Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2005-10-29

『脱オタファッションガイド』書籍化に抗議の声

「脱オタファッションガイド」(http://www.oxiare.net/)は昔からネットを見ている人なら知っているけど、管理人のクゼナルド氏が他サイトからの盗作騒動を起こし、一度閉鎖している。

書籍化するという話を聞いた時、書籍化するんだから、その辺の騒動は終結しているのだろうと思っていたのだが、どうもそうではなかった。

で、書籍の感想を読むと、基本的にサイトの内容と変わってないらしい。そうなると、盗作を認めた部分も書籍に掲載してそうだ。今日書いた予想はもっと前から考えていたんだけど現実化してるなあ。書籍化を考えた人たちは、あの盗作騒動を知らなかった?

いちからはじめるファッション入門マニュアル

http://at-fashion.com/

当時の関係者はトップページで抗議を。

また、久世氏の製作していたサイトで、01年に、久世氏が当サイトを盗作・剽窃したという事実が発覚したという問題があります。当時、話し合いの場が持たれました。その場で久世氏は一度剽窃を認めたのですが、その後説明のないまま「当サイトは一時的に閉鎖させて頂きます。更新時期は未定ですが、その時にこの一連の事実関係について明らかにします。」と書き残し、サイトを閉鎖してしまいました。

しかし、ほとぼりが冷めたこともあってか、久世氏はサイトを何事もなかったかのように戻してしまい、あまつさえ書籍化にまで踏み切ってしまいました。

これが本当ならいい加減だなあ。

※これは謝罪文を見ると、当人も認めている

『いちからはじめるファッション入門マニュアル』 の皆さまと読者の皆さまへのお知らせ

http://www.oxiare.net/info/

書籍化にあたってあらためて謝罪文を掲載しているが…。

※この謝罪文は「いちからはじめるファッション入門マニュアル」に抗議文が掲載されてから、掲載されたそうだ

抗議文を受けて、謝罪文では以下のように反応している。

 そしてその際、私は読者の皆さまに 「当サイトは一時的に閉鎖させて頂きます。更新時期は未定ですが、その時にこの一連の事実関係について明らかにします」 とお約束いたしましたが、それを今日まで果たしてきませんでした

脱オタクファッションガイド

脱オタクファッションガイド


ICCでised特別編

トーク・イヴェント「isedICC:情報社会をオープン にする」

http://www.ntticc.or.jp/Schedule/2005/PossibleFutures/Talk/talk04_j.html

インターネット文化の多様な批評家と制作者が一同に会する国際大学 GLOCOM「情報社会の倫理と設計の学際的研究会」(ised)の特別編として,情報社会のオープン化というテーマについて,コモンズやオープンソース,そしてメディア・カルチャーといったキーワードと絡めて議論する.

日時:11月6日(日)午後2時より

会場:ICC 5F ロビー

定員:150名(当日先着順)

入場料:無料(展示をご覧になる場合は,別途入場料が必要です)

東浩紀(批評家・哲学者),鈴木健PICSY),白田秀彰(法学博士)

メンバーが最初の発表の時と変わった気がするが気にしない気にしない。

ダン・ギルモア氏のブログ認識

asahi.com: デジタル 対談〈ブログ〉 従来のメディアとどう融合

http://www.asahi.com/digital/column/column01.html

ダン・ギルモア氏と伊藤穰一氏の対談。伊藤穰一氏はいつものように同じ話なのだが、ダン・ギルモア氏の認識が興味深い。

ギルモア 以前、「2ちゃんねる」の管理人にも会って、日本にも独自のネット文化があると感じた。昨年来日したとき、ブログ作成者(ブロガー)の集会に出たが、まだ在留外国人の方が多かったようだ。

なんかすごい誤解が(笑)。すいません、アメリカ人の講演に行きたがらない内向き日本人ばかりで。

ギルモア ほとんどは個人的な内容を書いている。米国が進んでいるように言われるが、私の本が米国で出た昨年は、米大手メディアは全く取り上げてくれなかった。

アメリカの人でも、こういう認識の人いるんだなあ。そりゃ個人サイトの大半は個人的な内容を扱っているはずなのに、その辺を見ないことにしている人が多い。アメリカの主要メディアは別にブログに大きく注目している訳ではないというのは興味深い。もしかすると、日本の方が熱高いんじゃ?

ついでにブログ騒動当時の当時の2ちゃんねるのログ。今読むと面白いなあ。

blog★ブロッグ

http://dontstopmusic.no-ip.org/1037028447.html

これを読んでいると、当時はツールはともかく「ブログ」という名称が根付くとは思わなかった。「ブロガー」だって蔑称だったのに、いまやみんな自称する。「オタク」という単語みたいだ。

劇場型性格と関西人の違い

kom’s log ”劇場型性格”とブログの関西性

http://d.hatena.ne.jp/kmiura/20051029#p1

ブログのスタイルを関東人と関西人にわけるという考え方は面白いんだけど、ここでいう「関西人」と、自分が想定した「劇場型性格」はちょっと違ってまして。

関西人というのは自分を笑いものにするのに抵抗ないけど、劇場型性格は自分を笑いものにするのは許せない。関東人のようにクールを装ってるんだけど、装ってる割には、観客の視線を意識しまくり。その辺のギャップが面白がられるという。プライドの高い人がなりがちなんじゃないかな。

あとは絶対謝罪しないとかもこの範疇に入りそう。普段、人の失言を厳しく追及してるんだったら、自分も失言した時はすぐ謝らないとね!

今後起きそうなトラブルを予想

2ちゃんねるやブログの文章が、実はどこかの著作物の転載だと気付かずに、出版社が書籍を出す。出版されてから気付いた著作権者が出版社に抗議する。

切込隊長のライトノベル分析

まいじゃー分室〜トンボのメモ帳〜 - 誰に向けて売られるライトノベルなのか?

http://d.hatena.ne.jp/tonbo/20051024#p1

最近、切込隊長山本一郎名義でソフトバンクからライトノベルを出したんだけど、その価格から誰に対して売られているのか?という話題に本人が登場(笑)。

なお、献本していただいたけど、まだ読んでません。フィクションは後回し気味なもんで。

石原都知事が『ロッキー』はけしからん映画だと批判

残虐ゲーム:石原都知事が「あまり効果はないんじゃないの」 実効性は期待薄

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gamenews/news/20051025org00m300112000c.html

ゲームの話題なんだけど、こっちが面白かったので。

さらに「問題はテレビゲームだけじゃない」と切り出し、「けしからん映画」として「ロッキー」をヤリ玉に挙げ、「あんなヘビー級同士のボクサーが殴り合ったら死んじゃうのに、一向に死なない」「肉体のリアリティーを欠いた映画」と、青少年への影響を指摘した

短い文章なので編集の問題も予想されるけど、これすごいなあ。テンプレを作りたい。よっぽど『ロッキー』が嫌いというのは間違いない。

iPod、ハイエンドオーディオ相手に健闘

2000万円の超高級オーディオにiPodが挑戦 “iPod VS JBL&Mark Levinson” / デジタルARENA

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20050930/113716/

企画を見た当初、え、圧縮音源(iPod)と非圧縮音源(CD)で比較するの?と思ったんだけど、iPodも非圧縮音源のWAVデータで比較していた。

スピーカーは、JBL Project K2 S9800SE。あのすごく大きいやつか。JBLというと、元気の良い音のイメージがあるけど、以前ヤマギワでProject K2を聞いた時はすごく繊細な音を出していた記憶がある。

最新更新でiPodとMark LevinsonのNo.390SL(CDプレイヤー)の対決をしているんだけど、なかなか健闘したそうだ。音源がバッテリーなのでノイズが入らない、iPod shuffleなら駆動部分がない、iPodでもHDDなのでCDより駆動部分が少ないという利点がある。

しかも、iPod shuffleはライン出力がなく、ヘッドホン出力なのに健闘。ヘッドホン出力はすでに増幅されているため、ライン出力に比べてピュアではないのだ。

とりあえず素人耳でも、どのぐらい差がわかるかという面白いテストになっているとは思った。

※参考

iPodの音質は携帯オーディオ機器の中で特別良いものではない。逆に良くないという意見も多く、津田大介さんは音質だとiRiverを勧めている。

Don’t lose your temper - iRiver H320を買った

http://d.hatena.ne.jp/ozric/20050603

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/29 15:28 ぼくはiAUDIO信者なので、iPodの音質は認めません。

『劇場型性格』っていうのは、『ハンドル』を相対化できるか否かだと思いますよ。

kanosekanose 2005/10/29 15:45 携帯オーディオ機器の中でiPodの音質がいいと言いたかった訳ではないので追記しました。

kimllakimlla 2005/10/29 18:04 ふと、『面堂終太郎型』と『諸星あたる型』という類型分類が浮かびました。>劇場型と関西人型
いや単なる思い付きですが。

kyoumoekyoumoe 2005/10/29 20:53 何か最近揉め事がおおいね。

とおりすがりとおりすがり 2005/10/30 02:21 その謝罪文自体が「いちからはじめるファッション入門マニュアル」に抗議文が載ってからアップロードされたものです。
つまり、加野瀬さんの認識は逆で、抗議文が載ってあわてて謝罪文を出した、というのが実情のようです。
謝罪文の方に日付が載ってないのはそういうミスリードを狙ったものではないでしょうか。

kanosekanose 2005/10/30 02:28 うわー、そうだったんですか…。訂正しておきます。

strangestrange 2005/10/30 19:09 Haru’s トリビアあたりが書籍化されるんですか?

kyoumoekyoumoe 2005/10/31 22:33 人のサイトをパクっておいて、
「閉鎖しました、別のサイトを開設しました、こっちはパクってません」
って言ったって何の信憑性もないよ。
まったく関係ないジャンルならともかく、同じファッションを扱うサイトを開設したということは
どっかでパクッた内容を使用している可能性も十分あるわけ。
それは厳しすぎるという人もいるかもしれないが、それならちゃんと説明責任を果たせばいい。
果たせてないでしょ、今現在。
パクられた人は何の説明もされてないって聞きましたよ。
そんなんで本を出す神経が信じられない。
出版社の方のblogも「盗作じゃないんですか?」と書き込まれたとたんTBとコメント欄を閉じるという誠意のかけらもない手段に出ているので、著者と出版社がグルになって盗作問題をもみ消そうとしているのは明らか。
最低でも問題の当事者にはちゃんとした説明をするべきだ。

shibakushibaku 2005/11/01 01:16 のまネコはパクリじゃありません!

matsunagamatsunaga 2005/11/02 12:52 インスパイヤ!いんすぱいや!

toorisugaritoorisugari 2005/11/03 08:22 >今後起きそうなトラブルを予想

すでに似たようなのが起きてますよ。
http://key.cube-web.net/archives/2004/03/22065650.php
この時の当事者も深水英一郎ですね。

requiem7requiem7 2007/07/07 08:06 山本一郎から本をもらったという事実も有るんですね。

2005-10-27

週刊オブイェクトのコメント欄で曲解されているのでコメントした

のまねこ問題で町村教授の指摘小倉秀夫弁護士、ひろゆき氏を名誉毀損」 : 週刊オブイェクト

http://obiekt.seesaa.net/article/8390662.html

ARTIFACTが中立だとは到底思えん

自分の好きなライターが怒ってるからそれに迎合してるだけだろ、アレ

「エロゲが攻撃された!!」ってファビョってるだけだぞハッキリ言って。その怒りが正当かどうかとか本気で考慮されてるかかなり疑問なんだが

kanose氏自らネット弱者のようなあからさまにJSF氏を陥れようとしてる書き込みにあっさりと迎合してるし……

Posted by 名無しT72神信者 at 2005年10月27日 12:52

と、なんか好き放題書かれてたのでコメントしてきた。

>ARTIFACTが中立だとは到底思えん

>自分の好きなライターが怒ってるからそれに迎合してるだけだろ、アレ

>Posted by 名無しT72神信者 at 2005年10月27日 12:52

中立かどうかは読者の方に判断に任せるとして。

高橋直樹さんのゲームは申し訳ありませんが、プレイしたことないですよ。はてなダイアリーは拝見させてもらってますが。その程度でも「好きなライター」というのなら仕方ありません。

ネット弱者さんの「キャラ対談が寒い」という意見に対して、キャラ対談を寒いと思っているオタクもいると伝えたかっただけで、別にJSFさんをことさら貶めようという気はありません。自分の美的センスに合わない、という話をしただけです。

今回の一件は「無能な働き者」というのは、ほんと足を引っ張るなーと実感させてくれる。

※追記

>加野瀬さん

>>「好きなライター」云々

 事実誤認は失礼しました。

ですがその釈明はあなた1人にしか通用しません。

あなたのHPに書き込まれてる他の方々に関しては微妙なところでしょう。

 なお「好きなライター」を「自分の趣味」などといった風に変えた時

あなたが潔白だかはかなり怪しいと考えますが。

>>「キャラ対談が寒い」云々

 これに関しては同じ事でしょう、明かに恣意的な意見がだされそれに同調した。

自分は中立なつもりでも端から見れば「この人は恣意的な意見に同調するんだな」と映ります。

スルーが正解だったでしょう。

 さらに言うならどういう経緯であの発言が出たかについて全く調べてないとお見受けしたのですがいかがでしょう?

 本件に関しても10/15の続きとして見た場合と10/22を単体で見た場合では

JSF・トニオ両氏に関する印象がかなり変わりますが

その辺りを吟味されたようにも見えません。

 結局、あなたはそこに居たる経緯などには目もくれずに目についた行為を悪と断定して叩こうとした。

そしてその為にネット弱者氏から出されたネタに飛びついたと。

 これが彼に同調した理由に見えましたがねぇ。

Posted by 2005年10月27日 12:52 の名無し at 2005年10月28日 19:32

潔白とかすごい物言いだー(笑)。JSFさんのブログで延々続けるのも悪いので、こっちに書いておこう。

この人以外にも、エロゲーに親近感が…みたいなことを言う人がいて、確かに自分はエロゲー雑誌の編集長をやっていたから、普通の人よりエロゲーに親近感があるほうだろう。とはいえ、もうエロゲーは近年のエロゲーはほとんどプレイしてないし、エロゲー業界とは随分縁がなくなっている。

だから、あの書き込みが「エロゲーライター」ではなく、「AV監督」でも何でも、肩書きが入っていたら、取り上げたことだろう。

劇場型性格

はてなブックマーク - NWatch ver.4 - もう何も分からない

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/rir6/20051026/1130263842

2005年10月26日 lazarus_long 『[RIR6くんLOVE]劇場型性格であることの重荷』

より。「劇場型犯罪」の転用なんだろうけど、いい単語だ。

そういう性格の人ってウェブでよく見かけるよなあ。一般的には自意識過剰といわれるんだろうけど、ウェブにおいてはこっちのほうが的確な気がする。

自分のネット上の言動や行動が、観客(閲覧者)によって左右されまくる人。観客(閲覧者)が大きな反応を示す方向をついつい選んでしまう。問題が起きた時には、しなければいい余計な言動をして、ますます事態を悪化させたりする。

こういう人って、TrackBackやアクセスログは見てないと言いながら、明らかに見ていないとできない言動とかしたりするのが面白い。

アフィリエイトプログラムを使っているインディーズバンド

Meridian Rogue j-popインディーズバンド

http://meridianrogue.com/

「お願い」のところ。

こういうシステムがあるとファンは応援しがいがありそう。ただ、そう数が出る訳でないだろうから、ビジュアルアーツみたいに一律価格でのバナー広告でもいいかもしれない。ビジュアルアーツは1ヶ月3000円だっけ。

アクアリウム

アクアリウム

SIN

SIN

Amazonでも取り扱っているんだけど、ステータスを見るとどうも在庫がないようだ。インディーズはショップよりもこういう通販で取り扱ってくれるほうがいい気がする。ロングテール理論が恩恵を受けられるのはインディーズなんだし。

テレビ朝日の「THE STREET FIGHTERS」に参戦してるそうだ。

http://www.street-f.net/artist/index_artist.php?artist_id=813

URLではてな内言及を見ていたら、mixiでボーカルさんのあしあとがあったから見たという人が。そうか、それも宣伝になるのか…。

イケメンになれたらイイナ! - Meridian Rogue

http://d.hatena.ne.jp/kuwa/20051014/p1

Sugar - 眠いので寝ます - - Meridian Rogue

http://d.hatena.ne.jp/popmoon/20051017#p1

笹原更紗笹原更紗 2005/10/28 13:31 トニオとJSFとМышкиは同一人物で、かつてhttp://benli.typepad.com/annex_jpのコメント荒らしをしていました。

shibakushibaku 2005/10/28 13:57 な!なんだってー!!!!!!!!11

an-shidaan-shida 2005/10/28 16:20 立ち位置が第三者気味だったキリルマンはともかく、トニオとJSFを同じ人物がやっていたとしたら、紛れもなく才能だ。ジニアス!!

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/28 16:35 うわ、それってなんか大変すぎるなぁ、俺。

kyoumoekyoumoe 2005/10/29 14:52 全部俺が命令した(´ー`)y-~~すべて俺の手下

kanosekanose 2005/10/29 14:53 kyomoeさんを倒してもその背後に誰かいるに違いない!

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/29 15:23 あー、そのRPG途中で飽きそうだなぁ。

2005-10-26

飲食店専門媒体によるメイド喫茶記事

以前に話題になったけど、今回の絡みで紹介。飲食店向け専門媒体によるメイド喫茶の記事を読んでみたいと思っていたので面白かった。

メイド喫茶開業ラッシュ! 萌えバブルは頂点へ!!(1)」フードリンクニュース

http://www.foodrink.co.jp/backnumber/200507/050724.html

メイド喫茶開業ラッシュ! 萌えバブルは頂点へ!!(2)」フードリンクニュース

http://www.foodrink.co.jp/backnumber/200507/050724_2.html

これを読むと、メイド喫茶は料金を喫茶店以上のものにできない割に、人件費がかかるので、なかなか儲からないようだ。

これは2004年のもの。

フードリンクニュース・「アキバから全国へ!萌える「メイド喫茶」増殖中」

http://www.foodrink.co.jp/backnumber/200408/news0801j-3.html

アンナミラーズのカリスマ・ウェイトレス(という言葉があるかわからないが)から、本当にタレントになった女性もいると聞く。

そういや、そういう人いたよなあ。名前思い出せないけど、当時のMLで話題になったはず…と思って調べたら「村上綾歌」という人だ。思い出した。

サイトを見つけたんだけど、現在は何をしているのかいまいち不明。

村上綾歌ホームページ

http://www.ayakamurakami.com/

当時の自分の投稿を引用。

今のメイド喫茶ブームは、どうも90年代前半の格闘ゲームの時のコスプレヤーブームと構図が似てる。「格闘ゲーム+コスプレイヤー」だったのが「エロゲー+コスプレイヤー」に。

From: kanose 
Date: Mon, 25 Oct 1999 05:48:03 +0900
Subject: [artifact:00555] Re: コスプレさんでアンミラさん

[544]さ〜むらさん
> ちょい前のSPA!の巻頭カラーで載ってたどこぞのアンミラで店員やってるコスプ
> レイヤーの人でした。SPA!もそこまでやるですか、てなぐらい呆れたおぼえが。

SPA!に載ったのは、巻頭グラビアと中森明夫文化新聞ですから、どちらも中森
明夫氏が絡んだページですよね。わかりやすいというか…(笑)。

同人誌を見た時は、あんまりかわいくなかった気がするんですが、プロの撮影し
た写真で見ると、それなりにかわいいですね。

最近、コスプレイヤーの人から話を聞いたんですけど、ストーカーとかそういう
のはきちんと警戒しているみたいです。さ〜むらさんが言うような勘違いさんも
いるでしょうけど、大半がそういう人ばっかりという訳ではないようです。
自分の会った人だけかも知れませんが、意外と冷めてますよ。

ステージママが、アイドル志望の女の子にウケてる作品のコスチュームを着せて
コスプレ業界参入、でも女の子当人はコスチュームが何か全然わかってないなん
て例もあるとかで、コスプレ業界とアイドル業界というのは妙なリンクをしてい
るみたいで。

コスプレ業界というのは、様々な欲望が集中していて、話を聞くと、なかなか興
味深い場所です。
そうそう、萩原一至氏がなんであんなにコスプレ関係にお熱をあげているのか、
情報募集!(笑) 確か去年の冬コミでコスプレ写真集を出してましたよね。

トモミチさんが12月号のピュアガールのコラムでネットアイドルの事を書いてき
たんですが、こういう現象はインターネットのような個人でも情報発信できるよ
うな媒体ならではで、「プライベートアイドル」という大きなジャンルに括れま
す。コスプレ業界もインターネットが普及して、アイドル化が進んでいますし。
コスプレの人たちの場合、コスプレしたいというのが一番の目的で、有名人化は
二次効果だと思うんですけど、ネットアイドルの人たちはもう純粋に「有名にな
りたい!」ってだけだから、何だかなー感が漂うんじゃないでしょうか。

じゃマ〜ルでの恋人募集欄で起きた現象をレポートした『ペーパーアイドル』と
いう本があるんですけど、これには普通の女性が急にアイドル化した時にど
うなるか?というサンプルがたくさん掲載されていて面白かったです。じゃマ〜
ルの恋人募集欄に掲載された女性は、平均して200通ぐらいの男性からの手紙や電
話によるアクセスを受けて、一時的にアイドル状態になるんですよ。レポートで
は、上手くいい人を見つけたり、味をしめて、また応募を繰り返したり……とか、
いろいろな人間模様がありました。
『ペーパーアイドル』を読んだ後、じゃマ〜ルを見たら、男性の彼女募集ばっか
りで状況はすっかり変わってましたね。あれはあれで見ると壮観なんですが。

別冊宝島のネット恋愛系の本が出ていたんですが、ネットアイドルの座談会なん
つーのが載ってましたよ>トモミチさん
読んでいたらトホホ気分に浸れました、マル。

すべてのメイド喫茶が水商売であるかのように言うのは、いくらフィクションと銘打っていてもメイド喫茶関係者に迷惑−メイド喫茶と風営法−

最近、そういう話題が続いているけど、ここはメイド喫茶ブログではありません!(一応)

まず、今日松山のメイド喫茶に指導が入ったけど、これで基準が明確になりそうなのでそれを引用。

asahi.com: 客とトランプは「接待」 松山のメードカフェを指導?-?社会

http://www.asahi.com/national/update/1026/OSK200510250104.html

 愛媛県警は、女性従業員が客とテレビゲームをしたり、トランプをしたりするサービスが風営法の接待に該当すると判断した。カフェの店長は「メード姿のサービスは続けるが、あくまで『喫茶店』として営業を続ける」と話している。

 福岡市内の2店では、女性従業員がコップを持って客に飲み物を飲ませるサービスなどが接待にあたると判断された。指導を受け風俗営業の許可を申請している。

 発祥地の秋葉原を抱える警視庁は「今のところ、風俗営業の許可申請をするよう指導していない」としている

ゲームはやばりまずいと。福岡の店は東京と同じサービスっていわれていたけど、これ普通なんだろうか?

※前回のもの

スポニチ Sponichi Annex ニュース 社会 福岡で「メイド喫茶」に警察が警告

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/10/16/01.html

で、haikyoさんからこんな指摘があったので、それをふまえて。

monotone 仕事にするということ

http://d.hatena.ne.jp/haikyo/20051025#p1

kanoseさんはお客の人の立場で、Hayashidaさんは経営者つうかそこで働く人の立場なんだな

メイド喫茶という業態において、お客の人の意識はあくまで「メイドさんのいる喫茶店」であり、制服の可愛い飲食店の延長上にあるのに対し、それを職業とする人にとっては「メイドさんのいる店」であるのだろう

お互いの視点は確かに違いますね。メイド喫茶は「飲食」よりも「店員」に比重が高い店だとは思います。

さて、Hayashidaさんが書いている「メイド喫茶に明日はあるの?」は働く人の立場の視点であっても、「フィクション」という手法は果たして、その働く人の立場のためになるんでしょうか? 問題意識がよくても、手法が悪ければ批判されます。

ゲームセンターに明日はあるの? - メイド喫茶に明日はあるの?(その1)

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20050919/1127398423

ゲームセンターに明日はあるの? - メイド喫茶に明日はあるの?(その2)

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20050926/1127742424

ゲームセンターに明日はあるの? - メイド喫茶に明日はあるの?(その3)

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20050929/1128002021

ゲームセンターに明日はあるの? - メイド喫茶に明日はあるの?(その4)

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20051016/1129487008

認識と問題点

以下箇条書きにて。

  • 「接待」の範疇にはいるような過剰な接客をしているメイド喫茶は、風営法に申請しないと警察が摘発するかもしれない
  • ただし、そういうメイド喫茶は少数であって、大半ではない
  • その少数のメイド喫茶を批判するために、フィクションという手法を取って、事実ではないと断りながら、まるでどこのメイド喫茶風営法申請が必要であるかのように扇情的に書くのは、大半のメイド喫茶の関係者に迷惑
  • 水商売で働く女性とメイド喫茶で働く女性の意識は確実に違う
  • 水商売は高給のために様々なリスクを考慮して働いている
  • メイド喫茶で働く女性は、水商売のようにリスクが高い業種ではなく、コスプレができる喫茶店でとして働いている
  • フィクションといっても、「Piaキャロット」は実際にあった店舗であり、その店舗を実際と違う描写にするのは、現在はないとはいえ、当時の店舗の関係者に失礼

Piaキャロットレストランで働いていた方ではないけど、参考までに。

99が指定した玩具を100が買うスレッド28

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/toy/1124714037/449-462

451 名前: ◆ChitoseY86 [sage] 投稿日:2005/10/23(日) 21:15:17 ID:ZlszzH2Y0
失敗。

>>450
な、なにそれ!?
この悪意に満ちた週刊誌やマスゴミのようなミスリード&ちょうちん記事??

