Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2006-02-28

LOHAS名言

人から聞いたんだけど、テレビのLOHAS特集でのテロップでこんな解説がされたそうだ。

LOHASは曖昧でok。本人が納得していればいい」

一応LOHAS肯定番組だったそうだが、これでは…(笑)。

エコロジーなら商品の買い換えは控えるし、過剰な新製品サイクルを否定するけど、「LOHAS」は商品の買い換えを否定しないからら、企業にやさしい。「もったいない」はエコロジーと関係あるが、LOHASは無縁。

「エコロジー=貧乏くさい」から「LOHAS=ハイクラスのライフスタイル」へ。

LOHASは、今までエコロジー関係への企業努力をしていた企業よりも、そういうのと無縁の企業が、環境にやさしいのをアピールするのに便利な言葉になってそうだ。

Gooleで検索してみたら、サイトが一杯。

NPOローハスクラブ/ LOHAS(ローハス / ロハス)ライフのすすめ

http://www.lohasclub.org/

ロハスワールド [Lohas-World] 暮らし・環境・健康を考える 人と企業のコミュニティ◆このサイトについて

http://www.lohas-world.com/

MY LOHAS.net

http://www.mylohas.net/

はてなワンワンワールドのともだちリスト

関係が一方向か双方向か一覧できてしまって残酷だ。

ウェブのリンクでも誤解されやすいんだけど、ネットに多数あるのは双方向の関係ではなく、一方通行の関係であり、たまたまそれに相手が反応した時だけ、双方向になるのだというのを実感させてくれる。

関連:ARTIFACT ―人工事実― : 一方通行の人間関係が多数成立することによって生まれる居心地の悪さ

http://artifact-jp.com/mt/archives/200511/onewayhumanrelations.html

はてなチャットサービス

ワンワンワールドのチャットツール化希望を書いたけど、ワンワンワールドのままでチャットツール化させるのはおそらく不都合。

それよりも、はてなIDを利用したリアルタイム会話サービスのほうがいいだろう。Ajaxでなんかできないんだろうか。

従来のチャットルームだと部屋(チャンネル)があって、そこに入っていくんだけど、部屋の中で何を話されているかはわからない。はてなワンワンワールドは街の雑踏のように、人が集まっているところになんだなんだと行って興味を持って寄っていく。そこでの会話に興味がないのなら、去っていけばいい。実際には、ともだちになってないと会話ができないので、そこにいる「人」に対して興味があるかどうかになるのだが。

チャットだと、部屋名に何かテーマのあるものをつけないと、参加しにくいのだが、会話をしていれば、部屋名は変わってしまう。それならば、部屋名以外に、チャット中によく出てくる言葉をキーワードとして拾い、それを部屋の概要として表示するとか、人数によってその部屋の名前が大きくなるとか。

複数のチャンネルにいることができると、IRCみたいに、たくさんの部屋にいるけど、発言しない人が出てくるので避けたいなあ。会話はその場にいる人だけに共有されるものだとしないと緊張感が欠け、だらだらいるだけになってしまうので。

ソフトオンデマンドのエロゲー事業はどうなったんだろう

おたく・おん・でまんど

http://www.oden.sod.co.jp/

※18禁

そういえば、これどうなったんだろう。サイトの更新は2004年8月で止まっているのでフェードアウト?

なんでこんなに辿り着いたかというと、声優ライブチャットの情報を調べていたので。

週刊デジタルデマンド - にいなさくやライブチャット 第三弾!

http://www.sod.co.jp/demand/news/13.html

東京大学物語』ってソフトオンデマンド制作なんだ。通常の映画のプロモーションと流れが違うなあと思っていたら納得。

映画「東京大学物語」一般試写会レポート&江川達也監督インタビュー

http://www.sod.co.jp/demand/news/70.html

naganaga 2006/03/01 20:17 直接関係は無いような気もしますが、一応、貼っておきますね。

[R30]:LOHASは「サブマリン商標」の成功事例か
http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2005/12/lohas_4a41.html

2006-02-27

『ぼくたちの洗脳社会』を好きな人が「映画の力なんて大したことがないんだ!」と主張する不思議テクニック

映画の力と馬鹿な大人

http://deztec.jp/design/06/02/26_life.html

私は映画にせよ何にせよ、それほど期待していないからなあ……。何かの役に立つと思って映画を見せたがる大人のことを「やっぱ人間って、歳をとると馬鹿になるのかね?」と思ってたあの頃(いつ?)の気持ちを思い出そう! 「ホテル・ルワンダ」を観賞して感動するのは、最初からその主張に共感するところのある人だけでしょう。だから、嫌韓の人は、嫌韓の心情に影響しない形で都合よく感動する。それだけのことです。

絶叫機械+絶望中止 - 「エンタテインメント」は免罪符ではない。

http://d.hatena.ne.jp/screammachine/20060227#p1

大体麻草さんが批判していることに同意なんだけど、ちょっと補足。

徳保さんの記事中の「映画」というのは、映像やら書籍やら音楽やら、人間の表現活動に置き換えられると考えられる。そうした表現活動が他人に与える影響はない、人は読みたいようにしか読まないんだという話だと読んだ。

徳保さんは岡田斗司夫氏の『ぼくたちの洗脳社会』(ISBN:4022612444*1を評価してる。*2だからこそ、自分が良いと思っている書籍のレビューをAmazonに投稿していると以前書いていた。しかし、今回の記事の主旨と、ちょっとした表現活動でも他人に影響を与えられる(書籍の中ではこれを「洗脳」と表現している」と主張している『ぼくたちの洗脳社会』は明らかに対立している。

徳保さんは、たまたま見かけた機会を使って「表現が他人に対して与える影響なんて微々たることを知っており、他人が変わることを期待していない俺は賢い」という優越感ゲームをやっているだけなんじゃ? ジャーゴンでいうと「猫知り顔」っぽい。

そもそもブログなどで人に言葉を伝えようとするのは、他人に影響を与えようとしている行為だ。そういう行為をしている人が、他人に与える影響なんて微々たるものだと最初から卑下していたら、閲覧者はそんな人の言う言葉に影響されるのはイヤだなあと思ってしまうのでは。岡田斗司夫的な「洗脳力」を自ら下げてしまう。

徳保さんの記事で、「読みたいように読む」例として挙げられているのが子供だから、「子供は読みたいようにしか読まないね、今回問題になった人もそういう子供なんだよ」というのが主張ならわかるんだけど。

不安が「差別」を引き起こす

真剣10代たしなめ場 - 非常に興味深い。差別の本質について。

http://d.hatena.ne.jp/hiro_co_yn/20060227/1141018141

優越心とか侮辱心とかって、一見、差別感情に似ているかもしれないけど、虐殺を引き起こすほどの憎悪を生むのかな。社会全体で乗り越えなければいけない課題なのかな?この辺のつながりが良くわからないです。

社会で問題とされる差別とは「不安」を引き起こすものだ。特に今は「不安=危険」となっている。体感治安とは「不安」であり、実際の犯罪のデータとは関連しない。ルワンダの虐殺は他民族への不安が引き金になって起きたし、関東大震災の朝鮮人虐殺もそうだった。

優越感や侮蔑はまた別。こういった感情で、ブログに対して批判が集中したり、コメント欄が荒れるけど、その延長線上に民族虐殺があるか?といったら違うのではないだろうか。個人に対して向かうのと集団に対して向かうという違いもあるし。個人に対してこうした優越感や侮蔑が向かうのは、いじめの構図ではないだろうか。

*1http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/bokusen/mokuzi.html

*2:適切なリンクがなかったので省略。でも検索すれば評価している記事がたくさん出てくる

DryadDryad 2006/02/28 03:43 直接の引き金にはならないでしょうが、虐殺行為を正当化させることはあるのでは。まぁ、差別の隆起に伴って副次的に生まれるものと考えることもできますが、良い兆候ではない気がします。

yellowbellyellowbell 2006/02/28 10:04 ゲルマン民族が優良種であるとして、劣等種とされる人々への優越心や侮蔑心を煽り、結果的にホロコーストを引きおこした例があると思いました。憎悪というより狂気と整理されているようですが。

sowwasowwa 2006/03/03 17:32 人は本や映画の影響で確かに行動や思考を変えてしまう。ただしその変わり方は製作者が作品にこめた意図とは無関係……自分が何か書いて人の反応が自分の意図との乖離が激しかった体験が多い人はこのことを「読みたいようにしか読まない」「影響など微々たる物」とネガティブに言い、意図がうまく伝わった経験が多かったり、同じものを見て同じ感想を抱く、または共感できる感想に出会うことが多かった人は「表現の影響は絶大」とか思う、ってことなんじゃないでしょうか。
徳保さんは自分でも自分が話題にしている「影響」が無条件の変化なのか、それとも意図を汲むということなのか、で混乱しているのでは。

2006-02-26

ガンコレのムサイ

ガンダムコレクションNEO 1/400 ムサイ

ガンダムコレクションNEO 1/400 ムサイ

1/400 ビグザム

秋葉原ヨドバシカメラで現物を見たけどさすが1/400、でかかった! 置き場所に絶対困りそうなシロモノ。ビグザムと並べられていた。

はてなワンワンワールド

はてなワンワンワールド

http://world.hatelabo.jp/

これ、チャット機能を強化しないかなあ? 吹き出しだと隠れたりする時があるから、下にチャットウィンドウをつけるとか。

チャットする時は場所を指定。

「皇居でチャットしようぜ」

問題は都民じゃないと場所を指定しにくいことか…。記法で場所を指定できるといいかもしれない。

オンライン通知は「ともだちられ」だけ?

コメントスクワッター

はてなブックマーク - ARTIFACT@ハテナ系 - タチが悪い長文コメント常連

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050621/umeda

なんでこの記事が発掘されたか不明なんだけど。

2006年02月25日 terazzo 『命名式はまだですか?日記くんとかフレンドリーくんみたいな。』

わ、1999年に書いた古いコラムを覚えている人だ(笑)。

ARTIFACT −人工事実− : オタク定点観測 第18回「距離感の喪失」

http://artifact-jp.com/column/otaten199912.html

[日記君] 文字通り、掲示板に日記を書く人。自分の行動+人に伝えたい意見がある書き込みならいいのだが、行動しか書いてない場合、返事のしようがない。「徹夜明けでヘロヘロです〜」という書き込みは、どういう返事を期待しているんだか……。

[フレンドリー君] 全然面識がないのに十年来の友達かのような態度で書き込む人。「いったい君はいつ自分と友達になったの? 挨拶したらもう友達?」

[趣味押しつけ君] 自分の趣味を管理人に押しつける人。Macの人にWinマシンを勧めたり、その逆だったり。

確か、前にコメントスクワッター*1というのを言った気がするんだけど、検索にひっかかからない。という訳で「コメントスクワッター」を提唱。

最近注目のコメントスクワッターは、

喪男道 - パレスチナとイスラエル

http://shrak.blog17.fc2.com/blog-entry-232.html

にいる喪名子という人。覚悟氏の論理を、女性として使いこなし、ここなら私を受け入れてくれるはず!と言って書き込むのだが、それは間違っていると喪男道の男性閲覧者に否定されてしまうという。ずっと書き込み続けているんだけど、「ここは私の掲示板になりました」とか言いそうな勢い。

※参考

Fragments | 喪名子さんの謎

http://fragments.marineko.moo.jp/?eid=179048

過去のお笑い記事をまとめてみる

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060223/bloggerfleet

2006年02月24日 americanboss 『[web][比喩]この人の記事で初めて笑った』

ええ、そんな…!? 昔から笑いを意識した記事を書いていたのに! お笑い系は「ネタ」と「妄想」カテゴリに入っているんだけど、人のを紹介した時にも使っているからなあ。

せっかくなので自薦のお笑い記事をまとめてみる。まとめてみたら、全部はてなネタだった…。安易過ぎる。アンカー時代のはてブも多いので、当時のはてブへのリンクもつけておく。

ARTIFACT@ハテナ系 - ブログ脳内恋愛作法〜テキストだけで恋をしよう〜

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050508/bloglove

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050508%23bloglove

アホみたいに長文。今まで最高に練り込んだ記事。

ARTIFACT@ハテナ系 - 大事なのは三ゲッター

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051010/threegetter

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051010/threegetter

はてなブックマークネタ。海外有名人のインタビュー記事の文体の真似をしたかったもの。

ARTIFACT@ハテナ系 - はてな学級会「銀河通信には儀礼的無関心を行使すべきか」

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051228/ginga

はてダは学級会みたいだという意見をよく見かけていたので、じゃ実際に学級会にしてみようと思ったもの。

ARTIFACT@ハテナ系 - はてなガンダム

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060209/hatenagundam

はてな+ガンダムというどちらも確実にウケが取れるという非常に非常に安直なネタ。でも今までなかったし…と思ったので書いてみた。自分の見ていた範囲になかっただけ?

*1:不法占拠者

terazzoterazzo 2006/02/26 05:29 回答ありがとうございます。覚えていたのはコラムじゃなくてWebの方でした。(掲示板で「ハイエンド」のことで絡まれてて「フレンドリー君は基本的に相手しません」とおっしゃっていたのが印象的でした。) 当時も電子メディアにおける距離感問題に興味があったので、とても興味深く拝見しました。しかし当時も今もこの問題は本質的にはあまり変わらないようですね。

Yoshio1Yoshio1 2006/02/26 06:25 わたしもチャット系機能が追加されたら面白いと感じました。

krafty@1kw.jpkrafty@1kw.jp 2006/02/26 14:28 「コメントスクワッター」というのは喪名子氏が「不法」にコメント欄に居座っていることを指摘しているという含意が存在すると解釈していいのでしょうか? 喪名子氏は単にコメント欄で(賛同するにしろしないにしろ)自説を述べているだけです。それを「コメントスクワッター」することは適切でしょうか? むろん、喪名子氏を「ウザい/ウザくない」と片付けるのは個々人の自由です。しかし彼女(一応「女性」であると仮定します)の行為が「不法」であるとは私は思いませんし、何か間違ったところがあるとも思いません。もちろんこんな意見は「たった一人」の「くだらない」意見です。ですが、敢えてこう思ったということを記しておきます。

VanDykeParks2VanDykeParks2 2006/02/26 14:42 ぼくもアレだけ覚悟さんの言葉に忠実な喪名子さんは喪男道にとっても歓迎すべきコメンテーターだと思います。

kanosekanose 2006/02/26 20:17 記事と直接関係のない長文のコメントをずっと投稿するのはあまり歓迎されない行為であるというのを前提としてます。自説を述べるのならブログを持ってTrackBackを飛ばして欲しいという感覚を持つ人はそれなりにいますよね。自分の場合は、記事と関係のない話題を長文(10行ぐらいの)で連続して書かれたら、注意します。管理人の主張に賛成であるか、反対であるかは関係ありません。なぜ、そういうことをするかといえば、他の人が書きにくくなる雰囲気を作りたくないからです。ただ、記事と関連する話題での議論は止めません。

SkullHeadArmorSkullHeadArmor 2006/02/27 01:00 >記法で場所を指定できるといいかもしれない。
MAPの左下にこの場所へのリンクってのがありますよ。新しく追加されたのかもしれませんが。
大盛況の渋谷リンク http://world.hatelabo.jp/?x=139.7009253501892&y=35.661463044565274

2006-02-25

自分大好きのナルシストでもいいんだ!

でも、自分大好きのナルシストには二種類いるねという話。

Mellow My Mind - スタンドアロン型ナルシスト

http://d.hatena.ne.jp/mellowmymind/20060222/p1

で、件のエントリに関連して思うのは、ナルシズムを否定する(ナルシストと思われるのをおそれる)あまり、よけいにねじくれてめんどくさくなってることって思いのほか多くね?ってこと。どのみち自意識過剰からは逃れられないのに、ナルシストじゃーありませんよーってのを示したい、すると、他人からの承認を常に欲することになる、でも自分からは素直に「おれすごくね?」ともいえないから、結果的に自意識過剰が加速して、エニタイム上目づかいの単なるいじけ虫になる、ていう。松尾スズキいうところの「バックファイヤー型ナルシシズム」(俺ほんとはもっとすごいはずなのにそうじゃないから俺キライ=ナルシズムの裏返し)とかもそうだけど、そういう人って、やっぱり、普通にめんどくさい。自意識過剰ゆえに自分は人に気を使いまくってるつもりになってるけど、実はその何倍も人に気を使わせてる、でも本人はそれに気づいてない、ていう。

(中略)

とにかく他人にすがらないナルシスト、スタンドアロン型ナルシストってのが健全でかっこよくて面白いよ。自分だいすっき! ひとりでいても楽しくて仕方ないぜーって、そういうの。理想。見ててもつきあってもラクだし気持ちがいい。

自意識過剰のあまり、自意識過剰に対して攻撃的になる人の問題。そして、他人から認められなくても自分大好き!と思えるナルシストが健全*1だという話。

「自分大好き」を自己承認に変えるとこれに?

watapocoの日記 - 自己承認は、他人の承認で得られるものではないかもしれない

http://d.hatena.ne.jp/watapoco/20060202/p1

自己承認の要求に対して、自分での承認のレベルと他者の承認のレベルの食い違いの話。

追いかけていくと、自分を好きになるための自信ってどこのお店で売ってますか?という話になりそうだ、

Mellow My Mind - 恋とはいったいなんじゃろか・2

http://d.hatena.ne.jp/mellowmymind/20060210/p1

このダメ人間好き恋愛についての考察も面白かった。

自分しか読まない日記を書いて井の中の蛙になる

ブログブーム以降、公開の場で何でも言わないといけない、みたいな勢いがあるけど、公開の場で言わないと気が済まないというのを続けていると、常に人の眼を意識するようになり、劇場型性格に陥りやすい。

自分の考えていることや感情を、すべて他人に理解してもらおうと思わなくてもいいのではないか。自分しか読まない日記に、中二病や背伸びしたものなど人から痛いと言われそうな文章を書いて、すっきりするのだ。

自分専用、または周りの友達に見せるぐらいのところで止めておく。ブログなど検索エンジンが到達する場所で公開したら、誰が読むかわからないからだ。そういう意味ではアクセス制限が簡単なSNSはいいのかも。

これは特にまだ自分の価値観が定まってない10代の時はそうしたほうがいいのではないかと考えている。

『機動戦士ガンダム0083 ドクメンタ』/『LIVE―泉野明写真集』はすごい

http://d.hatena.ne.jp/toby-luigi/20060217

で知ったんだけど、『機動戦士ガンダム0083』の戦場写真集が出てるそうだ。でも、描き下ろしではなくて、実際のフィルムを加工してものだそうで。ただ、巻末の資料は充実しているそうなので、設定好きにはいいかも。1,800円とそんなに高くないし。

アニメの写真集といえば『MS ERA』(ISBN:4840212333)が最高峰だと思うけど、美少女系での写真集でも1993年に発行された『LIVE―泉野明写真集』(ISBN:4048523864)もすごい。

アイドルの写真集をイメージソースに『パトレイバー』の泉野明を撮影するというもので、イラストは飯田史雄、沖浦啓之窪岡俊之結城信輝出渕裕、高見明男、前田真宏と蒼々たるメンバーで、美術はスタジオ美峰が担当している。デザインは田島照久だ。編集には今はシナリオライターで有名な野崎透が参加している(以上敬称略)。Amazonを見たら、ユーズドで300円と安いから、このメンバーが気になって見たことのない人にはぜひお勧め。

芸能プロダクションにプッシュされる女性ブロガー

カリスマブロガー「さきっちょ」「はあちゅう」とは

http://sago.livedoor.biz/archives/50341020.html

ここで知ったんだけど、二人はプリンシパルエージェントという黒田美帆氏(現役女子大生芸能プロ社長の日記 http://blog.livedoor.jp/riddler/)が運営している芸能プロダクションと関係があるようだ。このブログの記事では「所属」となっているが、

はあちゅう主義。

http://blog.livedoor.jp/springflavor122/

ブログ組関連お問い合わせは、info@p-a-japan.com (プリンシパルエージェント事務所)専属契約とか所属はしてないです。

と書かれているので「関係がある」とした。

所属する女性ブロガーのリスト。

http://www.p-a-japan.com/blog.html


ブログブームになってから、顔出し女性ブロガーが増えたけど、ネットアイドル史的に位置づけすると面白そうだ。旧来的なネットアイドルから実際のアイドルや芸能人になった例を思いつかないのだが、このブログアイドルはちょっと状況が変わりそうな気がするし。

『ペーパーアイドル』という書籍は面白かったが、これのネット版が読みたい! 誰か取材して欲しいなあ。他力本願。自分でやりたいと言わないのは、こういう普通っぽい人への勘所が自分にはあまりないため、取材しても面白くなりそうにないから。

※過去の『ペーパーアイドル』話

ARTIFACT@ハテナ系 - ペーパーアイドルからネットアイドルを考える

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051103/paperidol

ARTIFACT@ハテナ系 - 飲食店専門媒体によるメイド喫茶記事

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051026/maidcafecoverage

ウガニクさんが話題になっている今こそ!

はてな近藤さんとウガニクさんは似てるんだってば!

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20041122/okada

この時の記事の写真がないのが残念だ。

また君か。@d.hatena

http://d.hatena.ne.jp/matakimika/20060222#p1

発熱地帯: 二次元エンド。そしてバッドエンドを楽しむゲーム

http://amanoudume.s41.xrea.com/2006/02/post_163.html

なぜラフ絵はよく見えるか

Je n’avais pas l’intention d’aller a la mer. - ラフのほうがよかった、と言われる屈辱

http://d.hatena.ne.jp/y_arim/20060224/1140814530

なぜ、ラフの絵がよく見えるかをわかりやすく解説。そうそう!

※検証用の有村さんのイラストは18禁なので注意

逆に、ラフの絵がよく見えないという人は、多くの線の中から自分の好きな線を拾う能力が低いんだろう。そういう人からすると、ラフ本は手抜きにしかならない。絵描きだと、その能力が高いから、ラフを見たがるという。

*1:「健全」という言葉には最近ちょっとひっかかりがあるのだけど、いい表現が思いつかない

SkullHeadArmorSkullHeadArmor 2006/02/25 16:29 >旧来的なネットアイドルから実際のアイドルや芸能人になった例を思いつかないのだが
これで思ったんだがAV女優って芸能人として認めていいんですかね(;´Д`)もし認めるとしたら元ネットアイドルが芸能人になったという例はあったと言っていいかも

kanosekanose 2006/02/25 16:37 考えてみると芸能人のくくりも難しい。商業ベースの写真集やDVDの一つでも出てれば芸能人なのか?とか。一つ程度だと何なので、ある程度継続的な活動をしているというのは条件に入れたいところ。考えたことなかったんですが、AV女優はネットスカウトとかしてそうですね。

munekatamunekata 2006/02/25 22:35 ウガニクくんと近藤淳也さんが似ていることについては、その両方にお会いしたことのある僕も保証したいと思います。

kanosekanose 2006/02/26 03:57 ブログ見栄講座いいね!

