍し、バンドに精を出した。伊藤少年のプログラミング史は、しばらく止まっていた。

 青山学院大学理工学部物理学科に主席で合格。生まれ育った秋田県から上京し、バンドサークルに入ったが、「当時のモテはもうバンドじゃなかった」。東京のカッコいい人に張り合って、モテようと考えるだけムダだと感じた。「やりたいことをやろう」。封印していたゲームやPCへの欲望を開放した。

スクールカーストCからの脱出だよ! やっぱり運動部にいかないとダメなんだ!(笑)

「当時のモテはもうバンドじゃなかった」そうだけど、大学入学の頃だと1995年ぐらいか。このぐらいの頃のモテって何だったんだろう。最近はメガネロックの影響で、またバンドはモテになってそう。*1東京に来て、上を知って、その辺で潔く方向転換する見切りの良さも重要なのか。

昔は、エンジニア系というと非モテの象徴だったけど、ギークでモテが生まれる時代。しかし、社交能力がないから技術を磨いて…だったのが、社交能力もあって技術がある人がこうしてがんがん出てきたら、競争がどんどん大変なことになるなあ。並の技術力では目立てない。

ネガティブに考えると、naoyaさんみたいな人って「世渡りが上手い」とかいって、嫌われるのだろうか。でも、ちゃんと技術力というバックボーンがあって評価されているんだから、「能力もないのにあいつは」といえる訳でないし。

その辺り、はてブのコメントで、

2005年08月19日 rAdio 『なにこのモテイズム。みんなきえちゃえ。』

とネガティブなコメントをつけていた益田ラヂヲさんに詳しいところを聞きたい。

ブログ時代は「屈折」から「素直」なのか

前も書いたかもしれないけど、naoyaさんのインタビューのついでに。

ブログ時代になってから、知り合った人たちに共通していることは、すごいポジティブだということ。素直ともいえる。

それに対して、昔の個人サイトの頃に知り合った人たちは「屈折している」ことがアイデンティティになっている人が多かった。自分もどちらかといえば屈折している方だろう。物事は素直に受け取らない。疑い深い。電車男はフィクションじゃないか?と疑う(笑)。

ARTIFACT@ハテナ系 - コミュニケーションの可視化が起こす問題

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050730/popularperson

この時にちょっと書き忘れたんだけど、今のネットというのはこういった「屈折した人」が居場所をどんどん失っていく過程なんじゃないかあなと思ってる。

今のところの自分の結論としては、なるべくポジティブに、でも疑う心を忘れない、という感じだろうか。簡単にいえば、バランスよくと。

はてな801

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/18/news023.html

2005年08月18日 fellows 『[はてな]naoyaんはモテ/「両想いだった。快諾した。」そして朝チュン。』

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/19/news029.html

2005年08月19日 fellows 『[はてな]二日連続いけめん!/「ヤバイ、この人だ」そしてjkondo総受けへ……(ごめんなさい社長)』

母さん、そろそろはてな801を始める人が出てきそうな勢いです。

しかし、どうも組織のトップは総受けと言われる確率が高い気がする(笑)。「総受け=愛されキャラ」というか。

ネットで不快になっても相手に不快さをいつでも伝える必要性はない

ITmediaニュース:2ch発「Mona OS」作者がはてなに来た理由 (1/2)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0508/19/news029.html

higeponさんのこれはいい言葉だと思った。

 「たとえムッとしたとしても、ネット上にその表情は見えないんだから『ありがとう』と書けばいい。あれこれ言われたとしても、結局何かを教えてもらえるならば、ありがたい」――2chという“先生”に、最大限の礼を尽くした。

ネット上で自分が不快に思った時、相手に不快だと伝えたくなるけど、伝えて自分にメリットがあるかどうかというのは考えたほうがいいよなあ。あと、そうやって不快にさせたがる人というのは、相手から不快だという言葉を引き出したいことが多いんだから、相手の意図に乗る必要はない訳だし。

*1:この場合のモテというのは文化系女子に対して

tenkomatenkoma 2005/08/19 22:08 > はてな801
とりあえず,軽くワープしちまったっ……!!

kanosekanose 2005/08/20 00:11 テキスト学園人物辞典(http://www.hh32.f2s.com/dict/)はもう消えちゃったようで。ある人は「なんでブログ801はないんだ!」と申しております(笑)。隊長×ひろゆきとか

regicatregicat 2005/08/20 08:58 昔懐かしいコレが……
http://coolsummer.typepad.com/kotori/2004/04/blog_1.html

suitousuitou 2005/08/20 17:21 テキスト学園人物辞典は残っていますよ。
(http://www3.to/dict)
テキストサイト全盛期を語る上での遺産です。

kanosekanose 2005/08/21 21:30 そういえば小鳥さんが書いてましたね(笑)■テキスト学園人物辞典、新URLが検索結果で結構下なので見逃してました。今検索したら、この記事が2番目に!

2005-08-17

底の浅い会話

「コミュニケーションスキル」を検索していて見つけたブログの記事。

NPO的生活談話: コミュニケーションスキル

http://e.democracy.jp/blog/takagi/archives/000214.html

 ある農業・酪農の大学の教官の話なのですが・・・、

馬がとても好きな学生が、馬に関する職業に将来つきたいと真剣に考え相談に来たそうです。友人達に馬の話をすると・・・、「いいよね、馬は。」「乗馬を習いたいね」「きれいな目をしているね」と、たくさんの反応の言葉があるのだけれど、それだけで話が終わってしまい、まったく深まらないと嘆いたそうです。

 そのうちに、「大学にいても本気で馬のことを語り合える、興味を刺激し合える仲間ができない」との理由で、大学をやめて牧場に飛び込んでしまったそうです。

なかなかわかりやすいエピソードだこと。これは共感能力しかなくて、批判能力がないということなのだろうか。相手の感情を否定するような会話はできないと。しかし、普通の大学ならともかく、酪農大学でそれってもなあ…。

高学歴の人にコミュニケーションスキルが低い人が多い?

