Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2005-10-29

『脱オタファッションガイド』書籍化に抗議の声

「脱オタファッションガイド」(http://www.oxiare.net/)は昔からネットを見ている人なら知っているけど、管理人のクゼナルド氏が他サイトからの盗作騒動を起こし、一度閉鎖している。

書籍化するという話を聞いた時、書籍化するんだから、その辺の騒動は終結しているのだろうと思っていたのだが、どうもそうではなかった。

で、書籍の感想を読むと、基本的にサイトの内容と変わってないらしい。そうなると、盗作を認めた部分も書籍に掲載してそうだ。今日書いた予想はもっと前から考えていたんだけど現実化してるなあ。書籍化を考えた人たちは、あの盗作騒動を知らなかった?

いちからはじめるファッション入門マニュアル

http://at-fashion.com/

当時の関係者はトップページで抗議を。

また、久世氏の製作していたサイトで、01年に、久世氏が当サイトを盗作・剽窃したという事実が発覚したという問題があります。当時、話し合いの場が持たれました。その場で久世氏は一度剽窃を認めたのですが、その後説明のないまま「当サイトは一時的に閉鎖させて頂きます。更新時期は未定ですが、その時にこの一連の事実関係について明らかにします。」と書き残し、サイトを閉鎖してしまいました。

しかし、ほとぼりが冷めたこともあってか、久世氏はサイトを何事もなかったかのように戻してしまい、あまつさえ書籍化にまで踏み切ってしまいました。

これが本当ならいい加減だなあ。

※これは謝罪文を見ると、当人も認めている

『いちからはじめるファッション入門マニュアル』 の皆さまと読者の皆さまへのお知らせ

http://www.oxiare.net/info/

書籍化にあたってあらためて謝罪文を掲載しているが…。

※この謝罪文は「いちからはじめるファッション入門マニュアル」に抗議文が掲載されてから、掲載されたそうだ

抗議文を受けて、謝罪文では以下のように反応している。

 そしてその際、私は読者の皆さまに 「当サイトは一時的に閉鎖させて頂きます。更新時期は未定ですが、その時にこの一連の事実関係について明らかにします」 とお約束いたしましたが、それを今日まで果たしてきませんでした

脱オタクファッションガイド

脱オタクファッションガイド


ICCでised特別編

トーク・イヴェント「isedICC:情報社会をオープン にする」

http://www.ntticc.or.jp/Schedule/2005/PossibleFutures/Talk/talk04_j.html

インターネット文化の多様な批評家と制作者が一同に会する国際大学 GLOCOM「情報社会の倫理と設計の学際的研究会」(ised)の特別編として,情報社会のオープン化というテーマについて,コモンズやオープンソース,そしてメディア・カルチャーといったキーワードと絡めて議論する.

日時:11月6日(日)午後2時より

会場:ICC 5F ロビー

定員:150名(当日先着順)

入場料:無料(展示をご覧になる場合は,別途入場料が必要です)

東浩紀(批評家・哲学者),鈴木健PICSY),白田秀彰(法学博士)

メンバーが最初の発表の時と変わった気がするが気にしない気にしない。

ダン・ギルモア氏のブログ認識

asahi.com: デジタル 対談〈ブログ〉 従来のメディアとどう融合

http://www.asahi.com/digital/column/column01.html

ダン・ギルモア氏と伊藤穰一氏の対談。伊藤穰一氏はいつものように同じ話なのだが、ダン・ギルモア氏の認識が興味深い。

ギルモア 以前、「2ちゃんねる」の管理人にも会って、日本にも独自のネット文化があると感じた。昨年来日したとき、ブログ作成者(ブロガー)の集会に出たが、まだ在留外国人の方が多かったようだ。

なんかすごい誤解が(笑)。すいません、アメリカ人の講演に行きたがらない内向き日本人ばかりで。

ギルモア ほとんどは個人的な内容を書いている。米国が進んでいるように言われるが、私の本が米国で出た昨年は、米大手メディアは全く取り上げてくれなかった。

アメリカの人でも、こういう認識の人いるんだなあ。そりゃ個人サイトの大半は個人的な内容を扱っているはずなのに、その辺を見ないことにしている人が多い。アメリカの主要メディアは別にブログに大きく注目している訳ではないというのは興味深い。もしかすると、日本の方が熱高いんじゃ?

ついでにブログ騒動当時の当時の2ちゃんねるのログ。今読むと面白いなあ。

blog★ブロッグ

http://dontstopmusic.no-ip.org/1037028447.html

これを読んでいると、当時はツールはともかく「ブログ」という名称が根付くとは思わなかった。「ブロガー」だって蔑称だったのに、いまやみんな自称する。「オタク」という単語みたいだ。

劇場型性格と関西人の違い

kom’s log ”劇場型性格”とブログの関西性

http://d.hatena.ne.jp/kmiura/20051029#p1

ブログのスタイルを関東人と関西人にわけるという考え方は面白いんだけど、ここでいう「関西人」と、自分が想定した「劇場型性格」はちょっと違ってまして。

関西人というのは自分を笑いものにするのに抵抗ないけど、劇場型性格は自分を笑いものにするのは許せない。関東人のようにクールを装ってるんだけど、装ってる割には、観客の視線を意識しまくり。その辺のギャップが面白がられるという。プライドの高い人がなりがちなんじゃないかな。

あとは絶対謝罪しないとかもこの範疇に入りそう。普段、人の失言を厳しく追及してるんだったら、自分も失言した時はすぐ謝らないとね!

