Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

日記一覧 注目エントリー 人気エントリー

2005-09-09

『闇のイージス』で人権擁護法案ネタが

闇のイージス人権擁護法案を痛烈に批判!!

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1126151339/

10 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2005/09/08(木) 13:50:19 ID:McpIaEm10
ヤングサンデー41号(9・22) 『闇のジーザス』 新章突入
※人権法案の陰謀を画策する教団内の会話

教祖 :「先代の教祖は愚かだった。」
     「北の工作員の乗せられ、テロなんて方法を選んだ。」
     「俺たちはそんな愚は犯さん・・・・・・分かるな?」
     「例の法案はどうなってる?」

信者A:「まもなく国会に提出という段階です。」
     「二万人規模で誕生する人権委員会に、信者が入り込む工作も完成しました。」

信者B:「人権委員の権限は強大です!」
     「差別問題と言えば警察のように礼状を取らずともどこにでも入って行けます!
     「警視庁でも、宮内庁でも!」

信者C:「マスコミは対象外にするという条件で黙らせましたがスキャンダルが命取りの連中です。」
     「個人を標的にするといえばいくらでも意のままです。」
     「何しろこの国は”人権”と言えばみんな黙りますからね。」

教祖 :「遠からずこの国は我々の約束の地となるだろう・・・」

※『闇のジーザス』は同じ作者コンビによる『ジーザス』が一緒になった勘違い

これ明らかに人権擁護法案反対派のすごい妄想がベースなんだけど、はたして本気なのか、それとも皮肉なのかわからない。

この教団はオウム真理教が元ネタなんだろうけど、オウム真理教と北朝鮮絡みネタを出しているのも興味深い。

ビラのHP オウム真理教と北朝鮮の関係

http://posting.hp.infoseek.co.jp/oum.htm

で知ったんだけど、

北朝鮮・拉致事件関連年表

http://boboro-web.hp.infoseek.co.jp/bd203histry.htm

4月23日 オウム真理教村井刺殺事件で、村井を刺殺した徐が犯行直前まで住んでいた家の所有者である女性の姉とかつて同居していた相手は、実は北朝鮮の大物スパイ、辛光洙(シンガンス)であった。

これは知らなかった。

オウムと北朝鮮に関しては、高沢皓司氏*1週刊現代で1999年に書いた記事というのが多分一番詳しいと思われる。この記事を掲載していたサイトは消えていたので、Internet archiveにて。オウムに北朝鮮の工作員が潜入して、オウムは知らずに北朝鮮の工作活動の手先になってしまったというレポート。『闇のジーザス』とかなり設定が似ているのでこれを参考にしたのだろう。これ書籍になればいいのに

http://web.archive.org/web/20031226213710/http://page.freett.com/senmon/hantou/kitachousen/index.html#tainichi

*1:『宿命−「よど号」亡命者たちの秘密工作』ISBN:4101355312 の著者。もともと、よど号亡命者を支援していたが、その途中いろいろ疑問に感じてこの書籍を執筆、現在は亡命者達から敵扱い

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。