2006-02-24

はあちゅう発言のテンプレート

ARTIFACT@ハテナ系 - 美少女革命家はあちゅう

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060223/hachu

の続き。

続々と面白い記事を見かけたのでメモ。

ロッキングオンジャパン編

http://d.hatena.ne.jp/republic1963/20060223#p3

非モテ

http://d.hatena.ne.jp/maroyakasa/20060224#p1

ソ連編/ドイツ編

http://d.hatena.ne.jp/bloodhound/20060223#p1

f:id:VanDykeParks2:20060224121324g:image

そしてついにアニメ化!

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/20060224/1140712380

こうして僕たちははあちゅうを消費していく。

※さきっちょとはあちゅうの区別がよくついてないのは秘密だ!

はあちゅう氏の発言にみる「ブロガーの病」

ネタにして笑う以外にも。

kmizusawaの日記 - 流行の話題(もしくは自分もあまり彼女を笑えない)

http://d.hatena.ne.jp/kmizusawa/20060224/p1

こういった意見が珍しくないというのは確かに思う。

はあちゅう氏の発言からは、「発言したい欲望」によって、ただ単に突き動かされ、私はよく知らないんだけど何か言わなといけない!という衝動にかられているのを感じる。これも「ブログ」という場所があるからこそ加速している訳で、「ブロガーの病」だろう。

そして、発言のために参照されているのはテレビレベルで流される言論。

想像力はベッドルームと路上から - つーか「女系天皇問題」とか言ってないでとっとと「美少女天皇」を奉れよ!!

http://d.hatena.ne.jp/inumash/20060223/1140702869

そのような日常における選択の積み重ねの先に「政治」があるはずなのに、何故か多くの人が「政治」を語る場合、その日常性をすっ飛ばしていきなり大文字の「国家」や「国民」を持ち出してくる。それは大半の人が日常生活の政治性に無自覚なまま、自分の生活とは無関係な場所にそれを置いているからでしょう。だから、実感を伴った話ができない。

日常生活において、そこかしこに転がっている「政治性」を意識的に拾い上げること。これが政治において最も重要な事です。別に「国家」や「国民」について語る必要なんてありません。

浅羽通明氏が「発言したい欲望」で問題視していたのはこの点だった。

興味深いのは、使っている言葉は「国民」とか「国家」とか大文字なのに、社会問題の発生をすべて個人の内面にしてしまうところだ。だから、その内面を変える方法として「教育」が出てくるのだろう。もちろん、教育も必要だが、雇用問題などはすべてすっとばされてしまう。

降参階級 - 彼女はなぜ笑われるのか

http://d.hatena.ne.jp/jalam/20060224/p1

はあちゅう氏の発言は「青臭い」理想論ではない。「青臭い」態度とは、政府や企業など力を持っている側に変革を求めることである。特に急激な変革を求めるのは「青臭い」と言われるだろう。

はあちゅう氏が変革を求めているのは「教育」であるから、一見「青臭く」見えるのかもしれないが、上で述べたように、個人の内面しか問題にせず、既存の社会の構造は問題視されていない。

これが最強の「保守」だ。しかし、本来保守というのは既得権を持った人が言う意見であり、既得権のない学生という立場の人から出てくるのが不思議なんだけど…。なんでなんだろう?

憶測メソッド全開でいうと、自分が既得権を持つ層に入るという確信があるから? 自分が能動的に動いた結果、いろいろメリットを得られた。みんなも動けば? だから動かない人が悪いってこと?

こういう考えはミクロレベル(まわりの人に言うとか)だとわかるけど、それをマクロレベルに何のためらいもなく適用するのは危険だと思うが。

※追記

はあちゅう主義。:朝日新聞朝刊に掲載されたよ

http://blog.livedoor.jp/springflavor122/archives/50168562.html

マスコミに入る?とか書いていたけど、朝日の学生記者をやってるそうだ。

インディーズアニメ上映会

2/25(土) 第4回インディーズアニメフェスタ 三鷹市芸術センター

http://www.iafesta.jp/main.html

3/3(金) CG carnivalスペシャルプログラム2006「Flashアニメーションの進化」 東京写真美術館

http://www.cgcarnival.com/index_j/special2006.html

トークゲスト:竹熊健太郎

たけくまメモ: 【告知】3月3日「FLASHアニメーションの進化」イベント http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/post_f55a.html

どちらも無料イベント

kanosekanose 2006/02/24 16:06 「青臭い」は理想主義者だと思ってたんですが、幅の広い言葉なんでしょうね

kiya2014kiya2014 2006/02/24 19:47 かわいいほうがさきっちょです。

y_arimy_arim 2006/02/25 04:00 ある意味セカイ系と通じるところがありますね。社会を閑却して個人と大きなものを一気に結び付けているあたり。

bigburnbigburn 2006/02/25 10:31 ROJ編が最高すぎます。ロックって思想界に残されたラストサムライだよな。

kanosekanose 2006/02/25 16:21 セカイ系美少女革命家ですか(笑)。ますますキャラ立ちしてる!

2006-02-23

美少女革命家はあちゅう

はあちゅう主義。:小娘が何か言ってます。

http://blog.livedoor.jp/springflavor122/archives/50165246.html

そもそも、向上心があるのが人間なのに。

人間力が落ちてる!!

人間力を上げる教育が必要不可欠だと思われ。

はあちゅう氏が教育革命を力説してるんだけど、これがすごい。全編面白さが漂う文章なので、ぜひ読むのをお勧め。

「人間力」と「非国民」は人を見分けるリトマス試験紙として便利に使わせてもらってる。

はあちゅう主義。:女性起業家支援プロジェクトとか。

http://blog.livedoor.jp/springflavor122/archives/50166244.html

あと、この記事の下のほうに反応がある。

ブログから、いつの間にか、コメントとTrackBackがなくなっていたのが残念。


はてブから面白かったコメントを。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.livedoor.jp/springflavor122/archives/50165246.html

2006年02月23日 odd991 『[言説]革命家になるのがよいと思う。革新右翼の萌革命家。ハマーン様についていく人がいるのだから現実の美少女革命家についていく人も多いんじゃないか、とZZを見ながらなんとなく思った。』

美少女革命家というフレーズはいいな。ハマーン様榊原良子氏の声だからついていく民がいるんですよ!

2006年02月23日 maroyakasa 『[ハハハハ、こやつめ]なんか踊らされて、参議院選に立候補するに30はてなポイント

確率があまりに高そうなので、当たってもリターンは少なさそう。

2006年02月23日 brainparasite 『[教育]雨宮処凛みたいになりそうだな。』

それは雨宮処凛氏に失礼だと思った。

2006年02月23日 fromdusktildawn 『[アイデンティティ]小娘に自分のアイデンティティーを脅かされてうろたえた人たちがたくさんブクマしていて興味深い』

fromdusktildawnさんは、まだまだ逆張りの修行が足りませんね! アイデンティティーが脅かされてないと安心できるからこそ笑い者にしている訳で。そこを突かないと!


アンテナショップ@bloodhound - 新たな芸域の開拓へ。エバーオンワードはあちゅう。

http://d.hatena.ne.jp/bloodhound/20060223#p1

さっそくテンプレ化。これ最高だなあ(笑)。

ソ連編より。

そういう低レベルなことをぼやいてる奴らをまとめて、スターリングラードのトラクター工場とかレニングラードとかに全員ボランティアに行かせるべきだと思った

向こうも迷惑だろうけど、頭下げて勉強させてもらいに行くべき。

ドイツ編より。

個人的には、総統府事業で視察した大日本帝国の教育に感動したので、あれを取り入れるべきだと思ってる。(大日本帝国の学校についてはまた別エントリーでかくかも。)まあ大日本帝国は人種が悪いから、それを生かせてないけど。あの国はいろいろなもののバランスが悪すぎる。でも、人材の宝庫ではある。

俺はお前の人力検索はてなじゃない

BigBang: 奴隷になるなら1人で行け----僕らは「人力検索はてな」ではない。

http://ultrabigban.cocolog-nifty.com/ultra/2006/02/post_06e3.html

僕たちは「人力検索はてな」でもなければGoogleの奴隷でもない。なぜあなたの屁理屈への反論のために労力を費やし、情報を探してきてあげなければならないか。

これを読んで「俺はお前の人力検索はてなじゃない」というフレーズが思い浮かんだ。

そういう作戦を駆使する人だとわかっているのなら、無視するか、最低限の事実誤認などを指摘するのに止めるのが吉。

(ないと書いた後で不安になる。あるいは全てをネット上のソースのみで思考するような人間が最近は大量発生しているのだろうか)

ある情報に対してどの程度情報収集コストを払えるか、というのは人によって当然違いがある。本気で考えたいことなら、書籍など様々な情報を駆使するけど、ちょっと見た程度で気になった情報なら、ネット上の情報を見るぐらいで止まる。自分はそんな感じ。

問題は、歴史など膨大な資料があるような世界で、ネットだけをソースに議論しようとすることか。


最近、気になっているのは、金銭面などで情報収集へのコストがかけられない若年層への影響。最近、若者は本を読まなくなったというけど、「本を読まない」だけで文字を読まなくなった訳ではない。文字媒体という面では、圧倒的にコストが低いネットが書籍を駆逐しているだけだ。

ブロガー第七艦隊

f:id:drytonguecat:20060223150559g:image

シナトラ千代子 - 絵で見るWebイージス艦アルファブロガー』の全貌

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20060223/p1

おお、更なる軍事ネタが! 軍事ネタは詳しくないとかいって、十分合ってるんだけど(笑)。

イージス艦とは「イージス装備システムの艦」を指し、排水量による分類と違うので注意

spam迎撃はCIWSだったんだ! はてダはCIWS*1を装備しているけど、最近CIWSの迎撃の間をくぐる新型spamミサイルも登場。

迎撃エントリミサイルは破壊力を考慮して、書く場所を変えるという作戦が。mixiやグループダイアリーなど様々な新型エントリミサイルが駆使するぞ!

あ、対艦ミサイルと対空ミサイルの違いが難しいなあ。艦をブロガーにして、航空機はブログを持たない閲覧者にしたほうがわかりやすいかも。これだと、CIWSでspam TrackBack迎撃はちょっとずれちゃうけど。

現実の艦隊ベースで考えると、空母、巡洋艦駆逐艦となるので、空母もいれたい。リンクすると相手先のコメント欄が荒れる場合は、サイト読者である艦載機の厨房度が高い。艦載機で間接的に攻撃する訳だ。昔の切込隊長のところみたいな。あと、政治論壇系もそういうの多いね。

そのサイトが属している文化圏などで艦隊名を考えたい。モヒカン艦隊とか。はてダ内部にはたくさん艦隊があるんだけど、ブログ世界全体から見ると、はてダは一つのはてな艦隊に見える。

イージス艦が装備するイージスシステムを、ブログ論壇内サバイバル能力や議論能力として、アクセスの多さや影響力を排水量に。イージス艦アルファブロガー巡洋艦○○みたいな。大手は巡洋艦、中堅は駆逐艦。意気揚々とブログ論壇内にデビューしてきた新人サイトはミサイル高速艇。

真性引き篭もりは、その強力な対艦ミサイルで華々しくデビューし、その後順調に排水量を増やし、とうとうアルファブロガー巡洋艦にまでなったが、そろそろ自分がミサイル高速艇に狙われる立場となってきているぞ。

イージス艦が、関連トラックバック文化圏などイージスシステムを装備してないと思われる艦を見つけた時は、慎重な対処が必要なんだ。イージス非装備艦は、「無断リンク禁止!」「私の独り言なんです! 言及しないでください!」などの独特な装備を持ち、イージス艦を悩ませるぞ。

かつての大艦巨砲主義時代には、砲の口径を競い合い、ネガティブアクセス剛掌波と呼ばれる弾を打ち込んだだけで相手艦を撃沈したというぞ。

※だんだん口調が子供向け雑誌になってきた

テレビを見るのは低所得者層話

昨日の風はどんなのだっけ? - 新たな特権意識の発露という気がしないでもない

http://d.hatena.ne.jp/toronei/20060217/G

最初出たばっかりの頃には、テレビウォッチャー的な側面が強い人のブログやらで叩かれていたというか嗤われていた大橋巨泉の「金持ち、勝ち組、インテリはテレビなんか見なくなった」ですが、ここに来て好意的というか同調するような意見が、まあ「自分はテレビなんて観ないし、グループの中にもテレビ見る人ってそう言われてみればほとんどいないね」みたいな感じで言い出す人が多くて、なんかこういうのが凄く自分の嫌いな「エリート意識から庶民とか庶民的な現象、感情をバカにする」ということに触れている気がして凄い嫌な感じになりました。

あれ、最初からあの記事の「金持ちやインテリはテレビを見なくなった」に同意する声をよく見かけた自分とは印象が違う。

はてなブックマーク - 金持ち、勝ち組、インテリはテレビなんか見なくなった

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://nb.nikkeibp.co.jp/free/tvwars/interview/20060127005218.shtml

自分の印象は、これと巡回先で形成されたと思うのだけど、テレビウォッチャー的な側面が強い人のブログを自分が見てなかったということなのか。そこが興味深い。

「テレビ」といってもいろいろな番組がある訳で、人がイメージする「テレビ」に違いがある。大体こういう時は「良質なドキュメンタリーもあるけど…」というのは枕言葉で、悪として想定されているのはゴールデンタイムのバラエティ的番組や昼間の情報番組な気がする。それへの親和性の高さ?

自分のスタンスとしては、受動的メディアとしてのテレビはすごい強力だと思ってるけど、細木数子氏とか信じている人とは仲良くなれないなーという感じ。メディアとしての影響力は認めるけど、そこで流される価値観を肯定する気はない。

naoyaのはてなダイアリー - テレビを見ない人、見る人

http://d.hatena.ne.jp/naoya/20060217/1140153832

エンジニア界隈でクネクネするためのネタを提供したのに、マジレスされるnaoyaさん(笑)。そしてコメント欄で…

ツンデレnaoya

※素材はこちらより

betaグループ - 別冊はてな話 - 自由に使えるナオヤ素材

http://beta.g.hatena.ne.jp/sugio/20060221/naoya

*1:リンクなしTrackBackを受信しない機能

makimakimakimaki 2006/02/23 13:05 まったくテレビ観ないって人もいないでしょう。天気予報とか観るし。WBSはビジネスマンだったら観てるだろうし。確かにバラエティ観てる暇はないでしょうね。

ところでいつも思うんですが、このnaoyaくん、似てるようで似てないですよね。もっとかわいいぞ。

TigerTiger 2006/02/23 14:42 テレビをエロゲーとでも置き換えてみれば、ネタにしかなんないことがよく分かると思うんだけどナー。マジレス、カコワルイ、の典型みたいな(笑
だって、テレビみなけりゃ、ビルゲイツ氏になれるわけでも、naoya さんになれるわけではないんだもの。テレビを見るよりやりたいこと、おもしろいことがあるかどうかってだけなんだと思う今日この頃 A^^;;

kanosekanose 2006/02/23 17:46 makimakiさん>少年マガジンのノンフィクション漫画に出てくる微妙に似てなさも含めて楽しむものだと思ってます。次は少年マガジン的はてな物語を希望■Tigerさん>なるほど、テレビは面白いことを知らないことの象徴と■yu-kunさん>ニュースとかは倍速や飛ばし見はよくしますね。HDDレコーダーの恩恵!

kanosekanose 2006/02/23 19:41 トマホーク巡航ミサイルは時事話題への言及。核弾頭装備はきっこの日記みたいな時事ネタの怪情報というのはどうでしょうか

kanosekanose 2006/02/23 20:25 自殺ほのめかしはイージス非装備艦による自爆特攻というイメージです

TigerTiger 2006/02/23 21:15 「面白いことを知らない」とまでは云うと釣りになっちゃいますけど(笑

情報源として考えるなら、量の多い少ないなんてのはポイントでも何でもないですよね。自分の欲しい情報をどれだけ取り出せるかが重要なんで。「単位時間あたりの情報量」という話が出ていますが、情報取得効率とかの面では「見る快感」を刺激される分、危険な場合も少なくないかと A^^;;

まあ、時間コストを考えなければ、手軽で安価な娯楽ではありますけれどねー。しかし、時間コストを考えると時給の高い人ほど、とてもコストパフォーマンスの悪いメディアになってしまう。タイムシフトしたり、早送りしたり、ザッピングしたり、多くの人がやっているのは、それを体感しているからですよね。この辺りが「低所得者層」というキーワードに繋がるし、誰もが反応しやすいところではあるんでしょうね。

ああ、マジレスカコワルイ(笑

名無し名無し 2006/03/09 21:33 と、そんな具合にレッテル貼りで片付けたい人、片付けられる話題にとって、
ウェブの情報ってのは社会的権威抜きにフラットにリンク出来て便利という事でしょう。
それが正しいとか、偏ってるとかはともかく、自分が言及しなくてもポインタを示せる。
そこから、それをどこまで信頼して議論なり話題なりを進めるかは人それぞれなんだよね。

2006-02-22

真剣10代しゃべり場卒業生スペシャルに前島賢(id:cherry-3d)が出演

真剣10代しゃべり場

http://www.nhk.or.jp/shaberiba/

この前の真剣10代しゃべり場のことを書こうと思って、サイトを見たら!

真剣10代しゃべり場は3月に終わるのだが、その卒業生スペシャルにこんなビッグなお知らせが。

将来の僕らは幸せなの? (仮) (2006年03月10日放送 / 卒業生スペシャル)

前島 賢 (東京・23歳・第一期メンバー) 意見募集中

みんなは、今 幸せだと感じていますか? 今の社会・時代に不満や違和感を感じていませんか?不景気の真っ只中に思春期を過ごした僕は、将来に希望を持てず、思う存分悩んだり、語り合っていた。しかし、今の日本はどうだろう。将来、何になりたいか、何を学びたいか悩むよりも「勝ち組」という空虚な目標に向かって無闇に前進しているように感じる。"思い悩む暇があったら前へ進め、でないと「負け組」になるぞ"という強迫的なムードが蔓延していて、自分の悩みにじっくり向き合う余裕も、お互いの悩みに耳を傾けるゆとりも失われているように思える。それが幸せな生き方だろうか? 僕は、悩み抜きながら生きていくことに充実感と幸せがあると思っている。このままで、僕らは幸せなのですか?

これは実況か! 前島賢失われた10年世代のイデオローグになるよ!

真剣10代しゃべり場にrir6さんを見た

当初書こうと思ったことを。2月17日の「地球に明るい未来はない!」の回に登場した野沢恵梨佳(北海道・15歳)という人は、小学校4年から不登校で、毎日新聞やテレビで時事問題をチェックしているのだけど、まわりの十代が地球や社会のことを考えてないことに不満を持っており、だから地球に明るい未来がないそうだ。

毎日チェックした時事問題についてノートで書いているそうなので、彼女はブログをやればいいのにと思っていたんだけど、友達から「彼女こそ女性版rir6さんだよ! rir6さんは彼女と付き合うべきだ!」と言われ、確かにそうだと思った(笑)。そして、実際に顔を付き合わせるような交友関係で、あういうキャラはかなり対処に困るなあというのも実感した。

女性のいるレジにまっしぐら!

読むだけで恋愛体質になれる本

読むだけで恋愛体質になれる本/梅田みか

http://www.kadokawa.co.jp/book/200503000333/?select=osusume

この書籍の紹介ページの「男性のいるレジや窓口に並ぼう!」にクラクラしたので改変。

著者の梅田みかってどこかで聞いたことあるなあと思ったら、シナリオライターの人か! 超迷作のためDVD化されずに黒歴史化している『愛するために愛されたい』のシナリオライター!

ARTIFACT ―人工事実― : ドラマ『愛するために愛されたい

http://artifact-jp.com/mt/archives/200307/aisurutameniaisaretai.html

女性のいるレジや窓口に並ぼう!

(中略)

女性がいる窓口やレジを見つけたら、迷わずそこに並ぶのです!

「レジなんて、どこに並んだって一緒じゃない!」なんて言わないで! たかがレジひとつでも、それが、恋愛体質になる第一歩なのですから。

恋愛体質になるためには、とにかく、女性と接する機会を増やすことが大切なのです。女性と接している時間は、本当に一秒でも多いほうがいい!

たとえ、レジで交わす挨拶や、些細なほんのひと言ふた言でも、男性と話すよりは女性と話したほうがいいのです。

レジや窓口だけでなく、ふだんの生活の中で接する人は、なるべく男性より、女性を選ぶほうがいいのです。

たとえば、行きつけの美容院、お医者さんや歯医者さん、英会話教室の先生……必ず定期的に会う職種ほど、できれば女性でそろえるようにすると効果的。

女性と接する機会が増えると、知らず知らず、女性ウケのいい笑顔やしぐさ、話し方が身についてくるのです!

特に彼女がいない時期は、女性と話す時間が圧倒的に減るので、どんな些細な機会も逃せません。

今日からは「どこでも同じ」なんて言わずに、女性のいるレジにまっしぐら!