今後起きそうなトラブルを予想

2ちゃんねるやブログの文章が、実はどこかの著作物の転載だと気付かずに、出版社が書籍を出す。出版されてから気付いた著作権者が出版社に抗議する。

切込隊長のライトノベル分析

まいじゃー分室〜トンボのメモ帳〜 - 誰に向けて売られるライトノベルなのか?

http://d.hatena.ne.jp/tonbo/20051024#p1

最近、切込隊長山本一郎名義でソフトバンクからライトノベルを出したんだけど、その価格から誰に対して売られているのか?という話題に本人が登場(笑)。

なお、献本していただいたけど、まだ読んでません。フィクションは後回し気味なもんで。

石原都知事が『ロッキー』はけしからん映画だと批判

残虐ゲーム:石原都知事が「あまり効果はないんじゃないの」 実効性は期待薄

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gamenews/news/20051025org00m300112000c.html

ゲームの話題なんだけど、こっちが面白かったので。

さらに「問題はテレビゲームだけじゃない」と切り出し、「けしからん映画」として「ロッキー」をヤリ玉に挙げ、「あんなヘビー級同士のボクサーが殴り合ったら死んじゃうのに、一向に死なない」「肉体のリアリティーを欠いた映画」と、青少年への影響を指摘した

短い文章なので編集の問題も予想されるけど、これすごいなあ。テンプレを作りたい。よっぽど『ロッキー』が嫌いというのは間違いない。

iPod、ハイエンドオーディオ相手に健闘

2000万円の超高級オーディオにiPodが挑戦 “iPod VS JBL&Mark Levinson” / デジタルARENA

http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20050930/113716/

企画を見た当初、え、圧縮音源(iPod)と非圧縮音源(CD)で比較するの?と思ったんだけど、iPodも非圧縮音源のWAVデータで比較していた。

スピーカーは、JBL Project K2 S9800SE。あのすごく大きいやつか。JBLというと、元気の良い音のイメージがあるけど、以前ヤマギワでProject K2を聞いた時はすごく繊細な音を出していた記憶がある。

最新更新でiPodとMark LevinsonのNo.390SL(CDプレイヤー)の対決をしているんだけど、なかなか健闘したそうだ。音源がバッテリーなのでノイズが入らない、iPod shuffleなら駆動部分がない、iPodでもHDDなのでCDより駆動部分が少ないという利点がある。

しかも、iPod shuffleはライン出力がなく、ヘッドホン出力なのに健闘。ヘッドホン出力はすでに増幅されているため、ライン出力に比べてピュアではないのだ。

とりあえず素人耳でも、どのぐらい差がわかるかという面白いテストになっているとは思った。

※参考

iPodの音質は携帯オーディオ機器の中で特別良いものではない。逆に良くないという意見も多く、津田大介さんは音質だとiRiverを勧めている。

Don’t lose your temper - iRiver H320を買った

http://d.hatena.ne.jp/ozric/20050603

VanDykeParks2VanDykeParks2 2005/10/29 15:28 ぼくはiAUDIO信者なので、iPodの音質は認めません。

『劇場型性格』っていうのは、『ハンドル』を相対化できるか否かだと思いますよ。

kanosekanose 2005/10/29 15:45 携帯オーディオ機器の中でiPodの音質がいいと言いたかった訳ではないので追記しました。

kimllakimlla 2005/10/29 18:04 ふと、『面堂終太郎型』と『諸星あたる型』という類型分類が浮かびました。>劇場型と関西人型
いや単なる思い付きですが。

kyoumoekyoumoe 2005/10/29 20:53 何か最近揉め事がおおいね。

とおりすがりとおりすがり 2005/10/30 02:21 その謝罪文自体が「いちからはじめるファッション入門マニュアル」に抗議文が載ってからアップロードされたものです。
つまり、加野瀬さんの認識は逆で、抗議文が載ってあわてて謝罪文を出した、というのが実情のようです。
謝罪文の方に日付が載ってないのはそういうミスリードを狙ったものではないでしょうか。

kanosekanose 2005/10/30 02:28 うわー、そうだったんですか…。訂正しておきます。

strangestrange 2005/10/30 19:09 Haru’s トリビアあたりが書籍化されるんですか?

kyoumoekyoumoe 2005/10/31 22:33 人のサイトをパクっておいて、
「閉鎖しました、別のサイトを開設しました、こっちはパクってません」
って言ったって何の信憑性もないよ。
まったく関係ないジャンルならともかく、同じファッションを扱うサイトを開設したということは
どっかでパクッた内容を使用している可能性も十分あるわけ。
それは厳しすぎるという人もいるかもしれないが、それならちゃんと説明責任を果たせばいい。
果たせてないでしょ、今現在。
パクられた人は何の説明もされてないって聞きましたよ。
そんなんで本を出す神経が信じられない。
出版社の方のblogも「盗作じゃないんですか?」と書き込まれたとたんTBとコメント欄を閉じるという誠意のかけらもない手段に出ているので、著者と出版社がグルになって盗作問題をもみ消そうとしているのは明らか。
最低でも問題の当事者にはちゃんとした説明をするべきだ。

shibakushibaku 2005/11/01 01:16 のまネコはパクリじゃありません!

matsunagamatsunaga 2005/11/02 12:52 インスパイヤ!いんすぱいや!

toorisugaritoorisugari 2005/11/03 08:22 >今後起きそうなトラブルを予想

すでに似たようなのが起きてますよ。
http://key.cube-web.net/archives/2004/03/22065650.php
この時の当事者も深水英一郎ですね。

requiem7requiem7 2007/07/07 08:06 山本一郎から本をもらったという事実も有るんですね。