学校の勉強ができても仕事できない人の話。

ジャワティ日記 - 面接の難しさ

http://d.hatena.ne.jp/chung-zee/20050816/p4

実務能力にはコミュニケーションスキルがあります。高学歴の人がダメ人間の場合は、このコミュニケーションスキルが無い事が多いのです。彼らのプライドがこのコミュニケーションスキルの成長を邪魔していることもあるのでしょう。しかし、それだけが原因でもないのです。

最後に、

彼らがそういうこだわりやプライドを捨てない限り、ダメ人間からの脱却はむつかしいのです。

こう書いているんだから、「それだけが原因でもないのです」という一文はいらないような…。

と揚げ足取りはともかく、「ダメ人間」と自称する高学歴の人のプライドの高さというのは自分も感じることがある。プライドを持つことは重要なのだが、プライドにも優先順位があって、そこまで大事にしないといけないプライドなのかという自問自答は必要だろう。

偏差値の高い大学の人は「受験は簡単だった」とよく言うんだけど、じゃ受験が簡単だというのなら学歴がプライドに繋がらないのかと思いきや、そうではない。そのねじれが面倒な事態を生み出すのだろうと推測。

残暑見舞いのはぶにっき Re:不採用の達人

http://d.hatena.ne.jp/habuakihiro/20050816#1124156938

元の話題も面白かった。

キーワード「コミュニケーションスキル」を書いてみた

keyword:コミュニケーションスキル

ちゃんとした説明がなかったので書いてみたんだけど、きちんと説明しているものはネットでは見つからなかった…。ある程度突っ込んで書いているところというと純粋なココロ(http://a-pure-heart.cocolog-nifty.com/log/)のMasaoさんぐらいしかいなかったのでリンクしておいた。

皆の共通理解がないという点であやふやな言葉だというのは同感なんだけど、これだけ使われてしまっているのならはっきり定義したほうがいいかなと。

書いてみて思ったが、「読む」「書く」といった非リアルタイムコミュニケーションの技術というのは、考える時間が多いだけに磨きやすい。しかし、リアルタイムコミュニケーションというのは考える時間が大変少ない。

最近、大人数の前で話すことを繰り返して思ったけど、そういうリアルタイムコミュニケーションというのは本当に大変だ。話していて反応が悪いのなら、その場でやりかたを変えたりしないといけない。大勢の人の前で話した後に疲れるというのは、話をしている間に頭をフル回転させなければならないから疲れるのだろう。経験者には当たり前のことなんだろうけど、経験してみないと気付かないこともある。

2000年代に考える「ネアカ」と「ネクラ」

ユリイカ2005年8月増刊号 総特集=オタクvsサブカル! 1991→2005ポップカルチャー全史

ユリイカ増刊でのdemiさんの原稿のラスト辺り、

もはや単に趣味によって「オタク」と有徴化され、差別抑圧されるものはいなくなった。代わりにあるのがコミュニケーションスキルの低い者、愛されない者、社会的能力のない者に対する容赦のない軽蔑の視線である。サブカルとオタクの差異は(外的には)もはや存在しないといっていい。

を読みながら、demiさんの言うことは正論なんだけど、その状況に追い詰められる人ってのは確実に出てくるだろうなあということを考えてしまった。

コミュニケーションスキルの高低というのはしばしば話題になるし、自分もよく話題にするんだけど、これは1980年代の「ネアカ」「ネクラ」問題とはどう違うのだろうか。

考えてみると、当時「ネクラ」と言われた人というのは、普通の人にはなかなか理解できない独自の価値観を趣味とかで持っているが故に、コミュニケーションできずに「ネクラ」と言われていた。だから、オタクなんかはネクラと繋げられてよく話題にされた。

で、現在でも、そういうタイプの人はいるんだろうけど少数派な気がしてる。今多いタイプは、一般的な価値観に馴染めない、かといって、強力な自分だけの価値観を持つこともできない人たちなんじゃないだろうか。

よく、オタクは「なるものではなく、勝手になってしまうものだ」と言われるけど*1、一般的な価値観に馴染めないから、マイナーな文化をたまたま選んでしまっただけの人が増えてきていて、そういう流れのオタクというのは「たまたまなってしまった」になるだろう。「オタクの浸透と拡散」である。エルメスにいわれてオタク趣味をやめてしまった「電車男」がわかりやすいが、彼にとってはオタク趣味はその程度のものだった。

そういうタイプの人は、自分がどういうものを好きかという体系化するなどの価値観を持たずに、ネットなどでなんとなく流行っている「オタクっぽい」とされるアイテムを消費していく。ここ最近のオタク業界を見ていると流行にかなり左右されている印象を受けるのは、そういう人が増えたからではないか?

もちろん、昔からオタクは移り気と言われていたし、特に同人業界は流行り廃りが激しかった。そういった同人業界的なノリが、ネットという技術の進化とともに浸透化したのだろうが、オタクの数が増えたことによる一般化とはこういうことなのだろう。

最初の話題に戻る。こういった「なんとなくオタクになってしまった人」というのはどうすればいいんだろうか? 「コミュニケーションスキルが低いです」「自分の独自の価値観も持ってません」「価値観を表現する能力もありません」と言われたら、コミュニケーションスキルを上げるか、価値観を構築してみたら、表現能力を持ってみたら…ぐらいしか言えない。これらを受け入れられなかったら、テロ*2に走るしかなくなっちゃうんじゃないだろうか…。

※追記

「コミュニケーションスキル」って何?という指摘もあったので補足。ここでいう「コミュニケーションスキル」は、価値観を共有してない人との交流能力を考えていた。なので、価値観が同じ人との交流能力は考慮してない。で、この考えを極端化すると結局異性との交流能力問題になって「非モテ」問題などに繋がるんだろう。

逃走航路@hatena - ARTIFACT@ハテナ系 - 2000年代に考える「ネアカ」と「ネクラ」

http://d.hatena.ne.jp/tenkoma/20050817/1124274632

最近,痛感するのがコミュニケーションの難しさ.難しいけど,コミュニケーションすることで―楽しい思いができたり新しい考えかたを見つけたりできる―ということもわかったんですが.価値観を持つだけでは;独自の価値観を持っている,と思いこむだけではうまくコミュニケーションをとることはできない,というのでしょうか.