3月のロフトプラスワンなど

3/1(水)ロフトプラスワン AIC ASTA presents『まさひろ山根のガンソード ロフトで山だ』
    【出演】まさひろ山根谷口悟朗倉田英之木村貴宏、他マル秘スペシャルゲスト多数!
 http://www.asta.anime-int.com/works/gunsword/events.html
3/2(木)ロフトプラスワン アニメ会プレゼンツ 『極上アニメ会』
3/3(金)仮面ライダー THE FIRST DVD発売イベントin LOFT PLUS ONE」
3/11(土)青山ブックセンター本店 「そして子育てだけが残った」パネラー=東浩紀西島大介
 http://www.aoyamabc.co.jp/events.html#ao20060311_1
3/12(日)ロフトプラスワン 340プレゼンツ「アストロ球団〜兄弟祭〜」
3/13(月)ロフトプラスワン 東浩紀×佐藤大トークショー「動物化する東×大」
3/16(木)ロフトプラスワン 『失恋論』刊行記念「恋愛は必要なのか!?」対決トーク・本田透VS切通理作
3/18(土)ロフトプラスワン 340プレゼンツ「宙〜そら〜祭」【出演】 大葉健二、渡洋史、ほか歌とかトークとかいっぱい(笑)
3/19(日)青山ブックセンター本店 岩井俊雄トークイベント「作ることは楽しい!:メディアアートから『いわいさんち』のおもちゃまで」『いわいさんちへようこそ!』(紀伊國屋書店)刊行記念
 http://www.aoyamabc.co.jp/events.html#ao20060319_2
4/2(日)ロフトプラスワン 『「bootleg! Vol.7〜交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト」
 【司会】大塚ギチ(bootleg!) 宮昌太朗
 【出演】京田知己(『交響詩篇エウレカセブン』監督)
 【GUEST1】藤津亮太(『アニメージュ』担当記者)、志田英邦(『NEWTYPE』担当記者)
 【GUEST2】『交響詩篇エウレカセブン』制作スタッフほか
 http://www.undersell.co.jp/bootleg.html
4/9(日)ロフトプラスワン 『第28回アニメスタイルイベント「ロフトでナマ練馬大根!(仮)」
4/18(火)ロフトプラスワン 『出版評論社Presents出版評論〜Live版「見たい聞きたい出版業界最前線!」
 司会進行 大内明日香(出版評論家)
 第1部「現在の出版業界のトレンド」ゲスト 未定
 第2部「萌え本バブルと萌え本のこれから」ゲスト 村中宣彦(三才ブックス
 第3部「100万部ホルダーに聞け! 『ぼくたちの好きなガンダム』『たまごっち本』製作秘話」ゲスト 浅野智明(宝島社)
第4部「なぜ、ブログ本は売れないのか? コンテンツビジネスとしての出版業界」ゲスト 羽田卓生(TVチャンピオンケータイ王・ケータイコンテンツディレクター)
第5部「著者の目からみた出版業界とは」ゲスト 岡田斗司夫(作家・評論家)、ほか
知っている人率高!

※「榎本温子と木谷高明のサタデーナイトメインイベント」と「ロケットまつり」はほぼ毎月やっているので略

2月のロフトプラスワンはオタク系イベント多かったけど、3月も多いなあ。

340プレゼンツって知らなかったけど、読売の鈴木美潮記者がずっとやってるそうだ。

鈴木美潮 - Wikipedia

2月のイベントはチェックし忘れたり、スケジュールの都合でどれも行けなかったけど。

ボトムズ祭り!レポート

ボトムズ祭り!に気付いたのはイベントが終わったあとだった…。

泥呂珠磨のblog:高橋良輔監督出演 ボトムズ祭り!レポート

http://blog.livedoor.jp/tamama_dororo/archives/50596370.html

So-net blog:がん吉ブログ:イベント「ボトムズ野郎ども」レポ

http://blog.so-net.ne.jp/gankiti/2006-02-13

詳細なレポート。

くろうのだらオタ日記 - ボトムズ祭り! ロフトプラスワン

http://d.hatena.ne.jp/crow2/20060212#1139767374

KAZAKA NET-β: ボトムズ祭り

http://kazaka.air-nifty.com/kazaka/2006/02/post_d721.html

変形するアメリカっぽいロボット:「ボトムズ祭り!」行ってきました。

http://blog.livedoor.jp/akagi0215/archives/50462734.html

ボトムズweb: 良輔監督in『ボトムズ祭り!』

http://votoms.cocolog-nifty.com/web/2006/02/post_729e.html

オープニングの作詞は日活無国籍映画がイメージソースだったそうだ。これは作品全体に漂う空気にも通じるような。

VanDykeParks2VanDykeParks2 2006/02/23 13:53 RIR6くんはでも同類は苦手なんじゃないですか?
なんか、秘密組織に追われてる女の子と一緒に逃げるプレイ、っていうよく分からない性癖のほうもありますし。

kanosekanose 2006/02/23 16:42 ああ、ダメですかねえ。彼女と毎日議論しているrir6さんを想像するとぽややーんと暖かい気持ちになれたんですが。

kanosekanose 2006/02/24 15:29 はじめまして。切通さんがはてなIDを持っているのを知らなかったのでちょっとびっくりしました。今までの書籍とは傾向がまったく違っているのでどんな書籍か楽しみです。

PaPeRoPaPeRo 2006/02/25 00:34  けっこう読んでみたら、いままでの僕の集大成だと思えるんじゃないかとも思います。

2006-02-21

「無能な働き者」は足を引っ張る

愛・蔵太の気ままな日記

http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20060221#c

というのをここのコメント欄見ていると思った。その人の言葉に対して不快感を表明した人に対して、謝罪しない人が、人に詰問しまくってるのを見ると。

※参考

ARTIFACT@ハテナ系 - 肩書きや権威で意見を見る人、そして謝罪した相手を再度怒らす人

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051025/jsfmuichkine

揉め事の状況の説明は面倒なんで省略。ただポインターとしてはてダ外のブログの反応をリンク。

人生とんぼ返り : 保守とリベラル

http://naruse.exblog.jp/2711760/

人生とんぼ返り : 手続きの問題

http://naruse.exblog.jp/2722132

人生とんぼ返り : 愛・蔵太さんに謝罪と賠償を要求します

http://naruse.exblog.jp/2727085/

gachapinfanのスクラップブック - 「反省材料」

http://d.hatena.ne.jp/gachapinfan/20060222#p1

なんか裁定が求められているので反応。

今回の件は愛・蔵太さんの懐かしいスタイルが久々に見られたので満足です。往年のネットジャンキーとしては、「蒼先」こと「蒼い先公伝説」のまさゆきさんがブログで復活して、また戦いを繰り広げないかなあと妄想。当時の活躍は「ひとし部長」で検索するといろいろ見つかります。

と思ったけど、一番まさゆきさんが活躍していた愛・蔵太さん主催のメーリングリストのアーカイブはネット上では見つからなかった、残念。ABCさんやけむろさんが登場して面白いのになあ。

とりあえずまさゆきさんの初投稿を掲載。おもしれー(笑)。

From: "まさゆき" <xxxxxx@mue.biglobe.ne.jp>
To: <xxxxx@mail.cocode.ne.jp>
Date: Fri, 30 Apr 1999 17:09:35 +0900
Subject: [annex:159] 発言してみますよ

○○○○!!○○○○。○○○○!!○○○○。

○○○○ユーザーのみなさんこんにちわ。
蒼先というサイト運営してるまさゆきです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sensei/
よろすく。

メタフィクションについては本気で分からないから
特に言うことありません。

ところで○○○○は昔コインランドリーの乾燥機の中に
ハイソックスだけの全裸という姿で入り込んで客を待つ云うプレイしてた
とき、それ見てキレた無軌道な若者に乾燥機5000円分回されて
死の淵をさまよったらしいですね。
医者に「助かるかどうか半々だ」って云われたらしいけど
プレイにすら命を懸ける○○○○は輝いてる思いますよ。
いや、命を懸けてるからこそ得られる快感は大きいのか。
(情報提供:湾岸共同通信社)

>> オレの悪口は、ホモ疑惑も含めて何言ってもオッケーっす。

ホモだしな。

>> 「ただし」、家族とか会社とかいった、オレのweb上の行為と関係ない個人情報には

うまい!現「みや」のことですね。アイツ最近管理売春やってるらしい
んですよ。知り合い?ひょっとして登録してるとか。
てか、○○○○の家族のこととか小生も触れてないよ。

>> そんなことに言及してデマ流すような形でオレに擬似フクロ行為しても面白くな
>> いと思います。

すごいね○○○○。自分の価値観が全てだと思ってますか?
○○○○にHP酷評されたり、関係無いのも含めて
面白がるヤツ多いとおもうけどな。

あと、○○○○発言に矛盾があることについては
別に、追いつめられて泣きながらキーボード打ってる
訳じゃなくて、ただの○○トラップですよね。

(中略)

よく△△さんのプレーに耐えたね(知らないけど)。
偉いぞ○○○○!ご褒美に、今度ゲイTOPサイト100で上位を
独占しつづけた経済ホモ(美少年)のハードプレー画像あげるから。
よかったね。

そりゃそうと、早よ、わしのサイト評価せえよ。

ほんでは。

※○○○○には愛・蔵太さんの当時の愛称などが入る

sample2sample2 2006/02/22 08:27 愛・蔵太さんの苗字は伏字にしないのですか? 頭隠して何とやらみたいな感じだな、と思ったのですが。

kanosekanose 2006/02/22 08:37 修正しました

kyoumoekyoumoe 2006/02/22 10:14 揉め事?

asobiasobi 2006/02/22 11:25 私も部長&キョキョたんの復活を祈っております。うちの息子と結婚させようと思っていたのですが・・・愛・蔵太さんはうちのHPの開設当初、勝手に酷評して頂いたようですが、ご本人はすっかりお忘れになったようで何よりだと思います。

田中田中 2006/02/23 12:52 >その人の言葉に対して不快感を表明した人に対して、謝罪しない人
属人的評価がすべてであって、主張の内容を検討する必要などない、という路線を徹底することにしたようですね。伽羅としてはおもしろいのかもしれません。でも、政治的言論の論客としては、ますますマイナスポイントをかせいでいるような……

kanosekanose 2006/02/23 17:57 今の粘着のつまらないところは芸のなさかと。コピペ兵とか。発言者の属性ですべて考えるムラ社会メソッド

2006-02-19

「メガネ男子」と「メガネくん」にわけておく

ARTIFACT@ハテナ系 - メガネ男子好き女子といっても派閥はあった

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051011/meganeboy

という記事を以前書いたけど、この派閥をわける上手い言葉が。

Welcome to Tuna Fish Music - 似て非なる「メガネ男子」と「メガネくん」

http://d.hatena.ne.jp/feelflows/20060131#p1

「メガネ男子」とは、「メガネが似合うイケメン」を指す言葉。要するに「イケメンの一変種」ということである。

まず第一に美醜が基準になっているのが、「メガネ男子」なのだ。

これに対して、「メガネくん」では、美醜が主眼ではない。この場合の「メガネ」は、ファッションアイテムではなく、日常からの飛翔のスイッチである。

(中略)

メガネの持つ「知的」「病的」「狂気」などの記号性が装着した人間の性格に付与され、そのことによって、「凡庸な日常」から新たな未知への飛躍が生まれる。

異世界へのカタパルトとしてのメガネ。それは見た目ではなく、内面に強く作用するものだ。実際、「メガネくん」を肯定的に語るときも「かっこいい」と表現される事はあっても、「美しい」と表現される事は余りない。

美醜ではなく、存在の有り様に関する用語なのだ。

わかりやすい整理だ!

みんな「以外」のうた - メガネブームに遅れてきたイヤな波

http://d.hatena.ne.jp/nanashino/20060209/p1

とある場所*1で見た「この人にメガネかけてほしい!」に対する回答にも「メガネスピリッツ」を持ってない芸能人の名前が出てくるわ出てくるわ。あきれました。その人たちはタダのイケメンであって、私は彼らにメガネ魂を一ミリたりとも感じたことないけど?

上の記事を見つけたななしのさんのところの記事も。

ストレートにイケメン好きと言えない・言いたくない女性が*1、メガネというフィルターがあれば言える!と言ってるのが「メガネ男子」なんじゃないかなあ。

*1:そう言うと単純な人間だと思われるので

2006-02-18

最近の更新

ARTIFACT ―人工事実― : 2GBのSDメモリーカードが9,999円

http://artifact-jp.com/mt/archives/200602/sdmemorycard.html

前にSDメモリーカードを買ったのは、2004年10月だったんだけど、その時は転送速度5MB/secの256MBが8000円ぐらいだった。安くなったものだ。

手元に128MBのCFが3枚ほどあるけど、今では使い道に困る。デジタル一眼買ったとしても、128MBほどでは30枚程度しか記録できないし。

ARTIFACT ―人工事実― : FFギャルゲーが5年かけてついに完成

http://artifact-jp.com/mt/archives/200602/ffmemorial.html

タレコミがあって、へーと思って書いたものの、やじうまWatchが取り上げたのを知らずに書いたのは秘密だ!。この話題だけでは寂しいので、他のゲームのことを調べてみたが、なかなか興味深かった。

ARTIFACT ―人工事実― : 誉め上手に人は集まる

http://artifact-jp.com/mt/archives/200602/handinpraise.html

はてダで書こうと思ったら長くなったので。

関連書籍でこれが出てきて笑った。



テレビでオタクは説教対象に

拳銃列島ニッポン - 鳳啓助

http://d.hatena.ne.jp/proyakyuh/20060216/1140116627

バラエティ番組でオタクを叱るというのを立て続けに二つ見たという話。相変わらず消費速度が速い。

「説教したい欲望」というのはわかるんだけど、こういったテレビに出る一般人の「説教されたい欲望」ってよくわからない。

オタクは声優と芸能人をわけて考える

はろぶろ。 - 喫煙報道に関する「はてなダイアリー」感想まとめ

http://d.hatena.ne.jp/helloblog/20060213/p1

ハロプロメンバーの喫煙報道に関する感想をまとめたものなのだけど、漫画・アニメ・ゲーム・鉄道ファンに分類されている感想の分析が興味深い。

色々読んでみてなんとなく判ったのですが、ギャルゲーの女の子はある意味不変な存在なのですが、アイドルは年齢とともに変っていきます。多分にそのことに対する優越感(あるいは違和感)の様にも感じられますね。

優越感は生粋の○○オタク、違和感は元加護ちゃんファンという方に見られる傾向のようです。やっぱり18歳の加護ちゃんはお嫌いなのでしょうか?

なお、自分はこの事件に関して興味がないので、特に感想はなし。

はろぶろ。 - 喫煙報道に関する「はてなダイアリー」感想まとめ(その2)

http://d.hatena.ne.jp/helloblog/20060215/p3

昔のアイドルファンとの比較についても面白かった。

kanosekanose 2006/02/18 20:06 富野監督の場合、オタクが頑固オヤジを欲しがっているという印象。「頑固オヤジに叱られたい!」という欲望が

shikketashikketa 2006/02/18 23:13 こんにちは。富野監督が「頑固オヤジ」を演じ、オタクがあえて彼に怒られることで擬似家族が成立してるんですよ、きっと?
監督はいつも「(新しいガキも生まれてきてるし)アニメなんか卒業しろ(家から出て行け!)」って言ってるんだけど、オタクがパラサイト気味でなかなか家を出て行かないという(笑)

2006-02-17

はてなの世界を絵解き

シナトラ千代子 - 絵で見る「はてなユーザーをとりまく世界」

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20060217/p1

アルファブロガーイージス艦なのか(笑)。そしてフォトライフにある画像にもちゃんとオチが。果たしてSOLなのかそれともKH-11なのか。

軍事ネタ一杯のこのシリーズ、大好きなので続けて欲しい。

○不備日報: はてな戦略防衛構想(SDIH)

http://hubinippou.seesaa.net/article/12487635.html

シナトラ千代子 - 欠陥のあるはてな戦略防衛構想(SDIH)はもっと時間をかけて論議すべきだ

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20060131/p1

ホワイトデーのお返しにメッセージ入れるか入れないか問題

Niemals-Gasse - モテ主義的な記事

http://d.hatena.ne.jp/Leiermann/20060214/p1

ここのコメント欄で、バレンタインのお返しの時にメッセージは必要・不必要で結構別れていて面白かった。

自分が「コメント入れたほうがいい」と書いたのは、結構近い関係の人からもらったみたいだったから、メッセージ入れたほうがいいのではとコメントした。基本的に、相手がメッセージを入れていたら入れる、なかったら入れないだと思っているんだけど。

ローゼンメイデン板の開設の是非

青ひげノート - ローゼンメイデン板開設は可能なのか

http://d.hatena.ne.jp/terasuy/20060216#1140067891

2ちゃんねるのアニメ板でこんな議論が。自分は、板を作るまでの盛り上がりがあるという印象はなかったけど。そういえば『月姫』の時も、板作るか作らないか論争があったが、結局できなかったのか。

でも、2ちゃんねるって板が増える時はぽこぽこ増えるから、声を上げていると意外とできそうな気も。

関連TrackBackは小さいブログが成長するため

明日は明日の風が吹く - 重要なのは、リンクのありなしじゃなくて言及なのでは。 [北の大地から送る物欲日記]

http://d.hatena.ne.jp/yas-toro/20060216/p2

決して、「小さいブログが成長する為」でも「周りとコミュニケーションを取る為」でも無い。

北の大地から送る物欲日記 - トラックバックでどんなコミュニケーションを取るのか。

http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20060217/p2

ネットにおける利点のひとつとして、お互いが対等な立場で会話(コミュニケーション)できるというのがあって、有名ブログだろうと、無名ブログだろうと、同じ土台で普通にコミュニケーション取れる訳だし、取ればいいのにとも思うんですが、それが彼らにとってみると、有名ブログが小さいブログから言及なしトラバをはじくのはいじめだ!という見方になってしまうようで。

関連TrackBack文化圏の人たちの思考をあまり考えたことなかったんだけど、なるほど「小さいブログが成長するため」というのはありそうだなあ。

わかりやすく書くということ

「必要な情報をどう届けるかという事の見極め」の重要さ ひとりごと/ウェブリブログ

http://yas-toro.at.webry.info/200602/article_4.html

 しかし、もっと深く考えるなら、もしかしたら私の文章で「そのネタ」のある世界に興味を持つ人が出てくる可能性が0では無いのだから、もっと分かり易く書くという事も必要なのかもしれない。

理想的なのは、ウェブで文章を書く時は、誰が読むのかわからないんだから、文章で書かれている対象を知らない人が読むのを前提で書くこと。でも、毎回そこまで丁寧にやっているとどうしても時間がかかるし、取り上げる話題が減ってしまう。どこかでトレードオフにするしかないので、これはいろいろな人に伝えたい!という場合は丁寧に書くし、そうでない場合は短文でさらりと書くという分け方をしてる。これが会話だと楽なんだけど。

ウェブで気を抜いた作品をアップするとそれで技術を評価されてしまう

Latest topics > ぬるま湯を選び続けた者の末路 - outsider reflex

http://piro.sakura.ne.jp/latest/blosxom.cgi/topics/2006-02-13_nuru.htm

ウェブにメモ的にアップしている写真から、仕事で撮影やっているのなら写真技術を上げたほうがいいんじゃないですか、というアドバイスがコメントできているのを見て。

イラストや写真など、何らかの技術を売りにしている場合、ウェブで息抜き的な作品をアップすると、それも評価される作品として見られてしまうんだなあ。*1

文章だとそこまで言われることはないかなーと思いつつ、誤読されやすい文章を書いたりすると「プロなのに」とは言われるか。

写真アップする時にその写真が良い物ではないと理解している時は「ピントずれているけど」とか説明しておくのがいいんだろうか。

技術が評価対象の仕事をしている人は、ウェブで作品を上げる時は、やはりある程度のレベルの作品のみにしたほうがいいのかもしれない。それはそれで窮屈だと思うけどねえ。きちんとした作品はウェブではなく、商業媒体に発表するという人も多い訳だし。

ラフをまとめた同人誌をどう評価するかという話題にも近そうだ。

*1:まずそうな食事の写真とか注意!

&gt;2chネタ>2chネタ 2006/02/19 21:58 なんかひろゆきの方針で「特定のタイトルやメーカーに関する板はこれ以上作らないようにする」って話をどっかで見た覚えが…

2006-02-16

おとなりフィードはおとなりじゃなかった

もう「おすすめフィード」に名前が変わってしまったんだけど。

おまえなんか、訳してやる! - また、おとなりじゃない

http://d.hatena.ne.jp/sugio/20060214#p1

「おまえなんか、訳してやる!」のおとなりフィードを見ると、10のサイトが出てきますが、反対にそのサイトからうちが「おとなり」に表示されるのは2件だけです……。それはおとなりじゃないです……。向こうの敷地面積がビッグすぎて、うちはお隣に見えないことを可視化してますか? なんでそんな遠くのお屋敷をおとなり呼ばわりしてうちを貶めますか? バレンタインデーにそういうことしますか?

「で、みちアキはどうするの?」 - おとなりフィード

http://d.hatena.ne.jp/michiaki/20060215#1139931595

かのせのひと最強説。いちばん広いお屋敷にすんでいるのでおとなりが多いということに相違ない。

ブログ屋敷! 広いお屋敷ならメイドさんの一人や二人もいることでしょう。

それはさておき、サイトを家によく喩えるというのはあったけど、面積の概念は面白い。面積が広いために、一つ一つのお隣さんの存在が小さくなる訳か。

はてなフォトライフのRSSにサムネイル画像追加

忘れた頃に!

