Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2005-09-30

今日の流行

id:Aさんが「最近はid:xxxxさんのコメント欄をあれこれ妄想しつつニヤニヤしながら眺めるのが最大の楽しみ」と書くと、コメント欄が盛り上がって、他の人に「最近はid:Aさんのコメント欄を…」と書かれるのが今日の流行らしい。

『インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?』が面白そう

思考錯誤 森健『インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?』

http://d.hatena.ne.jp/dice-x/20050907#p3

確かにisedの議論が整理されている感が。

不信からくるコミュニケーション監視社会というところか。mixiのあしあとチェックとかもこの辺に繋がりそうだ。といろいろ刺激されて整理されたので書籍を読んでみよう。

他の人の感想を。

深川狸汁亭雑記 - 森健『インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?―情報化がもたらした「リスクヘッジ社会」の行方』★★★

http://d.hatena.ne.jp/aranjuez/20050921/p1

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/09/30 23:26 ○○の人のコメントをそのまんま貼り付けるって大ネタをやったけど、やっぱり自粛!!

haikyohaikyo 2005/09/30 23:34 コメント欄が盛り上がらないうちに「最近はid:Aさんのコメント欄を…」と書かれました(´Д`)y-~
みんなキチガイが好きすぎる

2005-09-29

はてなブックマークの「注目のエントリー」

プライベードモードのユーザーが3人登録でも「注目のエントリー」に上がってくるんだ。これで気付いたんだけど、プライベートモードを使えば、自作自演で注目する記事に持っていっても、気付かれにくい。業者が悪用する可能性とかありそうなので要注意かも。

賞品がいつの間にか型遅れになる事態

Movable Type コンテスト 2005

http://mt.rsh.jp/

賞品に目がくらんで応募しようと思っていたのにすっかり忘れてたよ! iPod miniが賞品に入っているけど、nano出た今となっては微妙な賞品に。Let’s noteも新型出たし、デジタルガジェットの賞品は、開催中に新製品が出ることがあって難しいんだなあ。来年もぜひやってください!

みなさん○○○みたいに純粋に○○やりましょ

断片部 - memo::laiso - サンボマスターのアルバムのコザック前田の推薦文はテンプレっぽい

http://fragments.g.hatena.ne.jp/laiso/20050928#1127911805

だそうなので作ってみた。

だって、真性引き篭もりは茶番なのわかって茶番に腹をくくってるから良いんすよ!!

社会派ブログとかメタブログなんかやってる奴みんな死んだらエエのにな。

真性引き篭もりは真性引き篭もりなんですよ。!!

ネタとかメタとかそんなんどーでもええから

みなさんさん真性引き篭もりみたいに純粋にブログやりましょ・・・。

おのずと答えが出ることを願って・・・。

はてなダイアリーのコメント制限機能を他ブログサービスと比べてみる

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - liufeng2l9 のための日記

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050924#c1127683100

コメント欄を見ると、コメント荒らしのためにはてなダイアリーから移ろうと考えているそうなので(コメントを直接リンクするために町山氏の発言をよくみたら「移る」とは明言してなかった。勘違い)、ちょっと気になって、各ブログサービスのコメント制限機能を調べてみて、はてなダイアリーと比較してみた。以下、ヘルプを見ての見解なのでパッチ当ては歓迎。

ライブドアブログ PROコース

ライブドアID登録者のみという制限ができる。

http://blog.livedoor.com/pro.html

ライブドアIDの登録には住所登録が必要だが、住所の確認がなくても、ブログのコメント欄には書き込めるだろうから、はてなダイアリーとあまり変わらず。特定IDの禁止ができるかどうかわからなかった。

livedoor ID 登録について livedoor ID Q&A livedoor ヘルプ

http://helpguide.livedoor.com/help/ldid/qa/grp86

コメント/トラックバックの禁止ワードを設定する ブログの設定/管理 ブログ ガイド livedoor ヘルプ

http://helpguide.livedoor.com/help/blog/guide/grp103/guide212

コメントの禁止ワードは設定できるので、コピペ対策にはなりそうだ。これはPROではなく無料でもできる。この機能は、はてなダイアリーにも欲しい!

※参考

ブログ livedoor ヘルプ

http://helpguide.livedoor.com/help/blog/index

goo blog

goo ID登録者のみという制限ができる。ただし、goo IDの登録はかなり簡単。特定のID禁止は可能のようだ。

アクセス制御を使うには - goo ブログ

http://blog.goo.ne.jp/info/blog_acscntrl.html

exicite blog

excite ID登録者のみという制限ができる。

sessa blog/FC2ブログ

IP、URL、禁止ワードによる制限が可能。

ブログ ・ヘルプ: コメントの管理

http://blog-help.seesaa.net/article/1579114.html

ココログヤプログ!/ドリコムブログアメーバブログ

IPでの禁止が可能。ココログはTypePadだが、他のTypePadを使っているサービスもIP禁止が可能と思われる。

楽天広場、Yahoo!ブログではコメント制限機能がなく、記事のコメント機能自体をなくすしかないようだ。

やはり他サービスを見る限り、良いサービスでもはてなダイアリーと同等、あとははてなダイアリーよりも不十分といえる。イタチごっこだけど、コメント禁止IDを活用するしかなさそう。

IDの登録が簡単なので、ID登録後、1ヶ月はコメントできない、みたいな設定はどうなんだろうか。前も似たようなものははてなアイデアで提案されて却下されちゃったけど。

あとは禁止ワードの設定かな。

Cyberbob:-)Cyberbob:-) 2005/09/29 10:00 こんなの今のところ特殊な例なのだからはてなのほうで個別でなんとかなりそうなもんだけど。
というか、2ちゃんねるはそういうところが巧くいってる気がす。

kanosekanose 2005/09/29 13:24 tomozo3さん、tsupoさん、情報ありがとうございます。sessaは高機能なんですね。教えていただいたURLを見ても、URLや禁止ワードがあるとわからなかったです。細かい部分はヘルプにまで載ってないんですかね。

ARMARM 2005/09/29 21:30 FC2ブログもIP、URL、禁止ワードによる制限が可能ですよ。

kanosekanose 2005/09/29 21:41 fake blog対応したんですねー。本家の方に書きました。あ、FC2ブログもちゃんと機能あるんですね。非ユーザーで見られるヘルプにはその辺書いてないのか。

jituzonjituzon 2005/09/29 21:53 精神疾患を抱えてる人はプライベートモードが多いんですよ。
それにしても、あなたってすっごく厭な性格なのねー。見損なったわ。なんか2ちゃんねるで私に関する悪口書いてるのもあなたじゃないかって気がしてきたわよ。私を貶して見下すのがそんなに楽しい? ま、今は気分がいいから深く追求はしないけどさ(わらい)

kanosekanose 2005/09/29 22:09 はてなブックマークの件ですよね? 自作自演というのはあくまで可能性を言っただけで、自作自演だと決めつけた訳ではないですよ。

jituzonjituzon 2005/09/29 22:16 でもあの書き方だといかにも「自作自演」って言ってるように見えるわ〜。私は2ちゃんねるに書き込んだことがないのと同様、自作自演なんてしないわよ。まったく失礼しちゃうわ。

otsuneotsune 2005/09/29 22:46 >IPによる拒否って、固定IPの人はほとんど居ないでしょうから、広範囲の人を巻き込む感じになりそうですね。

たいていのプロバイダのIPアドレスは意外と範囲が狭いので、2chみたいに「ocn全規制」のようなことにはなかなか成りにくいと思います。策としてはそれなりの効果は有ると思います。

kanosekanose 2005/09/29 22:50 短い文章は誤解を招きやすいですね。文章を修正します。

kzyskzys 2005/09/29 23:03 Wwblog→Weblog かと (メールじゃなくてコメントですみません。読んだら消しちゃって大丈夫です)

naohaqnaohaq 2005/09/30 21:39 ついさっきこんな感じになってましたね < はてブ
http://na.yuki.st/tmp/ousho.jpg

2005-09-28

菊地成孔氏のメガネ男子本から写真撤退に関する話

エスロピII@暫定退避

http://d.hatena.ne.jp/prse/20050923#c

コメント欄で菊地成孔氏本人がかなり補足説明をし、そこにオオツネさんが入って興味深い議論になっている。特に28日1時の書き込みは「分類」「ラベリング」「記号化」に対する説明として面白かった。

菊地成孔氏が言う「インターネット病」に関しては、これは二次創作系の同人誌などを発祥とする「あくまで著作権者の好意によるお目こぼしなのにそれを自明のものだと思ってしまう」の延長なのだろうと思っている。それが、ネットという情報発信が楽なメディアの登場によって一般化したと。

イブ・クラインのモノクロームのために:orz

http://keshiki.rdy.jp/blog/archives/2005/09/post_515.html

その辺ではハラさんに同意かな。

[Media][Law] けなす批評と資料貸し出し - diary.yuco.net (2005-09-27)

http://diary.yuco.net/20050927.html#p02

今回の批判的な批評やレビューに対して資料を貸さないという問題に対しての整理。

菊地成孔氏は書籍版の『CDは株券ではない』(ISBN:4835615638)について、事前に権利者に文章を見せた上で、CDジャケットの貸し出しをお願いし、権利者の一部からはCDジャケットを貸してもらえなかった話を何度か書いている。

しかし、面白いことにインターネット版の『CDは株券ではない』(http://www.bounce.com/articleset/articleset.php/135)では、すべてのジャケットの画像が使われている。ここでは、タワーレコードの通販システムを使っているので、おそらく個別に権利者に文章を見せて許諾を取っている訳ではないのだろう。

アマゾンを代表とする通販システムでは、通販システム側が権利者から許諾を取っているという前提で、誰もが書影やジャケットを使えるようになっている。これはまさにインターネットならではのシステムなんだけど、その辺を菊地成孔氏がどう考えているのかはちょっと興味がある。

この辺の資料貸し出しについては、コンテンツ業界は厳しめで、工業製品は緩めって印象。

はてなブックマークでサイト名を消す人

以前から気になっているんだけど、はてなブックマークでブックマークされた記事のタイトルからサイト名を消す人がいる。最初から入ってない訳ではなく、普通にブックマークしたら、サイト名が入るはずなのに消しているのだ。見かけるたびに直してるんだけど、これはサイト名で検索することもあるから。

優越感ゲームのプレイヤーを考えてみる

ネット上で話題になっている議論*1を興味持って読んでいるんだけど、その議論には参加したくない人というのはウォッチャーだ。

で、そのウォッチャーの中に議論に参加している人たちを嘲笑するような視点で、ネット上で言及する人というのをよく見かけるのだが、これがメタ化による優越感ゲームのプレイヤーなのだろうか。言及しないと気が済まない人たち。関西でいう「いっちょかみ」とでもいうか

ひどい人になると、かなりの意見を表明しているのに、自分は議論に参加していないという立場を崩さない人もいる。それ十分参加してるのに…。「○○には興味ないんだけど」といって、長々と意見書く人もこれかな。

モヒカン族 - モヒカン族反逆同盟@ARTIFACT - 名称募集

http://mohican.g.hatena.ne.jp/kanose/20050705/kemarashi

モヒカン族 - モヒカン族反逆同盟@ARTIFACT - 有名サイトが言ったことやネットの一部で妙に盛り上がっているものには、とりあえず何か言いたくなってしまう病

http://mohican.g.hatena.ne.jp/kanose/20050706/tokoya

※補足

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050928#p1

それは他人のことをいえないのでは?

事前にこういうツッコミを想定してもう少し書き足せばよかった(笑)。

問題視しているのは、メタ化自体ではなくて、嘲笑や見下しの視点。メタ化と見下しの視点は繋がりやすいものではあるけど、同じものではないので。

具体的サンプルとしては、「○○や○○の議論をしているのはバカだと思っている」と言っていた人がいて、こういうのを想定していた。その人は、その後、その話題にガンガン触れていておいおい!と思ったという。どこだかわかる人がいてもコメントなどしないように。

これは顕名でサイトやっている人の例だけど、これ以外に、下のコメント欄のように通りすがりで書き捨てコメントしていく人もまさに想定していた人。議論に参加するつもりはないけど、とにかくコメントはしたい、という面で同じ。

バカ」みたいに具体的に言っていれば明言できるけど、嘲笑している、とか見下しているというのは、曖昧な部分があり、基準が難しい。自分は、メタ化はしても、嘲笑などはしないようにしているつもりだし、きちんと議論に参加しているつもりなんだけど、文章から嘲笑を読み取る読者がいるかもしれないとは思っている。

書いていて思ったけど、メタ化だけして、自分の立場を表明しなかったり、議論にコミットする意志を見せないと、「嘲笑」や「バカにしている」感がありそう。

整理してみる。

こにのつぶやき: SBMのコメント2

http://koni.tea-nifty.com/koni/2005/09/post_73ed.html

あと、ここで喩えられている剣闘士と観客というのはわかりやすいのでこれも。

  • 議論に参加しているブロガー(剣闘士)
  • ウォッチャー(観客)
    • コメントはしないでただ見守る人たち
  • 一行コメント系(やじを飛ばしてる観客)
    • 顕名(ブログやSBM)
    • 匿名(2chとか通りすがり)
  • 議論に参加するつもりはないけど長文の意見を書いているブロガー(本人としては観客のつもりなんだけど闘技場に降りているのに気付いていない)

ここで問題視したのは一行コメント系以降の人たちか。考えてみると、SBMのコメント乱もこの問題が発生しやすい。平気で「こいつバカ」とか書く人いるしなあ。メタ化もしないでとりあえず罵倒だけしている。結局メタ視点ではなく、態度の問題である気がしてきた。

ネット貴族主義

隠居院 - 貴族主義への反感

http://inkyoin.exblog.jp/1132888/

ネタかどうかが分かるような仕掛けが欲しい、みたいなことをネットで書いている人には、30代くらいの世代が多いような気がするけれど、彼らって結構根に大衆差別というか、平均以下の50%の「リテラシーに自由でない」人への優越意識みたいなものを、無根拠に持ってるように思う。

自分はよくそういうことを書くけど、それはネットには2ちゃんねるというネタかどうか見極めるのが極めて難しい場所があるから。ひろゆき氏のいう「ネタネタとして楽しめる人でないと掲示板を利用するのは難しい」という発言こそ、まさに転叫院さんがいう貴族主義なのではないか?