どんなに独自の価値観を持っていても、プレゼン能力が低いと他者は理解してくれないと。

*1:『げんしけん』とか

*2:といってもkiya2014さんみたいにネットで他人のブログにイヤガラセコメントをつける程度のことだが

発見発見 2005/08/17 19:22 Yoのけそうぶみ
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/i4004/1009376130/
7で最近の顔写真が発見されて住人が悲鳴を上げていますが
残念ながら今は消えているみたいです

delphi6delphi6 2005/08/18 00:18 笑いは免疫活性を高めるわけですから、コミュニケーションスキル
とは”参加している人みんなの免疫活性を高める表現をする能力”
と定義できるでしょう。

kanosekanose 2005/08/18 02:25 Yoのけそうぶみもスレあったんですねえ。てっきりフィクションかと思ってました(笑)■人を笑わせる能力は重要なんですが、そういった能力だけが評価の対象になるのには抵抗したいんですよ

cutepluscuteplus 2005/08/18 03:25 ネット内で収まっているうちはネタで済むけど、過去にはライシャワー事件のようなリアル非モテテロもあるから、面白がって観察していたら、あれあれ……ということもあるかも。

fake-jizofake-jizo 2005/08/18 09:26 独自の価値観とコミュニケーションスキルってのは本来無関係じゃないかなあ。むしろなんでそんなことを思ったのかが気になるな。

kanosekanose 2005/08/18 09:32 一般的な価値観に馴染みがある、抵抗がないのなら、コミュニケーションスキルの初期パラメーターが高いと考えてました

fake-jizofake-jizo 2005/08/18 10:09 それよりか様々な価値観(が存在すること)を許容できる人ってのがコミュニケーションスキルでは重要じゃないですかね?

chung-zeechung-zee 2005/08/18 11:07 トラックバックありがとうございます。まだまだへたれブロガーですが、これからも精進します。高学歴の人ってプライドがあるからオタクになりがちなんでしょうか。周りにもガンダムオタクとか多いです…。

kanosekanose 2005/08/18 11:12 考えのきっかけが「ネアカ」「ネクラ」だったのでその方面では考えてませんでした。確かに許容性は重要です

シロクマシロクマ 2005/08/18 13:57 最近、コミュニケーションスキルという言葉をあちこちで見かける
ようになり、その修辞(特にスキルという修辞にまつわる問題)に
まつわる問題が非常に気になってきています。スキル、というと
「技術」同様、曲がりなりにも誰でも決まった手順で体得できて
マニュアル化が可能という印象を受けやすいわけですが、実際に
対人コミュニケーションで求められるものって、この「スキル」
という言葉の元来の意味に合致しない部分が多々あるように思えます。
私見ですが、「コミュニケーションスペック」という言葉のほうが、
より誤解を与えない表現にできるんじゃないかと感じますが、如何
でしょうか?少なくともうちのサイトは、これまで使ってきた
コミュニケーションスキルという言葉を今後コミュニケーションスペック
に書き換えて行こうかと思ってます。

republic1963republic1963 2005/08/18 23:58 キーワード、わざわざ作っていただいてありがとうございます。コミュニケーション能力って要するに異文化交流の力みたいなことなんでしょうね。価値観の違う人とコミュニケーションする事って本当に難しいと思います。特に、スポーツ(特に球技)をやっている/いた人間とコミュニケーションとるのは本当に骨が折れるような気がします。

2005-08-13

mixiの日記は深夜ラジオ

mixiの日記はブログなどその人の発言や現在の状況などすべて押さえていることを前提に書かれることが多いからいやだと言っている人がいた。相手が出している情報をすべて追いかけていないと、意味がまったくわからない日記を書く人も多い。mixiの日記は謎めき系になりがちだ。

この話を他の人にしたら、深夜ラジオが、そのパーソナリティのさまざまな情報を知っていることを前提した上で、トークが展開されるのに近いのではないかと言われる。身内意識を高めるためには、情報の隠蔽は効果があるが、あんまりやりすぎるとこういう風に思われるということで。

自分は、mixi日記を読んだ人が、ブログを読んでない可能性も考慮して、日記を書いている。

にほんブログ村

にほんブログ村 - ブログランキング・ブログ検索ポータルサイト

http://www.blogmura.com/

こんなのがあるのを知ったけど、どの程度利用されているんだろうか。どこが運営しているか表示してないのはマイナスだなあ。ドメイン登録を見るとにmurauchi.co.jpなので株式会社ムラウチドットコムなのだろう。

ムラウチドットコム

http://www.murauchi.com/

murauchi(株式会社ムラウチ) 会社概要

http://www.murauchi.co.jp/kaisya/index.html

mohrimohri 2005/08/17 12:20 ブログ村の検索ってけっこう使えるっすよ。

2005-08-12

自由に使える読書感想文

著作権フリー![自由に使える読書感想文]

http://dokkan-id.hp.infoseek.co.jp/

suneoHairWax::ein differenztheoretischer Ansatz - 「盗め!」から「コピペ!」へ

http://d.hatena.ne.jp/hidex7777/20050812/p1

経由で、知ったんだけど、すでに学生向けに読書感想文サイトがあったという。

猛牛ママ | 著作権フリー!自由に使える読書感想文

http://mo-mama.com/log/2005/08/11-diary.php

ここまでくると、なんか小中学生の生活ハックって気がしてきた(笑)。このサイトにはぜひCCのライセンスを! って使う際の規定が細かいのでCCの規定では無理なんだけど。

ネットと選挙運動

hxxk.jp - 総選挙はてなと公職選挙法第 138 条の 3

http://hxxk.jp/2005/08/11/2356

これを読んでネットでの選挙活動の規制ってのは相変わらずなんだっけと思って調べてみた。

東京都選挙管理委員会 | 選挙Q&A(目次) | 選挙Q&A(選挙運動と政治活動)

http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/qa/qa03.html

インターネットと選挙運動

http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/senkyo/html.file/senkyoundo_top.htm

「選挙運動」と「政治活動」の違いって微妙だなあ。

IT時代の選挙運動に関する研究会について

http://www.soumu.go.jp/singi/it_senkyo.html

総務省が平成13年(2001年)から14年にかけて行っていた研究会。この研究会の成果はどの程度反映されたんだろうか?