機能変更、お知らせなど - はてなフォトライフ日記 - RSSの概要にサムネイル画像を追加しました

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenafotolife/20060216/1140072383

最近、はてなフォトライフを活用し始めて、はてなフォトライフRSSに画像が入っていれば利用価値上がるのになあ…と思っていたら、昔のはてなアイデアの要望が装備されていた。

はてな人物辞典@Wikiははてなグループでやることを提唱

はてな人物辞典@Wiki - トップページ

http://www7.atwiki.jp/hatenabookmarker/

煩悩是道場 - はてな人物辞典@Wikiが大嫌い

http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060216/jinbutsuwikikirai

はてな人物辞典@Wikiは何だかなあと思って読んでいた。揉め事の項目とか恣意的な視点ばりばりだったもんで。書き直そうかと思ったけど、なんかきりがなさそうなのでやめた。

2ちゃんねるなどどこかの掲示板で、匿名で悪口を書かれるのはいい。もともと書かれることは止められないし、掲示板はフローだから情報はいつしか流れていく。

しかし、Wikiのようにストック情報として読まれる場所は別だ。そこで書かれる情報は広まりやすい。これが、ゲームの攻略情報などなら匿名でもいいだろうが、個人の風評なのだから、誰が書いたのがはっきりした方がトラブルは生まないだろう。なので、誰が修正したかわからない匿名のWikiを使わずに、はてなグループを使うことを提唱する。

余談だけど、このwikiは「はてなブックマーカー」というURLだけど、ダイアリーのことも書かれているんだから、ブックマーカーに限定しなくてもいいのでは。

焚書官の日常 (5) - 匿名の問題ではなく文責不定の問題だと思う

http://d.hatena.ne.jp/mutronix/20060216/dieyoseisandie

「匿名で悪口を言うこと」ではなく、「文責が定かでないこと」が問題。一人が編集した瞬間、あたかも複数の人の査読・承認を経たように、ぬけぬけとwiki空間に存在してしまう、というのがおかしいと思う。

Wikiで書かれたことは、こういう風に読み取られるのが問題なのか。コメント欄も面白い。

烏鹿庵 - はてな人物辞典@はてブに関して

http://d.hatena.ne.jp/crowdeer/20060217/bookmark

はてブをWiki的に使うというもの。これだと、グループに参加する必要のあるはてなグループより参加の敷居は低いか。ただ、グループならキーワード事典として使えるから、その面白さも捨てがたいんだけど。

オリンパスE-330実写画像

ASIN:B000EBML9I:detail

ライブビュー機能が気になるオリンパスE-330の実写画像リンク。

Fotopolis.pl: Olympus E-330 - test

http://www.fotopolis.pl/index.php?n=3890&p=7

伊達淳一のデジタルでいこう!【速報版】〜オリンパス E-330 実写画像

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/02/08/3156.html

Photo of the Day(バックナンバー)

http://www.thisistanaka.com/diary/200602.html#20060210

田中希美男氏の日記。

目次 - 海野和男のデジタル昆虫記 - 環境goo

http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200602/

2/10からE-330を使ってる。

yodobashi.comはRSSを提供してる

yodobashi.com : RSSフィード

http://www.yodobashi.com/enjoy/more/rss/index.html

もはや珍しくないんだけど、一般系ECだと珍しいかなと思ったので。

モテとは

「自分の持つコミュニケーションリソースを最大限に運用し、かつ最適な分配ができる人」という定義を考えてみた。

※「最適な分配」とは、自分の目標設定がはっきりしていて、それをクリアーするための最適解を出しているということで

ykuriharaykurihara 2006/02/16 23:35 内田樹が以前、たしか朝日新聞に、「恋愛とは性的リソースの占有契約である」という趣旨の短いエッセイを書いてましたよ。

kanosekanose 2006/02/17 15:57 ■栗原さん>わはは、内田樹氏も書いてましたか。リソースという言葉は便利だと思いました!■BBさん>異性へのモテという形だと性的リソースというのがいいですね

2006-02-15

『UFOとポストモダン』(木原善彦著)

UFOとポストモダン (平凡社新書)

UFOとポストモダン (平凡社新書)

紀伊国屋新宿店で『ウェブ進化論』を買うという出版業界向け宣伝行為をした時、一緒に購入した書籍なんだけど面白いのでお勧め。

UFO神話(都市伝説)の流行から、どのような神話が生まれ、どのように受容されたかを分析していく。大澤真幸とか東浩紀なんて固有名詞が出てくるけど、哲学用語はわかりやすく説明されているし、哲学関係は詳しくない自分でも読みやすかった。

限界の近代・限界の思考 ?境界の正当性を巡って? - MIYADAI.com Blog

http://www.miyadai.com/index.php?itemid=326

宮台氏が誉めていた。

個と個として繋がりたいのではなく、「みんな」になりたい世界

シナトラ千代子 - 「みんなになりたい」大手小町の仕組みはネットになにをもたらすのだろう

http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20060214/p1

大手小町は「マスの常識」を共有したいという願望をかなえるための装置として動いているのではないか。「自分の意見が言いたい」というより「みんなと同じ意見が言いたい」場所が求められているのではないか。

いわゆるネット右翼なども主義や思想が影響して……ではなくて、そういう「みんなになりたい」ひとたちに見えることがよくある(とくにコテハンでもない匿名の場合)。とすると、彼らに必要なのは「みんなになる仕組み」であって、ブログとかmixiとかの「個を主張する」「個と個が結びつく」といったものではないということになる。

みんなになる」ためには匿名であってもかまわないし、むしろそのほうがいい。つまり自分たちと異なる発言などはほとんどどうでもいいのだから、議論する気は毛頭ない。同じ意見の集会に参加することが大事なのであって、議論することが大事なのではない。その場のみんなが同じような意見なんだなという認識こそが重要。

これは、大手小町だけではなく、ネット全体に見受けられるのではないだろうか。たとえば、2ちゃんねるのスレでは、最初にいろいろ意見が出るものの、最終的にどちらかのサイドに決めたがる。作品のスレなどで顕著だが、良い作品か悪い作品かそのスレ内での意見が決定されたら、その逆の意見や感想は排除される。

ただ、大手小町だと、編集が入っているので、より意図的になっているのかもしれない。大手小町は投稿して、2〜3日のタイムラグがあるという指摘がコメントなどであった。また、集まっている層として主婦が多いために、そのようになるのではないかという指摘も。

日記の・・・ようなもの - mixiのワルクチじゃないよ

http://d.hatena.ne.jp/yukodokidoki/20060215#p1

「主婦」という分け方は乱暴ではあるが、ある種のネットの事件の特徴の背後に主婦を感じることは多い。たとえば、かざきり羽事件。また、JOY事件は2ちゃんねるの既婚女子板が発祥だし、主婦が絡んだネットの騒動は結構多い。

ARTIFACT@ハテナ系 - 「かざきり羽」で検索

キャズムを超えろ! - みんなになりたくないひとたちの意見に同意することで"みんなになりたくないみんな"になりたい!? 人への警鐘

http://d.hatena.ne.jp/wa-ren/20060214/p1

シナ千代さんの記事への反応で面白かったもの。

はてなブックマーク - シナトラ千代子 - 「みんなになりたい」大手小町の仕組みはネットになにをもたらすのだろう

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20060214/p1

2006年02月14日 nisemono_san 『[神聖未満喜劇][祝祭空間]浅羽通明『天使の王国』に「発言したい欲望」という、新聞投稿欄を分析しながらその裏側の心理を分析した文章があった。それとこの分析は似ている気がする。発言小町を読売新聞がやっているというのも示唆的。』

ああ、やっと「発言したい欲望」に触れる人が! 浅羽通明氏の「発言したい欲望」は今こそ検討されるべき!と2002年の段階から書いているんけど、誰も賛同してくれなくて寂しいので再度強調。

ARTIFACT ―人工事実― : WEBLOG

http://artifact-jp.com/mt/archives/200211/weblog200211.html

 で、このWEBLOG自体ですが、日本には既に個人ニュースとかそういう動きがあったじゃーん、なんて指摘は他の人にお任せ。自分が前から気になっていたのは、普通の人がマスコミで流されるニュースにコメントするという行為の普及です。実はこれって10年前に浅羽通明氏が湾岸戦争での新聞投書をもとに丁寧に分析しているんですよ。『天使の王国』という本の中の「新聞投書に見る『発言したい欲望』」なんですが、詳しくは月下工房内の書評を読んでください。

この1年後はまだブログサービスが普及してなかったのでわからなかったと書いていたんだけど、その後、時事関係のブログが増えて、自分の直感は正しかった!と思った。

時事関係への言及が多いブログは、自分の中では新聞投書ブログである。R30や極東ブログは新聞投書ブログではなく、浅羽通明氏が言うところの文化人の発言の立場だろう。意見のテンプレートを提供してくれる場所。そして、そういったテンプレート提供ブログを読んで、「俺はマスコミでは触れられてない言説を知っており、社会を知っているんだ!」と思うのは、ビジネスマンの中二病アルファブロガー自体がビジネスマンの中二病なんだろうけど。

ARTIFACTを読むのは、サブカル中二病*1ということで! なお、自分自身は小二病を大二病で隠していると自己判断。

※参考

ARTIFACT@ハテナ系 - ネット上での立ち振る舞いを「小二病中二病高二病・大二病」に分類してみる遊び

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050412/netbehaving

天使の王国―「おたく」の倫理のために

天使の王国―平成の精神史的起源 (幻冬舎文庫)

オリジナルも文庫版もAmazonだとないなあ。ユーズドはある。

*1:サブカル自体が中二病をビジネスにしているという秀逸な指摘2ちゃんねる中二病スレで見かけたことがある

kanosekanose 2006/02/17 15:59 94年調査というと携帯も普及してない頃ですね。その頃から言われていたと。井戸端会議のスケールがネットによって、拡大化している感じがします。

2006-02-14

ネットの情報を誰が求めているかを見極める

なんか意外な記事からTrackBackが。実はこの山口浩さんの記事には、別の意味で以前言及しようと思っていたんだけど、やめた話題だった。

当時の書きかけの記事を完成させてみる。

H-Yamaguchi.net: 「ネットの世界」って意外に狭いんだよ知ってる?

http://www.h-yamaguchi.net/2005/12/post_fed2.html

ネットの世界で活躍していたり、それを研究したりしている人たちの話を聞いていると、どうもネットの中で起きていることがものすごく重大な、誰でも知っていることのような口ぶりで語られる場合が少なくない。たとえば、先日あるイベントで「ネットの公共性」みたいなテーマが話し合われていたのだが(知ってる人はまああれだなと感づくかもしれない)、そのときも、ネット内で起きたさるトラブルについて「あの有名な○○事件」みたいな語られ方をしていた。

この後の説明を読むと、おそらくisedのことだと思うので、isedのパネラーとして反応。

ised@glocom - ised議事録 - 4. 倫理研第5回: 共同討議 第1部(2) ムラ社会モデルを批判する――office氏有罪、mixi K氏退会事件をケースに

http://ised.glocom.jp/ised/09040820

言及されているのは、ised第5回で話されているKusakabe氏のmixi退会事件だろう。この時、isedにくるような人はネットの話題に興味がある人たちの集まりだし、mixiに参加している人も多いので知っている人も多いだろうという前提で説明していたと思う。

もし、その場に集まっている人たちが、ネットの知識が少ないというのがわかっているのなら、話し方は変わるだろうし、話題自体も変わるだろう。とりあえず、自分は、こういった話題をする時、相手がどの程度知っているかどうかを気にしながら話している。

多分、この時は、上で言ったような「mixiでかなり盛り上がったけど、ここにくるような人はmixiをやっているような人ばかりだろうから、みんな知っているとは思うけど」という意識が話し方から思いっきり見えて、いやらしく感じたのではないだろうか。

なお議論に関してはこちらを。

ised@glocom - ised議事録 - 5. 倫理研第5回: 共同討議 第1部(3)  mixiに公共性はあるか

http://ised.glocom.jp/ised/09050820

ネットの世界は広いから誰でも知っている話題自体がもともと少ない。ある特定のクラスターの中では知られている話題があるだけで、この特定のクラスターがネットでよく発言するから、その話題が広まりやすい。でも、この狭い世界を、一般マスメディアがやたらと知りたがるようになり、そのマスメディアによって、広まっていく。

必要なのは、ネットの世界の狭さよりも、誰がネットの情報を求めているか、そしてどう届けるか、ということの見極めだと考えている。ネットの情報がなくても生活できる人たちはもちろん今後も存在するけど、ネットのことを知りたい人はいるし、ネットを使えば生活が豊かになる人もいるだろう。そういう人たちに向けて、必要な時は平易な言葉を駆使したいと思う。さすがに梅田望夫氏のように、50代や60代の人にまで届く言葉は難しいが…。


以上が以前反応しようと思った分。

追記では、

上の本文なんかは、このカテゴリに入れられるんだろうな。一応弁解しとくと、別に「テレビみたいなマスこそ正義」などとはこれっぽっちも思っていない。個人的に、「ウェブの一部の人で盛り上がっている話題に対して、その人たち」が「誰もが知っている!みたいに」言っていたように聞こえた経験があったので書いたまで。

と書かれているのんだけど、最初に書いた、

ARTIFACT@ハテナ系 - そんなのは局地的にしか知られてないんだ!

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060205/notknown

では、山口浩さんの文章は前提に入ってなかった。上記の通り、特定の層に向けて発信しているんだけど、そう思われなかった問題として捉えていたので。

プログラマーと絵描きの関係

失 言 小 町 - プログラマが絵描きに相手にされない理由

http://d.hatena.ne.jp/ryoko_komachi/20060211/1139742873

この話題、賛否両論を呼んでいたけど、これは「オタク趣味のあるプログラマ*1とオタク(キャラ)絵描きの関係」と読んだので、そういう視点で納得してた。

この人はプログラマーにコンプレックスがある!とか言っている人がいたけど、ネットアイドルRYOKOさんはプログラマーなんだけどなあ…。こういう話ってバックボーン出さないと誤解されやすいか。

Lounge Programmers Killer - 絵師とプログラマ

http://d.hatena.ne.jp/mkg_b/20060213/p2

上のような構図がわかりやすく出たのが、ここでも指摘されているけど、偽春菜の件だ。

http://lovelove.rabi-en-rose.net/usada.php

仲良く始めたプロジェクトが後から仲間割れでおかしくなった、というようなよくある話ではなく、始めから割れる仲間もなかった、というのが実情です。当時の状態は、一見成功しているように見えたかもしれませんが、あのようなものを作っていたにも関わらず、自分と saxyun 氏との意志の疎通はほぼゼロで、どう考えても尋常な状態ではありませんでした。あのプロジェクトについて saxyun 氏と会話したり、相談したり、あるいは何か決めた、ということほぼないです。今にしてみればそれはどう考えてもおかしいのですが…そういう、およそ意味のある作業などできそうもない状況の中で、なぜか作られ、完成したのが、あのプログラムでした。

偽春菜は、作者がある絵描きに憧れたため、作られたプログラムだった。この例の場合、偽春菜の作者である黒衣鯖人氏*2自身も絵を描いていたので、絵描きの中のヒエラルキーに対して、敏感だったのだろう。

だから、上記の話は、そういったオタク内部での「上手い絵描きが一番偉い」という絵描きヒエラルキーを意識しているプログラマーの話なんだと思う。それがわからない人からすると、何言ってるんだって話に。

※参考

■ミラクルハウス改め魔城ガッデム■: カートゥーンアーティスト・スマックダウン 追記

http://miracle.seesaa.net/article/7206529.html

3ToheiLog: 絵描きに相手にされないプログラマが3Dグラフィッカーには意外に尊敬される理由

http://semiprivate.cool.ne.jp/blog/archives/000381.html

絵描きとプログラマーに3Dグラフィッカーという新たな視点を導入。

ChaboのFF11日記+ - Web屋の内部事情と断絶話。

http://d.hatena.ne.jp/Chaborin/20060215/1139937815

Webサイトを立ち上げるのに、別に単なる静的なHTMLだけ作ってれば良かった199x年代と違って、動的な仕掛けもほとんど必須条件になってきていた2000年以降。Web屋では、どのようなデザインで、どのようなプログラムで立ち向かうのか。そう、そこには「見てくれ」と「仕掛け」という、1つのWebサイトに込められた企画の2本柱を司る「デザイナー」と「システムエンジニア」との仁義なき主導権争いがあります。

プログラマーは「仕掛け」、絵描きは「見てくれ」という視点。


国内オタク絵CG黎明期から状況を見ている者としては、こういった状況になったのは、CG製作環境の高度化が絡んでいるという印象がある。

パソコン通信時代、PC-98やX68Kでは、個人が制作したグラフィックエディタがよく使われていたため、CGに興味のある絵描きならプログラマーは身近だった。そして、CG絵描きの中にもプログラマーは結構いた。代表的なのはマルチペイントの作者Woody_Rinn氏だろう。また都築和彦氏も自分でスーパータブローのプラグインを作ったりしていた。

そして、時は過ぎ、WindowsやMacintoshが主流になり、CG制作環境が身近になると、CGに興味がある絵描きが絵描きの中で特殊な存在ではなくなってくる。また、絵を描くツールはPhotoshopやPainterなど企業が作ったアプリケーションが主流になっていった。そういった状況の中で、絵描きはプログラムを意識せずに、ただ絵を描くという行為に集中するようになったのだろう。

最近は、高度化に対するカウンターとして、企業の作るヘビーアプリケーションではなく、軽いアプリケーションの需要も高まっているとは思う。そういう需要に応えているのがSAIかなと。

SYSTEMAX - ペイントツールSAI

http://www.systemax.jp/sai/

*1:音引きいれるぜ!

*2:作者の名前の履歴は『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史』p244に詳しい

2006-02-13

PS2『ファーレンハイト』

Fahrenheit ファーレンハイト

Fahrenheit ファーレンハイト

NaokiTakahashiの日記 - PS2「ファーレンハイト」ややネタバレ

http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20060204#p1

で知ったアドベンチャーゲーム。いきなり主人公プレイヤーが殺人するシーンから始まるそうだ。犯罪者側と捜査する側の両方でプレイしていくというのが面白い。

アメリカ版は『Indigo Prophecy』というタイトル。

ファーレンハイト

http://www.atarijapan.com/fahrenheit/index.html

ITmedia +D Games:ひりひりとしびれるような緊迫感がたまらない――映画的な演出が際立つサスペンスアドベンチャー (1/4)

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0601/31/news041.html

eiga.com [F A H R E N H E I T]

http://www.eiga.com/promotion/fahrenheit/

オンラインゲーム & PCゲーム 情報サイト 4Gamer.net Indigo Prophecy

http://www.4gamer.net/news.php?url=/DataContents/game/2052.html

RULE of ROSE

RULE of ROSE

その流れで『RULE of ROSE』というタイトルも知ったのが、こっちは評価が微妙らしい。

RULE of ROSE/ルール オブ ローズ

http://www.playstation.jp/scej/title/ror/

ITmedia +D Games:ホラーでも、サイコサスペンスでもない。現代のおとぎ話の幕が開ける (1/4)

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0601/26/news009.html

電撃オンライン:レビュー RULE of ROSE

http://www.dengekionline.com/soft/review/2006/ruleofrose.html

三次元ポルノと二次元ポルノの違い

カード払いか、現金か - トラックバックにお返事するよ!

http://d.hatena.ne.jp/spam/20060210/1139544511

環境的な誘因からの説明ができたら面白そうだなーとゆーことです。

環境的要因だったら、パソコン通信、そしてインターネットの普及が大きいと思う。

「萌え」という単語がどう生まれたかについて、NIFTYフォーラム説など諸説あるけど、パソコン通信が発端であるという点では変わらない。

かつては、メディアに対する個人の感想を、見知らぬ者に伝える場は、雑誌投稿欄ぐらいしかなかった。それがネットの普及によって簡単になる。「萌え」は他者に自分がキャラクターに対して抱いている感情を伝えたい時に生まれた単語であるといえる。最近は感情の伝達というよりも感情の共有化という感じだけど。

と、深くうなずく一方で、これって電波男さんみたいに心に傷を負った人とか、すんごい内気な殿方にしか適合しなさそうに思えますことですよ。大半のユーザー層(「二次元メインだけど、小倉優子も捨てがたいよね!」とか、「基本は三次元ポルノだけど、青年マンガのエロシーンはアリだよね!」みたいな方々)には当てはまらないんじゃないかなー、と(ちなみに、この辺はウチの兄の行動を観察してて得た知見なので、標本サンプル数は超少ないです・笑)。

性欲を消費するためのポルノとしては、二次元ポルノも三次元ポルノも同じように消費する人が多いだろう。

しかし、今の二次元ポルノは単に性欲を消費するためだけ(抜きアイテムとかおかずとかいわれる)ではないから問題はややこしい。当初の話題の「萌え」の二面性に繋がる。

二次元ポルノを好む層は、抜きアイテムとしてだけではなく、フィクションの恋愛も楽しみたいと考えている。しかし、恋愛を楽しめる話が供給されているのは、ほぼ二次元ポルノに特化されているため、二次元ポルノを好むのではないか。三次元ポルノにおいて、登場する女性は、容姿や体型のみが重視され、内面はないことになっている。これでは、恋愛を楽しもうにも楽しめない。

フィクションの恋愛を楽しみたい場合、ポルノ要素がなくても構わない。だからこそ、コンシューマーゲームでの恋愛ゲーム、通称ギャルゲーはヒットした。ただし、コンシューマーゲームの恋愛ゲームは、話よりシステム重視という傾向があったために衰退し、最終的にエロゲーの移植やオリジナルでもノベルゲームばかりになったと思われる。ここでも、ゲーム的に「女性を攻略する」というより、恋愛の過程を楽しみたいという意識が伺えるだろう。*1

この「なぜ二次元か?」という問題に関しては、『ときめきメモリアル』によって開拓された恋愛ゲームにおいて、そこに登場する女性キャラクターを実在する俳優にしたゲーム*2を考えると興味深い。これらのタイトルはまったくといっていいほどユーザーに支持されなかった点からも、二次元の重要さが伺える。なお、エロゲーでも、人気エロゲーを実写化したものがあったが*3、これらもその後続く作品は出ていない。

実写恋愛ゲームは死屍累々であるが、制作者側に二次元を三次元にすれば、新しい層が開拓されるという思いでもあるのだろうか。この辺は不思議なのだが。

ゲームでなく、映像作品においては、恋愛を扱った実写ドラマはほぼ女性向けにカスタマイズされているために男性は楽しめない。ギャルゲーやエロゲーで、こういった男性の恋愛話の需要が発見されたため、現在のアニメ業界は萌えアニメが増加したのだろう。

また、プレイヤーキャラや感情移入対象としての主人公の問題もあるだろう。エロゲーやギャルゲーにおいて、主人公は匿名化が高い。有名な「目を隠す」はその一端だ。恋愛の話を楽しむためには、主人公への感情移入が大事だが、これが実写だと、具体的に容姿などが提示されるため、感情移入が難しくなる。

前回の話に通じるが、実在する俳優が演じている場合、背後に実際の人間関係などが想定されるために、恋愛感情を抱いても「どうせこの娘には男がいて(以下略)」になるのではないだろうか。

まとめると、三次元ポルノは恋愛フィクションをフィクションとして楽しむためにはノイズとなる要素が多いということだ。

フィクションを楽しむ際に「それはそれ、これはこれ」と思考する必要があるが*4、恋愛のように日常的なテーマは、そういう楽しみ方がしづらいのではないだろうか。

*1:ただし、まったく面識のない女性と関係を構築し、恋愛関係に至るという話はあまり見受けられない。『同級生』はナンパゲームだったために、そういった部分の描写はあったが

*2:『卒業』など)

*3アリスソフトの『あゆみちゃん物語』やアイルの『脅迫』(http://home.jhv.co.jp/kyouhaku/)など

*4:ミステリーの殺人事件を見て、なんてひどいことを! もうこれ以上読みたくない!とは思わないだろう

2006-02-12

はてな801のブームって本気ではてな801に取り組んでる人に失礼だと思うんです!

ARTIFACT@ハテナ系 - 近藤梅田本欲しい!

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060204/kondoumeda

の続きを受信したので。

八百井羽天那


あー今、世間ではてな801が流行ってますね^^;

一時のブームだろうからすぐ終わると思うんですが。。。

私みたいに一過性でなく本気ではてな801に取り組んでる人って

一体何人いるのかなぁ。。。って思うんですよ

数少ない友達と数人でワイワイ言ってた頃が懐かしいです。。

もうけっこう前から友達と盛り上がってたんですよね

別に今の状況を否定するとか嫌とか言うわけじゃないんですけど;;

なんだかなぁ。。。。

れもん姫☆


羽天那さんもそう思いますヵ?!