ネタかどうかは誰にも分からない。そんな社会を目指したい」というのは、「電車男」で実践されたと考えている。誰も事実とは証明できないが、でも「事実」として消費されていく。この手法を利用すれば、多数の人を動員できることを証明してしまった。

だから、ブログのような顕名でやっているところでは、ネタを書くのならネタ信号を入れようよ、という提案をしている。ネタのわかる人をもっと増やそうということだ。しかし、そうした配慮をした上でも、ネタであることを理解しないで本気で怒る人が一定の割合で出るだろう。その人たちに対して感じるのは、優越感ではなく、そこまで配慮してもダメなんだなあ、という諦めかな。

*1:といってもすごく狭い領域の

vuyvuyvuyvuyvuyvuy 2005/09/28 04:56 ウォッチャーになりたがる人の話というのは、だいぶ前にもどこかで読んだなあ。。
わりと定番ネタというか永遠の課題ってやつですか?
2chでも煽り合いが鎮静化した後に部外者の評論家気取りで片方を叩くような事を書いて再燃させる人が居ますね。
もちろん僕もウォッチャーなりたがりさんです。笑。
でも煽り合いの再燃はさせません。

通りすがり通りすがり 2005/09/28 07:13  
とにかく言及しなきゃ! → 強迫性言及症
ウォッチャーのつもりが意見表明してしまってる → 壇上ウォッチャー
(客席じゃなく壇上に上ってウォッチしちゃってる)
てのはどうでしょう

kanosekanose 2005/09/28 09:15 壇上ウォッチャーはいいですね、使ってみたい■sugariさん、いいサンプルをありがとうございます

kanosekanose 2005/09/28 09:17 ブログサービスに会わせて変えるって(笑)。細かいなあ。ブログサービス名が出るのは削ってもいいとは思いますけど。

kanosekanose 2005/09/28 09:32 反応早過ぎ! 追記で書いたようにメタ化と見下しは違うと考えてます

通行人通行人 2005/09/28 09:33 転叫院ではなくて隠居院ですよー。
転叫院は音だけみると、かなり違う意味が入ってきます。

通りすがり改めcleemy通りすがり改めcleemy 2005/09/28 09:38 「本当に客席に座ってる人」から見たら「あいつどう見ても壇上にいるよなあ」という状況を説明するには、これしかない、と思いました。
あと僕は上の sugari さんとは別人です。

kanosekanose 2005/09/28 09:42 転叫院というのはサイト名でなく、ハンドルのほうなのです■別人だというのは管理人だとわかるのでご安心を

cleemycleemy 2005/09/28 09:48 壇上/客席でいうなら、一行コメントは「客席からのヤジ」に近いんでしょうかね。
「アナグラムだけする人」はどれになるのでしょうかw

poponyonpoponyon 2005/09/28 13:03 メタ化の優越感についてだけど、kanoseさんの立ち位置は古舘伊知郎っぽい。

otsuneotsune 2005/09/29 12:10 RSRさんは「ガチの議論が円滑に進行するブログ」が広まるように啓蒙するとRSRさんにとって好ましい世界に近づくと思います。
私はその辺りは問題だとは思っていないのでどちらでもいいです。(読んで思わず「その手があったか!!」とひざを打つような頭脳を駆使したネタエントリーが増えると、読んでいる分には面白いからそう成ってほしいなぁ。とは思っています。また正論と綺麗ごとだけで議論が進むクソ真面目なブログが増えすぎると目障りだなぁ。とも思います)

kanosekanose 2005/09/29 13:41 poponyonさん>古舘伊知郎氏ですか(笑)。実況アナウンサー? 朝生で司会をしながら、自分も意見を言う田原総一郎氏とか■rnaさん>レフリー気分は確かにありそう。メタ視点で議論の整理をした場合はレフリーになるのかな。自分がよくやるのは、レフリーをしつつ、自分の意見も言っておく、って感じでしょうか。レフリーであっても、意見を言ったら、レスラーなり剣闘士になったという意識は欲しいなあ。

jituzonjituzon 2005/09/29 15:21 あ、話は変わりますが、転叫院くんはもうはてなで日記を書くつもりはないらしいですし、ブログの文章にも「by隠居院」と書いているので、ハンドルも改名したと見るのが正しいと思います。

otsuneotsune 2005/09/29 17:11 私の個人的な希望としては「ネタを書くのならネタ信号を入れようよ」が成り立っていれば良いのではないかと思います。
id:RSRさんの「(失言でも)ネタと言えば許される」というのは、どんな技術でも悪用が可能というジャンルの話題なので、また別の話だとおもいました。(これに関しては、立場を隠して都合の良い言論を広めさせるという情報操作を、どう見抜くかというリテラシーにも通じる話だと思います)

私のさっきのコメントは
>>
常にネタを警戒して構えざるをえなくなると
<<
に対してコメントしました。(ネタ信号が無いと)ガチの議論が円滑に進行しなくなります。に関しては、そういう傾向が有る事に同意します。
しかし私は「ガチの議論が円滑に進行するプログ自体」にはとくに興味はありません。
たんに「ガチの議論が円滑に進行しなくなって好ましくない」という私に取っては成り立たない意見が有ったので「私はそうではない。好ましくないかどうかは人それぞれだ」という反対意見を述べたということになります。

2005-09-27

GFFのディープストライカー

GUNDAM FIX FIGURATION # 0013 ディープストライカー

GUNDAM FIX FIGURATION # 0013 ディープストライカー

GUNDAM FIX FIGURATION # 0013 ディープストライカー

またAmazonで再販していた。

GUNDAM FIX FIGURATION  #0026 RX-78 Ver.Ka

GUNDAM FIX FIGURATION #0026 RX-78 Ver.Ka

GFFといえば、RX-78 Ver.Kaは買ったんだけど、Ex-Sガンダムの時ほどの感動はなかったなあ。0079センチネルにそこまで思い入れがないということか。

ZEONOGRAPHY #3008 グフカスタム

ZEONOGRAPHY #3008 グフカスタム

グフカスタムは発売日が9/25から9/30になっていた。

RD-X5がAmazonで安売り

TOSHIBA W録 RD-X5 600GB HDD&DVDレコーダー 地上アナログ機

TOSHIBA W録 RD-X5 600GB HDD&DVDレコーダー 地上アナログ機

600GBのHDD、GRTやW録機能を搭載した東芝RD-X5が75,800円。Amazonギフト券は1万円還元で、10/5まで「エレクトロニクス その場で割引キャンペーン」というのをやっていて、キャンペーン専用Amazonギフト券番号を入れると、5000円割引に。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2&camp=247&tag=artifact-22&creative=1211&path=tg/feature/-/577236/

約1年前に発売されたハイエンド機で、年末にはRD-X6が出るという噂だけど、地上波デジタル装備のRD-Z1の普及版らしいので、地上波デジタルいらないやという人にはよさげ。

「人の間違いを指摘する必要はない」について

佐倉通信 - 毒舌とか・辛口批評とか2

http://d.hatena.ne.jp/sakuracon/20050927/1127786790

を読んでちょっと気になったので。

ARTIFACT@ハテナ系 - 誤字脱字の指摘はメールをお勧め

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050802/erratum

を書いた時、「人の間違いを指摘する必要はない」とは特に思ってなかった。これは誤字脱字のような単純ミスは、コメントでなくてメールのほうがいいという提案。ただし、誤字訂正をメールでもらうほうが面倒という意見もあったことは付け加えておく。

で、佐倉さんの文章を受けて書くのなら「ネット上で人の間違いを指摘する時は相手のスタンスを見極めよう」になる。

事実の間違いのような明らかなものに関してはガンガン指摘べき。その情報が広まったりすると問題なんだし。

でも、意見の相違や認識の違いなどは、相手がそういった異なる見解を受け入れるかどうかを見ておかないと、記事で例にあるように相手から反感を買うこともある。例に挙げられている悲観的な日記を書いている人なんかは感情の問題なので、他人が言及してもこじれることが多い。ただ、これは正確には「違い」「差」であって「間違い」ではないだろう。

そういった感情ではなく、理性からの意見を書いている人相手の場合、どうしてもこれは問題だと思うのなら指摘してもいいんではないだろうか。まあ、世の中には議論をしたくないけどとにかく意見を言いたいという人はいるんだけど…。

「ネットで争うのが好きなのは男性も女性も同じ。でも動機が違う」の続き

ARTIFACT@ハテナ系 - ネットで争うのが好きなのは男性も女性も同じ。でも動機が違う

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050925/netbattle

自分が書いたものは「女は男を批判できない」という本題への批判ではなくて、あくまでコメント欄の「男の人って批判したり議論したりするのが好きねー」というkmizusawaさんの発言に対して、前にも「男の人は争いが好き」という発言があったのを思い出し、いやいやそんなことありませんよ、と反論したかった。

kmizusawaの日記 - おっと忘れてた

http://d.hatena.ne.jp/kmizusawa/20050925/p1

それに関しては、もともとの発言者であるkmizusawaさんの文章を読んで、大体納得したんだけど、波紋が多いので。

次世代情報都市みらいBlog 男性もジェンダーの再生産に加担する

http://www.mpedia.net/blog/archives/2005/09/post_37.php

上に書いたように本題の「女は男を批判できない」への批判はしてないつもりだったので、批判としてリンクされるのはちょっと不本意。

ただ「議論」という理性の問題と「攻撃性」という感性の問題を分けて考えるべきという指摘は納得した。

kmizusawaさん自身はあくまで「議論」「批判」と理性的な面を指摘しているのだけど、「男の人は争いが好き」という発言は「議論をする」という行為に「攻撃性」を見ていて、自分はそれに対して、いやいや女性も攻撃性はありますよ、と言いたかったと整理できる。自分が挙げた例は「議論」ではなく「攻撃性」を発揮しているものばかりだったし。

嗚呼女子大生活 - 女は男を批判してはいけないし、批判できない。

http://d.hatena.ne.jp/chidarinn/20050924/p1

自分の意見を明確にするために、「女は男を批判できない」というこの意見に対しても書いてみる。

ネットでの議論で、たまに男性で女性から批判されたとなると態度を急に変える人がいる。そういう人はうわー議論できない人なんだーと軽蔑するけど、ネットで議論をしようという人ならそういう意識はある程度共有されているのではないか?

問題にすべきは、議論において、そういった性差を第一に考えることだ。そういう意味では、次世代情報都市みらいBlogの齊藤貴義さんが指摘するように、男性側が「この人は女性だから批判するのはやめよう」と考えるのも問題なのだろう。

ただ、上の『「人の間違いを指摘する必要はない」について』で書いたように「世の中には議論をしたくないけどとにかく意見を言いたい」という人がいて、それを見極める際の材料の一つとしてその人の性別を見ている時はある。もちろん、過去ログや過去のコメント欄を見れば、性別は考慮せずに、判断できるんだけど、コストが高い。楽をするために性差で判断している時がない訳ではない。

「議論をする時に男性も女性もない」と第一に考えているけど、議論(批判)を開始する時には様々なコストがある。軽く批判できればコストは低いが、しっかりと批判を書かないといけないのならコストは高い。議論するなら有意義なものにしたいと皆願っているし、特にコストをかけたのなら、特にその願いは強くなる。批判を書くといったコストを有効に利用したいと考えた時に、議論を始めるか否かを判断する際、相手を見極める材料の一つとして性別を見るという行為を自分は否定しない。

※上の文章の「批判をする時に…」は、わかりにくいところがあったので細かく修正した。

で、こういった「コスト意識」から女性は議論をしないという考えもできる気はした

某青年科学史家の暴言録 - chidarinnさんの「女は男を批判してはいけないし、批判できない」

http://d.hatena.ne.jp/kenjiito/20050927/p2

うんにゃ、男も女も、原則として他者を批判すべきではない。批判すべきことがあれば、他者の言説であって、他者自体ではない。他者の人格や知能や態度や行動を批判するのはよっぽどの場合である。

って、ただの揚げ足取りか?w

しかし、この区別は一応重要だし、これを区別すれば、かなり問題はすっきりする気がする。そもそも「女が男を批判すべきでない」というような考え方自体が、言説の批判と言説者の批判の混同に根ざしているように思えるし。

こちらの指摘はわかりやすかったのでリンク。

蓬窓日記

http://d.hatena.ne.jp/tamadareaoi/20050927/1127791547

今回書いたものは、上で書いたように、最初の動機が「男性は議論とか争い好きねー」という決めつけに対しての反論だった。もともとが男性の一部の声の大きい人たちに対する印象論なので、それに対して自分も女性の一部の声の大きい人たちに対する印象論になってしまっている面は否めない。

引用された「争う動機」として書いた部分は、オマケの仮説のつもりで書いたつもりだったので、荒く書いてしまったんだけど、そういう部分が読みとれないような文章になってしまったのは反省。

玉垂葵さんの批判はごもっともで、今回いろいろな指摘受けたので、今後同じ話題を書く時はより精密にしたいと思うのだけど、「男性は議論とか争い好きねー」という発言や、本題の「女は男を批判できない」にこの考えは適用されないんでしょうか?