突っ込むのも野暮かもしれませんが、個人のブログとはいえあんまり馬鹿な事を書いていると

 訴 え ま す よ 

この◆ChitoseY86というコテハンさんは、Piaキャロットレストランの後にできた『ギャラクシーエンジェル』をイメージした「喫茶エルシオール」でウェイトレスをしていた方のようです。

457 名前:ぼくらはトイ名無しキッズ[sage] 投稿日:2005/10/24(月) 00:27:38 ID:Ha/13UDl0
http://www.pluto.dti.ne.jp/~rinou/
10月22の日誌参照

これも参照
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051022/piacarrotrestaurant
>フィクションといってるものに突っ込むのも野暮かなと思いつつ。
>『Piaキャロットにようこそ!』をモデルにした「Piaキャロットレストラン」は1999年に期間限定で秋葉原のゲーマーズスクウェア店の6Fで営業していた店。
>当時取材で行ったけど、無秩序に撮影が行われているというほどではなかった。もちろん盗撮していた人間がいた可能性は否定しないが「無法地帯」というのは言い過ぎ。
>また、5Fにはコスパ、その下にはゲーマーズが入っていたが、18禁商品は扱ってなかったと思う。特に実写系のアダルト商品はなかったので、コスプレAVはなかったはず。

Piaキャロットレストランはその後、ギャラクシーエンジェルをイメージした「喫茶エルシオール」になり、
そこで念女もエンジェル隊のコスをしてウエイトレスをしてた想い出の場所。
その想い出の場所であたかもストーカー被害にあっていたとか、盗撮が日常的に行われていたとかいう風に
捉えられる記事を書かれたら頭にくるのも仕方がないと思う。
てゆか、俺も切れかけた。


>その後、そのお店は閉めたり名前が変ったりして
>「Cure Maid Cafe」というお店になります。
ここにも実際にあるメイド喫茶の名称が使われている。
当然経緯は嘘八百

ゲームセンターに明日はあるの? - ということで今日は。

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20051021/1129914586

「俺さぁ、最近ヲタ(っつーかカメコ)に怨まれてんのよ」とメイド喫茶騒動の話をすると、

「げー、マジ?アタシの友達もメイド喫茶で働いてるんだけど」

と、その友達に速攻でメールを打つお嬢ちゃん。

そうやってウエイトレスさん達の間で情報が共有されていけば、大きな問題になる前に事態が改善されると思うんだけどねえ。

一部の店の問題が、全体の問題だと誤解されてないことを祈ります。

二人ともきっと俺なんかよりよっぽどメイド喫茶が好きなんだと思ったよ(´Д`)y-~

haikyoさんの文章より。僕は行った街にあれば行く程度でして。間違った情報が広まるのを防ぎたいのですよ。

Hayashidaさんはメイド喫茶は別にどうでもいい、働く女の子のことが大事だと書いてます。

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20050929/1128003711

「働いてる女の子」に罪は無いですから、ちゃんと指摘するところはしとかないと。とは思います。何はともあれ女の子を泣かせちゃいかんよ。「メイド喫茶」は自体はまぁ、どうでもいいっす。

でも、一部のメイド喫茶の問題をクローズアップさせるために、普通のメイド喫茶で働いている女性を怒らせてしまっては…。

ゲームセンターに明日はあるの? - どうも誤解があるようなので。

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20050930/1128073713

これは続きを書かねぇよ!という意味ではなく、「人が穏便に事を進めようと『作り話』ってことで話し進めてるってーのに、こんな騒ぎにしおって。このまま騒ぎを大きくして(現実世界で)何が起きても僕ぁ知らないよ」って事です。

穏便に話を進めるためにフィクションという手法が良かったとはとても思えません。逆に、扇情的に書いて、話題になろうという意図を感じます。

余談

http://d.hatena.ne.jp/haikyo/20051025#c1130272813

# samoku 『hayashidaさんは女の子を守りたくてしかたないんだなと思った。本当は水商売どころか女の子を陵辱するような妄想さえ存在を許したくないんだろう。経営者の責任を説くのとは別に燃え滾る言葉の端々からそれが感じられる。そりゃkanoseさんと話が合うはずがない。』

確かに「女の子を陵辱するような妄想さえ存在を許したくない」というのは下の文章からびんびん伝わってきます。

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20051023/1130080750

大抵の性犯罪者はポルノグラフィティや小説を使って妄想をエスカレートさせ、その後に犯罪に至るので「ポルノがあるから犯罪者の数か少なくて済む」という論旨はまったく持って成り立たないのだよ。

はてダユーザーは「エンタ!検定」で低ければ低いほど自慢ができるらしい

エンタ!検定 日経エンタテインメント! 日経BP

http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/kentei/

興味がなかったのでこれの結果を書いていても読み飛ばしていたのだが、追いかけていた人から面白い話を聞いたのでメモ。

はてなダイアリーでの話だそうだが、このエンタ検定の結果が悪ければ悪いほど、自慢している人が多いそうだ。流行を知らない=かっこいい=自慢ができる、ということらしい。うーん、それって中二病では…。確かに、流行ばかり追いかけている人はアホみたいだが、かといって、流行を知らない人が素晴らしいなんてことはないのに。

※エンタ検定で点が高い人=アホにも読めるけど、そういう意味ではない。「流行ばかり追いかけている人」というのは「趣味が流行に左右されている人」という意味で。また、カルチャー関係に詳しい自信があるのなら、点数が高いことを自慢してもいいのではないかと思ったのだ。

ヤンマーニ男

って知名度がいまいち不明なのでネタにしてみる。ついでにキーワード化。

2ちゃんねるのアニメ板の『MADLAX』スレが発祥。会社のカラオケで、誰も知らないだろうと思って、『MADLAX』の挿入歌を歌ったところ、実は一般人だと思っていた先輩女性社員がそれに反応して、彼女も『MADLAX』好きであることが判明する。その後紆余曲折を経て、結婚し、子供ができるまで至る。

詳細はFlashにて。

奇跡の歌nowhere

http://www.h4.dion.ne.jp/~heya102/Song.of.miracle.html

一つのアニメの挿入歌から 生まれた軌跡 〜ヤンマーニ男

http://www.geocities.jp/nek102jp/8kagetugonokiseki.html

いつのまにか新しいFLashが。

折り込みチラシの裏:今日は帰宅しました

http://blog.goo.ne.jp/nek102gou/e/28acadeb9c78f95a6866b078675ffbae

子供が生まれたことを報告している。

arm1475arm1475 2005/10/26 21:44 リアルタイムで参加してますた(笑)>ヤンマーニスレ。 正月までしか常駐してませんでしたが、まさかこんなミラクルなオチになっていたとは(笑)

とおりすがり2とおりすがり2 2005/10/27 00:29 連日コメして通りすがりとはこれいかに。
>>Hayashidaさんは経営者つうかそこで働く人の立場なんだな
性風俗の経営者又は、性風俗の店員の立場からの視点という表現が
ぴったりのような気がします。実際に経験なされた事もあるようですし。

parakeetfishparakeetfish 2005/10/27 00:55 以前の記事から気になってまして、この場合適切なコメントかわかりませんが…水商売って言葉は飲食店全般を指しませんか? 水商売が風俗に近い意味で定義されて話が進められているのに軽い違和感を覚えてしまいまして。でも記事の単語を風俗と全部置き換えても少しおかしい気もしますね。

 2005/10/27 02:49 parakeetfishさんと同じ疑問を感じました。全てのメイド喫茶は水商売であるはずです。それこそ近所の小料理屋とかと同レベルの意味で。

kyoumoekyoumoe 2005/10/27 03:07 Hayashida氏は建前上は女の子を守ってるみたいに振舞ってるけど心の奥底では全然そんなこと考えてなさそうだな。
守らないとキャバクラやってられないから仕方なく守ってるみたいな。
ある意味一番食い物にしてると思う。
女の子を守るじゃなくて商品を守ると言っていればこんなに反発されなかったんじゃないか。

VitalsineVitalsine 2005/10/27 18:21 80年代の風営法改変の影響でゲームセンターがその後アミューズメントセンターになっちゃったような業界努力シフトが起こるんでしょうか? ところでさんざん言ったそのあと僕は村上綾歌の写真集を買ってしまったのでした>加野瀬さん

kanosekanose 2005/10/27 20:18 「水商売」という単語ははてダキーワードでは「客の好意を元に成り立つ収入の不安定な職業」となっています。僕としては細かくいうと「夜間営業が主体の飲食店」と考えてますけど、それはそんなに間違った認識でしょうか? 書籍などで「水商売」というタイトルがついた書籍などではそういう業種の話ですし。

kanosekanose 2005/10/27 20:25 久しぶりにMLでのVitalsineさんの文章読んでにやにやしてました。思いっきり攻撃的で(笑)。で写真集買ってましたか。
メイド喫茶は男オタク向けというよりも、女性客や一般客をターゲットにコンセプトレストランライクなコンセプト喫茶の方向に行く可能性がありそうな気はしてます。ただ、大資本が入ってきたら大変でしょうね。

shibakushibaku 2005/10/27 21:29 僕も今回のエントリでの「水商売」って言葉の使い方にはたしかに違和感を覚えます。ですが文脈からして今回使われている「水商売」というのは「お水」を指すということはわかるのでとくに変更はしなくていいかなぁと。Wikipediaの方では「広義では飲食店、風俗店、またそれらの店に働く人のこと。」と書いてるので広義で捉えているとこのエントリに違和感を覚えてしまう、ってところでしょうか

haikyohaikyo 2005/10/27 22:55 メイド喫茶そのものよりも水商売の捉え方の違いのほうが大きいんでしょうかねえ、お二人の間では(´Д`)y-~
俺からみるとお二人ともほんとに真剣にメイド喫茶について考えてて、反目しあうことよりも互いの共感できる部分を突き詰めていくほうがよほど実りがあるだろうにもったいないなあと思うんですけど

katerkater 2005/10/28 08:08 数年前に「ネットアイドルのなり方・やり方・稼ぎ方」というストレートな名前の本がありましたが、あれの現代版とか必要なんですかね。

samokusamoku 2005/10/28 14:14 ここはあれだ、「オタクだからこそメイドさんを守ります!」で。

zacromaizacromai 2005/10/28 17:50  どうやら向こうさん、自分が論戦に勝ったことにして話を終わらせたいっぽい。ま、もうそっとしといてやりましょうや。

 風営法云々に関しては、警察と当事者同士で話し合って解決する方向でいいんじゃないかな? 客とはいえ、外野がどうこういう話じゃないでしょう。もちろん警察の冷遇に反対する署名運動をするというなら是非参加させてもらいますが。

とおりすがり2とおりすがり2 2005/10/29 18:37 あーあ、ついにhayashidaさんやらかしちゃいましたね。
http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20051029/1130570877
・嘘なら信用毀損罪でアウト。
・真なら公務員の守秘義務違反の幇助でアウト。

kyoumoekyoumoe 2005/10/29 20:43 あの人は何で必死に「自分はオタクじゃない」って訴えてるの?
オタクじゃない人がハマーンカーンなんて言い出さないよ、普通。
知ってる知らないの話じゃなくて話題になんか出さない。
つか知人が知人が言ってるけどあれ絶対本人が思ってることでしょ。
一番嫌なタイプのクソオタだね。

kanosekanose 2005/10/30 01:16 オタクじゃないと言いながら、ハマーン・カーンを出したのは高度なギャグだと思いました

2005-10-25

肩書きや権威で意見を見る人、そして謝罪した相手を再度怒らす人

ここまですごいのは見たことがなかったのでメモ。

Matimulog: 墨香online論議とフォークロア

http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2005/10/online_90a7.html

> 2chや、2chを中心とするオンラインコミュニティを一つのまとまりとしてみて、フォークロアの伝承団体と位置づけるとき、

だからそれは無理であると再三再四申し上げているとおりですが。それこそがぼくらの議論じゃないですか。だいたいにして、そういう議論は僕らが既にしたことです。

例えば、他の人のサイトですが、ぼくはこの人と近い意見を持っています。

http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20051008#p2

まあ、僕の意見はこのへんでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/20051006/1128594888

名前: トニオ | October 22, 2005 02:28 PM

↑法律専門の町村ブログに平然と18禁エロゲーライターのサイトを紹介するこの人は何者?

名前: JSF | October 22, 2005 03:14 PM

トニオさん(id:VanDykeParks2)が、高橋直樹さん(id:NaokiTakahashi)が「作品を作家の人格に帰属させること自体に反対」という意見を紹介したら、週刊オブイェクト(http://obiekt.seesaa.net/)のJSFさんがいきなりこんな乱暴な発言をする。

法律専門のブログで、こういう方が望ましいという意見をするのは場違いであるというのなら、理解できる。それだとしても、ここのコメント欄ではフォークロアの権利のようにまだ法でしっかり制定されてない話題もあり、こういった方がいいのではという意見表明をすること自体は問題ないとは思うが。

しかし、ここから読みとれるのは、そういった考えではなく、JSFさんが意見を肩書きだけで見ている人なんだなーということだった。匿名での罵倒合戦ならよく見られる光景だが、まさか個人サイト管理人同士の議論において、こんな光景が見られるとは驚いた。

オオツカダッシュ - とりあえず、この人だけは許しちゃいけない

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/20051022/1129983606

トニオさんはこれに怒り、JSFさん批判記事を書く。そのコメント欄でJSFさんの発言を擁護するМышкиという人が登場する。その擁護は苦しい。

そして、Мышкиさんはもともと話題にされた18禁ゲームシナリオライターの高橋直樹さんのところにコメントする。長かったので最後の部分のみ引用した。

http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20051008#c1130080120

# NaokiTakahashi 『Мышкинさんが「他意がなかった」と「確認」なさったのは分かりましたが、僕の読む限り、その後の記述を読んでいても、あれが職業差別でないと考える根拠があるようには思えません。JSF氏本人から釈明されたわけでもありませんし、極めて不快です。作家は不快なものでさえ、むしろ不快なものをこそネタにすることもあるものですが、しかし、あれではネタにさえならなさそうですね。』

# Мышкин 『お返事ありがとうございます。変な方向に穿った見方をした質問をして申し訳ありませんでした。』

高橋さんは明らかに不快であったことを表明しており、Мышкиさんの謝罪で終わったと思われていた…。

が、しかし!

Мышкин княжество: バラしてはならないネタばらし。

http://muichkine.seesaa.net/article/8553829.html

コメントを書いた直後にМышкиさんは自分のブログにこの記事をアップする。

きっかけは2ちゃんねるのスレのトニオさんの書き込み。これを証拠として、トニオさんは高橋直樹さんを利用してJSFさんを罵倒したかっただけだと、Мышкиさんは結論する。

…こういう罵倒?

ああ、つまりJSF氏を罵倒せんがために、言質を取って、高橋氏本人のところにトラックバックを送付して、大騒ぎした、と。これは義憤でもなんでもなく、単に私怨をはらすために事態を利用した、と言わざるを得ない。

※現在はこの部分を含めて、かなりの部分に訂正線が引かれている

NaokiTakahashiの日記 いい加減にしてください。

http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20051025#p1

はっきり言っておきますが、僕もJSF氏の発言からは蔑視以外の何も読み取れませんし、貴方の発言も、僕から都合のいい言葉を引き出そうという企みがあるように見えるので、好意的なものだとは思っていません。

この展開に高橋直樹さんはブチ切れる。これはブチ切れても不思議はない。

コメント欄で謝罪しているけど、あんな記事を書くという行為自体が前の謝罪を無効にしてしまっているのだからどうしようもないよなあ…。かといって、謝罪しない訳にはいかないのだが。

ほぼ終わった話だけど、JSFさんは高橋直樹さんに謝ってないそうなので、謝ったほうがいいのでは。


ちなみに元話題では、あるコメントが的確にまとめていると思ったので紹介。

※原文の「AVEX」ではのまネコ問題になってしまう。ここでは一般化を考え「企業」と読み替えた。

なんか完全にスルーされていて勿体なかった。議論が白熱しているところから、重要なコメントをピックアップするサイトが欲しい。

音極道茶室: Matimulog:「墨香オンライン」エントリーコメント欄の議論を徹底解説する

http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000107.html

前後を読まずにカキコ。

「サボテン観察日記」にもコメントしたのですが、壇先生はAVEX(企業)という経済的強者に対して、2ちゃんねるという経済的弱者の利益をいかに保護してやるか、という視点があるんじゃないでしょうか。一方で、小倉先生はのま猫の一件をヲチしてたし、2ちゃんねる側が経済的弱者であるだけでは割り切れなくて、その利益(利権と言ってもいいかもしれないけれど)を確保する過程で十分に暴力的であったことを踏まえたうえでああいう立場になっている。kyoumoeさんやトニオさんなどずっとこの件について2ちゃんに反対のスタンスを取ってきた人たちの意見は、「そもそも2ちゃんに金がいくこと自体がおかしい。2ちゃんはなんも関係ないはずだ」と言うことだと思います。整理します。

壇先生 将来のためにも、2ちゃんの経済的利益を守ってやろうじゃないか。

小倉先生 一連の過程を見れば、そんな簡単に言えるもんじゃない。

kyoumoeさん、トニオさんなど  そもそも2ちゃんねるは関係のない話じゃないか。

34: Ohyouworry at 2005年10月22日 21:12

「Piaキャロットレストラン」の当時の状況について その2

ゲームセンターに明日はあるの? - 言っとくがな、相手は生身の女の子なんだぞ!

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20051024/1130167884

僕が当時取材したPiaキャロレストランの雰囲気とはかけ離れていた描写だったので、フィクションと銘打たれていても、それに対して「自分の視点ではこうだった」といった情報を提供することは問題ないと考えてます。当時のPiaキャロットレストランの情報を出すことと、現在のメイド喫茶の女性店員が風営法違反者として摘発される可能性の話の関係は見出せなかったので、Hayashidaさんが僕に対して、何を主張されたかったかは残念ながら理解できませんでした。申し訳ありません。

次に、先日の記事では詳しく説明しなかった当時のPiaキャロットレストランの状況や位置づけをさせていただきます。説明しなかったのは参考リンク*1を読めばわかると考えていたからです。自分では一般的な認識だと考えてますが、もし異論があるのならお願いします。

Piaキャロットレストランのベースとなったゲーム『Piaキャロットへようこそ』のモデルとなったのは、アンナミラーズ馬車道といった女性店員の制服で特徴があるファミレスでした。ゲームは18禁ですが、ゲームの舞台となるお店は18歳未満が入れない店ではありません。女性店員にかわいい制服を着てもらって、既存の喫茶店・レストランと差別化をはかった飲食店であり、水商売ではありません。

これらの店では、女性店員を売りにしてはいますが、店内に女性店員を守るために屈強なボディガード的な男性店員(いわゆる黒服)が立ってないからといって「無法地帯」とまで言わないでしょう。男性店員が一人いれば十分です。

当時のPiaキャロレストランで、男性店員(店長)はいましたが、Hayashidaさんは見かけなかったでしょうか? もちろん、出勤していても、いない時間帯やお休みの日もあった可能性はあります。しかし、それは普通の喫茶店などでもあることです。

現在のメイド喫茶の一部が、「給仕」ではなく、「接待」の領域に入っているため、風営法にひっかかる可能性が出てきたというお話は、先日の福岡の件でもわかります。

しかし、僕が書いたのは原点であるといわれるPiaキャロットレストランの話です。この店は、現在の一部の過激なメイド喫茶のような「接待」はしていません。あくまで「給仕」です。写真撮影は店員にお願いすれば可能でしたが、珍しいものを記念撮影したいという要求に対して応えることは「接待」に入らないと考えます。

また、客が来店時に「いらっしゃいませご主人様」というような挨拶はしていませんでした。ファミレスがモデルですから、普通に「いらっしゃいませ」でした。モデルになったゲームの店での挨拶「Piaキャロットへようこそ!」でした。

それにこの挨拶に関して、Hayashidaさんによる「メイドカフェ」の定義の一部には疑問があります。

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20051016/1129487008

「メイドカフェ」

お客様来店時に「いらっしゃいませご主人様」とウエイトレスが歓待したり、給仕そのものが「サービス(接待)」として判断できる行為を含む営業を行っているもの。

この仮の区分けでの定義ですが、どこのお店でも「いらっしゃいませ」とは言います。そんな挨拶に「ご主人様」がついたり、「お帰りなさいませご主人様」とちょっと変わっただけというだけで、風営法扱いの店舗に入るとは思いませんでした。

神聖マルチ王国: メイド喫茶風俗営業 その2

http://multi.nadenade.com/shinichi/archives/2005/10/post_29.html

僕としては、こちらで提案されているような、別のものであると明確にわかるように分類し、業界団体を設立して社会にアピールすべきだという案に賛成します。

*1:秋葉原におけるメイド喫茶・コスプレ喫茶の歴史 http://sotokanda.net/his_cafe.html

shibakushibaku 2005/10/25 21:19 現実世界だと謝ってしまうと色々不利になる状況も少なくないけど、ネットの世界で何も背負ってないときくらい悪いことしたときはすぐ謝れるようになればいいのにねぇ。

U-meU-me 2005/10/25 23:32 えーと壇さんも小倉さんも問題のエントリではAVEXののま猫じゃなくて墨香onlineについて話しているので加野瀬さんが「的確にまとめている」とされたものは元の話題とずれてますよ

OhyouworryOhyouworry 2005/10/25 23:59 「件のコメント」のものですw。ええと、、、ずれてますねorz。ただ、今となってみれば最後のまとめだけでも、あながち間違いじゃないような気も、と弁解を一つ。どうもすいません。

fake-jizofake-jizo 2005/10/26 00:04 元話題の件は各々事前のすりあわせを行わずに議論してるみたいだからこうなるのはしょうがないかと。あと件のコメントはこの墨香の話で合ってるとおもいますが、このまとめに至るまでの過程がすっ飛ばされてるので(誰もまとめないからですが)なかなか前提の相互理解が進んでなかったみたいですね。ただ今見たらようやく両者スタートラインについた感じですが。

kanosekanose 2005/10/26 03:10 U-meさん>fake-jizoさんの見解通りです■ネット弱者さん>念のため確認しますが、そのJSFさんが反応した書き込みをしたのがネット弱者さんだということなのですよね? 僕はオタクですけど、このテのキャラ対談系はすごい苦手です。架空対談はただでさえ痛くなるのに、アニメ・漫画っぽいキャラでは…。オタクでも寒いと思っている人はいることを主張しておきます(笑)

uk.uk. 2005/10/26 03:12 重要な前提情報が欠落してる為、JSF氏とって著しく不利なので補足しておきますね。

墨香オンライン関連のエントリでは
「法学の助教授と弁護士二人が法学についてガチに議論してる場」でした。そこに権威もそれに代わる法学的知識も持たぬ素人の意見を持ってきた。

これがJSF氏の前提であり、この事が入ってないと氏が一方的に悪者になるだけですよ。あとトニオ氏の素行や政治的な争いも関係すると思いますがここではおいておきます。

kanosekanose 2005/10/26 03:36 もともとの町村さんの記事は議論を整理したものです。トニオさんはその整理に対して異論があり、そして自分の立場表明として、高橋さんの意見に賛同する、と書いた。高橋さんの意見は法的な根拠ではなく、理想として持ってきたんです。それってそんなに悪いことなんですか?

tohkotohko 2005/10/26 07:04 uk.さん
その「JSF氏の前提」を了解したとしても、あなたがおっしゃる「権威もそれに代わる法学的知識も持たぬ素人」に対して、あのような言い方が許されるとは思えません。
「トニオ氏の日頃の素行がよろしくない」というのを事実と仮定しても、だからといって、トニオ氏が紹介した「第三者」を貶めて良いと思っておられるのでしょうか?

U-meU-me 2005/10/26 07:27 ええとこういうときはどうすればいいのかな。
ずれていると言ったOhyouworryさんがニセモノ扱いされているということになるのかな。
問題のエントリでは壇さんはAVEXじゃなくて墨香onlineについて話しているので「壇先生はAVEXという経済的強者に対して、2ちゃんねるという経済的弱者の利益をいかに保護してやるか、という視点がある」という部分はおかしいですよね?
そういう話なんですが。
状況認識に錯誤があるのならば結論が合致するように見えても「的確なまとめ」とはいいがたいでしょう。

uk.uk. 2005/10/26 08:00 >kanose様
10/15のコメント欄で散々話がずれていると指摘されつづけた経緯を見た上でそう思うなら良いのではないですかね?
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2005/10/post_a821.html

私は思いませんが。


>tohkoさん
>>あのような言い方が許されるとは思えません。

全部の情報を見た上でそう判断されたなら私から文句はないですよ。
ただ単にアンフェアだと思って書いただけですから

>>第三者」を貶めて良いと思っておられるのでしょうか?

個人的には『エロゲー』にコンプレックスを持ってる人が過剰に反応してるだけで貶めてるとは思いませんが。素人ならエロゲ制作者だろうと小説家だろうとSEだろうと関係ないでしょうから。

shibakushibaku 2005/10/26 08:07 >U-me氏
視点の問題なのでおかしくないですよ。「2ちゃんねるはバスジャック犯人が出た場所なので犯罪者の巣窟であるという視点がある」と述べたのと同じ意味だと思います。2ちゃんねるをどう見てるかという視点を示すためにのまネコ問題の話をしたわけで、墨香onlineについて話しているのをのまネコ問題にすりかえたというのと全然別物だと思うのですが、如何でしょうか。

kanosekanose 2005/10/26 08:24 あー、「avex」の部分を「企業」と無意識に置換して読んでしまってました。大変申し訳ありません。この読み替えではどうでしょうか。僕はそういう形で納得しているので補足をします

ESES 2005/10/26 09:40 >uk. さん
>>10/15のコメント欄で散々話がずれていると指摘されつづけた経緯を見た上でそう思うなら良いのではないですかね?