総務省はネット選挙運動を解禁せよ!

http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2001_07_18/content.html

2001年のWeb現代の記事。

MIYADAI.com インターネット選挙運動とは何か?

http://www.miyadai.com/texts/003.php

宮台真司氏による意見。これも古いな。

2001年に盛り上がったんだけど、その後放置って感じなんだろうか。

霞が関官僚日記のコメント欄がはてなユーザーのみに

霞が関官僚日記 - コメント欄の設定変更について

http://d.hatena.ne.jp/kanryo/20050811#p1

kanryoさんのところがはてなユーザーのみのコメント設定に。docomoを使ったユーザーが荒らしをしていたそうだけど、docomoとのやりとりは興味深い。そしてその結論。

要は、荒らし行為自体が問題なのではなく、2ちゃんねるから締め出される原因を作った、ということ。つまり、mopera外部へはいくらでも悪さをしてもいいが、その他のmoperaユーザーやドコモが迷惑を被る事態は許さん、ということでしょうか。ドコモは一通目のメールにこう書きました。曰く「秩序あるサービス提供へ向けて努力して参る」と。その秩序はインターネットの秩序ではなく、ドコモなりの秩序なんでしょうね。なんなんでしょうね。

悪の掲示板荒らし

http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/etc/arasi/

これらを見ると、docomoの対応は特に珍しいものではないっぽい。

はてなダイアリーのコメント欄でIP禁止ができないのってやっぱり不便だよなあ…。有名どころのはてなダイアリーでコメント欄が停止したり、はてなユーザーのみになったりすることも増えてきたのは、はてなダイアリーが有名になったからか何なのか。

この絡みで、こんなはてなアイデアが。

はてなアイデア - 不具合:超長文のコメントは、ダイアリーには表示されないのに「最近のコメント」には表示される。編集画面から消去もできず、非常に見苦しい。http://d.hatena.ne.jp/kanryo/参照。

http://i.hatena.ne.jp/idea/4800

ああ、確かにこれは見苦しい。たまにコピペ兵がやってきた時に削除すると、サイドバーでは表示されていて何だかなあと思ってたんだけど。

はてなアイデア - 特定のIPアドレスまたはリモホからのコメント投稿を拒否できるようにしてほしい。

http://i.hatena.ne.jp/idea/4885

コメント欄といえば、過去のこれ。

はてなアイデア - コメント許可の選択肢に「はてなダイアリー市民のみ」を加えてほしい。

http://i.hatena.ne.jp/idea/3376

1000 hatena 『コメント書き込み権限の設定は必要だと考えますが、はてなの中だけに閉じてしまう方法は避けたいと思います』 (2005-07-05 13:13:09)

この答えが謎だったんだけど「はてなユーザーのみ」という今の設定でも充分はてなの中だけ閉じているのでは…。

ベッドで呼ばれても問題ないようなハンドル

失踪外人ルー&シー - はてなダイアリーは別人として始めるべきだったかもしれん

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050811#p1

もっとベッドで呼ばれても問題ないようなハンドルをつけるべきだよ。

ベッドで呼ばれても問題ないハンドルをいろいろ考えておくと助かる人がいるかもしれない。とりあえずカタカナで本名っぽいのが安定コースだな。

そういえば、以前同人作家カップルに「名前をどう呼んでいるの?」といろいろ聞いたことがあったのを思い出した。大体は「そのペンネームを知っている人が多い場所だとペンネームで。二人だけの時は本名やあだな」という感じだったけど。

2005-08-10

雑誌「セブンティーン」で読書感想文をネットからコピペして書こうという提案が

はてなダイアリー - すてきなこいびとはちみつとかしてゆく - 読書感想文をぐぐって書くという"裏技"

http://d.hatena.ne.jp/hotcake/20050808/1123518330

堂々と雑誌に載せるのがすごすぎる(笑)。近頃の大学ではレポートがネットからのコピペじゃないかどうかの確認が面倒という話はよく聞くけど、高校生の内から検索能力と再構成能力をとにかく鍛えて、世の中をうまく渡っていくんだろうか。

2005-08-05

答えるのが面倒なコメントがきた時の上手い対処

さて次の企画は

http://d.hatena.ne.jp/otokinoki/20050804#c

otokinoki『竜崎さん、今日は。わからなくてすみません。この辺りは話をしている知り合いにだけ伝わるように書いたので…。もし竜崎さんに伝わっていないようならば、多分、竜崎さん対象のエントリではなかったということで、流しておいてください。』

乙木さんのこの返し方、便利だ! 憶えておこう。やんわりと対話を拒否してるだけなんだけど(笑)。

ABCzABCz 2005/08/05 15:01 面倒なら無視すればいいだけなのだが、それだと「負けた」気がするから嫌だ!という気位の高い人向け? それとも「気の利いた捨てぜりふ」で相手を切り捨てるのが自分の賢さの証明、という考え方の人向けか。

xyzAxyzA 2005/08/06 00:27 ↑こういう「うざい」コメントを書いたらば無視されるのか気の効いたコメントをもらえるのかという場に自らを置くというメタな実験でしょうか。
それはそれとして竜崎と龍崎で変えてあるのはコネタでしょうか

qwertyqwerty 2005/08/06 15:52 『ABCzさん、今日は。わからなくてすみません。この辺りは話をしている知り合いにだけ伝わるように書いたので…。もしABCzさんに伝わっていないようならば、多分、ABCzさん対象のエントリではなかったということで、流しておいてください。』

tuxtux 2005/08/06 19:34 面倒なら無視すればいいだけなのだが、それだと粘着されたり悪評を流されたりするから嫌だ!という人向け

kanosekanose 2005/08/07 00:43 コメント欄での質問にすべて答えなければいけない義理はないんだけど、それを要求する人は世の中にいるので、そういう人向けに良い解答だと思ったのでした

__ 2005/08/07 10:58 自分にちゃんと答える気が無いのに相手に答えてしまうこと自体が良くないのに、やんわりとかの小細工をすることに嫌味以上の意味があるのか。

akzlakzl 2005/08/08 00:57 あのレスがそういう「手管」であるとkanoseさんがわざわざ暴露するのは乙木さんへの軽い牽制なのかと思いましたよ。社交辞令テクは名指しで褒めないのが慣習かと思います。

kr3kr3 2005/08/08 01:44 「“そういう人”はトラックバックまで読まない。」ってのも証明されたかも。

ataliaatalia 2005/08/08 01:59 _氏の、
> ちゃんと答える気が無いのに相手に答えてしまうこと自体が良くない
ってのは世間一般の認識なのだろうか?
実際にはそうではない(世間一般の認識ではない)から、
> やんわりとかの小細工をすることに嫌味以上の意味がある
と思うが。

kanosekanose 2005/08/08 12:44 乙木さんが知っている人ではなければネタにはしなかったかも。悪くいえば馴れ合いです。やけにコメント欄が盛り上がるのは最新記事がいまだにこれだから? 更新しろというプレッシャー?(考え過ぎ)

2005-08-04

はてなブックマークがネットのハブ説

はてなブックマーク」というでっかいハブ :小林Scrap Book

http://blog.heartlogic.jp/archives/000648.html

SBMに似ており、かなり先行していたサービスとしてMyClipがあるけど、なんであれはそれほど盛り上がらなかったんだろうか。小林さん、考察して!