あと、ブックマークより。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050925/netbattle

2005年09月25日 otsune 『生理的な男女というよりは「脳の性差」の範疇の話だな。たとえば天羽助教授は男性脳としか思えないし。』

「脳の性差」(男性脳・女性脳)というのはどの程度研究されて信頼できるのか、興味はあるんだけど、調べてみてもいまいち不明だった。詳しい人がいたら、良さそうな資料の提示など教えてくれたら幸い。

今回の議論、自分がもともと本題とは違う部分に反応したら、本題とリンクされて反応されたり、逆に本題は見ないで反応されたりして、ああネットの議論って難しいな…と当たり前のことを思ってしまった。

本題と関係ないところに反応して、話題が広がるというのはポジティブでいいんだけど、こういう風に言及した話題と本題が密接に繋がっている場合、本題に対するスタンスもはっきりしておかないといけないと学習した。

指摘受けて考えるに、「動機の違い」というのは「議論」と「争い」を一緒にして書いているという問題点がある。動機の違いに関しては、他にしっかりした分析ができる人がいるのならぜひ読みたいところ。

kanosekanose 2005/09/27 16:09 批判としてリンクした訳ではないとのこと、了解しました。段落が別れてないので、その前の文章を受けて、批判の一つとして挙げられているように読めたのでした。

youlalayoulala 2005/09/27 18:03 vuyvuyvuyさんの言うような人も多いのかもしれません。が、自分の意見や立場が世の中に認知されていなくて、少数意見も考えようという人の頭にも、自分のような存在がないと感じることはありませんか。
実証的でなくて申し訳ないのですが、とにかく意見をいいたい人も二つに分けて考えられそうに感じます。

jituzonjituzon 2005/09/27 19:01 「ネットで争うのが好きなのは男性も女性も同じ。でも動機が違う」の続き、についての文章をUPしました。お暇なときにでも読んでみてください。

jituzonjituzon 2005/09/28 10:00 「批判するのに男性も女性もない」と言いながら、「批判(議論)をするがどうか」を判断するときには何故女性だけがふるいにかけられるのでしょうか? そこには打算や計算が入ってくるからですか。
また、kanoseさんは男性もふるいにかけているように見えますが、それは私の見方の間違いなのかしらん?

kanosekanose 2005/09/28 10:06 もちろん男性もふるいにかけてます。それは言わなくてもわかると思って書いてました。コスト(過去ログなど見ないで)をかけずに判断する時に、男性より女性に対して避けることが多いということです。

jituzonjituzon 2005/09/28 12:18 いや、それはあの書き方だとわかりませんね。それと、女性に対して避けることが多い、というのは女性への偏見からきているものではないのでしょうか。違うのでしたら、理由を教えていただきたいです。
それと、私は一応昨日のエントリで「男女の動機の違いについて」も書いたのですが、これについてはどうお考えなのでしょう? 意見が聞きたいところです。

内藤内藤 2005/09/28 22:20 たぶんかのせさんはこういう風になるのが嫌だから避けることが多いんですよ

kanosekanose 2005/09/29 03:53 言葉が足りず、申し訳ありませんでした。女性は男性ほどネット上での議論を好まない傾向があると感じているので、最初に批判すること自体を避けることが多いということです。これを偏見だといわれるのなら、そうなのしれません。ただし、追記したように、議論に入ったら、男も女もないと考えてます。
「男女の動機の違い」ですが、最初の記事(http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050925/netbattle)でリンクした「進化研究と社会:脳・心の男女差」(http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/brain_sex.html)で指摘されていることと似ているなと思いました。自分が上だと示したい、認めさせたいという意識から始まって、勝ち負けにこだわる議論ではなく、お互いに実りのある議論ができるようにしたいです

jituzonjituzon 2005/09/29 09:04 「女性に対して避けることが多い」について、kanoseさんの意見、了解致しました。

> 勝ち負けにこだわる議論ではなく、お互いに実りのある議論ができるようにしたいです

私もそう考えています。内藤さんは「議論」というものの性質がよくわかってないのではないでしょうか。

2005-09-26

モノクロイラストの流行

久しぶりにファンロードを読んで、マイキャラのモノクロコーナーを見たんだけど、絵柄を見ても、今の新しい流行といえるようなものを特に見出せなかった。これは2000年のものですよ、といってもおそらく信じてしまうぐらい。

現在、絵柄の流行といえるものは、デジタルによってできるものが多い。鉛筆線を綺麗に印刷する、主線の色変えなど。そしてカラーが主体になり、塗りでの流行が増えてくる。しかし、モノクロのコントラストのはっきりした絵に対して、貪欲に新しいスタイルを模索する人は減ってしまったのかもしれない。

造語、新語のはてなキーワード登録

Latest topics > 「避モテ」の読み方とはてなキーワードとコンセンサス - outsider reflex

http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom.cgi/mote/2005-09-26_sake.htm

もともと「避モテ」自体、広まっている言葉ではないし*1、もともとはこの言葉を使う人が今後増えるかもしれないと感じたのでまずは補足という意味でキーワードを作った。だから、強い提案というほどの意識はなかったなあ。「闇サイト」も似たような感じで作った。

この辺に関しては「セカイ系」という言葉の広まり方、定義のされ方を見ていると、ネットで生まれた造語、新語は定義に関して半年程度は試行錯誤していても問題ないと思ってる。あ、ただ「モヒカン族」みたいに、個人が積極的に活動すると1月もしないで普及するという実例が…。

なお、はてなキーワードは運営側が辞書のような厳密なものではないという明言をしているので、登録基準としてはある程度フレキシブルなものだと考えている。誤爆しやすさは問題視するが、それ以外に関しては緩く考えるという立場。

ただ、こういった新語の時にはてなキーワードが参照されやすいというのも、同じく上の「セカイ系」でも感じたので、説明内容に関してはある程度慎重になるべきだろう。基本的には言葉を作った人の意志を尊重したい。「セカイ系」だと誰が作った言葉かということが、かなり無視されて言葉が広まっていたし。

「愛」を悪口の免罪符にするのはやめたほうがいい

『メガネ男子本』はまだ見てないんだけど、

刺身☆ブーメラン(金子健介)のはてなダイアリー - 噂の「メガネ男子」を読んだ

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050922/1127320719

で引用されていた文章にちょっとひっかかった。

その結果、身勝手で無礼な発言のオンパレードとなりましたが、それらはみんな、激しすぎるメガネ愛のせい。珍重すべき意見として一部敬称略で公開してしまいます。関係者のみなさまにはこの場を借りて深く土下座。多少のヒートアップはメガネ男子好きに免じてご容赦ください。

無礼な発言を「愛があるから許して欲しい」と言っている、

ARTIFACT@ハテナ系 - タレントのために応援している

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050703/talent

でも書いたんだけど、女性によるファンサイト系では「タレントへの愛がある」から「こんな悪口を言っても許される」という光景がよく見られる。

イブ・クラインのモノクロームのために:誰か注意してやれよ。

http://keshiki.rdy.jp/blog/archives/eid497.html

だから、「同好の士」でmixiなり自サイトなりで楽しく萌え語りしているときは、「菊地成孔のメガネに駄目出しするメガネ君大好きな私たち」というのも「お約束」のうちのひとつとして許容されているんでしょうけれども、本にして一般流通に載せる段階で誰かが指摘しないといけない部分だったのではないか、と思います。

「タレントのために応援している」って人は、この「大好きな私たち」に無自覚だから、「自分のために応援している」と書いた人に対して攻撃的になる。

メガネ男子本の人たちは「大好きな私たち」に自覚的なのかどうかはわからない。ただ、出版という様々な人が読むところに出ていった時のことは想定していなかったから、菊地成孔氏とのトラブルが起きたのだろうとは思った。

※なお、これは「悪口を言うな」という意見ではなく、「悪口を言うとリスクがある。そのリスクを避けるために、“愛”を使っても、悪口を言われた人には通じないよ」ということ

また菊地成孔氏が写真を撤退させた理由は、悪口を言われたからではない。資料貸し出し依頼時にこのような批判的な文章であることを知らせずにきたことを問題視している。自分がここで問題にしたのは「悪口だと思っていなかった」「愛があるから許されると思っていた」という感覚に対してである。

※参考

エスロピII@暫定退避

http://d.hatena.ne.jp/prse/20050923#c

菊地成孔氏本人のコメントより。

というのは、抗議した相手である編集部の方さえも「あれぐらいなら大丈夫と思った」「自分たちなりに愛のある行為だと思った」「すみません対談の部分を削除しますので撤退はしないで下さい」と、インターネット病丸出しで、驚いたわけです。

「避モテ」の読みを「さけもて」にした理由

刺身☆ブーメラン(金子健介)のはてなダイアリー - 「避モテ」の読みは「ひもて」が妥当じゃないのか

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050921/1127291358

気付くのが遅れましたが。

「さけもて」という読みにしたのは、発音した時を想定してのこと。「ひもて」じゃ「非モテ」と「避モテ」の区別がつかないから「さけもて」にしたのです。「私立」を「わたくしりつ」と読むようなもので。

という訳で、ひっかけであることを追記しながら、読みは「さけもて」を提唱したいのですがご意見お待ちしております。

*1:「非モテ」だって知らない人はまだまだ多いだろうし

2005-09-25

社会派ブログにはなぜ痛いコメント常連が住み着くのか?

という問題を最近考えている。

「社会派ブログにはとにかく意見を言いたがる人が住み着きやすい」というのがまずメインで、管理人が妙にやさしく対応したりするから居心地がいいと勘違いしたり。管理人も「痛い人にやさしいネット社会」の実現を考えていたりするんだろうか。

※想定していたブログ

finalventの日記

http://d.hatena.ne.jp/finalvent/

極東ブログhttp://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/)の方は普通なのに。

R30::マーケティング社会時評

http://shinta.tea-nifty.com/nikki/

よく出現する「うんこ」という人。

「○○ちゃんとデート」と発言する女性

酉の市の売れ残り ○○ちゃんとデートv

http://d.hatena.ne.jp/nigo/20050924#p2

女性と一緒に行動する時に日記などで「○○さんと明日はデート」って書く女性の行動を、以前から疑問に感じていたので面白く読んだ。男性が「○○さん(男性)とデートv」なんて言ったらどういう想像されるか…。日本は男性だけで行動するのに偏見持ちすぎだよ!

※参考

「レディーファースト」は男尊女卑?

http://blog.tsushin.tv/yoshua/item/7092

分析自体はなるほどと思ったんだけど、ただ、この発言をするシチュエーションを切り分けないといけないのでは?

  • 不特定多数の人が読むネットで書く
  • 不特定多数の女性しか読んでいないと発言者が思っているネットで書く
    • 女性向け同人系サイトなどで多い
  • 不特定多数の男性しか読んでいないと発言者が思っているネットで書く
  • 特定集団しか読んでいないと発言者が思っているネットで書く
    • 男性、女性両方いるのを想定。サークルの掲示板とか
  • 男性・女性、双方がいる集団の前で実際に話す
  • 男性のみの集団の前で実際に話す
  • 女性のみの集団の前で実際に話す

ネットではよく見るけど実際の会話で言う人って見たことないんだよなあ。

で、この切り分けで考えると「本当にもててしまう女子が自己防衛として使う(女子媚び)」というのは、男性の前でも言っていれば男性への媚びでもあると。

作者出身地から考える『NANA』

分裂気質(ぶんれつかたぎ) 映画「NANA

http://www.javaopen.org/~yasuyuki/diary/2005/09/nana.html

こういう話を作れるのは地方出身者だけだな、と思ってプログラム<結局買ったのかよ!を読むとやはり矢沢あいは地方出身者だった。

矢沢あい氏の出身はどこなのだろうと気になって調べてみたら兵庫県尼崎出身だった。そうなると郊外都市センスなのかなあ。で、東京から遠いから「上京もの」を描けたと。

NANA』において、「東京志向」というのは各所に現れているんだけど、そのせいかコナミの作ったPS2のゲーム『NANA』はなんと東京一人暮らしシミュレーターになっている。そのため、バイトして家賃を払って、お金が足りなくなったら親から貸してもらうなんて無駄に生々しい展開も(笑)。※原作からある展開とのこと

このゲームは原作だと隠蔽されていた部分が一挙に出ている感があるけど、でもそれってNANA読者が求めているものじゃないよなあ…という気はする。

PS2のNANAをやってみる - flowerbed (2005-03-23)

http://www.ysnet.org/~ysano/?date=20050323#p01

kyokogonの日記 - とりあえず、「NANAゲーム」にチャレンジ。

http://d.hatena.ne.jp/kyokogon/20050319#1111289561

ARTIFACT@ハテナ系 - PS2『NANA』はNANAときメモらしい

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050327/nana

※参考

さて次の企画は - 東京志向のNANA、地方主義の頭文字D

http://d.hatena.ne.jp/otokinoki/20050925/p2

犬にかぶらせろ! - 『頭文字D』とアンチグローバリズム

http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20050925/iniD

しげの秀一氏は漫画家に多い新潟県出身だった。東頸城郡松之山町がどういうところかわからないので新潟出身の人の説明が欲しいところ。

■新潟県出身の有名人!!■ -オールザッツ新潟人-

http://home.att.ne.jp/aqua/07/niigata/

で『ハチミツとクローバー』は印象から東京出身者による作品ではないのか?と思って調べてみたら、羽海野チカ氏は東京都葛飾区亀有出身だった。どの辺が?っていうのはかなり曖昧で言語化できないから省略。

※補足

http://d.hatena.ne.jp/strange/20050925#p3

尼崎はコテコテの大阪という指摘。と思ったら、尼崎は兵庫県なのに市外局番が06だったりするが尼崎は尼崎である!という地元の人から反論が。

http://fragments.g.hatena.ne.jp/laiso/20050925#1127648169

週末格ゲー遠征上京*1を繰り返していた身としては、NANAのキャラはそろいも揃って金ない癖に新幹線で東京まで行くのが許せない! そこは青春十八切符で大垣でムーンライトながらに乗り換えだろうと! あれは郊外都市センスなんかの欠片もなく、作者自身のうっかりセレブ思考だ(指定席だし!)。

そういや新幹線だったなあ(笑)。今ならリアルなのは夜行バスなのでは。

NANA』のセンスはヤンキー説

Trunk◆Mart - 少女マンガから漂う地方色について考えてみた。

http://d.hatena.ne.jp/asa-ko/20050925/p1

矢沢あい氏のまわりはヤンキーが多かったそうだ。『下妻物語』でも、主人公は尼崎出身で柄が悪いという設定だったけど、このままでは「尼崎=ヤンキー」という偏見が!

普通、ヤンキーといえば地元志向になるんだけど、この場合の「ヤンキー」はYAZAWA的成り上がり志向を持ったヤンキーという意味で。

矢沢あい - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A2%E6%B2%A2%E3%81%82%E3%81%84

PNの由来が矢沢永吉氏だそうで。敬愛していたのか…。納得だ。あと大阪モード学園中退というのもなるほどと思った。

あとハチクロの羽海野チカが東京出身って納得するのは登場人物・設定の気負いのなさ(=ヤンキー濃度の薄さ)かも。

屈託のなさが東京出身っぽいってのはあるかも。

※関連

otsuneの日記 (c)avex/わた(と書くとメールが来るの?) - 「東京山の手の裕福な家庭育ち」という人種は絶対数が少ないから、郊外・地方都市育ち向けのメディアを駆逐できないのでは

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20050925/p4

吉田アミさんの「コスプレに近い過剰なおしゃれ」「ブランド物で武装するDQN」というコメントには笑ってしまったんだけど、これが「気負い」なんだよなあ。

pele-mele - 旅の極北

http://d.hatena.ne.jp/yskszk/20050925#p1

NANA』で描かれる「北国」のイメージが紋切り型だ、東京でも尼崎でも太平洋ベルト地帯の連中は(以下略)という意見。芳樹さんは「新幹線で東京まで数時間のところにある北国の港町」を新潟といってるけど、仙台とか盛岡ってどうなんだろう?

NANA』絡みといえば、これも面白かった。

生活日報 - NANAはビジュアル系なんだから

http://d.hatena.ne.jp/mashco/20050920/1127181003

映像作品でロックバンドを描くとビジュアル系になってしまう問題。

NANA』ってあんまり興味なかったんだけど、こういった視点の提供で興味が湧いてきた!