仲間がいてうれしぃです(>∀<)☆

なんか、ああぃう人たちってーほんとに好きwって

わけぢゃなぃのにキャーキャー騒いでほんとムカツキますよネ!!(`3´)

どぉせすぐに忘れる癖に荒らすだけ荒らして、

なんヵずっとはてな801やってる人に失礼ですよね。。。

あたしたちゎ、はてな801のことずっと愛してぃきましょうね!

あっ新刊も楽しみにしてマスw笑 でわでわ〜^^v

上の人のはまさに「もにょる」だ。下はギャル語を駆使する人ということで。

デジカメの互換バッテリー

専用バッテリーはいざという時に乾電池が使えないので予備のバッテリーが欲しいと思ったのだが、5,000円近くする。ちょっと調べてみたら、Amazonで日本トラストテクノロジーという業者が互換バッテリーを売っていた。電池容量は少ないそうなのだが、いざという時の保険と考えているのでこれでいいや。DMC-FX8,9/LX1用。形状的にはGR DIGITALとも同じだそうだ。

なお、メーカーは純正の使用のみ保証しているので、使う時は自己責任で。

MyBattery HQで探す

※ROWAのほうが価格が安く、容量も大きかった…。

http://www.rowa.co.jp/cabinet/form.cgi?no=1326

勝手に掲示板化

デジカメの情報を探していて見つけたブログ。

デジカメジン

http://www.digicamezine.com/

デジカメWatchの記事のリンクをおそらく全部張り、そのニュースに対するコメント欄として機能している。西川和久氏が連載記事で「いろいろなサイトで…」とか書いていて??と思ったが、こういうサイトを見てなんだろうか。

ライブドアニュースのデジカメ記事の実写作例レベルの低さ

上のサイトでインプレスの実写速報がひどいというコメントがあったけど、実写作例があまりにあまりなところといえばlivedoor コンピュータ。

デジタル家電 レビュー - 総合IT デジタル情報サイト「livedoor コンピュータ」Home

http://computers.livedoor.com/series_index?id=10

誰か止める人いないのか?と思える。こんなひどい写真ではメーカーへの営業妨害になりかねないよ…。

以前デジカメ情報を探して記事を見た時、作例がアレじゃないか?…と思っていたら、2ちゃんねるのデジカメ板でも話題になっていた。

【驚愕】 ライブドア・ザ・レビュー 【個性的】

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1128280349/l50

水に突っ込んで写真を撮る快感!水が友達になる本格防水・防塵で600万画素のペンタックスOptio WPi」レビュー - 総合IT デジタル情報サイト「livedoor コンピュータ」Home

http://computers.livedoor.com/series_detail?id=22029

このデジカメを池に浮かばせている写真はオモシロ過ぎ。

ショップ延長保証の比較

【3年】保障期間のながい店【5年】

FrontPage - PukiWiki

http://hitode.org/hosho/index.php?FrontPage

モバイル板のスレのまとめサイト。保証は一回のみのところが意外と多い。

ヨドバシカメラビックカメラはつけなくてもいいなあ。以前さくらやはよかったんだけど、今はあんまりよくない。

ジョーシンの保証がなかなかいい。

ジョーシン ポイントカード 5年間修理保証

http://card.joshin.co.jp/guarantee/

購入金額を限度に、100%の修理保証をしてくれるそうだ。

shimotsukishimotsuki 2006/02/13 08:52 互換バッテリー、ROWAからも出てますね。http://www.rowa.co.jp/
Panasonicの項には載っていませんが、RICOHの項にGR DIGITAL互換バッテリーがあり、対応機種にDMC-FX8/FX9も記載されています。LXは載っていませんけども。

kanosekanose 2006/02/13 13:27 ROWAの方が容量が1150mAhで大きいし、価格も安いですね…、 トホホ。

2006-02-11

DMC-LX1がきた

Panasonic DMC-LX1-K LUMIX ブラック

10日の午前11時半に注文して午後5時に発送、11日の午前9時頃にゆうパックで到着。速い!

店頭ではDMC-LX1はポイント15%だし、ヨドバシはウェブ通販に力入れてるんだなあ。あとヨドバシの通販はクレジットカードでもポイントがフルにつくのがいい。店頭だと-3%なので。

前から気になっていたので、店頭ではよくいじっていたんだけど、実際に使ってみると、やはり風景を撮りたくなるカメラ。

f:id:kanose:20060211152020j:image:w320

空の色が人工色だ!

f:id:kanose:20060211214507j:image:w320

夜間はノイズが乗る。ISO200までが限界っぽい。

はてなメッセージ欲しい!

はてなリング、プロフィール画像と、mixiライクな機能がいろいろついたけど、そろそろメッセージ機能の強化が欲しいところ。

現状ではポイント送信時のおまけとしてしかメッセージを送れない。おまけにパスワードの入力も必要で面倒だし。

メールでメッセージを転送しても、メールは埋もれやすいから、毎回ユーザーが見るところにメッセージ通知機能つけないといけないんだけど、それってどこだろう。ダイアリー編集画面? 結局、ここでポータル化話が再燃するというオチ。

あと、こういうメッセージ機能の整理方法について。わかりやすいのでmixiを例に挙げるけど、mixiのメッセージはあとから見ようと思っても非常に困る。検索が欲しいところだが、せめて、MSNメッセンジャーのようにユーザーごとに整理してもらえないだろうか。イメージとしては、ウェブメーラーだが、実際にはメッセンジャーの機能に近いのだから。

はてなダイアリーをつまらなくしたのは僕たちはてなダイアラー自身かもしれない

 大学、社会人といろんなはてなダイアリーをやり倒してきた自分ですが、良くはてなダイアリーの話をしているときに話題になったのが「最近は面白いはてなダイアリーが少なくなった」と言う話。

 おれはおまえのパパじゃないやARTIFACTと言った定番ダイアリーは数を重ねてはいるものの、ヒットするはてなダイアリーは大抵、昔流行ったはてなダイアリーの焼き直し。

 たしかにテキスト量は増えていくんですが、物足りなさを感じていたのは事実です。


 特に嫁さんをはてなダイアリー好きに洗脳しようと思ってはてなダイアリーを探したときに改めて感じたのは、二人以上で楽しめるはてなダイアリーの少なさ。

 はてなダイアリーってコメントやトラックバック以外はほとんど一人用のゲームなんですよね。


 昔のはてなダイアリーってもう少しみんなでワイワイやれた感じがしたんですが、いまどきの子供は一人ではてなダイアリーしてるんだなーとつくづく感じた瞬間でした。



 こういう「はてなダイアリー」って、もう完全に「はてなダイアラー」のためのゲームなんですよね。

 毎日はてなダイアリーに時間をつぎ込むことができて、没頭できる人たちのためのゲーム。

 一日中、はてなダイアリーをやっていても大丈夫な人のためのゲーム。

はてなダイアリー」でなくてもいいんだけどね。全部改変せず「ゲーム」を残したのがポイント。

※元ネタ

FPN-ニュースコミュニティ- ゲームをつまらなくしたのは僕たちゲーマー自身かもしれない

http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=1153

kanosekanose 2006/02/11 12:21 ああ、はてなアイデア検索忘れてました…

VitalsineVitalsine 2006/02/13 06:55 おかげさまで、先日こちらのRICOH CaplioR3のエントリー見て発注したら”朝5時発注>11時ペリカン便着>11時40分Amazonより発送済みメール着”の最速記録と相成りました。発送センター増強してから強まってるんですかね?千葉to都内なんですが。

kanosekanose 2006/02/13 14:37 発送済みメールより商品が早く到着したんですか(笑)。この早さを実現するためにどういう労働が行われているのかを考えると…

2006-02-10

桃井はるこ氏の日記から気になったものを抜粋

桃井はるこ氏が、二次元のエロは三次元のエロと違って、実在の女性がいないから好きと書いていたのを思い出して、調べようと思ったが、ドメインでないから検索できないんだよなあ…。

そして今更知ったのだが「桃井はる子」は古い活動名なのね。こっちで検索されると恥ずかしいコスプレが見つかると日記で書いていた。

検索できないから過去の日記をスキャン読みしたのだが、日記の中から気になった部分をメモ。

桃井はるこの『モモイズム宣言!』

http://home.att.ne.jp/kiwi/momoi/frame.html

2002/01/28

わたしは美少女ゲームの中の女の子に恋した男の子にシンパシーを感じる。わたしは現実をずっと疑っている。記憶の多数決でしかないじゃないか。わたしはわたしが見えたと思ったもの、5+1のインタフェイスで受け取ったものを、そして感じたものを信じるぞ。それがわたしのほんとうの現実。荷物の重さも風の冷たさも全部うれしい。

「記憶の多数決」というフレーズはいい。

2001/08/18

(中略)

以下はずかしい自己分析。わたしは、わたしときっとカンペキにぴったり合う相手とゆーのが必ずいると思っているし、そうだと確信的に思える人としか男と女の関係になりたくないと思っている。とお話ししたら、「男に多くを求めすぎだよ」と言われた。が、失敗を繰り返しても(笑い) ゼッタイにいると信じている。つーか今わたしが好意を抱いている人はそうだと思っている(勝手に思われたほうは気持ちが悪いと思う。ごめんなさい。笑い)。だけど、恋愛の相手について自分の頭の中に「こうじゃないから残念」とか、当てはめるほどの明確なヴィジョンは持ってないのだ(;´Д`)。好きな人と今度何をしたい、とか、相手との理想的な生活のスタイルというものさえどういうものなのか想像出来ない(;´Д`) とゆーか、そういう人とは、何も分担したり生産したり特別に努力しなくても一緒にいたりするだけでいいんだと思う。極端に言えば知り合えただけでいいのです(笑い)。今さんに「たとえばアニメとかで"こんな人が恋人になってくれたらいいのに"っていうキャラはいないの?」と訊かれた。そこではじめてわたしは、「そういう視点でアニメを観たことって、ない!!」ということに気がついて、軽く衝撃を覚えた。おたく失格か!?(笑い) わたしは、アニメを観ている時はわたしではなくて、なんか違う人格の男になっているような気がする。そして、男としてかわいいと思ったりかっこいいと思ったりしているのだ。だからわたしは自分が男になれる「アニメ」が好きだし、そうでないものは「映像作品」として捉えている気がする…多分。

この話から考えると、男性向けエロを見ている時も、男になっているのだろうか。

2001/04/08

ネットで出会ってネットで終わる関係の名前が、なにか欲しい。「インターネットでいろんな人に出会った」と言う表現って、しっくりこない場合もある。OFFで会う関係なら別だが、ネット上だけだとなんか「人」という感じがしない。お互いの発言を気に入りあう存在。言葉のおおもと。発言主。肉体は遠いけど「通」じ「信」じ合う、なんかそういう呼び名がほしい。ネットで不思議なのは、ものすごくがんばって作っている「作品」のページより、くだらないっぽい日記のほうがまた、読みたくなったりすること。甘いココアをすすりながらページビューするこっちがわの姿勢の問題?

ずっと相手のサイトを見ていただけの関係と、ネット越しであっても交流があるかどうかで、また違うとは思う。

2001/02/23

ついに「萌え」が辞書に載ったようだ。デイリー新語辞典(提供:三省堂)←ここに、「萌え」って入れてレッツ検索。以下引用〔アニメ愛好家の一部が,NHK のアニメーション「恐竜惑星」のヒロイン「鷺沢萌」に対して抱く,ロリータ-コンプレックスの感情に始まるといわれるが,その語源にも諸説ある〕…そう。諸説あるのよ。それにしても…「萌え」の定義を決める時にわたしに連絡がないとは!(←勘違い)はあ、でもなんかこれで一安心(何がだ)。やっぱ卒論テーマは「萌え」で決まりか。

このぐらいの頃から、「萌え」という単語がネット上だが、一般媒体に広まりつつあったとのか。卒論ということは、この頃、大学生? 卒論を読んでみたい。

2001/01/29

そらみみ。TMネットワークの「GET WILD」のサビって、「GET WILD円楽♪」ってきこえてしょーがない。野性味を帯びた円楽師匠って…。「ルパン三世パート2」の「狂った朝の光にモニター」。パソコンのモニター(ナナオあたりの)が朝陽を浴びている様子を想像。

今度からカラオケで「円楽」って歌う!

2001/01/13

インターネットがらみのことを綴った新聞や雑誌のコラムなどで、ネットを使わないという人のこういう発言を何度か見る。「情報は、新聞、雑誌、テレビ、ラジオで十分。これ以上あっても過多」。こういう人にはきっと何を言ってもこの感じは伝わらないんだろう。ネットは恍惚の媒体だ。わたしにとって、ネットはゲームだ。みんなに向かって降って来るものの中から自分向けのものを上手にキャッチするのではないよ。古本屋とかで、おめあてのものがたまたまあったときの快感が、うまくすれば連続的に味わえる。自分だけを待ってたであろう情報と、それを作ってる人とのモニタ越しのスピーディで感動的なめぐりあい。でもね、なにより、自分の中に涌き出たものをなんでも吐き出す場所があるというなんともいえない安心感(「王様の耳は…」の穴かも)。やさしい野原だ。でも…こういうところに文章が掲載される人は、すでに自分の場所を持ってるし、現実世界でも積極的なんだろうからストレスはないのか!?

いつも思うんだけど、ウェブページは、どんなに来る人の人数が増えても1on1の感覚でいたいし、いてほしい。通信メディアである以上それは事実なんだし、忘れてはいけないことだと思う。

インターネットというものはあと何年先まであるのかな。そしてその次はなんという名前のどういうものなんだろう。電球を発明したのはエジソン。電話を発明したのはグラハム・ベル。インターネットを発明したのは!? そこからして、いままでの発明とはノリが違う

日記で何度か「自分の居場所がないと思っていた」と書いていたのとリンクする話。


とりあえず2001年まで読んだが、該当の記述は見つからなかった…。

この人の日記は結構面白いので、興味のある人は一気読みを勧める。

ちょっと面白かったのは、桃井はるこ氏の活動と知名度のリンク。日記を読むと、2001〜2002年ぐらいまで結構メディアに露出しているのがわかる。深夜だが地上波であるテレビ朝日の「D's Garage」に出ていたり。朝日新聞でコラムを書いていたのは知らなかったなあ。

なんだけど、知名度が上がった感じがするのはUNDER17の活動してから。2001年にあった『暴れん坊プリンセス』のロフトプラスワンのイベントで、桃井はるこ氏の応援メッセージビデオが流れたんだけど、会場には「この人誰ですか?」という空気が流れていた。この時は『ソウルテイカー』の中原小麦の声をやっていたんだけど。


j-oさんによる桃井はるこ日記抜粋。

http://www.remus.dti.ne.jp/~j-o/dia/dia0002.htm#19

まあ詳しくは触れませんが、こういうキャラクターの女の子で過去何度もイタい目に遭っている人たちっていうのが相当数いて、そういう人たちに言わせれば「ああ、またか」って感じかもしれませんけど、例えば、仮に(あくまで仮にです)これらの発言やプロフが全部ツクリ、どういう話をすればオタクに受けそうかとか研究づくのプロジェクトだったとしても、そのツクリを演じたり考えている人たちとは仲良くできそうっつーか、そのプロジェクトに是非ともオレも混ぜてくれって勢いでフェイバリットなんです。

2000年段階だと、j-oさんも作りっぽいと判断していたのか(笑)。


※関連

ARTIFACT@ハテナ系 - 女の子の憧れとしての桃井はるこ

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040326/momoi

DMC-LX1か…

Panasonic DMC-LX1-S LUMIX シルバー Panasonic DMC-LX1-K LUMIX ブラック

おいでよ フエタロさんの森 - デジカメ話。

http://d.hatena.ne.jp/Fuetaro/20060210/1139533038

あ、DMC-LX1ユーザーから宣伝が(笑)。DMC-LX1は面白いデジカメとは思うんだけど、これだ!と思うところまでいかなくて。人気高いのか、なんか下がらないし。でもCCDが大きいのはいいなあ。サイズは持ち歩くカバンに入ればいいやというところ。だからDMC-FZ30はちょっと大きい。

DMC-LX1は今いくらだろうとかと思って、ヨドバシの通販を見たら、51,100円でポイントが23%。やけに安いと思ったらセール中だった。でも2/10まで。今日だ!(※10日を過ぎても23%のままだった。だまされた!) ポイントを考えると4万円切るのか…。ビックカメラも同じで、下取りがあれば、3000ポイントプラス。ただし、下取りの送料は自己負担。

http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/41118296.html

DMC-LX1-K・パナソニック・LUMIX DMC-LX1-K(ブラック)

LUMIX DMC-LX1 の最安価格42,777円〜 【価格.com

http://www.kakaku.com/prdsearch/detail.asp?prdkey=00501910870

パナソニックのデジカメはFX,FZ系は一年が基準だけど、LX1はライカモデルが出ているので、ライカモデルが出たLC1に近いと考えると、3年ぐらいは出なくても不思議はない。今ディスプレイがワイドだから、ワイドの写真はいいんだよなあ…。

・・・・

・・・

・・

黒モデル購入。これですぐ新型が出たら笑うね!

素敵工場写真

f:id:wami:20050520035011j:image:w300

工場萌えな日々

http://d.hatena.ne.jp/wami/

素晴らしい!

去年の4月頃に面白いサイトを見つけたよ。(http://omosiroi.jp/)が紹介して、広まっていたのか…。テラヤマさんやムネカタさんも取り上げているし…。気付かなかった。

http://d.hatena.ne.jp/kowagari/20050426

http://d.hatena.ne.jp/munekata/20050421/factory

倭文 〜工場地帯探訪〜

http://shitoori.exblog.jp/

犬バカ日記

f:id:kanose:20011007104143j:image:w300

しなもん日記(http://d.hatena.ne.jp/hatenacinnamon/)を見ていたら、

はてなリング - dogりんぐ

http://dog.ring.hatena.ne.jp/

を発見して、犬バカ魂に火がついた。

http://f.hatena.ne.jp/kanose/

フォトライフに犬写真をアップ。そして、もっといい写真を撮りたいなあと思ってデジカメ欲が湧いたという。

f:id:jamnopapa:20060210061823j:image:w350

f:id:jamnopapa:20060206072949j:image:w300

はてなフォトライフの犬タグから見つけたのだが、すごくかっこいい。こういうのを見ると、やはりデジタル一眼レフとコンパクトデジカメの画質の違いを感じる。でもデジタル一眼レフは重いのがなあ…。

この人の日記はこちら。

ジャムのパパ 日記 ............

http://d.hatena.ne.jp/jamnopapa/

Amazonの安売りデジカメ

最近デジカメ欲しい欲が増し中。Amazonでは特定の機種でバレンタインセールで2/15まで更に追加ポイント還元をしている。

エレクトロニクス '06バレンタイン・ハッピーセール

ここに書かれているAmazonギフト券の番号を入力すると値段が引かれる。

RICOH Caplio R3

RICOH Caplio R3 シルバー CAPLIO R3

RICOH Caplio R3 シルバー CAPLIO R3

37,800円(ポイント3,500円+VS3,000円還元) 価格com最安値32,960円

37,800円(ポイント3,500円還元) 価格com最安値32,960円

28ミリ広角で光学7倍ズーム、手振れ補正付きの。最近黒モデルが出たんだけど、シルバーモデルの値下がりが激しい。

Panasonic DMC-FX9 LUMIX

Panasonic DMC-FX9-H LUMIX モーブグレー Panasonic DMC-FX9-K LUMIX エクストラブラック Panasonic DMC-FX9-S Lumix シルキーシルバー

35,800円(ポイント3,500円+VS3,000円還元) 価格com最安値30,500円

600万画素のやつ。3万円を切る。

Panasonic DMC-FZ30 LUMIX

Panasonic DMC-FZ30-K LUMIX ブラック

59,800円(ポイント5,000円還元) 価格com最安値54,000円

800万画素だけあって、撮影写真見ると細かい!と思ったんだけど、ISOが上がると結構ノイズが出ていてそれが…。サイズも大きいし。動画撮影中にズームできないのも微妙だ。

Canon PowerShot S2 IS

Canon PowerShot S2 IS PSS2IS

Canon PowerShot S2 IS PSS2IS

42,800円(ポイント3,500円還元) 価格com最安値40,900円

DMC-FZ5がライバル機種。DMC-FZ5の方が軽いが、DIGIC2とバリアングル、0メートルマクロに憧れる。

Panasonic デジタルカメラ LUMIX DMC-FZ7-S シルバー

最近出たDMC-FZ7も、もう4万円台前半らしい。DMC-FZ5がビックカメラで24,800円で売っていたという情報が。最近のコンパクトデジカメは値下がりが激しいなあ。

FuetaroFuetaro 2006/02/10 12:44 LX1買ったのか!早っ!!書き忘れてたけど、マクロもパナの苦手科目なのであんまし期待しないように。

kanosekanose 2006/02/10 12:54 2chでFZ30は動画中にズームできないとあったので信じてました…■パナがマクロ弱いのは承知。まさかヨドバシであんなにポイント還元しているとは思わなかったもんでねえ…

nicopyonzokunicopyonzoku 2006/02/10 14:24 桃井さんは大学中退ですね。最近は「ブログブームにすっかり嫌気が刺した」、そうです。(笑い)

kanosekanose 2006/02/11 00:19 nicopyonzokuさん>あ、大学中退だったんですか。ブログブームがいやということはネットからは撤退気味なのかな。デジタル系が流行りだした時に一緒に見られたくないと言っていたのを連想■オオツネさん>その頃はおじさん業界人の間では有名人って感じ

nicopyonzokunicopyonzoku 2006/02/11 16:08 「オフラインでがんがりまーす」って書いてますしね…昨今の萌えのインフレ現象に関しても複雑な心境のようです。
そういえば「桃井はるこはオタクの尾崎豊」と誰かが言ってたらしいですが、「2人組ユニット→アルバム3枚で解散→ソロ活動」という流れはむしろアキバ系の小沢健二?って超適当な思いつきですが。

2006-02-09

はてなガンダム

渋谷IT連邦(連邦)はシックスアパート(ジオン)のブログ作戦に対抗するため、新型MSウェブサービスを開発するはてなV作戦を発動した。開発されたMSは、はてなダイアリー(ガンダム)、はてなアンテナガンキャノン)、人力検索はてなガンタンク)であった。

しかし、V作戦の開発地はシックスアパートに急襲され、はてなには正規の軍人は残らなかった。そのため、はてなホワイトベースの指揮は、士官候補生だったジュンヤ(ブライト)の手に委ねられた。はてなダイアリーに乗ったのはナオヤ(アムロ)で、ホワイトベースを操縦するのはレイコ(ミライ)だった。

そのはてなを狙う男がいた。ミヤガワ(シャア)である。彼はヒルズからシックスアパートに移り、はてなをつけねらう。

ナオヤ「こいつ…違うぞ!Movable Typeなんかと、装甲も…パワーも!」

ジュンヤ「左舷、サーバー重いぞ! 何やってんの!」*1

ナオヤ「ナオヤ、行きまーす!」

ミヤガワ「見せてもらおうか! はてなのウェブサービスの性能とやらを!」

ミヤガワ「ええい! はてなのウェブサービスは化け物かっ!」

ナオヤ「僕が一番巧くはてなを操れるんだ!」

ミヤガワ「ウェブサービスの性能の違いが、戦力の決定的差でないことを教えてやる!」

ナオヤ父「ジャンク屋という所は情報を集めるのに便利なのでな。ここに住み込みをさせてもらっている。こいつをはてなの記録回路に取り付けろ。シックスアパートウェブサービスの回路を参考に開発した」

ナオヤ「こんな古い物を。父さん、酸素欠乏性にかかって…」

ウメダ将軍「Web2.0はな、戦争などせんで済む人類の事だ」

ミヤガワ「私にプレッシャーをかけるプログラマーとは、一体何者なんだ!?」

ミヤガワ「しかし! 私もWeb2.0のはずだ!」

はてなは独立部隊として苦しい戦いを強いられるが、ウメダ将軍より新戦力はてなブックマークGアーマー)が配備され、戦力が増加する。

今日もはてなホワイトベースのクルーの戦いは続く。

※時間軸の整合性の問題などは気にしないように。あと、『Zガンダム』の時代になるとミクシィ(ネオジオン)が登場とか考えたけど、面倒なのでここまで。それとシャアのセリフの方が転用しやすいものが多いので、シャアが多くなってしまったのはご愛敬。

※国力の小さいジオンをはてなに当てはめたほうがいいのはわかるんだけど、シックスアパートのエンジニアの人たちの名前を挙げてもわからない人が多そうなので。Goodpicの金子さんとか有名だと思うんだけど、はてなでの知名度は低そうだし。

VIPブログのアフィリエイトの続き

オタク女的らくがきブログ!:VIPブログの管理人ふざけんな今回ばかりはマジギレした

http://giko.livedoor.biz/archives/50581045.html

オタク女の人がブチキレているのだが、そのブチキレたきっかけのコメント。しかし、なぜAmazonリンクがシンデレラなんだろうか…。現在の心理を説明?