※考察してくれた。

MyClipがはてなブックマークほどに流行らなかったのは何故か :小林Scrap Book

http://blog.heartlogic.jp/archives/000649.html

MyClipがターゲットとしたコミュニティは「ブログ界全体」という曖昧なものだったため、コミュニティが形成できなかったという分析。なるほどね。

窓の杜 - 【Review NEWS】ぷちメディアサイト上にある掲示板を表示するIEツールバー「ぷちメディア」

http://www.forest.impress.co.jp/article/2003/02/06/petitmedia.html

以前から、URLごとに掲示板機能をつけるというSBMの原型みたいなものがあったのだが名前が思い出せなかった。はてブのコメント見て謎氷解。

ジージャンズ−文化系人間をアッパー系とダウナー系でわける−

# screammachine 『みうらじゅんは「アングラ→モテね系→ジージャンズ」。映画だと「スコセッシ=非モテ」「ルーカス=非モテ」「トリュフォー=モテ」とか?』

麻草さんがいう「ジージャンズ」を知らないので調べてみた。なるほどみうらじゅん氏が提唱している言葉なのか。

映画秘宝 VOL.12」

http://www007.upp.so-net.ne.jp/ance-963/bookreview/magazine/hiho12.htm

ジージャンズ(年がら年中、ジージャンを着ているような映画オタク達の総称。その頂点に位置する「漢」がジェームズ・キャメロンジョージ・ルーカス)ばボンクラ映画野郎のバイブルにして日本一ハイブロウな映画誌がリニューアルしてしまった。

珍スポ大百科ブログ

http://chindera.exblog.jp/1080847/

ジージャンズとはみうらじゅん氏が命名した、

ジージャンを着たオタク、マニアのことです。(服装に構わない、の意)

爆発、男気、マッチョといった、デートに向かないような内容の映画等を好む。

ボンクラ=ジージャンズでいいらしい。

「ジージャンズ」を検索していてちょっと面白い分類を発見。Ein Besseres Morgen / A Better Tomorrow(http://tokyo.cool.ne.jp/abt/)にあった「体育会系と文化系・概論」だ。

http://tokyo.cool.ne.jp/abt/diary/diary004.html

 文化系人間の思惟構造を考察する際に注目されることは、彼らが次のふたつのタイプに分類され得ることである。アッパー系とダウナー系である。

 アッパー系:文化系でありながら、体育会系にあこがれを持つ人々のことである。ブルース・リーを師父とあがめ、チョウ・ユンファを兄貴と慕う。愛読雑誌は言うまでもなく『映画秘宝』。

 ダウナー系:体育会系への憎しみは彼の内面で濃縮され、それはやがて世界全体に対するルサンチマン的な感情へと昇華される。他虐と自虐の狭間の中で、彼は思春期的なふらふら内面感をいつまでも抱きつづける。20すぎてもアニメを見るような人々に多いタイプ。

 アッパー系はジージャンズと同義であり、ダウナー系はおたくと同義であると本稿では考える。『巨人の星』を読んで泣くのがアッパー系であり、笑ってしまうのがダウナー系であると考えてもよい。それではなぜ、こんな分離が文化系の中で起こったのであろうか。

 思春期における不幸の度合いが文化系人間の運命を決めたのではないかという議論が、まず可能であろう。暗雲に満ちたとはいえそれなりに充実した青春を送った者は、世界を愛する余裕を抱くことができる。一方で、例えばあまりにも体育会系との格差が目立つ者にとっては、もはや体育会系にあこがれを持つことは不可能である。彼は体育会系に過剰な憎しみ悪を見いだすことによって、自らを正当化しようとするだろう。(上につづく)

http://tokyo.cool.ne.jp/abt/diary/diary005.html#00/05/03

これまで我々はダウナー、アッパーの分類を映像作品に対する嗜好から行ってきた。すなわち、「ダウナー系=アニメ」、「アッパー系=秘宝系」という単純な図式である。この分類はゲームに対する嗜好からも行うことができる。「ダウナー系=ギャルゲー」、「アッパー系=格闘、シューティング」という分け方である。そして、この論法を用いれば、アッパー系からダウナー系への移行は、格闘ゲーからギャルゲーへの嗜好変化を伴うと考えることができる。そこで思い出されるのが、『こち亀』の楽しいながらも悲哀に満ちた傑作エピソード「格闘ゲーマー警官登場の巻」である[注]。

なるほど、だから映画秘宝はロリオタをあんなに攻撃したんだ!(勝手にわかった気分)

ここに先に述べたような嫌われやすい文化(オシャレ系とでもいうような)を加えると、文化系人間のトライアングルとでもいうものが生まれて、整理できそうな気がした。

ユリイカでは「男オタクは女に媚びることを恥だと思ってるんですよ」と言ったんだけど、これはアッパー系、ダウナー系に共通してるだろう。なので、共通の敵として「女に媚びている、またはアピールできると思われるもの=オシャレ系」が浮かび上がる。

D.T.はサブカルが嫌い−サンボマスターとD.T.−

Welcome To Madchester#p3 サンボマスター

http://d.hatena.ne.jp/republic1963/20050802#p3

そしてD.T.はサブカルが嫌い。そう考えると矛盾してるなぁ。サンボマスター

あ、そうか自作自演系とD.T.はその自意識過剰ぶりにおいて表裏一体なのか。なんとなく納得。

サンボマスターが「自作自演系」(Cocco椎名林檎鬼束ちひろ*1と続く辺りを「自作自演」と定義している)の女性に好かれながら、サブカル嫌いなD.T.に好まれる理由として。

サンボマスターのスペル調べようと思って検索して知ったんだけど、昔公式サイトはジオシティーだったんだ…。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/4356/

刺身☆ブーメラン(金子健介)のはてなダイアリー - 俺もサンボマスターは信頼できると思う

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050803/1123079839

ここから生まれるサブカル話が興味深し。

でも、そしてD.T.はサブカルが嫌い。っていうのはどこからきてるんだろう?D.T.はオタクと親和性が高いからサブカルが嫌いだとされているのだろうか。教祖みうらじゅんがオタクだからサブカルにはなりえないっていう判断?ちょっとよくわからない。

あれ、みうらじゅん氏ってサブカルじゃなかったのか! この人はオタクには嫌われない「サブカル」なんじゃないだろうか。

D.T.の話であって童貞の話ではないがだいたい同じなのでいち童貞の意見をいうと、サブカルはモテそうだしオシャレ映画の話とかを自慢することに生き甲斐を感じていそうなのでやっぱり好きではありません!!