まとめ

しばさんのコメント欄で、尼崎関係ないんじゃないの?って指摘があったけど、追加情報を見るとそんな気がしてきた。総合すると「矢沢永吉+大阪モード学園」の影響が大きそう。

殺人請負サイト運営者は悪徳商法?マニアックス管理人を脅迫していた

ZAKZAK 次々浮かぶスレスレ行為…殺人請負サイト運営の男 裏では対立した人物を盗撮し脅迫

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_09/t2005092413.html

女性救急隊員が頼んだという「闇サイト」を運営している人間に焦点をあてた記事なんだけど、なんと悪徳商法?マニアックスhttp://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/)のBeyond氏を脅迫していたそうだ。

悪徳商法?マニアックス ココログ支店: 不倫殺害依頼事件

http://beyond.cocolog-nifty.com/akutoku/2005/09/post_5c3e.html

悪徳商法?マニアックス ココログ支店: 「ほりえもん」に送った内容証明郵便について

http://beyond.cocolog-nifty.com/akutoku/2005/09/post_4557.html

Livedoor Wikiで、この逮捕された奥平事務所のページがいきなり削除されたそうだ。

働くAIBO

[R30]: ストリンガーさん、終わったかも…

http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/09/sonycrisis_ba61.html

のコメント欄で知ったネタニュースサイト。ところで、このコメント書いた人は釣るために書き込んだのか、それとも素なのかが気になる(笑)。

ソニー、リストラでAIBOに不当労働強制 : bogusnews

http://bogusnews.seesaa.net/article/7236956.html

というネタニュースサイトを知った。以下面白かったのをメモ。

乙女ロードで抱き合わせ販売 : bogusnews

http://bogusnews.seesaa.net/article/7284040.html

ツンデレ [つん・でれ] : bogusnews

http://bogusnews.seesaa.net/article/6350128.html

ソニー、iPod nanoの3台分の性能をもつ対抗製品を発表 : bogusnews

http://bogusnews.seesaa.net/article/6701549.html

ヨドバシ秋葉原店前でメイドが抗議のデモ行進 : bogusnews

http://bogusnews.seesaa.net/article/6956901.html

【Ranking】プロブロガーを目指すとき役立つ本 : bogusnews

http://bogusnews.seesaa.net/article/7278008.html

これで知ったんだけど、2000年の眞鍋かをり氏って顔違うよ…。

On Visual No.3 眞鍋かをり    アスキームック―On Visual

と思ったら、1999年の写真はこれなので、単に上の写真はアレな顔に写ったものらしい。よく世に出たなあ。

ガールフレンド 眞鍋かをり写真集

ネットで争うのが好きなのは男性も女性も同じ。でも動機が違う

嗚呼女子大生活 - 女は男を批判してはいけないし、批判できない。

http://d.hatena.ne.jp/chidarinn/20050924/p1#c1127585227

ここの本題とは関係ないんだけど、コメントでid:kmizusawaさんがこんな指摘をしていた。

# kmizusawa 『はじめまして。

むしろどうして男性はあんなに他人を批判したり議論したり、よそのコメント欄まで行って自説を主張したりするのが好き(というより抵抗がない?)かな…と思いますねえ(もちろんすべての男性ではありませんが)。

自分はどうしてコメントをしないのかと考えますと、面倒なことになったら嫌だなあ、というのがあります。どうしても炎上だとか感情的なやりとりになった場合のリスクとか考えてしまうんですね。』

そういえば、レイコさんのところでも似たようなコメントがあったのを思い出し、ちょっと突っ込みたくなったのを思い出したので書いてみる。

bdfd annex http://d.hatena.ne.jp/pippi/20050820#1124551892

和美 『男の人、ほんとに争い好きですよね。 いつもドラマの感想とか楽しく見させていただいていたんですけど、一連の流れ、ハタから見てるだけで正直ヘコみましたもん。争い嫌いです。怖い。

男女の性別でくくるなって言われるかもしれないけど、私も同じような事、パソコン通信時代の大昔から感じてました。体や脳の作りが違うんだろうなぁ。

pippiさんの文章は、女の正直な、できれば隠していたいような気持ちまでがはっきり書かれてていつもスカッとしますよ。

確かにネットでは男性が議論をよくしているという印象は受ける。

しかし、かといって女性に攻撃性がない訳ではない。ネット上でよく見かけるのが芸能人関係。ネットである芸能人に対して批判的なことを言ったら、ファンが殺到…みたいなことがあるのは、女性にファンが多い芸能人に多い。また、同人方面でも女性間の争いが多い印象を受ける。

なので、男性と女性では、争いをしようとする動機が違うのではないか?と考えている。

男性は、意見に対して批判するのが目的であり、人格にまで踏み込まない。人格と意見は切り離して考える。*1

女性は、自分の好きなものが否定されているのを見ると、脊髄反射で反応しているのをよく見かける。好きなものを否定される=それを好きな自分が否定されていると考えるようだ。人格と意見を切り離していない。

端的にいえば、男性はモヒカン族的に争いを、女性はムラ社会的に争いを起こしている感じ。もちろん、逆の場合もあるが、とりあえず大きな傾向としての話。

※参考

最近の話題ではこの辺も近そう。

すちゃらかな日常 松岡美樹:ファンクラブ志向と議論志向──SNSとブログにみるコミュニケーション・ギャップの原理

http://blog.goo.ne.jp/matsuoka_miki/e/f30a5a66176425c1cf65fcf62c379c01

※追記

kmizusawaの日記 - おっと忘れてた

http://d.hatena.ne.jp/kmizusawa/20050925/p1

確かに「争う」というより、「怒りをぶつけて去る」ですね。最初から議論をしようという気はないと。

書き忘れたんだけど、芸能人以外にも、ネットの無名だけど変な人を見つけてきて、まとめサイトができて攻撃にまでなるのは、女性でも多い印象を受ける。JOY祭りは2ちゃんねるの既婚女性板が発祥だし、かざきり羽事件も女性がメインだったと思われる。

JOY祭り - 簡単まとめ

http://members.at.infoseek.co.jp/eternalseason/joy/

ARTIFACT@ハテナ系 - かざきり羽関連

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040713/kazakiri

ARTIFACT@ハテナ系 - かざきり羽検証サイト一斉撤退騒動その後

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040724/kazakiri

以前紹介したサイトを再度紹介。

進化研究と社会:脳・心の男女差

http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/brain_sex.html

男と女のコミュニケーションの違いについて

 男は

結論をはっきりさせよう白黒つけよう

俺のほうが立場が上だと示したい、認められたい

と対立をあおるようなミエ張り合い的言動をしがち、話をこじれさせ一段落までもめさせる人が目立つ。

 女は

結論の白黒より人間関係を良くすることを優先

相手をやりこめずにより良い選択肢を探しあう

紛争は回避でき状況改善には向いているが、論理的な討論で何か結論をはっきり出すという場は好まないもしくは不慣れな人が多い傾向。

  ネットは、時間の限りや関係の限りが不明瞭な場。

  どちらかというと「白黒つけたがり屋さん」よりは「より良い選択肢を探し合おうさん」のほうがネットには適していると思うけどね…。

オオツネさんがよくいう「優越感バトル」は男性に多い印象があるな。

*1:そうじゃないアホな人も多いが

キバヤシキバヤシ 2005/09/25 19:59 漫画でも実家からお金貰うエピソードありましたよ<NANA。ひょっとしてkanoseさんは漫画読んでない?

kanosekanose 2005/09/25 20:07 ありゃ、そうだったんですか。漫画は3巻程度までしか読んでなくて。

     2005/09/26 01:04 松之山は中越地震が起きた十日町市とかの近くになります。やはり豪雪地帯で、正直かなりの田舎。周りの自治体と『大地の芸術祭』というのをやっていたはずです。

kanosekanose 2005/09/26 02:09 具体名称言わないで書いたのに…(笑)。ちゃんと書きますか■松之山の説明ありがとうございます。イメージ湧いてきました。

shibakushibaku 2005/09/26 03:14 アレな顔の真鍋かをり氏は後藤真希氏にしか見えません。そっくりです。つまり、後藤真希氏はアレな顔ということで宜しいですか。

kanosekanose 2005/09/26 03:37 後藤真希氏に似てる説は他の人も言ってましたよ(笑)。後藤真希氏はかわいいと思います!(恐いファン向けにエチケットペーパー)

watapocowatapoco 2005/09/26 10:15 えー??うんこ氏って変な人だと一度も思ったことがなかった。
口調はあれだけどまともな批判をされているように思えますが。
認めるときは認めるし。

うんこうんこ 2005/09/26 15:59  どうせ10月になったらやめるから、いちいち心配せんでもいいよ。人をねたにして話するんだったら、当人に分かるように言えば? なんでまたコソコソしてますか。

>うんこ現れる先は大体削除してます。』
 んじゃ、ここも削除すれば?

>あれを毎日コメント欄でやられるときつい人にはきついでしょう。
 胡散臭い人のトコじゃないとやらないよ。R30氏がそうだとは言わないけど、緑のおっさんは胡散臭いだろう。
 それ以外の地域でも書込みしてるけど、胡散臭くない、真面目な印象が出てる地域ではキチガイカキコしない。
 一応コレでも、人見てやってんだけどね。

kanosekanose 2005/09/26 16:19 当人にわかるようにいえば?ってブログやっているのならリンクしますけど、コメント欄にしか現れない人に言われても。メールで言って欲しかったとか?
ネタばらしありがとうございます! コメント欄日記くんは普通嫌がられるので嫌われるのを覚悟してやってるんだと思ってますが。そういえば、うんこさんとピヨピヨ大将さんは似た匂いを感じます。

うんこうんこ 2005/09/26 19:06 ↑ピヨピヨ大将さん? シラネ。誰それ?

>当人にわかるようにいえば?ってブログやっているのならリンクしますけど、コメント欄にしか現れない人に言われても。
↑んじゃ始めッからネタにしなきゃいいのに。

>メールで言って欲しかったとか?
↑イラネ。どうせ見ないで消すから意味ないし。

shikketashikketa 2005/09/26 22:45 「社会正義達成のために、あえて嫌われる」っていう偽悪キャラを狙ってるんじゃないでしょうかね?
(ブラック●ャックとかアク●ツとか・・・ネットってそういう偽悪・無頼キャラ気取ってもリスクがないじゃないですか)
で、それに失敗して周りからは、フツーにアレな人扱いされちゃってるんだけど、もう本人もそこから降りられなくなっちゃってるとか。

2005-09-24

SFファン交流会「ぼくらのリアル、あなたのリアル」

http://www.din.or.jp/~smaki/smaki/SF_F/

■日時:9月24日(土)

■時間:午後2時〜5時

■会場:恵比寿区民会館

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_ebisu.html

(JR線「恵比寿」駅徒歩10分)

●テーマ:「ぼくらのリアル、あなたのリアル」

●ゲスト:東浩紀氏(評論家)、V林田氏(青年実業家)、ゼラ泉氏(ブロガー)

週末に東浩紀氏とV林田氏が討論する謎のイベントがあると聞いていたけどこれなのか。

メガネっ子による漫画喫茶

世の中には『R.O.D』の読子リードマンのように本好き女子萌えというジャンルがあるが、これを漫画喫茶に転用できないだろうか? 図書委員萌え、書店員萌えなどの人にもアピールできるはず。

kimllakimlla 2005/09/24 19:08 黒髪・すっぴん・いまいち垢抜けないファッションセンスなどある意味メイド喫茶よりコーデイネートが大変そうですねw>図書委員喫茶。

kanosekanose 2005/09/24 20:27 メガネっ子だけではなくりクラス委員長などの総合的には地味女子萌えというジャンルにしたいところです

John_KawanishiJohn_Kawanishi 2005/09/27 00:44 漫喫でコスプレ店員なら( ゜∀゜)o彡゜ココロ図書館!ココロ図書館!

2005-09-18

探偵ファイルにはあちゅう登場

探偵ファイル/あぶない探偵 ウケるブログセミナー、開演!

http://www.tanteifile.com/baka/2005/09/17_01/index.html

はあちゅう主義。:探偵ふぁいるの記事について

http://blog.livedoor.jp/springflavor122/archives/50056795.html

はあちゅう主義。:一体何が…?

http://blog.livedoor.jp/springflavor122/archives/50057012.html

この展開は予想しなかったよ…。

はてな、ダメ! 絶対!

「本家」+「はてな」というスタイルの危険性 【その1】

http://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200509180000/

「本家」+「はてな」というスタイルの危険性 【その2】

http://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200509180001/

本家+はてなというスタイルでの危険性を告発。やばい! もうその通りとしか言いようないよ!

Cyberbob:-)Cyberbob:-) 2005/09/19 18:02 ありがちな釣り。

2005-09-17

kan-nonさんへ

※kan-nonさんから「加野瀬さんの記述の一切を削除しました。謝罪を要求した訳ではありません。できましたら、kan-nonさんに関する記事を削除して欲しい」という依頼がメールでありましたので、記事を削除させていただきました

闇サイト

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 闇サイト横行、殺人・復讐・別離工作「何でもします」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050916-00000307-yom-soci

なんかどうもマスメディアでは普通に使われているっぽいので、念のためキーワード登録してみた。

財団法人インターネット協会の大久保貴世・主任研究員は「悪質サイトの管理者は独自にサーバーを運営している場合が多く、特定が難しい。犯罪性が明らかにならないと閉鎖させることができず、閉鎖させてもアドレスを変えて再開するケースがある」と指摘。警視庁ハイテク犯罪対策総合センターも「無数にあるホームページをすべて確認するのは極めて難しい」と、対応の難しさを口にする。

となると、ブログホスティングサービスで増加したというのは、ちょっと勘違いっぽい。ホスティングサービスのブログだったら、速攻で削除されるもんなあ。

ソーシャルブックマークと個人ニュースサイト

http://fragments.g.hatena.ne.jp/laiso/20050915#1126715252

だから「ソーシャルブックマークが普及すると弱小ニュースサイトは滅ぶ」とはあまり思っていない。

個人ニュースサイトを運営する楽しさはソーシャルブックマークに吸収される

http://artifact-jp.com/mt/archives/200503/newssitesbs.html

を書いた人間として補足。自分が考えたのは「個人ニュースサイト界隈」に積極的に新規参入しようという層が今後減るだろうということ。今やっている人たちは続けるだろうけど、新規参入者が増えなくなり、自動的に小規模になるだろうなあと。個人ニュースサイトの楽しみとして、小さな連帯感というのがあるんだけど、そういった繋がりをサポートしているシステムの方に流れると予測した。

これは、今ブログを始めようとした時に、ドメインを取って始めるより、ホスティングサービスを使った方がいいというのにも近い。

他の例で出せば、テキストサイト界隈がわかりやすい。テキストサイトというコミュニティに参入しようとする層は減ってしまった。ブログでテキストサイト的な面白テキストを書けばいいのでは?と外部としては思うんだけど、そうもいかないらしい。

ヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ 2005/09/17 16:51 16:48 プライベートモードに。

kanosekanose 2005/09/17 17:02 記事をアップしてから15分ぐらいの出来事でした…。はやい。

2005-09-16

幼年向けブログ漫画

失踪外人ルー&シー - 新連載・ブログシューター翔

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050915#p2

「真のブログブームは小学生を取り込んでからがスタート地点」ということで、コロコロコミックなど幼年誌での連載を想定した漫画。

ブックマークでも盛り上がり中。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050915%23p2

2005年09月16日 brainparasite 『[ネタ]「トラーック・バァァァーーック!!!」とか叫んで欲しい。』

2005年09月16日 kanimaster 『[blog][ネタ] あとはトレカと、なりきりセットがあれば完璧w』

2005年09月16日 shidho 『[小ネタ][blog]無人島に作ったコロシアムにヘリコプターで運ばれるなら支持。』

トレーディングカードはいいなあ。カードゲームのデザインを誰か!