その前に「話がずれている」という指摘が適切なものだったかどうかという問題があると思いますけどね。

yellowbellyellowbell 2005/10/26 11:33 正直なところを吐露しますと、TPOで言えばJSFさんに一理あると思いました。
エロゲーライターはあくまでもエロゲーライターでしょう。
蔑視も何も、エロゲーの社会的な立場を考えてみれば、謝罪云々の話にはならないんじゃないかと思いますが。

エロゲーって言うまでもなくエロですから、理性とは対極の劣情を主に扱う、いわばシモのジャンルなわけで、そのあたり通常の文筆家とのケジメってライターご本人も含めて持っとかないとと思うんですけど。それって、肩書きで差別してることじゃなくて実態で区別を求められてることなんだと思うんですが。「エロ」という言葉の持つ社会に対するインパクトに鈍感になってほしくないと。
別にエロ作家だから卑屈になる必要があるということではなくて、エロの枕詞が付く業種の方の言説の引用は、社会のケジメやTPOに注意を払う必要はあるでしょうと思うのです。エロと一般のアートとでは文化の前提が違うんですから。

ただ自分のことなのでよくわかりませんが、「オレはエロゲライターでござい」とアカデミックな場で胸を張る自尊心は、ちょっとどうかと思う私なんかは、自覚がないだけにもっとも悪辣な差別主義者なのかもしれないですね。そのへん自省の必要があるなとは強く思います。

fake-jizofake-jizo 2005/10/26 12:21 つうかTPOで言ったら法律専門家のblogで職業差別(と取られかねない発言を)するほうが駄目でしょう。実際差別があるかどうかは別としてこういう場所で建前を重視できない人の方が普通はTPOに引っかかります。
もう一つ。
>エロと一般のアートとでは文化の前提が違うんですから
そんな前提初めて聞きました。というかそういう前提は通じる場面の方が少ないので止めておいた方が宜しいかと思われます。

shibakushibaku 2005/10/26 14:59 ↑はてなダイアリーにIDを使用することもなく平然と意見を述べるyellowbellというこの人は何者?

yellowbellyellowbell 2005/10/26 18:03 みなさまのご指摘を受けて考え直したところ、まったくもって愚かな考えであったことに思い至りました。
「エロ」に関する職業への偏見が存在することを当然の前提としたことが誤りの始まりだったと自己分析しております。

我ながら、ハレとケの思想にどっぷりと浸かっているものだと発見できました。
お眼汚し失礼いたしました。

uk.uk. 2005/10/26 18:26 >ESさま
当たり前です
あなた、私が何のために情報を提示したと思ってるんです?

yellowbellyellowbell 2005/10/26 21:11 自己弁明にならないように補足させていただきます。申し訳ございません。
 fake-jizo さま
「偏見があるのはこれは事実」という、その事実そのものを無批判に当然としたところに、私の過ちがあるという反省です。
TPOに関しては、法律家のblogで差別的なコメントがあり、それを当然とした私に過ちがあったのは議論を待ちません。

エロとアートの前提の違い云々についてですが「エロはアートをも劣情とし、アートは劣情をも礼賛の対象へと昇華する」という思いがありまして、あえて「前提」という言葉を使いました。
下世話な話でそれこそTPOを気にしますが、フェルメールの絵でヌける人もいるわけで、それはまさにエロという前提を置いているわけだと。
逆にエロトピアの表紙をポップアートにしてしまう可能性もあるわけで、それは逆にアートであるという前提を置くことの力だと思うのです。
そういう意味で、文化が違うと書きましたが、おっしゃるとおり、ここでの話とは違うようです。
kanoseさん、みなさま、手前勝手なことで申し訳ございませんでした。

魚 2005/10/26 21:29 潔い人を久しぶりに見た。

shibakushibaku 2005/10/26 23:34 きちんと謝って反省できる人は誉める文化を作るべきヽ(´ー`)ノちうわけでyellowbellさんは偉い人、俺も他人の意見を取り入れて謝るべきときには謝るようにします。見習いますヽ(´ー`)ノ

 2005/10/27 03:19 >この仮の区分けでの定義ですが、どこのお店でも「いらっしゃいませ」とは言います。
>そんな挨拶に「ご主人様」がついたり、「お帰りなさいませご主人様」とちょっと変わっただけというだけで、
>風営法扱いの店舗に入るとは思いませんでした。
本題とはズレてしまいますが、これはkanoseさんの感覚がちょっと麻痺していると思います。
喫茶店に入った時点で「お帰りなさい、ご主人様」はどう考えても異常と言うか、完全にロールプレイ入ってると思います。
これはもうほとんどイメクラレベルなので風営法扱いの店舗に入ると考える方が自然だと思います。

某所で見た某所で見た 2005/10/27 10:34 # kyoumoe 『議論を混乱させたなんて露ほどにも思ってないどころか「邪魔者を排除してやったぜ」とか思ってるんじゃないの、あの馬鹿。
つか、あれを自分のblogでやる分には何の問題もないよ。俺もやるし。
人様のblogで偉そうにしてる奴は本当に死ねばいいのに。
本当に死ねばいいのに。
死ねばいいのに。
つまずいて転んだ先に画鋲があってそれが目に付き刺さって両目とも失明した後に死ねばいいのに。』 (2005/10/23 02:28)

これもこれも 2005/10/27 10:40
またその話か、トニオさん。
誰かを糾弾したければ、ご自分のブログで存分にやればいいし、現にそうしているじゃありませんか。少なくともこのエントリで中心的に論じるべきことではない、ということはおわかり頂けませんか?

私があなたと一緒になってJSFさんを責め立てたりしないのがお気に召さないのかもしれませんが、私の評価は、先に書いたとおりで、それ以上にあの書き込みを責め立てるつもりはありません。
それをもって職業差別を許したなどとするのもやめてほしいです。

名前: 町村 | October 23, 2005 06:23 PM

neatsorgneatsorg 2005/10/27 12:03 だから何だと言いたいのかぜんぜんわからん

shibakushibaku 2005/10/27 13:24 コピー&ペーストを覚えたからってむやみに練習するの禁止!

kyoumoekyoumoe 2005/10/27 14:39 偉そうに見えたなら俺のところに言いに来ればいいのに何で来ないんだろう。
つか最近チキンが多すぎる。
まだクリスマスには早いと思うんだ。

neatsorgneatsorg 2005/10/27 15:14 >kease
2ちゃんねるを悪く言わないで!悪いことしてるのは一部の人間です!!!@!@!@!!@111123

U-meU-me 2005/10/27 20:15 レス遅れました。
どうでしょうかと言われましても私としては最低限の事実認識のズレが共有されれば、あとは私が口を挟むものではないかなと。ここは加野瀬さんの日記ですから。
(ちなみに私は件の「まとめ」には(AVEXと墨香onlineの取り違えをさておいても)同意しません)

kanosekanose 2005/10/27 20:21 事実の訂正をし、自分の認識を示したので、ご指摘されたU-meさんがどう考えられるかを知りたかったのです。同意いただけなかったのは残念ですが、もちろんそれはしょうがないと思います。

kanosekanose 2005/10/27 21:14 あ、そうでした! 記憶が薄れていたようでご指摘どうもです。

ESES 2005/10/28 03:14 >uk.さん
>>あなた、私が何のために情報を提示したと思ってるんです?

んー、10/15のコメント欄で具体的な根拠も示さずに「誤読」とか「無礼」とか「話をずらしてる」とか「指摘」してる連中と同じ目的を達成するために、だと思ってますけど。

uk.uk. 2005/10/28 20:06 >ESさん

「各自に全貌を見渡した上で状況を把握し、判断して欲しいと思ったから。」が正解です

ちなみに向こうのコメント欄には具体的な根拠もずれてる件に関する詳しい解説もありましたが……
まぁこれだけだと納得しないでしょうから説明しておきますね。

エントリ前半では三人の法の専門家を中心に「著作権者が判らない状態での著作物がもたらした利益の還元方法」について法学に基づいて議論されておりました。
そこへ来てトニオ氏は「モナーの著作権がどこにあるか」という話を素人丸出しの調子で語り出しました。

あまりに素人臭かったのでこの件に関する基本的な知識を問うた人が居ましたが、答えられない彼はスルーして居座り続けました。

つまり彼には論点を正しくとらえる『読解力』も
話しについて行く『知識』も持ち得ないのに
無理矢理話に入ろうとしていたので疎ましがられていたのです。

tohkotohko 2005/10/28 20:45 >ukさん
失礼ですが、本質を見誤っておられませんか?これは「作者の職業(肩書き)だけで資料価値を判断する」ことが是か非かという話でしょう?
トニオさんがどうかはあまり関係のないことだと思います。
それとも「トニオさんが紹介したリンク先だから」どんな言い方をしてもいいとおっしゃりたいのでしょうか?
リンク先を紹介したのはトニオさんですが、管理者は別の方ですよ。
もしかしたら、紹介した人が「疎ましい」人なら、第三者のブログを貶しても問題ないとおっしゃりたいのでしょうか。

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/28 21:01 > uk.さん

すいませんが、例示等の根拠もないですので、主観的な決め付けで罵倒されているようにしか思えないんですが。
更に言えば、あの話は現実の法務というわけではなく、法思想の話だったと思うんですが。その点で、「法の専門家」というのにも少し疑問があるわけですが。

uk.uk. 2005/10/28 21:29 >tohkoさん
>本質を見誤っておられませんか?

(2005/10/26 03:10)のkanose様の質問から派生してる話なので……
本題からずれてるのは確かですが。

それと「作者の職業(肩書き)だけで資料価値を判断した」という話をJSF氏は否定しています。
これを本質と言うのもちょっと無理があると思います。


>VanDykeParks2さん
>主観的な決め付けで罵倒されている

各自が自分で確認して欲しかったのでその辺はぼかしてありますので罵倒のそしりは甘受します。
不快に思われたのでしたら誠に申し訳ありません。
#書き込んでからちょっと後悔したんですけどね……

>法の専門家
確かに法思想についての話ですね。
となると現実の法務に従事する弁護士は専門家ではないと言えるかも知れませんが、いずれにせよ法についての高い見識を持つ方々がディープなやりとりをかわしていた場であることに変わりはないかと思います。

uk.uk. 2005/10/28 21:43 書き忘れました

>tohkoさん
>第三者のブログを貶しても問題ないのか

それに関しては以前にあなたへの返事として書いてあります。
そちらをご覧ください。

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/28 22:39 > uk. さん
「そしりは甘受」という言い方はやめてくれますか?
非難したわけではないですし、実際根拠が無いのに「甘受した」と言われても……

uk.uk. 2005/10/28 23:44 >VanDykeParks2さん
うーん、私は「主観的な決め付けで罵倒されているようにしか思えない」というのは非難されていると思うので「そしり」で間違ってはいないと思いますが……
そして実際に根拠を書いてなかったから「甘受した」んです。

uk.uk. 2005/10/29 00:35 >VanDykeParks2さん

ですから、私の書き込みには根拠がないと「欠点を取り上げて責めた」んでしょ?

>甘受
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%B4%C5%A4%F3%A4%BA%A4%EB&stype=1&dtype=0
> あまん・ずる【甘んずる】
>
> [動サ変]あまん・ず[サ変]《「あまみす」の音変化》
> 1 与えられたものをそのまま受け入れる。しかたがないと思ってが> まんする。「清貧に―・ずる」「―・じて罰を受け入れる」
> 2 満足する。たのしむ。

あなたの非難を「仕方のないものと思い」「そのまま受け入れ」ました。

#というかそちらの甘んずるでは「あえて批判を―する」という判例に上手く合致しないと思うのですが。大丈夫か三省堂……


>ぼくの「知識のなさ」やら、「読解力のなさ」やらを問題にするならば

そんなものを問題にした覚えはありません。
私の主観で非難されてると思ったから「非難を甘受した」と書いたんです。
「非難した」というのを取り消して欲しいのでしょうか?

あと最後の「根拠が」何の根拠かよくわからなかったのでそちらの提示をお願いします。

kanosekanose 2005/10/29 00:42 サイト管理人として。コメントで議論を続けるのはいいのですが、端から見ていると、もはや争うための議論になっていると感じます。読んでいる人もお互いの言い分はわかったと思うので、判断は閲覧者に任せましょうよ。

uk.uk. 2005/10/29 01:06 >kanoseさま
はい、申し訳ありませんでした。
またトニオ氏についてはここで行うような話ではなかったと反省しております。重ねてお詫びさせて下さい。

shibakushibaku 2005/10/29 04:20 反省できる人は偉い人ヽ(´ー`)ノuk.さんもVanDykeParks2さんも自分の行動をきちんと省みられたので偉いです。

kyoumoekyoumoe 2005/10/29 14:45 反省だけなら猿でもできるとか書いて嫌がられる俺(´ー`)y-~~

2005-10-23

ユリイカ 2005年11月号「特集*文化系女子カタログ」

オタクVSサブカルのdemiさんの原稿をベースに発展させたユリイカが出ます。「文化系女子アンケート」に答えさせていただきました。

ISBN:4791701402

青土社ユリイカ 2005年11月号 http://www.seidosha.co.jp/eureka/200511/

特集*文化系女子カタログ

■人文系

コレラ菌的考察 男子系文化の衰弱と文化系女子の台頭  高田里惠子

アカデミシャン女子に花束を 愛と知について語るときに私(たち)が語ること  小澤英実

二十一世紀文学少女・覚書  木村カナ

■アート系

分かれ道はふたつじゃない  近代ナリコ

「おかんアート」のように  浅生ハルミン

搾取から解脱まで エクスプロイテーション映画  真魚八重子

帰り道  近藤聡乃

■徹底討論

女の文化ケモノ道  野中モモ・浜名恵美子・平山亜佐子堀越英美

■音楽系?

美しき穉き少女に始まる文化系女子攻略徹底ガイド付き戦記  吉田アミ

先端で、さすわ さされるわ そらええわ  未映子

バンドギャルという色眼鏡  平田順子

■オタク系+α

女子オタ30年戦争  金巻ともこ

A-GIRL NEEDS A GADGET!!! 〜アキバで会いたい〜  田上夢

女の子の“希望”としてのアニメ、ゲーム  橘川友

ひとでなしのゲーム  速水筒

■萌えとお笑いのゆくえ

女子とお笑い  澁谷知美

ジャニヲタ天国?地獄変?  松本美香

キミトメガネニコイシテル メガネ男子萌え現状視認  チョコラ

女子が世界と遊ぶ方法 落とし穴判別テスト付き  平山亜佐子

■男子アンケート

ファム・ファタル? 女友達? サークル・クラッシャー? 僕たちの好きな文化系女子!

高山宏 坪内祐三 山本貴光 太田晋 福永信 千野帽子 前田塁 佐々木敦 栗原裕一郎

増田聡 速水健朗 松永英明 加野瀬未友 更科修一郎 前島賢 ばるぼら 田口和裕 芝雅之 さやわか 鈴木慶一

■年表

花咲く乙女たちの文化年表 ミーハーと成熟のはざまで  編=堀越英美 

Kさん(id:jituzon)へ

TrackBackについて

生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ

http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20051016#baka

id:orochon56はトラックバックを宣伝と勘違いしてるようだ。お前はアホか。

しかも宣伝厨って文字通りお前のことじゃん。はてなダイアリーについてもう少し知ってからものを言えよ。お馬鹿さん。

はてなダイアリーでは、ID TrackBackと記事TrackBackがあります。で、記事の修正をするたびにKさんのところからよくIDのTrackBackが飛んできて、既に送られたTrackBackに関してはよく削除させてもらっております。既に送ったTrackBackを再度送る行為は「宣伝」と取られることもあります。更新時に「ちょっとだけ更新」のチェックボックスにチェックをいれるとTrackBackを送らなくなりますし、またTrackBackの設定のなかで「自動トラックバックを送信しない」というのもありますので、活用していただけると嬉しいです。

本アカウントを二つ取っていることについて/他の方への謝罪について

また、本アカウントを二つ取るのが規約違反だったということを知らないような人に、このような事を言う資格はないと感じます。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051015/account

2005年10月15日 eXistenZ 『[サブアカウント][ある意味すごい][ヘルプ]素で知らなかった。なんてこっちゃ。超バカ。ところでidはクローネンバーグのあれで合ってますよ、↓の方。』

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20051015%23sub

2005年10月15日 eXistenZ 『[hatena][ある意味すごい]はい、本気ではてなの規約を理解してませんでした。誤解してたのは私の方です。ごめんなさい。』

と書かれてますし。ぜひとも、一つに統一するようお願いします。あと、相手に謝罪するのなら、はてなブックマークのコメントではなく、ちゃんとダイアリーで書いたほうがいいです。

この場合、ここでトニオさん(id:id:VanDykeParks2)に対して「言いがかりをつけるのはやめてください」と書かれています。現在、打ち消し線により訂正が入ってますが、謝罪はされてませんよね。

http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20051015#sub

http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20051017#account

こちらを読むと、

現在、利用規約の「登録ユーザーは1人につき唯一のメインアカウントを保有できるのみとします。ただし、別途当社が許可した場合は除きます」に基づいて「はてな」と話し合い中です。

と書かれてますが、例外処置をしてもらおうということでしょうか? 単に規約を知らなかったのに、そのような処置を取ってもらおうというのは難しいでしょうから、自主的な処置をされたほうがいいと思います。

あとさ、お前ってid:kanose氏の前では萎縮して「ごめんなさい」なんて言ってるよな。大手サイトに媚びを売ってるのは私じゃなくてorochon56だよ(わらい)。

orochon56さんは、他の方にも謝罪されてます。別に僕にだけ謝罪している訳ではありません。

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/20051014/1129308611

プライベートモードのユーザーによるはてなブックマークの注目エントリーについて

またこの件とは直接関係ありませんが、

はてなブックマークの「注目のエントリー」

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050929/hotentry

プライベードモードのユーザーが3人登録でも「注目のエントリー」に上がってくるんだ。これで気付いたんだけど、プライベートモードを使えば、自作自演で注目する記事に持っていっても、気付かれにくい。業者が悪用する可能性とかありそうなので要注意かも。

以前自分がこんな記事を書いた時、

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050929#c1127998397

# jituzon 『精神疾患を抱えてる人はプライベートモードが多いんですよ。

それにしても、あなたってすっごく厭な性格なのねー。見損なったわ。なんか2ちゃんねるで私に関する悪口書いてるのもあなたじゃないかって気がしてきたわよ。私を貶して見下すのがそんなに楽しい? ま、今は気分がいいから深く追求はしないけどさ(わらい)』

Kさんからこのようなコメントをいただきました。

http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20051014#ana

出社してゲラ校正したあと、はてなブックマークを見てたんだが、これ、社内の人間みんなを動員すれば、あっという間に自分の会社に都合のいい記事を「最近の人気エントリー」に載せることができるな。id:kanoseさんが危惧していたことが本当に起こり得る可能性がある。ていうか、もうどこかの会社がやってそうな気配だし。

ところが、上のようなコメントを書かれた後にこのような記事を書かれました。

最初にそのような意図で書いた記事に対して違和感を表明されたのに、なぜここでは急に賛同されているのか? 変化があったのなら、きちんと説明をしていただきたかったです。もちろん、これは希望でありまして、強制ではありません。ただ、このような何の説明もなく、態度を変えられる方とはきちんとした対話をしようという気は起きません。

言葉遣いについて

Kさんは年下とわかった相手の言葉遣いにうるさいようですが、自分より年齢が上の場合に先のコメントのような言葉遣いをされているのは失礼だとは思わないのでしょうか? 僕は1970年生まれでおそらくKさんより年上です。ご自分が失礼な言動をされるのに、他人にやたらと強要するのはダブルスタンダードだと考えます。

※参考

http://d.hatena.ne.jp/chidarinn/20050927#c

# jituzon 『ラディカルラディカル♪インスタントラディカル♪ と口ずさみたくなった。

「ぬるま湯に浸かっている女性」と「滝に打たれている女性」のどこがおんなじなんじゃー! 私には全然わからんがのう。』

# chidarinn 『ああん。

自覚・無自覚に関わらず、媚を売って、自分を守ることが一番いいことを身をもって知っているわけですよ、皆。その後、そのまま押し付けられた姿をまとって身を守るか、その姿を剥いで身を守るか。その違いなんじゃないかなぁって思うのよ。』

# jituzon 『私は身を守ってないけどな。だが、いつか誰かに殺される覚悟はできてるし、殺す覚悟もできてる。つーかさ、いい加減タメ口きくのやめてくんない? あんたと私、いくつ歳違うと思ってんの?』

# chidarinn 『ため口をきいてしまって申し訳有りませんでした。以後立場をわきまえます。』

# shinimai 『で、いったい何歳年がちがうのw』

# jituzon 『何歳違うかわからないのに、いきなりタメ口をきくということ自体、礼儀を欠いた失礼な行為ですが、何か?』

この時も、chidarinnさんが大学生・大学院生とわかるような日記を書いているから、このように書かれたと思うのですが、知らない人からこんな口調で乱入されたら、それに合わせて乱暴な口調で書いてもいいと考えても不思議はありません。また、Kさんのはてなダイアリーを見ても、年齢がわかるような情報はありませんので、このようなことをいきなり言われても困るでしょう。

http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20050902#1125663818

あと、前にも書いたが、わしは知人でもないのに挨拶もなしに近づいてくるような奴は大嫌いぜよ。ましてタメ口なんてもってのほかじゃから、それは肝に銘じといてくれや。

以前ダイアリーでこのようなことを書かれてますが、Kさんがchidarinnさんに対して行ったことは、まさにこのような行為ですよ。

2005-10-22

「Piaキャロットレストラン」について

ゲームセンターに明日はあるの? - メイド喫茶に明日はあるの?(その4)

http://d.hatena.ne.jp/Hayashida/20051016/1129487008

フィクションといってるものに突っ込むのも野暮かなと思いつつ。

『Piaキャロットにようこそ!』をモデルにした「Piaキャロットレストラン」は1999年に期間限定で秋葉原のゲーマーズスクウェア店の6Fで営業していた店。

当時取材で行ったけど、無秩序に撮影が行われているというほどではなかった。もちろん盗撮していた人間がいた可能性は否定しないが「無法地帯」というのは言い過ぎ。

※追記

当時、勤めていた女性に客絡みで困ったことはないのか聞いたのだが、問題ある行動を取る客はいた。だが、それに対してそれなり店側は対処しているようだった。

また、5Fにはコスパ、その下にはゲーマーズが入っていたが、18禁商品は扱ってなかったと思う。特に実写系のアダルト商品はなかったので、コスプレAVはなかったはず。

※追記

これはあくまで取材時の時で、その後取り扱っていた可能性は否定しない。ただ、ゲーマーズを運営するブロッコリーはアダルト関係には慎重だ。オタクが好む商品として18禁PCゲームを扱う可能性は高いが、実写系を取り扱っているかというと疑問ということで。

※参考資料

秋葉原におけるメイド喫茶・コスプレ喫茶の歴史

http://sotokanda.net/his_cafe.html

ここは詳しい。下のほうに当時のレポート記事がリンクされている。

Piaキャロットレストランって?

http://www2s.biglobe.ne.jp/~chie_h/w_piares.htm

当時店員をやっていた人によるページ。

就活blogがSNSになってた

コミューン:blogで広がる就活コミュニティ 〜ブログ・SNSであなたの就職活動を応援します!〜

http://www.y-cube.net/

レスリリース

http://www.y-cube.co.jp/docs/about_us/publicity/PDF/20050615.pdf

「タグチェッカー機能」「お気に入りキーワード」というのがちょっと気になった。

これを運営しているワイキューブ(http://www.y-cube.co.jp/)という会社、知らなかったんだけど、人材コンサルティング会社で、福利厚生施設が充実していて、学生に人気の企業だとか。

http://www.y-cube.co.jp/docs/about_us/office/

オフィスにバーやワインセラーがあって、社員は無料で飲めるそうだ。

http://www.y-cube.co.jp/docs/vision/

「できない経験者」より「できる未経験者」ってすごいコピーだなあ。

Y-CUBE PRESENTS 『モテカフェ』

http://www.tfm.co.jp/motecafe/

東京FMで若手ベンチャー社長に話を聞く「モテカフェ」という番組の提供をしている。

村上世彰氏に似てる人

村上ファンド村上世彰氏は萩本欽一に似ている

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1128881071/l50

ふと思って検索したら発見。やっぱり似てると思うよなあ(笑)。あと似てると思うのは高城剛氏。

http://www.takashiro.com/profile.html

「ソーシャル・ネットワーキング・サービスの未来」猪蔵×高城剛 : RANDOM TALK in RANDOM WALK

http://www.surfcom.jp/shop/randomtalk/09index.html

最近の写真。

『Natural-Color-Majestic-12』に寄稿します

11月20日に開催される文学フリマhttp://bungaku.webin.jp/)で発行される評論同人誌『Natural-Color-Majestic-12』に寄稿するので宣伝を。仕事じゃないけど(笑)。

詳細はこちらより。

http://d.hatena.ne.jp/cherry-3d/20051011

 新しい角川映画スキームの誕生や、“新訳”に伴う『機動戦士Zガンダム』のガンダム産業への本格的再取り込みを機に、昨今、福井晴敏樋口真嗣らに代表される1968年前後生まれのクリエイターと、それを取り巻く同年代のライター・編集者がにわかにコンテンツ業界で活気付いている。その盛り上がりの中で、美少女ゲームやらセカイ系といったものが過去のものとして忘却されはじめる一方、そこには、かつて美少女ゲームシナリオライター・元長柾木が『未来にキスを』で「圧倒的な楽園」と呼んだ「キャラクターと私とゲームだけがある世界」とは、また別のオタクの楽園が出現しようとしている。

 それは、『機動戦士ガンダム』のスキームで太平洋戦争や現代日本を語ろうとする、福井春敏の『ローレライ』、『亡国のイージス』に顕著な、政治・歴史といったメインカルチャーと強固に結びついたオタクのあり方だ。簡単に言えば、『機動戦士ガンダム』でオタクは歴史性や政治性を回復できると福井らは宣言している。しかし、そのようなサブカルチャーを安易に歴史に代入してしまう行為は、私たちはガンダムで世界の全てを理解できるのだ、というもうひとつの自閉へと繋がってしまう危険性もまた内包しているのではないだろうか……。

 しばしば先行世代のオタクたちが批判するように、00年代前半に隆盛したギャルゲーやセカイ系といった表現形式はたしかに貧しい。しかしそこに、自らの貧しさを所与の前提として真摯に受け止めた上で、あらためて自分と外部との関係を築こうとする方法論を見出すことはできないだろうか。

 急速に社会的地位を固め、冗談抜きで日本文化の担い手となりつつあるオタクたちは、どのようにその外部と接することができるのか、そして接するべきなのかを、インタビュー、評論、小説によって検討する。

■インタビュー

■評論

  • 前田久(ライター、id:mae-9);「戦後史」と「戦後史」(仮)
  • 水奈月かける(学生):セカイ系から閉鎖系へ (仮)
  • 渡邉大輔(文芸評論家):未定
  • 福嶋亮大(文芸評論家):未定
  • 夏葉薫(ゲームシナリオライター、id:K_NATSUBA)「評伝・桑島法子 〜声優批評の試み」(仮)
  • 更科修一郎(文筆業、編集者、id:cuteplus):「優しい楽園の優しくない評論」
  • 加野瀬未友(ブロガー、id:kanose):未定
  • 松谷創一郎(ライター、id:TRiCKFiSH):未定
  • 北守(歴史学専攻、id:hokusyu):未定
  • 狛犬邑武(82年生、消費者、id:kimagure):「瀬戸口廉也作品について」(仮)

■小説

■表紙イラスト

■体裁

A5:200ページ前後:価格未定

この内容は、仮のものですので予告なく変更になる場合があります。

ご了承ください。

なんかよくわからないメンツだこと。

現代日本のテロの記憶

でもって、現在一生懸命「オタクと戦争」というテーマで書いているのだけど、書きながら、ちょっと気になり、でも特に仮説も思い浮かばなかった思いつきがあったので先に書いておく。

オウム真理教によるサリン事件が起きるまで、日本はテロのない平和な国、とされていた。しかし、1974年には東アジア反日武装戦線による企業連続爆破事件という無差別テロがあり、三菱重工ビル爆破事では死者8人、重軽傷者370人を出すほどの恐ろしい規模の被害が出ている。

しかし、サリンによるテロが起きた時に、連合赤軍の記憶は呼び起こされたのに、東アジア反日武装戦線が呼び起こされなかった。もちろん20年近く経てば風化もするのだろうが、あれだけの大きな事件が忘れ去れたことは興味深い。犯人にスポットを当てた書籍はいくつかあり、読んだのだが、そこからは当時の雰囲気についてはあまりわからなかった。「東アジア反日武装戦線」がなぜ忘れ去られたかに興味があるのだが、特に示唆する資料もないため、ここでは違和感を表明しておくことに止める。