# republic1963 『こんにちは。はじめまして。細々とD.T.論をやっている者です。トラックバック誠にありがとうございます。同じ意見の方がいてとても心強いです。サンボマスターは私も大好きです。

先週のフジロックでも見てきましたが、やっぱりD.T.が信頼するに足る素晴らしいライブでした。私も周りがみんなおされボーイ・ガールなのも忘れてはしゃぎまくってしまいました。

D.T.がサブカルのことが嫌いだと考える理由はa666666さんがおっしゃってる事とほとんど同じです。要は中身のない映画や音楽=おしゃれ映画・音楽の自慢をしたり顔で語るからだと思います。「もういいよ、木村カエラの話は。」そんな感じです。』 (2005/08/04 00:41)

# a666666 『はじめまして。コメントありがとうございます!「非モテ分布図」も面白いですね!

「サブカルが嫌い」と書いてから「サブカルって誰のことだろう?」と考えていたのですが、「広告制作会社のデザイナーで趣味はミニシアターめぐり、週末は趣味でDJをやっていて『メタ広告批評』とかいう小癪な名前のブログに『今週は下北沢で回します(笑)』なんて告知が書いてあってマワすって何をじゃ喧嘩うっとんのかボケ!ということで、結局は仮想敵でしかなくて全ては幻想なのかも・・・なんて思いました。あと木村カエラはフジテレビのアナウンサーか何かだろうと思ってました。』 (2005/08/04 00:58)

こういうプリミティブな感情とステレオタイプなイメージを明らかにしていくのは大事かもしれない。「モテそう」「中身のない映画や音楽=オシャレな映画や音楽が好き」といった辺りがキーワードか。ここでいう「オシャレな映画や音楽」の具体名がわかると、より話が深まると思うのだけど。ゴダールとかフランス映画なんてのは挙がってきそう。

※参考

ARTIFACT@ハテナ系 - いろいろな背伸びアイテム

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050319/senobi

ここでいう「インテリの背伸びアイテム」は共通項ありそうだ。自分の考えだと、ここでいわれている「サブカル」の人は「何かの権威が認めたものしか好きになれない自分の価値観のない人」だな。自分の好きなものが他人からどう見られるかばかりを気にしている。

コンティニュー vol.20

木村カエラの話をしてるとサブカルってのは笑ったなあ。sakusakuの話してるとサブカル! だからCONTINUEはサブカル!(超短絡) ただゲームとサブカル問題は個人的に興味があるので、機会があったらもっと考えてみよう。ゲームはやり込みとかにいかないとドット絵などのように容易にオシャレアイテム*2になったりする。なんとなく思ったが情念や執念があるとオタクっぽい。そういったものがなくなるとオシャレアイテムになる感じ。だから、ドット絵でも、すげー凝ったのはオタクっぽいのだが、Tシャツの柄にドット絵はかっこいいとかになるとオシャレアイテム化。

自分が経験したサブカル嫌いの発端はゲームにおいてだったので、その辺はユリイカの対談でも語ってるんだけど。

*1:あれ、椎名林檎のほうがデビューはやかったような?

*2:ここでサブカルというと混乱しやすいので別の言葉を選んだ

fake-jizofake-jizo 2005/08/04 10:37 えーみうらじゅんこそサブカルだと私も思ってたよ。あれー?

klklklkl 2005/08/04 10:41 まーだ意味の解らないカテゴリ分けやってんすか。サブカルとかサブカルじゃないとか分けて、どうしたいんですかね。ちなみにこのサイトはサブカルですか?そうじゃないんですか?不毛すぎ。

kanosekanose 2005/08/04 10:47 不毛な大地にようこそ!

screammachinescreammachine 2005/08/04 10:50 みうらじゅんは「アングラ→モテね系→ジージャンズ」。映画だと「スコセッシ=非モテ」「ルーカス=非モテ」「トリュフォー=モテ」とか?

sukuwarenaisukuwarenai 2005/08/04 11:02 定義を明確にしないまま曖昧な説を展開する無意味。そこを「だって無意味だもーん(笑」とおどけてみせれば、何かを回避できるという勘違い。嗚呼、無惨。

makumakumakumaku 2005/08/04 13:03 じゃあどうしてほしいのさ?(笑)
文句はいうのに改善案はない?
仕事のできないOLみたいだなあ。

通行人д通行人д 2005/08/04 13:10 不毛と思うなら、オススメのスキルがありますよ>[斜め読み・飛ばし読み・読まない]//定義を明確にしていないと思うなら、そこに自分なりに明確化した定義を書いて意見すれば、有益な情報交換となって、コメント欄が生きるんでないかなっと//夏ですね

delteltadeltelta 2005/08/04 23:33 「爆発」好きなら>気狂いピエロ

kanosekanose 2005/08/05 01:19 女性受けに関しては、本当は女性の文化属性による分類が必要なのですが、簡単には書けないのでとりあえずパスを■「燃え」に親和性が高い人はアッパー系でしょう。そういう「燃え」が趣味でないというオタクも若年層には結構いますし。で、乙木さんがいうように強弱あると思いますが、大雑把に分類すると、第二世代にはアッパー系が、第三世代にはダウナー系が多い感じ

poponyonpoponyon 2005/08/05 04:11 アッパー/ダウなー≒ホモ/ユリ≒漢モード/乙女スイッチ≒ヲタク/サブカル≒燃え/萌えなんて公式がありげ。