のまのしわざ(改め)ガンダム部長: 本格ブログ漫画「ブログシューター翔」

http://nomano.shiwaza.com/tnoma/blog/archives/001858.html

必殺技:

炎のping! 一秒間に16サイトに同時にpingを送る。もちろんURLは手でコピペ。

エレクトリックサンダー! 静電気でトラックバックスパムを一気に消去。

spamコメントやTrackBackを一気に消去するエレクトリックサンダーはほんと欲しい(笑)。

炎のpingは、宣伝TrackBack大好きな人がよくやってるよなあ。

2005-09-15

はてなキーワード紛争前線「ジェンダー」

keyword:ジェンダーにおいて戦線が勃発。小谷野敦氏が関わっているというのが興味深い。

macska dot org: 小谷野敦さんによる「はてなキーワード『ジェンダー』項目」の間違い

http://macska.org/index.php?p=105

macska dot org: 小谷野さんへのお返事/「ジェンダーフリー」と「男女平等」の関係

http://macska.org/index.php?p=106

パートタイム殺し屋の闇ブログ

MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件 殺人依頼:32歳女を逮捕 警察に相談、犯行がばれる

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050915k0000m040113000c.html

 インターネット上の犯罪行為などを請け負う“闇サイト”で不倫相手の妻の殺害を依頼したとして、東京消防庁職員の女が14日、警視庁捜査1課と多摩中央署に暴力行為法違反(犯罪の請託)の疑いで逮捕された。殺人を請け負ったとして、自称探偵業の男も、同容疑で逮捕。事件発覚のきっかけは、計1500万円の事前報酬を払った女が、依頼から約半年が過ぎても殺人が実行されないため、同署に「だまされているのではないか」と相談したことだった。

なぜそこで警察に相談できるんだ!(笑) 自分は殺してないし、相手も死んでないから罪に問われないと思った?

それと容疑者の女性が救急隊員ってのが…。

「闇サイト」という言葉の響きがかっこいいので機会があれば使っていきたい。

増殖するネット利用の犯罪請け負いビジネス

「殺人請け負います」などと犯罪行為を請け負う“闇サイト”は、容易に開設できる「ブログ」の登場で、インターネット上に次々と開設され、実際に殺人事件につながったケースもある。

「闇ブロガー」だ! 誰か闇ブログリンク集作って!

世の中には「裏ブロガー」がいるらしい

http://artifact-jp.com/mt/archives/200504/urablogger.html

山田正紀氏は『殺人契約』(ISBN:4334700896)の後書きで日本ではフルタイムの殺し屋をリアル描くのは難しいと言っていたが、この調子だとフルタイムも出てくるかもしれない。

気になったので「闇サイト」で検索してみた。毎日新聞は以前も「闇サイト」を使っていたらしい。警察用語としてあるのかなあ?

蠍(サソリ)の独り言:「闇サイト」だって!

http://blogs.dion.ne.jp/scorpion_mk/archives/292790.html

MasterCardインタナショナル、フィッシング対策の成果を発表

http://www.mastercard.com/jp/about/press/050519.html

あとマスターカードのプレスリリースで発見。

用語「集厨力」

厨房な方々を集める力のことを指す。フレンドリーに見えるサイト管理人は集厨力が高くなりがちなので気を付けたい。逆に冷たく見えるサイト管理人は集厨力が低い。

自作キーワード話

おれはおまえのパパじゃない - ホタルノヒカリ

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050914/1126698576

ご存知の方も多いかもしれませんが、作者のひうらさとるさんははてなダイアラー(id:satoruhさん)でもあり、漫画の主題である「干物女」のキーワード化のためにきちんとはてな市民権をとって(30日間以上日記をつけた(それだけじゃなく今も日記を書き続けていらっしゃいます))、で、そのとき「自分のための宣伝キーワードって登録していいの?」とかいう議論がダイアラー間でもちょっとあったわけなんですけども、この当時干物女という言葉はすでに一般に認知されつつあった言葉であり(日経流通新聞にも載ってたの見たよ)、誰が登録するかに関係なく登録されるに値するキーワードだったと俺は思うのだけど、ご本人が登録するか他人が登録するかの違いによって、周りの人の見方も変わるというのはちょっと興味深かった。

え、議論あったんですかね? 逆に自作キーワードって議論になりやすいのに、誰もしてなかったのが不思議で以下の文章を書いたんだけど。

要約すれば、自作キーワードってやたらと批判されるけど、インディーズの人はダメで有名人ならokなの? それじゃ基準曖昧だから、誤爆の危険性が低いのなら問題視しないで欲しいと主張したかった。

ARTIFACT@ハテナ系 - 自作キーワードの是非

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050507/keyword

はてなには自分の関係するキーワードは自分で作っちゃいけないという空気(明文化されてはないみたいなので)があるようだ。

しかし、かなりの人が知ってなくても、ローカルに言及されるものというのはあって、そういうものだとキーワードは関係者や当事者が作るしかないという状況もある。たとえば、keyword:2525稼業なんかがその例で、当事者が作ったからといって、一端削除に回されている。そして、その件はまだ続いているという。

その基準でいったら、keyword:干物女は、漫画に出てくる言葉で、その漫画を描いているひうらさとる氏自身が作り、コミックスへのリンクもある。自作だ!宣伝だ!とかいって誰か削除に回すのかと思ったら、誰も何も言ってない。あれれー、なんで?

keyword:サークルクラッシャー誤爆の危険性はないのに、なぜかあれだけ白熱していた。私的なキーワードだという考えもあるだろうけど、たとえば「セカイ系」なんて単語は、もともとネットの片隅でつぶやかれた言葉だった。しかし、いつの間にか広まっていった訳で、言葉がいつ公共性を持つかなんてのはわからないものだ。そういう意味では「干物女」を作った漫画家さんの気持ちはすごくわかる。

しかし、今のはてなキーワード周りでは、こういったことを有名人でない人がやろうとすると、批判されるという傾向があるようだけど、誤爆の危険性が少ないものに関しては、緩くして欲しいなあ。

結局、自作キーワードの登録自体は誤爆の危険性が低く、第三者言及性が高いのなら良いということになっているということがわかったので、その辺が広まれば良いなと思った。

なんてギスギスした話をしたけど、ひうらさとる氏のこの日記を読むと、心温まるなあ。

satoru hiura はてなにっき - 干物女キーワード化ちょっと裏話

http://d.hatena.ne.jp/satoruh/20050914/1126750230

リンク追いかけていたらkeyword:はてならしさなんてのがあるのか(笑)。

ネットで話題が広まったなーと思う瞬間

特にリンクせずに「最近ネットだと○○○(最近なら「非モテ」)が話題だけど…」みたいな書き出しの文章が増えた時。

どこにリンクすればいいのかわからないほど言及が増えているためにリンクがしにくくなる。また、各所の言及を読んだ人が増加し、人々の「この話題に何か言いたい」という欲が刺激されたことを示している。

この段階になってくると「議論は全部読んでないんだけど…」といって言及する人が既に繰り返された意見を表明、、苛立つ人が「もうその段階は過ぎたんだよ!」と攻撃的に批判。ここでまたループ。

言及の増加のため、まとめサイトの登場が期待されてくる。

なんかモデル化できそうな気がしてきた。

そういえば「モヒカン族」を情報伝達モデルの面としても見ていたんだけど、「はてなグループ」がまとめサイトとして機能したために、情報が伝達しやすかったんだろうなあ。

mohrimohri 2005/09/15 21:53 >なんかモデル化できそうな気がしてきた。
そういう本があるといいですね!
というかそういう企画をメールしたことがあるような気がしてきた(ループ化)

alteaaltea 2005/09/16 13:48 闇ブロガーといえば・・・
http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050915

kanosekanose 2005/09/16 17:37 もちろん読みましたよ!>ブログシューター

2005-09-14

まとめサイト脳の恐怖

ex - 民主党マニフェストの「国家主権」問題

http://d.hatena.ne.jp/aniota/20050913/p1

と俺もそう解釈していたけど、ネットで吠えるプチナショナリズムに燃える人らはそう思ってないようだ。まーどう受け取ろうが個人の自由なんだけど、何というかそういう人の多くはネットのまとめサイトに洗脳されて思考停止しているように感じる。

人権擁護法案反対でもそうだったけど、まとめサイトに書かれている情報を検証なしで信じる人は多い。多くのまとめサイトがやっていることは、テレビがお得意とする「複雑な情報を単純な構図にしてわかりやすくする」と同じだ。

今まで、その手法はマスメディアが得意としていたが、その舞台がネットに移ってきた。そして、「ネットにはマスメディアにはない真実の情報がある」と思っている人たちによって、その情報は広まっていく。しかし、その情報の信頼度はどこで担保されるか? もちろんそれに対する検証をする人も出てくるのだが、その検証まで確認する人は少ない。

まとめサイトって実際自分で調べなくてもいいから便利だけども俺はそれに巻かれるのが嫌いだ。正確に言うとまとめサイトが悪いんじゃなくて、まとめサイトの情報を鵜呑みにする奴がいるのがタチが悪いんだけどね。

には同意。

献本はしないけど宣伝はよろしく!

最新ブログ人気ランキング200

finalventの日記 - 勘弁してつかぁーさい

http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20050913/1126614968

学研から出る『最新人気ブログランキング200』という書籍、アンケートを送ったんだけどメールこなかったなあ。アンケートの締め切りを忘れていて、送ったのは締め切り後だったから、自分のところは掲載されてないのかもしれない。掲載する場合、原稿の確認をしてもらうともあったし。

それはともかく、単に掲載許諾だけだったのなら、献本しないというのもまあわかるんだけど、今回はアンケートの回答という協力をお願いしてきている。そういう形で協力させているのに献本なしとはすごいな! テレビ局なみの「一般人は協力して当然」という態度だよ! 献本代金ぐらい編集予算として計上して欲しいもんだ。そして、献本はしないけど宣伝はしてねってのが…(笑)。

このテのやつがきた時は、URL掲載程度だったら献本要求はせず、画面キャプチャーありだったら、献本請求って感じでわけているんだけど、おそらく画面キャプチャーありだろうしなあ…。

http://deztec.jp/design/05/09/14_irrelevance.html

一昔前までは、本に載ったら嬉しい! という意見が主流だったような気がするのだけれど、いつの間にか掲載されて文句をいう人が増えてきたのはどういったことなのかな。

一昔前でも「勝手に掲載された」「掲載されたのに献本がない」なんて声は多かったような。そういうのを見て、URL掲載程度で無断掲載と怒るなんて…と思っていたし。まあ、どれが主流だったかなんてのは検証しにくい話題だけど。

なお、Google Blog Serchはping.weblogs.comなどにupdate pingを飛ばしているブログを検索しているとのこと。ping飛ばしてなかったらpingを飛ばすのをお勧め。

http://d.hatena.ne.jp/naoya/20050914/1126691994

3D CGの人間は現実ではありえない美形を描くのに向いている

伊藤計劃:第弐位相 - アドベントチルドレン

http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20050904#p3

ファイナルファンタジー アドベントチルドレン』が映像として成功しているのは「現実ではありえない美形」を全面に押し出しているからという意見。

そういえば、3D CGの『アップルシード』ですごく違和感があったのが、アテネのようなおばさんや、立法員の七賢老たちであった。

テレビ局が意向を気にするスポンサー

9bit confusion - memo 050910

http://gmk.9bit.org/note/050910-memo.htm

メディアリテラシーをうたう記事のなかで、胡散臭い情報をその証拠としてるよねーという指摘。まあ、あそこのサイトはそんな記事多数なので、マジレスしても仕方ない気がするけど。

それはさておき、ゲーモクさんのゲーム会社はテレビ局のスポンサーの一つなのに圧力かけられないのはなぜなんだろという疑問を考えてみる。

同じくテレビの敵である携帯電話業界やインターネット業界の場合はどうなんだろう。

ネット関連はばりばりにテレビメディアに敵視されていると思われます! ただ、携帯電話の場合、個別の端末を批判とかではなく、出会い系サイトの犯罪がどうこうとかだから、気にしてないのかなという気が。インターネットの場合は、もうちょっと具体的にヤフーオークションやら何やらが取り上げられる気がするけど。

考えるに、コンビニとかは別にテレビメディアと敵対しないので、スポンサーの意向を聞いてくれるのだろう。たとえば、武富士の問題なんてのは、警察が動かない限り、テレビは扱わなかった。大量にCM出してるから。あと、ヨドバシの派遣問題も全然取り上げられなかったよなあ。赤旗しか取り上げてなかった(笑)。今赤旗見たらいつのまにか赤旗にもRSSがある!