日本赤軍と東アジア反日武装戦線

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/nihon.htm

テロ―東アジア反日武装戦線と赤報隊

テロ―東アジア反日武装戦線と赤報隊

自分が読んだのはこれ。鈴木氏は赤報隊が東アジア反日武装戦線への影響が強いという仮説を立てている。考えてみると赤報隊絡みの書籍も少ないよなあ。

kanosekanose 2005/10/24 15:35 テレビが発達してからはテレビで扱われた量が少ない事件のは歴史化しないと考えられますねえ。テレビが繰り返し取り扱うことで人々の記憶に残ると。■喫茶店に黒服が立ってないから、無法地帯だって言われたら、いろいろな喫茶店は無法地帯ですね。あと男のマネージャーはいたと思うのですが見かけませんでしたか? 18禁商品に関しては、当時なくても、その後設置されたのかもしれませんので、その旨追記しておきます。

通りすがり通りすがり 2005/10/25 19:37 三菱のはうちの母や父に聞いたところだと「三菱に対するテロ」のように受け止めていたので、遠いもののように思っていたとか。
ただ当時は「サツキなどの植え込みは不審物を置かれやすいからやめよう」とか、そういった話題は身近でもあがっていたようで。
まあ、ごく個人的な範囲の話なんで一般的にどうかの参考にはなりにくいと思いますが、一応

2005-10-18

bogusnewsがブックマークで複数ユーザー疑惑

真性引き篭もり トラックバックスパム及びはてなブックマークスパムサイトbogusnews及びBar's Hideoutは今すぐ閉鎖しろ。

http://sinseihikikomori.bblog.jp/entry/239039/

bogusnewsって全然知らなくて、「働くAIBO」(http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050925/aibo)で初めて知ったんだけど、はてなブックマークで複数ユーザーを使って、ブックマークしていたという告発が。これ読むまで気付かなかったよ…。

真偽に関してだが、各IDはこういうことを言い残している。bogusnewsやBar's Hideoutでは何も触れてはいないけど。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://sinseihikikomori.bblog.jp/

ブックマークコメント

日本少数民族会議が麻生氏に抗議声明 : bogusnews

http://bogusnews.seesaa.net/article/8238655.html

なお、ここに出てくるモヒカン族ネタは、ただただしさんの発言が元ネタ

http://sho.tdiary.net/20050628.html#c63

http://mohican.g.hatena.ne.jp/bbs/2/561より)

Bar's Hideout

http://barshideout.seesaa.net/

ここのブログ、どこかで見た気が…と思ったんだけど、思い出した。

Bar's Hideout: インターネットマガジンがヤバい

http://barshideout.seesaa.net/article/1758508.html

Bar's Hideout: 2005年のCNET

http://barshideout.seesaa.net/article/1774802.html

この記事を書いた人だ。

ちょうどインターネットマガジンがリニューアルした時期で、ちょこちょこ話題になっており、

Another::Postscript:テクノロジー指向になったインターネットマガジン

http://blog.livedoor.jp/takeshi_a/archives/13333046.html

ここでリンクされていたのを思い出した。

あと、最近だとモヒカン族BBSでひっかかってる。

Bar's Hideout: えーのう、ヒマがあって

http://barshideout.seesaa.net/article/7142149.html

これらを読む限り、出版関係者の人っぽい。

愛国ホスティングサービス

ホスティングサービスで妙なサービスをトップに書いているところがある。

安心・快適・低価格 専用サーバー VPS

http://www.vps7.net/

非営利で日本国の将来を案じるサイトを運営されている方々へ無料でサーバー環境を提供します

人権擁護法案」に反対する運動をされているサイトに無料でサーバー環境を提供します。

広告掲載などの義務はありません。純粋な無償提供です

ISPなどにより勝手にサイト削除されてお困りの方、ご利用ください

利用ご希望の方は、メールにてお問い合わせください。

みんなチャンネル桜を見よう

チャンネル桜まで!

Gmail - 無料サーバー提供に関して取材のお願い

http://houchi.net/wiki/wiki.cgi?action=ATTACH&page=vps7%BC%E8%BA%E0&file=vps7maillog%2Ehtm

これは2ちゃんねるの極東ニュース板の記者が出した質問メール。

【λrsaServ】VPS7.netってどうよ?

http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/hosting/1125318178/

ここを見ると、サービス自体の評判は良かったものの、9月中旬になって急にこんな掲示が出たそうだ。

※どこで知ったのか思い出したのでリンク

RSA ServのVPSサービスってどうよ? :小林Scrap Book

http://blog.heartlogic.jp/archives/000697.html

kanosekanose 2005/10/19 12:50 そうそう「休肝」なんですよ。こういう時だと寒いギャグでしかないなあ。

2005-10-17

闇サイトで殺人依頼事件のその後

つかまった女性が付き合っていた男性が、妻殺害計画を知って、暴行を加えていたそうだ。また、謝罪料として500万を支払わせていた可能性もあるとか。

asahi.com: 殺人依頼女性に暴行の疑い 交際相手の男逮捕 警視庁?-?社会

http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY200510120188.html

ZAKZAK 消防庁女職員復讐サイト事件、交際男「職場にばらす」

http://www.zakzak.co.jp/top/2005_10/t2005101305.html

こっちの記事だと500万払わせていて、女性が一回金を取り戻したなんて話も。

調べでは、女性は昨年10月、男に別れ話を持ちかけたが「職場にいられなくしてやる。ネットで不倫をばらす」と交際の継続を強要された。女性はその後、「自分は金を取られ暴力も振るわれている。私はオモチャじゃない。妻を奪って精神的苦痛を味わわせたい」と、復讐サイトにアクセスしたという。

ダメンズ・ウォーカーを地で行ってるな…。

2005-10-15

ユニデンの32型液晶テレビが高評価

液晶テレビのユニデンダイレクト

http://www.uniden-direct.jp/

アメリカで低価格コードレス電話のメーカーとして有名な日本のメーカー、ユニデンによる低価格液晶テレビなんだけど、なかなか評価が高い。

楽画喜堂レビュー 『ユニデン 32V型で129,800円の液晶テレビ 通称きみまろ黒32!』

http://www.rakugakidou.net/review/uniden_32/uniden_32.htm

アナログチューナーの性能がいいってのは意外だなあ。地上デジタルのチューナーは装備してないが、HDMI端子は搭載している。あと外観も安物っぽくないとか。CATVの人はデジタルチューナーいらないんだから、良い選択肢になりそうだ。

「大手メーカーには真似できない」,激戦区・液晶テレビ市場に新参入のユニデンに聞く - デジタル家電 - Tech-On!

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050801/107268/

ついでに最近の低価格液晶テレビニュースをメモ。もちろんこの手の低価格液晶テレビはデジタルチューナーは装備されてない。

バイ・デザイン、27型液晶TVを89,800円に値下げ

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051013/bydsign.htm

ノジマ、99,800円のHYUNDAI製32型液晶テレビを11月発売

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051014/nojima.htm

32型液晶ワイドテレビUB32J

http://www.applied-net.co.jp/catalog/2005/lcdtv/ub32j/ub32j.html

HDMIがついて99,800円だそうだ。

今のところ、液晶テレビでフルHDパネルを搭載しているのは37型までだけど、それ以下のサイズで、こういった低価格モデルにフルHDパネルがくるのは2年後ぐらいなのだろうか。

ポスト団塊ジュニア専門のマーケッターたち

ひげよ、さらば - 夢追わぬ、ポスト団塊ジュニア

http://d.hatena.ne.jp/sleepiness/20050921/1127260017

なんとなく胡散臭い分析*1だなあと思ったら、日経MJの記事なのか。日経MJのポスト団塊ジュニア分析というと『ジェネレーションY―日本を変える新たな世代』という書籍がある。

前書きしか立ち読みしかしてないんだけど、団塊ジュニアの定義について三浦展氏の説が引用されてり、日経MJには三浦展大好き人がいるっぽい。三浦展氏とは、ちょっと前に「かまやつ女」、最近は『下流社会 新たな階層集団の出現』(ISBN:4334033210)を出した人。

ひげよ、さらば - 新語:『恋愛ニート』

http://d.hatena.ne.jp/sleepiness/20050923/1127433357

この日経MJの説明でも「かまやつ女」も使ってるしねえ。なので、日経MJのポスト団塊ジュニア言説は三浦氏の影響が大きいと推測している。

ほかにもポスト団塊ジュニアに関しては博報堂生活総合研究所の研究員、中村恭子氏と原田曜平氏が積極的に発言しているようだ。全体的に通じているのは、ポスト団塊ジュニアは非常に相手に対して気を使うのがうまく、心地良い空間を作ってくれるので良い!という主張。

10代のぜんぶ

10代のぜんぶ

以下博報堂生活総合研究所のポスト団塊ジュニア関連言説。

ポスト「ポスト団塊ジュニア」の生態学〜「近頃の若いもんは」という前に〜

http://www.athill.com/LAB/COLUMN/05_column02.html

これが一番長くてしっかりしているもの。

スポーツマン」より「コミュニケーション上手」

 10代の男の子に「好感が持てる男の子はどんなタイプですか?」を聞いた。1位は「人に配慮ができる人」、2位は「明るい人」、3位は「社交的な人」。すべて「コミュニケーション上手」な男を意味している。

大人な会話が好き

 10代の男の子が嫌う男は、1位「場の空気が読めない人」、2位「すぐに怒る人」、3位「目立ちたがり屋」。自己顕示的なコミュニケーションを嫌い、場の空気を読んだ「大人のコミュニケーション」が、男が男を認める条件だ。

以前のコミュニケーションスキル話と関連しそうな部分をピックアップしてみた。恐ろしいまでのコミュニケーション至上主義だが、同調圧力きつそうな気がする。

10代は社会を映す鏡

http://www.athill.com/LAB/COLUMN/05_column07.html

10代男性 ダチと常時接続「ネットや携帯で交流、こまめに」

http://www.athill.com/LAB/COLUMN/05_column05.html

10代女性は超・安定志向

http://www.athill.com/LAB/COLUMN/05_column04.html

3人の男の子をご紹介します。

http://www.athill.com/LAB/COLUMN/column99.html

10代女の子"期待しすぎない結婚のススメ"

http://www.athill.com/LAB/COLUMN/column98.html

はてなの本アカウントを二つ持っていると自分から言ってる人

はてなアイデアでは本アカウントでしか投稿できないのに、サブアカといっていたアカウント(id:eXistenZ)で投稿して、本アカウントを二つ持っていると告白したも同然のKさん(id:jituzon)。

天才コメンテーター日記 - 帰ってきた歯に衣着せぬマン 第四話(特別変)

http://d.hatena.ne.jp/shibaku/20051014/p5

スタンハンセン - 酷すぎるな。

http://d.hatena.ne.jp/weeeee/20051015#1129336019

烏鹿庵 - メインアカウントサブアカウントの取得について。

http://d.hatena.ne.jp/crowdeer/20051015/account

ここまで丁寧に説明されればわかると思うのだけど、本人は誤解している人が多いとか言ってるしなあ。

生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ - 結構誤解している人が多いようなので書いておくと

http://d.hatena.ne.jp/jituzon/20051015#sub

*1:勘の領域なので言語化しにくい

2005-10-14

飲み会で「つまらないの?」と聞くのはやめてほしい

渋屋区 - 飲み会がつまらない時は

http://d.hatena.ne.jp/yugishibuya/20051011/1129030424

私は人の観察をしていることが多いのですが、観察する時についつい無表情になってしまうので、よく「つまんないの?」と聞かれます。まさか「ええとてもつまらないです」とも言えないので、「そんなことはないですよ」と答えるようにしていますが。そういうこと聞いてくる人は、「そんなことはない」という口だけの言葉でも、確かなものを得ることで安心しようとしているのかなあと思っているので、ご所望の言葉を言って安心させます。

そうそう、その時だけにっこり笑って「そんなことはありませんよ」と返すのだが、そんなもの表情見ればわかるだろ!と心の中で思ってる。

以前、似たようなことを書いた。

自分をプレゼンテーションする能力が低い人への視線

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050910/presentation

飲み会などでよくあるのだが、特に興味のある会話もないのでぼーっとしてたり、はやく時間過ぎねーかなあとか思って、この飲み会には積極的に参加しませんオーラを出していても、「○○さん、楽しんでる?」(何らかの話題を振る訳ではなく、気分の質問というのがミソ)とかわざわざ聞いてくる人がいる。そんなもの見れば一発でわかるんだから、わざわざ聞かないで欲しい。こういう人は「他人に気を使ってますよ」というアピールを周りにしたいのだろうか。天然の人も多いのだろうが。

そして、わざわざ「○○さん、話してないけど?」といって発言を強要してくる人間は最悪だ。発言したくないからだまっているのに発言を強要してくるのは、「お前はこの場の空気を壊しているのだ」と暗に言いたいのだろう。

上と似たタイプなのだが、その場に発言していない人がいるからといって、その発言してない人に無理に発言機会を与えようとする人も困る。あまり話さない人が話したがりそうになってきた時に、話し出せるように誘導するのならいいのだが、この場合、単に機会平等という意味で話させようとしている人だ。発言したくない時に発言を要求されて、気の利いたことが言える人なんてそうそういない。発言したくないのに発言を無理強いされて、そこで変なことを言ってしまって、他人から嘲笑されてしまったりしたら…。

この時には触れなかったけど、聞いてくる人は自分が安心したいという面もあるんだろうなあ。本人の中では「気を使っている」のかもしれないが。

コメント欄より

shibakuさんが切り分けていたけど、「個人的に声をかけられる」と「集団の前で言われる」は違う。自分が想定していたのは後者だった。個人的に声をかけられるのなら、素人道程24歳さんやakizさんが言うように、「気を使っている」と思う面はあるので、社交辞令であっても嬉しいというのはわかる。

shikketaさんのコメントを見ると、誤解があるかもしれないと思った。別にすべての飲み会でつまらないなーって思っている訳ではなくて、これはそんなに出たくもないけど出なければならない飲み会に出た時の話。職場の飲み会とか。

そういったしがらみで集まった飲み会では、楽しめない人が出てくるというのは予想できるはずなのに、みんな楽しめるという幻想を抱かれもなあ…と。

# miro 『つまんないの?って聞くのは、答えを聞いて安心したいからじゃなくて、しらけるからそういう態度やめろよ/周囲を不快にさせるなよ/周囲に気を使わせるなよ、っていうのを婉曲で表現してるだけです。』

という訳で、上に書いた文や、最初の本文の「発言したくないからだまっているのに発言を強要してくるのは、「お前はこの場の空気を壊しているのだ」と暗に言いたいのだろう」にあるように、同調圧力に疑問があるという話です。

# ham 『人の顔を見て一発で状態を判断できるほどの能力の持ち主なんてそんな居るのかなあ?』

状態を判断したから「つまらない?」って聞いているのでは。

「つまんないの?」っていう質問が、こっちの返答がし辛い安易な質問であることは確かだと思うんですけどね。』

これに集約されると思いますよ。

例に挙げたように、職場の飲み会で「つまらないの?」と聞かれ、「ええ、つまらないです」と言ってしまったら、明らかに人間関係がマイナスになりますよね。これが友達同士の飲み会だったら、今日はこんなことがあって…とか詳しく言えたりもします。

そういった薄い人間関係で成立している場所で、答えづらい安易な質問はしないで欲しいということです。

素人道程24歳素人道程24歳 2005/10/14 22:58 自分は飲み会で一人だけ浮いてるとき、気を使われて声かけられるとうれしい気がすることもあります。ごく一部かもしれないけど社交辞令がうれしい人もいるよ。

akzlakzl 2005/10/14 23:25 私もそんな社交辞令が嬉しく思える人間です。そのまま、イッキさせられたり、過去暴露なんかで話題の中心に持ってかれたりすると困るのですが。

shikketashikketa 2005/10/14 23:55 声かけられるのが辛いのって「やっぱり俺、馴染めてない…?」って自覚しちゃうせいだと思います。
ただ、私も飲み会が苦手ですが、最後まで声かけて貰えないと、それはそれで寂しいですね。
う〜ん、それに相手の言葉の裏を執拗に探ろうとするのは自意識過剰だと思いますよ。
言葉の裏はあって当然ですし、単なる社交辞令や習慣的気遣いを、いちいち悪く取って拗ねてみても仕方ないんじゃないかと。

歳をとってくると、つまらなさそうにしている人って本当に放置されちゃいますし、その時になって焦らないよう、今から素直になった方がいいんじゃないかなぁ、と私なんかは思います。

shibakushibaku 2005/10/15 00:25 上の例も下の例も声の掛ける時のTPOが悪いのかなって思います。上の例はkanoseさんが書いてることまんまなので省略するとして、下の例だと全体の前で言うってのが悪いのであって「○○さん、楽しんでる?」ってのも相手にだけ聞こえるようにして「○○さん、楽しんでる?俺はあんまり楽しくないんだよねぇ」ならばまだ相手が話を切り出せるかなと思います。素人道程24歳さんやakzlさんが嬉しいって思うのもこの個人的に声を掛けるパターンであって、上に書いてるパターンではないんじゃないかなって思います。

ろばQろばQ 2005/10/15 00:30 そういう風に声をかけられる事も、かけることも有りますが、声をかけられる時は大体素面で冷静なので「余計なお世話だ」と思うのですが、かけるときは大体酔っぱらっていて自分だけ気持ちよくなっているので「申し訳ない (ので気を遣っている) つもり」だったりします (少なくとも自分の場合は)。
「酔っていたので」が何の言い訳にもなって居ないのですが、声をかけてくる奴の中には「考えれば解る事が考えられない状態」だから声をかけてくる奴もいる、と言う事で。

hamham 2005/10/15 01:16 人の顔を見て一発で状態を判断できるほどの能力の持ち主なんて
そんな居るのかなあ?

hamham 2005/10/15 01:45 「つまらないんですか?」と聞かれて「つまらないです」と言うのを
なんか絶対のタブーのように扱ってるのが気になるんですが、
そういう態度の表明って絶対してはならない事なんでしょうか?
飲み会に参加する程度にはこの集団に興味はあるけど、
会話に率先して参加するほどの興味は有りませんという態度を
できるだけ簡潔に表明する努力を放棄して、
そもそも「つまらない?」とか聞かないで欲しいってのは、
なんか厚かましい要求のようにも思えます。
そもそも飲み会って会話する場なんですし。
「つまんないの?」っていう質問が、
こっちの返答がし辛い安易な質問であることは確かだと思うんですけどね。

kanosekanose 2005/10/15 02:18 なんかやけに反応が。長くなりそうだから日記にて。

number29number29 2005/10/15 11:23 入って二ヶ月足らずの職場の飲み会で、つまらないから「寝ます」と言って横になって寝たことがあります。

hamham 2005/10/15 15:18 壊さないようにダメージを受けないように慎重に慎重にするより、
一遍壊してみて(そんな自発的に壊されても困るけど)そっから勉強するほうが良いと思うんだけどな。
ま、いじられたら誰だって多かれ少なかれプライドが傷つくもんだとは思います。

daddyscardaddyscar 2005/10/15 15:35 >そういった薄い人間関係で成立している場所で、答えづらい安易な質問はしないで欲しいということです。

ちょっとまとめがアレなんじゃないっすかねぇ。

kyoumoekyoumoe 2005/10/15 15:41 何か感じ悪いよね、とたくさんのオーディエンスの前で言われるのと
楽屋に戻ってから言われるのとではいろいろ捉えられ方が違うからTPOを考えようねってことですね。

hamham 2005/10/15 15:52 薄いから質問も安易な方向に流れる
そして悲劇は繰り返される、と。

kanosekanose 2005/10/15 16:01 さすがに「アレ」ではどういう意見なのか理解できないので、詳しく説明してもらえると嬉しいです。

ROYGBROYGB 2005/10/15 19:34 「つまらないの?」と言われた場合の返事としては、「そう見えるの?」とか「つまらなそうに見えるかな?」なんてのもありますね。
「楽しんでる?」には「勿論!」と答えれば、肯定否定どちらの場合でもウソにならないとか。

akzlakzl 2005/10/15 20:45 「そういったしがらみで集まった飲み会では、楽しめない人が出てくるというのは予想できるはずなのに、みんな楽しめるという幻想を抱かれもなあ…と。」……なるほどなあ。得心しました。「参加者みんな楽しめる空間」にそれぞれが努めるのは悪くないが、その方法として「(公然)楽しんでる?」「(公然)つまんないの?」はけして万能ではない、というお話ですね。

しかし、ただただ「もっとほかの言葉で気を遣えよ」と憤慨してても進捗しないので、「(公然)楽しんでる?」「(公然)つまんないの?」が常套となっているならば、受け手たちもそれへの対策を研鑽して密かに周知させ、新たな「社交辞令」として無事に定着することができれば、それにこしたことないのかもしれません。「ご所望の言葉を言って安心させます」(yugishibuyaさん)ということなのだと思います。

ただし「社交辞令」なので、「お、今、楽しいって言ったじゃーん」とテンションアップを強要されたり、言質を取ったかのように後々振る舞われたりするのは、困ったルール違反だと思いますが。

kanosekanose 2005/10/16 00:10 「体調が悪い」という言い訳を言ったりしたんですが、そう言うとまた根掘り葉掘り聞く人が出たりしてよろしくなかったです。仕事関係なら「○○の件が心配で考え事してた」とかは有効だったかなあ。

yellowbellyellowbell 2005/10/16 02:21 私は酒好きでとにかく飲み会によく行くのですが、お互い金を払って飲んでいるという前提では「払った金の分楽しまなければ損だ」という価値観です。しかし「飲み会に行く以上絶対得しなければダメだ」とは思いません。

ですから、楽しめていない人間は自腹の金の分損をしているわけで、楽しんでいる人間は自腹分は元を取っている以上、他者の気分にまで口を出すのはマナー違反というのが暗黙の了解と思っていました。

酒にもいろいろあって、楽しい酒が飲みたい人はもちろん、時として楽しくない酒が飲みたい人だっているはずです。どんな酒を飲もうと、他者を巻き込まなければそれでいいと思います。周囲もそれを察したらそっとしとけばいいだけで。

うまくまとまりませんが、「飲み会だから、周囲を気遣って楽しく参加しなくてはいけない」ということは「〜すべき論」や「〜のせいで〜(この場合、うまい酒が飲めない)できない」の類いで、私のような呑み助にとってはとても無粋なことだなあと思うのです。

それに、飲み会で元気がない人の話しかけていいかどうかの顔色を読むことくらい、酒飲みとして普通に要求されるスキルかと思いますよ。
暴発寸前の上司の顔色や、泣かれそうな雰囲気の同僚の顔色なんて、すぐ読めちゃいませんか?

akzlakzl 2005/10/16 04:24 どんなローテンションのときでも、「(公然)楽しんでる?」と聞かれれば、「たぁのしんでるさぁ!」とファルセットで応じながらグラスを持ち上げるくらいはしてました。0.5秒くらいはなんとかなるもんです。しかし「(公然)つまらないの?」という質問は「(公然)楽しんでる?」より容赦のなさを感じて返答に詰まります。

「しがらみで集まった飲み会」は「薄い人間関係で成立している」ギリギリの「場所」ですから、「参加者みんな楽しめる空間」という幻想を無理矢理にでも成立させておかないと、とめどもなく殺伐とした場所に変貌する可能性もなくはありません。

多くの「(公然)安易な質問者」はその「変貌しやすいギリギリの空気」におののきながら、場所を幻想に繋ぎ止めておくほぼ唯一の手段としてその質問を発しているのかもしれません。「しがらみで集まった飲み会」が相変わらずあちこちで必要とされているなら、それを現場で必死に保守しようとする彼らの振る舞いにも理解は必要だ、と、この度思いました。

盛り上がりたくても盛り上げれない。好きな酒も不味くなる。しかし参加しないわけにはいかない。そういう「しがらみで集まった飲み会」で、「せめて払う金の分は損をしない過ごし方」を私も早く修得したいものです。

roddrodd 2005/10/17 11:47 マイナスオーラ漂いすぎです。ボクも飲み会は得意じゃない(というか酒が体質的に受け付けない)ので、そういう空気になる前に退散しますよ。

2005-10-13

政治運動のフォーマット

動員される「チャンネルボーイ・チャンネルガール」

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051011/channelgirl

ここでは「左翼運動」を繰り返していると書いたが、実はそういった風景はかなりいろいろなところに見られる。たとえば、「新しい歴史教科書を作る会」の内紛劇というのは、大月隆寛氏が書いているのだが*1、これを読むと左翼運動の内ゲバと同じような方法で、大月隆寛氏を追放している。運動への疑問者となった大月隆寛氏をいつのまにか影ではずすように画策し、会議でいかに大月隆寛氏が代表としてふさわしくないかを吊し上げ、反省を要求する。「総括」という言葉が出ないのが不思議なぐらいだった。「新しい歴史教科書を作る会」の人たちは、もともと左翼運動経験をした世代だからというのはあるだろうが、別に左翼運動経験者でなくても、オウム真理教など、戦後の日本の政治・社会運動はこういったフォーマットに沿ってしまうのではないかと考えている。

そんなフォーマットの中の一つとして、70年代の過激な左翼運動から、市民運動になる過程にも、現在の動きを解く鍵があるのではないか?と思うところがある。市民運動は、過激な左翼運動から、自分たちの運動を差別化するために「普通の人による運動」というロジックを使ったのではないかと考えているのだが、これは保守系言説の中で「普通の人」を強調する*2のと通じるのではないか? 「右翼」は街宣カーを乗り回す危ない政治団体で、それとはまったく違うというのを強調するために「普通の人」と言っているように思えるのだ。

市民運動を中核派などの極左グループが利用しようとして、市民運動側と極左グループで激しい主導権争いをしてきたように、草の根保守的な運動も過激な政治団体に利用される可能性は高い。しかし、そういった過激な政治団体への警戒心が薄いのが、最近の草の根保守的な運動という気がしてる。相手と敵対的活動をしているのなら、味方だというぐらいの素朴さ。

この辺りの歴史過程については、小熊英二氏的な仕事があれば、参考にしてみたいものだ。

2ちゃんねるでのパクリやパロディにオリジナルへのリスペクトはあるか?