2005-08-03

熱海もえるーむ閉鎖

http://www.moeroom.com/

はや! 体験レポートとかあったんだろうか。7/3予約開始、7/7オープンなのでわずか1ヶ月…。

http://2log.blog9.fc2.com/blog-entry-64.html

体験レポート。

『THE 地球防衛軍2』売ってない

SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2

SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2

池袋・新宿は全滅だと聞いていたけど近所も全滅。はやく再出荷して欲しい。

サウンドノベルはてな

失踪外人ルー&シー - サウンドノベルはてな

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050802#p1

はてなグループ使うと、キーワードも利用しやすいからできるかなあ。

2001年にBBSドラマ「マヨイガ」なんてのがあったのを思い出したのでメモしておく。

TBS、ネットBBSドラマ“マヨイガ.com”をスタート

http://ascii24.com/news/i/serv/article/2001/07/12/627846-000.html

News:今度はBBSドラマ──ナローバンドなTBSのネットドラマ戦略

http://www.itmedia.co.jp/news/0107/12/tbs_mayoiga.html

今やると面白いかもなあ。ただ、これプロモーションとして始めたそうなんだけど、参加しないと全貌が見えないという時点でハードルが高くてプロモーションにならない気が…。実際、『マヨイガ』は成功はしてなさげ。『HALO2』がうまくいったのはなんでなんだろう。

http://www.so-net.ne.jp/nazo/

ドワンゴの宣伝「怪盗ドワンゴ」も代替現実ゲームだったという指摘があったのでメモ。

2005-08-02

誤字脱字の指摘はメールをお勧め

絶叫機械+絶望中止 第6回、チキチキ勝ち負けを気にするはてなダイアラーのテクニック集

http://d.hatena.ne.jp/screammachine/20050801#p2

第5回があったかどうか探しちゃったよ! ネタとマジの両方を合わせたネタって一番楽しい気がする。

それはさておき、この部分がネタかどうかわからないんだけど、ちょうど主張したいネタがあったので。

誤字脱字は指摘するな!

 モヒカン族を気取って、カリスマブロガーのちょっとした誤字脱字を指摘するひとがいますが、そんなことをしても人気者にはなれませんよ!なぜならあなたが気づくレベルの誤字脱字には誰でも気づけるからです。つまり、その間違いは放置されているのです。空気を読みましょう!

これはそんなことはない。自分は誤字脱字を指摘されると助かる。ただし、メールのような通信のほうが良い。コメント欄に誤字脱字の指摘は残っていると格好悪いだけ。なので、自分のところはフォームメールをつけた。そこから報告してくれる人には感謝。コメント欄でする人には呪いを!

自分も人の誤字脱字を見つけた時はメールでするようにしている。ただ、最近のブログはメールアドレスを出してない人が多いので困りもの。そういう時はURLのミスや人の名前のミスなどよほどのことがない限り、誤字脱字は指摘しない。

※反応を見ていたら、その程度でメールもらうのはうざい、コメント欄でいいという人は結構いるようなので、ポリシーを提示しておけばいいのだろう。自分はフォームのところに書いてるんだけど。

『LOVELESS 〜終わらない物語〜』と腰掛倶楽部とTYPE-MOON

はまだたかし

もうひとつの夏へ LOVELESS 〜終わらない物語〜

http://www.geocities.jp/ufo_cat_games/log/2005/7.htm#20050730

奈須きのこ氏の過去の作品ではないか?ということで話題になっていたエロゲー『LOVELESS 〜終わらない物語〜』(http://www.getchu.com/soft.phtml?id=1117 ASIN:B00008I71Y)、なんとなく記憶があるなあと思ったら、腰掛倶楽部のはまだたかし氏が原画を担当していたタイトルだった。はまだたかし氏の絵の魅力は、鉛筆で濃淡を描写する点にあったのだが、エロゲーのように主線をはっきりさせないといけない媒体とは相性がよくなくて、ゲームだと絵の魅力がなくなっていたのが残念だった。

懐かしくなって「腰掛倶楽部」で検索していたら、気になる記述を発見。

MANDARAKE INFORMATION

http://www.mandarake.co.jp/information/2005/07/17/utu08/

でもでもTYPE-MOONは昔、「腰掛倶楽部」というサークル名だったんですよ。

これは腰掛倶楽部の出した同人誌『ANGEL VOICE』の解説。腰掛倶楽部ははまだたかし氏が主催していたサークルで、武内崇氏はそこに参加という形なのだが、「TYPE-MOON 腰掛倶楽部」で検索すると、TYPE-MOONの前の名前が腰掛倶楽部という情報しかない。

現在はなくなっているが、はまだたかし氏の個人サイトの名前は「腰掛倶楽部」である。なので、やはりTYPE-MOONの前の名前という記述はおかしいだろう。

http://www02.u-page.so-net.ne.jp/wb3/hmd/

Internet archive

R2on.君の目に映る世界を見せて[8/9]

http://www.angel.ne.jp/~rimland/words/eyes08.html

『ANGEL VOICE』の中の武内氏の漫画評。

NONFIXナックルズ Vol.2

ASIN:4813060676

なぜかコンビニに置いてあったので立ち読み。『噂の眞相』的な雑誌らしい。

電車男は創作か?という記事で、井上トシユキ氏にたれ込んだのは切込隊長ではないかという話が出てくる。切込隊長とひろゆき氏の決裂からそういう推測になっているようだ。この辺は情報錯綜しているから、よくわからず。

最近のReadMeはユニーク1万では50位圏内に入らない

http://readmej.com/

http://s.readmej.com/m/kanose/jp.org

久しぶりにいろいろなところからリンクされたのでどのぐらいランキングが上がっているんだろうかと思ったら50位ぐらいだった。ユニーク1万程度では、もうそのぐらいにしかいけないのか…。あと半年ぐらいしたら、ユニーク1万でも100位に入れないとかそんな事態もありそうだ。

と思っていたら、ルクダルさんが実際にデータを調べてくれた。

ルクダルのだるだる日記 - ReadMe!100位サイトの得票数推移

http://d.hatena.ne.jp/ruku/20050802/p1

うわー、こんなに増加率高いとは。そりゃ上位に入るの難しい訳だ…。

  • 一人一人が多くのブログを見るようになった
  • ブログの読者全体の増加

の二つの原因が考えられるけど、やはり後者の方の影響の方が強そうだ。

Amazonアソシエイト新リンク方式のメリット

Amazonアソシエイトが4月から導入した新リンク方式によるメリットの解説をしているところを探したのだが、どうも見つからない。現在の新しいリンク方式では後ろに表示されないimgタグが入っているが、LinkShareでも同じようなものが入っている。なので、おそらく、これによってそのリンクの表示回数(インプレッション)やクリックスルーレートを表示してくれるようになるんではないかと予測しているのだが。

インプレッション

アソシエイトリンクの表示回数。特定のリンクタイプのみでカウントすることができます。

クリックスルーレート

アソシエイトリンクがクリックされた回数をインプレッションで割ったもの。パーセントで表示されます。たとえば、1000回の表示回数中、50回クリックされたリンクのクリックスルーレートは50/1000 = 0.05または5%となります。クリックスルーレートは、どのリンクがトラフィックを稼いでおり、効率が良いのかを判断する材料になります。