派遣社員がヨドバシカメラ提訴

http://artifact-jp.com/mt/archives/200310/yodobashi.html

報道される内容でも、「個別の会社の不祥事」と「業界のイメージ」があって、前者に関してはスポンサーの圧力は効きやすそう。で、後者の場合、ゲームやネットといったテレビと敵対する可能性の高いメディアというのは、基本的に批判されやすいのだろう。ここの「テレビ」は新聞でもよし。

26歳で国会議員になった杉村太蔵氏

asahi.com : マイタウン山梨 - びっくり「僕が当選?」

http://mytown.asahi.com/yamanashi/news01.asp?kiji=9503

ZAKZAK 総選挙「珍当選」泡食った、夢泡と消え、究極の泡沫

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_09/t2005091422.html

今回自民党の比例区名簿の下位では、数合わせで入っていると思っていた人たちが軒並み当選してこんなことばかり起こってるようで。

杉村太蔵 ブログ - 自由民主党

http://sugimurataizo.net/

Here There and Everywhere 26歳のタイゾウっていいんじゃないか?@衆院選

http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-637.html

2ちゃんねるに書き込む杉村太蔵

tarosite.net: 今回の総選挙で変わったこと

http://www.tarosite.net/2005/08/post_503.html

松村太郎さんの友達なんだ!

中川翔子氏のFF7のイラスト

中川翔子氏の絵というと、なんか楳図かずお氏ライクなホラー漫画な絵という印象があったけど、こういう絵も描けるんだー。普通に上手い(笑)。

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/4221

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/4222

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/4223

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/4224

あと1日50更新したそうだ。すげえ…。1日中携帯から更新してそうなイメージ。

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/4219

nanacynanacy 2005/09/14 16:55 学研って、子会社か関連会社がトルマリン入りの布団とか売ってて(30万!)
やや香ばしい印象があるんですが。ががが。

7c7c 2005/09/14 20:37 ムーとかも出版してるんだからその点では香ばしいどころではない。
ところで上記の学研に関するエントリはビジネス慣行的にどうなのって
話であってその種の香ばしさは現時点ではあんまり関係ないとオモタ。

2005-09-11

はてなブックマークで殺人予告するmixi_loveさん

id:mixi_loveさんのはてなブックマークのコメントがすごいことになっている。現在は消えているのだがこんな感じ。

はてなブックマーク - おれはおまえのパパじゃない - モテ・非モテ話から離れて

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050911/1126423697

mixi_love 『テラヤマアニの下らねぇおせっかいのせいで1人の男が傷ついた。テラヤマアニは嫁を殺して自分も死ね。』

はてなブックマーク - おれはおまえのパパじゃない - 避モテ脱却トレーニング

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050910/1126367618

mixi_love 『『実際いわれたことないでしょうに』この文章。テラヤマを殺るには十分すぎる動機になるよ。』

はてなブックマーク - mixi非公式ニュースサイト - 選挙行きません

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/mixi_love/20050911/p1

2005年09月11日 mixi_love 『「?」ってtagでくくったヤツは全員ブっ殺す。特にululun。』

念のため、画面ショットも。

http://artifact-jp.com/img/mixi_love.png

九尾のネコ鞭 - はてなブックマークのコメントは暴力的になる?

http://d.hatena.ne.jp/maroyakasa/20050908#p1

なんて話題もあったけど、ここまでのものが出るとは…。いったいmixi_loveさんの身に何があったんだろうか。

足跡を追いかけてみる。

  • 9/11の朝方、テラヤマアニさん(kowagari)の非モテ関連の記事が大量にブックマークされ、罵倒のコメントがつく。
  • 午後に一端削除されるも、ふたたび罵倒が始まる。
  • 夕方に削除される。

http://b.hatena.ne.jp/mixi_love/

普段のブックマークはmixi関連だけで、こういった非モテ関連記事のブックマーク自体が普段なかった。

非モテ」に関連すると思われる過去の言及。

mixi非公式ニュースサイト - 日本で「SNS」がはやらぬワケ というBlogと自称SNSニュースBlogの反応について

http://d.hatena.ne.jp/mixi_love/20050701/p1

ああ、でも

現状自分では失敗していないと思っても、他人から観ればSNSで失敗していなくても実生活で失敗しているかもしれないし、

っていうのは正解ですね。オレの人生、失敗だらけだもん…。そもそもこんなブサイクな顔に生まれてきた事が最大の失敗…。

mixi非公式ニュースサイト - 選挙行きません

http://d.hatena.ne.jp/mixi_love/20050911/p1

この忙しい時期に選挙行くのって、仕事無い人か宗教やってる人くらいでしょ?

このコメントも何かやたらと攻撃心を剥き出しにしていた。このブックマークに対して[?]というタグがついたあと、罵倒コメントがつく。またブックマークのタイトルも「mixi非公式ニュースサイト - sakigake_sunの肛門に手を突っ込んで内蔵引きずり出したい」に変更される。

『On Your Mark』『ポータブル空港』が収録されたジブリ短編集DVD『ジブリがいっぱいSPECIALショートショート』が発売

ハウルの城』のDVDは興味湧かなかったけど、こんなものが! この前『On Your Mark』がテレビ放映されて認知度を上げたのはこのためだったのか。宮崎駿作品をまとめたLD-BOXの特典として『On Your Mark』が入っていて、うう欲しいと思っていただけに嬉しい。ほかにもハウス食品など各種CMも収録。

『TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR』押井守著

TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR

TOKYO WAR MOBILE POLICE PATLABOR

書店で見かけて知ったのだが、劇場版『パトレイバー2』の押井守氏による富士見ファンタジア文庫から出ていた小説がエンターブレインから復刻されていた。

映画は尺の問題で語られなかった細かいエピソードが描かれ、各キャラの細かい心情がわかる。また押井氏らしいウンチクも盛り沢山。軍隊を動かすといかに食事の面で大変かというのが語られていて、あーこの辺も山田正紀氏の『虚栄の都市』と似てると思ったものだった。

機動警察パトレイバー TOKYO WAR@野良犬の塒

http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/books/tokyowar.html

また、文庫版にあった末弥純氏の表紙絵と挿絵、そして文庫版上巻にあった伊藤和典氏の解説文がカットされた。かわりに、改訂版についての押井氏の後書きが追加されている。

えー、末弥純氏の絵がなくなってるのか! 残念だ。

kanosekanose 2005/09/12 12:11 一回「殺す」などと書いたら何だかなと思う程度で済んだんでしょうが、かなり継続して行っており、かつ急に何の説明もなく、削除していたため、取り上げました。
また、自分に言われた訳ではないので不快に思った訳ではありません。以前書いたことは「ネットで不快になっても相手に不快さを“いつでも”伝える必要性はない」であり、「常に」「何時でも」伝えようとすることに対して異議を唱えたのです。伝えないと自分が困ったりする場合は伝えるほうがいいと考えてます。
普段こんな言動をしていない人が急にこんなことをしたというのも疑問に感じました。「身を案じている」と思えないのなら「不思議がっている」「なぜこんなことをしたのか説明して欲しい」ためだという説明なら納得していただけるでしょうか。

kanosekanose 2005/09/12 14:36 ご指摘を受けて、情報が少ないために誤解が生まれやすい面もあると思いましたので、加筆しました

2005-09-10

『真剣10代しゃべり場』で次週はネットの話題

http://www.nhk.or.jp/shaberiba/list/list.html

「ホムペ」と「教室」、どっちが本当? (2005年9月16日放送)

 提案者 : 田中理紗子 (京都・14歳) 意見募集中

今、私の周りの10代は、個人の「ホムペ(=ホームページ)」を持っている。「ホムペ」は、友達関係の悩みや自分たちが普段感じている事をカキコみ、たくさんの人に自分自身を知ってもらう場所。私も、自分の「ホムペ」を通じてたくさんの友達をつくる事が出来た。でもその「ホムペ」が時にはトラブルの原因になったりする…。「教室」では見せない本音を「ホムペ」についついカキコんでしまうからだ。言いたい事があるならば、直接言い合ったほうが誤解も少ないし、よりよい友達関係を築けると私は思う。「ホムペ」と「教室」、どっちが本当?言いたいことは面と向かってハッキリ言い合おうや!

ちょっと面白そうだ。その後も気になる。

今の10代は自信過剰だ! (2005年9月23日放送 : タイトル変更)

 提案者 : 佐々木 裕介 (神奈川・18歳) 意見募集中

俺の周りの10代は自信に満ちている。将来の夢や、特技、勉強であったり、はたまた何の根拠もない自信を持っているやつもいる。でも、俺からすると、特技や勉強などで自分より優秀な人なんていくらでもいるだろうし、将来の夢なんていう不確かなもので自信なんて持てないし、何でみんなそんなに自分に自信が持てるのか分からない。今、俺には自分で自信を持てるような技術も業績もないし、自分の外見に対してコンプレックスも持ち続けている。そんな現実から自分はどうしても目を背けることができない。みんなまだ10代で何者にもなっていないのに、どうしてそんなに自分に自信が持てるんだ?今の10代は自信過剰だ!

世の中"甘い奴"が多すぎる! (2005年9月30日放送)

 提案者 : 佐藤香穂 (宮城・18歳) 意見募集中

私には野望がある。それはプロの漫画家になって有名になることだ。野望の実現のため幼少の頃から漫画を描き、今も夜遅くまでペンを走らせている。でも本当なら高校生でデビューをしたかったので、正直"あせり"を感じている。最近「野望は今必死にやらないと絶対実現できないはず」そう強く思うようになった。 そんな私は同世代の"甘さ"がムカついてしかたない。誰かがチャンスをくれると思っている奴、現状に満足して自分を高めようとしない奴、 将来に危機感のない奴・・・、何で世の中"甘い奴"が多いの?あせりはないの?"甘い奴"って本当に許せない!

勉強できないヤツを甘やかすな! (2005年9月9日放送)

 提案者 : 道場破り 意見募集中

僕は有名大学に進学し、有名企業に入るのが目標。部活に入らず、塾や通信教育に打ち込み、学校では特進クラスにいる。でも、その努力が報われていない気がする。それは、勉強を怠けてきた人に甘い世の中になってきたと思うからだ。勉強ができなくても、フリーターになれば時給のいいバイトはあるし、就職に学歴は関係ないと言われるようになってきた。僕の周りには「勉強ばかりしても意味がない」とまで言う人もいる。でもそれっておかしくない? 勉強を怠けてる人と、勉強がデキる人の差はもっと明確にするべきだ。 勉強デキるヤツはエライはず。もっと良い待遇をしてくれ! 勉強が出来ないヤツに甘くするのは無駄だ!

放送済みのやつだけど頭痛い…。

自分をプレゼンテーションする能力が低い人への視線

世界のはて - たぶん断絶の根っこは、「コミュニケーション弱者」に対する「軽蔑の視線」を許容するのか、しないのか?ってこと

http://d.hatena.ne.jp/Masao_hate/20050830/1125351516

つまり、今回の論争の根っこにあったのは、「外見/内面の二項対立」ではなくて、「『コミュニケーション弱者』に対する『容赦のない軽蔑の視線』を、許容する/しないの二項対立」だったんですよ*2。この部分が共有されていなかったために、お互いの話が噛み合わず、「俺の、俺の、俺の話を聴けぇ〜!」状態になってしまったのではないか、と。

ようやく断絶の理由がわかった…。

なお、Masaoさんは「少なくとも、僕はそういうつもりでずっと書いていた」と書かれてるけど、これは読み取れなかった。論争を読んでいた時には、どうも「内面」というキーワードがきっかけになったと感じたし、「内面」「人格」といった言葉が出てきていたし。

世界のはて - 外見と内面を結びつける残酷さ、そして選択者の欺瞞

http://d.hatena.ne.jp/Masao_hate/20050819/1124456792

世界のはて - 口では外見を過小評価し、実際には過大評価していませんか?

http://d.hatena.ne.jp/Masao_hate/20050823/1124755284

タイトルだけに引っ張られてもしょうがないんだけど、こういう風に言われると、「内面」がどうも大きな問題らしいと思ってしまった。

なお、自分がそうそうと思っていたのはなんばりょうすけさんの指摘

児童小銃 .456 - 外見と内面

http://d.hatena.ne.jp/rna/20050822#p1

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/Masao_hate/20050819/1124456792

2005年08月22日 rna 『「外見そのもの」ではなく「外見に配慮する態度」が内面として評価されてるのでは。』

bdfd annex - 色々ひっくるめてお返事とか

http://d.hatena.ne.jp/pippi/20050820#1124551892

bdfd annex - 超・超・長文!注意!

http://d.hatena.ne.jp/pippi/20050828#1125165226

今回の議論のきっかけはレイコさんのこの辺りから。それらをふまえて自分なりにまとめてみる。以下相当な長文なので注意。長くなったので反応が遅くなったという。

続きを読む

日本のホワイトバンドのバックにはPR会社が

さて次の企画は - ほっとけない! ホワイトバンドで儲けるサニーサイドアップメソッド

http://d.hatena.ne.jp/otokinoki/20050911/p1

ああ、PR会社入ってたんだ! なんとなく納得だよ。PR会社に関するドキュメントといえば、ボスニア紛争の影で活躍したPR会社を描いたこの書籍がお勧め。セルビア人って極悪非道なんでしょ?とか思っている人はこれを読むと複雑な気持ちになれる。

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

「非モテ」という言葉の歴史

小鹿 - モテとか非モテとかあんまり関係ない話

http://d.hatena.ne.jp/fisher/20050910/1126299682

これは自分の実感レベルなので反証があれば教えて欲しいんだけど、98年頃からできて、2001年頃の侍魂のブームなどで確立されたテキストサイト界隈では「モテ」は使われていたものの、「非モテ」という単語は見かけなかった。

明確に非モテと言っているのを見たのは、東大生とかそういうインテリ層だった。http://www.himote.org/ができたのが2002年だ。

そして『電車男』ブーム、そして『電波男』によって、オタクの恋愛がクローズアップされたことによって、こうして非モテ話が盛り上がったと見ている。

普通自分から「モテ」と言うのはよほどの自信がある人でないと言えないから、みんな「モテてない」と主張するようになって、その頃はネタとしての意味合いが強かった。それが「非モテ」と明確化されてから、段々マジ(ベタ)になっていく過程が、この言葉の広まり方とリンクしているのだろう。「ネタからベタへ」という宮台氏の言葉がいつも思い浮かぶ。

※補足

非モテ系日記 Web Ring

http://www.hm.aitai.ne.jp/~c96078/webring/index.html

ここが2000年からあったという報告が。はてなキーワードでもリンクされてる。テキストサイト流れっぽいのだが、自分の見ていたサイトでこのバナーを張ってるところを見たことなかったので、上のような認識に。

モテ系ウェブリング

http://www.menkaishazetsu.com/motekei.html

こんなカウンターがあったので、一部では盛り上がったのだろう。

K_NATSUBAK_NATSUBA 2005/09/10 13:21 himote.orgよりも非モテ系ウェブリングの方が随分と先ですよ。2000年にはもう活動開始してます。<非モテ系日記ウェブリング

otokinokiotokinoki 2005/09/10 13:23 ホワイトバンドってPR会社が入っているというよりも、PR会社そのものなんですよ(笑)

tenkyointenkyoin 2005/09/12 21:13 反白色テロル大連帯(例:http://www.hehehe.net/library/lib/F-00002.TXT)とか97年(資料はウェブにはないかも)とかもっと前から東大にはあったわけだし。僕にはちゃんと自分のやってることが二番煎じだという自覚がありましたよ。ええ。

2005-09-09

『メガネ男子』本

メガネ男子

メガネ男子

http://www.aspect.co.jp/np/contents.do?goods_id=656

猛牛ママ | 書籍『メガネ男子』リリース詳報

http://mo-mama.com/log/2005/09/05-megane.php

これってアスペクトだったんだ。なんかずっと出版社がわからなくてもやもやしてた(笑)。

「モヒカン族」はサブカルだった!