のまネコ問題は前から触れようと触れようと思っていたものの、展開が早くて、書くタイミングを失っていた。とりあえず、あまり指摘されてないと思った話題をピックアップ。

さやわかさんがわかりやすいことを書いていたので引用。

http://d.hatena.ne.jp/kyoumoe/20051007#c

# neatsorg 『>人格攻撃ってのはこの言葉に対してです

いや、だから自分とは関係ないことを書くべきじゃないでしょう。結果として人格攻撃じゃない発言を無視しつつ、「ここは人格攻撃しかない」と言って書き捨てるような形になるんですよ。まあ、そもそも俺は人格攻撃だから何が悪いのか分からないけど。

>「使っても良い」とか「誰に断って使ってんだ」とかって言った者負け

そうですね。そして、それを言いたがっているのはむしろ両方とも2ちゃんねるの人たちですよね。avexは「使ってもいい」とすら本当は言っていないですし。「そういう意味じゃないのか!」と言われて「そんなつもりじゃないです」と答えただけじゃないですか?

>何の理由だか「のまねこはモナーとは*完全に別物*である」という1文だけどうしても外さない

のまネコ」と「モナー」を分離しておかないと、それこそ「モナー」の権利を取得しようとしてるかのように思われると困るからじゃないですか?自分たちが商売に使いたいのはあくまで「のまネコ」であって「モナー」じゃないという線引きだとは思えませんでしょうか。もし思えないとしても、「モナー」として大々的に売り出された方がずっとavexがモナーに対して持つやっかいな影響力は大きくなるとは思いませんか?また、「モナーからインスパイヤされた」という言葉には自分たちの楽曲を無断使用したフラッシュにかける言葉にしては十分すぎるほどのリスペクトが感じられると思います。』

# neatsorg 『俺もえらい威勢のいい発言があったので誠実な気持ちで書き込んでみたけど、返事がないから「何なんだよこいつ」と思ったよ。

>そこで人々が婉曲的に「そもそも何の言いぐさだ」と解釈したこと自体が間違っている、と?

そうじゃないですかねー。「婉曲的に」の意味が全然よく分からないけど。「モナーの利用に対して権利を主張することは一切ありません」というセリフを引き出したのだって、2ちゃんねるの人じゃないですか。

>1文を、のまネコグッズを販売してる場所の注意書きにでもちゃんと掲載

何様のおつもりでしょうか?「そこにモナーって書いとけや」と言う権利は少なくとも2ちゃんねるの人にはないんです。「のまネコ」も「モナー」も2ちゃんねるのものではないですから。また、日頃2ちゃんねるの人がモノをパクるたびにリスペクトだかを発揮してオリジナルを尊重した行為を行っているわけでもないですから、それを他人に強要できると思う方がおかしいでしょう?

>まるで元があることを知られたくない、広まったらまずいような印象を受けました。

いちいち由緒が書いてないと猜疑心が芽生えるのですか。それは自分でも言い過ぎではないですか?せいぜい「無視されてるみたいでムカつく」となぜ言えないんですか?それに、世の中には何かにインスパイアされて作られたものはごまんとありますが、いちいち由緒が書いてあるモノなんてないですよ。いや私なんかはさー、たまに2ちゃんねるの人が「モナーはあめぞう発祥」と言われたらすごい勢いで「昔のことはどうでもいいッ!!」とか言いだすんですけどあっちのほうが「広まったらまずい」って感じに見えます。あははは

>まだこれだけ納得していない人が存在する

どのレベルで「納得」したいんですか?感情レベルでゴネてるだけじゃないですか。それに、いやーひろゆきが「落としどころを決めよう」とか言ったのは扇動家として実に的確だよなあ。衆愚をうまくコントロールしようとしてるよ。

>となると、Avexが「自分たちの楽曲にした」のはいつなのか。

「いつ」とかは問題じゃないんです。avexは権利を持ったから自由に使っていいんです。当たり前じゃないですか。「のまネコ」だって本来はそうです。感情をベースにしてるくせに、いつの間にか自分たちの正義を信じ、法律を持ち出そうとするから、当たり前のことに文句を言うような変な事態になったり、お前等が正義を騙るなと突っ込まれるんですよ。

まあ俺は、感情的な敗北があるのかしらないけど、それと引き替えに楽曲を無断使用してフラッシュを作る前例を作らせてもらえたのに、何をでしゃばってるんだろうと思うよ。許されてることに対する甘えがあるというか。』

この後も議論は続いている。今回は無記名ではなく、はてなID持ちの人相手にやっているのが珍しい。相手はこの記事を書いた人。

ChaboのFF11日記+ - そろそろのまネコ問題の落としどころを

http://d.hatena.ne.jp/Chaborin/20051006/1128568912

重要なのは、「また、日頃2ちゃんねるの人がモノをパクるたびにリスペクトだかを発揮してオリジナルを尊重した行為を行っているわけでもないですから、それを他人に強要できると思う方がおかしいでしょう?」である。

自分の場合、テキストがよく2ちゃんねるに転載されるのだが、きちんとリンクが張ってあって転載されているのは印象として1/3ぐらいだ。下手をすれば、この前のあび子コラムのように改変もされている。転載行為自体は別に文句はないのだが、オリジナルがどこかぐらいは示して欲しい。ネットにある文章なら検索で見つかるからという考えもあるだろうが、改変されたらわからないし。

自分は他人の発想や著作物などを利用する場合、元を提示するという立場を取るが、そういう元が何かわからないぐらいぐちゃぐちゃのサンプリング文化を別に否定はしない。ただ、こういったオリジナルをも不明にするサンプリング文化なら、同じ手法を取られても、不思議はないだろう。

とはいえ、もともとavexの取った手法は、2ちゃんねるでよく見られるようなオリジナルを不明にしようという意志があったのだろうか? これに関しては感情的な面で決められている感もある。

たとえば、『電車男』は2ちゃんねるに対するリスペクトがあるが、「のまネコ」にはないといわれる。『電車男』は書籍においては、2ちゃんねるが発祥と明示されているが、映画、ドラマと書籍を元にした展開においては、2ちゃんねるの文字は出てこない。あくまで2ちゃんねるを元にしたとわかる、ネットの掲示板やアスキーアートなどによって、2ちゃんねるであろうと推測できるだけだ。

のまネコ」の場合、あくまで推測だが、avexはこのFlashの存在を企業が認めること自体が2ちゃんねるの文化へのリスペクトであると、考えたのではないか?

avix批判派の最後の拠り所としては、「2ちゃんねるで著作権侵害行為をしている人たちは金儲けしてないけど企業は金儲けをしている」なんだけど、これも実際に行為をしている人たちは金儲けをしてないものの、それを成果に人を集めて、金儲けに利用している運営側の存在がある。そこにうまく踊らされてないか?と指摘している人も多いのだが、その辺に対する反応はあまり見かけない。

以下、似た話題に言及している人の意見を引用。

NaokiTakahashiの日記 - 模倣にリスペクトは必要か?

http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20051004#p2

# Dryad 『あと、私のエントリでも書いたことなのですが、「2ch文化へのリスペクト」と言った場合に、2ch自身がパクり元に対してどれだけリスペクトを払ってきたのか、という問題はあると思います。少なくとも、はてな某所で2ちゃんねらを釣っている方々は、リスペクトを受けていないと感じているのではないかと。』

# NaokiTakahashi 『2chは、そういうリスペクト、過去の文脈を必要としない、作者の存在にさえ縛られないコラージュ文化の最先端を言ってる空間だと思ってたんですが、そこがこういうことを言い出したというのはちょっと意外でしたね。』

NaokiTakahashiの日記

http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20051005#c1128716788

法を外した話をしますが、アンフェアだというなら、今まで散々2ch発でもないモナーの権利を無視してコピペ・改造を楽しみ、楽曲の無断使用でFLASHを楽しみ、知財がどれほどのものかとやってきた2chらーが、突然権利の主張を始めたというのが、一番アンフェアでしょう。錯覚してる人がいそうですが、「ネットコミュニティの所有物」は、「公共物」ではありません。「ネットコミュニティ」の「私物」です。モナーを私物化しようとしているのは2ch側なのです。

俺は2chにサンプリング文化の最先端、原作者という枠に制約されない新しい表現の可能性を見ていたのですが、幻想だったようですね。彼らは他人の権利を侵すのに無頓着なだけで、権利のあり方そのものにラディカルなわけじゃない。オレンジレンジがよそをパクリで訴えたようなもんで、自分のことは棚にあげて何言ってんだ、って感じですよ。まさしくオマエモナーっていうか、オマエガナーって感じですよ。』

高橋直樹さんのコメントを途中から引用させていただいた。

24-Hour Survival - 2chと帰属意識

http://d.hatena.ne.jp/Dryad/20051008#p1

問題は、2chコミュニティ側にそれを主張する資格がどれだけあるのか、という点にある。id:Dryad:20051003#p1の「モナーは『誰のもの』か?」でも述べたが、2ch文化とは、2ch外の著作物を徹底的にパクり、それらをミックスしたものを表現することで成立してきた文化である。即ち、その良し悪しは別として、本来、「帰属」や「リスペクト」といったものと最も縁の薄い立ち位置にあると考えられる。しかし、実際にはどうだったか。

あと、面白いのがAA職人たちと反対運動している人たちの温度差だ。

論客歓迎】AA長編板 総合議論スレッド その弐拾弐【のまネコ

http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1128424204/4-11

のまネコが独自キャラと言えるのか?

1・ぬいぐるみについて

 【ttp://www.geocities.jp/nomaneko_mona/avex5.jpg】

 このキャラは完全に独立キャラだと思われる。

 これが固有のキャラではないとなると、モララーは独立キャラではないことになるし

 モナーも元のキャラをパクって生まれているわけで独立キャラではないことになる。

 何かを元にしていても、個別のキャラは個別のキャラ。

 AAは自由なのであるからして、企業がそのAAを元に別のキャラを作るのも自由。

 名前も当然変わって然り。さらにモナーを元にしたと公言している故なんの問題もない。

 ちなみに既に一部のAA長編にのまネコとして独自キャラで登場しておる。

とりあえず一部のみ引用させてもらったが、ぜひ全文を読んで欲しい。冷静な意見が出されており、自分もほとんど賛同する。しかし、こういった見解は「2ちゃんねらーの意見」としては、ちっとも広まらない。下手をすれば「工作員扱い」だ。まさに「2ちゃんねるの一部の人」扱いされてしまう。

はてなダイアリー - 地球儀の螺旋 - 「のまネコ」騒動はネット右翼運動の変形? について

http://d.hatena.ne.jp/tragedy/20050914/p1

この騒動は最初から著作権の話なんかではなく、感情の話である。単純な話なのだ。「俺が大好きな○○を蹂躙するな!」という話なのだ。モナーに対しては何の思い入れもないが、同じような体験をしてきた人の怒りの話なのだ。2ちゃんねるという幻想の共同体に強い帰属意識を持った人々の抵抗運動ではない。そこから始まった話ではあるけれど、私のように帰属意識を全く持っていない人まで「avexふざけんな!」と言っているのは、もっと普遍的な話だからである。

こういう意見を見ると、素朴に「2ちゃんねるって人の大好きな○○を散々蹂躙してきたんじゃないんですか?」と思ってしまう。2ちゃんねるは数の力で、相手の声をつぶしてきただけなんじゃないの?と。

散々リスペクトがあるとは思えないパクリをしてきたのに、他人がやると怒るというダブルスタンダードに対して、皆突っ込んでいる。

avexは企業として恐る恐るネットコミュニティに配慮していた。もちろん、その配慮が行き届いたものだったかどうかは別問題としてあるのだが、そういった配慮を一切気にせずに、反発するのは、グレーゾーンにあったネット上の著作権問題を、版権元が締め付ける方向に行きかねない。

のまネコ」騒動にエイベックスが公式見解発表――インスパイアされたオリジナル?: 深水英一郎 : Hotwired

http://hotwired.goo.ne.jp/nwt/050921/comment_9.html

MUZOというFlash関連の団体が、avex側の担当者に対して、ネットコミュニティに配慮をしてほしいという要望をしたら、担当者が感情的な反応を示したという報告もある。ただ、この文章、担当者が何に対して、感情的な反応を示したのかという辺りがよくわからないので、鵜呑みにするのは危険だとは思う。

*1:『あたしの民主主義』ISBN:462031420X

*2:政治系ネタで炎上するブログでよく「自分は普通の人だが…」みたいな意見をよく見かけるように

shibakushibaku 2005/10/13 14:32 MAX松浦の一部の人には仕返しとばかりに著作権無視の黒フラッシュをバンバン通報してもらって黒フラッシュ文化がなくなって2ちゃんねるの一部の人が泣けばいいんじゃないかなぁって思います。

dktndktn 2005/10/13 18:18 オープンソース=商売しちゃダメ、ってどっから来てんだろ。
ていうか明確なライセンスあってのOSDなんで、変な比較はやめてもらえないかな。

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/13 20:37 いつも言うんですが、明確に商売が好きなのは2chの上層部でしょう。

dotdot 2005/10/13 21:45 火消しに失敗したavex、アホだなー以上の感想は無かった、というのが正直な所。2chの圧力団体パワーがまだまだ健在だったのが一番、興味深い。「2chは終わった」派のブロガーの方は気に入らないみたいですが。

ataliaatalia 2005/10/13 23:20 >> holdmytongueさん
2chの門前で商売する際の「暗黙の了解」は、
「西村博之氏に話を通す事」であるような気がします。
ちょうどITmediaで氏が言及していますが、
「電車男」のように、予め西村氏に話を通していれば、
2chの住人を自称する「一部の人達」も怒らないようなので、
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/13/news070.html

tokijirohtokijiroh 2005/10/14 01:21 政治運動・社会運動の類が何らかの壁にぶつかったとたんに同士討ち始めたりとか、逆に過激な集団と同一視されるのを恐れて世俗的な方向に擦り寄ったりするのは分かるけど、そんなケースは古今東西どこにでも転がってる類の話だと思いますし、それを「戦後日本」でひとくくりにしちゃうのには違和感があります。

kanosekanose 2005/10/14 02:03 >tokijirohさん 昔からの違いがあるのか?という点で荒い論だろうという意識は一応あるんですけど、運動のぐだぐだな終わり方まで含めて似てる印象があるんですよ。オウム真理教が連合赤軍と散々比較されたように。
とはいえ、別に「戦後日本」みたいな軸にこだわらなくてもいいのかもしれません。今の段階では思考メモですので、今後パッチを当てたいと思います。

shibakushibaku 2005/10/14 07:31 >migatteさん
それって2ちゃんねらーお得意の「読まずにカキコ!」って奴ですか?

OguraHideoOguraHideo 2005/10/14 08:23 法律的にはほとんどあり得ない「イチャモンをつけられる可能性」を必死になって「否定できない」と言い張って運動の正当化を図るあたりは、人権擁護法案反対運動とそっくりです。

shibakushibaku 2005/10/14 11:11 >kama
今回の件の問題点は「2ちゃんねる教の教祖様に貢物を捧げなかった為に起こった」ということは信者の方々以外は理解しておりますので、正論を傘に来た布教活動はどうぞご自身のブログ等で行ってくださいませ。あなた達の教義は私共でも充分に理解した上で信仰の自由の元「あなたの信じる神を信じない」という選択をしたものとご理解くださいませ。

ju-kiju-ki 2005/10/14 17:14 >pgcd
あえてレベルを合わせてそう書いてるんだと思いまっす(>_<)彼らの優しみでっす

hjjhjj 2005/10/14 17:43 ここでもまた「一部の人達」メソッドが。
「黒Flashなんか(略)」な人達と「モナー使っても(略)」な人達はお互いを先ず何とかすべきなんじゃないですかねえ。
ひろゆき氏はどっち陣営なのか謎ですが。

shibakushibaku 2005/10/14 17:48 >pgcd
だからバカでもわかるように「2ちゃんねるの一部の人が泣けばいいんじゃないかなぁ」って書いてあげてるじゃないですか。一部って言葉の意味がわからないっていわれるとさすがに困るけど。

pgcdpgcd 2005/10/14 18:49 >shibaku
ああ、すみません。さっきのコメントは前半はコメント欄への感想で
後半は記事内容への感想のつもりでした。言葉足らずでしたね。
黒フラ云々はあなたのコメントに対してのものでは無いのでそんなこと言われても返事しようがないですよ。

>「散々リスペクトがあるとは思えないパクリをしてきたのに、他人がやると怒るというダブルスタンダードに対して、皆突っ込んでいる。」

ここが違和感を感じるんですよ。「黒フラ作ってる連中」と「モナー独占主義」の連中はずっとバラバラの事言ってたかもしれないのに、
それを一つのものと捉えてダブルスタンダード扱いされてもなあって感じが。
掲示板上のAA上でだけモナーとかのキャラを見て、AAキャラとしてのモナーとかは好き、でもFlash等は殆ど見ない自分からすれば「そんなこと言われてもなあ」なんですよ。
そういった黒フラを黙認してきた責任はあると思いますが。

fake-jizofake-jizo 2005/10/14 21:55 「黒フラ作ってる連中」だけがパクリを行っていたのかどうかについてもうちょっと考えた方がいいとおもうよ。なんで話を自分の都合のいいように矮小化するかな。

kyoumoekyoumoe 2005/10/14 22:02 > 「モナーは俺達の著作物だから勝手に使うな!でも俺達はこれからも著作権侵害のFlashを作り続けるよ見続けるよ!」だなんて本気で言ってる人がいるとは少し信じ難いんですが。

いるんだって。
「モナーの著作権はひろゆきにある」とか本気で言う人すらいるんだからそれくらいのことなんて彼らには朝飯前ですよ。
「2ちゃんねらーにはひろゆきへの信頼があるから金儲けに使われても平気」とか平気で言うんですよ。
常識で判断しちゃダメですよ。

no_idno_id 2005/10/14 22:12 のまネコ問題ブログの常連さん達がここにも多数きてらっしゃるみたいなんだけど、
なんで他所のブログのコメント欄でまで2chでの煽りあいみたいな事してんの?

kyoumoekyoumoe 2005/10/14 22:21 ダメですか?

kanosekanose 2005/10/14 22:23 管理人としての見解を言っておくと、議論するのはかまいません。ただしコピペ兵は意見表明ではないと思ってるので削除します。

shibakushibaku 2005/10/14 22:26 >no_id
「2chでの煽りあい」ってのを見たことないのでわかりません。2chの書き込みを世間の人がみんな知ってるって思わない方がいいよ

shibakushibaku 2005/10/14 22:28 先生!コピペ兵の書き込みを消されると僕が一人でつぶやいてる頭のおかしい人になってしまって困ります(;´Д`)

kanosekanose 2005/10/14 22:31 コピペ兵とはURL張り付けをする人で、自分の言葉で書いている人は削除しません。たとえ話がループしていても。

theinvisibleguntheinvisiblegun 2005/10/14 22:48 > konbakuさん
↓この辺に表示されてる記事を読んできてから書き込みされた方がいいと思います。
http://b.hatena.ne.jp/t/%e3%81%ae%e3%81%be%e3%83%8d%e3%82%b3
貴方の問題提起は今回の騒動が起こった時から散々繰り返し飽きるほど議論されてきたことなのでここで同じ提起を繰り返しても多分話が永劫回帰するだけです。

fake-jizofake-jizo 2005/10/14 22:52 つうか後でここのコメント欄全削除すればいいんじゃないですかね。別にそれに異論ある人はいないでしょう。

no_idno_id 2005/10/14 23:01 >kyoumoe
管理人さんがいいって言ってる以上、俺がどーとか言ってもしょうがないん
だけど、個人的には良くないと思う。自分とこでやる分には問題なしだと思
うけども。

少なくとも、脊髄反射(例え発言の正当性をきっちり考えた上であっても)
なレスは控えるべきでないかなー。

あくまでココは管理人さんのブログなわけだし。下手に煽り煽られやってて
まさしく2chで起こってるような問題が起きたらマズイんじゃないかな等
と思うんだけど。無論2chと違って身元の特定やらなんやらは遥かにやり
やすいんでしょうから、事後処理は簡単かもしれない。んでも、管理人さん
になんらかの迷惑がかかる可能性は否定できないでしょ?そーゆう事考えた
ら、とりあえず文調には気を使うべきだと思うんですよ。

勿論、議論そのものをするなというつもりは無いし、繰返しになりますけど、
自分のブログでやるんであれば文句なんか言いません。

>shibaku
んー、そういう書き込み方がそっくりなんだけど。

shibakushibaku 2005/10/14 23:36 >no_id
君がどーとか言ってもしょうがないんだから後は自分のブログに自分の意見を書いていたらどうなんですか?あなたの発言はここに書いてもよくて他人は書くなっていう意味がわからない(;´Д`)

shikketashikketa 2005/10/15 00:21 上で「2ちゃんねらーにも色々いるんだ(俺たちはヤツらとは違う、一緒にするな)」みたいな話が出てますけど、
そういうのって昔の「左翼にも色々いるんだ(俺たちはヤツらとはイデオロギーが違う、一緒にするな)」っていうのと、あんまり変わらないような…

DryadDryad 2005/10/15 00:39 遅れましたが、引用ありがとうございました。やはり、フェニミズムに関してchikiさんがやっていらっしゃるように、「まとめサイトメソッドに対抗するにはまとめサイトを」・・・なんでしょうかねぇ(;´・ω・`)

no_idno_id 2005/10/15 00:39 >あなたの発言はここに書いてもよくて他人は書くなっていう意味がわからない(;´Д`)
意見を書き込む事自体を否定したつもりはないですよー。

cleemycleemy 2005/10/15 08:45 うわあやっぱりすげえ長い。NA・GA・I。きっと話をループさせてる2ちゃんねるの人は、わざとですよね。インターネツトを中身の薄い長文だらけにしようとしてるんですね!やっぱり速読術は必須ですね!
きっと、ひろゆき氏とか夜勤氏とかavexとかわた氏とか八尋茂樹氏とか桝山寛氏とかが出資してる、速読レッスンの会社があるんですね!その会社の株式が一般公開される日を心待ちにしています。僕もその株買いますから

neatsorgneatsorg 2005/10/15 14:43 店長ー!どっちもどっちの人、入りましたー!

shibakushibaku 2005/10/15 15:28 俺がお前でお前が俺だよ

morimori_68morimori_68 2005/10/15 19:13 >>普通の人うんぬん
『〈民主〉と〈愛国〉』をもう一度読み返されることをお薦めします。

neatsorgneatsorg 2005/10/16 05:41 読まないでコメントしているだけにマヌケ丸出しなことを書いているのがいい感じだと思いました。

DryadDryad 2005/10/16 14:14 自作自演説は完全に「事実」になってるんですね・・・困ったもんだ。

DryadDryad 2005/10/19 14:08 深水さんは、http://hotwired.goo.ne.jp/nwt/050921/comment_10.htmlで「ネットの共有文化に企業が対する場合は、その機微がわかる人物にアドバイスを求めるべきです。」と述べられているので、おそらく、avex側担当者の方にも同じ話をされたのではないでしょうか。もちろん憶測に過ぎませんが。

2005-10-12

『テレビゲーム解釈論序説』絡みのコメントをIPアドレスで調べて正解に近付いた編−はてなひぐらし−

「IPアドレス、IPアドレスってどこの厨房だよ、hehehe」としばさん(id:strange:20051011#p1)やhankakueisuさん(http://sinseihikikomori.bblog.jp/entry/237133/)なんかに笑われてるけど、大変面白いことがわかったので続けるよ!

LBさんから提供された情報によれば、『テレビゲーム解釈論序説』を宣伝しているとしか思えないマルチポストが各地の掲示板であったようだ。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&q=%E7%99%BA%E5%A3%B2%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%8E%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%A7%A3%E9%87%88%E8%AB%96%E5%BA%8F%E8%AA%AC%E3%80%8F%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E7%9A%84&lr=

その中から、IPアドレスを出しているものをサルベージしている情報を名無しさんからいただいた。

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=61.26.232.213&ei=UTF-8&fl=0&meta=vc%3D&u=hidebbs.net/bbs/key3%3Fsw%3D7&w=%2261+26+232+213%22&d=UfJoTGFULkRv&icp=1&.intl=jp

「テレビゲーム解釈論序説」読みました 転写男様 【2005/08/16 19:56:44】[返信][削除] 61-26-232-213.rev.home.ne.jp Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)

いろんなゲーム系ブログで「テレビゲーム解釈論序説」という本が絶賛されてるから

気になって買ってみた。なるほど、ゲーム学の本(?とにかく論文集)だから、値段が

高いのが痛かったが、ブログにも「厚さ&重み」と書いてあったように、内容が濃い。

買ってソンはないなと思った。でも、一番買う決心をしたのはドラクエのアメリカ版が

アメリカ文化(米社会?)の事情から徹底的に修正されている箇所が何種類かある

っていうことから始まるRPGでみる比較文化論みたいのが読みたかったから。案の定

すごく面白かった。ゲームソフトの分析方法とかも提示してあって主観的な研究法を

とっていないってとこも印象○。Amazonの促進販売用コメントにもあったけど、確かに

これからゲームの研究をしようとしたり、ゲームの本格的な批評家として食っていこう

なんて考えてる人は、絶対に通過しておかないといけない本が出たって感じがする。

おいらも、これからは大学で堂々と「ドラクエ8を分析してますが、何か?」って言う

自信をつけさせてくれた1冊だと思う。ちょっと感動したのでカキコ。

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=61.26.232.213&ei=UTF-8&fl=0&meta=vc%3D&u=otdi5.jbbs.livedoor.jp/539864/bbs_plain&w=%2261+26+232+213%22&d=QtxubGFULd3Z&icp=1&.intl=jp

1743 【よろしくお願いします!m(_ _)m】

男性 無職 20歳 O型 ◎ 2005/09/05(Mon) 16:35


はじめまして。

自己紹介を少々。いきなりカミングアウトから入って何なんですが(^ ^;

ちょっと前までマジでニート覚悟で生きていたサザナミと申します。

この夏までネトゲ漬けの日々で、親ともかなり激しく衝突してました(ー_ー;)

ちょうど半月前に、発売されたばかりの『テレビゲーム解釈論序説』

という本格的なゲーム学の本を偶然知りまして、Amazonで速攻購入し、

むさぼるように読みました。

もともとかなり面白い本だったので夢中になっていただけなのですが、

けっこうブ厚く、重みがある本ということで、親の自分を見る目が急変し、

「まぁ、勉強や研究でゲームをやってるなら・・・」みたいにかなり大目に

みてくれるようになり、思わぬところですごく精神的に楽になりました。

ネトゲでしかネットにつながなかった自分ですが、せっかくの機会なので

面白いサイトをみつけては、世界を少しずつ広げていこうと思いまして

今回こちらにおじゃまさせていただきました!