Amazonアソシエイトのヘルプより。

アマゾン ジャパン、アソシエイト・プログラムをリニューアル - CNET Japan

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20082114,00.htm

comnnocomcomnnocom 2005/08/03 12:31 誤字指摘についてですが、こんなサイトはご存じでしょうか?
http://www.kitanet.ne.jp/~hazard/genba.htm

モヒカン族らしくはないかもしれませんけど。
もっと知られればいいのにと思ってたので、書き込んでみました。

kanosekanose 2005/08/03 13:11 そこ知ってますけど、自分がそこで指摘されたとしたら(多分ないと思うんだけど)、うーん直接言って欲しいのにと思いますねえ

kanosekanose 2005/08/03 13:44 え、トラブルとまで大きな問題かのように取られましたか…。自分みたいにしょぼいプライドがあって気にする人もいるんですよ、というアピールなのです。なお、コメント欄で指摘されたからといって直さないなんてことはないです

kanosekanose 2005/08/03 14:27 誤字指摘した人の人間性を攻撃っていったいどこの部分なんでしょうか? これは、気を使ってくれると嬉しいですという「お願い」ですよ。「お願い」を「文句」と読み取るのは自由ですけど。

kanosekanose 2005/08/03 16:42 まさかと思ったんですが、誤字脱字の指摘と意見に対する反応を一緒に扱ってるんですか? ここで問題にしているのは、誤字脱字の指摘であって、意見に対する反応ではありません。反論を公開の場でするなとは主張してませんよ。憶測メソッドに付き合う気はありませんので。

kanosekanose 2005/08/03 16:54 こんなことやってるとまたしばさんにネタにされる!

二太郎二太郎 2005/08/03 19:29 >usiさんのこのエントリ中の二つ目のコメント
>率直に言うなら、誤字を指摘されただけで心とプライドが深く傷つき、それをした相手をの人間性が


「それをした相手の人間性が」
ですね。
「を」が余計です。

かんちがい君かんちがい君 2005/08/03 23:53 これが貴重な、モヒカン過激派というものか

kanosekanose 2005/08/04 10:01 「管理者にだけ見えるコメント」はexcite blogにありますねー。あれが延々続いていると不気味ではありますが。

2005-08-01

ユリイカ増刊『オタクVSサブカル!』Amazon予約

Amazonアソシエイトのレポートを見ていたら、Amazonで予約購入している人を発見。タイトルにユリイカ増刊の文字がない!(笑) 怪し過ぎる! ユリイカの文字がないのによく見つけられたなあ。

目次を紹介。

http://www.seidosha.co.jp/eureka/200508s/

ユリイカ8月臨時増刊号

オタクVSサブカル! 1991→2005ポップカルチャー全史

責任編集=加野瀬未友ばるぼら

定価1300円(本体1238円)

青土社

目次

●イントロダクション

加野瀬未友  「オタク」と「サブカル」の狭間で エヴァンゲリオンの呪縛

ばるぼら   マテリアル・ワールドを遠く離れて

●インタビュー

岸野雄一   前世紀末の聴取スタイルからの推移と変遷  聞き手=ばるぼら

赤田祐一   サブカルのルーツは古着族だった!?  聞き手=ばるぼら

吉田アミ   一〇年前の世界と一〇年後の世界を発見する件について 聞き手=ばるぼら

       吉田アミの∞仕事(不完全)  編=ばるぼら

●対談

加野瀬未友×ばるぼら  オタク×サブカル15年戦争

●マンガ

西島大介   サブカルVSオタク最終戦争

●論考

堀越英美   家政婦はオタクVSサブカル論争に旧制高校生の亡霊を見た!

乙木一史   1984 東京通勤圏でのサブカルとオタクの距離感

田口和裕   おれとサブカル

野中モモ   パンとサーカス、デザートにケーキ! さて、そのころ女の子たちは……

更科修一郎  敵は遠くにありて想うもの 内ゲバしか知らない子供たち

近藤正高   カミガミの黄昏 〈一九九三年〉以前・以後

屋根裏    悪趣味と前衛が支えたアングラ

前島賢    僕をオタクにしてくれなかった岡田斗司夫へ 断絶と反復と

●年表

オクダケンゴ 平成大赦(仮)サブカルチャー年表

ブックデザイン=HOLON

ユリイカ2005年8月号 特集=雑誌の黄金時代 紙上で見た夢

ユリイカ2005年8月号 特集=雑誌の黄金時代 紙上で見た夢

ついでに雑誌特集号も。

http://www.seidosha.co.jp/eureka/200508/

特集*雑誌の黄金時代 紙上で見た夢

ユリイカ 二〇〇五年八月号 

■雑誌ジャンキー対談

雑文家渡世        四方田犬彦 坪内祐三

■わが闘争

レースの指なし手袋をはめた手で    町山広美

わたしは「おもしろマガジン」     安田謙一

■〈雑〉なるものの行方

いま、「雑誌編集者」はどこにいる?  仲俣暁生

みんな投稿欄から大きくなった♪ サブカルチャー雑誌・投稿欄盛衰記   近藤正高

手わたすことのメディア 雑誌ノスタルジア、あるいはヴァルター・ベンヤミン  長谷川一

■三十代(ほぼ)編集長座談会

ラスト・オブ・マガジン?       市川真人 森山裕之 室賀清徳

■雑誌の系譜学

「受動的革命」の地平 一九六八年と文芸雑誌         すが秀実

投壜通信年代記 思想誌クロニクル一九六八-二〇〇五  山本貴光

バック・イッシュー的存在論 映画雑誌クロニクル          加藤幹郎

価値増幅(ルビ:アンプリファイ)装置としての音楽雑誌 南田勝也

週刊少年誌の浮き沈みから見るマンガ雑誌の変遷 一九六九年以後            芝田隆広

■ハウサーの受難

ビックリハウス・ゲイトウェイ     松田洋子

■ 永久保存版

現実なんてもう沢山!な人のための雑誌ガイド  ばるぼら

■アンケート大会

わたしを/がつくった雑誌  

高山宏 巽孝之 太田晋 松浦寿輝 樋口覚 紅野謙介 田中眞澄 

長原豊 府川充男 前田年昭 鈴木一誌 間奈美子 松浦寿夫                

近代ナリコ 松永良平 長谷川郁夫 東雅夫 更科修一郎 田中栞 

内堀弘 可能涼介