はてなダイアリー日記 - 『現代用語の基礎知識2006』掲載キーワード発表

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050906/1125977464

めちゃくちゃ歪んでるなあ。「モヒカン族」「中二病」「サークルクラッシャー」が入るのか…。「寝言ポエム」が入っていて笑った。

clap your hands everybody! - あれやこれや

http://d.hatena.ne.jp/skyclaps/20050906#1125984274

前半はオタク系キーワード。「モヒカン族」「中二病」あたりからサブカルちっくに。

中二病」はわかるけど、「モヒカン族」ってサブカルなのか…。じゃvoidことKusakabeさんもサブカル!? いや、やっぱりなんか違うよ…。

『闇のイージス』で人権擁護法案ネタが

闇のイージス人権擁護法案を痛烈に批判!!

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1126151339/

10 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2005/09/08(木) 13:50:19 ID:McpIaEm10
ヤングサンデー41号(9・22) 『闇のジーザス』 新章突入
※人権法案の陰謀を画策する教団内の会話

教祖 :「先代の教祖は愚かだった。」
     「北の工作員の乗せられ、テロなんて方法を選んだ。」
     「俺たちはそんな愚は犯さん・・・・・・分かるな?」
     「例の法案はどうなってる?」

信者A:「まもなく国会に提出という段階です。」
     「二万人規模で誕生する人権委員会に、信者が入り込む工作も完成しました。」

信者B:「人権委員の権限は強大です!」
     「差別問題と言えば警察のように礼状を取らずともどこにでも入って行けます!
     「警視庁でも、宮内庁でも!」

信者C:「マスコミは対象外にするという条件で黙らせましたがスキャンダルが命取りの連中です。」
     「個人を標的にするといえばいくらでも意のままです。」
     「何しろこの国は”人権”と言えばみんな黙りますからね。」

教祖 :「遠からずこの国は我々の約束の地となるだろう・・・」

※『闇のジーザス』は同じ作者コンビによる『ジーザス』が一緒になった勘違い

これ明らかに人権擁護法案反対派のすごい妄想がベースなんだけど、はたして本気なのか、それとも皮肉なのかわからない。

この教団はオウム真理教が元ネタなんだろうけど、オウム真理教と北朝鮮絡みネタを出しているのも興味深い。

ビラのHP オウム真理教と北朝鮮の関係

http://posting.hp.infoseek.co.jp/oum.htm

で知ったんだけど、

北朝鮮・拉致事件関連年表

http://boboro-web.hp.infoseek.co.jp/bd203histry.htm

4月23日 オウム真理教村井刺殺事件で、村井を刺殺した徐が犯行直前まで住んでいた家の所有者である女性の姉とかつて同居していた相手は、実は北朝鮮の大物スパイ、辛光洙(シンガンス)であった。

これは知らなかった。

オウムと北朝鮮に関しては、高沢皓司氏*1週刊現代で1999年に書いた記事というのが多分一番詳しいと思われる。この記事を掲載していたサイトは消えていたので、Internet archiveにて。オウムに北朝鮮の工作員が潜入して、オウムは知らずに北朝鮮の工作活動の手先になってしまったというレポート。『闇のジーザス』とかなり設定が似ているのでこれを参考にしたのだろう。これ書籍になればいいのに

http://web.archive.org/web/20031226213710/http://page.freett.com/senmon/hantou/kitachousen/index.html#tainichi

最近の携帯オーディオプレイヤー

asahi.com: アップル、ソニーの携帯音楽2強、新商品で激突?-?デジタル

http://www.asahi.com/digital/av/TKY200509090097.html

この記事を見て知ったんだけど、Rioって撤退してたんだ…。

ネットの記事にはないんだけど、2005年前半期のシェアグラフがあって、アップル、ソニーの二強があって、iRiver、Rio、東芝って感じだった。松下のSDはどのぐらい売れているのかと思ったら4%程度。

ここまではっきりしてくると、サポートのことなんかを考えると大手以外買えなさそうだが、2万円程度の製品なんだから、壊れたら買い換えって感じか。

D&M、MP3プレーヤー「Rio」事業から全世界的に撤退

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050826/rio.htm

NHJが、東京地裁に破産申請を申し立て

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050809/nhj.htm

警官から拳銃を奪おうとして逮捕された人の日記

すいません、拳銃をください

http://kin.ta.ma/giveme/

http://d.hatena.ne.jp/orjp/20050717#p4経由]

静岡県で警官から拳銃を奪おうとして逮捕された人の日記をまとめたサイト。ただしコメント欄は未掲載。未見なのだが、ブログの最後の日のコメント欄が結構盛り上がっていて、意外と温かい言葉が多かったそうなので、それも読んでみたかった。

http://kin.ta.ma/giveme/koudou.htm

この人の行動をまとめたページを見たんだけど、2003年10月に「宮台真司のイベントへ行く」、2003年11月に「東浩紀×宮台真司の対談に行く・感想を東のはてなダイヤリーに投稿」なんてのが。ちょっと興味を持って、日記を読んでみると、宮台真司氏がかなり好きで、他にも斉藤環氏や東浩紀氏の書籍を読んでおり、はてなダイアリーにいても不思議なさそうな大学生って感じが…。この人は一歩間違ったら、この前の中学生のように警官を刺していたのかもしれないと思うと、いろいろ考えてしまうなあ。

http://kin.ta.ma/giveme/kyoumi.htm

興味を持ったものリストを見るとわかりやすい。

http://kin.ta.ma/giveme/200310.htm

10/8の中央大の宮台氏のイベントに行っている。

10/13の日記より。

久しぶりにK様のページを見たら、

ガンスリンガー・ガール』のアニメ評が掲載されていた。

このK様ってKagami氏な気が…。

http://kin.ta.ma/giveme/200311.htm

11/3の都立大での東浩紀×宮台真司対談に行っている。これが投稿したコメント。

『どのような目的で対談が行われたのかよく分からないのですが、率直に言うと「ちょっと不親切だな」という印象を受けました。単に自分の不勉強のせいでよく分からなかった、という部分もあるのですが、大学祭で講演を行うのならば一般の人を対象とした内容のほうが効果があるのではないかと思うのです。私の近くに中年のおじさんが座っていたのですが、2ちゃんねるに関する話題や専門知識を前提とした話題に全くついていけていない様子でした。まあ、対談の題目からしてあのような内容になることは予想がつくのですが、やはりあの題目も含めて、もっと一般に開かれたものであってよかったのではないかと思います。偉そうなことを言ってすみませんでした。では。』

波状言論::はてな出張所

http://d.hatena.ne.jp/hazuma/20031103#c

この日の「Kuni」という人のコメントだった。

※参考

切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダム: 一人のニートが警察に押し入った http://kiri.jblog.org/archives/001409.html

当時の隊長の言及。

*1:『宿命−「よど号」亡命者たちの秘密工作』ISBN:4101355312 の著者。もともと、よど号亡命者を支援していたが、その途中いろいろ疑問に感じてこの書籍を執筆、現在は亡命者達から敵扱い

kanosekanose 2005/09/09 20:14 あー、メタモヒカン族という遊びがサブカルっぽいと(笑)。それなら理解。

umetenumeten 2005/09/09 21:29 >「寝言ポエム」が入っていて笑った。
自分でもびっくりしました。「いや、それ誰も使ってないような気が…」ってな感じでw
てっきりkanoseさんが推薦してくださったのかと。

RURRUR 2005/09/10 07:43 現代を舞台とした福井晴敏氏の諸作品世界ではオウム:ニアリーイコール北朝鮮という設定で共通しているみたいですね。(もちろん仮名で書かれていますが)
どの辺が元ネタなのかと思っていました。

kanosekanose 2005/09/10 10:45 寝言ポエムはいい言葉なんだけど使用シーンが少ないという。推薦とかしてませんよ(笑)■そういえば小説だとそういう設定は多いですね。

2005-09-08

思わず記念撮影

キーワード:非モテ

keyword:非モテを見たら、こんな素敵なラインナップだったので。キーワードグラフ見ると言及数多いなあ。

ホワイトバンドあれこれ

ホワイトバンド偽善だ何だという議論には興味なかったんだけど、興味深い指摘を見かけたのでメモ。

世界の中心で左右をヲチするノケモノ - ホワイドバンドキャンペーンは、聖地シエラレオネのためになるか?

http://d.hatena.ne.jp/plummet/20050904/p3

日本のホワイトバンドだけホワイトバンドを「売る」という要素が突出しているそうだ。

http://www.hatena.ne.jp/1125584148

経由で知ったもの。

MOZAIC: ほっとけない「ほっとけない 世界のまずしさ」の貧しさ

http://mozaic.lolipop.jp/archives/000313.html

ホワイトバンドが主張する途上国の債務放棄などは効果がないという。

この書籍でその辺の詳しい解説がされているそうだ。

Asahi News Paper Reviews 2003/07-09

http://cruel.org/asahireview/asahireviews06.html#easterly

援助関係者の山形浩生氏による書評。イラク人質事件の時にも垣間見えた山形浩生氏のNPO嫌いは現場の人間として感じたものなんだろうなあ…。

多くの人にとって、教育投資が成長につながらない、といった指摘は意外なはずだ。U2のファンは、債務棒引きが無駄だなんて信じられないだろう。心優しい甘い援助こそが途上国をダメにするのであり、冷血な守銭奴に徹したほうが往々にして有益、という指摘もショッキングかもしれない。でもこれはまぎれもない事実だ。援助機関の自画自賛でもない、独善的なNGOの偏った近視眼的な批判でもない、きわめてフェアな開発援助の評価として本書は重要だ。

Daira's Blog:ホワイトバンド

http://blog.livedoor.jp/nodaira/archives/26830724.html

政府系開発金融機関に勤務している人によるホワイトバンドのサイトにある日本の援助の説明に対する反論。

アクセラ昔話

「俺」のターン - アクセラってつぶれたの?

http://d.hatena.ne.jp/kurimax/20050907/1126086812

以前調べた時はデジキューブと同じビルに入っていて、会社は存続していたものの、単に残務整理のためって感じだったような。今はおそらく完全になくなっているのでは。「大笑い」は単なる口癖です(笑)。

代表取締役の小島文隆氏ってどうなったのかなあと思って検索。

N+I インプレスブースにアクセラ社長 小島文隆氏登場

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960725/kojima.htm

アスキーから独立して「アクセラ」を設立した小島文隆氏がインプレスラジオに登場

http://www.watch.impress.co.jp/ni96/960725/kojima.htm

アスキー、8人の役員が退任

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960531/ascii.htm

PC Watchで記事になっていたのか。アスキー離脱組のインプレスで記事になるのが面白い。

SystemSoft Alpha TopPage 〜コラム〜

http://www.ss-alpha.co.jp/column/column.html

システムソフトの8/26のコラムで小島氏に言及が。

塩崎剛三氏は、有言会社アイスコメットの代表取締役をやっていて、『ダービースタリオン04』のプロデューサーをしているらしい。

ゆどうふ本舗

http://www.hi-ho.ne.jp/famibo-t/index.shtml

個人サイト。更新されてないけど。

アスキーのっとり騒動

http://www5a.biglobe.ne.jp/~ninten/ascii.htm

アスキーの騒動ももう9年前か。角川メディアオフィス→メディアワークスといい、この辺の歴史は面倒だ。

アスキーの西氏が取締役を退任

http://yasai.2ch.net/venture/kako/990/990626334.html

そういえば、このスレで西和彦氏本人が登場して話題になり、1ch.tvになったのか…。

hamuhamu 2005/09/09 10:21 その昔ゲーム開発にいた者です。ある日突然全社員を呼び出して説明会をやりました。
真面目に説明しながらも「盗聴器で聞かれているかもしれませんからねー」と
突っ込みを入れるところに、世間知らずのヌルい私は戦慄してこういう世界の生臭さを思い知りました。他にも色々ありましたが割愛します。書ける方はお願いします。
世間知らずのうえ下っ端だったので、表面上の話は知っていてもどういう事情があったのかはさっぱりわかっていませんでした。いまごろになってネットを漁って理解しています。

2005-09-07

津田大介氏と烏賀陽弘道氏による音楽業界トークショー

音楽配信メモ 明日9月7日(水) 円盤@高円寺で烏賀陽弘道さんとトークショーやります

http://xtc.bz/index.php?ID=189

もう今日だけど。

ブログの記事へのお節介気味な非難

焚書官の日常 (4.to_i) - いろいろメモ(日記未満)

http://d.hatena.ne.jp/mutronix/20050907/memo

知り合いが(ほんとに知り合いが、ですよ)近所の川の増水した様子を携帯で撮影してブログに上げたら「なんてあぶないことをするんですか!」とコメントで非難されたらしい。

あー、こういうパターンでの非難があるのか。事故の写真とか火事の写真も、こういう非難が起きそう。

以前考えたのは「酔っ払って自動販売機を蹴った」とか書くと「器物破損です!」って言う人が出るというやつだけど。

インリン・オブ・ジョイトイの政治発言に対する反応

インリン・オブ・ジョイトイの日記:S cawaii - livedoor Blog(ブログ)

http://blog.livedoor.jp/yinlingofjoytoy/archives/50100899.html

インリン・オブ・ジョイトイの日記:8・15から9・11へ平和を願って - livedoor Blog(ブログ)

http://blog.livedoor.jp/yinlingofjoytoy/archives/50112375.html

インリン・オブ・ジョイトイの日記:私は私だからね! - livedoor Blog(ブログ)

http://blog.livedoor.jp/yinlingofjoytoy/archives/50185608.html

杉並区での教科書採択問題に言及したら盛り上がったインリン氏に対して雑誌の取材のオファーがあったそうで、それに関連して言及。

ちなみに、この記事だと、インリンの意見に賛成している人のところだけに変な人がくるように見えるが、、反対している人にも来ている。という訳で、インリンブログにTrackBackすると、もれなくコメント欄に変な人たちがやってくるらしい。

余談だが、この宣伝ブログの文章に笑ってしまった。

『我想卑猥的水着女子』|ワタシのブログです

※このブログの記事の各種リンクは振り込め詐欺サイトなので会社などからのアクセスはお勧めしません

http://ameblo.jp/japan-no-more-war/entry-10003924782.html

ワタシ、正直怒っていますよ!日本人男性はこのような卑猥的水着女子をご覧になって楽しんで勃起しているのですか!?どうみても彼女、まだ幼いチュボぐらいじゃないの?違います?このような女子、異常ですよ。

『AI/HA』その後

ITmedia Games:日本初の代替現実ゲーム「AI/HA」(あいは)ってなに?