ご迷惑かもしれませんが、時々かまっていただけるとすごくうれしいです。

来年はあと2年残して休学していた大学に復学し、『テレビゲーム解釈論序説』

の影響をモロに受けてますが(^ ^;; ゲーム研究で卒論を書いて

なんとか卒業しようと思ってます。

こんな自分ですが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

長々とすみませんでした。

by サザナミ 61-26-232-213.rev.home.ne.jp

rev.home.ne.jpというのは@NetHome(http://www.jp.home.com/)というCATV向けにプロバイダーのサービスをしているところ。

あれ、この「61-26-232-213.rev.home.ne.jp」というIPアドレス、最近どこかで見た記憶が…と思ったら、なんとこの前id:Etsukiさんが書き込みした時と同じだった。この20歳大学生とスポーツライター、どっちの情報を信じればいいんだろうか…。どっちも信じてないけどな!

そして、僕はなぜか以前の調査で間違いを犯していた。SD-BGさんがとあるプロバイダーからアクセスしていると書いたが、それは間違いだったのだ。この「61.26.232.213」というIPアドレスで今までのコメントの中から洗い出してみたら、SD-BGさんとこの通りすがりが同じIPアドレス!

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051009#c1128858503

# 通りすがり 『↓のトラバでとっくに言っちゃった後でつまらんし、これから自己申告したら、また何か言われるだろうから、これで終わったなー。気の毒に。』

なんと「掲示板にマルチポストをしている人」「SD-BG」「id:Etsuki」が同じIPアドレスだったのだ! CATVだからIPアドレスはまず変わらない訳だし、これは同一人物と断定しても問題ないだろう。予想はしていたが、ある程度確実な証拠が出てくるとは…。情報提供していたいた方には感謝。

また、コメントを書き込まれたはてなダイアリーの人によれば、コメントした人間が自作自演をしていたという情報もある。

私はどこに立っているのか

http://d.hatena.ne.jp/frenchballoon/20051011#1129012780

当方の書いたことに対してではなく、コメント欄についた他の方のコメントに対するTB(だと思われる)なので、どうお返事すればよいのかもよくわからなかったのだが(「実はあのとき怪しいなと思ってたんですよ」と後になってから言う間抜けさもあるし)、簡単に書いておくと、08/14の「みい」さんのコメントと08/17の「M&K」さんのコメントのアクセスログのホスト名が同一だった上に、その点について全く言及がなかったので、何もしないことにした次第。

なお、再度調べたところ、「nakaX2」を名乗る人がプロキシーを使っていたというのは勘違いだった。最初から「58.93.200.87」でずっとOCNからだった。IPアドレスの調査に使ったところで、情報が出なかったので、プロキシーとか決めつけてしまった。IPアドレスで云々なんてことはあまりやったことなかったので、いろいろ間違いを…。

ARTIFACT@ハテナ系 - 「へたれゲーマー駄文」恨みと桝山信者を繋げる線

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051011/masuyama

また、ここで書いた「捨てハン」は「219.127.85.66」で漫画喫茶ゲラゲラの武蔵小金井店からだった。

あとは「////」の人のIPアドレスがわかれば、ほとんどが判明することだろう。

id:Etsukiさんは人の言ってないことを捏造しないでください

上のことがわかったのに書くのもどうかと思うがせっかく書いたので。

id:Etsukiさんのコメントより。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051011#c1128978345

昨日、腹立ちにまかせて、きつい挑発的な書き方をしてしまったので、kanoseさんは、「こらEtsuki、おめー」って怒っていらっしゃるんだなぁって正直ビビってます。

書き方間違えたなぁって、その後、大反省しました。すみませんでした。ただ、最後の方のコメントでわたしの名前を呼びかけて「こらこら」っておっしゃってますが、あれは何かの間違いかと思います。もちろんどこまで信用していただけるのかわからないのですけれども。

http://d.hatena.ne.jp/catfrog/20051015#c1128991522

# Etsuki 『ここでも言われてしまいました(^ ^; わたしのことばがおかしいですか? それとも日記でとりあげた内容がおかしいのでしょうか。kanoseさんにもあんたおかしいよって言われましたけど。

※強調は自分がしたもの

別に挑発されたから怒っている訳ではなく、疑問点を書いただけです。書いたのは以下の通りですから、話を捏造しないでください。

最後に、id:Etsukiさんの文章は思いっきりネカマくさいと思っております。サイト読者の方には、この方のコメントを読んで、女性はすぐ泣き落としに出るというような誤解を持たれないことを祈ります。

id:Etsukiさんには今回のIPアドレスの件に関して、ぜひ説明をしていただければと思います。

twonatwona 2005/10/12 09:28 はてなミステリーも佳境に入ったのか?
わくわくしながら見てます、うちはコメントほとんどつかないのでこういうトラブルは無いですけど。注目度が高いブログの運営は大変でしょうが、がんばってください。

 2005/10/12 09:33 ν速やヲチ板で培った陰湿なネットストークスキルでげtしたささやかな情報を、秋晴れの広がる爽やかな朝に相応しい火サスもびっくりの予定調和溢れるエントリーに昇華させてくださったkanose様に心より感謝いたします。

あ、あと無知な私に「落手」の正しい用法をご教示くださったhttp://d.hatena.ne.jp/ustar/20050812#cのモービル01様並びにhttp://slashdot.jp/comments.pl?sid=270660&cid=782163のAC様にもこの場を借りて謝辞を!“アマゾンで落手”今度使わせていただきます!!1

cleemycleemy 2005/10/12 09:58 なんかもう速読でもマスターしない限り、ネットウォッチもままなりませんね!
きっとアイピーあどれすとかハッカーしまくったら、速読の教材とか売ってる業者に行き着くんですよ!騙されないで!

shibakushibaku 2005/10/12 12:56 なぞの名にかけて!犯人はすべて解けた!じっちゃんはこの中にいる!

www-dbwww-db 2005/10/12 14:46 IPアドレスによる地域認識 http://www2.arearesearch.co.jp/ip-kensaku.html がハッカーに便利ですよ→都道府県 東京都 / 市外局番 042
漫画喫茶ゲラゲラの武蔵小金井店 http://www.geragera.co.jp/store/musako.html

kanosekanose 2005/10/12 15:16 >BBさん 八尋茂樹氏の論文についてはのちほど情報あげます。■新品の書籍を買うことをいうのに「落手」なんて普通使いませんからねえ。なんで同じ使い方をする人がいるのか不思議不思議。■>www-dbさん 良いサイトどうもです。やっぱり東京西部でしたか。

andoando 2005/10/14 02:56 あぁっおかしなことを(;´Д`)

>>rev.home.ne.jp

このhostはcybersyndrome辺りで良く見かけますが
proxyとして使われることが多いhostですね

kanosekanose 2005/10/14 03:00 あれれ、@NetHomeの回線じゃないんですか? もうIPアドレスとかわからん! 寝る!

 2005/10/14 03:46 最近Etsukiさんが出てきてくれなくて寂しかとです。まとめサイト作ろうと思ってたのに!
とりあえずサザナミさん(男性 無職 20歳 O型)のコピペ爆撃を受けた個人サイトの人には、アクセスログでリファを確認することをお勧めします。アクセス元のポータルと検索語句とのギャップが見どころです。

>kanoseさん 
寝るな!ネットストーカーの責務として先日コメントする前にちゃんとチェックしてるから安心しる!つーか仮にproxyだとしたら却って不自然さが増すだけだし。ところでここのログってUAとかのENV取得できますか?サザナミさんはワイド液晶使ってたようですが。

こんな感じでこんな感じで 2005/10/14 18:17 普通に@NetHomeの回線だと思います

2005-10-11

動員される「チャンネルボーイ・チャンネルガール」

のまネコ問題■モナティッシュ運動まとめ■

http://monatissue.fc2web.com/

このサイトは、

@イる本 - のまネコ問題まとめサイトなどで

http://d.hatena.ne.jp/illbook/20051007/1128697162

で知ったんだけど、地方の女子高生がやってる。

※なんで「地方」ってわざわざ書いたかというと下記のリンク先を読めばわかるように、デモなどに参加したいけど参加できない人のために何かしたいという気持ちがあるから

http://monatissue.fc2web.com/think.html

ここを読めばわかるように、かなり純真な気持ちで運動をしているようだ。

オオツカダッシュ - 少女フェミニズムノート.3 ティッシュを配る少女

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/20051011/1128969656

それに対する分析。

のまネコ問題で目立つのは過激な言動をネットでする人たちで、それをぁ系の人たちは、チャンネルボーイと呼んでいる訳だが、今の議論だと、こういう「静かな運動家」である「チャンネルガール」を見逃してしまっているのではないかという気がしてきた。

そして、この女子高生のサイトを見て思い出したのが、サイコドクターの風野春樹さんによる「押しかけ厨」の研究で引用されていた香山リカ氏が映画『ギャラクシー・クエスト』について触れている文章。

http://psychodoc.eek.jp/abare/oshikake.html

以下は、中塚尚子(香山リカ)氏が書いた「『借り』を返したい――「ひきこもり」のささやかな治療論」(こころの臨床ア・ラ・カルト20巻2号,2001年)という文章より。

筆者にとって最も印象的だったのは、これまで現実世界では活躍の場がなく、物語世界に閉じこもりがちな生活を送っていたマニアたちが、宇宙船艦長役の俳優から「これは現実なんだ! キミたちの知識が必要だ」と言われた瞬間、「わかりました、艦長!」と一気に活気づくシーンであった。名声やお金が与えられるわけではないが、彼らの「万能の核」が満たされる奇跡が起きたのである。

(中略)

 持てる知識をすべて使って彼らの手助けをするマニアたちは、この「借り」を返すときがやってきたからこそ、あれほど歓喜に満ちた表情をしているのではないだろうか。「ひきこもり」たちが望むものもまた、「この世ならぬ場所で『借り』を返したい、返せる相手がほしい」ということにほかならないのではないか、という気がする。となると、彼らを部屋から引き出すのは、名声でもお金でもなく“小さな奇跡”ということになろうか。

この文章は、最近だとbewaadさんが、先日の総選挙の話題の時にも引用している。

bewaad institute@kasumigaseki(2005-09-11) 総選挙の朝に思うこと

http://bewaad.com/20050911.html#p01

そして、風野春樹さんは香山リカ氏の文章を受けて、「押しかけ厨」をこう分析する。

 レポートの中で、「厨」が対象者をターゲットにしたきっかけとしてしばしば書かれていたのは、対象者がホームページに書いた「誰か手伝って」とか「アシがほしい!」といった、何気ない一言だった。「厨」たちは、対象者が冗談半分で書いたその言葉を真に受けて自宅に押しかけ、拒絶されると逆上する。そんな例がいくつか見られるのである。

 多くの人が「厨」の思考に困惑したと思われるのだけれど、ホームページで目にした憧れの作家さんの「手伝いがほしい」という一言は、彼らにとって、艦長の「キミたちの知識が必要だ!」のひとことと同じなわけだ。憧れの作家を自分の力で助けることができる! それは空虚感に満たされた彼らにとって“小さな奇跡”であり、自分の「万能の核」が満たされ、「借り」を返すことのできる輝かしい瞬間なのだ。だからこそ、彼らは同人誌の奥付を頼りに押しかけるのだ。自分が歓迎されると信じて。

 それは確かに彼らを部屋から引き出す奇跡だ。とはいっても、中塚がいうほど希望に満ちたものではなく、迷惑きわまりない奇跡ではあるのだけど。

今回ののまネコ問題は、こういった心理を見抜いて、扇動させている人がいるんだろうなーとは思う。

最初のサイトで見ると、のまネコリングの参加者は10代が多い。そして絵を描いたりと、同人活動をしている人が多いようだ。もちろんウェブリングなんてのは同人系の文化だから、そのような傾向が強くなるのだろうとしても、この「押しかけ厨」問題に通じるものがありそうではある。

過激な言動をする人も静かな運動家も心理は同じだ。ただ、その行動が違うだけである。チャンネルボーイは、扇動家の作ったまとめサイトを見て、子供コピペ兵と化し、チャンネルガールは後方支援をする。

これは昔の左翼運動と変わらないのだ。使う媒体がネットになり、活動が手軽になっただけで、運動の動員の構図は変わらない。

「まとめサイト脳」の話を書いた時には触れ忘れたのだが、まとめサイトは2ちゃんねるのスレの住人が作っている一方的なものが多いという前提が忘れられがちである。2ちゃんねるのスレのままだと警戒心が湧くのだが、まとめサイトになるとその警戒心は薄れてしまう。

まとめサイトは、左翼運動でいう集会で、そこで各自にFAQという名のテンプレートを自分なりの解釈をせず、刷り込まれる。そして、参加した子供はコピペ兵になり、コピベ爆撃というアジビラ蒔きをする。

子供コピペ兵は自分たちの持つ武器がアジビラしかないのだから、そりゃ話も繰り返すだろう。うんざりしながらも、相手をするぁ系の人たちは昔から戦争をしていた歴戦の勇者だ。一人で数十人分の戦力を持つ特殊部隊といってもいいだろう。「まただよ…」と思いつつも、倒しても倒しても出てくる子供コピペ兵をニコニコしながら銃で撃つ。

そして、はてなダイアリーは戦場となった。*1

平坦な戦場で僕らが生き延びること

―ウィリアム・ギブソン "THE BELOVED (VOICES FOR THREE HEADS"

「へたれゲーマー駄文」恨みと桝山信者を繋げる線

なんか下手なミステリーより面白くなってきた。「はてなひぐらし」って感じだ。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051009#c1128951241

# 俺も捨てハン! 『盛り上がってますね〜。なんか面白い。

ひとつ気になったのは、時々捨てハンが顔を出してこの記事を賞賛したり、毒吐いたりするんですが、kanose氏の文章の内容からそれを読むと、kanose氏に近い、もしくはkanose氏が書いているんじゃないかって言ったら、またレスがダダダッ?w』

# やはり捨てハン 『なんか見えてきた。最初はやっぱ宣伝コメントかよ!って思って記事を読んでたけど、どうも怪しい臭いがしてきた。

読みたい気もしたけど、高い本だからずっと迷ってチェックしてたけど、この本をすげー罵倒するコメントもかなり前からあって、その異常さにちょっと気になってたんだよね。「へたれゲーマー駄文」さんとことか。今はどこも削除されてるみたいだけど。

「がむしゃら」なんて「氏ね」とか「悪書」とかで30くらいのコメント全部埋められてたし。あれはかなり異様だった。

で、アマゾンみたら今日の日付で悪意としか思えない幼稚なコメント(あれはレビューじゃないっしょ)がついてて、ついに本格的な攻撃が始まったかなって感じ。

もう宣伝コメントとかまいてる方がなんかけなげに思えてきた。こうなってきちゃうと大人げなさにヒクよ。』

この二つの書き込みはとある漫画喫茶から書き込まれていて同一人物の可能性が高い。そして、「へたれゲーマー駄文」では、そんな文章を読んだ記憶ないのに、なんでこの捨てハンの人はウソを書くのだろう、よほど「へたれゲーマー駄文」のコダマツキミさん(id:kodamatsukimi)に恨みがあるのだろうか?と不思議に思っていたのだが、考えてみたら、「へたれゲーマー駄文」には粘着コメントをする「////」を名乗る人がいる。

へたれゲーマー駄文

http://d.hatena.ne.jp/kodamatsukimi/20051004#c

# //// 『コダマツキミくん。

君はhiyokoyaのブログに「変なコメントがついていて気持ち悪い」と言っているみたいだが、私たちの発言のことを指しているのかね? もしかしたらそうかもしれないからコメントしておこう。私たちはうんこ屋のhiyokoyaが、アマゾンのど真ん中で、桝山先生の本にうんこを塗りたくったから抗議をしているまでだよ。君のような中卒か高卒(まぁ、よくて四流大卒)で社会の底辺をさまい、IQの低そうな日記を毎日書くことが楽しみなくされゲーマーには、理解のできない、無縁の世界かもしれないけど、私たちの抗議活動は重要なんだよ。わかるかい?その活動に対して気持ち悪いって言った意味を回答したまえ。答えによっては、うんこ屋I同様に、今後、君も私たちの攻撃の対象とさせていただくからね。回答、楽しみにしているよ。もし、回答がなかったり、このコメントを削除した場合は、君に対してそれなりの活動をさせていただくから、覚悟しておくようにね、コダマツキミくん。』

ということは、この「捨てハン」と「////」は同一人物の可能性が高い。

そして、一連の怪しいコメント群の中でも桝山氏に言及しているコメントがある。

workshop PCエンジンおしゃれ計画

http://d.hatena.ne.jp/workshop/20050829#c

# akkie 『workshopさん、お久しぶりです!いつも楽しく読ませていただいてます!

「テレビゲーム解釈論序説」の寸評が出てるとのことなので、早速見にいってみましたが・・・。絶句。しかもほとんど「ゲーム解釈論」の話じゃないし・・・。////さんという人はご自分のブログとかで怒りを爆発させたらいかがでしょうかね?確かに桝山さんはもはやカリスマ的な部分もあるので、こういう擁護が出てきてもおかしくはないと思いますが、それにしても読むのが辛すぎるほどです。もしくは、出版関係で被害にあわれた方なのかもしれませんが、直接ご本人とメールなどでお話しされるとか手段はあったはず。ちょっと前までのPC通信やウェブのBBSではよくこういうことはありますが、私は平和で面白いブログしか渡り歩かなくなりましたので、久々にショックで何だかどんよりです。それはさておき、私も解釈論の著者のエッセイを読んでみたいです。第二部のファンタジスタ論(これはworkshopさんの命名ですね!)とか読んでて、海外サッカー見たくなってきますから、この著者のもっとラフな文章でも楽しんでみたいと思います。これだけ固い文で楽しめているので。今度は明るい話題の時にカキコしたいです(; _ ;)』

# akkie 『workshopさん、Samson Leeさん、こんにちは。workshopさんのコメント読んでいたら桝山さんの本を読んでない私としては読んでみたくなり、昨日、本屋をまわって、図書館にも行ってみましたが見つかりませんでした。結局、図書館で他の図書館から借りる手続きをとってきました。時代を感じる・・・バイブルの残り香・・・なるほどぉ。おそらく(いや確実に?)workshopさんはその時代をゲームやゲーム論と一緒に歩まれてきたんですね。うらやましいです。』

# workshop 『akkieさんへ。 バイブルちゃいます、バ・ブ・ルですw。』

# akkie 『>バイブルちゃいます、バ・ブ・ルですw。

きゃおーん!((((( ̄ロ ̄;)』

このとぼけた会話も楽し過ぎるのだが、「桝山さんはもはやカリスマ的な部分もあるので」と言うような人が、桝山寛氏の書籍を読んでないというのはどうも怪しい。桝山寛氏の書籍とは縁がないことを強調しているように読める。

この二つを結びつける推測はできるのだが、今書くのは控えよう。

やはり、あの怪しげコメントを書き込んでいる人たちのIPアドレス情報が出ると、より事態は理解しやすそうな気がする。という訳で情報を持っている方は、ぜひkanose@jp.orgまでメールを!

『テレビゲーム解釈論序説』コメント話関連

シナトラ千代子 - 「書籍感想コメント群」問題のコメントを洗ってみる。

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20051011/p1

コメントを「へんにサイト管理人を持ち上げる」「反論の有無」で切り分け。投稿時間で並べるとやたらと時間が近いのもあったりして笑った。

あと、今回の件から教訓を引き出す記事。

おれはおまえのパパじゃない - テレビゲーム解釈論序説―アッサンブラージュ問題

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20051010/1128915943

そして絶賛コメントというのは通常匿名では行われない。匿名は叩きのためにあるからです普通は。

顕名なら誉める、匿名なら叩く。だから、mixiのレビューは誉めばかりで、2ちゃんねるには叩きが多くなる。

catfrogの約一行 - 某mixi本の女性の知り合いという人を思い出した。

http://d.hatena.ne.jp/catfrog/20051011

好むと好まざるとにかかわらず これもやっぱり「ネットとリアル」とか「匿名実名」とかの話ですかねえ。

http://plaza.rakuten.co.jp/catfrog/diary/200510100003/

猫かえるさん(というよりcatfrogさんのほうが馴染みよさそうだけど)、はてダのほうが一行になってないよ! 今回の記事を書いた動機は「こんな面白いもの見つけてしまったからにはみんなに伝えないと!」いうかなり単純なものなんだけど、改めて今の展開を見ると、ネットでのプロモーションの難しさを感じる。

mgkillerの目が光る。: 意図している層には売れまい

http://mgkiller.txt-nifty.com/mgkiller/2005/10/post_d119.html

自分はこの書籍には軽く興味を持っていたんだけど、今回の件を知って読む気が失せてしまった。

gachapinfanのスクラップブック - 匿名絶賛コメントの怪

http://d.hatena.ne.jp/gachapinfan/20051010#p1

1. 本当に自分が感銘をうけた本であっても、「匿名」で絶賛するのはサクラだと思われることがあるので気をつけよう。

2. 固定HNで絶賛するときも、「こんなウザいやつが誉めるような本だったら要らない」と思われないようにしよう。

3. 本や著者への嫌がらせをたくらむ場合には、前二項をふまえて陰謀を練ろう。

gachapinfanさんの文章に追記すると、ここでいう「匿名」というのは、「ネットで長期間、同名での活動をしていない人」だろう。おまけに誉めるのが、ブログではなく、他人のコメント欄だったからなあ。

また、今回怪しかったのは、誉める点があまりに似通っていたこと。確かに誉める点というのは、どうしても似てしまうものなのだが、それでも別人が誉めれば、ちょっと変わった視点などが導入される。今回の場合、誉める点が最初からいくつか決めてあって、それを数個使っている(全部ではないのがポイント)ようにしか見えない文章だったために、不自然さが目立った。書き込んだ人は文体を変えて別人の振りができていると思っていたようだが、誉める点が似てれば、文体は無視される。

それと、本を読んでないけど、ちょっと好意的に紹介している人に対して、「あなたは眼のつけどころがいい」なんて言う第三者はいないだろう。

そして、3で指摘されているように、実は悪意ある第三者が、わざと稚拙なコメントをして、自作自演であるかのように見せかけ、対象のイメージを悪くさせるためにやったという可能性はある。しかし、この作戦は、この自作自演を多数の人に見つけてもらわなければ、無駄に終わってしまう。

以上から考えると、陰謀であった場合、自作自演を広めるのが重要になるのだから、自作自演を広めた人間が怪しくなる。となると僕が一番怪しいのか! 僕がすべて仕込んで、自分でさも発見したかのように振る舞っているという推理が成り立つじゃん! ぎゃー!

といっても、書籍を読んでないんだから、あそこまでコメントつけられないし、そんなことをしても何のメリットもないんだから、否定される推理ではあるよなあ。でも、今影分身の術を使っている人(たち)は、自分がこの話題を取り上げることによって、何かのメリットがあると思っているようだけど。

こういった関係者による活動疑惑があるところといえば、2ちゃんねるだが、関係者が誉めていたという例はあったかなあ。

しいがる日本橋店って最高だね

http://www2.bbspink.com/hgame/kako/1018/10182/1018294314.html

一番アホな例と言えばこれで、2ちゃんねるのID表示を知らずに延々書いたという例。久しぶりに読んだんだけど芸術の領域にいってる(笑)。

PSP発売時のソニーのゲートキーパー事件の場合、完全に追いかけてないのだが、個人のブログに書かれた任天堂批判のコメントのIPアドレスの数例だけで決めつけてた記憶がある。fushianasanトラップに引っかかった例もあったんだっけ?

id:Etsukiさんのコメントに返事

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051009#c1128905385

それから、私の現在の職業はスポーツライターです(時々、音楽関係の取材もします)。趣味はゲームです。

あと、大学院ではバタイユをやっていて、思想系の話はめっぽう好きです。この話題なら何時間でも話せますし、原稿用紙何十枚でもかけます・・・質はどうあれ。

そこまで明かせるのは、どこの雑誌で何という名前で活動されているのか書いていただければ、証明になりますよ。でも下記のことを考えると、それはできないでしょうね。

仕事であんな文体の記事を書いたら、私はクビですから。そのあたり、常識の範囲でおわかりになられますよね?

と書かれてますが、id:Etsukiさんは十分クビになりそうなことをやってますよ。

http://d.hatena.ne.jp/Etsuki/20051008#1128831161

grendyさんがコメント欄でミキティのことに触れていたので、

いとしい先輩に「ミキティの画像あります?」って聞いたら、

「あんたが欲しいのはこんなのだろん?」って送ってきました。

「そうそう!これこれ!」とわたしは受け取りました。

ちなみにいつも画像をくれる先輩も女です。

間違いなくわたしたちは世のおやぢたち以上にタチが悪いみたいです (^_^;)

業務で得た画像を、業務以外で公開する人がいるとは信じられません。出版社などのメディア関係の仕事をしていて、そんなことをしたら、相当マズイというのは常識だと思ってました。

くだけた文体で書いても、ちょっと怒られるぐらいですが、こんなことをしたら、解雇されても不思議はないです。

「先輩」ということは編集部に所属しているようですが、編集部に所属しているのなら、普通「編集者」と名乗ります。「編集部に所属したライター」というのはちょっと疑問があります。

あと、ライターなのに三点リードが中黒三つの「・・・」というのも不思議です。

それとは別に、日記の画像がそういったオリジナルであるとは僕は思いませんでした、これらの画像は既存媒体で使われているものだと推測してます。この辺り、スポーツに詳しい方が、この方の日記の写真を見て、どこかで見た写真であるかどうか判断してくださると助かります。

あと、まややさややさんですが、ご指摘のとおり、実は私も最初はgoogleで検索してひっかからなかったので困ったことがあります(それは私の日記の中に書いてあると思う)。

gooのホームページにいって、そこでmayaya-sayayaかまややさややで検索なさってみてください。いけると思います。

http://d.hatena.ne.jp/Etsuki/20050926#1127712688

ここで書かれてますね。gooのサイトからやっと見つけました。

ファイブ・イージー・ピーセス

http://blog.goo.ne.jp/mayaya-sayaya

ファイブ・イージー・ピーセス:ゲーム研究

http://blog.goo.ne.jp/mayaya-sayaya/e/5f80afbf44e7cd1d839f62bd39270409

この書籍には9/19に触れてますね。

この人もブログは9月にスタートしてますが、もっと昔から活動されているお知り合いはいないんですか?