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/07(火) 23:36:13.97 ID:RE9uGYNJ0
ここで最近中堅VIPブログになった俺が各ブログを管理人の主観で説明してやろう。
あくまで専門の意見だ。無視するも参考にするも自由。まぁお前らの火種にしてくれ。


煙いブログ
なんでテンプレに入ってんの?

あんりみ
完全に趣味。金儲けに精をまったく出していない。
お前らに言っても分からないだろうがあの張り方は儲けを考慮していない。
純粋に楽しませるのが目的だ。よってテンプレ外せ

ワロス。
記事が、つまらん!おまけにアフィリ張りすぎで重い!
でかい画像ばっかのせんじゃねえ!アフィリの味を知って腐った例。
昔は「流石大手」の一言だった。大手リンクで生きてる大手。
言葉の意味はブログやったことない奴は知らなくていい。

orz
何 も 言 う な 。
不 器 用 な ん だ よ こ の 人 。
(´・ω・`) カワイソス

ネオソク
なんとなくアフィリ。初代の浮遊ブックマーク組み。
ニャー速と同じタイプの富豪。だがニャー速にくらべ圧倒的に甘ちゃん。

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/07(火) 23:38:01.90 ID:RE9uGYNJ0
オタ女
2度のラジオから察するに典型的な厨。
「他人のことは聞きたがるが自分のことは話さない」
彼女の性格はこの言葉に集約される。まぁ純粋な人なわけだ。
あまりいじめないように。純な心は何より価値のあるものだからな

ニャー速
Mr.VIPブログ。分かってらっしゃる、アクセス稼ぎというものを。
完全な、全面的アフィリブログ。「これからアフィリをしようとする者」に対してもアフィリが張ってあるのには
驚きを通り越して感動した。かのブログの内容には無駄がない。
アクセスと金、それだけを考えたある意味純白のブログである。
あえて言おう神であると

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/02/08(水) 00:22:22.39 ID:mzzv7uM60
つまりだ。この中で一番叩きやすいのはオタ女というこになる。
間違ってもニャー速に喧嘩売らないように。うちらの世界の神だからな。

で、この純粋というのは自己中心でありそれだけ潔癖。
アフィリによって他人は利用するが自分が非難されるのはたまらない。
また、女特有の「見られる自分に価値がある」人間であるから
コメント欄とかが一番精神に堪える筈だ。これは絶対。

サイト管理人のことはともかく、アフィリエイト関連がなんか怪しげなので以下検証。

また、自分が見た時にはなかったのだが、オタク女の人の記事では、最初アフィリエイトの報告があったらしい。

http://d.hatena.ne.jp/LEOat/20060209/1139462099

しかし相当アフィってない部類に入るオタ女ブログで紹介料60000円を超えるとなると、アフィり方が上手くて1dayユニークアクセスが5倍ある「ニャー速。」だと少なくとも30万以上ってとこか。50万とか60万とかいってるかも分からんね。

6万円というのがどのデータかわからないんだけど、コメント欄を見ると、月3万円程度といっている。これはAmazonの紹介料だと思われる。逆にあんなにアクセスあるのに月3万円かーという気も。

※コメント欄を見たら、報告画面を公開するのはAmazonの規約違反だ!とか騒いでいる方々が。証拠を見せればクレームをつけるで大変だこと…。Amazonの紹介料の情報公開でアカウント剥奪された例は聞いたことはないし、Amazonのこの件に関する規約もよく変わっている。自分も規約で禁止されてなかった頃、書いたことあるし。

オタク女の人の所の場合、Amazon以外に右側にジャネットというASPによるオンラインゲームの広告が入っているが、これはどのぐらいになるのか予想つくようなデータがないのでちょっと保留。

アフィリエイトが多いといわれているニャー速(http://blog.livedoor.jp/orz_kawaisosu/)も、トップページのAmazonのリンクはオタク女より多く、全ジャンルにわたってまんべんなく紹介しているが、ジャネットは同じ程度の数だ。あと、コンテンツマッチング系広告のブレイナーというところ。ジャネットと同じく予想がつかないので、なんとも。ただ、クリック保証タイプの場合、やはりある程度メジャーなところでないとそう稼げないのではないだろうか。

ニャー速はReadmeで現在よく一位になるのでトップクラスといえるだろうが、単純にアクセス数から換算して5倍と考えても、やはり15万円程度。Amazonでは発送数によって紹介料のベースが変わるので、単純な倍数にはならないのだけど、*2それにしても、やはり100万円には程遠い…。

ニャー速の個別記事でのAmazonの張り方が上手いって書いてあったのでよく見てみたけど、最初に大きな画像で張り、そのあと最後にAmazonのサーチリンク張ってるだけだしなあ。

完全な、全面的アフィリブログ。「これからアフィリをしようとする者」に対してもアフィリが張ってあるのには驚きを通り越して感動した。かのブログの内容には無駄がない。

このコメントしている人のアフィリエイトの知識に少々疑問を感じるのはこの辺。アフィリエイトサイトではASPにリンク張るの普通だよ? LinkShareとかA8ネットとかよく見かけない? 単にVIPブログ内部でのアフィリエイトしか見てないって感じがする。

ARTIFACT@ハテナ系 - VIP系まとめサイトのアフィリエイトは儲かるか?

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060205/vipmatomesite#c

あと、自分ところの記事のコメント欄で指摘があった広告代理店の話。

あんりみてっど

http://blog.livedoor.jp/ex11_news4vip/

ニャー速

http://blog.livedoor.jp/orz_kawaisosu/

VIPブログ

http://blog.livedoor.jp/insidears/

オタ女ブログ

http://blog.livedoor.jp/giko_vipper/

ワロスニッキ

http://blog.livedoor.jp/warosunikki/

かうぴす

http://blog.livedoor.jp/cowpee/

VIPPER.orz

http://vipper.orz.livedoor.biz/

ネオソク

http://blog.livedoor.jp/insidears2/

2chテラワロス

http://ameblo.jp/waros/

VIPの樹

http://blog.livedoor.jp/r3vip/

あかんておかん

http://2chvipquality.seesaa.net/

おいすー^^

http://blog.livedoor.jp/vip_neet/

このテンプレに入っていたブログを見てみたが、ASPタイプのクリック保証ではなく、広告代理店を使った月契約と思われるバナー広告はなかった。ASPも広い意味での広告代理店だけど、最初に書いた通り、ブレイナーやジャネットでそんなに儲かるとは思えないし…。

Amazonとジャネット以外のアフィリエイトだと、せいぜいVIPPER.orzが楽天を使っているぐらい。面白かったのが、Google AdSenseを貼っているところがほとんどなかったこと。Google AdSenseのほうが稼げると思うんだけど、審査ではねられるんだろうか。

自分でもなんとなく名前を聞いたことがあるようなサイトが多いので、それなりに有名だと思うのだが、そういうところで、こういうアフィリエイト状況だ。

広告代理店を使ったバナー広告をやっている個人のブログといえば、アキバblogがあるけど、これはVIPブログじゃないし。

広告掲載について::[アキバBlog]

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/5380859.html

だから、最初の話に戻るけど、

VIP系まとめサイトは儲かる!?

http://figure.nekosuki.ojaru.jp/affi.html

ここで紹介された書き込みは、巧妙に広告代理店だとか、信用できそうなキーワードを使って、煽ったんじゃないかなという、自分の初期の印象は変わらないということで。


みんな、こういうサイトや本を見て、盛大に誤解している気がする!

ブログの作り方徹底ガイド!稼げるブログの作り方を全力で伝授します!あなたも一緒に稼げるブログを作りましょう!

http://www.blog-manual.com/

ここはニャー速の広告で知った。

今すぐ始める「儲かるブログ作り」超入門 (インターネットマル得シリーズ―キホンの図解) 家にいながら月30万円!ブログで楽に儲かる方法 ブログのアフィリエイトで上手にお小遣いを稼ぐ本 ブログ&アフィリエイトで楽々、稼ぐ!儲ける!―ネットで副業をはじめる一番手軽な方法!

そして、最後はアサマシオチ!

パソコン通信時代から考えるネットで語り合うこと

北の大地から送る物欲日記 - ネット上で語り合うこと。

http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20060204/p1

明日は明日の風が吹く - ネット上で語り合うこと。 [北の大地から送る物欲日記]

http://d.hatena.ne.jp/yas-toro/20060204/p1

北の大地から送る物欲日記 - パソ通時代を思い出しながら今を考える。

http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20060205/p3

明日は明日の風が吹く - パソ通時代を思い出しながら今を考える。 [北の大地から送る物欲日記]

http://d.hatena.ne.jp/yas-toro/20060205/p3

北の大地から送る物欲日記 - 現実世界とネット世界における、ふたつの匿名性。

http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20060207/p1

明日は明日の風が吹く - 現実世界とネット世界における、ふたつの匿名性。 [北の大地から送る物欲日記]

http://d.hatena.ne.jp/yas-toro/20060207/p3

パソ通経験者のじじぃとして興味深く読んでいる話題。

「現実世界とネット世界における、ふたつの匿名性。」はわかりやすい説明なので、パソ通経験者でなくても読むのをお勧め。

超乱暴に要約すると、パソコン通信時代のほうが本気で言葉をやりとりしていたなあという話。って書くと、じじぃの回顧話かよ!ってなるけど、これは掲示板と情報発信を主体にしたサイトというスタイルの違いの話ではないだろうか。そこから「掲示板デビュー組とそうでない人では、ネットに対するメンタリティの違いがありそう」ということを考え中。

明日は明日の風が吹く - パソ通時代を思い出しながら今を考える。 [北の大地から送る物欲日記]

http://d.hatena.ne.jp/yas-toro/20060205/p3

 今、地域毎のSNSなんかも出来てきていて、そこでの結びつきの強さは、これまでの匿名のネット活動という中では、また別の動きになっているのかもしれないけれど、範囲を狭めた分、特定の話題が出来るという点でパソ通に近いものになるんじゃないかと思う。それがSNSとしてのメリットになるのかどうかは、これからだろうけど。

興味深いのが、mixiの地域コミュ。盛り上がっているところはかなり盛り上がっており、よくオフ会もしているようだ。個人的には、ネットで、ご近所さんと知り合いたいという気持ちはないのだけど、どうもご近所付き合いしてみたいという欲望がある人は多いみたい。

ネットは、距離が離れていても同じ趣味志向の人に会いたいと思っている人たちが集まっていたけど、これからは近所の人たちと仲良くなりたい!と思う人たちがどんどん増えるのかもしれない。もちろん、以前にも「ご近所さんを探せ!」(http://www.gokinjo.net/)のようなウェブサービスはあったんだけど。

もともと、都市というのは、村の狭い共同体から逃れる形であり、隣に住んでいる人は誰だかわからないという住民の匿名性が高さが特徴だったけど、子供の安全とか、セキュリティ方面も絡んで、そういった匿名性をなくす方向にいきそうな気がした。

ネット町内会はまだできたばかりだから、楽しいという声が多いけど、数年後、そういう付き合いが面倒!という声が増えていくことが予測される。

本当に実名でやる事が前提になるSNSが出来たとして……出会い系のような使い方しかされないんじゃないかという危惧もあるかな。

実名でやると既存の出会い系サイトのような使い方は難しいんじゃないかな。出会い系サイトは、横の繋がりが生まれにくくて、悪評は伝わらないけど、SNSなら悪評が外の場に出てくる。

実際、2ちゃんねるSNS板は、そういうネガティブな個人情報で一杯だ。ネットゲーにおける悪質プレイヤーの告発もこれに近い。

実際にmixiを異性との出会い系として使っている人間は、複数アカウントが前提だと、2ちゃんねるSNS板で話題になっているのを見た。実名は複数アカウントが使えない時点で、出会い系のように相手をとっかえひっかえするのが難しい。

ネット上の活動名を姓名でつけているとオタクくさい

という感覚があることをこの前知って面白いと思ったんだけど、mixiで活動している人たちの名前なんかを見ていると、姓名ではなく、あだなっぽい名前が多い。あと、実名の一部を取り出して、カタカナにしたり。

この辺り、オフ会で初めて会った人に、いきなり会社の名刺を渡す感覚に近いんじゃないかとにらんでいる。ネットとリアルにはわけてはいるんだけど、ネット経由で知り合った人でも、現実に会うと途端にいろいろ情報を出しちゃう。こういう人はブログとかSNSになってから、非常に増えたという印象がある。

端的にいうと、自分の所属している会社の名刺交換が始まるオフ会はアフターブログ世代。名刺交換はしないのが、ブログ以前からネットやっていた世代。ただし、ハンドルの名刺はのぞく。

北の大地から送る物欲日記 - あなたは何処のダレですか?

http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20060206/p1

ただ、ネット世界がどんどんものすごい勢いで発展してきて、現実世界とネット世界が重なる部分が多くなってきている今、上に話したようなハンドルを名乗ってネット上の人物としてネット世界を楽しむってのは時代遅れな感覚になりつつあるのかもしれません。

ネット文体は双方向を前提とする

明日は明日の風が吹く - ソーシャルブックマーク時代のコラム [ARTIFACT@ハテナ系]

http://d.hatena.ne.jp/yas-toro/20060207/p1

私は、パソ通の延長として、「対話する」事を意識して書いている。「自分語り」であっても、それはあくまでも「私の考えはこうだ」という事を書いているのであり、それに対して「こうじゃないの?」とか「賛成」とか、そういったコメントなりTBがあれば、嬉しいと思う。つまり、一方向からの書き方をしつつ、双方向のやり取りを期待した文章な訳だ。

自分も大枠ではそうなんだけど、ネットで書いている場合、反応されるのは当然ということもあり、わざと隙を作ったりすることが。悪く言えば釣り。米光さんのコラムはまさにそれが前提になっていて面白いという。

「初めから、双方向になる事を前提とした文章とはどういうものか?」というのは、メールやメッセンジャー、掲示板のような応答されることが前提の場所でよくある。実際、「釣り」という言葉が生まれたのは、掲示板である2ちゃんねるだった。ブログも、そうやって応答されることが前提という意識にシフトしていくのかもしれない。

ボケとツッコミで、ツッコミも含めて読まないと成立しないのが、双方向を前提とした文章ということで。この辺、コミュニケーションかコンテンツかって話になるのかな。コンテンツはちょっと誤解されやすいので、交流と発信に分けたいところ。

ユーザーインターフェイスやデザインの模倣

Broadband Watch編集部ブログ: そのデザインは誰のもの?

http://bb.watch.impress.co.jp/blog/archives/2006/02/post_21.html

去年の12月にもこんなことがあったけど。

小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird): livedoormixiに引き続きFlickrにインスパイアされすぎた件について

http://coolsummer.typepad.com/kotori/2005/12/livedoormixifli.html

ユーザーインターフェイスとデザインは切り分けて考えたい。自分の基準では、UIの模倣はいいけど、デザインはNG。ユーザーインターフェースは、漫画のコマ割りと同じで、土台だと思う。

※これは法的な話とは関係なく、あくまで自分の感覚の話

Flickrの例でいえば、livedoor PICSはすべてそっくりだけど、はてなフォトライフは機能面が似てるだけで、オリジナリティがあるといえる。

ブログサービスは、各社Movable Typeが確立したユーザーインターフェイスをみんな使っているが、それをパクリとは言わないだろう。

耳長録:ユーザはオリジナリティを云々する資格があるか - livedoor Blog(ブログ)

http://blog.livedoor.jp/lunar_hare/archives/50086176.html

なので、こういう意見に対しては、ユーザーインターフェイスの共通化はいいけど、デザインをそっくりにする必要はないだろうということで。

最速インターフェース研究会 :: 2005年もパクられてこなかったもの私的まとめベスト3

http://la.ma.la/blog/diary_200512301450.htm

参考にパクリ上等!な意見。

小鳥さんとこのコメント欄を見ていたら、こんなのが。

Apres Un Reve: LivedoorPics運営者はタグを改ざんする

http://marienbad.jp/blogs/2005/12/livedoorpics.html

こえー!

そういえば、結局うやむやになったブログツールのsb(http://serennz.cool.ne.jp/sblog/)のテンプレパクリ議論を思い出した。

*1:実はこの有名なセリフ、1st本編にはないらしい。「弾幕が薄いぞ!相手は動いてくれるんだ、なまじ狙わずに撃てと言え!」が近いそうだ。
http://www.globetown.net/~makun/gundam/1st.html

*2:7000ぐらい発送すると紹介料のベースが3%から6%になる

TigerTiger 2006/02/09 16:31 パソ通の後期くらいかな。名刺が簡単に作れるサービスとか、プリンタで印刷できるようになって、ハンドル名の名刺を作ったりして遊んだりすることはありましたっけ。でも、名刺交換から始まるというのはなかったですね A^^;

TigerTiger 2006/02/09 16:36 コメント三連発ですが A^^;

最近、思うのは、普通の人はめんどくさいコミュニケーションはしたくないんだろうと考えています。「放電コミュニケーション」という言葉も出てきているらしいです。

sweetenedsweetened 2006/02/10 00:25 アイガーアパカッ!

kanosekanose 2006/02/10 01:39 記事にはすべての情報を書いていません。推測していただけると幸いです

hideoushideous 2006/02/10 03:13 「ネット上の活動名」のお話には少し違和感を覚えます。ぼくがパソコン通信とblogのはざまの世代ということになるでしょうか、ヘンな言い方ですが「fj世代」?にあたるためですが……。
ぼくがインターネットに触れ始めたころ(95年)から数年のあいだは、実名を出すのがかえって一般的だったような感じがします。「山田太郎@バカ田大」みたいな感じで、所属先まで名乗るのも当たり前のようになされていました。インターネットでハンドルを使う人を見てかえって軽いショックを受けることもあったり。ぼくも当時からつづく本館のほうでは実名のため、いろいろやりづらくなったので最近はてなに別館をつくったクチです。

kanosekanose 2006/02/10 03:23 僕の話は、パソ通→個人サイト経由経験者ということで。実名@所属を書くのが普通のfj系の方からすると違和感があるのはわかります

kyoumoekyoumoe 2006/02/10 04:01 2ch系のサイトは広告出す側が関わりたくないからAdsenseはねられるんじゃないかという意見が俺のAdsenseを狩った馬鹿がいる2chのスレにいた。
どっちにしろAdsenseなんてすぐ狩れますよ。簡単ですよ。
あんな不確かな詐欺まがいのサービスに頼ったらいけません。

mskmsk 2006/02/10 18:53 >パソ通→個人サイト経由経験者ということで。

パソ通はパソ通でも VAN 出身者と草の根系出身者で認識違うかも。VAN も VAN で各 VAN ごとにカラーがありましたし。草の根はもっとか。

オタクくさいってのは fj 系の感じ、ってのを fj を全く知らない人が、かなりおおざっぱなくくりをしちゃうとそういう表現になってしまうのかな、とか。BSD 方面系なコミュニティの人達がばるぼらさんの本で「アレゲ系」に括られてて苦笑いとか書いてたなそういえば、と

asitakiasitaki 2006/02/11 10:18 単純なHIT数でいえばVIP系アップローダーのほうがブログより上でじゃないかなぁ

2006-02-08

コンポーネント端子ケーブルはコンポジットケーブルで代用できる

ARTIFACT ―人工事実― : ゲームの映像環境の個人的変遷

http://artifact-jp.com/mt/archives/200512/gameimageenvironment.html

のコメント欄で、

 現在PS2とXboxを接続。コンポーネント端子セレクタとして、コンポジット端子セレクタを使うという貧乏人テクを利用。信号の劣化はしているだろうが、気付くほどの目はないので。

※知らない人のために。D端子コンポーネント端子は同じ信号でコネクタの形が違うもの。

に対して役立ったという声が。こういう時に、ああ書いておいてよかったと思う。

コンポーネント端子ケーブルは信号劣化を防ぐため、がっちり作ってあるが、そのため高価だ。しかし、コネクタの形状という面では、コンポーネント端子ケーブルはコンポジットケーブルと同じであるため、ケーブルは代用できる。よくゲーム用セレクタとして売られているコンポジット端子セレクタコンポーネント端子セレクタとして使える。