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0507/15/news130.html

で話題になった『AI/HA』の現在。

失踪外人ルー&シー - AI/HAは冷たい土の下で

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050906#p2

せ、切ない…。パスワードの断片を集めるというだけではプレイヤーのモチベーションは保ちにくいよなあと思っていたけど。

「有名テキストサイト大全」のバックボーン

http://otomedama.nobody.jp/

ここは一体どういうバックボーンのページなんだろうと思っていたところ、コナン君が推理を。

失踪外人ルー&シー - テキストサイト大全?

http://d.hatena.ne.jp/lu-and-cy/20050905#p1

他人の名前を騙ってサイト作成→逃亡→跡地にできたのがテキストサイト大全って流れですか。

すげえ!(笑) テキストサイト界隈は、名前変えてしれっとサイトを再開する人が多いけど、URL変えないでやる辺りはかなりアホっぽい。

今気が付いたけど、なんでテキスタイルポップ(http://www009.upp.so-net.ne.jp/texsite/)が下請けなんだろう? 中堅以上だと思ってたけど。

ブログの「最初の記事」

音極道茶室: 著名ブログの「最初の記事」を集めてみた

http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000089.html

うわー、自分のところの最初の記事ってそういやこれなのか(笑)。なお、途中メーリングリストでやっていた時期があるので、休眠期間が結構あります。

テラヤマさんは冷麺(http://kowagari.net/diary/)に最初の記事があると思うんだけど、どれが最初かよくわからないや。

極東ブログは、最初はてなダイアリーで、ココログに移り、その後はてなダイアリーはニュースクリップ用になったという経緯があったような。はてなダイアリー時代のログをココログにログ移してるのかどうかは忘れてしまった。

あと、Irregular Expression(http://www.wafu.ne.jp/~gori/mt/)のgori氏って、1997年からサイトをやっていたとは。最近みたいに政治色が強くなったのがMTからなのね。

kanosekanose 2005/09/07 09:45 あ、僕もそこは微妙にひっかかりました(笑)。インターネットはWin95で普及したと言われてますが、実際のところWin95の段階では好き者が多かったということなんでしょうか

DocSeriDocSeri 2005/09/07 10:38 それ以前の人だとむしろパソコン通信主体だったのかもしれませんね。
特にHTMLについては解説書も少なかったのではないかと思います。
実質的に現在の「ホームページ」の礎となったHTML3.2の勧告が1997年1月ですから、本格的にホームページが増えて来たのはこの後ではないでしょうか。

2005-09-06

気になる新刊

小林恭子の英国メディア・ウオッチ アルジャジーラの本がおもしろい

http://ukmedia.exblog.jp/2632550

で知った。

公安化するニッポン―実はあなたも狙われている!

公安化するニッポン―実はあなたも狙われている!

鈴木邦男氏の公安本。

テロ爆弾の系譜―バクダン製造者の告白

テロ爆弾の系譜―バクダン製造者の告白

すごく面白そうな書籍なんだけど、Amazonとか通販で買うと、爆弾事件が起きた時に確実に公安にマークされるの間違いなさげ…。

Getting Things Done(GTD)

本題の効率よく仕事をするための手法GTDに関してのリンク。

Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (1)

http://air.geo.tsukuba.ac.jp/~eddie/2005/05/26/58.html

Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (2)

http://air.geo.tsukuba.ac.jp/~eddie/2005/05/27/59.html

Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (3)

http://air.geo.tsukuba.ac.jp/~eddie/2005/05/28/60.html

Getting Things Done (a.k.a. GTD) part (4)

http://air.geo.tsukuba.ac.jp/~eddie/2005/05/30/61.html

軽く読んだ理解だと、脳の記憶という行為を可能な限り避けて、外部に放り出し、脳を効率よく使おうという感じ。

二次情報を一次情報だと勘違いされないための注意文

[GTD] GTD本ようやく読み終わった (12:05) - いしなお! (2005-08-22)

http://tdiary.ishinao.net/20050822.html#p01

本題も面白そうなんだけど、この注意文が面白かった。

注意!

ここでまとめているGTD関連の話は、GTD本に書かれている内容をそのまままとめたものではありません。ここに書かれているのは、私がGTD本を読んで得た知識を元に、その骨子を応用した仕事管理ツール(プログラム)の仕様を考える試行錯誤の過程です。そこにはGTD本に書かれている内容とは異なる部分も含まれており、ここの文章を元に本家GTDを理解しようとすることはお薦めしません。

書籍の感想などはあくまで二次情報だけど、それを一次情報のように扱われることってネットだと多いからなあ…。当たり前ではあるんだけど、当たり前じゃない人も多いから、センシティブな話題に関しては、こういう注意文をつけるのがいいかもしれない。

2005-09-04

『HUNTER×HUNTER』で分類する個人サイト

最終防衛ライン2 darkside - HUNTER×HUNTERの念六性図に見る個人サイト

http://d.hatena.ne.jp/lastline/20050831/1125463036

最終防衛ライン2 darkside - HUNTER×HUNTERの念六性図に見る個人サイト 具体例編

http://d.hatena.ne.jp/lastline/20050901/1125543181

ウチは操作系なのか…(笑)。

『半島を出よ』は軍事面でのリアリティがあるとか言ってるのは誰ですか

半島をでる?村上龍のむりむり作戦

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1115625189/

2chの軍事板の『半島を出よ』の軍事面を考証するスレ。この小説、君が読むと面白いので…なんて言われていたのだが、軍事考証を見てると、かなり萎えて、読む気を失った。

でも『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』は好きなんだけどね…。『五分後の世界』も真面目に考えると、どうやってUGが成立したのか不思議過ぎるのだが、面白い世界観として受け入れられた。でも、『半島を出よ』は実際の世界が舞台なので、単なるご都合主義に。

日本にどうやって北朝鮮兵が上陸するのかと思ったら、木製の輸送機アントノフ2*1ならレーダーにひっかからないので、それに兵士を乗せてレーダー網をくぐりぬけるらしい。いや、木製といっても、金属部品ゼロじゃないんだし…。なお、この輸送機の航続距離はとても短い。

そして、輸送機部隊に自衛隊が気付く頃には、福岡ドームを制圧して、その観客3万人を人質に取って、輸送機を撃墜しないことを要求するそうなのだが、福岡ドームを制圧する部隊はなんと9人! 大体ドームなんてのは多数の人間がスムーズに出入りできるように入り口がたくさんあるのに、それをどうやって9人で? ロシアでの劇場籠城や学校籠城事件を見ればわかるけど、数百人程度でも4,50人程度の人員が必要だったのに…。

この小説を読んで、日本の防衛は…とか言っている人はとりあえず疑いの目で見ちゃうなあ…。こんな小説を書いている村上龍氏が北朝鮮の専門家扱いされることに福田和也氏はSPA!で批判していたが、それは同感だ。

※参考 ARTIFACT@ハテナ系 - 現代版司馬遼太郎は誰になる?

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050618/nowshiba

ブログの文体について悩むいとうせいこう氏

2005/5/15|readymade by いとうせいこう

http://ameblo.jp/seikoito/entry-10001813857.html

2005/6/19|readymade by いとうせいこう

http://ameblo.jp/seikoito/entry-10002390224.html

いとうせいこう氏ってブログやってたんだ。最近は更新ないみたいだけど。

「開かれた文章」の方がブログ向きで、従来の雑誌などでやっていた完結した文章というのはブログに向かない、自分向きの文体を考えたいという。雑誌のコラムの時は読者がいないものだと思って書いているというのはちょっと意外だった。

駄文にゅうす

http://ariel.s8.xrea.com/news/news_index.htm#03

の文体の話題のリンクを辿っていって発見。

文体と、「面白さ」の質と。 : miamoto.net

http://miamoto.net/archives/000297.html

いとうせいこう氏の記事にインスパイアされて書かれた記事。ここから辿った。ブログは「開かれた文章」のほうが他人が反応しやすいけど、結論だけでもいいじゃないかという意見。

巣窟日誌: ブログの文体の一事例

http://yfden.blogzine.jp/sokutsu/2004/06/post_18.html

いとうせいこう氏とは関係ないが、とある女性の候補者のサイトの文体に対する反応を話題にしたこの記事も面白かった。そういえば、文体から男性、女性を判断することってあんまりないな。大体話題で判断している。

最近のたがみよしひさ氏

ブックオフの100円コミックスコーナーでたがみよしひさ氏の『フェダーイン』(ISBN:4198300038)を見つけて読んでいたら懐かしくなって、最近たがみよしひさ氏は何やってるんだろうと思ったら、こんなところのキャラクターを。

ドコモ東海 Business HUB

http://www.docomo-tokai.co.jp/businesshub/index.html

たがシン〜たがみよしひさ症候群[シンドローム]

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/9145/

漫画はヤングチャンピオンにで『軽井沢シンドローム』の20年後を舞台にした『軽井沢シンドロームSPROUT』を連載しているそうだ。

軽井沢シンドロームSPROUT

http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/karushinsprout.html

この紹介を読むと、なんか切なくなりそうだな。

*1:キューバのAntonov-2; アントノフ2写真集 http://www2s.biglobe.ne.jp/~ito-nori/an-2/indexj.html

FlowerLoungeFlowerLounge 2005/09/05 00:30 日本人の特殊性をあらわすためのエピソードとして盛り込まれております<9人で包囲

もっとも、その特殊性を強調するために誇張されているので、この小説全般と同様、マジに受け止めるのはなんですが(笑)。

audreyaudrey 2005/09/06 00:21  確かに1巻で切なくなって、それ以降は買えませんでした……>軽シンSPROUT。

2005-09-03

ヴィレッジヴァンガードとサンクチュアリ出版は親和性が高かった

新宿にできたヴィレッジヴァンガードに行って、あまりの脈絡のない本棚を見て、こりゃ書店としては特に行く必要はないと判断。

しかし、やけにビジネス書が多いのにびっくりした。「自分の店を持とう」とかそういうの。しかもすごく内容の薄そうな本ばかり…。そしてサンクチュアリ出版の書籍が大量に! こんな書店初めてだよ…。サンクチュアリ出版の説明は難しいので、設立者の高橋歩氏の著者のレビューなどを読んで欲しい。ってキーワードになってるし…。

サンクチュアリ出版のホームページ

http://www.sanctuarybooks.jp/pc/

高橋歩」での検索結果

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E6%AD%A9%2C%20%E9%AB%98%E6%A9%8B

2005-09-02

女性のサイト分類

生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ - 女性の書き手を分類してみる

http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20050829#1125288695

男性の視点での女性が書き手のサイトの分類を知りたいという感じなんでしょか? 自分がよく読んでいる女性サイト自体が少ないので、この記事でされている以上の分類はちょっと無理げ…。

分類を見てちょっと思ったのは、結局男性とあまり変わらないんだなあということ。ReadMe!系はテキストサイト系? 女性に多いといえば、アフィリエイト系、生活系(アフィリエイト系と限りなく近いが)があるんだけどかといって、この辺で有名なサイトってどこよ?とか聞かれるとほとんど挙げられない…。ワーキングマザースタイル(http://www.wmstyle.jp/)なんかは個人というのとはちょっと違うし。

論客にネカマ疑惑のある人が多い話には笑ってしまった。あの人とかこの人とか。Ririkaさんはネカマなんかじゃないよ! 多分女性で本当に高校生だったんだよ! と信じてもないことを言うのはともかく、帰ってきたRirikaさんこと現在プライベートモード中のmRirikaさんは、前の人とは違う人だと思ってた。証拠があるという訳ではなく、文章から前の人と同じ匂いがしなかったという直感のみの判断だが。本人だって保証してくれる人も誰もいないしねえ。多分これからも、Ririka3号、4号が出てくるに違いない。このテの話題は、自称してないのに読者が勝手に誤解した作戦をとる人もいるので気を付けたいところだ。

ニュース系でも、wtbwはお笑い・バカネタニュース系で、nopikoメモは人文・社会ネタニュース系って感じが。

記事では紹介されてないが、自分が知っているサイトで認知度が高そうだと思っているサイトをピックアップ。

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

http://abcdane.net/

アメリカのおバカなニュースならここ。

ザイーガ

http://blog.livedoor.jp/parumo_zaeega/

バカ・変態・エロ・グロニュースサイト。

Beltorchicca

http://www14.big.or.jp/~onmars/

いつも切れ味の鋭い記事を書くデミさん。

イブ・クラインのモノクロームのために

http://keshiki.rdy.jp/blog/

感想多めのニュースサイトのハラさん。

フナニチ

http://d.hatena.ne.jp/funacco/

個人サイトでの話題中心のニュースサイト。

一軒家@メモ帳

http://d.hatena.ne.jp/tetotan/

同じく個人サイト系。個人ニュースサイト寄り。

cat@log

http://catalog.typepad.jp/catalog/

1ヶ月近く最近更新してないけどどうしたんだろう。

baddreamfancydresser

http://bdfd.net/

ドラマ感想サイトの偉い人、れいこさん。はてなではid:pippi

ねこになりたい。

http://d.hatena.ne.jp/SNMR/

更新停止しちゃったけど。

アクティブにいきたいねと思いつつ日記

http://d.hatena.ne.jp/fujiko/

読書日記だったのに、最近はすっかり旅行記。

オタで百合好きで仮面浪人生な女子大生の日記。

http://d.hatena.ne.jp/dilettante/

あれ、いつのまにかコメント欄が閉じてる。コメント欄が負担だったのか…。

ゆーかの隠れオタク生活!

http://d.hatena.ne.jp/yu-kakure/

女性オタクの日常身辺雑記。

jituzonjituzon 2005/09/07 10:11 うおお! すっかり見逃してました、この日の記事。私の知らないいろんなサイトを挙げてくださってどうもありがとうです。これからさっそく見学に行ってきます!