最後に、id:Etsukiさんの文章は思いっきりネカマくさいと思っております。サイト読者の方には、この方のコメントを読んで、女性はすぐ泣き落としに出るというような誤解を持たれないことを祈ります。

メガネ男子好き女子といっても派閥はあった

書籍『メガネ男子』(ISBN:4757211740)が出たことによって、メガネ男子好き女子にも派閥があることがわかったのでメモ。でもって、メガネ男子好きといっても結局イケメンがメガネがかけてるのが好きなんだろ問題がよくわかる感想を引用する。

みんな「以外」のうた - 『『メガネ男子』感想

http://d.hatena.ne.jp/nanashino/20051004/p1

1998年からメガネくん好きサイト「メガネくんライフ」をやっているななしのさん。

あ、ところで、対談メンバーの皆さんは“アキバ系はダメ”なんですか?……読んでて「結局はしゃっつらかよ」(by本田透@『電波男』)という言葉が思わず頭をよぎった。メガネ男子愛好会代表のチョコラさん(達)はこのメガネ男子本についてblogで「メガネ男子は外見じゃないよ」という趣旨のことを発言してるけど、アキバ系を否定するということはまさにこの「外見」で否定してるのと同じなのでは。

……要はオタクな漫画のメガネくんは「2次元に抵抗がある人もいるし、オサレな本にしたいんだもん♪」って感じでスルーされたと受け取って良いかー!(大苦笑)記号的観点からいうと2次元(という記号界の住人である)メガネくんの方が明らかにメガネ分析しやすいんですけどね。萌え分析も2次元界の方が明らかに進んでいますし。2次元をスルーした時点で『メガネ男子』がイマイチ薄目の仕上がりになってしまったことは否めません。

酉の市の売れ残り

http://d.hatena.ne.jp/nigo/20051004#p1

ということで、メガネ男子好きvきゅんきゅん☆と言ってる女子の視界にあなたが入る余地はあるのかどうか知りたいオタクメガネ部の皆さんは斑目を踏み絵に使いましょう。容赦なく踏まれたら「ああ、こいつはガーリーな感じのナイスメガネが好きなんだ、俺とは住む世界が違うんだ……」と黄昏たうえで存分にモテ非モテ避モテ棄モテティモテ論争でもすればいいじゃないよ。

Rubber Brain Blog | メガネ男子、か…

http://gemini.topaz.ne.jp/blog/log/eid357.html

それからこれはmixiのメガネ理系男子コミュで読んだんだけど、あんまり頭来たからクローズドな場所のことオープンなここで書くけどさ、マッドサイエンティスト・カフェのキャスト画像をみて「こんなメガネ君達やだー」という意見が多数上がってて、おまいら何を思ってこのコミュにいるのかと。わたし的には超ストライクなナイス理系メガネさんばっかりだったんですよ!そんなにアレかい、岡田准一田辺誠一のメガネじゃないとダメなのかい。いやわたしもイケメンメガネはそれはそれで好きですが、なんかこう、深〜い溝を感じました。絶望しました。絶望先生玉川上水で心中してきま〜す!

ひげよ、さらば - メガネ好き女子の踏み絵としての班目

http://d.hatena.ne.jp/sleepiness/20051008/1128730304

部分引用にしようと思ったんだけど、めちゃくちゃテンポのいい文章なので全文引用してしまった。なお「班目」ではなく「斑目」だそうです。

『酉の市の売れ残り』さんで知った『メガネ男子』の編集方針…!ギャー!!私の班目を踏まないでください…!!あの泣きそうな笑顔を見てキュンキュンこないやつとは合コンで争えない!やった!つか班目合コンこないから、つーか、紙の人だから。班目はガーリーな感じのナイス眼鏡ではない、すなわちオタ眼鏡だからダメ…。別に肉が眼鏡に食い込んで肉眼鏡になっているわけではないのに…!すげこまくん*1もダメですか、唐沢俊一もダメですか。メガネ好き女子に市民権が与えられたとしても、一人ガード下のダンボールハウスにガタガタ震えて小さく丸まって寝ている、そんな気分…!!!パトラッシュ的なものも寄り添わず!一人で!凍死しながら、班目の夢、見られるかな…。

ワタナベのおたくの友(*^・^*)掲示板

http://hpcgi1.nifty.com/frpsoft/minibbs2K/minibbs.cgi?log=moyo

ライターの渡辺由美子氏の掲示板の1429の書き込みより。

【書籍「メガネ男子」について】

各方面から「メガネ男子」本についてお話を聞くことがあるので、未読ながら今考えていることをつらつらと書きますね。

「メガネ男子」本、実は私のところにもお話があったのでした。

でも私の好きな「げんしけん」の班目が、「ガーリーな感じのナイスメガネではないので・・」とNGが出て、お流れになってしまったのでした。

「ガーリー」って何だろう? たぶん、イケメン、女子の大勢が好きそうなもの、少女漫画……という感じで、男アニメ、男漫画ばかり見ている私とは違う岸辺なのだなあと思った次第です。

「メガネ男子」はまだ読んでいないのですが、編集さんは漫画に詳しい方だったので、初心者にもわかりやすいガイドブックを目指したのだと思いました。

編集さんが漫画に詳しいにもかかわらず、メガネ男子の初書籍ということで、「オタクっぽさは極力出さずに」というコンセプトだったそうです。

あまり2次元に特化して冒険するのも不安だったのでしょう。出版業界にいる身としてはよくわかります^_^;

もし好評なら、第二弾として2次元キャラクター版も出るかもしれませんね。

その時こそ、私もアニメ者としてぜひ参加させていただきたいと思っています!

以上の文章からわかるように、メガネ男子好き女子といっても、オタクメガネも好き(二次元寄り)という人たちと、オタクメガネはダメ(三次元寄り)という人たちに大きく二分されるようだ。その踏み絵としては、『げんしけん』の斑目リトマス試験紙に使える。後者は「結局イケメンがメガネがかけてるのが好きなんだろ」と言われてもしょうがないだろう。

書籍は買ってきたんだけど、まだ全部読んでないのでまた今度。

おれはおまえのパパじゃない - メガネの二次元三次元

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050907/1126056030

いちいち「どうせメガネ男子とか言って、かっこいい男がメガネしなきゃダメなんだろ? 俺には関係ねえよ」とか、例によって拗ねてるお子さんたちは、メガネ男子萌えが決してイケメンメガネとかに限定されてない(むしろ真性メガネ萌え)ってことを、mixi『メガネ男子愛好会』会長のサイト『猛牛ママ』のメガネ男子カテゴリを全エントリ熟読して理解しておくこと。わーわーゆーてる子はお母さんいちいち相手しないわよ。

一般人の「萌え」のイントネーション

Bosso! - イントネーション。

http://d.hatena.ne.jp/Bosso/20051005#1128480846

テレビやラジオのアナウンサーが「萌え」を発音すると「も」にアクセントが入るらしい。それじゃ「山口もえ」と同じイントネーションだ。

*1:わからない人もいそうなので無粋に説明しておく。タイトルは岡崎京子氏の漫画『ジオラマボーイ・パノラマガール』のパロディ。そしてギブスンの詩の引用は『リバーズ・エッジ』

EtsukiEtsuki 2005/10/11 06:05 kanoseさん、おはようございます。
kanoseさんはやけに業界に詳しいと思ったら、なんとライターだったんですね。相手が同業者で、さらに自分よりずっと先輩で、しかも業績のある方じゃあ痛いところをつかれるはずだなぁと。
自分の書き込みがさらされている!と思って、最初かちんときたので、頑張って反論してみたのですが、勝てないはずです。こちらへのコメントやこれまでつけてきたダサい日記をご覧いただいたことを、今更ながら非常に恥ずかしく思います。
ご指摘のひとつひとつが致命的なところを確実についてこられるものですから、なんだかおかしいなと思ったのですが、納得しました。
ご指摘の表現(中黒など)などは、確かにそうなんですけど、日常でやってはやはり失格ですか?くだけたかったというか、ものぐさなんですが、職業を名乗った以上、やはりまずいでしょうか。
あと、画像の件ですが、これもおっしゃるとおりです。使用している画像は全て世に出回っている(よく公開されている)ものばかりなんですが、いろいろと悩みながらも使ってます。数人しか読んでくれてない日記でしたからジャンジャンやってました。オリジナルの業務のはやはり使用したくてもできません。
あとあんまり具体的に書くと、すごい数の人が読んでいると思うので、あまり書きたくないのですが、私が仲の良い先輩というのは、現在フリーです。これ以上はちょっと許していただけますか?
昨日、腹立ちにまかせて、きつい挑発的な書き方をしてしまったので、kanoseさんは、「こらEtsuki、おめー」って怒っていらっしゃるんだなぁって正直ビビってます。
書き方間違えたなぁって、その後、大反省しました。すみませんでした。ただ、最後の方のコメントでわたしの名前を呼びかけて「こらこら」っておっしゃってますが、あれは何かの間違いかと思います。もちろんどこまで信用していただけるのかわからないのですけれども。
こういう展開になってしまうなら、おととい名乗り出なきゃよかったなぁ、とすごく後悔してますけど、書いてしまったものは仕方ないと思うようにしてます。ネカマなんてまで言われちゃいましたし(^ ^; 確かにご指摘のとおり、日頃、男性的な文を書くので、自分でも境界線がすごくあいまいになってしまってて、そこをつかれてしまったなぁとも。
好奇心からきわどい条件で日記で展開してきたことをご指摘していただきましたので、反省の意味で日記を中止します。自分の意識、問題を省みるためであって、もちろんあてつけとかではありません(^ ^;
画像を含む日記についてはこれから削除します。あと、勝手なことを申しますが、日記を中断する前に、一度わたしの日記へ書き込みをして下さいませんか?一行でかまいません。それは無理、と依然ご立腹ならあきらめます。
最後に、一昨日、昨日の喧嘩腰のコメントを再度お詫びいたします。このコメントにまた怒りのメッセージがつかないことを祈って。さようなら。

shibakushibaku 2005/10/11 06:48 この後、kanoseさんの正体に関する衝撃の展開が!

kanosekanose 2005/10/11 06:52 なんでそちらの日記にコメントを書く必要があるんですか? 理由を教えてください。
おそらくIPアドレスを知りたいんでしょうが、はてなIDを持っている人のコメントに関しては、コメント通知メールでIPアドレスは表示されませんよ。ただし、アクセスログを取っていれば突き合わせできます。実際、Etsukiさんがどこから書き込んだかは把握しておりますので。■あ、天才コメンテーターさんだ!

rurururu 2005/10/11 08:00 IPアドレスは証拠としては決定的でしょうね。大勢がやっているかどうかの証拠にはなりませんが。同じような例として、コーエーの社員が他社のオンラインゲームを誹謗中傷していた事がやはりIPアドレスで(IPを表示するタイプの掲示板で)発覚して、コーエーが自社サイト上で謝罪する一件がありました。ゲートキーパー騒ぎの後だったので、慎重に対応したのでしょうね。
この間からSonyはGatekeeperというドメインは使わなくなったという噂が流れてますね。あれだけ社員数がいれば、注意伝達だけで押さえ込むのは無理でしょうから、さすがに何らかの対策はしたのでしょう。

EtsukiEtsuki 2005/10/11 08:43 はぁぁ。kanoseさん、書き込みして下さい、ということばには他意はありませんでしたのに。気持ちの整理として普通にkanoseさんからコメントいただきたかっただけです。わたしは有料会員ではないですからたぶんIPとか表示しませんし、kanoseさんのIPを知ろうなんて、思ってもみなかっただけにちょっとショックです。どこから書き込んだかわかるとか、どういうことをおっしゃっているのかよく理解できないのですが、わたしはいつも自宅からしかアクセスはしてません。鬼のようなコメントに泣きそうです。

shibakushibaku 2005/10/11 08:59 俺の胸で泣けばいいよ

kanosekanose 2005/10/11 09:06 shibakuさんのやさしさに全米が泣いた! あー、コーエーの事件ありましたね。

EtsukiEtsuki 2005/10/11 09:34 kanoseさん。今度は自分の何が疑われているんだろうって考えてみたのですが、もしかして、わたしがお気に入りで登録したブックレビュー経由で毎回こちらに来ているということをおっしゃっているのですか?直接ではなくって。もしそうだとするならばその通りです。その経由が別のアクセスと同じってことですか?

ssugurussuguru 2005/10/11 10:16 はじめまして。
ゲートキーパー騒動では価格.comでIPアドレスが表示されていたということもありました。以下のページに数例載っています。
http://nurseangel.fc2web.com/psp/h200411.html

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/11 12:05 萌えキャラですね。

bigburnbigburn 2005/10/11 13:19 職業ライターなら単語登録してる三点リードの代わりに中黒使うなんて“ものぐさ”どころかコマメですよ。胸を張ってください。

 2005/10/11 19:15 >職業ライターなら単語登録してる三点リードの代わりに中黒使うなんて“ものぐさ”どころかコマメですよ。
異議あり。単語登録なら変換キーを押して変換したうえでエンターキーで確定する必要があるが中黒そのまま使うならエンターキーをそのまま押して確定するだけです。

LBLB 2005/10/12 01:20 こんなんありました。おもいっきしマルチポスト。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&q=%E7%99%BA%E5%A3%B2%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%80%8E%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%A7%A3%E9%87%88%E8%AB%96%E5%BA%8F%E8%AA%AC%E3%80%8F%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E7%9A%84&lr=

 2005/10/12 02:14 >LBさん
こうですか?わかりません!
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=61.26.232.213&ei=UTF-8&fl=0&meta=vc%3D&u=hidebbs.net/bbs/key3%3Fsw%3D7&w=%2261+26+232+213%22&d=UfJoTGFULkRv&icp=1&.intl=jp

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=61.26.232.213&ei=UTF-8&fl=0&meta=vc%3D&u=otdi5.jbbs.livedoor.jp/539864/bbs_plain&w=%2261+26+232+213%22&d=QtxubGFULd3Z&icp=1&.intl=jp

凄いな凄いな 2005/10/12 06:43 上のキャッシュ。なんかゾクゾクする。本当にミステリ読んでる気分になってきた。

2005-10-10

大事なのは三ゲッター

我々はアルファブックマーカーと呼ばれる人物へのインタビューに成功した。

――今注目しているブックマーカーは?

「今、一番の激ヤバCOOLブックマッカーはb:id:KGVさ。みんな、辛口一行コメントで目立とうとするが、誰もが俺ニュースのtechleになれる訳じゃない。俺はKGVが本気になったらtechleになれると信じてる。でも、KGVは第二のtechleになんてなろうという考え自体を笑い飛ばすだろうね」

――ブックマーカーの間では、一番ゲッターに憧れが集まってる。

「そうだな、ブックマーカーの間では、一番ブックマーカーばかりが話題になる。b:id:kurimaxなんかよく一番をゲットしてる。でも、一番ゲッターよりも大事な奴がいるんだ。本当に大事なのは三番ゲッターさ。三番ゲットすれば注目記事に入るだろ。少し前に沈んでいった記事に再度脚光を浴びせたりする三番ゲッターに俺は憧れるね。もちろん、三番ゲットしても、ちっとも伸びない時もある。そんな時は俺のエントリを見るちからが足りなかったんだと思ってる。今、君の目の前に2userの隠れたエントリはないかい?」

――心に決めていることはあるか?

「オレたちブックマーカーにもストリートブックマークルールがある。複数アカウントでプライベートモード。わかるよな?」

――はてなブックマークの世界はスピードが速い。

「確かにストリートブックマークで生き残るにはスピードが必要だ。でもそれだけじゃない、タギングも重要なんだ。[豆腐五丁でヘディング]なんてイカしたタグをするb:id:ekkenには嫉妬するね。俺もイカしたタグを考えようって気にさせてくれる」

――はてなブックマークではカラーギャングがいると聞く。

「政治絡みの話題だと、アツく火花を散らしている奴らがいるな。俺もたまに参戦するが、そんなことより、もっと人の心をCOOLにさせてくれるエントリーをブックマークしたいね」

そう言って、彼は我々の前から去っていった。彼は今日もストリートブックマークでCOOLなエントリを探していることだろう。

『テレビゲーム解釈論序説/アッサンブラージュ』 のスラッシュドットのコメントもすごかった

※関連言及

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051009/tvgamecomment

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051009/comment

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051010/voicejapanese

スラッシュドット ジャパン | 学術的にテレビゲームを解釈する書籍

http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/08/12/0539258

スラッシュドットはよく見ていなかったんだけど、ここでもAnonymous Coward(匿名)でコメントがたくさんあった。

頭痛くなってきた。読んでないのに内容批判する人間に対する怒りはわかるけどさ…。

タレコミの文章のリンク先に対して、やたらと関係がないとか、適切でないという意見が多いのが面白い。そういった書籍であるという印象を持たれるのが嫌だってことなんだろうが、そこまで気にする第三者って…。

あと、心理学関係で功績があるとやたらと主張しているので、心理学関係の方の情報が欲しいところ。ちなみに、筆者の名前で検索しても、この書籍絡みでしか出てこなかった。学会誌主体のようだから、ネットには情報がない可能性は高いのだけど。

続きを読む

声に出して読みたい日本語

前日の記事はあまりに長いので、大変印象に残ったフレーズをピックアップしてみる。

「やっぱここアンテナ高けーなー。アンテナ高いね、そのアンテナアキバに売ってますか?」

from Akira’s Diary この話は聞き流せ。

http://d.hatena.ne.jp/Akira_u/20050813#c

途中の文章を略したほうがいい感じなので。これはぜひ言ってみたい。場が凍り付くこと間違いないよ…。

「この本に目をつけるなんてあなたはかなり敏感選手権ですね?(テレ麻)」

from 狂詩曲の果てに

http://d.hatena.ne.jp/minap/20050812#c

最初、テレビ朝日で「敏感選手権」ってバラエティがあるのかと思っていたら、全然関係なかったよ…。

kokko3kokko3 2005/10/10 10:10 やー、おもしろいですねぇ。
「敏感選手権」はテレ朝の「くりいむナントカ」って番組の企画ですね。

kanosekanose 2005/10/10 10:15 あーやっぱりテレビ番組ネタなんですね。すっきりしました。

2005-10-09

コメントされた方へ

この記事をアップして、コメント当事者という人たちから、こんなにはやく反応があったために、自分の疑問をますます深めてしまったことをまず伝えておきます。『ドリフの大爆笑』で「志村志村! そこそこ!」って叫んでいる子供の気分です。

皆さん興味があるでしょうが、はてなIDを持ってない人のIPアドレスに関して。SD-BGさんはとあるプロバイダー、nakaX2さんはプロキシーでした。プロキシー経由で書き込まれる方は、相手をするつもりはありません。

そしてIPで見ると一番気になったのはこれ。

# 通りすがり 『↓のトラバでとっくに言っちゃった後でつまらんし、これから自己申告したら、また何か言われるだろうから、これで終わったなー。気の毒に。』

この「通りすがり」を称する人は、SD-BGさんと同じIPで、とあるプロバイダーでした。もちろん、同じプロバイダーを使っている人が同じIPになることが偶然あることは理解してるけど、この段階で同じIPの書き込みがあるのはさすがに疑問に感じます。

ところで、この文章の意味がよくわからない。「↓のトラバ」というのは、id:Iron-9さんのこと? その記事は、もともとコメントに疑問を感じていて、その参考として、この記事にリンクしているだけだし…。

「これから(コメントしていた人たちが)自己申告したら、また何か言われるだろうから、これで終わったなー。気の毒に。」これって誰が終わったの? 自分が「終わった」? 「加野瀬はもう終わった!」ということ? 終わったメソッド使われたよ! モテたよ!

■SD-BGさん

よかれと思ってしただけに残念でなりません。そもそも私が転載

した記録は、本の宣伝に直接結びつくものではないのではない

でしょうか?

今回の場合、あまり知られていない作者自身を知ってもらうことも宣伝だと思えました。もちろん、そういった作者のことをNao_Uさんに理解しようと思ってもらった善意だとも考えられるのですが、この流れの中では不自然に見えてしまいました。

あと、もちろんあなたは実際にこの本を読まれて様々な推測をされていらっしゃるわけですよね?

書籍は読んでいません。読んでいたらそういったことを触れてます。今回の件は書籍の内容とはまったく関係なく、不自然だったので取り上げさせていただきました。

しかし、この本に対するかなり強力な反論の中には、明らかに3つも4つも容易にはてなの検索でひっかかる

記事があるにも関わらず、そこの記事にはそれを否定する発言者が全くやってきていない

のはなぜですか? 不自然だと思われませんか?

8月での言及はほぼ今回リンクしています。単なる紹介にはコメントがついてないことはありました。その強力な反論というのはどこでしょうか? 教えてください。反論の数の方が多いとまで書かれてますが、とても思えなかったので、ぜひ知りたいです。

ブログがこれだけ浸透し、誰でも自由に書いたものを発表できる時代、そのような

扱いをされても仕方ないから、コメントする以上は覚悟しなよ、というご意見でしょうか?

もともとこれらの書き込みが、はてなIDのない人たちによる書き込みです。オオツネさんが言うように、長期間同じハンドル(はてなならID)で活動をしているとか、長期間同じハンドルで活動してたりしてもともと信用担保のある人が現実に会ったことなどを示さないと、疑われる対象になるのは免れません。

既存メディアで活躍してない人がブログ上で信頼が得られるのは、長期間の同名での活動のみです。これは別にブログに限った最近の話ではなく、パソコン通信時代から言われてきたことなのです。

id:Etsukiさん

そちらのはてなダイアリーを拝見しましたが、コメントで書かれているように、8月以降にダイアリーを始めたということで、この一連の書き込みの後からの活動している方には、信頼の担保はないです。

150キロのツーシーム - Hatenaの端っこでちょこっとだけつぶやく

http://d.hatena.ne.jp/Etsuki/20050831

Hatenaにいるのに

日記書かなきゃ意味ないじゃんなんて言われたので、

とりあえず、乗り遅れないように今日からスタート。

この文章を読むと、はてなIDを持たれていたと推測できます。なのに、なぜあの書き込みをした時はIDを使われなかったのでしょうか?

150キロのツーシーム - たったひとつのコメントにたたられ

http://d.hatena.ne.jp/Etsuki/20051009

コメント欄や日記で書かれているgoo blogの「まややさやや」さんという方はどこのブログの方なんでしょうか? 検索しても一切ひっかかりません。これから検索結果が出てくるようになってもさすがに信頼はできないのですが…。

そういえば、この書籍の作者の方はスポーツ好きではないか?という情報があったのを思い出しました。

# urawa 『「テレビゲーム解釈論序説」のことが書いてあったので、思わず目がとまりました。数日前に読み終えたのですが、実は私は大学院でバタイユで修士を了したのですが、私個人の見解からすると、八尋氏のとらえかた、バタイユ解釈は、あながち的外れではないかと感じてます。もちろんそれが実際にゲームの現象として証明されるか否かは今後の他分野での研究を待たなくてはならないでしょうが、ある意味、バタイユの概念を持ち出すと、ゲーム好きは反発を覚えるかもしれません。バタイユの概念は、人が触れられたくないところに直接的に触れてきますから。』

urawa名義でのコメントによれば、大学院でバタイユを修士したそうですが、現在の日記ではそういった哲学方面の話題は一切してません。

また、この書き込みでは改行はないですが、日記では頻繁に改行をしてます。普通、ネットに書く文章はある程度同じ物になるのに急に変わったように見えるのが不思議です。何か心境の変化でもあったんでしょうか。

また、Etsukiさんの頻繁に改行をするというスタイルは、取り上げた他のコメントとも共通するものを感じました。

『テレビゲーム解釈論序説』の感想を書くとつくコメント群がすごい

テレビゲーム解釈論序説/アッサンブラージュ

テレビゲーム解釈論序説/アッサンブラージュ

8月に『テレビゲーム解釈論序説―アッサンブラージュ』という書籍が出て、ゲーム好きの間でちょっと話題になった。

スラッシュドット ジャパン | 学術的にテレビゲームを解釈する書籍

http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/08/12/0539258

著者の八尋茂樹氏は、大学院卒業後、高校教師をしていたが、その仕事をやめて、ゲームアカデミズムの道に打ち込んでいるようだ。以下の記事は1999年にGame Archive Projectで講演した記録。

第6回ゲームサロン 『ゲームアカデミズムの確立を目指して』〜ゲームに対する偏見との闘い〜 講師 茨城大学大学院教育学研究科卒 八尋 茂樹氏 【近藤】

http://www.gamearchive.jp/1gap/4rep/lec/online/09_1.html

 講壇では、熱く語っていた八尋氏だったが、我々GAPが保管しているゲームソフトを前にして、少年の笑顔に戻った。そこには、ゲームの偏見に対する闘いを続けている男ではなく、一人のゲーム好きな少年の姿が有った。安定した高校教師の座を自ら辞し、社会の種々の偏見から、孤軍奮闘する男。全てを投げ打って、「ゲームアカデミズム」確立を目指す八尋氏の闘いは、まさに今、始まったばかりだと言える。

で、この書籍に言及していたはてなダイアリーのコメント欄でちょっと波乱が。

Critique of games - メモと寸評

http://d.hatena.ne.jp/hiyokoya/20050822#c1124955545

# //// 『おいおい。1年経ったか経たないかというのに、また悪い病気が再発したらしいという噂を某所で聞いて来てみれば、今度はこの本をつかまえて悪口を言い始めてるじゃん!ちょっと前に桝山氏の本に対して、ワンパターンのボキャブラリーと文章構成で、大雑把なこと書き散らかした上にさんざんコキ降ろしたばかりで、今度はこの本に紋切り型の悪口ですかい? 桝山氏の本はあんたごときにけなすことができる程度のレベルの本だったのかね?しかも、自分とこでタレてるならまだしも、Amazonにまでウンコみたいなコメント貼り付けやがって、氏がどれだけ迷惑を被ったかなんて、犬の放尿感覚であちこちに悪口を書き散らかすあんたにゃ関係ないことなんだろうね。「批評は批判という意味でしかなく、さらに批判は悪口をタレることと信じ込んでいるらしい」とあちこちで言われていることをご自身は知ってるのかね?あんたは自分がここ数年、嘲笑、顰蹙を買っているということすら知らないんじゃないの?上(SD-BG氏)のレス中に嫉妬なんていう言葉があるけど、他人のゲーム論に対するあんたのcritiqueとやらからは、それこそ嫉妬以外に感じられるものはないね。本当は自分が「テレビゲーム文化論」を書きたかったんだろ?で、悔しがっているうちに今度は「ゲーム解釈論」が出ちゃって、もう地団駄踏みまくってるんじゃないの?だから真っ向からゲーム論を展開している人たちにそうやってイチイチ嫉妬して、イチイチ悪口を書き散らかすんでしょ? 過去(桝山氏)においても、現在(八尋氏)においても、そして未来においても、あんたの国語の読解力と文章力じゃあ悪口のみで固められたモノしか永劫に書けんと思うよ。絶対に。』

hiyokoyaさんの桝山寛氏が書いた『テレビゲーム文化論』に対する評に対して、かなり怒っているらしく、その流れでこんな罵倒コメントをしてきたらしい。桝山寛氏に熱狂的なファンがいるとは意外だった。それに最近の桝山寛氏はゲームの人ではなく、漫画『M.I.Q』の原作者などをやっている株の人なんだし。*1