意外と知られてなさそうなので再度強調。

D端子コンポーネント端子の違いは、D端子には4:3や16:9といったアスペクト比信号が入っている。

DVI端子、D端子、…… 一番きれいな映像用端子はどれ? / デジタルARENA

http://arena.nikkeibp.co.jp/qa/20051222/114852/

この記事だと、D端子のコネクタの形にまるで5種類の違いがあるように読める部分があるけど、あくまで信号の種類。

はてなバレンタイン

バレンタインのチョコは実際に顔を会わせるような関係でないと渡せない。チョコを送ろうと思っても、住所を知らないといけない。

でも、ネットを通してしか知らないあの方に私の愛を伝えたい…。そんな貴女は、憧れの男性ブロガーにはてなポイントを送るというのはどうだろう。そして、それをブログ上でお知らせして、恥ずかしながらTrackBackを送信。日頃愛読していても、こんな私が言及するなんて…と言及する機会がない内気な女性でも、TrackBackが送れちゃう。年に一回おおっぴらに愛のメッセージを☆

しかし、影の側面も。人気男性ブログの2/14の日付の記事にはTrackBackがいっぱいくる。それを見て、あいつはあんなにTrackBackをもらいやがって!と男性ブロガーに思いっきり嫉妬されるだろう。


ネタで書いてみたけど、女性から男性だけでなくて、普段愛読しているブログに読んでます、楽しませてもらってます、って言ってもいい日を作ると面白いかもなあと思った次第。別にブログで報告しなくてもいいんだけどね。第三者の視線が入ると、いろいろ面倒だし。上の話もポイントだけ送ればいいんだけど、TrackBackの話が書きたかったから、ブログって書いた。

アンテナやRSSリーダーを公開している人は、常に「私は読んでます」アピールすることになるから、こういうことしなくていいんだろうけど。

自称毒舌問題

Lounge Programmers Killer - 毒舌ってのは「空気読め」という意味のエチケットペーパー

http://d.hatena.ne.jp/mkg_b/20060203/p2

この記事を読んで思い出したのでメモ。

自称毒舌さんは、以前から研究対象なんだけど、新たな視点を見いだす存在があった。mixiに「毒舌ぢゃなく素直なんです♪」というコミュがあるのだ。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=62350

ここの「毒舌」のレベルはかなり低い。「素直」とか言ってるが、単にこの人たちは語彙が少ないだけ(by bouyaさん)。*1芸がない悪口は面白くないということを理解してない人たちがたくさんいるのがよくわかる。エチケットペーパーという観点でいくと、あれは「私は周囲に気を使いませんよ」なんではないだろうか。

萌えは母性と性欲の同時発火

カード払いか、現金か - 「嫌オタク流」を読んだよ!

http://d.hatena.ne.jp/spam/20060202

この辺は、萌えの定義がもともと曖昧なのはもちろん、もともとロリータ系ポルノが「ただのポルノ」から「愛情の対象」にシフトしやすい性質を持ってるからでしょーね。といいますのも、ハタから見てると「初期の萌え」って母性と性欲の同時発火に思えるんですよ。人間の2大本能が、一度にブワーッとかりたてられるという。ポルノか愛情になるかは、両本能の発動比率によるんでしょう。

確かに「萌え」は両方の側面を持っているので、誤解されやすいというか。女性がいう萌えはこの「母性」の方が強い気がする。

で、ここまで書いてたら、ふと「萌えブームの原因はデフレである」というのを思いついた。

思いつきにマジレスするのもアレだけど、萌えブームは端的にエロゲーの普及というのが大きな要因としてあるかと。あと、女性の社会進出も。

それまでもエロゲーあったじゃんという指摘もあるだろうけど、それまでのエロゲーが『同級生』に代表されるようにナンパ師(=ハンターとか肉食動物的)が主人公だったけど、女性にやさしくすることはできるけどくどけない草食動物的な人間にフィットする話がリーフの『雫』(1995年)で開拓されて、1997年の『ToHeart』でブレイクするという流れ。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050714/damagesex

この辺は更科さんが詳しく論考しているので、それを紹介した過去記事を参考リンク。

カード払いか、現金か

http://d.hatena.ne.jp/spam/20060207#1139280532

ただ、それを言うと、三次元ポルノも基本的には「スーパーポルノ」を目指して作られてるわけで、エロコストを減らした結果として三次元に向かう人と二次元に向かう人の差異がどこにあるのかはも少し考えたい。

三次元ポルノは、その対象となっている人が実在するから、現実にセックスできる可能性(確率はともかく)があるというのがダメなのでは。二次元は「その人間が実在しない」のがメリット。

お前らが盛り上がっている○○なんてのは世間から見たら全然知られてないんだぞ!って言いたくなる心理にネーミング

ARTIFACT@ハテナ系 - そんなのは局地的にしか知られてないんだ!

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060205/notknown

皆さん、いろいろありがとうございます。

  • id:Hebiさん 「井の中の蛙ラベリング」
    • 「ラベリング」だと言葉にあまり強い意味がないので、こっちの気持ちが伝わってくれなさげです。
  • id:ululunさん 「コップの中の嵐
    • 「目くそ鼻くそ笑う」ですね。でも、これだと「どっちもどっち」になっちゃうのが難。
  • id:KGVさん「村祭りにオリンピック野郎」
    • 祭りとオリンピックだと性質が違うのでは。なので「県大会にオリンピック野郎」というのを考えました。
  • id:santaro_y「大衆脳>みんなが知っていることにしか価値を感じないっていう」
    • そうそう、みんなが知っていることにしか価値がないと思ってますね。ただ「大衆」という言葉はちょっと手垢ついてる感あり。
  • 不備の耐震偽装グループ - 急進的コスモポリタン
  • 局地的さん 「自称中流」とか「自称大衆」とか「ランクスパルタン」
    • 新聞コラムの「我々庶民」に通じるいやらしさです。勝手に代弁者ってところでしょうか。
  • ベアハグハグ - そんなのは猫にしか知られてないんだ!
  • http://d.hatena.ne.jp/drytonguecat/20060207/p5
    • 「猫知り顔」はマヌケ感漂っていていいですね(笑)。

id:nisemono_san 『[さっくり]「お前しか知らないと思っているだろうけどそれはみんな知ってるんだよバーカ」という文化ローカリズム的発想も見逃せない。』

その事象の知名度を客観的に把握できてないというのも問題を起こすことがあり、それが文化ローカリズムなんだろうけど、文化グローバリズムは、そんな文化ローカリズムなんてのは「コップの中の嵐」として踏みつぶしていくでしょう。なので、文化ローカリズムと文化グローバリズム、どっちが問題かといえば、文化グローバリズムだと考えます。

id:Dice-Kei 『ローカルルールが他所でも通用すると思うのが中二病、それはローカルルールだろと言い出すのが高二病ってとこですね』

上手い! ローカルルールを適切に運用しているところに、わざわざ、それはローカルルールなんだよ! バーカ!と優越感ゲームをやりたがる人を問題にしたかったのです。こういうローカルルールがあると指摘すること事態は別によし。

id:sqrtさん  『[一部の人][心理][とはいえ]「そんなのは局地的にしか」と叫ぶ層と「マスなんてつまらない」と叫ぶ層は割と重複してるような感覚もあ...』

そういう人は話題になっていることに一言言わずには気が済まないのでしょう。いわゆるいっちょかみ。あと逆張り大好きっ子。


「県大会にオリンピック野郎」で思い出したんだけど、以前書いたこの話題に繋がるんだった。

ARTIFACT ―人工事実― : ネットによっていきなり世界統一ランキングに放り込まれると努力するモチベーションを持ちにくくなる

http://artifact-jp.com/mt/archives/200507/networkworldranking.html

そいや、この記事は格闘ゲームとかレースゲームとか対戦できるゲームを題材に出していたのに、批判が「ネット対戦ゲーム=MMORPG」ばかりで萎えたのを思い出した。当時レスを書きかけたのをアップするかな…。

さて、問題のネーミングは「お前らが盛り上がっている○○なんてのは世間から見たら全然知られてないんだぞ!」という人は「県大会にオリンピックを持ち出す無粋な人」に決定。「心理」じゃなくなっちゃったけど気にするな!

※長いとかいう人は使わなくていいから! これは自分が使うためだから!

*1:ARTIFACT@ハテナ系 - 自称毒舌問題
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050704/invective

bouyabouya 2006/02/08 12:33 ぼくはかのせさんがだいすきです。

kanosekanose 2006/02/08 12:43 bouyaさんはもう何度も愛の告白してるから!

kanosekanose 2006/02/09 23:09 もともとのパロディの意味に近いですかね。いわゆる「風刺」で。

2006-02-07

人が喜ぶのが嬉しくてやっている人は儲かる

『儲からない人と儲かる人の、明確な分かれ道になる行動パターン』

http://plaza.rakuten.co.jp/asuka0ameba/diary/200602020000/

『儲からない人は、

 自分のことを認めてほしくてやっている。

 儲かる人は、

 人が喜ぶのが嬉しくてやっている。』

「人が喜ぶのが嬉しくてやっている」でいくと、人気や注目は確実に得られる。それをうまくお金に繋げられると「儲かる」のだろう。

それこそ、はてななんてのはまさに「人が喜ぶのが嬉しくてやっている」感がある。近藤さんのインタビューなどを読むとそれが理念なんだと思うし。

流行りの話題でいえば、ホリエモンは儲かったけど「自分のことを認めてほしくてやっている」な気がする。最初は「人が喜ぶのが嬉しくてやっている」だったんだけど、それがだんだん「自分のことを認めてほしくてやっている」に変わっていったのかも知れない。

人が喜ぶのが嬉しくてやっていても、義務感ばかり感じるようになったら、続けるモチベーションが減っていく。好きで始めたサイトなのに、閲覧者の期待が大きくなって、それが重荷になり、更新意欲が減るなんてのはよくある話。そういう時は、自分のことを肯定してくれるような感想などがないとやってられなくなる。

商業メディアで活動している人もブログにくるとブログ名で呼ばれるように

コデラ ノブログ: WEB上で固定するということ [ITmedia +D Blog]

http://plusdblog.itmedia.co.jp/koderanoblog/2006/01/web_df80.html

さて、いただいたトラックバック(って言い方するのかな)を拝見していて面白いなと思うのが、最近このブログを指して「コデラノブログさんとこ」で通りつつあるところだ。こちらの心づもりとしては、ITmediaやAV Watchでコラムを書いたり、本を書いたりしている小寺信良がやっているブログ、という副産物的な立ち位置なのだが、もはや「小寺信良」とか、こいつが何をやってるとかの部分がすっぱり抜け落ちて、「コデラノブログ」という一つの存在というか個体として一人歩きしているような印象を受ける。

たとえ、商業媒体で書いている人でも、ブログ世界にくると、管理人の名前で呼ばれず、ブログ名で呼ばれてしまうことに面白さを感じたという話。

この辺から考えるに、今後ブログを始める人は、ブログ名にはペンネームやハンドルのような活動名を入れておくべきなんだろうなあ。

本家更新

ARTIFACT ―人工事実― : ネットは多様性を生むという幻想が終わった時代に

http://artifact-jp.com/mt/archives/200602/netglobalism.html

Permlinkが失敗してた…。

文章中では「多様であるべきだ」とは言ってないはずだけど、「多様であるべきだ」も同調圧力という指摘は、民主主義から独裁者が生まれる問題と同じで、民主主義から独裁者が生まれたのならその独裁者は認めないといけないというようなものだろう。

ARTIFACT@ハテナ系 - そんなのは局地的にしか知られてないんだ!

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060205/notknown

の続編的記事として書いた。

ARTIFACT ―人工事実― : ペットを食べるヒロインに萌えられるか? 『つよきす』はツンデレだけではなかった!

http://artifact-jp.com/mt/archives/200602/tsuyokiss.html

「ペットを食べる」は誤字かと思ったら、本当らしい。

山一山一 2006/02/08 12:03 本業本名に触れないのは、単に小寺さんの知名度が低いからだと思う>コデラノブログ

kanosekanose 2006/02/08 12:07 あれだけネット媒体の記事で書いているのに…。

2006-02-06

『バイトヘル2000』論争

※3/20にアップロードしたもの

『バイトヘル2000』(http://www.playstation.jp/scej/title/bh2000/)というPSPのゲームに対して、ゲームショップバイヤーの忍氏が、

http://ameblo.jp/sinobi/entry-10007350314.html

CMも投下中の「バイトヘル2000」は予想通り惨敗。自ら「ハイセンス」を名乗るバカゲーなどバカゲーではない。

と書かれたのに対し、ゲームプロデューサーの鶴見六百氏が反応して起きた論争。

「キングダムハーツ2」ミリオン突破を目指し好発進|忍之閻魔帳

http://ameblo.jp/sinobi/entry-10007350314.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://ameblo.jp/sinobi/entry-10007350314.html

六百デザインの「嘘六百」: 年末のご挨拶のコト

http://www.0600design.com/archives/2005/12/post_171.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.0600design.com/archives/2005/12/post_171.html

六百デザインの「嘘六百」: バイトヘルの悲劇のコト

http://www.0600design.com/archives/2006/01/2000.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.0600design.com/archives/2006/01/2000.html

「バイトヘル2000」について|忍之閻魔帳

http://ameblo.jp/sinobi/entry-10008225514.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://ameblo.jp/sinobi/entry-10008225514.html

六百デザインの「嘘六百」: 「世にクソゲーは無く、唯マイナーゲームが在るのみ」というコト

http://www.0600design.com/archives/2006/01/post_176.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.0600design.com/archives/2006/01/post_176.html

『バイトヘル2000』はプレイしてないので、論争に関する印象に触れるけど、宣伝が多い割に売れなかったゲームを批判する時に起きやすい問題だなあ。最近だと『ガンダム一年戦争』や『ローグギャラクシー』とか。宣伝が多ければ、プレイしてないけど、タイトルだけ知っているという人は増えるし、その宣伝で買ってみる人も増えるのでだまされた!という人も増える。

きっかけとなった忍氏の文章では、ゲームの内容が悪いから売れなかったのか、宣伝が悪かったから売れなかったのか、大変短い文章のため、その辺がよくわからない。だから、鶴見六百氏は、プレイせずに宣伝の印象だけ触れたのではないかと判断して、反論を書いたけど、忍氏はプレイした上での感想だったことがあとからわかる。

余談。『「世にクソゲーは無く、唯マイナーゲームが在るのみ」というコト』のコメント欄より。

http://www11.ocn.ne.jp/~zaru/zaru/about/promise.html

鶴見さんのお友達のざるの会の人もゲームは遊ばずに評価してるそうですよ。

ぜひこちらにも噛み付いてみてください。

鶴見さんがざるの会に噛み付く姿が僕は見たいです。

投稿者 ace : 2006年02月01日 15:39

確かに気になる!

『ゲゲゲの鬼太郎』第三部は作画マニアには嬉しかった

飛井類司のうんちおっぱいちんこカレーハンバーグ、おまんじゅう - 響鬼ゲゲゲの鬼太郎

http://d.hatena.ne.jp/toby-luigi/20060123

ところが始まってみると、当時、中二で作画マニアだった俺のツボをついてくるワケですよ。そりゃあまぁ一生懸命観てたもんですわ。入好さとる、新岡浩美(寿限無)、松本朋之作画(稲野義信回はスルー)の回はかかさず録画していたし(もちろん3倍。さすが中二。)、週明けた月曜には、同じ作画仲間と熱く語り倒したもんです(つーか一方的に語ってた)。

ゲゲゲの鬼太郎1985 DVD-BOX ゲゲゲBOX80's

新岡浩美氏が作監を担当した第103話「純愛ヌリカベとおしろい娘」は、まるで当時出ていたOVAの『真魔神伝』みたいで、すげーすげー言っていた記憶が。DVD-BOXが欲しいほどではないけど、そういった回だけ見たいなあ。

その回のタイトルを調べるために検索したら、『ゲゲゲの鬼太郎』第三部にしぼったすごく詳しいサイト発見。

作監シンドローム〜新岡浩美

http://www002.upp.so-net.ne.jp/kitaro/sakuga_hiromi.html

作監シンドローム〜3部作画監督図解

http://www002.upp.so-net.ne.jp/kitaro/3rd_syndrome.html

■怪奇鬼太郎劇場■

http://www002.upp.so-net.ne.jp/kitaro/index.html

ゲゲゲの鬼太郎DVD オフィシャル・サイト

http://www.kitaro-dvd.com/

春の新番組『装甲騎兵ホリエ』

黒い天使のブログ - 『装甲騎兵ホリエ』次回予告集
http://s03.2log.net/home/angel/archives/blog534.html
第1話 上場

上場を果たしたホリエを待っていたのは、また地獄だった
バブルの後に住み着いた欲望と暴力
竹中平蔵が生み出したソドムの街
悪徳と野心、頽廃と混沌とをコンクリートミキサーにかけてブチまけた、
マザーズは惑星・東証のゴモラ

次回「マザーズ」
来週もホリエと地獄に付き合ってもらう。


第2話 マザーズ

食う者と食われる者、そのおこぼれを狙う者。
カネを持たぬ者は生きてゆかれぬ詐欺師の街。
あらゆる悪徳が上場するマザーズの街。
ここは規制緩和が産み落とした惑星・東証のソドムの市。
ホリエの躰に染みついたカネの臭いに惹かれて、
危険な奴らが集まってくる。

次回「合コン」。
ホリエが飲むヒルズのコーヒーは苦い。

[神コップBloG_ver.? - 1月26日のニュース(http://d.hatena.ne.jp/LEOat/20060126/1138251699)より]

ボトムズ』予告はいろいろなものに合うけど、これは似合い過ぎだなあ。キリコ=ホリエモン…。

装甲騎兵ボトムズ 1/18スコープドッグ withミクロアクション キリコ・キュービー DMZ-01

装甲騎兵ボトムズ 1/18スコープドッグ withミクロアクション キリコ・キュービー DMZ-01

ボトムズといえば、これ買おうかどうか悩み中。でかそうなので置き場所問題が…。

gline / ボトムズ次回予告のガイドライン

http://p2.chbox.jp/read.php?host=ex13.2ch.net&bbs=gline&key=1066875539&ls=all#header

もともと、ここに投稿されたものだそうだ。

ソーシャルブックマーク時代のコラム

ブログ文章術 米光一成|Excite エキサイト ブックス : ブログのためだけの文章術!!

http://blog.excite.co.jp/blog-jutsu/524758/

に対して、はてブで改行文章術を勧める記事として不評コメントがつく。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.excite.co.jp/blog-jutsu/524758

それに対して、正面から反論。素敵な展開だ。

ブログ文章術 米光一成|Excite エキサイト ブックス : 誤解から深まる理解があるからブログは楽しい

http://blog.excite.co.jp/blog-jutsu/615487/

この記事のはてブも。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://blog.excite.co.jp/blog-jutsu/615487/

孫引きになるんだけど、この斉藤美奈子氏の指摘は面白いなあ。

“持てる者である彼らには、持たざる者の衣装(文章)が礼を逸して見える。文章の世界を下から上へ昇ってきた彼らには、「横の多様性」より「縦の序列」が気になるのだ。

 しかし、好むと好まざるとにかかわらず、縦の序列で文章を計るやり方はやがて古びる。というかすでにダサい。双方向型のメディア社会で求められるのは、舞台の上でフラッシュを浴びるためではない、コミュニケーション型の文章であるはずだ。”(斎藤美奈子『文章読本さん江』P257)

今までの文章術は、一方向から届けることしか考えてない文章術だけど、双方向のネット時代はそうじゃないよねということか。

ARTIFACT ―人工事実― | 誤読上等!

http://artifact-jp.com/mt/archives/200401/godokujyoto.html

「文章は誤読されてもいい!」という主張は、昔書いたのを思い出した。

2006-02-05

VIP系まとめサイトのアフィリエイトは儲かるか?

VIP系まとめサイトは儲かる!?

http://figure.nekosuki.ojaru.jp/affi.html

アサマシさんとしてコメント。

Amazonで稼げるのは、当たり前だが高額商品。なのでエレクトロニクスは強い。次にDVDやゲーム、CDといった商品。書籍は売れてもそう大きくない。これは竹熊健太郎氏がよく言及している。

たけくまメモ: ようやく一段落

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/post_b157.html

何度も何度も言っていますように、これで生活ができれば最高なのですが、アフィリエイトでは月8万になったのが過去最高であります(普段は月5万〜6万くらい)。もっと本やDVDを積極的に紹介していけば、月10万まで持って行くことは可能だと思いましたが、それ以上はアフィリエイトを複数組み合わせても難しいでしょう。あとはアクセス数を向上させて、たとえば一日5万アクセスまで持っていければ、カツカツの最低限の生活ができるかな、ってなもんであります。

たけくまメモ: 2005年アマゾン売上げBEST20(1)

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/2005best20_a257.html

たけくまメモ: 2005年アマゾン売上げBEST20(2)

http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/2005best20_c697.html

また、Amazon以外のアフィリエイトなら、金融商品が儲かる。消費者金融とかクレジットカードとか保険とか。まだ、出会い系やエロ動画サイトなどのアダルト系も当然高い。*1でも、そういうリンクは張られていない。

という訳で、高額商品がたくさん紹介されている訳ではないサイトがアフィリエイトで月100万円の紹介料を稼げるというのは考えにくい。これが「商品の売り上げ」だったらありうるだろうが、書き込みでは「貯金」など明らかに手元にお金がきていると読めるような文章である。

自分の推測。VIP系まとめサイトは手軽に人気者になれるから、アンチも生まれやすい。そういったアンチを煽るためにこういう偽情報を流しているんじゃないかというもの。

ただ、アフィリエイトで儲けるコツは月5万円ぐらい稼げるサイトを何個も作ることだ。もしかするとこれを書いた人はサイトを20個ぐらい作っているのかもしれない。しかし、そもそものソースVIP板な訳で、そこから複数のサイトを作るのは大変難しい。やっぱり無理だ(笑)。

そんなのは局地的にしか知られてないんだ!

お前らが盛り上がっている○○なんてのは世間から見たら全然知られてないんだぞ!って言いたくなる心理にネーミングしたい。

たとえば、はてななんてのはあるネットの世界でよく話題になっているけど、ウェブを使っている人の中での知名度はまだまだ低いんだ!みたいな。

あと、何かの売り上げの数と大ヒットしたものや全体の市場を比較して、全然売れてないとか。たとえば、書籍において1万部程度ではたしかにヒットではないが、10万部というのはヒットといえるだろう。しかし、これよりももっと売れているものを出してきて、売れてないと言ったりするもの。

まあ、これらはまだわかるのだが、ウェブの一部の人で盛り上がっている話題に対して、その人たちは別に誰もが知っている!みたいには言ってないのに、お前らみんなが知っているとか思うなよ、バーカ、のようにわざわざ言うのは、なかなか不思議。

自分の考えでは、知名度や影響力というのは、きちんと調査しにくくて、かなりの部分が予想値になっており、みんながそう思っているということになると、本当に影響力が出てしまうから、そういう動きに水を差したいというのではないかなあという。あと「けまらしい」にも通じるな。

なんで、こういうことを言うかというと、小さな盛り上がりを見つけて、そんなの一部のだけだよ、テレビみたいなマスこそが正義と思う文化グローバリズム主義者が、ネットをつまらなくするだろうと思うから。

なお、盛り上がっているものに対して、自分は面白くないと表明するのは別にいい。ここでは、知名度や影響力のような全体的なものに対して言及する態度を指している。

*1:アダルト系アフィエイト事情に触れた珍しいサイト。無料動画紹介サイトを作ったがまったく儲からなかったそうだ
アフィリエイトのススメ
http://affiliate.take33.net/

kanosekanose 2006/02/12 16:23 楽画喜堂ヲチスレからきたと表明しているという時点で、ある種のバイアスを感じますが。なお、僕は楽画喜堂のなるせさんとは面識ありませんよ。

2006-02-04

近藤梅田本欲しい!

近藤梅田本表紙 ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

近藤本と梅田本欲しい!」を「近藤梅田本欲しい!」と読んだはてなジャンキー@腐女子がこんなものを作ったので掲載。

煩悩是道場 - 梅田近藤本欲しい?

http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060206/umedakondo

ストーリーを作る人が!

近藤さんはB&Wユーザーなのか

f:id:hatenacinnamon:20060118103702:image:w200

f:id:wanpark:20060201192948:image:w200

こども(てれび) - しなもんに会ってきた

http://d.hatena.ne.jp/wanpark/20060202/1138891801

jkondoの日記 - Super Folk Song

http://d.hatena.ne.jp/jkondo/20060203/1138921496

近藤さん宅ではてなの人たちの社員飲み会があったそうなんだけど、梅田さんの右側に見えるスピーカーはB&WのNautilus 805かな? 805と805Sは区別できない…。

※805だそうだ

http://subtech.g.hatena.ne.jp/secondlife/20060118/1137584732

最初、CDM1NTと勘違いした。CDM1NTを持っているのでてっきり同じスピーカーを持っているものだと思ってしまった。

B&Wと略されるBower&Wilkinsはイギリスのスピーカーメーカーで、Nautilusツイーターと呼ばれるチョンマゲみたいなツイーター*1で、瑞々しい高音を出すのが特徴。解像度が高く、音を正確に出すということで、モニタースピーカーに使われることも多い。

アンプやCDプレイヤーもいいの使ってそうだなあ。ぜひ一度オーディオ話を!

Bower & Wilkins | Nautilus 805 -

http://www.marantz.jp/bw-speakers/n800/n805.html

Bower & Wilkins - 805S -

http://www.marantz.jp/bw-speakers/800/805s.html

B&W CDM1NT

http://tukipie.net/audio/maker/B&W%20CDM1NT_hp.htm

B&W「新800シリーズ」徹底試聴

http://www.phileweb.com/bw/

B&Wってキーワードになってるのか。でも「&」のせいかキーワードリンクにならない…。

キーワードから見つけたサブウーファーを買い換えて感動した記事が気になったのでメモ。やはり低音というのはただ大きく出ればいいという訳ではなく、キレの良さが重要なんだなあ。

一応、邦画劇場

http://d.hatena.ne.jp/vgaia/20060129

コミュニケーション関連の能力を示す用語

最近多い気がするのでまとめてみる。

EQ

Emotional intelligence Quotient(こころの知能指数)

EQ Japan

http://www.eqj.co.jp/

ここのサイトより。

変革の時代に求められる人材 -- その社会が求める人材像が変化してきました。

それがもっとも顕著なのは、やはり会社組織です。

従来の高偏差値大学出身者よりも、総合的コミュニケーション能力の高い人材、すなわちEQ能力の高い人材が評価されはじめています。

私たち株式会社イー・キュー・ジャパンは、米国で広く利用され最近日本でも注目を 浴びている『EQ(Emotional intelligence Quotient)』を、これからの人材育成に必須の軸であると考え、EQを客観的数値として測定するツールであるEQI(EQ検査)を開発しました。

また、その他にも様々なアセスメントツール、能力開発プログラム、サービス、ソフトウェア製品群を開発してまいりました。

これらの科学的な理論およびツールは会社組織のみならず、教育の場、介護の場、親子関係などの家庭の場からも注目を浴びています。

ビジネス向けの用語を意識しているようだ。

EQ Trainer

http://www.tomy.co.jp/eq_trainer/

3月にトミーから出るもの。

PQ

Potential Intelligence Quotient Inventory(知的潜在能力指数)

はてダキーワードでは「倉本圭造氏が提唱」と書いてあるけど、調べた結果、倉本圭造氏が提唱しているのは「身体の能力指数」なので違うようだ。

テレビ番組などを見ると、何か問題が起きた時の切り抜け能力をはかるもののようだ。単なるとんち合戦になる時も。

TBS ishop|トップ|TBSオリジナルグッズ|バラエティ|島田検定!! 国民的潜在能力テスト

http://ishop.tbs.co.jp/ec/tbs/product/orgprg.jsp?cid=cat1483

PQ(潜在能力指数)とは局面を打開する力や素晴らしいアイデアを生み出す力など人生を生き抜いていくために必要な能力、人生をスマートに生き抜いていくセンスを問う尺度のこと!

島田検定SUPER!! POTENTIALITY QUOTIENT

http://www.tbs.co.jp/shimadakentei/

TBS | PQテスト

http://www.tbs.co.jp/pqtest/

この番組を監修しているのは、人間総合科学大学(http://www.human.ac.jp/)の宗教人類学者・植島啓司教授。すごい大学名だ…。サイトを見てもどんな大学かわからない。

植島啓司氏は知らなかったのだが、調べてみたら、80年代のニューアカの頃から活動している人だった。端的にいうと中沢新一氏みたいな人。

島田検定SUPER!! 植島先生のプロフィール

http://www.tbs.co.jp/shimadakentei/ueshima/index-j.html

PQ - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/PQ

で、別の「身体の能力指数」を提唱している倉本圭造氏。

PQ開発人生提唱者・倉本圭造ブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/kuramotokeizoh/

Yahoo!ブログ - PQ開発人生の、倉本圭造個人ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/keizokuramoto

昔はYahoo!ブログだったようだ。そこの説明文がすごい。

たぶん人類の未来にとって大事な役割をはたすと思われる、PQ(身体の知能指数)開発人生を提唱する倉本圭造の、個人ブログ

HQ

Hyper-/Humanity Quotient(超知性(Hyper-intellect)、または人間性知性(Humanity intellect))

北海道大学大学院の澤口俊之教授が提唱しているそうだ。Wikipediaによれば、PQは現在「HQ」に改名したとあるが、おそらくこれは提唱者が違うので別物。この教授も、ゲーム脳絡みで出てきたりと怪しい感じ。

HQ Research Japan Top

http://www.hqr.jp/

HQプレスクール

http://www.hito-hito.com/hqps/

幼児教育方面でのビジネスを考えているようだ。PQでさえ怪しいのに、ますます怪しさが増してるよ…。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション能力

人間力

この辺は有名なので割愛。

EQ/PQ/HQはサイトに書いてあることを読んでいるとクラクラしてきた。脳科学系の人たちはなぜやばげな方向にいきますか? 単なる新手のニューエイジと化してるなあ。この辺の言葉を何のためらいもなく使う人たちは警戒しておこう。

*1:高音を出す部分。中低音はウーファーが担当する

solowrsolowr 2006/02/05 23:36 現状では永遠に基礎研究から抜け出す見通しが立たないはずの脳科学であっても、手っ取り早く社会への有用性を証明する必要があるためにビジネスに直接応用しようとすると、そのプロセスに無理があって、とてつもなくうさんくさく感じられるものになるのではないでしょうか。能力の数値化がビジネス上有用だと思われている以上仕方ない戦略というか。

vgaiavgaia 2006/02/06 01:29 トラバありがとうございます。学生時代に放送部でミキサーやってたのに、さっぱり耳がよくないんです。音が本当にイイのかどうか、感覚でモノを言う世界には正直、ついていけません。でも、B&Wのスピーカーは、そんな貧弱な感性のボクにも「なんかうまく言えないけど、イイ!」と思わせる力があって、いつも憧れの対象なんです。高かったけど、思い切って買って良かったと思ってます。

kanosekanose 2006/02/06 11:46 自分も耳はいい方だとは思わないですが、それでもB&Wはおっと思う音を出してくれますね。スピーカーは長く付き合えますから、少々高い買い物をしても、満足度が高いと思います

publicenemyno1publicenemyno1 2006/02/16 12:08 遅くなりましたがスピーカーに関するエントリ拝見しました。B&Wは音もさることながら他のヨーロッパ系のスピーカーに比べてデザイン的にも柔らかいけどちょっと個性を感じるデザインですね。
今ふと思ったのですがB&Wなどホーム用のスピーカーだとほぼ8割買ったときに(こんな音だろうな)というイメージが約束されているのに対し、私が趣味で楽しむカーオーディオだとスピーカーの素性も大切ですが取り付けを丁寧にしてあげると安いものでも「おっ」と思わせるような音を出してくれる(逆もまた然り)のは面白いなあと思いました。

2006-02-03

ブログでこっそりつぶやく方法

ブログというのはトップページにある記事が読まれ、それ以前のものは読まれにくい。特に常連の閲覧者はそうだ。それを逆手にとって、普通に自分のブログで書きたい! でも波紋を呼び過ぎて面倒なことになるかも…と思うような記事は、過去の日付でこっそりアップする。

こうすれば、更新頻度が非常に高くなり、ブログの注目度が上がっても、目立たない! ただし、はてなブックマークや有名サイトでピックアップをされてしまったら同じだけど。

ポジティブとネガティブ

自分以外の人物や事象などへの攻撃的な態度と、自分について後ろ向きや弱音、愚痴を書くことは別と考えるべき。

コミュニケーションの男女差を扱った書籍

id:hideousさんにコメント欄で紹介してもらったデボラ・タネン氏による書籍。目次や紹介を見ると、よくいわれるようなコミュニケーションスタイルの男女差の説明の元ネタかなという気がした。

男と女の心のすれちがいはお互いの会話スタイルの違いから来る。その違いを頭に入れ、自分の考えが正確に相手に伝わる頭のいい話し方といい関係を手に入れる方法を紹介。会話の成功と失敗の差がわかる。

文庫版より書籍版(ISBN:4062059185)のほうがユーズドは安い。

「ねえ、あたし、風邪ひいちゃったみたいで頭がとっても痛いの」と、女が男に訴える。ここで彼女たちが聞きたいのは、「そうか。僕も頭痛のつらさはよくわかるよ」の言葉なのに、たいていの場合は、「そうか。それなら薬を飲めばいいじゃないか」のひと言を聞く。その結果、女は「男は冷たい」と思い、男は「女は愚痴ばかりこぼす」と突き放す。この不幸なギャップは何なのか。本書は「男と女の会話」で起こりがちな誤解にスポットを当て、理解しあえない理由を解き明かす。

これはビジネスの現場を舞台にしたもの。

社会言語学的観点から見ると、幼いころから「序列社会」を作る男性は、上に立つには自分の優秀性を仲間に誇示しなくてはならない。一方、横並びが原則の「非序列社会」に住む女性は、自慢話やストレートな物言いを嫌う、という。しかし、男の話し方が主流のビジネスの世界では、女性の会話スタイルはマイナスに働きかねない。実際に、ストレートな言い方をする女性は、「果断なリーダー」とは呼ばれず、「猛女」のレッテルを貼られてしまう。しかし女性のソフトな物腰は、職業人・上司としての自信や能力を問われかねないのも事実、という。

これを読んで、ちょっと連想したこと。

同人誌の世界で、男性は大手サークルのような売り上げによる序列を意識しない傾向があるが、女性は過剰に意識する傾向が強いというのが、以前から不思議だった

ARTIFACT@ハテナ系 - 売上が大きく違うサークルの人同士は友達になれない?

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040825/circle

で、男性はビジネスの場で序列社会をやっているから、趣味の世界まで序列を持ち込もうとしないんだけど、女性はビジネスの場での序列から疎外されているために、趣味の場で序列闘争をするのが一因なのかもしれない。他にも、見せ人間関係*1に対して、常に意識的だからとか、いろいろ要因はあるだろうけど。


ふわふわな毎日 - 女性新入社員の教育問題の現実について知りたい

http://d.hatena.ne.jp/nazone/20060204#p1

教育問題ではないけど、最後の書籍がお悩みに関連しているのではないかと思ったのでTrackBack

*1:自分より格上だと思われる人間と付き合って、自分を格上に見せる

2006-02-02

大した意図がない言葉を深読みして困った事態に

The Body Asterisk ! - 馬鹿と小賢しい

http://d.hatena.ne.jp/sdmt/20060202/1138829326

で、女の子は空気を読むことになれてるから、男の大した意図もなく発せられたお馬鹿な言葉を深読みしすぎて、冒頭のように勝手にケンカを売られてしまったりするわけだ。僕はこれを「馬鹿な男と小賢しい女現象」と個人的に呼んでいる。「ふざけんな!」といって男の尻に蹴りの一つも見舞っておけばそれでいいのに、足りない思考をめぐらしていろいろとぐるぐる考えてしまう。

空気を読む能力が高い女性は、空気を読む能力が低い男性のアホな発言を深読みしてしまいがちという話。

ソーシャルスキル」という言葉は知らなかったんだけど、どうも子供の教育方面でよく使われる言葉っぽい。

※「ソーシャルスキル」は精神科界隈ではコミュニケーションスキル+公共機関利用能力とか調理などの能力のことを指すそうです。違う意図で使うのはまずいので原文でソーシャルスキルと表現しているところは「空気を読む」に変えました

The新語14@ソーシャルスキル教育

http://www.abetaka.jp/riron/sin/sin14.html

この話は、前から気になっている情報がないのに深読みする問題に繋がるなあ。以前書いたものを再掲。

ARTIFACT@ハテナ系 - 自分をプレゼンテーションする能力が低い人への視線

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050910/presentation

ここで指摘されていたが、こういった「何も行動してない」(情報がない)ということに対して、過剰に意味を見い出す人は多いのだが、そういう行為は息苦しいと感じる。

結論として会話や場の流れを読まない自己主張の強い人に対しては、軽蔑と言われてもしょうがない視線は送っているかもしれない。ただ、こういう人は「コミュニケーション弱者」と規定されてない感はある。

あまりしゃべらない人がコミュニケーション弱者として規定されているのなら、その人にそういった視線を送るまでの感情は起きない。そこまでの情報がないからだ。ただ「情報がない」ということは同時に存在感がないということでもある。

「情報のなさ」から不気味に感じることは、マクロレベルでいえば外国人問題などがあり、この解決はなかなか難しいだろう。でも、個別の人間関係のようなミクロレベルの場合は、相手から正確な情報を読み取る努力をなるべくして、「情報のなさ」から過剰に意味を読み取ることはしないほうが、お互い過ごしやすいのではないかと考える。

こういうことをする人が女性だと多いという印象を受けると。

でもって、これはテキストだけのコミュニケーションであるネットだと更に加速する。テキストだけで情報が少ないだけに、勝手にいろいろ読み取ろうとする。そして、テキストだけではなく、振る舞いからも、意図が読み取られる。

自分もそういう読み取りはよくやるんだけど*1、あくまでそう読み取れる可能性があるという推測であることは意識していて、それを元に相手に対して、大きな反応や行動を起こしてはいけないと考えている。同じようなことが何回か続いたのならともかく、一回程度だったら、相手の意図を深読みするのは危険だ。

お姉さんの「男の恋愛相談室」 :よりを戻すのは難しい - livedoor Blog(ブログ)

http://otokoryoku.livedoor.biz/archives/50371058.html

なお、元ネタはここ。このブログはオモシロ発言の宝庫だからか、よくはてブでピックアップされる。

自分がすごい面白かったのはこの記事。いまだにこういう人がいることを知って、ちょっと感動を覚えた。

お姉さんの「男の恋愛相談室」 :ドライブデート 5 - livedoor Blog(ブログ)

http://otokoryoku.livedoor.biz/archives/25553369.html

岸線や横羽線辺りはスポーツカーがチームで走る時代があった。助手席にはソバージュでシャネルのサングラスをした、ボディコンのお姉さんが必ず座っていて、助手席のミラーで化粧とか直すのだ。「あー大人の文化っていいな〜早く私も大人になりたい」と思ったのに、自分が大人になったら究極のロリコンブームに突入。3つ子の魂100までという事で、私の中ではカッコイイ車にのって、山田優みたいなどっ派手な女を助手席に乗せたいというのが、健全な男の上昇志向だと思うのだけど、そういうのって、面倒になっちゃったんでしょうか?

はてダTrackBack不思議

ところで、この

The Body Asterisk ! - 馬鹿と小賢しい

http://d.hatena.ne.jp/sdmt/20060202/1138829326

へのTrackBackされている

お姉さんの「男の恋愛相談室」 :フォロー - livedoor Blog(ブログ)

http://otokoryoku.livedoor.biz/archives/50371680.html

この記事には上のはてダへのリンクがないけど、リンクなし記事のTrackBackは受信しないはずのはてダがどうして受信できたんだろう。以前から、こういうのをたまに見かけて気になってるんだけど。

*1:それがブログストーカー

がんまがんま 2006/02/04 02:49 そうやって先読みに先読みを重ねて巡り巡った思考は「人間どうせ最後は死ぬんだ
何やっても無駄」に行き着いて何にもしなくなるっていうパタリロのネタを思い出
しました(w

zoniazonia 2006/02/04 07:29 「馬鹿と小賢しい」が「お姉さんの「男の恋愛相談室」」へトラックバック
 →「お姉さんの「男の恋愛相談室」」のサイドバーに「馬鹿と小賢しい」のURLが表示される
 →はてダでも実質無言及でTB返しが成立
と言う流れだと思います。実際サイドバーにURLがあったので。
ちなみに手前味噌ですがこんな↓例もあります。
http://d.hatena.ne.jp/zonia/20060202/

p_shirokumap_shirokuma 2006/02/04 10:20 一応補足しとくと、ソーシャルスキルは精神科界隈ではコミュニケーションスキル+公共機関利用能力とか調理などの能力 ってことになっていて、空気嫁って意味ではあまり使われていないかも。なんというか、「生活していく基礎力」って意味が強いかも。

DryadDryad 2006/02/04 10:48 ここで書くのも違う気がしますが、「フォロー」と書いてあったのでフォローエントリかと思って行ったら以下略。つまりあのTBから「空気を読む」とすれば、「男は常に発言に気を使い、ミスったときもまた全力で気を使え。女のメンタリティの問題をどうこうするのは間違い」という事なんでしょうか。まぁ、blogの趣旨からすれば正解なのだとは思いますが。

sdmtsdmt 2006/02/04 13:10 >p_shirokumaさま
そうみたいですね。僕も良く知らなかったんですけど。僕がコミュニケーション能力という言葉が好きではないので、わざわざ異音同義語として使ったんです。ソーシャルスキルという言葉は書いてからググってみたら世の中にそういう言葉があるのを知りました。やはり一般的な用法と違うので誤解を招きますよね。反省します。

hideoushideous 2006/02/04 14:07 初めてコメントさせていただきます。
男と女のコミュニケーション様式のギャップについての話なら、デボラ・タネンの『「愛があるから…」だけでは伝わらない』とか、『わかりあえない理由(わけ)』とかいった本が面白いと思います。

kanosekanose 2006/02/04 21:24 がんまさん>心の読めるエスパーの戦いはどちらも動かなくなる問題ですね■Dyadさん>過剰に自分の都合をいい方向に空気を読めという人に対しては、空気を読まない態度を選びたいです(笑)。■シロクマさん、sdmtさん>「ソーシャルスキル」についての説明どうもでした。ちょっと補足しておきます。■hideousさん>書籍の情報どうもありがとうございます。職場での話題をベースにしたものなど面白そうでした

2006-02-01

ブスが好きな音楽

乙女座ラプソディ(http://d.hatena.ne.jp/poteco/20050822#1124732250)から発見した記事。2004年と結構昔だけど。

盲目のパントマイム: ブスが好きな音楽

http://blind.zombie.jp/blog/archives/000063.html

ブスが好きな音楽というのは、主にJポップのバンド、あるいは歌手だ。

そして、あまり売れていない。

オリコンのチャートの上位にランクインするようなバンドではない。

でも、全く売れていないわけでもない。

ミリオンヒットをとばすようなバンドに比べたら少ないだろうが、ちゃんと固定のファンがついている。

総じて、あまり激しい音を鳴らすバンドではない。

どちらかというとこだわりの強い、上質な音楽を作っているバンド。

あまりに失礼なので、少しフォローを入れておく。

ブスなファンというのは、容姿がブスである必要はない。

かわいい女の子のファンだっているだろう。

要はブスのメンタリティを持っているかどうかの問題なのだ。

学生のころから、クラスではあまり目立たない女の子だった。

何かが飛びぬけて得意というわけではない。

異性に全くモテないわけではないが、ちやほやされるほど目立つわけではない。

そんな彼女のメンタリティ。

それがブスのメンタリティだ。

記事を読んで思ったのは、劣等感がない音楽は「モテ」といわれるのだろうかということ。この前、MOK Radioで、頭の良い女の子の聞いている音楽という話題があったけど、それとリンクするかもと思ったけど、リンクしないのかもしれない。

「ウケミン」の盛り上がり方

刺身☆ブーメランのはてなダイアリー - 白馬の王女様待望論者ってウケミンのことだよな

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20050717/1121540827

「ウケミン」という単語を知ったのは、この記事からで、最近はてなキーワードになっていることを知り、そこでまとめサイトがリンクされていたのでブックマークしたんだけど、受身な人の心理状態(Wiki ver.) - PukiWikiへのブックマークがすごくてびっくりした。

はてなブックマーク - 受身な人の心理状態(Wiki ver.) - PukiWiki

ユーザーを見ていると、普段の非モテ話題と全然違うのが面白い。まあ、もともとこのサイトが、ウケミンといわれる男性を好きになった女性に向けたアドバイスをまとめたものだからか。