破綻した卒論のよう。細かい部分は面白いが。, 2004/06/03

レビュアー: hiyokoya6 (プロフィールを見る)   神奈川県横浜市

気合を入れて書かれた本であることはよく伝わるし、著者がある程度信頼できる水準の議論を展開できる人物であることもわかるのだが、あとがきにも書いているように著者は長い文章を本当に書きなれたことがないのだろう。本全体としての構成が破綻している。

ゲーム関連のやや小難しい本では、お決まりのパターンなのか、最初のほうでゲームの歴史について述べられ、その後はいかにゲームを語る道筋をつけようかということでVR論やらアフォーダンスやらを引用しつつうんせ、うんせと、いろいろと細かい議論が試みられるが、結局、議論を統合的に語る分析的視点を欠いたままの構成になってしまったようで、タイトルも「文化論」などというあいまいな形になってしまい、最後のほうの結びでも、ムリやり大風呂敷を広げざるをえなくなってしまったかのように見える。

桝山寛『テレビゲーム文化論』

http://www.critiqueofgames.net/book_review/01.html

コメント欄でも指摘されているが、桝山寛氏は特に怒ってはいない。

kuropanda_jp: 2005年07月16日

http://www.kuropanda.jp/blog/archives/2005_07_16.html#000915

workshop PCエンジンおしゃれ計画 - 修羅場と逃げ

http://d.hatena.ne.jp/workshop/20050829#c1125399319

# Samson Lee 『workshopさん、akkieさん、お初です。Samson Leeと申します。気になる話題だったのでちょっとカキコさせて下さい。件のブログ見てきましたが、もし私の知っている事と一致するならば、あれは桝山教信者と呼ばれてた人たちの反発じゃないかと思います。ちょうど一年前、ガメラ家というサイトのBBSで桝山さんの本に対するアマゾンでの批評の話題になったことがあって、最初は「あんなこと書かれたらひえーだな」なんて盛り上がってたのですが、いつの間にか、いわゆる桝山教の方々がどっと現れて(もしかしたら自作自演かもしれませんが)、ものすごく荒れたことがありました。さきほどググってみましたがガメラ家はひっかからなかったので、もう閉鎖したかもしれませんが、その頃、桝山さんの名前は完全にタブーでした。そのカミツキ方とすごく似てるので、もしかしたら私が知っているその桝山教の信者かもしれません。桝山先生も迷惑だろうにと思います。私はいまだに桝山さんの本を読んだことがないのですが(^ ^;;;;;』

こんな情報があった。

そして、この「////」という人は他の人のダイアリーにも登場。

へたれゲーマー駄文

http://d.hatena.ne.jp/kodamatsukimi/20051004#c1128663067

# //// 『コダマツキミくん。

君はhiyokoyaのブログに「変なコメントがついていて気持ち悪い」と言っているみたいだが、私たちの発言のことを指しているのかね? もしかしたらそうかもしれないからコメントしておこう。私たちはうんこ屋のhiyokoyaが、アマゾンのど真ん中で、桝山先生の本にうんこを塗りたくったから抗議をしているまでだよ。君のような中卒か高卒(まぁ、よくて四流大卒)で社会の底辺をさまい、IQの低そうな日記を毎日書くことが楽しみなくされゲーマーには、理解のできない、無縁の世界かもしれないけど、私たちの抗議活動は重要なんだよ。わかるかい?その活動に対して気持ち悪いって言った意味を回答したまえ。答えによっては、うんこ屋I同様に、今後、君も私たちの攻撃の対象とさせていただくからね。回答、楽しみにしているよ。もし、回答がなかったり、このコメントを削除した場合は、君に対してそれなりの活動をさせていただくから、覚悟しておくようにね、コダマツキミくん。』

こちらでも脅迫。恐いねー。

本文記事に書かれていた

・はてなのリンクを辿るとわかりますが8月中くらいにこの本について取り上げたサイトには変なコメントがついていて気持ち悪い

に興味が湧いて、各ダイアリーのコメントを読んでみたのだが、そこから見えてきた物はあまりにすごかった…。比較しやすいように、全文引用させていただく。以下時系列に並べてみた。以下長文注意。

最初に結論を言うと、この書籍に言及したはてなダイアリーに対して、複数の人がコメント欄に書き込んでいるのだが、そのコメントが不自然で同一人物ではないかという疑惑がある。

※上で書いた「////」という人の話と以下のコメント話は関連性はないと思っている。その辺誤解なきよう

続きを読む

*1:『オタクVSサブカル』の対談記事に注釈をいれる過程で初めて知った

SD-BGSD-BG 2005/10/09 14:49 はじめまして。SD-BGでございます。
現在書き込みをさせていただいているNao_uさんのところに
トラックバックされていましたので、何か興味深い情報があるか
と思ってたどってまいりましたが、拝読して実に驚きました。
私以外の人の発言は関知致しませんが、私の発言に関する
ご指摘は正しくありません。(学会を通じて著者と比較的近い
関係にあるということはあります)
私は今回Nao_uさんへ情報を流したことに関しては、
純粋にNao_uさんとの議論を積み重ねる目的から
できることをできる範囲でしたまでで、他意はありません。
私の専門分野への理解と疑問を提示してくださったNao_uさんと
純粋に議論を積み重ねたい一心で、情報を可能な限り多く
可能な限り早く提供したことがいけなかったでしょうか。
よかれと思ってしただけに残念でなりません。そもそも私が転載
した記録は、本の宣伝に直接結びつくものではないのではない
でしょうか?
また、私は井上さん(hiyokoyaさん)とNao_uさん以外の
ブログへの書き込みは致しておりません(ましてや二重、三重の
ハンドルネームを使用するなどいたしておりません)。
本文中にもありますように、1ヶ月前に井上さんのところで
少々困惑した事件がありましたが、まさか自分がこのような形で
巻き込まれるとは思わず、書き込んだことを非常に後悔しております。
自分が巻き込まれたということで、現在、「心外」という表現以上の
ものを感じており、申し上げたいことも多々ありますが、
これ以上望んでいない展開になると困りますので、この辺りで
留めておきます。それでは失礼致します。

nakaX2nakaX2 2005/10/09 17:38 こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いています。普段はROMに徹させて頂いているのですが、釈明の為に書き込ませて頂きます。結論から言わせて頂きますと、どうやら私に自作自演の容疑が掛かっているようですがそのような事実はございません。あらぬ嫌疑の視線を浴びせ掛けられるのは正直なところ不愉快ですし、あなたの良心の為にもこの記事を取り下げて頂けないでしょうか?
テレビゲーム解釈論序説は本当に面白くて、そして優れた本ですから、私と同じ行動した人がたまたま居ただけだと思いますよ(^^;

SD-BGSD-BG 2005/10/09 17:38

何か自分の立場がこの本の強力な擁護派になってしまったことが多分に
気になりますが、今回名指しでつるしあげられたことであまりにもおさまりがつかず、
いい歳をして大人気ないのを承知で、うざいと思われることを承知で、
ご指摘の箇所が存在するブログを実際にまわってみて、いくつか疑問に思った
ことを提示させていただくことにしました。
要は、恣意的な引用とそれに対する恣意的な解釈への疑問です。
どうしても私には、偶然性を無理やり結びつけて面白がっていらっしゃるように
思えてならないので(しかも、その中に自分が入れられているのが心外)。

>部数が少ないことがなぜかわかっていると思われるコメント。
>オークションで高く売れるとか煽るのがすごいな。

これはこの本が広まるきっかけとなったスラッシュドットの記事内で、部数から
価格設定からすでに話題になったことを、ブログへのコメント者が単に引用している
だけではないのですか? コメントよりもスラッシュドットでの情報の方が早く、
スラッシュドットの話題も会話の中に出てきていると思いますが、いかがですか?
しかも、スラッシュドットには明らかに著者に関係がある(過去にあった)と思われる
人物などの書き込みもいくつかあって、かなり詳しい情報が8月中旬から出回って
いるのではないですか?
また、例えば、「workshop PCエンジンおしゃれ計画」に書かれているakkieさんという
方など、「テレビゲーム解釈論序説」の話題以外のところでもコメントして
いるのをみると、この本をきっかけにブログへ入っていったと考えられませんか?
他の引用文とこの方の書き込み内容とかなり恣意的に接合してはいませんか?
もしそうだとしたら、失礼にはあたりませんか?
あと、もちろんあなたは実際にこの本を読まれて様々な推測をされていらっしゃる
わけですよね? 一般読者にはやや難解なこの本を読めば、自分の理解
できなかった部分がブログで発表されていると、書き手に対して感心や時には
尊敬することは考えられませんか?あるいはその記事を書かれた人に敬意を表して
仲良くなって、共通の意見で盛り上がりたいという気持ち(それは幼稚でしょうか?)には、
音楽などとは違って、このような場合はありえないことなのでしょうか? 
例えば私は、井上さんやNao_uさんの他分野にも積極的に挑んでいく姿勢や驚異的な
吸収力の素晴らしさを率直に褒めましたが、それは普通のことではなかったでしょうか?
実際、私が指導している学生、院生の中にもこの本の影響を多分に受け、
桝山氏の話ではありませんが、信者みたいな者もひとりいます。そういった状態の
者がいたとすれば、批判的な部分に何か反論したくなることもあるのではないですか?
そういう場合、ゼミのように知り合い同士でも激しい議論が起こりますが、ましてやネット
上では考えられませんか?
調べてみますと、この本と同時期に刊行されたテレビゲームに関する書籍はいくつか
あります。しかし、この本のようにはブログで熱心にはとりあげられていません。つまり、
テレビゲームという大衆的な性質と、この本の学術的性質という一見相反して見える特性
が反応し合って、他の本には見られない現象がこの本には起こったとは考えられませんか?
そもそも、

>ネットでの批判に対して、嫉妬だなどのイヤミを書く

という部分、かなり恣意性を感じます。確かに井上さんのブログの時に、そういう
ことがありました(ただし、この本に直接的に関連してではなかった)。しかし、この本に
対するかなり強力な反論の中には、明らかに3つも4つも容易にはてなの検索でひっかかる
記事があるにも関わらず、そこの記事にはそれを否定する発言者が全くやってきていない
のはなぜですか? 不自然だと思われませんか? まさか、あれほど刺激的な反論記事
なのにコメントしてまわっている人(?)は気付かなかったとか??
なぜ今回ここで、そういう事例は採り上げられなかったのでしょうか?
ご指摘された数よりも、そうでない数の方が多くはありませんか?

もちろん、あなたの言わんとしていることを全て疑問に思っているわけではありません。
私も書をいくつか世に送り出している身として経験的にわかることは、アマゾンなどに
投稿される書評は、身内によって書き込まれている(高く評価されている)ことが多い
です。例えば今回の場合、本文中にあるampmという人は、本人が知ったかぶりでは
なく本気で書いたとしたならば、業界の人間でしょう(ただ、そこの一連のコメントにも
あるように学術書が初版2千部だということは出版界の常識として通っていますし、
一般的な読者でも事情通なら周知のことです)
しかし、私が問いたいのは、そういった業界人たちがいたとしても、その中に純粋に
書き込んでいる人まで引っ張り出してきて「こいつも一緒だろ?」ということを、今回
なさってないと言い切れますでしょうか?ということです。
怪しければ同罪(?)ですか?
ブログがこれだけ浸透し、誰でも自由に書いたものを発表できる時代、そのような
扱いをされても仕方ないから、コメントする以上は覚悟しなよ、というご意見でしょうか?
あきらかに恐喝まがいの一連の発言には私自身も同じ時間を過ごした身として
閉口しましたが、、そうではない、普通に書き込んでいる人たちを巻き込んだとしても
別にかまわないんだよというお考えでしょうか?

ご面倒でしょうから、私の疑問にお答えいただく必要はございません。もうこの本に
ついてのコメントもすることもないと思いますが、タツトリアトヲニゴシテしまい、またまた
この本に対するすごいレスをつけたと言われるのでしょうね。失礼致しました。
それから邪推されそうですけれども、一応礼儀として申し上げますが、いずれ機会が
訪れることがあれば本人に直接謝罪するつもりですが、自分の興味からこの本と
著者にかえってご迷惑をおかけしたことをここでお詫びしておきます。申し訳ございません。
私のこれまでの発言に関しては、混乱の一端になっている責任を感じますので、
すでに削除依頼をしておきました。こちらでも目を通していただいた後に削除して下さって
かまいません。
貴ブログの今後のご発展をお祈り申し上げます。

EtsukiEtsuki 2005/10/09 18:42 はじめまして。とても驚いて急いでカキコしてますが、ここで引用されているurawa
というのは私です。
はてなに登録して日記をつけ始める前だったので浦和レッズのファンであること
からそう名乗りました。
あと、Mさんという人の文も引用されていますが、これは私の親しいブログ仲間
(gooのまややさややさん)の彼氏です・・・盛岡の一件は、ブログの中にもすこし
だけですが触れられています。一応、まややさややさんにも連絡を入れておきます
ので、のちほどコメントがあるかもしれません。
どういうおつもりで書かれたにせよ、このような形で利用されるのは不本意ですので、
申し訳ないのですがやめていただけないでしょうか。
逆に、何かこの本に対してたくらんでいらっしゃるのだろうかとかんぐりたくなります。
すでに書いていらっしゃる方がいるように、私も純粋にこの本を楽しみ、議論がしたい
なぁと思っていただけですので、たいへん困惑してます。

通りすが狩り通りすが狩り 2005/10/09 20:12 『テレビゲーム解釈論序説』の感想を書くとつくコメント群がすごいの法則が実証されました。
おめでとうございます。

通りすがり通りすがり 2005/10/09 20:48 ↓のトラバでとっくに言っちゃった後でつまらんし、これから自己申告したら、また何か言われるだろうから、これで終わったなー。気の毒に。

fake-jizofake-jizo 2005/10/09 21:31 IP見ながらニヤニヤしている人がいるな

kanosekanose 2005/10/10 03:30 コメントは長くなりましたので、記事で反応させていただきました。

nakaX2nakaX2 2005/10/10 04:19 夜分遅くにすみません。私の書き込みがProxy経由とのことですが、何かの間違いではないでしょうか?自宅からProxyなどを使わずに接続し、書き込んだはずです。そもそもProxyを使う習慣は私にはありませんし、する必要など無いのです。試しに診断君で確認してみたのですが、Proxyの兆候は0%だと診断されました。自作自演説を煽る為にそのような嘘を仰られる人だとは思えないですし、もう一度確認していただけませんか?
もっとも、私のハンドルネームはその場で決めた捨てハンですので、id:shibaku様の仰る通り、アイデンティティを主張するのもおかしな話です。自作自演の嫌疑を晴らせないのは無念ですが、私はもともと匿名と大差ない捨てハンドル、その権利は無いのかもしれません。思い上がりでコメント欄を汚してしまったことをお詫びします。失礼いたしました。

kanosekanose 2005/10/10 04:27 nakaX2さんの今回の投稿はIPアドレスこそ違いますが、SD-BGさんと同じプロバイダーでした…。

 2005/10/10 08:20 kanoseさんの記事を読んでリンク先のコメントを見てみましたが
どう見ても自作自演です。
本当にありがとうございました

EtsukiEtsuki 2005/10/10 09:49 どうとらえられても仕方ありませんが、なぜ犯人のように扱われているのかわかりません。
話せば話すほど深みにはまっていき、いやな思いをしますが、あまりにも事実をねじまげてご自分が書いた記事を正当化しようとなさっているので、最後にいくつか書かせていただきます。
もちろん最終的にどのようにとらえられて、また、別に犯人だろうがなんだろうが面白がってくださってかまいませんよ。こんなことして、人を苦しめて何が楽しいのか、私にはわかりかねますが・・・。

>この文章を読むと、はてなIDを持たれていたと推測できます。なのに、なぜあの書き込みをした時はIDを使われなかったのでしょうか?

くりかえしになりますが、書き込みをした時はまだIDを取得していませんでした。日記を開始したわずか数日前です。
知人からはてなのIDをとったなら日記をつけなきゃ面白くないよと言われたので書きはじめました。
信頼の担保がないとか言われてますが、今回のことに関してはそれなら仕方ありません。別にあなたの信頼を得るためにIDを取得し、日記を始めたわけでもないのですから。

それから、私の現在の職業はスポーツライターです(時々、音楽関係の取材もします)。趣味はゲームです。
あと、大学院ではバタイユをやっていて、思想系の話はめっぽう好きです。この話題なら何時間でも話せますし、原稿用紙何十枚でもかけます・・・質はどうあれ。
しかし、よく書いていますように、日記は息抜きの場として、日常で疑問に思ったことを書くようにしています。バタイユのことでダラダラと書いても読みたくない人にひかれると思って書かないだけです。
あくまでもたまたま読んだブログがあの本のバタイユの部分について触れていたので、興味がわいて飛びついただけです。いけませんか?

私の文体に関する指摘も、改行うんぬんだの書いてくださり、ありがとうございます。
私の日記によくコメントしてくださっている常連の方の挨拶のところに書いた覚えがありますが、仕事と日記は切り離してはじけるために、わざと文体をやわらかく、短くすることにしています。少しおまぬけ風に。
仕事であんな文体の記事を書いたら、私はクビですから。そのあたり、常識の範囲でおわかりになられますよね?
それを別の人物だ!と騒いでくださるのは、プロのライターとして、ある意味、冥利につきます。ありがとうございます。
今回は改行なしで書いてみましたが、いかがでしょうか?お気に召しましたか?

あと、まややさややさんですが、ご指摘のとおり、実は私も最初はgoogleで検索してひっかからなかったので困ったことがあります(それは私の日記の中に書いてあると思う)。
gooのホームページにいって、そこでmayaya-sayayaかまややさややで検索なさってみてください。いけると思います。
あたかも存在しない人物や日記のように確定的に書かれているのには、目にしたとき絶句しました。昨日、昼に彼女と会ったばかりです。そして、帰宅してこの事件にまきこまれましたけどね。

最後に。
これだけお話ししても、あいつが怪しいと私のことを言いたいのでしたら、別にそれでもかまいません。
昨夜は苦しくて苦しくて仕方ありませんでしたが、朝、目が覚めて、こういう人たちもいるんだなぁと受け止められることができましたので、面白い話として自分を入れてくださっているならば、それでけっこうです。どこかのチャンネルみたいだなぁって。
私はこの本の愛読者ですし、この本は多くのゲーム好きの人に読んでもらいたいなぁとも思いますが、ただそれだけのことで、出版社の人間でもなければ著者の知人でもありませんので、あちこちに宣伝してまわろうなんて思ったこともありません。
あなたが私をそういう「何か」にしたくて、それで満足なのでしたらどうぞ。自作自演だとおっしゃりたいなら、じゃあ、それでどうぞ。何のためにそんなことする必要があるんでしょうかね?(^ ^)
では、さようなら。

俺も捨てハン!俺も捨てハン! 2005/10/10 13:59 盛り上がってますね〜。なんか面白い。
ひとつ気になったのは、時々捨てハンが顔を出してこの記事を賞賛したり、毒吐いたりするんですが、kanose氏の文章の内容からそれを読むと、kanose氏に近い、もしくはkanose氏が書いているんじゃないかって言ったら、またレスがダダダッ?w

やはり捨てハンやはり捨てハン 2005/10/10 22:34 なんか見えてきた。最初はやっぱ宣伝コメントかよ!って思って記事を読んでたけど、どうも怪しい臭いがしてきた。
読みたい気もしたけど、高い本だからずっと迷ってチェックしてたけど、この本をすげー罵倒するコメントもかなり前からあって、その異常さにちょっと気になってたんだよね。「へたれゲーマー駄文」さんとことか。今はどこも削除されてるみたいだけど。
「がむしゃら」なんて「氏ね」とか「悪書」とかで30くらいのコメント全部埋められてたし。あれはかなり異様だった。
で、アマゾンみたら今日の日付で悪意としか思えない幼稚なコメント(あれはレビューじゃないっしょ)がついてて、ついに本格的な攻撃が始まったかなって感じ。
もう宣伝コメントとかまいてる方がなんかけなげに思えてきた。こうなってきちゃうと大人げなさにヒクよ。

ネットサーファーネットサーファー 2005/10/11 01:41 こうなってしまうと印象回復なんか無理だから、無駄な努力は放棄して、ほとぼりが冷めるまで潜伏してたほうがいいですよ>影分身の方々

kanosekanose 2005/10/11 03:13 「へたれゲーマー駄文」でそんな文章読んだことないですよ。今コメントしている人(たち)は「何もしない」という選択肢を思いつかないのでは…。

kanosekanose 2005/10/11 03:17 あと「捨てハン」を名乗る人って初めて見た。普通は「名無し」や「通りすがり」なのになあ。

2005-10-07 「一部の人」特集

一部の人

キモオタ総合・俺は限界だと思ったのガイドライン 2

http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1071757947/

からテンプレを作ってみた。最後の文章が書きたかっただけなので、上のほうとか真面目に改変を考えてない。

今日、id:kyoumoeを見ていたら、2ちゃんねらーがコメントしていた。

なんか一人がデカイ声で「貴様は〜〜〜!!だから2ちゃんねるで馬鹿にされるというのだ〜〜〜!!この〜〜〜!」

ともう片方の首を絞めました。

絞められた方は「ぐええぇーー!ぁゃιぃ退散ぁゃιぃ退散!!」と十字を切っていた。

割と絞められているらしく、顔がドンドンピンクになっていった。

id:matsunagaでもう一人、仲間らしい奴が乗り込んできてその二人に声をかけた。

「お!ぱっせんじゃさんとtemさん!奇遇ですね!」 「おお!そういう君は****(聞き取れず。何かアイスぽい名前)ではないか! 一部の人!」

「一部の人!出た!一部の人出た!得意技!一部の人出た!一部の人!これ!一部の人出たよ〜〜!」

俺は限界だと思った。

※参考

天才コメンテーター日記 - 一部の人ですからのガイドライン

http://d.hatena.ne.jp/shibaku/20000101

世界は寒い - 魅惑のぱっせんじゃさんと愉快な仲間達

http://d.hatena.ne.jp/fake-jizo/20000101

strange

http://d.hatena.ne.jp/strange/20051007#c

これで偽地蔵さんとこみたいに当人たちがやってきて、コメントしてくれると記事は完成!

共産主義国家の洗脳方法は「繰り返し」

サボテン観察日記

http://d.hatena.ne.jp/kyoumoe/20051006#c

ここだけじゃないけど、のまネコ絡みの記事のコメント欄は相変わらず議論がループしていて笑った。

これを見ていて思い出したのが、北朝鮮に亡命したよど号ハイジャック犯たちへの北朝鮮の教育の方法。ハイジャック犯たちは、武力闘争のためのノウハウを北朝鮮から知ろうとしていた。しかし、北朝鮮側は延々と主体思想の講義をするだけ。その講義を聞いては、ハイジャック犯たちは反論していたが、北朝鮮側は延々と同じ講義を繰り返すだけだった。

ハイジャック犯たちは、主体思想を認めれば、武力闘争のノウハウを教えてくれるだろうと考え、主体思想を認めたふりをしたそうだ。それをずっと繰り返しているうちに、いつしかハイジャック犯たちは主体思想に染まっていったという。その後に工作員としての教育をほどこしたのだ。もちろん、彼らへの待遇はよく、食事など潤沢に与えられていた。

以上『宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作』で知った話。

多分、これは中国譲りの洗脳方法なんだろう。中国帰還者連絡会こと中帰連に疑惑の目を向けてしまうのもわかる気はする。だからといって、あの人たちの体験談をすべて否定しようとは思わないが。

※補足

中帰連の人たちは思想教育を受けたが、よく言われる彼らは洗脳されているという意見で、どのような方法で思想教育を受けたか?に関する情報はない。

ただ、この北朝鮮での例から考えるに、中国の思想教育を受けた際、日本に帰りたいという一心で、信じていない中国の思想を信じたふりをしていた可能性があると考えた。当初は信じてなかったのが、その内、信じるようになってしまったのではないか?という推測。

宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)

宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)

noharranoharra 2005/10/08 17:27 「(1)多分、これは中国譲りの洗脳方法なんだろう。(2)中国帰還者連絡会こと中帰連に疑惑の目を向けてしまうのもわかる気はする。」
(1)は多分正しいかもしれない。また中帰連の人たちは確かに、日本軍やソ連での処遇とは比べ物にならないほどの処遇を受けたとのことです。(民衆より良い食事)(一方でその時期自国民に餓死者を出していた??)でも彼らが、「繰り返し」という洗脳方法を受けたという事実はない、のではないでしょうか。

kanosekanose 2005/10/10 03:15 中帰連の人たちは収容所で中国の思想教育を受けたとは思うのですが、それがこの北朝鮮の方法と同じだったかについての情報はご指摘の通り、ありません。「中帰連は洗脳されている」という意見で、どういった教育をしていたかもありませんですし。これは踏み込んだ推測だったので、それを意識して補足します。

2005-10-04

SHARPの1bitアンプ

SHARP アウヴィ エクセレンス SD-SG40-B MDコンポ (ブラック)

SHARP SD-SG40  僕らがオーディオと呼ぶもの

http://www9.plala.or.jp/shpeltor/forest_048.htm

SD-SG40誉め文章をはてなブックマークでクリップしたら注目エントリーになってびっくり。

おまえにハートブレイク☆オーバードライブ デジタル・アンプがなんかすごいことになっているらしい

http://d.hatena.ne.jp/ykurihara/20050421#1114045697

以前、栗原さんがこの記事を書いた時に、反応しようと思いつつ、書くタイミングを逃してしまったんだけど、オーディオのアンプの世界でもデジタル化は進んでいる。

考えてみたら、以前も1bitについて書いたんだった。

ARTIFACT ―人工事実― | 1bitミニコンポ

http://artifact-jp.com/mt/archives/200310/1bitminicompo.html

yuh-sukeyuh-suke 2005/10/06 14:09 とりあえず、いいアンプを買っておけばスピーカー選びを楽しめるので消極的な理由で買っても全然OKのような

2005-10-01

読売新聞のブログ芸能人記事でコメントしました

ブログな芸能人 : TV : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20050930et0e.htm

(福)さんによる記事で、中川翔子氏、だいたひかる氏のインタビューあり。考えてみるとあいついでアイドルブログの書籍が出たんだなあ。

眞鍋かをりのココだけの話 (ココログブックス) しょこたん☆ぶろぐ

DVDメモ

やっと『タイタニック』がスクィーズ収録になるようだ。今までずっとレターボックスだったからなあ…。『アルマゲドン』とかいまだにレターボックスのDVDが多い。

あと気になったの。『ガタカ』は欲しい欲しいと思いつつ、買ってなかった。




デジタル一眼レフ

ASIN:B0000CAVZK:detail

型落ちならデジタル一眼レフも約6万円程度で買えるのね。2003年9月に出たもの。

キヤノン、実売12万円のデジタル一眼レフ「EOS Kissデジタル」

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0820/canon.htm